六本木「香妃園 (こうひえん)」へ行く。








六本木界隈には、意外と有名な中華料理屋がいっぱいあって、


その中でも、業界人や深夜帯のサービス業に携わっている人から


必ずと言っていいほど、名前が挙がるのが、ここ「香妃園(こうひえん)」。














電車が動き始める翌朝4時まで営業していることと、


大半の人がお目当てにしている名物「特製とり煮込みそば」で人気のお店。


f0232060_1437638.jpg





























そばが見えないほどの白濁した濃厚鶏スープ。


コラーゲンたっぷりで、これだけ食べたら、


肌が翌朝にはむき卵のようにツルツルになってそうな感じ。














スープは、ホント美味しい。


ただ、個人的に、食べるたびに残念に思うのが、麺。


どうしても中華圏の白いふにゃふにゃ麺が苦手で、麺が好きになれず。


なので、「特製とり煮込みそば」は、


私にとってはスープを飲みに来ている感がある。














ちなみに、ランチも営業していて、


通常のランチ定食メニュー以外にも、グランドメニューがオーダー可能。


「特製とり煮込みそば」は、ランチにはないので、グランドメニューから。














■「香妃園」
https://tokyo-calendar.jp/restaurant/617
















■今日のカメ

■「香妃園」
f0232060_14432321.jpg大江戸線、日比谷線「六本木駅」から徒歩3分ほど。路地裏にある瀬里奈ビルの2階にあります。









■店内の様子
f0232060_14455100.jpg席数はかなりあります。入れなかったことがほぼない。









■「特製とり煮込みそば」
f0232060_14455483.jpg名物の「特製とり煮込みそば」(1300円)です。かなりボリュームあります。









■とりそば、アップ
f0232060_14465376.jpgこれでもか!というくらいの鶏エキスたっぷりのスープ。スープはとても美味しいです。

個人的に白いやわらか麺が苦手なだけで、苦手じゃない人には麺も普通に美味しいと思います。
プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ