祖師谷大蔵「トラットリア フィオッキ」へ行く。








誕生日のお祝いでご招待いただき、


祖師谷大蔵にある都内ランキングNo.1イタリアン、


「Fiocchi フィオッキ」へ。













盛り付けの美しさもさることながら、味もとても美味しかった。


タケノコとウニのパスタは、ここ最近食べたパスタのNo.1だった。


ホント美味しかったなあ・・・。


f0232060_11493.jpg
























f0232060_113685.jpg





































最後は、空豆とチョコレートのグラタンでお祝い。


ありがとうございました!


f0232060_131062.jpg



































■「Fiocchi フィオッキ」
http://www.fiocchi-web.com/index/
















■今日のカメ

■「フィオッキ」
f0232060_145355.jpg小田急線「祖師谷大蔵駅」からウルトラマン商店街を通り、徒歩5分ほど。









■店内の様子
f0232060_16034.jpgテーブルのみで、席数は少なめ。席の間隔が割りと開いているので、居心地はいいです。









■テーブルセット
f0232060_184144.jpgテーブルセットはこんな感じ。










■オレンジ
f0232060_19338.jpgあまりに喉が渇いていたので、ゴクゴク飲めるものを。まずは、シチリア産ブラッドオレンジジュースで乾杯。








■1品目
f0232060_110413.jpg本日は、「シェフのおまか旬菜コース」を注文。

まずは、アミューズで、菜の花とほたるいかの冷菜。







■菜の花、アップ
f0232060_1113595.jpg細かく刻まれた菜の花と、菜の花のピューレも。

春らしい菜の花の風味とほたるいかの旨味がよく合っていました。







■2品目
f0232060_11493.jpg「皮目を炙ったその日の白身魚と山口の山本農園のサラダ アーモンドとケーパーのアクセント レタスのピュレとその蜜柑の皮のヴァージンオイルで」という前菜です。

この日のお魚は、黒鯛でした。





■黒鯛、アップ
f0232060_1153313.jpg炙ったいい香りの黒鯛に、
野菜たっぷり。

レタスのピューレは初めてでしたが、さっぱりしていて、魚と合ってました。






■自家製パン①
f0232060_11808.jpgフォカッチャ。皮が固めで、味は軽め。










■3品目
f0232060_1191031.jpg前菜の2品目は、「ホッキ貝を忍ばせたフキノトウのパッパ ニンニクを効かせたココット焼きで」です。

本当は、春が旬のフキノトウが主役の料理でしたが、フキノトウが苦手でして・・・、トマトのパッパに変更していただきました。




■トマトのパッパ、アップ
f0232060_1221247.jpg「パッパ」とは、トスカーナ料理で、硬くなったパンを煮込んだパン粥のような料理です。

このトマトソースが絶品で、めちゃくちゃ美味しかった!






■ちなみに、本当は・・・
f0232060_1242027.jpgこれが、本当のコースに入っていたフキノトウのパッパです。









■自家製パン②
f0232060_125953.jpgちょこんと突き出た角が特徴の古代小麦を使ったパン。小麦の味が深く、とても美味しい。









■赤ワイン
f0232060_1262856.jpgパスタ前に、お店おすすめの飲みやすい赤ワインを。









■4品目
f0232060_1273637.jpgパスタは2種で、まずは「筍とコルツェッティ 生ウニを絡めて」という、スタンプが押された円盤パスタ料理。








■円盤パスタ、アップ
f0232060_113685.jpg筍とウニがすごく合っていて、このソースがめちゃくちゃ美味しかったです。ミントも入っていますが、いいアクセントになっています。

ここ最近食べたパスタのNo.1でした。






■5品目
f0232060_1311423.jpgパスタ2つめは、「リガトーニ スモークしたやぶ田豚のパンチェッタの煮込みとピアットウニコ 牛蒡のピュレと苺、バルサミコ酢のソース添え、黒トリュフをかけて」です。

いろんなお店でパスタ食べてきましたが、こんな肉が盛られそうな平皿に乗ったパスタは初めてです。




■リガトーニ、アップ
f0232060_1341273.jpg太めのリガトーニパスタと、やぶ田豚の煮込みが1つの皿に盛られていて、パスタも肉も楽しめるようになっています。








■スペシャリテ、きた!
f0232060_1362015.jpg「フィオッキ」のスペシャリテ、仔羊の藁包みローストです。

元は、イタリアの農家の料理で、作業に出かける前に、暖炉の中に藁と仔羊とじゃがいもを入れておいて、農作業を終えて夕方に帰ってくると、ちょうどいい感じに焼き上がっているのだそうです。




■藁の中はこんな感じ
f0232060_138345.jpgさすがに暖炉に入れておけないので、ペーパーの中に藁を敷き詰めて、その中に仔羊が入っています。隣のココットは、備長炭の灰で、中にはジャガイモが入っています。







■6品目
f0232060_1404157.jpg先ほどの藁包み仔羊とジャガイモを盛り付けていただきました。









■仔羊、アップ
f0232060_1423869.jpg仔羊にほど良く藁の香りが移っていて、風味の良いローストでした。仔羊も柔らかく、とても美味しかったです。








■グラニテ
f0232060_143364.jpgフェンネルのグラニテ。










■7品目
f0232060_113685.jpg「空豆のグラタン チョコレート風味 ヴァニラのジェラート添え」です。

イタリア語でのハッピーバースデー付き。ありがとうございました!






■空豆グラタン、アップ
f0232060_1455326.jpgかなりしっかり空豆の味が出ていますが、下にあるチョコレートと合わさって、洋風のチョコレートぜんざいのような味わいになっていました。








■プティフール
f0232060_1464992.jpg食後の紅茶と小菓子。
プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ