中国・上海「上海博雅酒店woodside」へ行く。









7月の終わりから8月の頭にかけて行われた


中国最大のゲームショー「CHINA JOY」に商談も兼ねて参加してきた。












滞在時間も短かったので、あまり時間がなかったこともあるが、


中国の商談自体が食事を囲んだ宴席で行われることが多く、


1日何度も打ち合わせや商談兼ねた食事の機会に遭遇し、


食べては英語で商談し、英語で商談しては食べの繰り返しだった。












普段、ビジネスでのご飯は、先方さんがメシクエを知っていて、


勧めてもらった時に以外には撮影していないのだが、


今回は主催者がメシクエを知っていて、むしろ写真を勧めてくれたので、


ありがたく撮影をさせてもらい、上海メシの一部を紹介したいと思う。











お仕事でした。


大事なことなので、もう一度、言います。


お仕事でした。


f0232060_20302113.jpg
























f0232060_2031061.jpg
























f0232060_20314097.jpg






























お蔭様で、ビジネス英語と胃の経験値はだいぶ入ったのではないかと思う。













■今日のカメ

■上海博雅酒店「woodside」
f0232060_2040456.jpg上海の東側にある浦東(プドン)という地域の、ハイテクノロジー特別区Zhangjiangにある上海博雅酒店内のレストラン「woodside」にて。

広くて、静か。「CHINA JOY」の会場からも近かったので、おそらくゲーム関係者と思われる人が周りの席にもいました。




■1品目
f0232060_2044494.jpgまずは前菜。クラゲの中華和え。1皿にかなり量があるので、数人で分けます。









■2品目
f0232060_20461143.jpg蒸し鶏の中華和え。










■3品目
f0232060_2047146.jpgむき海老の塩炒め。

これ、上海では非常に有名らしくて、正確には上海から1時間くらいの杭州というところの料理で「龍井蝦仁」。確かにいろんなレストランのメニューに載っていました。





■海老炒め、アップ
f0232060_20314097.jpgかなり大ぶりな海老で、プリプリしていて美味しかったです。









■4品目
f0232060_2049469.jpg牛肉のXO醬炒め。

これも、色んなレストランで見かけました。








■牛肉炒め、アップ
f0232060_2057152.jpg牛肉が柔らかくて、とても美味しかったです。ご飯が食べたくなる味。









■5品目
f0232060_20581439.jpg茄子に衣を付けて、甘辛いソースで絡めたもの。日本の中華では、食べたことがないなあ、これ。









■6品目
f0232060_2102122.jpg蒸し立ての小龍包。

日本の小龍包よりも皮がしっかりしていて、皮にも旨味があり、おかずというより、主食な感じ。うまうま。






■7品目
f0232060_212759.jpgこれも色んなレストランで見かけたチキンスープ。

全体的に味が濃く、脂っこい上海料理の中で、このスープは唯一さっぱりしていて、和風な感じの優しい味。出汁はベースが鶏で、ここは昆布が入ってたので、より日本っぽい感じでしたが、合わせる出汁はレストランによって、様々。




■8品目
f0232060_2031061.jpg主催者おすすめの川魚の清蒸。

川魚なので、少し独特なクセはありますが、油で炒めて香りを出したソースがかかっているので、食べやすかったです。






■9品目
f0232060_2174375.jpg大根餅のような感じの料理。中には、ニラ。シンプルだけど、すごく美味しい。









■10品目
f0232060_2184761.jpg焼き餃子。

これも日本の餃子と違って、皮が厚く、皮の旨味が強い。すごく美味しい。日本の餃子も美味いけど、似て非なる別物な感じで、上海焼き餃子はかなり好き。





■11品目
f0232060_21104351.jpgこれも上海名物の焼きそば。色んなレストランにありました。

ソースではなく、醬油と葱油で作られていて、見た目よりもさっぱりしています。これも美味しい。






■12品目
f0232060_21121988.jpg「驚くと思いますよ」と言われて出された杏仁。

実は、固まってなくて、杏仁ジュースみたいな感じ。味は杏仁豆腐。「杏仁糊」という名前らしく、初めて食べました。






■13品目
f0232060_21135414.jpgデザートに突入していたので、てっきり胡麻団子かと思ったら、中に緑の葉物が入った塩味。点心の1種で、日本でよく見かけるあんこの入った甘いバージョンもあるらしい。







■14品目
f0232060_2116080.jpg上の点心と似てますが、上は餅っぽいのに対して、こっちはパイっぽい感じで、サクサク。塩味。

どちらも美味しいのですが、個人的にパイっぽい方が好きかな。






■中国茶各種
f0232060_21352473.jpgお茶好きな私のために、中国茶3種の飲み比べ。

鉄観音、烏龍茶、プーアル茶の3種。グレード高いお茶だったので、どれもすごくいい香りといい味。個人的には、鉄観音が一番好みかな。
by meshi-quest | 2015-08-11 08:00 | 旅行_海外
プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ