小田原魚市場場外市場「港の台所なみ」へ行く。









「蒲鉾 鈴廣 本店」を目指す小田原練り物旅の途中、


小田原の魚市場にも立ち寄った。











市場はヤヴァイ。


お登り観光客なので、市場の活気ある雰囲気に完全の飲まれ、


胃はなんでもござれ、どんと来い!のガバガバになり、


f0232060_20284875.jpg
























f0232060_20241112.jpg
























f0232060_20243963.jpg
























f0232060_2025125.jpg
































何でも欲しくなって、財布もガバガバになる。

f0232060_2030061.jpg























f0232060_20263093.jpg























f0232060_20265575.jpg























f0232060_20271823.jpg





























たまの息抜きということで、まあ、いっかw。


東京から高速でサクッと日帰りできるので、


秋のちょっとしたお出掛けにおすすめ。









■「港の台所なみ」
http://odawara-nami.jp/












■今日のカメ

■小田原の港
f0232060_2033468.jpg船や観光客の車がたくさん停まっていました。










■さかなセンターの様子①
f0232060_20345561.jpg港の近くに「さかなセンター」という小さなお土産物屋モールがありました。









■さかなセンターの様子②
f0232060_20361099.jpg新鮮な魚や干物が売られています。どれも安いです。









■さかなセンターの様子③
f0232060_20365822.jpg串刺しのホタテやつぶ貝を買って、コンロで炙って、その場で食べることもできます。









■「港の台所なみ」
f0232060_20284875.jpg場外にはいくつか食堂があり、どれも美味しそうなので悩みましたが、この「港の台所なみ」に決定。

決め手は、4種の海の幸ご飯食べ放題w。







■店内の様子
f0232060_20392776.jpg団体客も多数来るのか、かなり広く、席数もあります。市場の食堂らしい感じ。









■4種のご飯食べ放題
f0232060_20404479.jpgお店のウリの4種のご飯食べ放題。

この日は、海草ご飯、鯖ご飯、いさきご飯、白米でした。







■注文したもの①
f0232060_20241112.jpgお刺身の3種盛り。わらさ、かます、アジ。新鮮で美味しい。









■注文したもの②
f0232060_2025125.jpg名物の深海魚「オシツケ」の煮魚。

「オシツケ」は小田原で人気の深海魚で、別名「アブラボウズ」というムツのような味わいの脂ノリノリの魚。ご飯が進む味!






■注文したもの③
f0232060_20243963.jpg厚みがあって、新鮮なアジを使ったアジフライ。めちゃくちゃ美味しい。









■注文したもの④
f0232060_20464153.jpgイカゲソの天ぷら。










■注文したもの⑤
f0232060_20472263.jpg魚市場の食堂のあら汁。美味い確定!










■「ひもの屋半兵衛」
f0232060_20482740.jpg「おさかなセンター」がガチの魚のお土産だとすると、ここはパッケージもオシャレで、よりお土産らしいお土産が揃っている感じ。








■買ったもの①
f0232060_20263093.jpg銀タラの麹漬け。銀タラ大好き。










■買ったもの②
f0232060_2051791.jpg試しに横にライターを置いてみましたが、めちゃくちゃ大きいトロアジ。しかも、2枚で700円くらい。安い!








■買ったもの③
f0232060_20271823.jpgイカスミで黒くなっている蒲鉾。切口は、ちゃんとイカのマークが入っていて、おしゃれでかわいい。









■買ったもの④
f0232060_2053282.jpg鯖のゆず味噌煮。冷凍保存可。










■買ったもの⑤
f0232060_20534270.jpg「蒲鉾 鈴廣」と双璧をなす小田原練り物の老舗「籠清(かごせい)」の揚げ蒲鉾セット。









■中はこんな感じ
f0232060_20265575.jpg数種の蒲鉾がセットになっていて、これで1000円くらい。軽く温めてから、醬油で。
by meshi-quest | 2015-10-25 08:05
プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ