吉祥寺「CAFE RUSSIA カフェロシア」へ行く。








その昔、私に「ロシア料理って、美味しいんだ!」ということを教えてくれた、


「CAFE RUSSIA カフェロシア」で、ロシアコースディナー。










日本でもいくつもお店があるのに、なかなか市民権を得ないロシア料理。


でも、本当は、すごく日本人の味覚に合うし、とても食べやすくて、美味しい。


f0232060_11464599.jpg
























f0232060_11471134.jpg
























f0232060_11473553.jpg





























見た目なのかなー。


色味なのかなー。


赤やピンクが多くて、キレイなんだけどなー。








土地の料理とはよく出来ているもんで、


夏の暑いときに、タイ料理が食べたくなるのと同じように、


冬になると、無性に極寒ロシアの料理が食べたくなる。









あったかいボルシチとか、ビーフストロガノフとか、すごく美味しいんだけどなあ。


なかなか浸透しないのはなぜだろう・・・、ロシア料理。








■「CAFE RUSSIA カフェロシア」
http://caferussia.web.fc2.com/











■今日のカメ

■「カフェロシア」
f0232060_1153256.jpgJR吉祥寺駅中央口から徒歩3分ほど。吉祥寺パルコ前のビルの地下にあります。









■店内の様子
f0232060_11535156.jpgカフェと言っても、いわゆるカフェではなく、ちゃんとした料理が出るレストランです。

店内は、ロシア名物の「ビーツ」色というか、キレイな赤紫色です。






■テーブルセット
f0232060_11553120.jpgテーブルセットはこんな感じ。










■1品目
f0232060_11464599.jpgロシアコース(3000円)にしました。有名なロシア料理が一通り食べれます。

まずは、ロシアのお惣菜の5種盛り合わせ。ボリュームたっぷり。






■前菜アップ①
f0232060_11582970.jpg「カフェロシア」に来ると必ず食べる大好きな料理、「毛皮のコートを着たニシン」。

ビーツとポテトとニシンのミルフィーユですが、めちゃくちゃおいしいです。






■前菜アップ②
f0232060_1201340.jpg酸味強めのキノコのマリネ。










■前菜アップ③
f0232060_1204469.jpg「レーチョ」という、パプリカのトマトソース煮。ラタトゥイユっぽい感じ。









■前菜アップ④
f0232060_1214812.jpg「ブジェニーナ」という、ロシアのローストポーク。









■前菜アップ⑤
f0232060_1224858.jpg白身魚のトマトソース煮です。これも甘味あるトマトソースが白身魚とあっていて、美味しい。









■2品目
f0232060_1241869.jpgコースとは別に注文した「ルリャーディ」という料理。









■「ルリャーディ」
f0232060_125401.jpg普通だと、オムレツでチキンを巻きそうな感じですが、これは逆で、チキンでオムレツを巻いています。

やや塩気は強めですが、美味しいです。






■3品目
f0232060_1264612.jpg野菜のピロシキ。

中華まんの中が野菜のものを揚げたような味わい。ちょっとモチモチしてて、不思議な食感。美味しいです。






■4品目
f0232060_11471134.jpgビーツがたっぷり入ったボルシチ。

色んなロシア料理店でボルシチ食べましたが、「カフェロシア」のボルシチは食べやすくて、すごく美味しいです。ボルシチ初心者向け。






■5品目
f0232060_11473553.jpgビーフストロガノフ。クリーミーなビーフシチュー。ボリュームたっぷり。









■6品目
f0232060_1295156.jpgロシアンティー。バラの花のジャムが付いてきて、これを紅茶の中にいれます。

すごくいい香り。ロシアンティー大好き。
by meshi-quest | 2016-01-06 08:08 | 吉祥寺
プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ