新富町「江戸肉割烹 ささや」へ行く。









そろそろ冬も終わるので、冬を名残惜しむかのように、


「江戸肉割烹 ささや」で鶏すき鍋をば。









ここのお店の雰囲気が大好きで、


大正モダンというか、はいからさんが通るというか、すごく気に入っている。


f0232060_13514446.jpg























f0232060_13525185.jpg























f0232060_13533145.jpg

































こんな素敵な空間でいただく和食のフルコース。


牡丹肉(猪)に、紅葉肉(鹿)に、


残念ながら「蝶」は食べれないけど(笑)、


牛肉も、鶏肉も加わった、豪華絢爛の猪鹿蝶。


f0232060_13545641.jpg
























f0232060_13552395.jpg
























f0232060_13564926.jpg
































そして、メインは、鶏すき鍋


f0232060_13575016.jpg























f0232060_13581195.jpg































〆は、当然、割り下を使った親子ご飯


f0232060_13585941.jpg
































ああ、幸せ。


こんなところにデートの予約してくれてたら、舞い上がっちゃうだろうなあー。








■「江戸肉割烹 ささや」
http://www.niku-kappo.com/top.html










■今日のカメ

■「江戸肉割烹ささや」
f0232060_13514446.jpg有楽町線「新富町駅」から徒歩1分ほど。

駅からは近いのですが、ちょっと変な細い路地裏にあって、迷う人多数。







■玄関
f0232060_13525185.jpg趣のある素敵な玄関。










■店内の様子①
f0232060_13533145.jpgテーブルとカウンター。席の間隔がゆったりしていて、プライベート感が保たれています。

ここは、予約しておいた一番端の中庭の見える席。







■店内の様子②
f0232060_1441924.jpg落ち着いた雰囲気で、仕事の会食でも、デートや女子同士でも使えます。あまり大人数には向かないかな。








■テーブルセット
f0232060_1453749.jpgテーブルセットはこんな感じ。

今日は、鶏すき鍋のコースにしました。








■1品目
f0232060_13545641.jpg「蕪の鴨射込み 木の芽餡」です。

蕪をくり抜いた中に、鴨のミンチが入っています。上品な優しい味。







■ゆず酒
f0232060_148116.jpg日本酒かワインいきたいところだったのですが、最近飲みすぎなので、休肝気味で、ゆず酒。









■2品目
f0232060_1412252.jpg「会津桜肉」、新鮮な馬肉です。










■桜肉、アップ
f0232060_13552395.jpg桜のような美しい色をしています。柔らかくて、とても美味しい。









■3品目
f0232060_13564926.jpg紅葉肉(鹿肉)と牛肉の炉端焼き盛り合わせです。










■鹿、アップ
f0232060_14155895.jpg和歌山県田辺町の紅葉肉(鹿肉)です。










■牛、アップ
f0232060_1417142.jpg群馬県赤城牛のバラ肉です。










■4品目
f0232060_14175165.jpg和歌山県田辺町の牡丹肉(イノシシ肉)の養老蒸しです。上の白いものは長いものすりおろしです。









■すき焼き鍋、登場。
f0232060_14221716.jpgいよいよ炭の入った鉢と、すき焼き鍋が登場。鍋はスタッフの方が丁寧に作ってくれます。









■鍋の具
f0232060_13575016.jpg特上鶏もも肉、むね肉、つくねをはじめ、江戸菜、滝野川牛蒡など、珍しい野菜も多数。









■5品目
f0232060_13581195.jpg鶏すき鍋、完成です。










■たまご
f0232060_1425575.jpg濃厚な宮川鶏卵につけていただきます。










■6品目
f0232060_13585941.jpg特製の親子丼。しっかりと濃いめの味が染みてて、めちゃくちゃ美味しい。









■7品目
f0232060_14263894.jpg築地「安達屋」の豆乳を使った豆乳汁。中に寒天が入っているサッパリとしたデザートです。
プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ