代々木上原「Celaravird セララバアド」へ行く。










私の四半期一度の季節のお楽しみ、


フレンチサーカス団「Celaravird セララバアド」も


いよいよ一巡して、また春メニューがやってた。









去年から、春夏秋冬と「セララバアド」に通い続け、


ついに、1周して春に戻り、なんだか感慨深い。











「枯山水」と名付けられた料理は、


4つの小石の中に、1つだけ食べれる石があって、


f0232060_0404281.jpg
























f0232060_041964.jpg

































「春の高原」では、蝶が皿の上に舞い、


f0232060_0424398.jpg
























f0232060_0432275.jpg

































「春の大地Ⅰ」では、畑から出てきた野菜の芽が、


f0232060_047367.jpg
























f0232060_048250.jpg



































「春の大地Ⅱ」では、分厚い土を破って出てくる新芽が表現されていた。


f0232060_051994.jpg
























f0232060_0513852.jpg






























次は、2週目の夏を予約。


今からどんな料理が出てくるのか楽しみ。








■「Celaravird セララバアド」
http://www.celaravird.com/









■今日のカメ

■「セララバアド」
f0232060_0532828.jpg小田急線「代々木上原駅」から徒歩15分くらい。駅からちょっと歩いた閑静な住宅街にあります。

現在は、リピーターや常連さんでの予約がいっぱいで、予約はほぼキャンセル待ち状態だそう。






■テーブルセット
f0232060_0571139.jpgテーブルセットはこんな感じ。










■お品書き
f0232060_0575325.jpg本日のお品書きが書かれたメニューはかわいらしく、森やウサギがカットされていました。









■生ハム
f0232060_122073.jpgコースとは別料金で、コース開始までちょっとつまめる生ハム。任意注文。









■生ハム、アップ
f0232060_13529.jpg北海道十勝のドロ豚の生ハム。超濃厚でいい香り。










■1品目
f0232060_143289.jpgメニューは、「鯛茶漬け」と書かれていて、いわゆる鯛茶漬けかと思っていたら、全く予想外の形状のものが出てきた!








■アップ
f0232060_153416.jpg梅昆布茶が入ったボールと、鯛の昆布〆が一緒になっていて、食べると口の中で鯛茶漬けになりますw。








■2品目
f0232060_1511114.jpg恒例のガラスケースに入った料理。

今回は、「枯山水」という名前が付いていて、小石が4つに、横に苔のようなものがあります。







■小石、アップ
f0232060_041964.jpg4つのうち、3つが本物の小石で、これだけ食べれます。実は、インカのめざめ、正体はじゃがいもです。








■苔、アップ
f0232060_1534754.jpg苔のようなものは、アンチョビパセリバターで、じゃがいもに付けていただきます。









■お酒①
f0232060_1543726.jpg以前は、お酒は自由に注文する形でしたが、ちょっと前から料理とマリアージュする形で出てくるようになりました。

本当は白ワインが用意されてましたが、私は白が苦手なので、代わりに日本酒になりました。





■自家製パン
f0232060_156348.jpg「セララバアド」特製のココットで焼き上げたパン。出来立てでいい香り。めちゃくちゃ美味しい。









■3品目
f0232060_0424398.jpg「春の高原」という名前の料理。

長野県清水牧場のチーズに、ローズウォーターでほんのりピンクに着色。春らしい。







■アップ
f0232060_0432275.jpg器の周りには、リンゴで作った蝶が飾られています。









■4品目
f0232060_047367.jpg「春の大地Ⅰ」という料理。










■アップ
f0232060_048250.jpg土は、アボカドとブラックオリーブで出来ています。その上に、山菜のフリットが乗っています。









■お酒②
f0232060_211894.jpgロゼワインです。










■5品目
f0232060_221460.jpgホタルイカを使った料理。










■アップ
f0232060_225363.jpgソテーしたホタルイカと、新玉ねぎのクリーミーなソース、グリーンピースと、ミントオイルが添えられています。








■お酒③
f0232060_24843.jpgここもホントは白でしたが、私だけ赤ワインにチェンジ。









■6品目
f0232060_25544.jpgホッキ貝のソテーと、ウドと麦を使ったリゾットに、海藻のソース。海の香りを感じる美味しい一品でした。








■アップ
f0232060_26916.jpgこのホッキ貝、柔らかくて、すごく美味しかったです。









■お酒④
f0232060_27817.jpg赤ワイン。










■7品目
f0232060_275843.jpgこれも恒例の瞬間燻製の料理。

真っ白い瓶の中には、桜チップの燻製スモークがたっぷり入ってます。







■アップ
f0232060_293620.jpg奥多摩のヤマメと、芹と、ホワイトアスパラガスの瞬間燻製です。









■8品目
f0232060_2102860.jpgメインは、ホロホロ鳥です。白いのは白人参のピューレ、緑はクレソンのソースです。









■アップ
f0232060_2115058.jpg弾力あり、風味も良いホロホロ鳥でした。










■9品目
f0232060_2123542.jpg「春の大地Ⅱ」と名付けられたデザート。

白いアイスは、日本酒のアイスで、甘酒のような味がします。







■アップ
f0232060_0513852.jpg土を割って、新芽が出てくる様子を、チョコとミントの葉で表現しています。









■食後の飲み物
f0232060_2142598.jpgホットのダージリン。別料金。










■10品目
f0232060_2152195.jpgかわいいメリーゴーランドの缶に入った食後の小菓子。









■アップ①
f0232060_2161799.jpg中はこんな感じ。4種類のお菓子が入っています。










■アップ②
f0232060_217215.jpgこれ、「和紙」という名前が付いた小菓子。ホントに和紙みたい。

綿あめで作られていて、エディブルフラワーが中に入っていて、まるで本物の和紙のように見えます。
プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ