代々木上原「Celaravird セララバアド」へ行く。









四半期に必ずお邪魔しているフレンチファンタジスタ、


「Celaravird セララバアド」の夏がやってきた。



f0232060_18502454.jpg
































春夏秋冬にお邪魔するようになって、今年で2年目になるのだが、


去年出ていた夏の定番となりつつ料理もありながらも、


f0232060_18532258.jpg
























f0232060_18534853.jpg
























f0232060_18544330.jpg
























f0232060_18552179.jpg
























f0232060_18565615.jpg

























f0232060_18573594.jpg




































新作メニューも加わっていて、楽しませてもらった。


f0232060_18585993.jpg
























f0232060_18592328.jpg
























f0232060_18595364.jpg
























f0232060_1901521.jpg



































食後のデザートは、なんと食べられる線香花火


わざわざ関西の花火職人さんに、


このデザートのために火薬抜きの線香花火を作ってもらっているのだそう。


夏のコースの最後にふさわしい素敵な演出だった。



f0232060_191825.jpg

























f0232060_1935651.jpg

























f0232060_194204.jpg
































■「Celaravird セララバアド」
http://www.celaravird.com/









■今日のカメ

■「セララバアド」
f0232060_18502454.jpg小田急線「代々木上原駅」から徒歩15分くらい。駅からちょっと歩いた閑静な住宅街にあります。









■テーブルセット
f0232060_19131236.jpgテーブルセットはこんな感じ。ナプキンの上に、ラベンダーの花が添えられています。









■生ハム
f0232060_191438.jpgコース前に、希望者だけ別注で生ハムが頼めます。

今日は、鴨の生ハムとウドのピクルス。








■1品目
f0232060_19145993.jpgトウモロコシの粉を、キャラメルの液体窒素で固めています。

そのまま食べると、口の中でコーンスープに変身します。






■2品目
f0232060_18532258.jpg「朝露」という名前の付いた料理。

まさに、ハスの葉の上に、朝露のようなものが乗っています。







■朝露、アップ
f0232060_19172285.jpg球体の中身は、じゅんさいを閉じ込めた梅昆布茶です。









■3品目
f0232060_1918377.jpgトマトの信玄餅が出てきました。










■アップ①
f0232060_18585993.jpgナスタチュームの花が添えられていて、夏の小学校の帰り道を思い出して、芯の部分を引っ張って、口で吸うと、ほんのり甘い蜜を感じるようになっています。







■アップ②
f0232060_1920436.jpgトマトのエキスで作られたプルプルの信玄餅。










■アップ③
f0232060_18592328.jpg蜜を吸った後のナスタチュームの花も一緒に乗せて食べます。









■ペアリング①
f0232060_19221267.jpgコースは、アルコールか、ノンアルコールのドリンクのペアリングになっています。

今回は、ノンアルコールにしてみました。トマトの信玄餅に合わせて、トマトとバジルの冷たい野菜ジュースが出てきました。





■パン
f0232060_19235934.jpgココットで焼き上げるセララバアドの絶品パン。ほんのり甘みあり、中はモチモチ、外はカリッと。めちゃくちゃ美味しい。








■4品目
f0232060_18534853.jpg牧場をイメージした一品。ヤギのミルクで作った自家製のチーズに、レモングラスで風味付けがされています。








■ラベンダー、登場
f0232060_19264371.jpgここで最初のテーブルセットにあったラベンダーが活躍。

ラベンダーの香りを嗅ぎながら、このヤギチーズをいただきます。まるで、北海道の牧場に来ているかのよう。





■ペアリング②
f0232060_1936150.jpgノンアルコールのペアリング2杯目は、オレンジジュースと思いきや、パプリカと生姜のジュース。

パプリカがすごく強く、個人的にこれはちょっと苦手な味。






■5品目
f0232060_18552179.jpg夏のコースの定番になりつつある、「渚」をイメージした貝の料理。

ホタテのソテーと、ハマグリのエキスで作ったソース。






■ボトル、発見。
f0232060_19292319.jpgガラスケースの中に、ボトルを発見。










■ボトル、回収。
f0232060_1930638.jpg料理を食べ終わった後に、ガラスケースの蓋を開けて、ボトルを回収。









■メニュー、発見。
f0232060_19305679.jpgボトルの中から本日のメニューが出てきました。










■6品目
f0232060_19314457.jpg白イカとイカスミを使った料理。










■スープが注がれます。
f0232060_19324086.jpgテーブルでスープが注がれます。










■スープ、アップ
f0232060_19332940.jpgイカのいい香りがします。










■イカスミスープに変身
f0232060_1901521.jpg中にイカスミのボールが入っていて、それを破ると、こんな感じに真っ黒に。

イカスミリゾットで作ったせんべいをスープに漬けて、戻しながら、イカスミスープを楽しみます。






■7品目
f0232060_1937397.jpg穴子のフリットと、雑穀のリゾット。緑色のソースはクレソン。









■ペアリング③
f0232060_1938309.jpgスイカのジュース。氷がハッカで出来ていて、溶けてくると、だんだんスースーしたスイカジュースになってきます。








■8品目
f0232060_1939561.jpg鮎と茄子の瞬間燻製をした料理。










■アップ①
f0232060_19405883.jpg密閉されたタッパーを開けると、燻製のいい香りがします。丸いのが鮎。全く臭みなく、美味しい鮎でした。








■アップ②
f0232060_1942019.jpg鮎の骨の部分は、素揚げで骨せんべいになっています。









■9品目
f0232060_1943092.jpg岩手県短角牛のもも肉のグリル。付け合わせは、甘みたっぷりのじゃがいものピューレ。









■ペアリング④
f0232060_19441440.jpg肉に合わせられた最後のノンアルコールのペアリングは、凍頂烏龍茶にグレープフルーツの皮で香り付けをしたさっぱりとしたお茶。








■モクモクしてきた!
f0232060_1945268.jpg橋本シェフが液体窒素を使ったデザートの準備をしています。スモークがすごいw。









■10品目
f0232060_19463236.jpg生のパイナップルを絞って、液体窒素で固めたシャーベット。中にココナッツとラム酒が入っていて、ピニャコラーダのような味がします。








■11品目
f0232060_19481083.jpg「夏の夕暮れ」をイメージしたデザート。中には桃のコンポート、紫の液体は赤しそのシロップです。









■赤くなった!
f0232060_19491087.jpg添えられているレモンシュガーをシロップの中に落とすと、化学変化で、紫が赤っぽく変わります。









■12品目
f0232060_19502397.jpgセララバアド恒例の、食後の小菓子セット。










■中はこんな感じ
f0232060_19511079.jpgヨモギのマカロン、コーンの入ったホワイトチョコ、梅のマドレーヌです。









■13品目
f0232060_191825.jpg最後は、食べられる線香花火。










■アップ
f0232060_194204.jpg線香花火の先が、ぱちぱちキャンディーを練り込んだチョコになっています。口の中で線香花火になります。
プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ