池袋「熟成牛ステーキ専門店ゴッチーズビーフ」へ行く。










実は、「肉退治」というイベントを不定期でやっている。








私が、肉師匠と仰ぐ方が作った言葉だ。


肉が嫌い、肉が憎い、だから、肉を食べて退治してやる!という、


一見、正義感溢れる何かの発言に聞こえるが、


単に、あまりに肉が好きすぎて、


定期的に肉を食べに行く理由を正当化する肉食獣によるイベントである。









毎回、ザ・肉という感じの店をセレクトしてもらい、


最初から最後まで緑少なめ、赤と茶多めのラインナップで食事をする。










今宵の肉退治は、池袋の熟成牛専門店「ゴッチーズビーフ」。


f0232060_2023531.jpg























f0232060_2025622.jpg

































我々の武器となるナイフ&フォークは、好きなものを選べるのが嬉しい。


悩む私に、スタッフの親切で、2種類のナイフ&フォークを貸してもらった。


f0232060_201266.jpg























f0232060_2015390.jpg





























名物のトマホークステーキを770グラム注文。


スタッフの方が「かなり量あります」と心配される中、


歴戦の肉退治の実力を見せつけ、トマホーク瞬殺。


f0232060_205653.jpg























f0232060_2053816.jpg































これでもまだ退治への欲求が収まらず、


追加でリブアイロースを300グラム追加。


さらに、カレーもいただいて、ようやく肉退治終了。


2人で1キロ超えの闘い。


いい肉退治だった!


f0232060_207175.jpg























f0232060_2074964.jpg































■「熟成牛ステーキ専門店ゴッチーズビーフ」
http://www.gotties-beef.com/










■今日のカメ

■「ゴッチーズビーフ」
f0232060_2023531.jpgJR池袋駅西口から徒歩5分ほど。飲食ビルの2階にあります。









■店内の様子
f0232060_20103311.jpg熟成中の肉も見れるようになっていて、まさに肉を食べるためのレストラン。

白と黒が基調になっていて、かわいらしい。







■テーブルセット
f0232060_20112060.jpgテーブルセットはこんな感じ。










■選べるナイフ&フォーク
f0232060_201266.jpg好みに合わせて、武器(ナイフ&フォーク)が選べます。









■これにしました。
f0232060_2015390.jpg肉切用のゴッツいナイフ&フォークと、皿から食べる用のラギオールの緑のナイフ&フォークを2種チョイス。








■サングリア
f0232060_20195442.jpg本日は、ひたすらサングリアの赤で。










■サラダ
f0232060_2014174.jpg肉屋らしく、ローストビーフがたっぷり乗ったサラダ。本日唯一の緑色(笑)。









■マッシュポテト
f0232060_20151367.jpg付け合わせは、数種から自由に注文可能。チーズたっぷりのマッシュポテト。









■マッシュルーム
f0232060_20155134.jpgマッシュルームのガーリック炒め。










■トマホークステーキ
f0232060_205653.jpg名物のトマホークステーキ(Tボーンステーキ)は、その日熟成している肉を実際見て、自由に選べ、グラム数で値段が決まります。

ちょうど770グラムのトマホークがあったので、それを注文。柔らかくてジューシーで、すごく美味しい!




■取り分け
f0232060_2018188.jpg木の皿に取り分けるとこんな感じ。










■リブアイロース
f0232060_20175871.jpg770gでは足りなかったので(苦笑)、追加でリブアイロースの300gを注文。さっぱり食べれる、食べやすい肉。
プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ