西麻布「マルゴット・エ・バッチャーレ」へ行く。









白トリュフの美味しい季節になってきたので、


西麻布にある人気フレンチ


「Margotto e Baciare マルゴット・エ・バッチャーレ」へ。











ここは、最初に自分が使いたいトリュフを木箱から選んで(コースト別料金)、


そのトリュフを使ってコースを楽しむような料理が出てくる。










トリュフには、白と黒の2種類があって、


白は、黒の4倍くらいの値段がして、香りでは圧倒的なのだが、


黒も黒なりの風味を持っていて、なかなか捨てがたい。


白黒ちゃんと決着つけるはずが、喧嘩両成敗!!


ここは素直にお互い仲良く、白黒両方いただくことにした。


f0232060_18512588.jpg























f0232060_18514746.jpg























f0232060_1852872.jpg























f0232060_18524775.jpg































だんだん寒くなっていく中、名残惜しい秋を感じさせる、


秋らしい料理が並んで、どれもトリュフにとてもよく合う美味しい料理だった。


f0232060_18565055.jpg























f0232060_18572965.jpg























f0232060_1857542.jpg























f0232060_18582229.jpg























f0232060_18584847.jpg























f0232060_18591163.jpg
































最後の〆は、やっぱりトリュフオンザTKGで。

日本人は、やっぱコレだね。


f0232060_19020100.jpg























f0232060_1904277.jpg
































■「Margotto e Baciare マルゴット・エ・バッチャーレ」
http://margotto.jp/









■今日のカメ

■「マルゴット・エ・バッチャーレ」
f0232060_1911971.jpg大江戸線「六本木駅」から徒歩15分ほど。西麻布交差点から徒歩3分ほど。路地裏にあります。









■白トリュフ
f0232060_18512588.jpg白トリュフが美味しい季節なので、木箱の中から美味しそうな白トリュフを2つ(1つ13,000円くらい)。3人でシェアしました。








■黒トリュフ
f0232060_1852872.jpg黒トリュフも木箱の中から形が良さそうなものを1つチョイス。こっちは、1つ3,500円くらい。









■1品目
f0232060_18565055.jpg「秋とトリュフの香り」という名前の付いた前菜3種の盛り合わせ。

黒い球は、トリュフに見立てたコロッケ。







■前菜アップ①
f0232060_1955486.jpgウニとトウモロコシ(だったかな)のムース。










■前菜アップ②
f0232060_197127.jpgイサキ(だったかな)のさっぱりとした炙りカルパッチョ。









■2品目
f0232060_199825.jpg「旨味と香り」と題された料理で、そば粉のガレットが登場。









■ここで白大活躍
f0232060_1995576.jpgこの料理には断然白がおすすめらしく、白の初陣です。









■トリュフたっぷり
f0232060_1910437.jpgガレットの上にたっぷりと白トリュフを。

ガレットにほんのり甘みがあり、シンプルなだけに、白トリュフの風味が引き立ってます。







■3品目
f0232060_18572965.jpg別料金プラス1000円で頼める名物の「キャビア最中」。









■最中、アップ
f0232060_1857542.jpg最中の中にクリームチーズが敷き詰められていて、その上にたっぷりとキャビアが乗ってます。ワインが進む!








■パン
f0232060_19145833.jpg料理を邪魔しない食べやすいパン。










■バター
f0232060_1915328.jpg「マルゴット・エ・バッチャーレ」のロゴマークにもなっている唇型。









■4品目
f0232060_19134656.jpgスペシャリテの温かいコンソメスープ。

香りを楽しむように、わざとワイングラスで出てきます。







■白トリュフを入れます。
f0232060_191719100.jpg最初は普通に飲んで、途中から白トリュフを削ってコンソメの中に入れます。めちゃくちゃいい香り。









■5品目
f0232060_18582229.jpgフランス産乳飲仔牛の料理。サッと火を通して、しゃぶしゃぶのようにしてあります。すごく柔らかくて、甘みがあります。








■6品目
f0232060_18584847.jpg「Margotto」特製目玉焼きトースト。本当に半熟の目玉焼きが乗ったトーストで、その上にいっぱい白トリュフを削ります。

トロトロの卵とトリュフの相性が抜群で、これもすごく美味しいです。





■7品目
f0232060_19213598.jpgこれは、トリュフの箸休めで、わざと一切トリュフをかけないお料理。徳島県産鰆のグリル。









■8品目
f0232060_18591163.jpgメインもちょっと贅沢させてもらって、プラス料金で奈良県産榛原牛(ハイバラギュウ)のグリル。









■アップ
f0232060_19244053.jpg脂がすごく乗っていて、ジューシーな牛肉でした。










■9品目
f0232060_19020100.jpg〆のご飯は、土鍋の白飯のたまごかけご飯か、炊き込みご飯か選べます。当然、TKGで!









■トリュフオンザTKG
f0232060_1904277.jpgここで残りの白も黒も全部使い切ります。トリュフたっぷり。美味しい!









■10品目
f0232060_19273286.jpg最後のデザートは、ガトーショコラとバニラ。
プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ