新宿三丁目「パンとサーカス」へ行く。










たまたま話の流れで、ゲテモノ肉の話になって、


高田馬場にある、ダチョウやらカンガルーやら


ちょっと変わった肉料理を出すレストラン「米とサーカス」の姉妹店で、


新宿三丁目にある「パンとサーカス」に行ってきた。


f0232060_2105340.jpg























f0232060_2111643.jpg





























香港映画に出てきそうなサイケデリックな雰囲気で、


新宿三丁目らしい作りになっていて、


ワイワイ飲む場所としては楽しめる。










ただ、本店の「米とサーカス」に比べて、


話題になるような面白い肉が少ないのと、


久しぶりに食べたけど、全体的にちょっと味がイマイチで、


見物するのに一回は来てみるけど、次はいいかなとなってしまいそう。


f0232060_2165057.jpg























f0232060_21718100.jpg























f0232060_2175295.jpg























f0232060_21135683.jpg























f0232060_21142047.jpg































「脳をハックする 肉とワインのマリアージュ」


というお店のコンセプトはすごくいいんだけどなあ。


やっぱりお店は、雰囲気も大事だけど、味はもっと大事。


いくら脳をハックされても、舌がハックされないというか、


食べてて美味しくないと、また来たいってならないからなあ・・・。








■「パンとサーカス」
http://miyashitakikaku.com/store/pancircus/











■今日のカメ

■「パンとサーカス」
f0232060_2105340.jpg丸の内線「新宿三丁目駅」から徒歩3分ほど。色んな飲食店が入っている雑居ビルの4階にあります。









■店内の様子
f0232060_2111643.jpgカウンターとテーブル。スタッフもサーカス団のような衣装を着ていて、新宿三丁目が似合うド派手な店内です。








■お通し
f0232060_21351774.jpgかぼちゃのポタージュ。胡椒が強すぎかな。










■1品目
f0232060_2165057.jpg「グルヌイユ(蛙)のフリット」(1000円)です。

蛙って、本来鶏肉と魚の間のような味で美味しいのですが、これは衣多すぎで、しかも脂っぽく、イマイチ。「え!蛙?!」で、食べてみて、「え、意外と美味しい!」が流れとして美しいと思うんですが、ゲテモノ=やっぱい美味しくないだと、オチがない感じ。勿体ない。



■2品目
f0232060_21393619.jpgメキシカンポテト。これもちょっと揚げ温度が低いのか、ふにゃっとしてて、かつ、味もイマイチ。









■3品目
f0232060_21718100.jpg「パンとサーカス肉盛り 3種」(3000円)です。

鹿と、ラムと、豚だったかな。








■アップ①
f0232060_2175295.jpg鹿、だったはず。










■アップ②
f0232060_21434086.jpgラムだったと思う。










■アップ③
f0232060_214475.jpgこれは、豚。
by meshi-quest | 2016-12-14 08:02 | 新宿
プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ