京都・四条「彩席ちもと」へ行く。








京都出張


ああ、京都は何度来てもいいなあ。


晴れている時より、ちょっと薄暗いくらいの町並みがすごく好き。


大好きな白川は、梅が咲いていた。


f0232060_14505361.jpg























f0232060_14512587.jpg























f0232060_14514834.jpg























f0232060_14522489.jpg























f0232060_1452471.jpg





























せっかくなので、美味しいものが食べたい。


この京都クエストを無駄にしたくない!









というわけで、京都在住のグルメな知り合いの紹介で、


四条の大通りを1本入った路地にある「彩席ちもと」へ。



f0232060_14432169.jpg























f0232060_14434364.jpg























f0232060_144452.jpg































ここは、お昼からとても美味しい懐石料理がいただけるのだが、


先に行ってしまうと、本当に美味しくて、期待以上のコースだった。


見た目も美しく、食材も豊富で、心に染みわたるような優しい味わい。


ここ最近で、一番個人的に楽しかったランチだったかもしれない。


f0232060_14493322.jpg























f0232060_14544250.jpg























f0232060_1455354.jpg























f0232060_14552865.jpg























f0232060_14555484.jpg























f0232060_14561830.jpg























f0232060_14565125.jpg























f0232060_14571697.jpg
































すべてのコースに付いてくる「彩席ちもと」名物の『玉子宝楽』


フワフワとしたスフレっぽい茶碗蒸しなのだが、


焼き立てが出てきて、これもめちゃくちゃ美味しかったなあ。


f0232060_1459731.jpg































ちなみに、調べたら、ここ「彩席ちもと」はランチの懐石弁当なる、


「彩点心」という懐石料理のワンプレートディッシュみたいな弁当が


女性向けの旅行雑誌にも取り上げられ有名らしい。









たまたま隣のお客さんが頼んでいて、チラッと見たが、


時間がない人にはいいのかもしれないけど、


この味と、雰囲気、盛り付けをワンプレートで終わらせるのは、なんとも勿体ない。








懐石弁当と懐石コースは、1000円くらいの差なので、


個人的にはちゃんとランチコースで


懐石料理として流れを楽しむことを強くお勧めしたい。







■「彩席ちもと」
http://chimoto.jp/saiseki/









■今日のカメ

■「彩席ちもと」
f0232060_14432169.jpg創業300年の「京料理ちもと」の姉妹店。阪急河原町駅、京阪祇園四条駅から徒歩1分ほど。

ちなみに、本店の「京料理ちもと」は値段もワンランク上で、1人客がNGなので、お一人様は目の前にある「彩席ちもと」の方へ。





■店内の様子
f0232060_14434364.jpg1階はカウンター。2階にも席があります。










■テーブルセット
f0232060_144452.jpgテーブルセットはこんな感じ。まずは、梅昆布茶が出てきます。









■「八寸」
f0232060_14493322.jpgランチ懐石「雪」(4320円)にしました。

まずは、八寸。めちゃくちゃ美しい。日本料理って、やっぱりいいなあ。テンション上がる。







■アップ
f0232060_14544250.jpg生湯葉、鰯のしぐれ煮、菜花のサーモン巻き、お多福豆、つの慈姑(クワイ)、梅長芋です。

京都じゃないといただけないような前菜ばかり。正月が二回来たみたいだw。






■「御椀」
f0232060_15152126.jpg黒いお椀、登場。










■中身は・・・
f0232060_1455354.jpg鰤、大根、三つ葉、京人参が入った白味噌仕立てです。

東京人には馴染みの薄い白味噌ですが、京都にちょこちょこ来るようになってから大好きになりました。このほんのり甘い感じがとても好き。しみじみと美味しい。




■「造里」
f0232060_15174515.jpg本日は、鯛、帆立焼きです。










■「おしのぎ」
f0232060_151975.jpg陶器の器がやってきました。










■中身は・・・
f0232060_14552865.jpg飯むしです。もち米を炊いた一口おこわのような感じ。









■「玉子宝楽」
f0232060_15211477.jpg「彩席ちもと」名物の「玉子宝楽」。スフレのようにフワフワな茶碗蒸し。これ、めちゃくちゃ美味しいです。2、3個食べれそう。お好みで生姜を。








■「油物」
f0232060_15225748.jpg甘海老の替わり揚、海老芋煮揚、ふきのとう、です。









■「温物」
f0232060_15241824.jpgこんな感じでやってきました。

蓋付きは、宝箱を開けるかのようなワクワクがあって、いいですね。







■中身は・・・
f0232060_14561830.jpg蓮蒸し、豚角煮、焼餅、白髪葱です。これも出汁が効いてて、めちゃくちゃ美味しい。









■「御飯」
f0232060_15262541.jpg〆のご飯は、鯛か、ちりめんじゃこが選べます。

私は鯛飯をいただきました。これもいい香りで、出汁がよく効いてます。赤だしと香の物も。







■「水物」
f0232060_14571697.jpg苺羹と蜜柑。この苺ミルク風味の羊羹もとても美味しく出来てました。
by meshi-quest | 2017-03-14 08:08 | 旅行_国内
プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ