銀座一丁目「銀座しのはら」へ行く。










滋賀県湖南市にあった日本料理の有名店「しのはら」さんが


東京に移転するということでグルメ界ですごく話題になっていて、


当然、すぐに知れ渡り、一気に予約困難店になっていたのだが、


この度、グルメな友達の貸し切り会に混ぜていただき、


奇跡的にお邪魔させていただくことが出来た。



f0232060_1753181.jpg























f0232060_1751189.jpg























f0232060_177696.jpg























f0232060_1772684.jpg

































カウンター越しから料理の過程も見れるのだが、


食材が豊かで、調理方法も多岐にわたり、色彩も盛り付けもキレイ。


すべてが美しいというか、改めて日本料理ってすごいなあと感じた。


私が大好きな「凛とした美しさ」をここに感じた。


f0232060_17172473.jpg























f0232060_17191439.jpg























f0232060_17193641.jpg























f0232060_1720354.jpg























f0232060_17202766.jpg























f0232060_17204884.jpg
































〆のツキノワグマとスッポンが共演した「月とスッポン」の鍋と、


とらふぐと壬生菜を使った優しい出汁の混ぜご飯。


めちゃくちゃ美味しかったなあ・・・。


これぞ、日本ならではの味。


f0232060_17232647.jpg























f0232060_17235183.jpg























f0232060_17241514.jpg























f0232060_1725149.jpg































■「銀座しのはら」
http://www.shinohara.in/










■今日のカメ

■「銀座しのはら」
f0232060_1751189.jpg有楽町線「銀座一丁目駅」から徒歩2分ほど。路地裏にあるビルの地下にあります。









■店内の様子
f0232060_177696.jpgカウンターのみ10席ほど。

本日は、知り合いのグルメ会で貸し切りでした。おまかせコース。







■お茶
f0232060_1351022.jpgまずは、香煎茶が出てきます。寒い外から来て、胃が温まります。









■日本酒と猪口
f0232060_1365164.jpg日本酒は、山陰盃酒造「播州一献」。

猪口は、なんとクラッシックバカラのグラス!どれもステキで、選ぶのに迷います。







■素敵な盛り付け
f0232060_13121636.jpg大将の篠原さんの盛り付けの様子をカウンター越しに見ることが出来ます。めちゃくちゃ感動します!









■1品目
f0232060_17172473.jpg白魚、ウニ、車海老、蝦夷アワビの先付。水前寺公園で採れた海苔と、土佐酢の煮凝りが掛かっています。








■なんと絵馬!
f0232060_13222062.jpg先付の乗っていた貝を持ち上げると、なんと縁起の良い絵馬が出てきました。素敵。









■2品目
f0232060_13232337.jpgお椀登場。










■中身は・・・
f0232060_13235044.jpg松葉ガニ真薯の大根みぞれ仕立てです。










■3品目
f0232060_13251940.jpg淡路の鯛の中にキャビアが挟まっています。










■4品目
f0232060_17191439.jpg明石のはりいか、竜飛のマグロ、播磨のブリのお造り。









■5品目
f0232060_17193641.jpg柚子のお椀を使った白子の蒸し寿司。この蒸し寿司、めちゃくちゃ美味しかったです。ほのかな柑橘の風味と、濃厚な白子ご飯。絶品。








■元気なホンモロコ、登場!
f0232060_1720354.jpg新鮮な活きの良いホンモロコ。これから炭火焼きになります。









■6品目
f0232060_17202766.jpgホンモロコの炭火焼き、のし梅、玉子真薯、明石タコ、穴子、あん肝、青首鴨の豪華な八寸。

「銀座しのはら」さんが最初にいた滋賀県の名物鮒寿司も入っています。






■他の席の八寸
f0232060_13324638.jpg2名で1皿なのですが、席によって、いろんなお皿に盛り付けてくれていて、見る人の目を楽しませてくれます。こちらは横長の皿。








■ホンモロコ、アップ
f0232060_1333544.jpg脂とさっぱりのバランスがすごく良くて、美味しい白身でした。









■7品目
f0232060_13361311.jpg出汁で炊いたフォアグラと干し柿をサンドした最中です。これもめちゃくちゃ美味しい。

日本料理でフォアグラが出てくるのは珍しく、フォアグラと干し柿の組み合わせは初めてかも。






■中身はこんな感じ
f0232060_13355313.jpgスタッフが最中に詰めてくれます。










■8品目
f0232060_13383251.jpgお椀が出てきました。










■中身はこんな感じ
f0232060_1339957.jpg海老芋とふき味噌です。










■黒トリュフ登場!
f0232060_13451821.jpg日本料理で、まさかの黒トリュフ登場!篠原大将が包丁で薄くきれいにスライスしています。









■9品目
f0232060_13474114.jpgイノシシの炭火焼きとトリュフの組み合わせです。イノシシとトリュフって、合うんですね。

下の石も、滋賀県の海岸で拾ってきたもの、葉も滋賀県のもの、というこだわりの逸品。






■熊鍋、登場!
f0232060_17232647.jpg熊鍋の準備中。










■10品目
f0232060_17235183.jpgツキノワグマとスッポンの鍋、通称「月とスッポン鍋」です。山と海の融合。熊とスッポンの組み合わせは初めてです。めちゃくちゃ優しくて美味しい出汁が出ています。







■熊雑炊
f0232060_13511273.jpg熊雑炊もすごく優しい味。










■11品目
f0232060_17241514.jpgとらふぐと壬生菜の土鍋ご飯です。










■ご飯アップ
f0232060_1725149.jpgとらふぐの風味と、壬生菜の食感がとても美味しい。









■お代わり!
f0232060_13544823.jpg美味しくて、全員がお代わり(笑)。

お代わり御飯の上には、国産牛のしぐれ煮が乗っていて、このしぐれ煮もめちゃくちゃ美味しい。







■12品目
f0232060_13564113.jpg「下萌」と呼ばれる、冬から春に移る大地の様子を表した和菓子。









■中はこんな感じ
f0232060_13573848.jpg中にはうぐいす豆、周りは黒豆きんとんです。大地の下に、新芽が芽吹いています。









■抹茶
f0232060_135914.jpgきんとんと共に、美味しい抹茶もいただきました。
by meshi-quest | 2017-03-17 08:08 | 銀座
プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ