北参道「Sincere シンシア」へ行く。










都内で私が愛しているフレンチの1つ、


北参道「Sincere シンシア」でスクエニの友達とディナー。


f0232060_11552799.jpg


f0232060_11555342.jpg


f0232060_1156218.jpg












いつものように、石井シェフにすべておまかせの特別コース。


新鮮なと肝を使った「シンシア」らしい


ガッツリとした濃厚な冷菜からスタート。


f0232060_1211071.jpg


f0232060_1212274.jpg











名物の華やかな5種のアミューズ、


クロマグロをカレー風味で合わせたお料理、


甘味ある数種のを使った野菜のお料理などを経て、


f0232060_1254835.jpg


f0232060_1265766.jpg


f0232060_12773.jpg


f0232060_1275950.jpg


f0232060_1281274.jpg


f0232060_1282191.jpg


f0232060_1282966.jpg


f0232060_1284022.jpg












イタリアから届いた大好きな


生のポルチーニ茸を使ったお料理。


ポルチーニ茸を色んな方法で調理をして盛り合わせ、味の違いを楽しむ。


旬の白トリュフも添えられていて、


深呼吸したくなるくらいものすごく香りがいい。


f0232060_12113318.jpg


f0232060_121145100.jpg











メインの魚料理は、金目鯛


クラッシックなパイ包み焼きを、


日本風にアレンジして、なんとかわいいたい焼き風に。


f0232060_1213528.jpg


f0232060_12131819.jpg











肉のメインは、これまた私が好きな仔羊


南フランス・シストロン産の高級で、上質な仔羊をローストに。


f0232060_12145362.jpg


f0232060_1215456.jpg












数種から自由に選べる〆の鉄鍋ご飯は、ブイヤベース。


魚介の濃厚な出汁が効いてて、めちゃくちゃ美味しい。


f0232060_1216149.jpg


f0232060_12162364.jpg











デザートは、和栗のスープとアールグレイのジュレを合わせたものと、


シャインマスカットとシェーブルチーズを組み合わせたもの。


最後のデザートまで、しっかり美味しいが続くコースだった。


f0232060_12184779.jpg


f0232060_12185784.jpg


f0232060_1219734.jpg


f0232060_12191688.jpg












さて、お気づきの方もいらっしゃったかもしれないが、


これ、品数は多いが、いつもの「シンシア」よりも量は格段に少ない。








実は、この日、私にしては非常に珍しいのだが、


心も体もダウンしてしまっていて、


1週間ほどまともにご飯を食べていない病み上がりの状態だった。


「Sincere シンシア」の貴重な予約が取れていた日なのに残念だったが、


石井シェフに事前に連絡をして、私のポーションをかなり少なくしてもらった。









なので、量が少ないのは元の量ではなく、本来はもっとボリューミーで


美味しい上に食べ応えのあるフレンチであることを一言伝えておきたい。








■「Sincere シンシア」
https://www.facebook.com/fr.sincere/









■今日のカメ

■「Sincere シンシア」
f0232060_11552799.jpg
副都心線「北参道駅」から徒歩5分ほど。JR代々木駅からも歩けます。北参道から奥に入った路地裏にあります。









■テーブルセット
f0232060_11555342.jpg
テーブルセットはこんな感じ。










■白ワイン
f0232060_1156218.jpg
私の好みを知ってくれてるソムリエ牛嶋さんのセレクト。甘味あって、白が苦手な私でも飲みたくなる味。美味しい!








■1品目
f0232060_1211071.jpg
最初のアミューズは、新鮮な鮑と肝を使ったもの。貝殻がそのまま器になっています。









■2品目
f0232060_1254835.jpg
手に取って食べられる5種の華やかなアミューズ。









■アップ①
f0232060_1265766.jpg
軽く炙ったカマスと茄子のアミューズ。










■アップ②
f0232060_1231227.jpg
クリスピーな生地の中にイベリコ豚と栗を包んだ春巻きのようなアミューズ。









■アップ③
f0232060_12773.jpg
サーモンとクリームソースのアミューズ。小さなお菓子みたい!









■アップ④
f0232060_12335841.jpg
秋刀魚と黒米を使ったアミューズ。









■3品目
f0232060_12343977.jpg
大西洋のクロマグロを根セロリとカレーで合わせた、ちょっと変わった組み合わせの一品。マグロの刺身とカレーソースって、すごく合うんですね!ビックリ。







■パン
f0232060_1281274.jpg
お楽しみの「シンシア」特製パン選び。好きなものを好きなだけ。









■これにした!
f0232060_1282191.jpg
いつもなら3~4種行くところだが、今日は控えめに、大好きなブリオッシュと、バケット。









■4品目
f0232060_1282966.jpg
群馬県の農家の金子さんが作った甘い数種の蕪を使った料理。









■5品目
f0232060_12113318.jpg
イタリア産の生のポルチーニ茸を色んな調理法でアレンジした料理。白トリュフとポルチーニで、めちゃくちゃいい香りがします。









■かわいいたい焼き!
f0232060_1213528.jpg
フレンチのクラシックなパイ包み焼きを、たい焼き風にアレンジ。すごくかわいい!









■6品目
f0232060_12131819.jpg
本当は、1人1たい焼きだったのだが、体調を考え、頭だけいただくことに(苦笑)。めちゃくちゃ美味しいだけに、自分の体調の悪さが歯がゆい。








■7品目
f0232060_12145362.jpg
南フランス・シストロン産の仔羊のロースト。旨味が詰まってて、そして、すごく柔らかい。これも本当は、羊好きの私のためにガッツリ用意していただいていたところ、今日はほんの一口だけ。







■8品目
f0232060_1216149.jpg
数種から選べる〆の鉄鍋ご飯は、ブイヤベースを。魚介の旨味がたっぷり出ている濃厚なブイヤベースを自分でご飯にかけて、リゾット風にしていただく。これもすごく美味しい!







■9品目
f0232060_12184779.jpg
1つ目のデザートは、和栗のスープ。中にはアールグレイのジュレ、周りにはメレンゲ。









■10品目
f0232060_12185784.jpg
2つ目のデザートは、シャインマスカットとシェーブルチーズのさわやかなデザート。









■ハーブティー
f0232060_12482583.jpg
フレッシュな葉を使ったハーブティー。









■小菓子
f0232060_12485799.jpg
名物の食べられるオブジェ。この中に3つ、食べられるものが隠れてて、それを探します。楽しくて、美しくて、そして美味しいのが「シンシア」流。
プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ