京都・東山「西洋厨房 いとう」へ行く。









京都出張


個人的に、すべてが寂しげに見える東京の冬はあまり好きじゃないが、


この町の冬は雰囲気があって、嫌いじゃない。











最近、京都にお邪魔させてもらうことが増えたので、


京都在住だったり、京都出身のグルメな方から


美味しいお店を色々と聞きまくっていて、


本日のメシクエは、教えていただいたうちの1軒、


八坂神社近くにあるフレンチ「西洋厨房 いとう」へ。


f0232060_13361625.jpg


f0232060_13363055.jpg












教えてもらってなかったらきっと行けなかったし、


きっとたどり着けなかったと思われる路地裏にひっそりとあるお店。


外観もあまり目立った看板はなく、知っている人、常連さんがメイン。


f0232060_13395621.jpg


f0232060_1340935.jpg











でも、店内の雰囲気はすごくアットホームで、居心地が良く、


シェフも、お客さんもめちゃくちゃ親切で、すぐに話しかけてくださり、


東京からフラっとやってきた私にワインを振舞ってくださり、


私よりも数十年上の医者をされてるお客さんとお友達にもなった。


f0232060_13533815.jpg












さて、お料理。


ディナーはコースのみで、シェフにおまかせ。


1品目は、鳥取のぶりと、瀬戸内のさわら


f0232060_1344228.jpg













2品目は、京都府内で採れた野菜をふんだんに使った京野菜の盛り合わせ。


野菜ならではの甘味や苦みを感じる、シンプルだけど美味しい野菜料理。


f0232060_134540100.jpg


f0232060_13455192.jpg











3品目は、活うなぎオマール海老の軽いロースト。


上の黄色いツブツブ、初めて食べたが、いわなの卵だそう。


軽い塩気はあるが、クセとかは全くない。


f0232060_13471136.jpg


f0232060_13472374.jpg











4品目は、フォアグラのソテー。


甘味あるてり焼きのようなソースとフォアグラの相性が抜群。


上には、フォアグラが見えなくなるくらいのトリュフ。


火入れも上手で、このフォアグラ、すごく美味しかった。


f0232060_13501081.jpg












5品目は、マナガツオのソテー。


ソースがすごくコクがあって美味しくて、


マナガツオも皮がカリッとしていて、よく出来ていた。


f0232060_13525117.jpg













6品目のメインディッシュは、鹿


これも火入れが上手で柔らかく、クセもなく非常に美味しい鹿だった。


f0232060_13555696.jpg


f0232060_1356853.jpg












ゲームをしているような気分。


行ったことのない町に行って、そこでしか食べれないものを食べて、


聞いたことがない新鮮な話を聞いて、普段なら会えないような友達ができる。


メシクエストの醍醐味を味わったような楽しい一日だった。











■「西洋厨房 いとう」
https://tabelog.com/kyoto/A2601/A260301/26005856/







by meshi-quest | 2017-12-15 08:08 | 旅行_国内
プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ