カテゴリ:旅行_国内( 132 )









神戸には、今回初めてやってきたのだが、


休憩中にウロウロしていた元町は、すごく面白い町だった。








大通りには、商店街や中華街など、分かりやすい店が並んでいて、


1本裏に入ると、すごく静かで何もなさそうに見える。


一見、全く店が見当たらないのだが、道にたくさん小さな看板が出てて、


それを頼りに、古い雑居ビルの中に入っていくと、


その雑居ビルの中に、いくつものカフェだったり、雑貨屋だったりが入っている。


f0232060_22164185.jpg























f0232060_2217852.jpg























f0232060_22173074.jpg























f0232060_22175130.jpg
































表のビルの地味で真面目な外観からは全く想像付かないような、


広くて、オシャレで、素敵なカフェがいっぱいある。


こういうカフェが数軒とかではなく、ものすごい数あって、


町の中でリアル宝探しをしているような感じだった。


f0232060_2220130.jpg























f0232060_22202562.jpg























f0232060_2220508.jpg























f0232060_22211145.jpg























f0232060_22213215.jpg































あまりに面白いので、怪しそうなビルを見つけては手あたり次第入ってみた。


そして、入ったビルには、ちゃんとオシャレなカフェや雑貨屋が潜んでて、


それを見つけるだけでも楽しくて仕方がなかった。







東京だと、この手のビルは、本当に古いだけで、


普通に昔ながらの小さな会社とか入ってたりして、


単なる不法侵入まがいになってしまうのだが(笑)、


神戸・元町は、町全体がゲームみたいで面白かったな。









by meshi-quest | 2017-04-09 08:06 | 旅行_国内








元町名物洋食店「伊藤グリル」の近くに、



もう1つ元町名物のスイーツがあるよと言われ、


デザートは別腹なので、急行してみる。








「観音屋」という喫茶店のチーズケーキが、


チーズが驚くほどたっぷりで、しかも、アツアツで出てくるらしい。


f0232060_21541584.jpg























f0232060_21543593.jpg
































で、早速注文。


神戸観音屋オリジナル


「デンマークチーズケーキ」



周りを見ると、みんな同じ白い円形のデザートを食べている。


f0232060_21565971.jpg























f0232060_21573464.jpg























f0232060_21575491.jpg































確かに、アツアツ。


スポンジの上にかなりたっぷりチーズが掛かっていて、


熱さで伸びるくらいとろけている。







さて、気になる味なのだが、


チーズがかなり香りの強いチーズで、ワインと食べるような感じのチーズ。


チーズ自体には甘みがなくて、その下のスポンジにほのかに甘さがあるのだが、


個人的には、チーズとスポンジと甘みがそれぞれ主張が激しすぎて、


スイーツとしては、あまり美味しさを感じられなかった。








かなりテレビでも紹介されているとのことで、


確かにインパクトはあるし、人にも言いやすいんだけど、


勧めるか?と言われると、うーん、ちょっと考える。


紅茶もかなり普通で、紅茶ともあまり合わなかった。







チーズケーキとして紅茶と食べるのではなく、


ワインのお供に、こういう料理だとしたらまた違うのかもしれないんだけど・・・。







■「観音屋」
http://www.kannonya.co.jp/









■今日のカメ

■「観音屋」
f0232060_21541584.jpgJR元町駅から徒歩3分ほど。大きな商店街の中にあります。1975年創業だそうです。









■店内の様子
f0232060_2262724.jpg昔ながらの喫茶店と言う感じ。ゆっくり落ち着く雰囲気ではないので、買い物帰りにちょっと休憩する感じ。








■チーズケーキセット
f0232060_21565971.jpgデンマークチーズケーキセット(700円)。

名物のアツアツチーズケーキと飲み物がセットになっています。







■ケーキアップ
f0232060_21573464.jpg個人的には、チーズの香りと甘さとスポンジがアンバランスな気がして、ちょっと苦手でした。

紅茶もあまり美味しくなくて、せめてこのチーズケーキにあった紅茶とか出して欲しかったなあ。
by meshi-quest | 2017-04-08 08:02 | 旅行_国内








初めての神戸出張ということで、張り切ってメシクエ中。


関西方面に詳しいグルメな知り合いに現在地を伝え、


グルメサイトで検索するよりも早く有力情報をゲット(笑)。


持つべきものは、全国各地のグルメ友達だ。








さて、神戸・元町で洋食と言えばここ!と言われ、


大正12年創業という老舗洋食店「伊藤グリル」へ。


f0232060_19593519.jpg
























f0232060_1959575.jpg































ガイドブック片手にすごくお上りさんに見えたのだと思うのだが、


「どこから来られたのですか?」と聞かれ、「東京です」と答えると、


スタッフの方が丁寧に伊藤グリルの歴史を話してくれた。


ヨーロッパ船の乗り組みシェフだった先代が始めたとのこと。


ワンピースで言うと、サンジみたいな感じだろうか。


サンジの料理とか、超期待大!









メニューを見ると、なかなかのお値段ではあるが、


どれもすごく美味しそうで、悩む。


悩んだ挙句に、


看板メニューの「ビーフカツレツ」(3800円)を注文。


f0232060_2035034.jpg























f0232060_2041138.jpg























f0232060_2043222.jpg























f0232060_2045624.jpg






























神戸元町という歴史ある場所で、大正から続く洋食をいただく。


味も内容も、今流行りの洋食とは全然違う方向性だが、


すべてはここから始まっているんだろうな。


こういう洋食を背筋正して、いただくのもたまには楽しい。






■「伊藤グリル」
http://www.itogrill.com/









■今日のカメ

■「伊藤グリル」
f0232060_19593519.jpg山陰本線元町駅から徒歩5分ほど。大きな商店街からちょっと路地に入ったところにあります。









■店内の様子
f0232060_21413150.jpg趣ある店内。お客さんも年配の方が多い印象。










■テーブルセット
f0232060_21421948.jpgテーブルセットはこんな感じ。










■セットサラダ
f0232060_2035034.jpgランチタイムは洋食を頼むと、ミニサラダとスープがセットになっています。









■セットスープ
f0232060_2041138.jpgコーンポタージュ。










■ビーフカツレツ
f0232060_2043222.jpgお店おすすめのビーフカツレツ(3800円)。クラシカルな洋食。









■アップ
f0232060_2045624.jpg昔ながらの洋食という感じ。ビーフカツレツは柔らかくて、揚げ方も上手で脂っこくなく、美味しく出来ていました。ソースもお手本のようなデミグラスソース。

正直、日常的に毎日食べたいような、食べやすい洋食じゃないけど、たまに食べるにはいい感じ。





■食後の飲み物
f0232060_21461717.jpgホットティーを食後に。
by meshi-quest | 2017-04-07 08:05 | 旅行_国内








神戸出張


人生で初めて神戸に来た。








東京人からすると、すごく横浜に似てる気がして、


別の土地に来た気がしないくらい落ち着く不思議な町だ。









神戸と言えば、私のイメージは洋食


というわけで、神戸に詳しい知り合いに聞いて、


神戸っ子愛用の洋食店「グリル一平」で夕食。


f0232060_16115848.jpg























f0232060_16125050.jpg





























創業1952年という老舗の洋食屋さんらしいが、


ここ三宮店は新しく出来たのか、


ファミレス感覚で入りやすい、カジュアルな感じだった。










滅多に来る機会がない場所では、食べたいものを食べたいだけ食べる!


後悔ない人生を送るがモットーなので、


食べてみたかったハンバーグも、エビフライも頼んでみた(笑)。


食べた過ぎて、東京帰ってから夢に出てこられても困るからね。


f0232060_16163667.jpg























f0232060_16172725.jpg























f0232060_1617854.jpg
































さて、気になるお味なのだが、


写真が美味しそうでめちゃくちゃハンバーグが気になっていたのだが、


残念ながら、私の好きなハンバーグの味ではなくて、


決してまずくはないのだが、肉の味も、ソースも、ちょっと違った。








逆に、エビフライはめちゃくちゃ美味しくて、


サクサクでジューシーで、タルタルも美味しく出来てて、すごく良かった。


洋食屋行くと、結局、「肉」に惹かれてエビフライとかいかないので、


久しぶりに外食で美味しいエビフライ食べさせてもらったな。







■「グリル一平」
http://www.grill-ippei.com/









■今日のカメ

■「グリル一平」
f0232060_16115848.jpgJR三ノ宮駅東口から徒歩5分ほど。










■店内の様子
f0232060_16125050.jpgカウンターとテーブル。一人でも入りやすいお店です。









■サラダ
f0232060_16235750.jpg洋食のセットに付いてくるミニサラダ。










■わんぱくな夕食w
f0232060_16163667.jpg気になっていたハンバーグとエビフライをどちらももらってみました。

後から「やっときゃよかった・・・」が一番人生無駄なので、食べたい時には食べるべし!






■ハンバーグ
f0232060_16172725.jpgハンバーグステーキ(1700円)。

見た目とかは好きな感じなのですが、肉とソースの味付が私の好みじゃなかったかな。決してまずくはないのですが、私にはちょっとナツメグが強い気が・・・。





■エビフライ
f0232060_1617854.jpgエビフライ(1200円)。

エビフライは大きくて、サクサクで、こちらはすごく好み。タルタル含め、とても美味しかったです。
by meshi-quest | 2017-04-06 08:04 | 旅行_国内








京都にて出張もメシクエストも継続なう。


京都に来ると必ず散歩する大好きな白川。


f0232060_1536660.jpg























f0232060_153630100.jpg























f0232060_153651100.jpg
































京都在住の知り合いの話で、この白川の近くに、


京都で今大人気の「あんこ」専門のお菓子屋さんがあると聞き、


白川から祇園に入ったすぐにある「あのん 本店」へ。


f0232060_1538244.jpg























f0232060_15384955.jpg































お土産に買って帰ろうと思っていた名物「あんぽーね」は、


なんと11時開店の1時間後には本日分すべて終了という瞬殺っぷり。


その「あんぽーね」も、店内併設のカフェで食べるのなら、


まだカフェ分が残っているとのことで、立ち寄ることにした。


f0232060_15413335.jpg































「あのん」の名物お菓子が2種選べて、ドリンクも付いて、


1200円というお得なドリンクセットを注文。


絶対食べたい「あんぽーね」と、


あんこを使ったモンブラン「あんです」の2種盛り。



f0232060_15432996.jpg























f0232060_15442227.jpg























f0232060_15444472.jpg























f0232060_1545822.jpg
































開店後1時間売り切れも納得のとても美味しいお菓子だった。


こりゃ、美味いなあ。


あんこの素晴らしさを再認識。








何気なく出てきた煎茶も、元禄創業の宇治丸久小山園の煎茶で、


これがまた何杯もいけてしまうくらい飲みやすくて美味しい。


京都はいいカフェが多くて、カフェ巡りしてるだけでも楽しいな。


f0232060_15481516.jpg
































■「あのん 本店」
http://www.a-n.kyoto.jp/








■今日のカメ

■「あのん 本店」
f0232060_1538244.jpg京阪祇園四条駅から徒歩3分ほど。白川の有名な撮影スポット巽橋(たつみばし)からすぐのところです。








■店内の様子
f0232060_15384955.jpgお菓子の販売店の奥に、カフェが併設されていて、「あのん」のお菓子をイートインできるようになっています。

1階と2階がありますが、混んでて、席数は少なめ。






■ドリンクセット
f0232060_15432996.jpgメニューの中から2つのお菓子が選べて、飲み物が付くお得なドリンクセット(1200円)。









■「あんぽーね」①
f0232060_15442227.jpgこれが大人気商品「あんぽーね」。マスカルポーネチーズと、あんこを自分で最中の中に入れて、挟んで食べます。

通常のあんこの他に、チョコや抹茶あんがあって、私は抹茶あんにしました。





■「あんぽーね」②
f0232060_15444472.jpgあんことマスカルポーネチーズがめちゃくちゃ合います!あんこの甘みを、ほのかなチーズの酸味が適度に抑えてくれてて、すごく美味しい。最中もサックサクで、すごくいい。これは瞬殺なのも分かる。







■「あんです」
f0232060_1545822.jpg中にあんこが入ったモンブラン。これも甘さのバランスが良くて、食べ飽きない美味しさ。









■煎茶
f0232060_15481516.jpg宇治丸久小山園の煎茶。

この煎茶もめちゃくちゃ香り良く、飲みやすくて美味しかったなあ。
by meshi-quest | 2017-03-15 08:08 | 旅行_国内







京都出張


ああ、京都は何度来てもいいなあ。


晴れている時より、ちょっと薄暗いくらいの町並みがすごく好き。


大好きな白川は、梅が咲いていた。


f0232060_14505361.jpg























f0232060_14512587.jpg























f0232060_14514834.jpg























f0232060_14522489.jpg























f0232060_1452471.jpg





























せっかくなので、美味しいものが食べたい。


この京都クエストを無駄にしたくない!









というわけで、京都在住のグルメな知り合いの紹介で、


四条の大通りを1本入った路地にある「彩席ちもと」へ。



f0232060_14432169.jpg























f0232060_14434364.jpg























f0232060_144452.jpg































ここは、お昼からとても美味しい懐石料理がいただけるのだが、


先に行ってしまうと、本当に美味しくて、期待以上のコースだった。


見た目も美しく、食材も豊富で、心に染みわたるような優しい味わい。


ここ最近で、一番個人的に楽しかったランチだったかもしれない。


f0232060_14493322.jpg























f0232060_14544250.jpg























f0232060_1455354.jpg























f0232060_14552865.jpg























f0232060_14555484.jpg























f0232060_14561830.jpg























f0232060_14565125.jpg























f0232060_14571697.jpg
































すべてのコースに付いてくる「彩席ちもと」名物の『玉子宝楽』


フワフワとしたスフレっぽい茶碗蒸しなのだが、


焼き立てが出てきて、これもめちゃくちゃ美味しかったなあ。


f0232060_1459731.jpg































ちなみに、調べたら、ここ「彩席ちもと」はランチの懐石弁当なる、


「彩点心」という懐石料理のワンプレートディッシュみたいな弁当が


女性向けの旅行雑誌にも取り上げられ有名らしい。









たまたま隣のお客さんが頼んでいて、チラッと見たが、


時間がない人にはいいのかもしれないけど、


この味と、雰囲気、盛り付けをワンプレートで終わらせるのは、なんとも勿体ない。








懐石弁当と懐石コースは、1000円くらいの差なので、


個人的にはちゃんとランチコースで


懐石料理として流れを楽しむことを強くお勧めしたい。







■「彩席ちもと」
http://chimoto.jp/saiseki/









■今日のカメ

■「彩席ちもと」
f0232060_14432169.jpg創業300年の「京料理ちもと」の姉妹店。阪急河原町駅、京阪祇園四条駅から徒歩1分ほど。

ちなみに、本店の「京料理ちもと」は値段もワンランク上で、1人客がNGなので、お一人様は目の前にある「彩席ちもと」の方へ。





■店内の様子
f0232060_14434364.jpg1階はカウンター。2階にも席があります。










■テーブルセット
f0232060_144452.jpgテーブルセットはこんな感じ。まずは、梅昆布茶が出てきます。









■「八寸」
f0232060_14493322.jpgランチ懐石「雪」(4320円)にしました。

まずは、八寸。めちゃくちゃ美しい。日本料理って、やっぱりいいなあ。テンション上がる。







■アップ
f0232060_14544250.jpg生湯葉、鰯のしぐれ煮、菜花のサーモン巻き、お多福豆、つの慈姑(クワイ)、梅長芋です。

京都じゃないといただけないような前菜ばかり。正月が二回来たみたいだw。






■「御椀」
f0232060_15152126.jpg黒いお椀、登場。










■中身は・・・
f0232060_1455354.jpg鰤、大根、三つ葉、京人参が入った白味噌仕立てです。

東京人には馴染みの薄い白味噌ですが、京都にちょこちょこ来るようになってから大好きになりました。このほんのり甘い感じがとても好き。しみじみと美味しい。




■「造里」
f0232060_15174515.jpg本日は、鯛、帆立焼きです。










■「おしのぎ」
f0232060_151975.jpg陶器の器がやってきました。










■中身は・・・
f0232060_14552865.jpg飯むしです。もち米を炊いた一口おこわのような感じ。









■「玉子宝楽」
f0232060_15211477.jpg「彩席ちもと」名物の「玉子宝楽」。スフレのようにフワフワな茶碗蒸し。これ、めちゃくちゃ美味しいです。2、3個食べれそう。お好みで生姜を。








■「油物」
f0232060_15225748.jpg甘海老の替わり揚、海老芋煮揚、ふきのとう、です。









■「温物」
f0232060_15241824.jpgこんな感じでやってきました。

蓋付きは、宝箱を開けるかのようなワクワクがあって、いいですね。







■中身は・・・
f0232060_14561830.jpg蓮蒸し、豚角煮、焼餅、白髪葱です。これも出汁が効いてて、めちゃくちゃ美味しい。









■「御飯」
f0232060_15262541.jpg〆のご飯は、鯛か、ちりめんじゃこが選べます。

私は鯛飯をいただきました。これもいい香りで、出汁がよく効いてます。赤だしと香の物も。







■「水物」
f0232060_14571697.jpg苺羹と蜜柑。この苺ミルク風味の羊羹もとても美味しく出来てました。
by meshi-quest | 2017-03-14 08:08 | 旅行_国内








お値段する分、飯がどれもなかなかのお味だったことは、


ハリーポッター「三本の箒」のレストランでもお伝えした通りだが、


それ以外に、ちょこちょこ食べたものもなかなか美味しかったことをお伝えしたい。









まずは、ゴジラ。


USJに入場して、すぐのところにあるフードカート。


インパクトある外見に誘われて買ってしまった


「ゴジラのあしあとまん ~黒ごま坦々味噌~」。


f0232060_1581380.jpg























f0232060_1583635.jpg































なかなかフォトジェニックなビジュアルだが、


グレーと赤のコントラストもいい感じで、


味もちゃんと美味しい肉まんだった。


f0232060_1594386.jpg




























ちなみに、1つ550円。


それなりに味も見た目もいいには、訳がある。










次に、アトラクションの合間に小腹が空いて立ち寄った


アメリカンダイナー「メルズ・ドライブイン」。


何かの世界観やキャラとかではなく、


コカ・コーラとアメリカが似合うハンバーガーショップなのだが、


ここのハンバーガーもなかなか美味しかった。


f0232060_15191745.jpg























f0232060_15205868.jpg























f0232060_15212138.jpg























f0232060_15214420.jpg






























ハンバーガーにオニオンリングが挟まっている看板ハンバーガー、


「メルズ・フィフティーズ・バーガーセット」(1560円)也。









遊園地飯としてもかなり高額なので、


これくらいの値段取るなら美味しくないとね~と考えるか、


値段高めだとしても、


遊園地でこれくらいのレベルのご飯食べれるなら素晴らしい!と考えるか、


それは皆さんの判断にお任せしたいところ。









■「ゴジラまん」
https://www.usj.co.jp/universal-cool-japan2017/godzilla/




■「メルズ・ドライブイン」
http://guide.usj.co.jp/ja/restaurant/pc/j_mels_drivein.do
by meshi-quest | 2017-03-05 08:06 | 旅行_国内








遅ればせながら、


生まれて初めてユニバーサルスタジオジャパンに行ってきた。









東京生まれ、東京育ちなので、大きな遊園地と言えば、


どうしても近場の、世界一有名なねずみがいる夢の国の方に行く機会が多く、


ユニバーサルにも一度は行ってみたいと思っていたので、念願叶った。









鋼の巨人、迫力凄かったな。


夢の国には、絶対出てこないキャラだな。何より全裸だし。


f0232060_14195245.jpg
































さて、常日頃、色んな人から外見や言動で「黒魔道士っぽい」と言われるのだが、


これだけ言われ続けると、そうなのかもなと本人も思うところがあり、


せっかくの機会なので、ホグワーツ魔法魔術学校に入学してみることにした。


でけーな、ホグワーツ城



f0232060_1423675.jpg























f0232060_14233113.jpg


































ユニバーサルスタジオの商魂たくましいファストパスの有料課金(笑)。


思った以上の値段設定に、高いなと思いつつ、すげービジネスだなと思いつつ、


この寒空の下で3時間も待つHPもMPも根性も持ち合わせてないので、


大金払って、あっさり裏口入学。









入学が完了したら、まずは、腹ごなし。


「三本の箒(ほうき)」というハリーポッターワールドで一番大きなレストランへ。


店内が想像以上によく作り込まれてて、ちょっと感動。


f0232060_14303067.jpg























f0232060_14311495.jpg























f0232060_1450914.jpg
































ユニバーサルスタジオジャパンのメシは美味しいと


行ったことがある人達から聞いてはいたが、


確かに、結構なお値段を取る分、見た目もフォトジェニックで、


味もちゃんとしていて、観光地価格とはいえ、それなりのものだった。


f0232060_14401536.jpg































ハリーポッターのアルミ製の容器(持ち帰り可)に釣られて買った


「バタービール」は、脳みそを揺るがすほど甘ったるくて、


途中まで頑張ったが、容器だけいただいて残したほどまずかった。


f0232060_14423559.jpg





























4500円もするドクロが彫られた呪いの杖も購入し、


ハリーポッターアトラクションも無事乗れて、


新入り黒魔導士として、かなり楽しませてもらった。








■ウィザーティング・ワールド・オブ・ハリーポッター「三本の箒」
https://www.usj.co.jp/area/the-wizarding-world-of-harry-potter/








■今日のカメ

■「ホグワーツ城」
f0232060_1423675.jpgユニバーサルスタジオジャパン内にあるウィザーティング・ワールド・オブ・ハリーポッターというエリアにあるホグワーツ城。よく出来てます。

この中でUSJの大人気アトラクション「ハリー・ポッター・アンド・ザ・フォービドゥン・ジャーニー」が体験できます。ちなみに、通常で3時間待ち、有料のエクスプレスパスでも30分はかかりました。



■「三本の箒」①
f0232060_14303067.jpgハリーポッターエリアには、ホグズミード村という魔法使いが住む村があって、その中に「三本の箒(ほうき)」という名前のレストランがあります。映画のセットみたいによく出来てます。







■「三本の箒」②
f0232060_1423675.jpg「三本の箒」のテラス席。寒いので人もまばらでしたが、このテラス席からはホグワーツ城を見ながら食事できます。








■魔法使い飯
f0232060_14401536.jpg「ロティーサリー・スモークチキン&ポークリブ 皮付きコーン ローストポテト添え」(1950円)です。

皮付きのとうもろこしと、このシンプルな盛り付けが、すごく魔法使い飯っぽくて、いい感じ。味もなかなか美味しかったです。




■バタービール
f0232060_14423559.jpg通常は750円ですが、このアルミ製のプレミアムマグカップ付きだと3980円になります。この時点で、料理と合わせて、すでに約6000円。すごいな、USJ。でも、なんか欲しくなっちゃうよね、これ。

なお、バタービールはめちゃくちゃ甘くて、ギブアップ。
by meshi-quest | 2017-03-04 08:08 | 旅行_国内








高知でお仕事があり、やってまいりました、初高知。


そして、初メシクエin高知








早速、高知の繁華街にある食の観光スポット「ひろめ市場」で昼食。


f0232060_15394789.jpg

































この「ひろめ市場」には、名物のカツオをはじめとする


高知の食が集まった市場兼フードコートで、すごく広い。


高知の食のバリエーションに驚くとともに、


何よりも観光客だけでなく、


地元の人が平日の昼から普通に飲んでることに驚く(笑)。


f0232060_1543371.jpg
























f0232060_1544041.jpg
























f0232060_15442599.jpg
































高知では、条例でランチビールが認められているのだろうか・・・。


どう見ても、財布片手に、仕事途中っぽい人がいっぱい飲んでるんだが。










高知名物のカツオの藁焼きもいただき、


f0232060_15461540.jpg























f0232060_15463927.jpg























f0232060_1547625.jpg































テンション上がって、トロのにぎりと、ウニを大人買い


f0232060_15482444.jpg























f0232060_15485391.jpg























f0232060_15491666.jpg































見よ、これがダメな大人の姿だ!


ふははははははー。








■「ひろめ市場」
http://www.hirome.co.jp/page/pc/











■今日のカメ

■「ひろめ市場」
f0232060_15394789.jpgJR高知駅から車で約5分。繁華街の大きな商店街の中にあります。









■市場の様子①
f0232060_1543371.jpgお土産物屋、フードコートが所狭しと並んでいます。かなり数があります。

どこのお店も手軽にテイクアウトしたり、食べ歩けるようなものを売ってて、目移りしますw。






■市場の様子②
f0232060_1544041.jpg市場の真ん中にたくさんのテーブルが並んでいて、自由に買ったものを食べられるようになります。

後片付けも専門のスタッフが巡回してるので、助かります。






■市場の様子③
f0232060_15442599.jpg飲むことが推奨されてますw。










■「明神丸」
f0232060_15461540.jpgフードコートの中でも一等地にあり、一番行列が出来てたここでカツオ購入。









■ファイヤー!
f0232060_15463927.jpgカツオの藁焼きの実演をやってます。










■うつぼ天ぷら
f0232060_15564884.jpg高知ではうつぼも食べるんですね。初うつぼ、買ってみました。









■買ってきたもの①
f0232060_15573863.jpgカツオの藁焼き定食と、うつぼの天ぷら。

うつぼは、身の締まった片めのうなぎ、という感じ。味はたんぱくです。







■カツオ、アップ
f0232060_1547625.jpg分厚くて、噂通りの美味しいカツオでした。実はあまり好んでカツオを食べないのですが、これは美味しかったです。








■買ってきたもの②
f0232060_160566.jpg昼から、トロのにぎりw。大トロ5貫で1000円。かなり美味しいトロでした。









■買ってきたもの③
f0232060_15491666.jpgウニ1箱1200円。東京だったら、2倍くらいしそうな量。
by meshi-quest | 2016-07-30 08:00 | 旅行_国内









富山、初上陸。


北陸には親戚も、ほとんど知り合いもいないので、


全く縁がないと思ってだけど、長生きしてみるもんだな。









富山と言えば、


美味しい魚がとれる町で人気の鮨屋さんがあると聞き、「美乃鮨」へ。


元々、大将は東京・目黒で鮨屋をされていたのことで、


軽く目黒話もしながら、富山の鮨をいただく。


f0232060_12163631.jpg
























f0232060_1217366.jpg
























f0232060_12174738.jpg
























f0232060_12181358.jpg
























f0232060_1224368.jpg


































富山の鮨屋さんならではのネタがあったり、


逆に、東京の鮨屋さんにはあるけど、こっちにはないネタがあったり。


美味しい鮨で、かつ、色々と興味深かった。








■「美乃鮨」
http://www.toyamawan-sushi.jp/motenashi/shop/shop6.html












■今日のカメ

■「美乃鮨」
f0232060_12281775.jpgJR富山駅から車で5分ほど。富山城址公園の近くにあります。









■テーブルセット
f0232060_12294574.jpgテーブルセットはこんな感じ。










■にぎり①
f0232060_12321324.jpg金目鯛、だったかな。










■にぎり②
f0232060_12163631.jpgレンコ鯛、だったかな。










■にぎり③
f0232060_12335049.jpg平目。










■にぎり④
f0232060_1217366.jpg白魚。富山ならでは。










■にぎり⑤
f0232060_12345838.jpgアジだったかな。










■にぎり⑥
f0232060_1235299.jpgえんがわ。










■にぎり⑦
f0232060_1236135.jpgさば。










■にぎり⑧
f0232060_12174738.jpg赤身と中トロ。










■にぎり⑨
f0232060_12181358.jpgカニ軍艦。










■にぎり⑩
f0232060_12373242.jpgウニ軍艦。










■にぎり⑪
f0232060_1224368.jpg穴子。










■にぎり⑫
f0232060_12383548.jpgネギトロ。
by meshi-quest | 2016-06-27 08:06 | 旅行_国内
プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ