カテゴリ:旅行_国内( 155 )









京都の繁華街、四条通りから1本路地を入ったところに、


先斗町(ぽんとちょう)という有名な飲み屋街がある。











昔は、薄暗くて、ちょっと怪しい雰囲気もあり、


大人だけが入れるワープゾーン感覚があったが、


今や観光地化してしまって、やたら酔っ払いの外人が多い通りになった。











この先斗町、意外な面があって、飲み屋街なのに終わりが早い。


10時くらいになると、ほとんど店がしまってしまう。


なので、飲んで2軒目、3軒目になって先斗町に来ても、


あんまりお店がやってなくて、ただその雰囲気を眺めて帰るだけになる。











とはいえ、全くやっていないわけではなく、


おそくまでやっているお店も中にはある。


そのうちの1軒、たこ焼きバー「ぽんたこ佐倉」へ。


f0232060_14531237.jpg


f0232060_14532726.jpg












先斗町をちょっと奥まで進んだところにあり、


お店の入口でテイクアウト用のたこ焼きが焼かれてるので、


たこ焼きの香りですぐわかる。











中は、すごくオシャレで、たこ焼き居酒屋とは思えない雰囲気。


f0232060_14554063.jpg


f0232060_14555669.jpg


f0232060_14562932.jpg












でも、たこ焼きがメインなので、ちゃんとたこ焼きが出てくる。


ちなみに、口直しにガリも付いてくる。


f0232060_14571443.jpg


f0232060_14572949.jpg












たこ焼きの他、串揚げや一品料理も色々と揃っている。


f0232060_1458461.jpg











デートでも使えるレベルの稀有なたこ焼き屋であり、


私の知る中では、一番オシャンティーなたこ焼き屋でもある。


ただ、たこ焼きの味自体は、決してまずくはないが、


このたこ焼きを目指して来るか?と聞かれると、ちょっと考えるかも・・。







とはいえ、先斗町で遅くまでやってて、メニュー豊富で、


ゆっくり出来て、ちょっとジャンクなものが食べれて、


こういうお店がなかなかないので、重宝。









■「ぽんたこ 佐倉」
https://tabelog.com/kyoto/A2601/A260202/26019129/









by meshi-quest | 2017-12-18 08:05 | 旅行_国内








仕事柄、都内だろうが、出張先であろうが、


カフェでPCを開きながら仕事をすることが増えた。











雑誌や映画で見た光景で、長年会社員だった私からすると、


場所や時間に拘束されていない自由な感じにものすごい憧れはあったが、


まさか自分がそうなるとは思わなかった。











なってみて分かったことは、映画や雑誌と違って、


仕事がゆっくり出来て、雰囲気も良くて、落ち着けて、


しかも静かなオシャレカフェが意外にも数がなく、


お気に入りを探すのが大変だということだった。


あれは撮影用だったんだな(今さら)。











さて、そんな生活をしているので、


どこへ行ってもカフェを探すクセがついた。


そして、ある程度、良いカフェを見極めるコツが分かってきた。











そんな中で、個人的に観光地の祇園にあって、


静かで居心地が良く、気に入っているのが「ZEN CAFE ゼンカフェ」。


f0232060_14221550.jpg












祇園の、ちょっと入り組んだ路地裏にあり、


ギャラリーを併設しているので、オシャレで、


お客さんの質も良く、比較的静か。


特に、奥の1人用席は、オシャレな図書館に来たかのような感じで、


椅子も座り心地良く、とても落ち着く。


f0232060_14241058.jpg












スイーツは、和菓子がメインで、


季節のものを取り入れた生菓子や焼き菓子が食べられる。


本日は、山づとという名前の丹波栗を使ったきんとん。


日本茶は、京都の名店一保堂のもの。


f0232060_1426341.jpg












「山づと」とは、日本の古い言葉で、


「山からの贈り物」という意味があるのだそう。


その名の通り、すべて丹波栗だけで作れらてて、


一切あんこは使用していない珍しいきんとん。


栗の味をたっぷり楽しめる美味しい和菓子だった。


f0232060_14281296.jpg











■「ZEN CAFE ゼンカフェ」
http://www.kagizen.co.jp/store/










by meshi-quest | 2017-12-17 08:08 | 旅行_国内








待ち合わせまで時間があったので、


ふらっと祇園の路地裏にある「祇をん ひつじカフェ」へ。


f0232060_1425680.jpg


f0232060_143768.jpg












建物と建物の間の細い道を入りながら


ようやくたどり着く、京都らしい迷路の先にあるカフェ。


迷路を抜けると、時代劇のセットのような素敵な日本家屋が現れ、


カフェの隣に、食事ができるレストランも併設している。


f0232060_1445534.jpg


f0232060_145637.jpg


f0232060_1451692.jpg












外観は時代劇の映画のセットのような感じだが、


中は大正モダンというか、ちょっとレトロでオシャレな空間になっている。


f0232060_146245.jpg












シュークリームがオススメだそうなので、


「さくさく和三盆シュー」のコーヒーセットをいただく。


f0232060_148453.jpg


f0232060_1481564.jpg












シュー生地の上に、和三盆のクッキーを乗せて焼いてるそうで、


確かにサクサクしていて、シュー生地が美味しい。


クリームも注文入ってから、中に入れてくれるので、


出来立てのシュークリームが楽しめる。


f0232060_1492420.jpg











雰囲気も良くて、すごくいい感じではあったのだが、


1点、喫煙可になっていて、小さな店内がモクモクしていたのが残念。


たまたま喫煙のお客さんが多かったからかもしれないが、


もっとゆっくりしてたかったけど、煙にやられて、退散してしまった。


愛煙家の方には申し訳ないけど、できれば店外での喫煙にしてほしいな、ここ。









■「祇をん ひつじカフェ」
https://www.gionhitsujicafe.com/








by meshi-quest | 2017-12-16 08:06 | 旅行_国内








京都出張


個人的に、すべてが寂しげに見える東京の冬はあまり好きじゃないが、


この町の冬は雰囲気があって、嫌いじゃない。











最近、京都にお邪魔させてもらうことが増えたので、


京都在住だったり、京都出身のグルメな方から


美味しいお店を色々と聞きまくっていて、


本日のメシクエは、教えていただいたうちの1軒、


八坂神社近くにあるフレンチ「西洋厨房 いとう」へ。


f0232060_13361625.jpg


f0232060_13363055.jpg












教えてもらってなかったらきっと行けなかったし、


きっとたどり着けなかったと思われる路地裏にひっそりとあるお店。


外観もあまり目立った看板はなく、知っている人、常連さんがメイン。


f0232060_13395621.jpg


f0232060_1340935.jpg











でも、店内の雰囲気はすごくアットホームで、居心地が良く、


シェフも、お客さんもめちゃくちゃ親切で、すぐに話しかけてくださり、


東京からフラっとやってきた私にワインを振舞ってくださり、


私よりも数十年上の医者をされてるお客さんとお友達にもなった。


f0232060_13533815.jpg












さて、お料理。


ディナーはコースのみで、シェフにおまかせ。


1品目は、鳥取のぶりと、瀬戸内のさわら


f0232060_1344228.jpg













2品目は、京都府内で採れた野菜をふんだんに使った京野菜の盛り合わせ。


野菜ならではの甘味や苦みを感じる、シンプルだけど美味しい野菜料理。


f0232060_134540100.jpg


f0232060_13455192.jpg











3品目は、活うなぎオマール海老の軽いロースト。


上の黄色いツブツブ、初めて食べたが、いわなの卵だそう。


軽い塩気はあるが、クセとかは全くない。


f0232060_13471136.jpg


f0232060_13472374.jpg











4品目は、フォアグラのソテー。


甘味あるてり焼きのようなソースとフォアグラの相性が抜群。


上には、フォアグラが見えなくなるくらいのトリュフ。


火入れも上手で、このフォアグラ、すごく美味しかった。


f0232060_13501081.jpg












5品目は、マナガツオのソテー。


ソースがすごくコクがあって美味しくて、


マナガツオも皮がカリッとしていて、よく出来ていた。


f0232060_13525117.jpg













6品目のメインディッシュは、鹿


これも火入れが上手で柔らかく、クセもなく非常に美味しい鹿だった。


f0232060_13555696.jpg


f0232060_1356853.jpg












ゲームをしているような気分。


行ったことのない町に行って、そこでしか食べれないものを食べて、


聞いたことがない新鮮な話を聞いて、普段なら会えないような友達ができる。


メシクエストの醍醐味を味わったような楽しい一日だった。











■「西洋厨房 いとう」
https://tabelog.com/kyoto/A2601/A260301/26005856/







by meshi-quest | 2017-12-15 08:08 | 旅行_国内







京都出張、最終日。


ランチにハンバーグが美味しい「プチレストランないとう」に立ち寄る。


京都らしい素敵な外観と、長い通路のお出迎えの洋食屋。


こんな雰囲気の洋食屋が各所に点在してるのは、京都くらいだろうなあ・・・。


f0232060_1643328.jpg


f0232060_16433740.jpg


f0232060_16434294.jpg











店内は広く、お庭が見れるカウンター席と、和風の座敷。奥に個室もある。


f0232060_16442790.jpg











何度かお邪魔しているのだが、


いつも私は、とんかつ、ハンバーグ、カニクリームが盛り合わされた


スペシャルランチAセット(2600円)を注文。










まずは、前菜。


丹波栗と生ハムを合わせた一皿。


f0232060_16464242.jpg


f0232060_16464521.jpg











次にミニサラダ。


f0232060_1647644.jpg











そしてメインのスペシャルランチAセット。豚汁付き。


f0232060_16474553.jpg











とんかつも柔らかく、カニクリームコロッケもカニ身たっぷりで美味しいのだが、


さらに輪をかけて手作りハンバーグが美味しい。


デミグラスソースも濃厚でコクがあって、ハンバーグとすごくあってる。


小ぶりではあるが、食べ応えがある味。


f0232060_16494043.jpg











最後のデザートは、クレームブリュレ。


温かい紅茶と共に。


f0232060_16503483.jpg


f0232060_16503799.jpg











■「プチレストランないとう」
https://restaurant.ikyu.com/104647/







by meshi-quest | 2017-11-27 08:07 | 旅行_国内









なんだか早くに目が覚めたこともあって、


午前中にフラッと散歩をして、足腰専門の神様・護王神社に行ってきた。










のどが渇いたので、その帰りにフラッと目に留まって


昔ながらの喫茶店「喫茶 茶の間」に入ってみる。


f0232060_16593486.jpg


f0232060_1659388.jpg












あとで聞いたら、京都では有名なレトロ喫茶店だったようだ。


遠いどこかを旅をしている感じがすごくする、いい雰囲気の店内で、


ママさんも優しく、ふと物思いにふけりたくなるような喫茶店。


朝の京都の町が見れる窓際の席に座った。


f0232060_1725965.jpg


f0232060_173169.jpg












京都の朝は、喫茶店文化のようだ。


名古屋だけかと思ったら、そうじゃなかった。


朝、出勤するかのように、自分の家の居間に集まるのように、


「おはようございます」と共に、


続々と近所の人がやってきてカウンターでコーヒーを飲んでる。









ここでは名も無き、ただの旅の客だけど、


こんな素敵な時間の片隅に加われたのがなんだかすごく嬉しかった。


f0232060_1711386.jpg


f0232060_17114117.jpg









■「喫茶 茶の間」
https://tabelog.com/kyoto/A2601/A260202/26013488/







by meshi-quest | 2017-11-26 08:06 | 旅行_国内








滞在していたホテルの近くに、


ちょっと変わった神社があると聞いて、


護王神社(ごおうじんじゃ)という古く由緒ある神社に行ってきた。


f0232060_16412878.jpg












この「護王神社」、何が変わっているかというと、


イノシシを祀っていて、脚力の強いイノシシにあやかり、


足腰専門の願いを叶えてくれるらしい。


f0232060_16432175.jpg


f0232060_16432458.jpg


f0232060_16432893.jpg











和気清麻呂という方が京都から九州に出かける際に、


ものすごい数のイノシシが現れて、道中無事に到着した上、


ずっと悩んでいた足腰の痛みも取れたという故事が元になっているそう。


f0232060_16463043.jpg


f0232060_16465617.jpg












なので、本殿前の両脇にいる狛犬も、狛イノになってるし、


f0232060_16474683.jpg


f0232060_16474869.jpg












境内のありとあらゆるところに、イノシシを見かける。


f0232060_1648259.jpg


f0232060_16482890.jpg


f0232060_1648376.jpg












私は、神社仏閣が好きで、よく立ち寄るのだが、


めちゃくちゃお願い事が多くて、ひたすら長々と賽銭箱の前で祈っている。


だけど、今回はあまりに分かりやすく「足腰」となってたので、


さすがの私も、自分の腰のことだけお祈りして、素早く帰ることにした。










お守りもすごくユニークで、足守りか、腰守り。


イノシシの素早さにあやかってか、


職難を避けるお守りもあったので、買ってみた。


f0232060_1652683.jpg


f0232060_1652898.jpg









これだけ願いが限定されていると、なんだかすごく効きそうだ。


足腰に悩みがある方はぜひ。










■「護王神社」
http://www.gooujinja.or.jp/







by meshi-quest | 2017-11-25 08:06 | 旅行_国内








出張in京都。


併せて、メシクエin京都。








京都国立博物館で開催中の「国宝展」に行ってきた。


41年ぶり、11月末の8週間で至高の国宝を観れる大イベント。


本物の放つオーラはすごい。


私のような素人が見ても、ガンガン心に響くものがあって、感動した。


f0232060_15351374.jpg


f0232060_15351675.jpg











夜は、京都ご出身の業界の偉い方に教えていただいた


くずし割烹「枝魯枝魯ひとしな (ぎろぎろひとしな)」へ。


f0232060_15394531.jpg


f0232060_15394831.jpg












しっかりとした京都の割烹料理がコースでいただけるが、


いい具合にくずしてあって、肩ひじ張らずに、


気軽にカウンターに座って食べられるようになっている。


f0232060_1543122.jpg


f0232060_15431671.jpg


f0232060_15431967.jpg


f0232060_15432127.jpg


f0232060_1543251.jpg


f0232060_15432860.jpg












季節の食材を使った京料理が少しづつ、テンポ良く出てきて、


最後は、ご飯やデザートまでちゃんと出る。


ここまで食べれて、お酒も飲んで、5000円ちょっとなので、とてもリーズナブル。


f0232060_15433544.jpg


f0232060_15433950.jpg


f0232060_15434642.jpg













京都の地元の人や観光客だけでなく、外国人にも人気のようで、


常に満席で、結構外国の方も予約をして来ていた。


料理もさることながら、京都らしい趣あるお店の雰囲気や、


祭りのように派手な衣装を着たスタッフも面白かった。










「新京都和食」というか、


昔ながらのいいところも取り入れ、


とはいえ、そのまま出さずに、今に合わせてアレンジしているところ、


伝統に柔軟性と遊びを加えているところが良かった。


料理の内容もさることながら、コース全体の時間とか、品数とか、値段とかも。










■「枝魯枝魯ひとしな」
https://tabelog.com/kyoto/A2601/A260201/26002260/









■今日のカメ

■「枝魯枝魯ひとしな」
f0232060_15394531.jpg
清水五条の鴨川近くの路地裏にあります。繁華街の河原町からも歩けました。









■テーブルセット
f0232060_1555513.jpg
テーブルセットはこんな感じ。










■日本酒
f0232060_16232214.jpg
お店おすすめの日本酒。









■1品目
f0232060_1543122.jpg
昆布の上に、鱧と松茸を焼き付けたものが乗っています。









■出汁を注ぎます
f0232060_16251098.jpg
その上から出汁を注ぎます。簡易土瓶蒸しの完成。










■2品目
f0232060_16262753.jpg
八寸。海老芋の牛肉巻き揚げ、栗の甘露煮など。










■3品目
f0232060_15431967.jpg
お椀。ゴボウの胡麻豆腐と、鮎の甘露煮が入ってます。









■4品目
f0232060_15432127.jpg
戻りガツオ。










■5品目
f0232060_1543251.jpg
鴨の藁焼き。ソースは、オレンジと京都の白みそを合わせたもの。









■6品目
f0232060_15432860.jpg
太刀魚の白焼きと、梨の甘酢漬け。










■7品目
f0232060_16311875.jpg
鮎の炊き込みご飯。京都のおしこんや赤だし付き。









■8品目
f0232060_15434642.jpg
柚子のパンナコッタと、ほうじ茶のドーナッツ。
by meshi-quest | 2017-11-24 08:06 | 旅行_国内








高知出張







高知にいるゲーム会社のスタッフと懇親会。


高知の地元では超人気で、超有名という「居酒屋 王様」へ。


f0232060_16405525.jpg


f0232060_16405721.jpg










現地集合で、場所を調べるためにグルメサイトを見たら、


星いくつどころか、星すら付いてない状態で、


この「王様」というふざけた名前しかり(笑)、


このメインキャラしかり、この外観、内観しかり、


正直、心の中では「大丈夫か・・・」と不安でいっぱいだったのだが。


f0232060_1643083.jpg









本日は、この王様が私の中で場外ホームランを打ってくれた話をしたい。










この王様のウリは、ほとんどの客が頼むコース。


なんと120分食べ飲み放題で、


1人3500円という驚異の安さ!


f0232060_1645845.jpg











この安さを考えると、当然、安かろう、悪かろうと思ってしまうのが人の常だが、


高級ではないにせよ、全然お酒も美味しくいただけ、種類も豊富。


料理も、そこら辺の居酒屋に負けないレベルで、ちゃんと美味しい。


刺身とかも新鮮で、揚げ物や肉も、そんなに悪くない。


f0232060_1648577.jpg


f0232060_1649779.jpg


f0232060_16481133.jpg


f0232060_16481855.jpg


f0232060_16482132.jpg


f0232060_16482461.jpg


f0232060_16482645.jpg


f0232060_16483568.jpg


f0232060_16483941.jpg


f0232060_16484484.jpg


f0232060_16484958.jpg










メニューにあった「カツ丼の上」という名の料理にいたっては、


普通に白飯と食べたくなるような、かなり美味しいレベルだった。


f0232060_16525795.jpg










種類も豊富で、ボリュームもあって、味も悪くなくて、


余計なお世話だが、ちゃんと採算取れてるのか心配になったw。


これも王様だからこそ、なせるワザなのか。


庶民には分からないことだらけw。


やるな、王様。









■「居酒屋 王様」
https://tabelog.com/kochi/A3901/A390101/39005421/







by meshi-quest | 2017-11-14 08:06 | 旅行_国内







大阪に行って粉もんが食べたい時には、


私だとほぼ必ず「はなだこ」に急行するのだが、


地元関西の方はさすがにいっぱい知っているわけで、


今回新しくオススメのお店に連れて行ってもらった。










梅田駅近くにある「タコハウス」


とぼけた名前はともかく(笑)、さすがオススメ店だけあって、


夜10時を過ぎても満席で、しばらく待ってから入ることに。


f0232060_1692878.jpg











1階はたこ焼き、2階は明石焼になってて、


席の空き状況の都合で、2階の明石焼へ。


とはいえ、どちらの階でも頼めば同じものが食べれる。


f0232060_16102315.jpg


f0232060_1610261.jpg











地元の方のオススメ人気店だけあって、確かに美味しい。


焼きたてのたこ焼きは、シンプルな状態でやってくるので、


自分で好きな調味料で味付けをする。


f0232060_1612659.jpg


f0232060_16121265.jpg


f0232060_16122480.jpg


f0232060_16122974.jpg











そして、今回人生初めて、関西で本物の明石焼を食べた。


東京ではもちろん何度か食べたことがあるが、


関西の方が「東京のは明石焼じゃない」と憤ってたのが、今なら分かる。


全然味もクオリティーも違うなあ、特に出汁の味が違う。


f0232060_16142156.jpg


f0232060_16142440.jpg


f0232060_16143268.jpg








こんなに美味しいのに、


どうして東京では市民権を得られてないんだろうか、明石焼。








ついでに、イカ焼きも頼んでみた。


多分、この日は1週間分くらいの粉もんを食べたのではないかと思う。


f0232060_1616762.jpg










■「タコハウス」
https://tabelog.com/osaka/A2701/A270101/27033007/








by meshi-quest | 2017-11-12 08:08 | 旅行_国内
プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ