カテゴリ:四谷( 40 )








四谷三丁目のとても重宝させてもらってる焼鳥居酒屋、


「キッチンどろまみれ」で食事。


遅い時間にも、美味しい焼鳥や野菜が食べれるので、助かる。


f0232060_2004785.jpg












相変わらず、お通しの手作りしゅうまいがうまい。


韻を踏んでしまうほどにうまい。


最初のお通しがリッチだと、その後の飲みに気合が入る。


f0232060_202514.jpg


f0232060_203663.jpg











まずは、前菜。


生マッシュルームのトリュフ塩。


生でも食べれて、甘みがある、美味しいマッシュルーム。


f0232060_2055933.jpg












ミモレットを振りかけた揚げ銀杏


f0232060_2064357.jpg












5時間煮込んだ牛すじ煮込みと、サラダに、から揚げ。


f0232060_2083028.jpg


f0232060_2084526.jpg


f0232060_2093118.jpg


f0232060_2095146.jpg












焼鳥は、ねぎま、手羽先、つくねなど。


焼き加減も良く、ボリュームあって、美味しい焼鳥。


f0232060_2011122.jpg


f0232060_20112965.jpg


f0232060_2011457.jpg


f0232060_20115944.jpg











最後は、石井農園直送の葉野菜をたっぷり使った、


冬季限定の名物草鍋


その名の通り、草の葉野菜をたっぷり入れるのだが、


野菜も美味しく、出汁も美味しいので、ペロリと食べれてしまう。


f0232060_2014470.jpg


f0232060_20142868.jpg











野菜だけでなく、やまと豚も鍋へ。


f0232060_20152624.jpg











この期間限定の草鍋はすごく美味しいのでおすすめ。


鍋だけでもまた食べに行きたいなー。








■「キッチンどろまみれ」
http://kitchen-doromamire.com/








by meshi-quest | 2018-01-18 08:07 | 四谷








四谷の路地裏にあるイタリアン「la Mala ラメーラ」へ。


今日はシェフにお願いをして、


私が大好きなフレッシュポルチーニ茸だけを使った


ポルチーニフルコースを作ってもらった。


こんな無茶ぶりオーダーにも笑顔で対応してくれるのがありがたい。


f0232060_13104265.jpg


f0232060_13114486.jpg


f0232060_13115435.jpg












1品目は、エゾ鹿のコンソメスープの中に、


ポルチーニ茸をたっぷり包んだパスタを浮かべたもの。


ジビエの濃厚な出汁と、ポルチーニ茸の芳醇な香りがすごく良く合う!


f0232060_13142938.jpg


f0232060_1314468.jpg













2品目は、フレッシュポルチーニ茸のバターソテー。


乾燥キノコではなく、生だからこそ出来る一品。


ソースは、アオリイカのイカスミ。


ポルチーニとバターでずっと嗅いでいたいくらいw、いい香り。


f0232060_13232750.jpg


f0232060_13233743.jpg












ただでさえ、赤ワインが進む中、さらにガソリン投入。


吉田牧場のカマンベールチーズ。


ホント吉田牧場チーズは美味しい。絶品!!


特にカマンベールは、今までのカマンのイメージを180度覆す味。


希少チーズなので、入荷してるかどうかは運次第。


f0232060_13253028.jpg













3品目は、卵を練りこんだ平打ち生パスタに、


ポルチーニをたっぷり入れたクリームソース。


旨くないわけがない一品。


f0232060_13272128.jpg


f0232060_132732100.jpg













4品目のメインディッシュは、


ジビエで有名なエレゾ社のエゾ鹿。


ソースは、鹿のジュにポルチーニ茸。


ガツンとしたジビエではなく、柔らかくて、香り良く、エレガントな感じ。


f0232060_13303615.jpg


f0232060_13304537.jpg













5品目のデザートのクレームブリュレにも、なんとポルチーニが!


ポルチーニと栗の組み合わせで、


デザートとも、料理とも言えそうな不思議な味わい。


f0232060_1332436.jpg













前菜から最後のデザートまで、本当にポルチーニ尽くしだった。


ポルチーニ茸を堪能。


たぶん、キノコ効果で2UPくらいはしたと思うw。


ラメーラさん、ありがとうございました!







■「la Mala ラメーラ」
https://lamelaitalian.wordpress.com/








by meshi-quest | 2017-12-11 08:07 | 四谷









私が知る中でもトップクラスのハンバーグマニアな方が、


満を持してオープンをされたハンバーグ&ハンバーガー店、


「BURG HOLIC バーグホリック」 にお邪魔してきた。


f0232060_115353.jpg


f0232060_11532046.jpg


f0232060_11533895.jpg












正式オープンは12月1日で、


実はその前のプレオープンにお邪魔させてもらったのだが、


店内は、ものすごくおしゃれで、広く、席数も多く快適。


小物も「バーグホリック」のロゴに統一されてて、ポップでかわいらしい。


f0232060_11574471.jpg


f0232060_11584727.jpg













個人的に、小物で印象的だったのが、このおしぼり


ハンバーガー食べる時に、手がベトベトになったりして、


でも、おしぼりが薄手のことが多く、何枚も使わないといけないが、


「バーグホリック」のおしぼりは、


航空会社などで使用される高級の厚手のおしぼりになってて、


1枚でしっかりふけるのが嬉しい。


たかがおしぼり、されどおしぼり。


f0232060_123447.jpg













四谷三丁目という場所柄、サラリーマンにもすごく配慮されてて、


ハンバーグ屋さんにありがちな肉のニオイにも気をつけているので、


店内はニオイがこもらないようになってて、仕事の打ち合わせ前に来ても無問題。


ランチ休憩なしで、ディナーまで通し営業しているのも、


打ち合わせによる遅めのランチ対応がされてて、ありがたい。











ハンバーグが来る前に、すでに好感触が連発しているのだが、


いよいよ本題のハンバーグへ。










メニューにも工夫がされてて、


こういった雰囲気のハンバーガー屋には珍しく、


なんと、バンバーグステーキのメニューも最初から併設している。


つまり、パテをでいただくことが出来るのだ。


f0232060_12261842.jpg












私はご飯党過激派なので、出来れば美味しいパテは


バーガーよりもご飯でいただきたいと常日頃思っているのだが、


そんなご飯好きも、ハンバーグで満たしてくれる。


さらに、バーガー用とバーグ用のパテは、ちゃんと配合も異なって、


パン、ご飯、それぞれに合うように設計されているのだそう。










メニューも豊富で、すごく迷ったのだが、お店オススメの


ワカモレハンバーグ(1400円)を注文。


おそらくフォトジェニックさを考えると、


ここはメシクエ的にハンバーガーを取るべきなのだろうが、


いやいや、ご飯を裏切ることはできない。お米の国の人だから。


f0232060_12281654.jpg













本当のハンバーグマニアの方が作られただけあって、


そのハンバーグも期待の斜め上をいき、めちゃくちゃ美味しかった。


店名の「バーグホリック」の看板に偽りなし。


スパイスでごまかしてないというか、ちゃんと肉の旨味を感じるし、


トッピングもハンバーグを邪魔せず、活かしてくれている。


ワカモレのコクのあるアボカドとピリ辛サルサソースがバーグと合う!!


f0232060_123061.jpg













付け合わせのスパイシーポテトもカリッと揚ってて美味しいし、


青ジャガイモをスライスして店内で揚げているという


丸いチップスも付いてて、どこまでもバーグ愛を感じる。


f0232060_12314331.jpg












あと、このご飯も素晴らしい。


ご飯も魚沼産のコシヒカリを使って、


甘味があって、そもそも美味しいのだが、


このコップ入りというが秀逸。


f0232060_1233789.jpg











普通は皿の上にご飯が乗っていることが多く、


ぶっちゃけ、食べにくいなあ・・と思っていたが、


これなら、指に引っ掛けて、バーグと一緒に口に運ぶことができる。


なんで他のお店はやらないんだろう・・と思うぐらい、これ便利。












いやー、すごい店が四谷三丁目に降臨したなあ。


一気に流行りそうな予感。









■「バーグホリック」
https://burg-holic.com/









by meshi-quest | 2017-12-05 08:08 | 四谷







懇意にさせていただいてるお気に入りの懐石料理店「はらまさ」で食事。


f0232060_2025981.jpg


f0232060_2031541.jpg


f0232060_2034743.jpg


f0232060_2041329.jpg











今日はちょっと贅沢に、ワインランク上のおまかせコースを。


「はらまさ」のコースは2種あって、品数はほぼ一緒だが、


上のコースの方が結局のところ俄然お得というか、


食材も内容はツーランクくらい上で、大将の原さんの料理が心から堪能できる。










刺身でも食べれるトロをサッと揚げた贅沢なトロかつ


f0232060_2084866.jpg


f0232060_2085979.jpg













上海蟹の蒸し寿司は、


初めて食べたけど、めちゃくちゃ美味しかったな・・。


カニ好きにはたまらん一品。あと3つくらい食べたくなる。


f0232060_20102938.jpg












名物のあん肝醤油と海苔でいただくお造りも美味しかったし、


f0232060_20112618.jpg


f0232060_20114146.jpg


f0232060_20115839.jpg


f0232060_20121297.jpg












これまた名物の痛風なんてクソ食らえ!なソーメンパスタや、


コースにはなかったので追加したカニ身たっぷりのお気に入り茶碗蒸しも、


相変わらず、絶品だった。


f0232060_20141573.jpg


f0232060_2014077.jpg












メインの焼き物は、秋田八郎潟の天然うなぎ


脂は乗ってるけど、くどくなくて、すごく食べやすい。


f0232060_2015432.jpg


f0232060_20161179.jpg












〆のご飯は、2つのコースともに、トリュフの土鍋ご飯ではあるが、


ワンランク上のコースにすると、トリュフの上になんと、


和牛のサーロイン生ウニのトッッピングがついてくる。


f0232060_20174518.jpg


f0232060_201855.jpg


f0232060_20182064.jpg












全部乗せると、こんな感じ。


こんな贅沢なご飯見たことないな(笑)。


f0232060_20192436.jpg












■「はらまさ」
https://tabelog.com/tokyo/A1309/A130903/13151542/









■今日のカメ

■「はらまさ」
f0232060_2025981.jpg
都営新宿線「曙橋駅」から徒歩3分ほど。










■店内の様子
f0232060_20231944.jpg
カウンターとテーブル席。席数は少なめで、人気店なのでいつも混んでます。









■テーブルセット
f0232060_2034743.jpg
テーブルセットはこんな感じ。










■日本酒
f0232060_2041329.jpg
おすすめの飲みやすい日本酒。










■1品目
f0232060_20275215.jpg
伊勢海老と海老味噌と茄子。上には、海老の殻からとったジュレ。









■2品目
f0232060_2084866.jpg
刺身でも食べれるトロをサッと揚げた、ジューシーなトロかつ。









■3品目
f0232060_20373239.jpg
上海蟹の蒸し寿司。カニ身も、味噌も一緒にご飯と絡んでます。今回、全部美味しかったけど、あえて選ぶなら個人的には、この蒸し寿司が一番だったかも。







■4品目
f0232060_20112618.jpg
金目鯛と真鯛。絶品あん肝醤油を乗せて、海苔で巻いて食べるのが、「はらまさ」流。









■5品目
f0232060_2014077.jpg
お気に入りのカニ味噌茶碗蒸し。濃厚で、絶品。









■6品目
f0232060_20411716.jpg
お椀は、鱧と松茸。









■7品目
f0232060_20415559.jpg
名物の痛風ソーメンパスタ(笑)。白子で和えたクリーミーなソーメンをパスタに見立てて、上には、キャビア、ウニ、いくら、からすみが乗っている贅沢な一品。これもすごく美味しい。







■8品目
f0232060_20161179.jpg
秋田八郎潟の天然うなぎ。蒲焼と白焼きで。










■9品目
f0232060_201855.jpg
炊き立ての出汁土鍋ご飯の上に、たっぷり黒トリュフをかけてくれます。









■トッピング
f0232060_20182064.jpg
2つのコースともに、〆はトリュフご飯ですが、1つ上のコースには和牛サーロインとウニが付いてきます。









■全部乗せた!
f0232060_20192436.jpg
贅沢なご飯になりましたw。










■10品目
f0232060_20461162.jpg
牛乳のババロア、栗の甘露煮、甘納豆、シャインマスカットの和風パフェ。
by meshi-quest | 2017-12-01 08:07 | 四谷








四谷の路地裏にあるイタリアン「la Mala ラメーラ」で夕食。


昔よくお邪魔していた「神楽坂しゅうご」の姉妹店ということで、


先日ランチに伺って美味しかったので、夕食にもお邪魔してみた。


f0232060_15505398.jpg


f0232060_15504885.jpg


f0232060_15505594.jpg












野菜をふんだんに取り入れた美味しい料理が並ぶ中、


「平目とマッシュルームの温かいタルタル」は、特に目を引く美味しさだった。


生で食べるマッシュルームと、


平目と、茄子の甘みも加わったタルタルの組み合わせが抜群。


f0232060_15545921.jpg


f0232060_1555318.jpg


f0232060_1555640.jpg


f0232060_15551235.jpg











「神楽坂しゅうご」でも人気だった北海道産生ウニのパスタは、


「神楽坂しゅうご」では乾麺を使っていたが、


「ラメーラ」ではシェフのこだわりで手作り生パスタで。


f0232060_1557097.jpg


f0232060_1557267.jpg





実は、私は「生パスタ」がちょっと苦手で、


必要以上にモチモチしているうどんっぽい生パスタがダメなのだが、


「ラメーラ」の生パスタは小麦粉の配合を変えていて、


乾麺のようなコシもありながら、生パスタの美味しさも共存してて、絶品だった。


生パスタとはいえ、そこで作らずに業者に依頼している店も多いようで、


やっぱりそういうパスタとは分かりやすく違いが出る。










メインの蝦夷鹿は、りんごと赤ワインで甘めのソース。


カウンターもデーブルもあるので、一人でも複数でも来やすく、


幅広い用途で使えそうな便利なイタリアン。


f0232060_1613319.jpg


f0232060_1613631.jpg









■「la Mala ラメーラ」
https://lamelaitalian.wordpress.com/









■今日のカメ

■「la Mala ラメーラ」
f0232060_15505398.jpg
JR四谷駅から徒歩7分ほど。路地裏にあります。










■赤ワイン
f0232060_15505594.jpg
お店オススメの赤ワイン。










■お通し
f0232060_15545921.jpg
マロンかぼちゃのスープ。










■1品目
f0232060_1671928.jpg
「温野菜 ローリエ風味の野菜仕立て」。野菜をやや硬めに歯ごたえ残すように煮ていて、風味も、食感も、楽しめるようになってる一品。









■2品目
f0232060_1555640.jpg
「平目とマッシュルームの温かいタルタル」。平目と茄子の甘みと、生マッシュルームの風味がすごく合っていて、とても美味しい温菜でした!








■3品目
f0232060_1557097.jpg
「北海道産生ウニのキターラ」。「神楽坂しゅうご」でも人気メニューでしたが、「ラメーラ」ではシェフ手作りの生パスタでいただけます。生ウニとの絡みもいいです。








■4品目
f0232060_1613319.jpg
「エレゾ社蝦夷鹿もも肉 りんごと赤ワインのソース」。鹿は有名な食肉業者、エレゾ社。ソースにたっぷりりんごが果肉ごと入っていて、甘さはありますが、胡椒やスパイスで抑えてあるので、甘ったるさはないです。ボリュームたっぷり。
by meshi-quest | 2017-11-16 08:08 | 四谷








料理が美味しい居酒屋があると聞き、


四谷三丁目にある「たく庵」へ。


f0232060_1134050.jpg


f0232060_1134230.jpg









小さな雑居ビルの地下にあり、


知らないと素通りしてしまいそうな場所だが、


店内はアットホームで清潔感もあり、居心地がいい。










お通しは、出汁と野菜がたっぷり入った温かいお椀。


お酒飲む前の胃が温まって、ありがたい。


f0232060_11374859.jpg










料理もすごく丁寧に作られていて、


いわゆる居酒屋というより、カジュアルな小料理屋という感じ。


メニューが豊富で、野菜も、魚も、肉も揃ってて、


1皿1皿の量もそこまで多くないので、1人でフラッと立ち寄って飲むには良さそう。


f0232060_11375820.jpg


f0232060_11413413.jpg


f0232060_11413798.jpg


f0232060_1141419.jpg


f0232060_11414577.jpg


f0232060_11414779.jpg


f0232060_11415045.jpg











どの料理も丁寧で美味しく作られているのだが、


大将の好みなのか、塩をあまり使わず、全体的に薄味で、


逆に、七味を料理に多用していて、全体的にピリ辛。









美味しい・美味しくないではなく、もうこれは好みの問題なのだが、


個人的に好きな味とはちょっと違ったかな。






■「たく庵」
https://tabelog.com/tokyo/A1309/A130903/13113268/








■今日のカメ

■「たく庵」
f0232060_1134050.jpg
丸の内線「四谷三丁目駅」から徒歩1分ほど。大通り沿いのビルの地下にあります。









■ゆず酒
f0232060_11375820.jpg
私の好きな鳳凰美田のゆず酒のロック。甘味が控えめで、ゆずの風味がしっかり出てるので、飲みやすく何杯でも飲める。







■お通し
f0232060_11374859.jpg
お通しは、出汁と野菜たっぷりのお椀。外から来て、お酒飲む前に胃が温まるので、嬉しいお通し。









■1品目
f0232060_11413413.jpg
ちくわの磯部揚げ。七味がかかってて、ちとピリ辛。









■2品目
f0232060_11413798.jpg
きゅうりと茗荷のラー油和え。これも、ピリ辛。









■3品目
f0232060_1141419.jpg
梨とカブの胡麻和え。かなり薄味。もう少し塩気あっても良かったかなー。









■4品目
f0232060_11414577.jpg
焼〆鯖。大根おろしが辛味のもみじおろしになってて、これもピリ辛。









■5品目
f0232060_11414779.jpg
鹿児島県大迫ファームの豚を使った自家製チャーシュー。かなり八角を使っていて、ややスパイシー。









■6品目
f0232060_11415045.jpg
手羽のから揚げ。カラッと上手に挙がっていました。
by meshi-quest | 2017-11-06 08:08 | 四谷









四谷三丁目に「どろまみれ」という


一度聞いたら忘れないインパクトある名前の大人気焼き鳥店があり、


そこに行こうとしたところ、11時近くだったが、それでも満席で入れず。









スタッフさんに聞いたら、メニューはほぼ「どろまみれ」と同じで、


すぐ下に姉妹店があるとのことで、本日は「キッチンどろまみれ」へ。


f0232060_17485564.jpg


f0232060_1749285.jpg










お通しが、なんと大きな手作りシュウマイ。


ちゃんと丁寧に蒸し器で蒸されてて、もう4個食べたいくらい美味しい!


f0232060_17525563.jpg










本店の「焼鳥 どろまみれ」同様、


野菜をウリにしてて、野菜料理が充実。


f0232060_1755529.jpg


f0232060_17555497.jpg


f0232060_17555915.jpg











焼鳥も、もちろん充実していて美味しい。


f0232060_17543392.jpg


f0232060_17544114.jpg


f0232060_17544751.jpg








気軽でリーズナブルで美味しくて、


肉も、野菜も、お酒も充実してて、居酒屋として秀逸。







■「キッチンどろまみれ」
http://kitchen-doromamire.com/









■今日のカメ

■「キッチンどろまみれ」
f0232060_17485564.jpg
丸ノ内線「四谷三丁目駅」から徒歩3分ほど。1階が「キッチンどろまみれ」、2階は本店の「焼鳥どろまみれ」。









■サングリア
f0232060_1811293.jpg
白ワインベースのサングリア。










■お通し
f0232060_17525563.jpg
お通しは、手作りシュウマイ。なんかすごく嬉しいw。得した気分。









■1品目
f0232060_1755529.jpg
名物の「15種野菜の盛り合わせ」(750円)。食べ応えあるボリューム。野菜も甘くて美味しい。









■2品目
f0232060_17555915.jpg
レンコンの炭火焼。










■3品目
f0232060_18155560.jpg
牛すじのとろとろトマト煮。濃厚で、牛すじも柔らかく、美味しかったなー。









■4品目
f0232060_18171390.jpg
鶏スープ。いい出汁が出てます。










■焼鳥①
f0232060_17543392.jpg
ハツ。










■焼鳥②
f0232060_17544114.jpg
秋田比内地鶏のぼんじりともも。










■焼鳥③
f0232060_17544751.jpg
月見つくね。
by meshi-quest | 2017-10-23 08:07 | 四谷








グルメな知り合いから勧められて、


曙橋にある懐石料理店「はらまさ」で食事。


f0232060_15183363.jpg


f0232060_15183685.jpg











厨房を囲むように作られた白木の小さなカウンターは、


不思議と初めて来たのに居心地よく、


京都に旅行に来て、裏路地の料亭で食事をしてるかのようなワクワク感もあり、


曙橋にいることを忘れてしまいそうな感じだ。


f0232060_15293435.jpg


f0232060_15293583.jpg














夜のコースは、2種のみで、


どれもすごく丁寧に作られてて、テンポ良く出してくれて、


噂以上に美味しい日本料理だった。


仕事帰りにフラッとそのまま寄れそうな場所で、


こんなに風情あるコースが気軽にいただけるのは幸せ。


f0232060_153050100.jpg


f0232060_1531286.jpg


f0232060_1531577.jpg


f0232060_15311046.jpg


f0232060_15311229.jpg


f0232060_15554017.jpg


f0232060_15554413.jpg












中でも3つ、個人的にすごく気に入った料理があって、


1つは、自分で手巻きをするお造り


新鮮な刺身に薬味とあん肝醤油を乗せて、海苔で巻いていただくのだが、


この濃厚なあん肝醤油が絶品で、


普通に刺身を食べるわさび醤油よりも好きかも。


f0232060_15594100.jpg


f0232060_1559791.jpg


f0232060_1559890.jpg











2つめは、カニ味噌がたっぷり乗った、濃厚なカニ茶碗蒸し


カニの風味がぎっしり詰まってて、甲殻機動隊にはたまらん一品だった。


1つと言わず、あと2つくらい食べたい。


f0232060_1623239.jpg


f0232060_1623477.jpg












3つめは、〆に出来てきた名物のトリュフご飯


出汁をたっぷり吸った炊き立てのご飯に、


たっぷりの黒トリュフを乗せた、香りだけで酔いそうな美味しいご飯。


f0232060_1642853.jpg


f0232060_1644025.jpg












大満足の懐石料理だった。


1人でも居心地よく、ちゃんと対応してくれるのが嬉しい。


またぜひ伺わせていただこうと思う。







■「はらまさ」
https://tabelog.com/tokyo/A1309/A130903/13151542/









■今日のカメ

■「はらまさ」
f0232060_15183363.jpg
都営新宿線「曙橋駅」から徒歩3分ほど。









■店内の様子
f0232060_15293435.jpg
メインは、厨房を囲む小さなカウンター。他にテーブル席も。









■日本酒
f0232060_15293583.jpg
お店おすすめのスッキリ辛口の日本酒を。










■1品目
f0232060_153050100.jpg
帆立とクラゲと菊の花のお浸し。










■2品目
f0232060_15594100.jpg
マグロとヒラメのお造り。こういう懐石のコースのお造りで、海苔と薬味が出てきて、手で巻くスタイルは珍しい。写真の一番右の茶色の小皿があん肝醤油だが、このあん肝の濃厚な風味が刺身にすごく合ってて、絶品だった。






■3品目
f0232060_1627220.jpg
カニ味噌たっぷりの茶碗蒸し。甲殻類好きには、きっとたまらない一品。今年一番美味しかった茶碗蒸し!








■4品目
f0232060_1531577.jpg
甘鯛と隠元と黒アワビ茸のお椀。いい出汁が出てます。









■5品目
f0232060_15311046.jpg
これも懐石のコースで珍しい、パスタのような温かいそうめん。雲丹、キャビア、からすみ、いくら、白子と、濃厚なものだけがドーンと乗ってる、痛風まっしぐら(笑)の絶品そうめんでした。







■6品目
f0232060_15311229.jpg
大きくて、厚みある、立派な太刀魚の塩焼き。









■7品目
f0232060_15554017.jpg
意外と見た目よりさっぱりしている焼き胡麻豆腐。









■8品目
f0232060_1642853.jpg
〆の炊き立てトリュフご飯。出汁で炊いたご飯の上から、大将が黒トリュフを削ってくれます。いい香り。日本の出汁とトリュフは、相性いいですね!








■ご飯セット
f0232060_1644025.jpg
こんな感じで、よそってくれます。香の物と赤だし付き。残ったご飯はお持ちかえりできます。









■9品目
f0232060_16371347.jpg
食後のデザートは、牛乳のババロア。上には、抹茶とあんこが乗っています。
by meshi-quest | 2017-10-13 08:08 | 四谷








海外旅行は、プライベートでも出張でも結構行ってる方だと思うが、


そのほとんどがアジアで、まだ東欧には一度も行ったことがない。


「チェコ」って、なんか魅惑的な響きがあって、


おとぎの国みたいなイメージがあり、いつか行ってみたい国の1つだ。











おとぎの国に思いを馳せるとか、わたくし、ちと疲れてるのかもしれんが、


とはいえ、近日中に行けそうな気がしないので、


まずは、四谷三丁目にあるチェコ料理店「だあしゑんか」で


チェコの雰囲気だけでも味わうことにする。


f0232060_1540276.jpg


f0232060_15403562.jpg


f0232060_15404136.jpg










まずは、チェコワインで乾杯。


f0232060_154741.jpg











チェコ風ポテトサラダは、ピクルスの酢やワインビネガーが入ってるそうで、


日本のいわゆるポテサラより、酸味が強めの爽やかな味。


f0232060_1548525.jpg











燻製イワシのオイル漬けは、ポーランドでよく食べられる料理だそう。


f0232060_15505986.jpg












メインは、チェコの伝統料理「グラーシュ」


牛肉と玉ねぎをビールで煮込んだ濃厚な味わいのビーフシチュー。


「クネドリーキ」という


焼かずに、茹でて食べるモチモチした食感のチェコのパンといただく。


f0232060_15552586.jpg










なんかどこか日本と似てるところもありながら、


ちゃんとチェコらしさがあって、やっぱりどこか違う、楽しい食の異文化交流。


いつかこれらの料理を現地チェコで味わう日が来るといいな。








■「チェコ料理 だあしゑんか」
http://dasenka.jpn.org/bar/







by meshi-quest | 2017-10-12 08:06 | 四谷








神楽坂にある人気イタリアン「神楽坂しゅうご」


初の系列店として今年四谷の路地裏にオープンした


イタリアン「la Mala ラメーラ」でランチ。


f0232060_12121647.jpg


f0232060_12121986.jpg










一時期、すごく気に入ってお邪魔してた「神楽坂しゅうご」の系列なので、


なんとなく味や料理の感じも想像できてたので、


最初からディナーでガッツリお邪魔したい気もあったが、


ちょっと時間がなかったので、まずはランチ訪問。











昼からこのクオリティーとボリュームランチが食べれるのは、さすが。


パスタもよくあるイタリアンランチで出るような内容ではなく、


サワラとキノコを合わせたパスタや、


マンボウを使ったアラビアータなど、


「ラメーラ」ならではの個性的なパスタで、食べにくる価値のあるものばかり。


f0232060_12183779.jpg


f0232060_1218413.jpg


f0232060_12184228.jpg


f0232060_12184588.jpg












ランチコースのメインの十勝牛のハツのタリアータも、


火入れも良く、しっかりとボリュームがあり、大満足の内容だった。


f0232060_1221396.jpg












昼から気軽にこのクオリティーのイタリアンが食べれるのはありがたい。


ディナーもぜひ近々お邪魔したいと思う。








■「la Mala ラメーラ」
https://lamelaitalian.wordpress.com/









■今日のカメ

■「la Mala ラメーラ」
f0232060_12121647.jpg
JR四谷駅から徒歩7分ほど。路地裏にあります。









■店内の様子
f0232060_12121986.jpg
カウンターとテーブル。ランチもディナーも一人でも来やすい感じ。団体というより少人数向け。









■スープ
f0232060_12183779.jpg
ランチはAコース(1500円)とBコース(2500円)の2種。今日は、メインが付くBコースにしました。

ランチスープは、生ハムで出汁を取ったキタアカリのスープ。






■サラダ
f0232060_1218413.jpg
葉物とハムと甘酢漬けのオニオンを和えたサラダ。サラダからして美味しい。食べ応えもあります。









■パン
f0232060_12184228.jpg
パスタの汁にも相性良さそうな、モッチリした固めのパン。









■パスタ
f0232060_12321279.jpg
3種から選べます。どれも美味しそうだったのですが、「サワラと伏見甘長、キノコのソース スパゲッティ」にしました。フレーク状になったサワラがパスタとよく絡んでいて、すごく美味しいパスタです。






■メイン
f0232060_12321697.jpg
メインは、魚か肉が選べます。これは、「十勝ハーブ牛ハツのタリアータ バルサミコソース」です。牛ハツが柔らかく美味しくできてました。そして、ランチメインと思えないボリューム!







■デザート
f0232060_12322156.jpg
食後のデザートは、ビターキャラメルのアイス。これも2スクープ分あって、たっぷり!









■食後の飲み物
f0232060_12322428.jpg
ホットのダージリン。
by meshi-quest | 2017-10-11 08:08 | 四谷
プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ