カテゴリ:ちい散歩( 8 )






ふらっと、青梅に行ってきた。












新宿から中央線で約1時間。


山や滝など自然が豊富で、かつ、昭和の香りがする静かな町だ。














青梅に行った経緯や、そこで出会った世界で唯一の、


パプワニューギニア料理専門店のことはコチラで見ていただくとして、


それ以外で楽しかった青梅の話をしたいと思う。













青梅市自体には多数の観光スポットがあり、


こと青梅駅周辺では、どうやら「昭和の町」をテーマとしているらしい。


青梅駅ホーム内昭和を意識して、ホームの時計が昭和の復刻デザインだったり、


ホーム内に昭和にやった映画の看板を並べていたりする。














駅のそばに古くて小さな商店街があるのだが、


町中にも、懐かしいレトロな看板を並べて、


町全体で昭和博物館のような雰囲気を出そうとしている。














駅から歩いて3分くらいのところに、3つの昭和に関する博物館があり、


規模はどれも小さいが、フラッと寄って楽しめる。













中でも、個人的には「青梅赤塚不二夫会館」」が気になっていて、


ようやっと行けて、良かった。


名作漫画「天才バカボン」や「おそ松くん」の原画が見れたのは嬉しかった。













あと、赤塚先生とタモリさんの師弟エピソードは、


ここで書くまでもないほど有名だが、博物館にあった写真、いい写真だったな。


f0232060_3172673.jpg



















f0232060_3175492.jpg

























特にオチはないが、これでいいのだ。














■「昭和レトロ商品博物館」
http://showa-retro.omjk.jp/



■「青梅赤塚不二夫会館」
http://ome-akatsukafujio-museum.com/



■「昭和幻灯館」
http://gentou-kan.omjk.jp/















■今日のカメ

■青梅駅ホームの様子①
f0232060_322243.jpg駅名を書いた看板もレトロ風。










■青梅駅ホームの様子②
f0232060_3225268.jpg新宿や渋谷などのJRの駅では数字の時計ですが、青梅駅はレトロ時計です。









■青梅駅ホームの様子③
f0232060_3231726.jpg待合室も独特。










■青梅駅ホームの様子④
f0232060_3234824.jpg待合室の横には、昭和の映画のレトロ看板が。故・三國連太郎さんと、故・高倉健さんの映画。









■青梅駅ホームの様子⑤
f0232060_32412100.jpgここにも、故・高倉健さん主演の映画「鉄道員」の看板。

看板はレトロだけど、映画は平成。







■青梅駅前
f0232060_3244483.jpg青梅駅前はこんな感じ。とにかく静か。










■モノクロが似合う。
f0232060_3251058.jpg町をモノクロでも撮影していたのですが、カラーよりこっちの方が好きかも。









■「昭和レトロ商品博物館」
f0232060_3253856.jpgJR青梅駅から徒歩3分ほど。昭和30~40年代のお菓子や薬などの昭和パッケージを集めた博物館。

館内撮影OK。







■1階の様子①
f0232060_326627.jpg駄菓子屋さんのセットと、昭和の駄菓子のパッケージがズラリ。









■1階の様子②
f0232060_3263130.jpg薬や化粧品のパッケージなど。










■1階の様子③
f0232060_3265661.jpg浅田飴の看板、カッコいいなあ。










■1階の様子④
f0232060_3272382.jpg映画、テレビ、舞台の看板など。










■2階の様子
f0232060_3274837.jpg1階とガラリと変わって、2階では小泉八雲の怪談「雪女」の展示。

青梅に「雪女」の伝説が多数残っているそうです。







■「青梅赤塚不二夫会館」
f0232060_3281425.jpg入口で、銀色のバカボンのパパがお出迎えしてくれる「青梅赤塚不二夫会館」。

ちなみに、この建物は、元病院だったそうです。







■館内の様子①
f0232060_328383.jpgお酒が大好きだった赤塚先生の最後のボトル。










■館内の様子②
f0232060_32937.jpgおそ松兄弟がお出迎え。










■館内の様子③
f0232060_3293117.jpg赤塚先生が若い頃を過ごしたトキワ荘の様子。










■館内の様子④
f0232060_33049.jpgトキワ荘の部屋割り。

赤塚先生の両隣に、藤子・F・不二雄先生と石ノ森章太郎先生。ホント、トキワ荘凄すぎ。







■お土産
f0232060_3303476.jpgウナギイヌキューピー。赤塚不二夫会館限定品。
by meshi-quest | 2014-12-13 08:04 | ちい散歩




久しぶりに、ちい散歩でお茶の水に行ってきた。













たいした目的もないまま、見知らぬ町へ降り立ち、


時に驚き、時に迷いながら、散歩を楽しむ大人遊び。












とはいえ、今回は、1つだけ明確な目的があって、


御茶ノ水にある明治大学駿河台キャンパスに行こうとしていた。













今のゲームという職からは全く関係ないが、


その昔、大学時代は、刑法を学んでいた。













残念ながら、通っていた国際基督教大学には、


刑法専門の学科がなかったので、やんわりと学ぶにとどまり、


結果、刑法とは全く無縁のゲームでお世話になることになったのだが、


当時は、刑法とか、刑務所とか、拷問の歴史とか、そんなのを取り扱っていた。













知らなかったのだが、どうやら明治大学の地下に、


刑事関連の博物館があり、そこを無料で一般開放していると聞き、


数十年経った今、刑事心に火がついて、行ってみることにした。












明治大学のコモンアカデミーという大きくて立派なビルの地下に、


明治大学の歴史とか、古墳で発掘された考古学資料と共に、


「刑事」という展示スペースがあり、江戸時代の刑事文献とか、


拷問具のレプリカとか、打ち首獄門の写真とか、そんなのがあった。












本物の「生類憐みの令」と「武家諸法度」があって、


個人的にテンション上がった。


あと、レプリカだが、「鉄の処女」という拷問具はよく再現されていた。












明治大学博物館を見るついでに、


せっかくなので、御茶ノ水をブラブラしてみたが、


ニコライ堂とか、神田明神とか、おりがみ会館とか、


東京で生まれ育ったが、見たことなかったものが満載で楽しかった。













東京は、奥が深いなあ。


電車でちょろっと行ける距離に、いろんなものがあるんだもの。












■明治大学博物館の情報はこちら。
https://www.meiji.ac.jp/museum/index.html















■今日のカメ

■明治大学
f0232060_1217161.jpg学生時代も明治の友達いなかった。初めて来た!










■ホテルみたい!
f0232060_12182373.jpg大きくて、立派な校舎でした。










■アカデミーコモン
f0232060_12202099.jpgこのアカデミーコモンという建物の地下に、博物館があります。入園無料で、月~土まで10:00~17:00。

上野とかの博物館と比べちゃうとなんですが、無料で開放してもらってて、そこそこ所蔵量もあり、楽しませてもらいました。




■ニコライ堂
f0232060_122493.jpg名前は聞いたことありましたが、思った以上に大きくて立派で驚いた。

ちなみに、「ニコライ堂」は通称で、正式名称は「東京復活大聖堂」というらしいです。






■神田明神正門
f0232060_12265663.jpg「神田明神」も聞いたことはありましたが、初めてきた。正式名称は、「神田神社」。









■境内
f0232060_1228519.jpg大黒様と、えびす様と、平将門を祀っているそうです。参拝客、結構多かったです。









■大黒様
f0232060_12294973.jpg大黒様の像。入念に祈りを捧げてきました。










■えびす様
f0232060_1231881.jpg子供の頃のえびす様だそうです。

たまに、大黒様とえびす様の区別が付くなくなる。小槌が大黒様、釣竿がえびす様・・・だよね??







■ドーベルマン風w
f0232060_12323964.jpgやたら胸筋たくましい狛犬でした。










■さざれ石
f0232060_12384326.jpg日本国歌に出てくる「さ~ざ~れ~、い~し~の~」の「さざれ石」って、実在したんですね。コレだそうです。

ちなみに、結構最近まで、「さざれ」と「いしの」という別物かと思ってました・・・。





■「井政」
f0232060_12471786.jpg神田明神の横にある、江戸時代の材木商の店舗兼住居だそうです。

千代田区の指定有形文化財。







■天堅屋
f0232060_12495595.jpg神田明神の参道にあるお茶屋兼お土産屋。

ここの甘酒、甘すぎずちょうどよくて、美味しかったです。







■芝崎納豆
f0232060_1251152.jpg「天堅屋」で売っている神田明神土産「芝崎納豆」。つぶが大きく、あまり臭みがない納豆です。
by meshi-quest | 2014-03-30 08:00 | ちい散歩


とある休日、ふらふらと外に出て、


なんとなく中央線に乗り込み、気が向くまま下る。







気が向いたら下車して、好きなだけ散歩して、


寄り道して、買い食いして、飽きたら移動する。








そんな私の超てきとうな「ちい散歩」。









今回は、東小金井駅がスタート。


以前「小金井たてもの園」に行ったときに、最寄駅で降りて以来2回目。











ふらふら駅周辺を散歩しながら、


たまたま見つけた地元密着型の洋食屋「ブラウン」で昼食。








その後もふらふら散歩をしてみたが、特にこれといったものがなかったので、


中央線に乗り込み、さらに下って、国分寺駅へ。








のどが渇いたので、駅前のオシャレなカフェで休憩。


元ボクサー・輪島功一さんの実家の和菓子屋を経由し、


路地に入ったりして、駅周辺をぐるっと探索。








知らない町は、何かあっても、何もなくても、


見るものすべてが新鮮で、楽しい。















■今日のカメ

■【東小金井】お宝さがし
f0232060_0414211.jpg駅近くにあった「お宝さがし」という店。
早速、お宝探し開始。

いらないDVDや着古した洋服の中に、古い映写機や昭和の初めのテレビ、掛け軸など、探せば本当にお宝があるかも(笑)?








■【東小金井】「ブラウン」
f0232060_0442838.jpg散歩中、たまたま見つけた洋食屋で昼食。










■【東小金井】店内の様子
f0232060_0453685.jpgカウンターのみ10席ほど。おじさんが一人で切り盛りしていました。









■【東小金井】セットサラダ
f0232060_047470.jpg「ビーフシチュー&チーズハンバーグ定食」を注文。800円くらいだったかな。これはセットのサラダ。








■【東小金井】「ビーフシチュー&チーズハンバーグ」

f0232060_0484714.jpgボリュームはすごい。おそらく、安くてボリュームたっぷりが魅力なんだと思う。スタジオジブリのお弁当もここで作っているのだそう。

味は、正直、シチューのソースが甘く、ハンバーグもいまいち・・・かな。





■【東小金井】ご飯&豚汁
f0232060_0515486.jpgお味噌汁は、具だくさんの豚汁でした。










■【東小金井】ビーフシチュー丼
f0232060_0525940.jpgこちらはビーフシチュー丼。定食よりもボリュームあり。









■【国分寺】「North Exit」
f0232060_0542823.jpg東小金井から国分寺へ移動。

駅前にあった「North Exit」というオシャレなカフェで休憩。







■【国分寺】店内の様子
f0232060_056246.jpgゆったりとしたソファ席が並ぶ、雰囲気良いカフェ。人気店のようで、満席。









■【国分寺】チャイ
f0232060_0574254.jpgシナモンたっぷりの、まろやかなチャイ。










■【国分寺】「だんごの輪島」
f0232060_0585123.jpg偶然到着。
輪島さんのだんご屋は知っていましたが、場所が国分寺であることを初めて知る。








■【国分寺】輪島さんいっぱい
f0232060_104356.jpgこの店の看板キャラクターなんだと思いますが、ちょっと怖い・・・(笑)。









■【国分寺】わじま焼
f0232060_114242.jpg「わじま」印が付いた今川焼です。










■【国分寺】フジランチ
f0232060_132519.jpg学生街ということもあってか、どこか懐かしい定食屋がいっぱいありました。

今回は入らなかったけど、この「フジランチ」もいい感じだなあ。






■【国分寺】散歩みやげ
f0232060_145247.jpg国分寺の路地裏で見つけた古道具屋。そこで売っていたデッドストックのお茶碗を購入。
by meshi-quest | 2011-02-22 01:08 | ちい散歩
秋の大型連休、シルバーウィーク。

皆さんはいかがお過ごしだっただろうか。


東京は曇りがちで、天気が悪かったものの、雨が降り続くようなことはなく、過ごしやすかった。

サンサン照り輝く太陽は苦手なので(苦笑)、これくらいが一番動きやすく、自分的に調子がいい。

今年はちょっと仕事がバタバタしていて夏季休暇が取れなかったので、このシルバーウィークは私にとってありがたい連休だった。

家でのんびり過ごしたり、行きたかったところへ行ってみたり、有意義に使わせていただいた。


さて、秋といえば「芸術の秋」ということで、上野で行われている美術展へ行くことにした。

シルバーウィーク中の上野では、東京都美術展が行っている「トリノ・エジプト展」、上野の森美術館が行っている「聖地チベット ポタラ宮と天空の至宝」、国立西洋美術館が行っている「古代ローマ帝国の遺産」、国立科学博物館が行っている「黄金の都 シカン」など、豪華イベントが目白押しだった。

中でも個人的に気になっていたのが、2メートルを超す「アメン神とツタンカーメン王」の石像が見れる「トリノ・エジプト展」。

目指すは、東京都美術館だ。


久しぶりに休日早起きをして行った上野は、美術館あり、百貨店あり、動物園あり、公園ありで、人、人、人のラッシュ。

ちょっと息苦しいくらいに、多くの人でごった返していた。

JR上野駅から上野公園を通り抜けて、歩くこと約10分。東京都美術館へ到着。

美術館の正門付近には、思ったよりも人がおらず、「ラッキー!」と思ったのもつかの間、チケット販売口がある地下の階段を降りると、人、人、人の大行列。

まるで東京ディズニーランドのアトラクション待ちのよう。

まさかの60分待ちに、あえなく撃沈。

日を改めてのリベンジを心に誓って、今日のところは一時撤退。

しかし、せっかく上野まで来たのに、ここで泣く泣く帰宅するのはどうにもこうにも納得がいかんので、急遽、別の展示館へ。

本当は、ツタンカーメンを見る気満々だったので、悩ましいところではあったが、なんとなくローマもシカンもピンと来なかったので、上野の森美術館のチベット展へ行くことにした。

美術館へ向かう途中、付近の人から、

「みんなエジプト行ってるだろうから、こっちは空いてるでしょ!」

「仕方ないから、今日はチベット展にするか。」

そんな会話が聞かれたが、考えることは皆一緒、チベット展もエジプトのように入場規制が敷かれるほどではないにせよ、多くの人が来ていて、混雑をしていた。


ちなみに、チベット展は割と良く、エジプト展にすんなり入れていたら見る機会はなかったと思うと、今回エジプト展を逃して良かったのかもしれない。

仏像の展示が多かったのだが、本当に千本手がある千手観音像や、閻魔像、ダーキーニー(鬼女神)像など、日本の落ち着いた神様と違って、目を見開いて、踊っているようなポーズを取り、色もカラフルなものが多く、なかなか見ごたえがあり、面白かった。

唯一不満を言うとすれば、館内に休憩できるような椅子がないこと。

混雑して牛歩状態になっている館内で、ずっと立ちっぱなしで足が痛くなって、休憩を取りたかった人も多かったはず。

家族連れも多かったが、子供は疲れてしまったのか、お母さんに怒られても床に座り込んでしまっていた子を多く見かけた。

私も途中足が痛くなり、何度も座りたいという心と葛藤し、その度に、子供を横目に見て、なんとか「大人」というプライドを呼び戻して、我慢した。

ぜひ展示物だけに気を取られず、見ている人にも優しい展示にしていただきたい。








■今日のカメ

■上野公園 蓮池
f0232060_17365920.jpg上野公園の蓮池。背の高い蓮が池を覆い尽くすように生えています。










■蓮の葉
f0232060_1737819.jpgバリ島で見る蓮は背が低く、ピンクのキレイな花も咲いていたりして、なんとなく「天国」を想像するのですが、上野で見た蓮は、思いっきり成長していて、なんだか「カエル」や「カッパ」を想像してしまいます(笑)。日本画とかで、カエルやカッパが雨降った時の傘代わりにしているような感じ。









■西郷隆盛像
f0232060_17371539.jpg上野公園を通ったので、久しぶりに西郷隆盛像も見てきました。意外にでかかったので、驚き。こんなに大きかったっけ・・。











■トリノ・エジプト展
f0232060_17372873.jpgJRの駅張り広告などでさかんに宣伝がされていたエジプト展。目指すはコレ。









■東京都美術館
f0232060_17373619.jpg東京都美術館正門前。この付近には人がいなかったんですが・・。










■東京都美術館チケット発券所付近
f0232060_17374466.jpgまさかの60分待ち。この最後尾からグルッと反対の方まで大行列。










■聖地チベット展
f0232060_1737516.jpg急遽予定を変更し、上野の森美術館のチベット展へ。









■上野の森美術館チケット発券所付近
f0232060_1738022.jpg館内は割と混んでいましたが、チケットも待たずに購入でき、入口もすんなり入れました。ただ、館内に途中休憩用の椅子やベンチがないのはなんとかしていただきたいところ。











■上野下町風俗資料館
f0232060_1738815.jpg上野公園の横にあり、通るたびに気にはなっていたが、入る機会がなかった場所。気が向いたので入館してみることに。入館料大人300円。







■入口の様子
f0232060_17381567.jpg資料館入ってすぐの窓口。ここでチケットを購入します。










■館内の様子①
f0232060_17382250.jpg下町風俗資料館では、1階では下町で暮らす庶民の町並みが再現されており、2階ではけん玉やめんこなどの試遊と企画展示が行われています。とても小さな資料館です。10分くらいで見れちゃうかも。ちなみに、一部除いて、館内写真撮影OK。なんという太っ腹。







■館内の様子②
f0232060_17383293.jpg下町の民家の路地です。













■館内の様子③
f0232060_17384123.jpg井戸やかまどの展示です。











■館内の様子④
f0232060_17385020.jpg駄菓子屋さんの様子です。座敷には上がれませんが、中は入れます。










■館内の様子⑤
f0232060_173901.jpg駄菓子は展示用で、非売品です。








■館内の様子⑥
f0232060_1739924.jpg民家の座敷の様子です。









■アメ横
f0232060_17391866.jpgあまり来ないので知らなかったのですが、アメ横って、お正月じゃなくても、大混雑してるんですね・・・。シルバーウィークのせいもあるのかな。食品街は通行困難なくらい人がいました。







■大トロを購入。しかし・・・
f0232060_17393585.jpg閉店直前にアメ横を通ったので、刺身のたたき売りがされていて、「7600円」と書かれた大トロを1500円で購入しました。その日の夕ご飯は、このトロをさばいて、手巻き寿司にしてみましたが、うーん、思ったよりも脂も乗っておらず、正直あまり美味しくなかったです。しかも、骨や筋がきちんと取られてないので、さばくのも面倒。










■ほたるいか
f0232060_17394572.jpgトロと一緒におまけということで大量のほたるいかパックをもらったんですが、これも超臭くて、美味しくなかったです。酢味噌で食べてもダメ。
by meshi-quest | 2009-09-25 17:35 | ちい散歩
先日の日曜日に行われた選挙、皆さんは行かれただろうか。


大雨で、あいにくの天気となってしまったが、私も近所の小学校へ投票に行ってきた。

入れたいと思う政党がない、支持したい候補者がいない、理由は何であれ、「選挙」は国民の代表を選ぶものであり、国の行く末を決めるものであり、日本国民である以上、ちゃんと行くべきであると思っている。

入れたい政党や候補者がいなければ、白紙で投票すればいいと思う。

それでも、ちゃんと参加して、意思を表明していることになるから。


戦後初めて政権が交代し、民主党が与党となった。

テレビCMで盛んに鳩山さんが「まずは政権交代」と訴えていたが、確かに、まずは交代してみないと分からないし、一度、民主党が旗を振るのもいいのでは、と思った。

先が不安ではあるが、とはいえ、まずはやってみないと分からない。

選ばれた方は、天命と思って、どうか国民のために尽力いただきたいと思う。


さて、雨ではあったが、外に出たついでに、久しぶりに「原宿」に行ってきた。

「原宿」と言っても、おばあちゃん達の原宿、「巣鴨」だが(笑)。


選挙のせいか、雨のせいか、はたまた他の理由なのか、今日の巣鴨はとても空いていた。

夏の雨の日、静かな町を傘をさして歩くのも、なかなかいいもんだ。








■今日のカメ

■都電荒川線
f0232060_17191871.jpg都内のマニアックな場所をつなぐ一両編成の都電荒川線。いい雰囲気です。この荒川線に乗ると、一気に「ちい散歩」気分が高まります。











■巣鴨地蔵通り商店街
f0232060_17192560.jpgおばあちゃん達の「原宿・竹下通り」です。今日は、ほとんど人がいませんでした。











■赤パンツ屋さん
f0232060_17193280.jpg男性用、女性用合わせて、さまざまな赤い下着(還暦用?)を売っているお店。










■高岩寺
f0232060_17193933.jpgとげぬき地蔵尊がある高岩寺です。地蔵通り商店街の中にあります。











■煎茶専門店「壽」
f0232060_17194819.jpg商店街の中に新しいお店が出来ていたので、入ってみました。今年の5月にオープンしたばかりのようです。













■店内の様子
f0232060_17195754.jpgカウンター5席くらいと、テーブル5席くらいの小さな店内です。











■「極寿(きょくじゅ)」
f0232060_1720412.jpg数種類ある茶葉の中から好きな茶葉を選んで、お店の方が入れてくれます。茶葉は、このお店で一番おススメの「極壽」というものにしました。お茶菓子はセットで付いてきます。豆菓子とくずもちです。1200円くらい。









■「極壽」茶葉
f0232060_17201265.jpg茶葉だけ食べても美味しさが分かります、と言われ、茶葉を少しもらいました。すごくキレイな深い緑の茶葉で、風味良く、確かに美味しいです。









■テアニンたっぷり
f0232060_17202056.jpg低温で渋みを出さないようにじっくり入れてくれるので、お茶の甘み成分「テアニン」がものすごく出ています。結果、どういう味になっているかというと、しいたけ茶やこぶ茶を飲んでいるような感じです。鎌倉で飲んだ時もそうでしたが、私は苦みが多少出ているお茶の方が好きかも(苦笑)。テアニンたっぷりはちょっと苦手です。







■フレンチパウンドハウス
f0232060_17202840.jpg巣鴨の住宅街にあるケーキ屋さんです。ここはショートケーキが有名で、ケーキランキングでも上位に入るお店です。JR巣鴨駅から徒歩10分ほど。

フレンチパウンドハウス
http://www.frenchpoundhouse.com/






■店内の様子
f0232060_17203984.jpg禁煙、喫煙で席が分かれています。席数も多く、広めの店内です。







■ショートケーキ「ブラン」
f0232060_17211977.jpgショートケーキは、洋酒の入っていない「ブラン」と、入っている「ルージュ」の2種類があります。見ためはどちらもほぼ一緒。こちらは洋酒なしの方ですが、甘さ控えめのとても美味しいショートケーキです。特にスポンジが美味しいです。









■「フレ・フロマージュ」
f0232060_17212994.jpgレアチーズです。これもかなり食べやすいです。









■シュー生地のカスタードケーキ
f0232060_17213716.jpg名前を忘れてしまったのですが、シュー生地の中にカスタードが入ったケーキです。










■アールグレイ
f0232060_17214741.jpg 1つ不満を言うと、紅茶が美味しくないこと。味が薄くて、香りがない。ケーキに合わせて、あまり香りが強いものは出せないにせよ、うーん、前回のブロンディールもそうだったが、ケーキ屋さんは飲み物には力を入れないのだろうか・・・。
by meshi-quest | 2009-09-03 17:17 | ちい散歩
名前はよく聞くのだが、まだ行ったことのなかった下町・門前仲町を歩いてみた。

町の名前からして、勝手に浅草っぽい雰囲気を想像して、観光客いっぱいの場所かと思っていたが、意外に生活感あふれる、住宅街で驚いた(笑)。

富岡八幡宮という大きな神社が駅のすぐそばにあり、参拝の人もちらほらいたが、観光というより地元の人が多い印象。

観光客向けの店はあまりなく、地元の人向けのスナックとパチンコ屋が多い町。

築地が近いので、新鮮な魚をウリにした居酒屋も多かった。

思っていたのと違うのも、これまた一興。ちい散歩の醍醐味(笑)。








■今日のカメ

■富岡八幡宮
f0232060_1821014.jpg東京メトロ「門前仲町駅」から徒歩3分。境内にもいくつか小さな社があり、結婚式場も併設している神社です。










■伊能忠敬像
f0232060_1822159.jpg八幡宮の鳥居をくぐって、すぐのところに日本地図で有名な伊能忠敬の像がありました。説明を読んでみると、伊能さんの家が門前仲町にあったとのこと。










■小さな鳥居
f0232060_1823853.jpg境内にある結婚式場横にあった小さな社の鳥居。










■人形供養
f0232060_1825365.jpg実は、ママがなくなった時、一度だけ富岡八幡宮に来たことがあります。

うちのママが木目込み人形を作っていて、家に10体ほど手作りの日本人形があったのですが、遺品を処分しなければならなくなった時に、東京都の条例で人形を燃やすことができないことを知り(有毒ガスが出るかららしい)、都内で特別に人形供養をやっている神社仏閣を探したところ、5件ほど検索されたうちの1つがこの富岡八幡宮でした。

1体3000円くらいで供養していただけます。都内で常設で人形供養を受け入れてくれるところは少ないので、人形供養を考えられている方はぜひ。




■深川不動尊の鳥居
f0232060_183382.jpg駅を挟んで、富岡八幡宮の反対側に深川不動尊というお寺があります。









■深川不動尊
f0232060_1831218.jpg境内の一部が工事中のようでした。










■町の様子
f0232060_183202.jpg神社の近くには数軒和菓子屋があり、「もんなか」という最中を売っていたりしましたが、町自体はパチンコ屋があったり、スーパーがあったり、観光という感じではありませんでした。










■昔ながらの喫茶店
f0232060_1833020.jpg神社仏閣がある町に来たので、抹茶系のデザートがあるような和風カフェを探してみたのですが、見つからず(笑)、結局、駅そばの昔ながらの喫茶店へ。











■抹茶オレ
f0232060_1833898.jpg一応、抹茶があったので、注文(笑)。甘味が抑えられていて、美味しかったです。










■カフェオレ
f0232060_1834739.jpgコーヒー自体は香りがよく、美味しいカフェオレでした。ただ、上に乗っていた生クリームがこってり甘すぎ(苦笑)。











■モンブラン
f0232060_1835541.jpg可もなく不可もなく(笑)、特徴のないモンブランでした・・・。
by meshi-quest | 2009-02-17 18:01 | ちい散歩
友達に「最近、ちい散歩しているよ。」と言ったところ、「横田基地の周りがリトルアメリカみたいで面白いよ。」と言われたので、今回のちい散歩は、横田基地へ。

地井武男さんが散歩していない時点ですでに「ちい散歩」ではないのだが(笑)、このほのぼのとした言葉の響きがステキなので、そのまま「ちい散歩」にする。


横田基地は、JR八高線の東福生(ひがしふっさ)駅東口から徒歩3分くらいの場所にある。

この東福生駅までが家からとても遠く、乗り換えすること3回、(成沢の)ちい散歩史上、最長の片道1時間の散歩となった。

距離の見積もりが甘く、予想以上に時間がかかってしまったため、東福生駅に着いた頃には、日も暮れかけ、薄っすら暗くなっていた。


基地は、国道16号という大きな道路を挟んで向こう側にあった。

高いコンクリートとフェンスの塀に囲まれて、中は見えない。

このコンクリートの壁が、国道16号沿いに、2~3駅先までずっと続く。

強大な工場のようだった。

網走に行った時に見た刑務所のようにも見えた。

この光景を見慣れない私には、この壁の圧迫感がすごくあって、終始、どうも落ち着かなかった。


国道を挟んで、壁と反対側には、服や雑貨のお店が並ぶ。

この日は休日で、観光客で賑わっているのかと思ったが、思った以上に、人は少なく、閑散としていた。

星条旗やドクロが付いたTシャツとか、ヒップホップ系の服とか、スカジャンとか、とにかく服屋が多い。

その他は、ミリタリーグッズのお店とか、シルバーアクセサリーのお店とか。

意外にレストラン、カフェ、バーなどの飲食店が少なかった。

以前、横須賀の米軍基地周辺にも行ったことがあったのだが、そこは、服や雑貨と同じくらい、バーやレストランなどの飲食店も多かった。


人が少なかったことや時間帯の問題もあったかもしれないが、友達が言っていた「リトルアメリカ」という楽しい響きから想像される何かではなく、「基地と共に生きている町」という感じだった。








■今日のカメ

■東福生駅
f0232060_1639233.jpg人もまばらな静かな駅です。









■横田基地の周り
f0232060_16391174.jpg国道を挟んで、左側のコンクリートの内側が横田基地です。









■横田基地正面入り口
f0232060_16391934.jpg横田基地の正面入り口です。警備の人と、たくさんの車が出入りしていました。








■横田基地
f0232060_16392921.jpg正面玄関にある看板をちい散歩記念で撮影。









■土産物屋
f0232060_16393724.jpg国道を挟んで反対側は服屋や土産物屋が並んでいます。












■米軍のネームプレート
f0232060_16394854.jpg自分の名前を入れてくれる、こんな米軍ネームプレートを売っていました。このネームプレートを見てると、どうも映画「プライベートライアン」を思い出す。観たことある人には分かってもらえると思うけど。








■ハンバーガー屋
f0232060_16395696.jpg横田基地周辺には巨大なハンバーガーが食べれるハンバーガー屋がいくつかあって、温かいものが飲みたかったので、とりあえず、ここに入りました。意外にカフェが少なくて・・。







■店内の様子
f0232060_1640821.jpgハワイアンな感じ。店員のお姉さんもこの寒い中、アロハ着てました。








■スパイシーポテト
f0232060_16401765.jpgハンバーガー屋に来たくせにハンバーガー気分じゃなかったので、とりあえず、ポテトとホットティーを注文。
by meshi-quest | 2008-12-05 16:37 | ちい散歩
最近、「ちい散歩」にハマっている。


「ちい散歩」とは、テレビ朝日にて俳優・地井武男さんがやっていた、見知らぬ町に行って、ぶらぶら散歩をする番組である。

地井さんにならって、私も休日にふらっと見知らぬ町に行って、ふらふら散歩をしてみたところ、コレが超楽しくて、やめられない。


事前の下調べなしで、とにかく現地に行く。

自分の直感を信じて、気になる方角へひたすら散歩。

時間は気にせず、スケジュールも決めず、オール自由行動。


見知らぬ場所は、すべてが新鮮で、目に入るもの、耳に入るもの、すべてが楽しい。

長屋のような古い町並みがあったり、路地裏にステキなカフェを見つけたり、昔ながらの商店街で買い食いしてみたり。

発見と驚きの連続。


今までに、「神楽坂」「飯田橋」「市ヶ谷」「中野」「高円寺」「阿佐ヶ谷」「中目黒」「恵比寿」でちい散歩をした。

今回は、「谷中」「千駄木」でちい散歩。

次は、どこへ行こうかな。








■今日のカメ

■谷中ぎんざ
f0232060_16235910.jpg東京メトロ千代田線・千駄木駅を降りて、ふらふら散歩していたら、谷中ぎんざという賑やかな商店街にたどり着きました。










■商店街の様子
f0232060_1624829.jpg昔ながらの商店街といった感じで、道幅も狭く、お肉屋さん、八百屋さんなどが並んでいました。観光客向けでしょうか、お土産屋も数店ありました。










■サトー肉店
f0232060_16241721.jpg商店街の中でひときわ目立っていたサトー肉店。皆さん、何かを求めて、大行列。私も大行列の末尾に訳も分からず並んでみました(笑)。








■行列の正体
f0232060_16242751.jpg行列の正体はコレ、「谷中メンチ」なる揚げたてメンチ目当てのようでした。このあたりでは有名なメンチのようです。










■谷中メンチ
f0232060_16243757.jpg早速買って、店の前で試食。確か120円くらいだったかな。サクサクしていて、懐かしい味のするお肉屋さんのメンチです。上品な味というより、ご飯が欲しくなる味といった感じでしょうか。








■長命源のお店
f0232060_1624474.jpg谷中ぎんざで、超目立つ外観の不思議なお店を発見。「長命源」と書かれていて、店内では真っ赤なタスキをかけたおじいちゃんが観光客のおばちゃん相手に長寿の秘訣を説法しながら、何やら液体を売っていました。









■これが長命源
f0232060_1625234.jpgお店に入る勇気がなかったので(苦笑)、外のディスプレイを撮影。飲んでも良し、化粧水として肌に塗っても良し、のようです。値段は割と安かったです。一番小さい瓶のお試しで100円とか書かれていたような・・。うーん、すみません、うろ覚えで。








■サユリ美容室
f0232060_16252943.jpgさらにふらふら歩いていたら、お寺の近くで、こんな昔ながらの美容室を見つけました。日本家屋の中に美容室があるようです。なんかいい感じ。










■佃煮屋
f0232060_16253857.jpg佃煮屋さんもありました。量り売りです。たくさん種類がありました。








■貸し原っぱ
f0232060_16254611.jpg路地裏にこんな場所がありました。名の通り、原っぱを貸しているようです。この日は、アーティストが何やら彫刻のようなものを原っぱに展示していました。








■日本家屋のカフェ
f0232060_16255793.jpg名前は忘れてしまったのですが、路地裏でたまたま見つけて、コーヒーを飲んだ、日本家屋をそのまま使ったカフェ。若いスタッフ数人でやられているようでした。
by meshi-quest | 2008-10-27 16:22 | ちい散歩
プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ