カテゴリ:原宿・代々木( 52 )










毎月変わるコースが楽しみで、


コースが切り替わる度にお邪魔している裏原ビストロ「kiki キキ」。


ランチもディナーも同じコースなので、


時間がある時に好きな時に来てコースが楽しめるのが個人的にはありがたい。


f0232060_13435693.jpg


































4月は、初鰹、桜、ゴールデンオレンジ、タケノコなど、


春の旬の食材をふんだんに使った、春らしい華やかなコース。


個人的には、前菜で最初に出来てきた「湯葉ティラミス」と、


魚料理の「江戸前穴子と筍のパイ包み焼き」が美味しかったなあ。


f0232060_1347787.jpg























f0232060_13472963.jpg























f0232060_13475077.jpg






















f0232060_13482361.jpg























f0232060_1349071.jpg























f0232060_13492691.jpg























f0232060_1357478.jpg























f0232060_13495156.jpg























f0232060_13501321.jpg



























また次の5月のコースも超絶楽しみ。





■「ビストロ kiki」
http://kikioishii.com/








■今日のカメ

■「kiki」
f0232060_13435693.jpg副都心線「明治神宮前駅」から徒歩1分ほど。JR原宿駅からも歩けます。大通りから1本中に入った路地裏にあります。








■ドリンク
f0232060_1347787.jpgお気に入りのいつものドリンク。「マルコポーロ&ローズ&梅」(700円)。

マリアージュフレール「マルコポーロ」と、ローズの香りが華やかで、すごく好き。






■1品目
f0232060_13472963.jpg最初の前菜は「湯葉のティラミス」。










■アップ
f0232060_13475077.jpgあずき、湯葉、コーヒーと、すべて豆で作られていて、甘くないティラミスという感じ。めちゃくちゃ美味しい!








■2品目
f0232060_13482361.jpg「初鰹のフリット 桜と鰹節とトマト水のスープ仕立て」です。

トマトを抽出した透明なエキスにカツオ出汁が入った優しいスープの中に、脂が乗ってるカツオと、菜の花っぽい野菜のニョッキが入っています。





■3品目
f0232060_1349071.jpg「江戸前穴子と筍のパイ包み焼き」です。穴子と筍の相性が良く、これも美味しいパイ包み焼きでした。

周りの緑のソースは、「あこがれ」という煎茶を使ったソース。ほのかにお茶の香り。





■4品目
f0232060_1357478.jpg「ミモレットとゴールデンオレンジと高原レタスのサラダ」です。

小さいのにすごく甘い旬のゴールデンオレンジと、そのまま丸かじりするかのうような高原レタスの上に、これでもか!というほどミモレットが掛かっています。サッパリしてて、美味しいサラダ。




■5品目
f0232060_1404498.jpg「黒毛和牛”静岡そだち”ステーキ 牛コンソメと昆布のソース」です。

付け合わせは、赤ワインで炊いたご飯。全体的にさっぱりと和風なステーキですが、赤ワイン御飯を牛肉と一緒に食べると、一気に洋風に。





■6品目
f0232060_13501321.jpgグラニースミスという青りんごとジンのジュレのサッパリとしたデザート。

もう1つ「メロンどうふ」という初めて食べる不思議なデザートがあったのですが、そちらは美味しすぎて、写真撮る前に食べちゃいました・・・。あるある。








急にふと、無性に鮨が食べたくなる時がある。


元々、かなりの鮨好きではあるが、


鮨食べたい病を発症してしまうと、脳ミソも胃も完全に鮨モードになるので、


その他の食事の妥協を受け付けてくれないので、自分のことながら厄介だ。









そんな話をグルメな知人としていた時に、


代々木に驚くべきコスパの鮨居酒屋があると聞き、


ちょうど鮨病を発症しかけていたので、行ってきた。


f0232060_12413066.jpg























f0232060_1242754.jpg

































雰囲気的にはチェーン居酒屋、チェーン鮨っぽい感じだが、


鮨ネタの1つ1つが大きく、美味しく、そして、安い!


f0232060_1243554.jpg























f0232060_12441882.jpg























f0232060_12443919.jpg























f0232060_12445839.jpg
































肉系料理はないが、魚や野菜のサブメニューが充実していて、


鮨だけでなく、つまみで色んなものが楽しめるのも良かった。


煮魚がかなり美味しく出来ていた。


f0232060_12473137.jpg























f0232060_12475376.jpg























f0232060_12481322.jpg































深夜とまでいかないまでもそこそこ遅くまでやってるし、


お酒と一緒に、気軽に安く美味しい鮨がつまめるのは、すごくいい。








■「だり半」
https://tabelog.com/tokyo/A1304/A130401/13161175/








■今日のカメ

■「だり半」
f0232060_12413066.jpgJR代々木駅東口から徒歩3分ほど。路地裏にあります。









■店内の様子
f0232060_1242754.jpg長いカウンターとテーブル。鮨屋ということで気張る必要ない、気軽に入れる雰囲気。席数も多め。









■熱燗とお通し
f0232060_12521023.jpg鮨なので、なんか日本酒気分。熱燗で乾杯。お通しは、タコと昆布の和え物。









■鮨①
f0232060_1243554.jpg赤身、中トロ、大トロの3貫盛り合わせ。ネタがぶ厚い!美味しいマグロでした。









■鮨②
f0232060_12541842.jpgお好みで色々と頼んでみました。サーモン、ウニ、鉄火巻き、トロたく巻き、穴子など。









■鮨③
f0232060_12445839.jpg追加でお好みにぎり。えんがわ、炙りトロ、炙りサーモンなど。









■玉子焼き
f0232060_1256984.jpg特大サイズの鮨屋の玉子焼き。










■天ぷら
f0232060_12481322.jpg白子と舞茸の天ぷら。










■煮魚
f0232060_12473137.jpg金目の煮付け。濃すぎず、薄すぎず、煮魚もとてもいい味で煮られてて、美味しかったです。








久しぶりに会う友達と、代々木にある人気イタリアン、


「LA BOUNA VITA ラブォナヴィータ」で食事。


f0232060_15341888.jpg
































何と言っても、まずはコレ。


「ラブォナヴィータ」名物のガッツリ前菜盛り合わせ


ちゃんとメニューの名前にも「ガッツリ前菜」と書かれている通り、


看板に偽りなしのボリュームと種類!


f0232060_15362520.jpg






























初めて来た友達はこの量で驚いて、


他の料理はいらないんじゃないかとヒヨっていたが(笑)、


せっかくなので、スカモルツァチーズのトロトロ焼きも食べて、


ウニとズワイ蟹とイクラとパスタも食べて、メインだって食べるべし。


f0232060_1542240.jpg























f0232060_15422231.jpg























f0232060_15424360.jpg































胃腸だけはやたら健康な自分の体に感謝しつつ、


内容、ボリューム、値段含めて、相変わらず、満足度の高いイタリアンだった。







■「ラブォナヴィータ」
http://www.labuonavita.tokyo/









■今日のカメ

■「ラブォナヴィータ」
f0232060_15341888.jpgJR代々木駅から徒歩5分ほど。駅前の大通りに面してます。









■ワイン
f0232060_15451758.jpg今日は、赤ワインスタート。










■1品目
f0232060_15362520.jpgまずは、これを食べないと始まらない「ラヴォナヴィータのガッツリ前菜盛り合わせ」。

ランギラネーゼの生ハム、水牛のモッツアレラ、自家製フォカッチャ、パテ、サーモンマリネ、ヴィシソワーズなど、ざっと17種類くらい盛られています。




■2品目
f0232060_15485012.jpgスカモルツァチーズのグリル。スカモルツァチーズ、大好き。

大きく切られた燻製チーズがトロトロになっています。ワインにすごく合います。






■3品目
f0232060_15502086.jpgウニとズワイ蟹とイクラを乗せた、いかすみを練り込んだタリオリーニ。具だけでなくパスタの中まで海鮮たっぷりの超豪華なパスタ。濃厚です。








■4品目
f0232060_1552465.jpgポルチーニ茸を使った軽いクリームパスタ。シンプルですが、キノコのいい香りが口いっぱいに広がるパスタです。








■5品目
f0232060_15532286.jpgメインディッシュは、厚切りの豚のグリル。クリームマスタードソースです。








前回お邪魔して以来、すごく気に入って、


毎月変わるコースが楽しみで通っている裏原ビストロ「kiki キキ」でランチ。



f0232060_12233925.jpg























f0232060_1224077.jpg
































料理は、昼も夜も、前菜数品にメインとデザートが付く1コースのみ。


毎月伺っていると、前回のコースからの変遷が感じられて、


前回は栗で作られてたパイ包みが、今回は安納芋になってる!とか、


前回コースを知っている者だけが楽しめるエッセンスがあって、楽しい。


f0232060_12303390.jpg























f0232060_1230569.jpg























f0232060_12313181.jpg























f0232060_12321253.jpg























f0232060_12323215.jpg























f0232060_12325764.jpg























f0232060_12332135.jpg































どれも美味しかったけど、特に蛤のお茶漬け風出汁おにぎりと、


平目のすり身を使ったロールキャベツは、とても好みの味だった。







相変わらず、シンプルで素直にかわいい料理というか、


料理がぶりっ子していないのがすごくいい。


なんというか、きっと元からかわいい子なんだろうな、と思わせるような感じ。







■「ビストロ kiki」
http://kikioishii.com/









■今日のカメ

■「kiki」
f0232060_12233925.jpg副都心線「明治神宮前駅」から徒歩1分ほど。JR原宿駅からも歩けます。大通りから1本中に入った路地裏にあります。








■店内の様子
f0232060_1224077.jpgカウンターとテーブル。路地裏なので、原宿でもすごく周りは静かで、ゆっくり食事が出来ます。ランチは14:00がL.O.で、15:00まで。








■ドリンク
f0232060_12475287.jpgお気に入りの「マルコポーロ&ローズ&梅」(700円)というノンアルコールドリンク。

マリアージュフレールの人気紅茶「マルコポーロ」と梅とローズの絶妙で華やかながするドリンクです。





■パン
f0232060_12494538.jpgやや硬さと酸味があって、料理の味を壊さない食べやすいパン。









■1品目
f0232060_12303390.jpg「燻製鯖と青海苔のフォアグラのテリーヌ 黒酢風味の山菜」です。

燻製した鯖と磯のいい香りがすごく合っています。







■2品目
f0232060_12575235.jpg「深蒸し煎茶と蛤のエキス 菜の花とオリーブの焼きおにぎり」です。

焼きおにぎりを崩すと、お茶漬けに。蛤の出汁がしっかり効いていて、すごく美味しいお茶漬けでした。





■3品目
f0232060_1259124.jpg「熟成じゃが芋の塩ワッフル 生ハムとマンゴーと蜂蜜」です。

塩ワッフルと生ハムの塩気に、マンゴーと蜂蜜の甘さがよく合ってます。






■4品目
f0232060_1304293.jpg「春キャベツと平目のシューファルシ 檸檬ソース」です。

平目のフワフワなすり身と、平目の塊が入ったロールキャベツ。めちゃくちゃ美味しい。レモンはやや酸味強めですが、嫌味はないです。





■5品目
f0232060_1384452.jpg静岡そだち牛ランプステーキ 安納芋とくるみのパイ包み 無花果バター」です。









■アップ①
f0232060_12323215.jpg柔らかく美味しい牛です。

牛がしっかりとした味なので、上のほんのり甘みある無花果バターとも相性バッチリ。







■アップ②
f0232060_1311177.jpg安納芋とくるみのパイ包み焼きが付け合わせ。前回のコースでは、栗のパイ包み焼きが出てきました。









■6品目
f0232060_12325764.jpg最初のデザートは、春らしく苺桜餅アイスです。求肥と、酒粕を使った桜餅のような風味のアイス。これもすごく美味しい。








■7品目
f0232060_12332135.jpg2つ目は、「PCサンド」という名前が付けられたデザート。

「PC」とは、「persimmon」(柿)のことで、パンデピスの間になんと大きな干し柿がサンドされています。








大好きな石井シェフのフレンチ「Sincere シンシア」で食事。


大切な方のお誕生日のお祝いで、2ヵ月前から予約をしていた。


個人的にも「シンシア」はさすがに1人では行けないので、


こうした機会に行けるのはすごく嬉しくて、ずっと楽しみにしていた。



f0232060_18551933.jpg























f0232060_18555532.jpg























f0232060_18562550.jpg























f0232060_18574281.jpg
































石井シェフとは、私がずっと通っていた


神泉のフレンチの名店「bacar バカール」からのお付き合いになり、


もう何が好きかとか、何が嫌いとか、どれくらい食うとかすべてご存知なので、


好きなものを好きなだけ食べれるおまかせコースにした。


f0232060_1904458.jpg























f0232060_191790.jpg























f0232060_1913010.jpg























f0232060_1921682.jpg























f0232060_1925526.jpg























f0232060_1931823.jpg























f0232060_194778.jpg























f0232060_1943266.jpg























f0232060_1951120.jpg























f0232060_1953723.jpg
































私が「bcaar」時代に好んでアラカルトでよく頼んでた料理をはじめ、


次々と美味しい魚や肉の料理が運ばれてきて、


まるで竜宮城に来たみたいだった。


浦島太郎は、きっとこんな気分だったんだろうな。


シンシアも地下にあるけど、そりゃ、地上に帰りたくないわけだ。








帰りがけに、石井さんが笑いながら「よく食べたなあ!」と言ってて、


そりゃあ、美味しいので、食べちゃいますよ、出されたら全部(笑)。


お祝いの方も大喜びで、素敵な誕生日会が出来て、本当に良かった。


石井シェフ、ありがとうございました!








■「Sincere シンシア」
https://www.facebook.com/fr.sincere/









■今日のカメ

■「Sincere シンシア」
f0232060_18551933.jpg副都心線「北参道駅」から徒歩5分ほど。JR代々木駅からも歩けます。北参道から奥に入った路地裏にあります。








■店内の様子
f0232060_18555532.jpgテーブル席のみ。席数は少なめなので、ゆったり食事が楽しめます。

2ヶ月先までしか予約は取ってなくて、当然2ヶ月先までしっかり予約が埋まっている超人気店。






■テーブルセット
f0232060_23105429.jpgテーブルセットはこんな感じ。

今日は、「オートクチュールコース」という石井シェフお任せのコースです。







■白ワイン
f0232060_2234105.jpgいつも白が苦手で最初から赤にいく私に、ソムリエさんがこれだったら・・・と用意してくれていた白ワイン。この白がめちゃくちゃ好みで、華やかで、ほんのり甘くて、珍しく白を2杯いただきました。







■アミューズ
f0232060_1904458.jpgいい香りがする柚子がいっぱい!

この中に食べれる柚子があります。








■アップ
f0232060_23122229.jpgこの丸い実が、柚子に見立てた、柚子風味のフォアグラになっています。









■1品目
f0232060_191790.jpgまたまた大きな器がやってきました。ウニが乗ってます。









■アップ
f0232060_2314172.jpgせいこガニのカニ身と、カリフラワーのムースと、淡水ウニの組み合わせ。









■メニュー
f0232060_23171472.jpgカニが乗っていた台座の下から、本日のメニュー登場。









■自家製パン
f0232060_23153567.jpg「シンシア」の絶品自家製パン。好きなものを好きなだけ。









■パンはこんな感じ。
f0232060_23264638.jpgいつもいただく名物ブリオッシュと、今日はポルチーニ茸のパンと、グリーンオリーブのパンにしました。








■2品目
f0232060_2318843.jpg2品目は、「5種の小さなアミューズ」・・・のはずが、最後の1つが欠けています。









■ボックス登場。
f0232060_23192099.jpg謎の白い缶、登場。










■開けると・・・
f0232060_23195644.jpg中に5つめのアミューズが入っていました!

自家製ブータンノワールが入ったマドレーヌ風パイです。







■これで、完成
f0232060_23203325.jpg自分で最後の5つめを台に乗せて、「5種の小さなアミューズ」完成!









■アップ①
f0232060_23214925.jpg以前の「bacar」の時からアミューズで人気だった「5つの味がするトマト」。









■アップ②
f0232060_23232734.jpg小さなピロシキ。










■アップ③
f0232060_23235870.jpg豚足コロッケ。










■アップ④
f0232060_23242895.jpgカマスと茄子のアミューズです。










■オマールブルー登場!
f0232060_1913010.jpgブルターニュ産の元気な青いオマール海老登場!










■3品目
f0232060_23261152.jpg先ほどのオマールブルーは、こんな素敵な料理に変身。

オマールブルーのサラダ仕立てです。







■カニ味噌ソース
f0232060_2328419.jpg野菜には、大好きな絶品カニ味噌バーニャカウダソースを付けていただきます。









■4品目
f0232060_23294496.jpg以前の「bacar」の時に、私がよく好んで頼んでいた前菜、「鰻、フォアグラ、マンゴー」。









■アップ
f0232060_194778.jpg一見、合うのかな?と思う組み合わせですが、これがビックリするほど、合います!

鰻とフォアグラを一緒に食べた後に、追っかけでマンゴーを口の中にいれます。






■焼き立てパイ包み!
f0232060_22301112.jpg本日は石井シェフのスペシャルコースなので、オマール海老以外にもう1つ魚のメインディッシュが!

焼き立てのパイ包みきた!







■5品目
f0232060_22315878.jpg中は白子たっぷりのパイ包みです。ソースは酸味を効かせたクリーミーなソース。









■赤ワイン
f0232060_2236769.jpg肉のメインを前に、赤に切り替え。










■6品目
f0232060_22331354.jpg本日のメインディッシュは、仔鳩。クセがなく、旨味はしっかり凝縮されてて、美味しい鳩でした!









■モリーユ茸も
f0232060_22384975.jpg春のキノコ、モリーユ茸(アミガサ茸)のソテーも添えられています。









■めちゃくちゃ切れるナイフ
f0232060_22395194.jpg「シンシア」のナイフは、刀鍛冶さんが作っているナイフで、めちゃくちゃよく切れます。色は好きなものを選べます。

肉を切ってて、楽しすぎて、ちょっと笑けてくるくらいw。





■7品目
f0232060_22424016.jpg〆の鉄鍋ご飯は、4種から選べます。これは、名物のイワシとフォアグラ。一緒に混ぜていただきます。

イワシとフォアグラの濃厚コンビですが、全く重くなくて、ご飯が進みます。






■8品目
f0232060_22441893.jpg最初の口直しデザート。抹茶アイスとミカンの上に、メロンソーダの風味の泡が乗っています。ホントにシュワシュワします。








■9品目
f0232060_22454680.jpg2つ目のデザートは、イチゴ『あまおう』を使ったミルフィーユ。









■アップ
f0232060_22464242.jpg緑の部分は、よもぎとふきのとうを合わせたもので、イチゴの甘みと酸味に、森のような風味と苦みを加えてて、すごく美味しいです。ソースは、日本酒「而今」を使っていて、ほんのりお酒の香りがするもの、とてもいい。






■食後のお茶
f0232060_2248102.jpgオシャレな鉄瓶で出てくる紅茶。器も抹茶碗。










■お土産
f0232060_2249265.jpgトマトの風味がするマカロンを1人1個づつお土産でいただけます。









■お持ち帰り
f0232060_22494645.jpgマカロンは今日1日冷蔵庫で冷やして明日食べるようになっています。お土産付きは、やっぱり嬉しいもんです。今日のワクワクが、明日の朝まで続くのが嬉しいサービス。








代々木の路地裏にあるビストロ「コンカ」で食事。


遅くまでやっていて、静かで、1人でもフラッと来れて、


仕事しながら、飲みながら、食事も出来てしまうので、すごく重宝。


f0232060_1736164.jpg























f0232060_17362452.jpg























f0232060_17364622.jpg

































料理もとても美味しく、地味すぎず、派手すぎず、


お酒にも合いながらも、ちゃんとお腹にもたまる。


バランスがすごくいい。


f0232060_17383065.jpg























f0232060_17385196.jpg























f0232060_17391234.jpg

































こんな感じで立ち寄れるお店を、


私が仕事で通るであろう駅すべてに1軒づつ探し出すのが、


最近の私の個人的なクエストミッション。


いつどこでMPが切れてもいいように、補給地点は多くしておかないと。






■「ビストロ コンカ」
http://bistro-konka.tokyo/









■今日のカメ

■「コンカ」
f0232060_1736164.jpgJR代々木駅から徒歩5分ほど。副都心線「北参道駅」からも歩けます。大通りから1本入った路地裏にあります。








■店内の様子
f0232060_17362452.jpgカウンターとテーブル。席数は少なめ。










■赤ワイン
f0232060_17364622.jpgお店おすすめのオーガニックワイン。










■テーブルセット
f0232060_1758283.jpgテーブルセットはこんな感じ。










■1品目
f0232060_17383065.jpg「白レバーとフォアグラのブリュレ」(860円)です。

白レバーが実は苦手なのですが、そんな私でも美味しくいただける、クセのないブリュレです。赤ワインも合います。





■2品目
f0232060_180839.jpg名物の「コンカのオムレツ」です。

中にはポテトが詰まっていて、スパニッシュオムレツ風になっており、食べ応えがあります。仕上げに黒トリュフをかけてくれます。






■3品目
f0232060_1813481.jpgエゾ鹿のロースト(2550円)です。

火入れも上手で、柔らかく美味しく焼き上がってます。









グルメな知り合いからずっと勧められていた


裏原宿にあるビストロ「kiki (キキ)」で食事。


f0232060_16281828.jpg























f0232060_1630785.jpg























f0232060_16302868.jpg

































その方が「成沢さんは絶対好きなはず!」と


太鼓判を押しまくっていた1軒なのだが、


ああ、確かに、私大好きです、このお店。


f0232060_16315860.jpg























f0232060_1632321.jpg























f0232060_16325426.jpg























f0232060_16332734.jpg























f0232060_16335079.jpg






























ずっと気にはなっていたが、原宿がゲームにあまり縁がなく、


なかなか行けなかったので、ようやく来れたのだが、


なんでもっと早くに来なかったんだろう・・・と後悔しちゃったくらい、


ここ最近の大ヒットなビストロだった。


行き慣れたフィールドばかりクエストしてちゃあかんなあ、と反省(笑)。








昼夜関係なく、同じコース料理が出てくるのもいい。


見た目にもホントかわいらしく、それでいてしっかりと美味しい。


1つ1つのポーションは少なめだけど、


1つ1つにちゃんと味が凝縮されているので十分満足できる。


月1くらいでメニューが変わるそうなので、毎月お邪魔したい。








■「ビストロ kiki」
http://kikioishii.com/










■今日のカメ

■「kiki」
f0232060_16281828.jpg副都心線「明治神宮前駅」から徒歩1分ほど。JR原宿駅からも歩けます。大通りから1本中に入った路地裏にあります。








■店内の様子
f0232060_1630785.jpgカウンターとテーブルで、小さなお店です。

ランチは土日月のみで、昼夜同じコースのみの営業。







■ノンアルカクテル
f0232060_16302868.jpg「マルコポーロ&ローズ&梅」(700円)というノンアルコールカクテル。

マリアージュフレールの「マルコポーロ」という紅茶をベースに、ローズと梅を加えているのだが、甘さが押さえられてて、華やかな香りだけがしっかり残っていて、めちゃくちゃ美味しい!




■パン
f0232060_164553100.jpg香りが良くて、食べやすいパン。

コースは、3500円+席代300円だったかな。








■1品目
f0232060_16471089.jpg「甘くないレアチーズケーキ 燻製&黒海苔&ひ志お」です。

見た目は本当にレアチーズケーキのそのものですが、名前通り、甘くなくて、ほのかに燻製がかかっていて、ワインが飲みたくなる味。すごく好きな味の前菜。




■2品目
f0232060_1632321.jpg「寒鯖の粕漬け みかんとルッコラのお寿司」です。









■寒鯖、アップ
f0232060_16495620.jpgこんなに彩り鮮やかでポップな感じなのに、しっかり和の粕漬けです。いい香り。









■みかん寿司、アップ
f0232060_16505071.jpg「え、みかんに寿司?!」と思ってしまったのですが、これが意外とさっぱりしてて美味しい寿司になってます。

ちゃんとみかんに合うような酢飯にしてあるそうで、かわいくて美味しい。





■3品目
f0232060_1652384.jpg「栗のパイ包み焼き イチゴのサラダ仕立て」です。









■栗のパイ包み、アップ
f0232060_16325426.jpg白雪姫を思い出すファンタジックなかわいい一皿。

栗の風味と甘みがしっかり感じられるパイ包みです。







■4品目
f0232060_16545022.jpg「鱈と大和芋の焼きスフレ 原木椎茸とほうじ茶のエキス」です。

やさしいキノコのいい出汁が出てて、キノコ好きにはたまらない一品。鱈と大和芋のスフレもほんのり甘みがあり、フワフワで美味しい。





■椎茸いっぱい
f0232060_16565393.jpg立派な原木椎茸を見せてもらいました。いい香り!










■5品目
f0232060_16574484.jpg「梅山豚 レモンソース」です。

100頭しか存在しない幻の豚と言われる梅山豚(メイシャントン)。高級フレンチや和食とかでよく出ますが、まさか、原宿のど真ん中で梅山豚を食べれるとは思ってなかったです。柔らかくて、いいお味でした。




■6品目
f0232060_1704940.jpgグラニースミスという香り良い青りんごとミントのジュレを使ったデザート。これもすごくサッパリしてて、美味しい。








■7品目
f0232060_172269.jpgパンデピスという香辛料を使ったパンを練り込んだアイス。これもすごくよく出来てる!









■サービス
f0232060_1732145.jpgサービスでいただいた桜と酒粕を使ったアイス。桜餅を食べているような味わいで、春っぽいアイス。これも美味しいなあー。








ご招待いただき、原宿にある隠れ家フレンチ、


「KEISUKE MATSUSHITA」へ。



f0232060_17172922.jpg

































すごく分かりにくい場所にあって、賑やかな表通りに


完全に隠れる形で建っている高級レジデンスの1階にあり、


お店に入るためには、表通りにある高級車ショールームの吹き抜けを通るので、


どこが入口だが全く分からない隠れ家フレンチ。


原宿駅からも近いにも関わらず、その分、すごく周りが静かで落ち着く。










本日は、最後のデザートにブッシュドノエルが付くクリスマスディナーコース。


フレンチだが、途中にラヴィオリが入ったり、どこかイタリアンらしさもある。


f0232060_17242867.jpg























f0232060_17245172.jpg























f0232060_17251290.jpg























f0232060_17253415.jpg























f0232060_1726219.jpg

































面白かったのは、「KEISUKE MATSUSHITA」のスペシャリテとなっている


メインディッシュの牛肉のミルフィーユ仕立て。


4層に牛肉を重ねたメインに、付け合わせがなんと天ぷら


フレンチのメインで天ぷら食べたのは初めてだ。


f0232060_17281840.jpg























f0232060_17284292.jpg























f0232060_1729361.jpg
































■「KEISUKE MATSUSHITA」

http://keisukematsushima.tokyo/










■今日のカメ

■「KEISUKE MATSUSHITA」
f0232060_17172922.jpg副都心線「明治神宮前駅」から徒歩5分ほど。JR原宿駅からも歩けます。

新・原宿警察署ならびのLOTUSショールーム横から裏手のレジデンスに入り、そこの1階です。






■テーブルセット
f0232060_17311912.jpgテーブルセットはこんな感じ。










■赤ワイン
f0232060_17315258.jpgお店おすすめの赤ワインをグラスで。










■アミューズ
f0232060_17323613.jpg根セロリとじゃがいものポタージュ。トリュフのいい香りがします。









■1品目
f0232060_17333083.jpg「ブイヤベースの冷製ジュレ、福岡県産の真鯛のアイヨリ風味のタルタル、キャビア」です。

いくらにキャビアに、魚介たっぷりの贅沢な冷菜です。







■2品目
f0232060_1735515.jpg「活オマールエビのポワレ、ミネストローネ、ソースピストゥー」です。









■アップ
f0232060_17245172.jpgプリプリのオマールエビに、野菜たっぷりのスープ仕立てのソースです。見た目よりかなりサッパリしています。








■パン
f0232060_17371455.jpg焼きたてを4種から選べます。今日は、赤ワイン、フォカッチャ、黒米、ミルクの4種。









■3品目
f0232060_17381259.jpg「栗を詰めたラヴィオリ、ピエモンテ産ヘーゼルナッツのエミュルション」です。

栗の甘みと、トリュフの濃厚な味わいがよく合っていました。






■4品目
f0232060_17394859.jpg「鱈のロースト、アーティチョークの煮込みバリグール風、トリュフの香り」です。

全体的にやさしい味わいの一品。アーティチョークのほのかな苦みがアクセントになってます。






■5品目
f0232060_17281840.jpgメインディッシュは、「KEISUKE MATSUSHITA」のスペシャリテで、「牛肉のミルフィーユ仕立て、わさび風味」です。








■アップ①
f0232060_17284292.jpg牛肉が4層に重なっており、間にはわさびソースが挟まれています。









■アップ②
f0232060_1729361.jpgメインディッシュの付け合わせは、ししとう、マイタケ、かぼちゃの天ぷら。不思議な組み合わせでした。








■6品目
f0232060_17443035.jpgクリスマスらしいブッシュドノエル。チョコレートの切株です。









■小菓子
f0232060_17468100.jpg食後の小菓子。マドレーヌ、グミ、チョコの3種。








石井シェフによる都内でも屈指の予約困難フレンチ「シンシア」。



f0232060_1424557.jpg























f0232060_143125.jpg























f0232060_1433339.jpg






























先日夏にお邪魔させてもらって以来、


もう今年はダメだろうなあと思っていたら、持つべきものは、グルメな友達!


なんと予約を取ってくれて、今年2回目の訪問。


メシの神様、ありがとう!!









最初のアミューズからアートで、美味しくて、もうワクワクが止まらない。


f0232060_1453475.jpg























f0232060_146737.jpg























f0232060_1475089.jpg























f0232060_1482612.jpg























f0232060_1485271.jpg
































料理もどれも美しく、それ以上に美味しかった。


素直に食べてて感動できるフレンチ。


f0232060_14101844.jpg























f0232060_14104190.jpg























f0232060_1411410.jpg























f0232060_14112643.jpg























f0232060_14115128.jpg























f0232060_14121695.jpg
































今回ご一緒したご夫妻が結婚記念日で、


「シンシア」の石井さんからチョコの花束のプレゼントが。


とにかく予約が取れないので、なかなか記念日に合わせるのも難しいかもだけど、


いつかなんかの記念日に来てみたいなあー。素敵なバラ。


f0232060_14141853.jpg





























■「Sincere シンシア」
https://www.facebook.com/fr.sincere/










■今日のカメ

■「Sincere シンシア」
f0232060_14154230.jpg副都心線「北参道駅」から徒歩5分ほど。JR代々木駅からも歩けます。北参道から奥に入った路地裏にあります。








■地下の眺め
f0232060_143125.jpgお店はマンションの地下にあって、上から下を見ると、テラス席が見えます。









■入口
f0232060_1424557.jpgここが地下にあるお店の入口。










■店内の様子
f0232060_1433339.jpg厨房が見れるライブ感あふれる店内です。










■テーブルセット
f0232060_14181945.jpgテーブルセットはこんな感じ。










■赤ワイン①
f0232060_14184936.jpgお店おすすめの赤ワインをグラスで。










■生ポルチーニ、登場!
f0232060_14202368.jpg生ポルチーニが飾られたオブジェが登場(※訪問は11月末)。ポルチーニのいい香りがします。









■アップ
f0232060_1421354.jpg生ポルチーニの足元にあるのが、キノコの形をしたアミューズ。









■アミューズ
f0232060_14222012.jpg最初のアミューズは、ポルチーニをサンドしたサブレ。生ポルチーニを見て、香りを嗅ぎながら、アミューズを味わいます。








■メニュー、出てきた!
f0232060_14232253.jpgアミューズを食べ終わった黒いお皿の下から、本日のメニューが出てきました!凝ってます。









■パン選び
f0232060_1424209.jpg「シンシア」の絶品手作りパン。好きなもの自分で選べます。









■名物ブリオッシュ
f0232060_1425941.jpg伝説のフレンチ「バカール」の時から大好きだった名物の絶品ブリオッシュ。「しんしあ」の刻印入り。これは必食。








■パン、決まった。
f0232060_14261794.jpgブリオッシュを中心に、ポルチーニが入ったパンと、バケットを選びました。









■1品目
f0232060_146737.jpgアートなアミューズ5種の盛り合わせ。テンションが上がります。









■アップ①
f0232060_1475089.jpgイノシシ煮込みを挟んだ、ビーツを練り込んだピンク色のピロシキ。









■アップ②
f0232060_14293750.jpg秋茄子と秋刀魚を使ったアミューズ。










■アップ③
f0232060_1482612.jpg和歌山県足赤海老を使ったアミューズ。










■アップ④
f0232060_1485271.jpg朝食のハムエッグをイメージしたアミューズ。下にパン、次にハム、上には卵。









■殻を取ると・・・
f0232060_14313757.jpg卵が出てきた!まさに、ハムエッグ!










■アップ⑤
f0232060_14322974.jpg「バカール」のアミューズでも出ていた『5つの味がするトマト』です。

甘み、塩気、辛み、苦み、酸味の5つだったかな。







■2品目
f0232060_14101844.jpgスカンピ(手長海老)のグリルの菜園仕立て。野菜もたっぷりです。









■名物カニ味噌ソース
f0232060_14373456.jpg「バカール」の時にも大好きだったカニ味噌のソース。野菜を付けていただきます。濃厚な蟹ソースがたまらない。








■赤ワイン②
f0232060_1439555.jpgお店おすすめの次の赤ワインへ。










■3品目
f0232060_1440694.jpg氷見の鰤を使った魚料理。ほんのりカレー風味の根セロリのピューレ添え。カレーと鰤がすごく合う!









■4品目
f0232060_14413265.jpgキャベツ農家金子さんの特製キャベツを使った白子の料理。









■選べるナイフ
f0232060_14455018.jpgメインディッシュを前に、自分で好きなナイフを選べます。ちょっとしたことでも自分で選ぶと楽しくなりますね。

ちなみに、「シンシア」のナイフは、福井の伝統工芸越前打ちのダマスカス模様入りのナイフを使っていて、めちゃくちゃ使いやすいです。切れ味抜群。




■パイ包み、きた!
f0232060_1411410.jpg大きなパイ包みが登場!4名分のメインディッシュ。










■5品目
f0232060_14112643.jpgうずらとフォアグラをパイで包んで焼き上げたメインディッシュ。









■中はこんな感じ
f0232060_14442393.jpg真ん中にフォアグラが入っていて、周りはうずらの肉です。









■6品目
f0232060_1445352.jpgストウブ鍋の鉄鍋ご飯が〆。ご飯の中身は4種から選べます。









■ローストビーフご飯
f0232060_14482838.jpg魚沼の米農家鈴木さんのお米に、ローストビーフ。ここに、ポルチーニの出汁を入れて、お茶漬け風にいただきます。絶品。








■7品目
f0232060_1450611.jpgチーズのムースに、バジルのシャーベットがかかっています。口直しを兼ねたデザート。









■8品目
f0232060_14521941.jpg最後のメインのデザートは、ベリーの焼き立てスフレと、濃厚なバニラアイスです。









■スフレ、アップ
f0232060_14531886.jpg焼きたてスフレは、「バカール」でも大人気でしたが、やっぱり美味しい!









■食後の飲み物
f0232060_145446100.jpg素敵な鉄瓶に入った紅茶。










■小菓子①
f0232060_14553016.jpgどんぐりの形のマドレーヌ。










■小菓子②
f0232060_14562193.jpg鳥の巣のような焼き菓子「ブール・ド・ネージュ」。









■小菓子③
f0232060_1458426.jpg植木鉢のようなチョコ。










■お祝いのバラ
f0232060_14141853.jpg結婚記念のご夫妻にお店からチョコのバラのプレゼント。

今までレストランからの色んなお祝いサービス見てきましたが、「シンシア」が一番豪華かも。






■トマトのマカロン
f0232060_150193.jpgこれは、最後のお土産用。










■手土産付き
f0232060_15056100.jpg1人1つづつ、トマトのマカロンをこんな感じでお土産でくれます。何から何まで真心たっぷりの素敵な「シンシア」。









私が死ぬまでに行ってみたい国のトップ1は、ペルーだ。










ママがサイモン&ガーファンクルが好きで、


子供の頃に何度もペルー音楽フォルクローレの


「コンドルは飛んでいく」を聴いて過ごした。


大人になってからも、ペルーには何かと惹かれることが多く、


写真集やガイドブックを買ったり、テレビのペルー旅番組を録画したりしてる。









残念ながら、まだ行ったことないペルーではあるが、


都内では珍しいちょっと変わったペルー料理を食べさせてくれる店があると聞き、


ペルー料理店「bepocah ベポカ」へ。


f0232060_1523355.jpg
























f0232060_1531658.jpg


































知り合いから、「ペルー料理の印象がひっくり返るよ」を言われてきたが、


これまで写真集や旅番組で見てきたものとは全く違って、


「え?!これがペルー料理?」と驚くような料理ばかりだった。


f0232060_1593859.jpg























f0232060_1595912.jpg























f0232060_15102234.jpg























f0232060_15112661.jpg























f0232060_1512356.jpg

































正直もっと素朴で、家庭的な料理だと思っていたが、


高級なフレンチレストランに来ているかのような繊細で美しく、


それでいて、ちゃんとペルーの伝統的な食材や調理法を使っているのに、


食べやすくて美味しい料理だった。









ペルーが好きな人はもちろんのころ、ペルーに今は興味がない人も、


きっと食べ終わった頃には、みんなすごくペルーに興味が湧きそうなお店。


とてもいい体験をさせてもらった。








■「ペルー料理 bepocah ベポカ」
http://www.bepocah.com/ja/










■今日のカメ

■「ベポカ」
f0232060_1523355.jpgJR原宿駅から徒歩10分ほど。明治通りと外苑西通りの間の通り沿いにあります。真っ黄色の建物が目印。








■店内の様子
f0232060_1531658.jpg1階と2階があり、席はカウンターとテーブル。席数はそこそこあり、原宿にいることを忘れるような静かで雰囲気の良い店内です。








■カウンター
f0232060_15211796.jpgこの日はテーブルが満席だったので、カウンターで。









■赤ワイン
f0232060_1521535.jpgお店おすすめのペルー産赤ワイン。










■テーブルセット
f0232060_15224184.jpgテーブルセットはこんな感じ。

今日は、「デグスタシオン・トラディショナル・コース」(5000円)という、ペルーの伝統的な料理が一通り食べれるコースにしました。






■1品目
f0232060_15241969.jpg「セビチェ・トラディショナル」という料理で、ヒラメをライムとペルーのとうがらしでマリネした前菜。








■セビチェ、アップ
f0232060_15261896.jpgかなり酸味と辛みが効いてますが、サッパリしていて食べやすいです。巨大なトウモロコシは、ペルー産のもの。








■2品目
f0232060_15272130.jpg「カウサ・リメニャ」というペルーの伝統的な冷前菜。









■アップ
f0232060_1595912.jpgライムととうがらしで風味付けしたマッシュポテトに、チキンやアボカドを挟んでいます。めちゃくちゃかわいらしい。そして、意外とやさしい味わいで、すごく美味しいです。







■3品目
f0232060_15102234.jpg「プルポ・アル・オリーボ」という料理。

これもめちゃくちゃかわいらしい。








■アップ
f0232060_15331330.jpgタコの上に、オリーブで作ったクリーミーなソースがかかっているのですが、ペルーでは紫色のオリーブを多用するらしく、この色は紫オリーブの色です。味は、普通にオリーブの味。すごくきれい。







■4品目
f0232060_15345427.jpg「アンティクーチョ・デ・コラソン」という料理。国産牛ハツの串焼き。ペルーではハツをよく食べるそうです。

シンプルな串焼きですが、すごく柔らかくて、とても美味しい。





■5品目
f0232060_15364344.jpg「アグアディート」というチキンとお米とコリアンダーのスープ。

このスープ、すごくいいスパイスが効いてて、エキゾチックな味なのに、とても食べやすい。かなり好み。美味しかった!





■6品目
f0232060_15383452.jpg穀物キヌアと野菜を煮込んだリゾットのような料理。









■アップ
f0232060_15112661.jpgキヌアの煮込みの上にはカツオが乗っています。このキヌアリゾットもめちゃくちゃ美味しかった!

全般的にしっかりスパイス効いてるのに、嫌味がなく、食べやすい。ホント不思議。






■7品目
f0232060_1661937.jpg「アヒ・デ・ガジーナ」というペルー風カレーシチューっぽい料理。









■アップ
f0232060_1512356.jpg鶏の胸肉と、ミルク、チーズ、とうがらしの煮込みなのですが、ほとんど辛さはなく、チーズが効いてて、クリーミーでとても美味しい!子供が好きそうな味。







■8品目
f0232060_169344.jpgペルーで有名な果物「ルクマ」を使ったアイスクリーム。

「聖なる果実」と呼ばれてて、ペルーのアイス屋さんではどこにでも「ルクマ味」があるそうです。味としては、柿に近い感じで、甘みと、やや粘り気があり、美味しいアイスでした。




■食後の飲み物
f0232060_1611473.jpgハーブティー。
プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ