カテゴリ:原宿・代々木( 57 )





9月中旬だっただろうか・・・。


ちょっと前のお話。








基本的に、毎日お祭り気分の私だが、


この日はいつも以上にお祭り気分で、


どこかでお祭りやってないかなと、ネットで探していたところ、


原宿で「スリランカフェスティバル」というのをやっていることを知った。







当初、意図していた、いわゆる『お祭り』とはだいぶ違うが、


面白そうだったので、行ってみることにした。








ちょっとだけスリランカに旅行したような、得した気分になれた。



















■今日のカメ

■スリランカフェスティバル2010
f0232060_2337273.jpg原宿駅から徒歩10分くらい。
代々木公園の奥の方でやっていました。








■空にはバルーンも
f0232060_23382531.jpg空には「スリランカフェスティバル」と書かれた大きなバルーンも。








■上から見た様子
f0232060_23393315.jpg橋の上から会場を見た様子。

洋服、雑貨、レストランなど、いろんなブースが出ていました。
人もかなり多いです。





■会場の様子
f0232060_23411031.jpgインターナショナルな感じで、いろんな国の人が遊びに来ていました。








■洋服
f0232060_23421138.jpg色鮮やかなスリランカ・インドの洋服。









■雑貨
f0232060_23435420.jpgブレスレットやネックレスなど。









■へナペイント
f0232060_23443460.jpgへナの染料を使ったボディーペイントもありました。








■紅茶
f0232060_2346512.jpgスリランカといえば、やっぱり紅茶。

紅茶を売るお店もたくさん出ていました。







■ステージもあります
f0232060_23482757.jpgスリランカの民族音楽や民族舞踊のステージもありました。








■キリテー屋
f0232060_23504569.jpgスリランカに来たなら、紅茶飲まねば!

「キリテー」とは、スリランカのミルクティーのこと。






■アイスキリテー
f0232060_2352111.jpgアイスキリテー1杯300円也。

味薄めのサラッとした甘いミルクティーでした。
インドのチャイと違い、スパイスは入っていません。





■揚げ物
f0232060_2355517.jpg何やら揚げ物を売っていたので、買ってみました。









■「パティス」
f0232060_23555257.jpg「パティス」という、スリランカ風揚げ餃子、だそうです。

中にはちょっとスパイシーなチキンが入っています。





■クレープ?
f0232060_2357549.jpgちょっと硬めのクレープのような生地の中に、ゆで卵と、スパイシーなポテトサラダのようなものが入っています。

割と腹にたまる一品。






■スリランカ料理
f0232060_23592091.jpgカレーのようなものを売っていたので、買ってみることにしました。








■スリランカカレー(ビーフ)
f0232060_001195.jpgインドカレーともまた違う、何とも独特な香りと風味。

かなりスパイシーなのに、コクが無く、サラサラしているカレーで、うまく表現できないのですが、これは、ちょっと苦手。

ちなみに、左の黄色いのはコーンではなく、豆。



■「コットウロティ」
f0232060_023874.jpgスリランカ風のそば飯。
「ロティ」(薄焼きパン)を麺状に切って、野菜とスパイスで炒めたもの。

スパイシーで、辛めですが、割と美味しかったです。





■タンドリーチキン
f0232060_093064.jpgちょっと肉硬めの、味は普通のタンドリーチキン。









■マンゴーかき氷
f0232060_010362.jpg暑い日には、ちょうどイイ。

マンゴーと練乳たっぷりのかき氷。







■パンフレット
f0232060_0114974.jpgスリランカ観光局のブースでスリランカの無料パンフレットをいっぱいもらってきました。

写真いっぱいで、ガイドブックを見ている感じ。なかなか面白い。


美味しいパスタを出すお店があると聞いて、


代々木「La libera ラ・リベラ」へ。







駅から5分くらいの細道を入ったひっそりとした住宅街にあった。


さほど遠くはなかったが、道が分からず、かなり迷ってしまい、


ランチ終了間際にギリギリ到着。








若いお兄さん3名くらいでやっているようだったが、


接客も良く、評判通り、パスタもなかなか美味しかった。





パスタのほかに、サラダやスープも付いていたが、


これらもちゃんと作られていて、ランチといえど、


手が抜かれているようなことがない。








しかも、値段もリーズナブル。


今度はゆっくりディナーにでも来てみようと思う。











■La libera
http://la-libera.com/dinner.html















■今日のカメ

■La libera
f0232060_1953587.jpgJR代々木駅西口から徒歩5分くらい。住宅街へ入る細道にあります。









■外観
f0232060_1954690.jpg赤いレンガの建物の2階。2階というより、ちょっと階段上がった半2階くらいかな。









■店内の様子
f0232060_19541687.jpgテーブル10席ちょっとくらいで、お店は小さめです。









■かぼちゃのスープ
f0232060_19542448.jpgスープ、サラダ、パスタ、パンが付いて、850円のランチです。かぼちゃのスープ、濃厚で、かなり美味しかったです。








■鎌倉野菜のサラダ
f0232060_19543139.jpg野菜に甘みがあり、ランチとは思えない質の良いサラダでした。









■自家製パン
f0232060_19544058.jpgパンの上にローズマリーを乗せて焼き上げた自家製パン。ハーブの良い香りがして、美味しいです。









■牛肉のラグーパスタ
f0232060_19544823.jpg量は少なめですが、ラグーソースがしっかりしていて、なかなか美味しいパスタでした。
今もそうだが、とんこつラーメンが大好きだ。

あの濃厚な味と豚臭さがイイ。

大学時代は、原宿の「九州じゃんがら」ラーメンがお気に入りで、週に3回は食べていたときもあった。

とんこつのコラーゲンはお肌ツルツルになると言われているが、どちらかというと、コラーゲンのおかげではなく、単純にとんこつのせいで太ってつややかになっていたのではないかと思う。

今思えば、コレステロールの妖精にでもとりつかれていたのだろう。


さて、用があってあって原宿へ行ったので、ついでに数年ぶりに「九州じゃんがら」へ行った。

昔と違って、店内がすごくキレイになっており、2階はバーのような酒も出すようになっていた。

「ぼんしゃん 味玉入り」と、追加で「きくらげ」を注文。

ワンパターンなので、大学時代からこの変わらずコレを注文している。

ぼんゃんらーめん」という味の濃いとんこつラーメンに、味付け玉子がトッピングされているメニューだ。

早速食べてみるが、「ん?・・・こんなに薄かったっけ?」

想像していたよりも、サッパリしているとんこつに感じられた。


家の近くに、ビックリするほど濃厚なとんこつラーメン屋があって、最初の1口、2口は、劇的にウマいんだが、食べ続けているうちにだんだんと胃がやられ(笑)、食べ途中あたりで撃沈する。

もう何回かトライしているが、完食をしたことがない(笑)。

食べると必ず調子が悪くなるのだが、あの味が忘れられず、また2ヶ月後くらいに魔が差したように行ってしまったりする。

若干、中毒気味。


話を戻して、そんなこんなで、まずいわけではないし、おそらく味が落ちているわけでもないと思うんだが、もっと上をゆく濃厚とんこつを食べているので、単純に私の味覚が変わったんだと思う。




■九州じゃんがら
http://www.kyusyujangara.co.jp/








■今日のカメ

■原宿「九州じゃんがら」2階
f0232060_16584131.jpg1階はせわしないので、いつも2階を利用していました。









■店内の様子
f0232060_16584922.jpg私が通っていた頃は、こんなバーカウンターのようなものはなかったのですが、きれいに改装されていました。昔より、気持ち席数が減った気がする。










■ぼんしゃんらーめん 味玉入り
f0232060_16585991.jpg濃さはともかく、味は昔と変わらず。ねぎ、チャーシュー、きくらげ、味付け玉子が入ってます。ここの味付け玉子は、半熟で美味しいです。









■きくらげトッピング
f0232060_1659927.jpgきくらげ好きなので、追加トッピングです。100円。ここのきくらげは厚みがあって、歯ごたえもあり、美味しいです。


このコラムでは9割食べ物ネタが占めているので、


よく人から、「ホントいろんな店に行ってるねー」と言われるが、


実は、この倍、もしかしたら、倍々くらいは行っている。









行ってはいるが、色んな事情で書かない、書けない場合があるのだ。



書かない場合は、こんなとき。






・デジカメを忘れた。



・話が重くて、気軽に写真を撮れる状況ではない。



・あまりに気にって行きすぎている店で、来店回数が多すぎて、

 そのたびに書いても、面白みがない。



・あまりに美味しくて、撮影する前に、食べてしまっていた。

 コレ、割りとある(笑)。



・仕事関係の方とご一緒している。

 このコラムを知っていて、むしろ「載せてよ!」と言ってくださる方もいるので、
 その場合は、許可いただき、載せている時もあり。



・店側の事情で載せられない。

 少人数対応の隠れ家的なお店は、宣伝することで

 一見さんが増えるのを嫌がるので、載せない場合も。







だいたい、こんな感じだ。








自分でもよく食ってるなぁ・・と思うが、


食べることが楽しくて仕方がないので、まぁ、良しとしよう。






いつか何かの役に立つだろう(笑)。








さて、2008年に初訪問をし、以降、何度も予約チャレンジをし続けたが、


予約が取れず、ようやく1年ぶりに「煮込み屋 なりた」へ再訪した。






仕事関係ではあるが、プライベートで私とグルメ同盟を組ませていただいている方が


以前の「なりた」のコラムを読んでくださって、「ぜひ行ってみたい!」とのことで、


毎日のように予約の電話をかけ、予約を取ってくださったのだ。







ちなみに、「なりた」は直近1週間の予約を、


1週間前のその日の夜0:00から電話予約受付をするというスタイルになっていて、


0:00ピッタリに電話をかけると一足遅いのか、話中になっていて、


0:05くらいにやっと掛ったと思うと、すでに予約が埋まってしまったりする、


なんともタイミングの難しい店なのだ。








まぁ、それだけ美味しいし、人気店という証拠なのだろうが(笑)。








久しぶりの「なりた」は、相変わらずボリュームたっぷりで、


相変わらず美味しい料理が出てきた。







本当にいい店なんだが、席数が少なく、人気店がゆえに、


2時間ほどで完全交代させられるので、ゆっくり食事ができないのが、残念。







私たちも、時間内に食べきれず、最後の方はかけ込むように食べ、


急いで店を出て、その後、別のカフェに入って、


そこで食事の感想を語るという、変なスタイルになった(笑)。

















■今日のカメ

■「煮込み屋 なりた」
f0232060_16522821.jpgJR代々木駅から徒歩1分ほどの路地にあります。フランス料理ですが、「煮込み」看板が目印です。









■外観
f0232060_16524844.jpg店内は、カウンター10席くらい、テーブル3席くらい、手前にテラス席が2席で、席数は少ないです。









■店内の様子
f0232060_16525712.jpg料理は完全にシェフ1人、もう1人の方が接客やワインの説明という感じで、2名でやられています。なので、非常に忙しく、最初のオーダーでほとんど料理の注文をしておいたほうがいいです、と言われます。







■テラス席の様子
f0232060_1653755.jpg道路に面したテラス席。前は普通に駐車場とか住宅なので、見える風景はそんなにきれいではありません。












■白ワイン
f0232060_16531760.jpgワインはよく分からないので、お店にお任せ。「なりた」では、1テーブルでワイン1本は飲む、というのがルールになっています。ですが、ワインは1本3600円くらいで提供していて、とても良心的な価格です。










■パン
f0232060_16532652.jpgフランスから冷凍で輸入しているというパン。このパン、焼き立てでも何でもないんですが、なぜか噛むほどに甘みと美味しさが出てきて、「なりた」のパンはうまいです。








■ホタテのサラダ
f0232060_16533335.jpgすごいボリュームに圧倒されますが、これで1200円くらいです。3人で分けましたが、ちょうどいいくらいの量です。サラダと、パイと、下にはパイナップル、ブルーベリーなどのフルーツが入っています。







■ホタテはここに(笑)
f0232060_1653421.jpgホタテのサラダ・・なのですが、ホタテ見当たらず、ここにいました!パイの中にクリームで煮込まれた大きなホタテが入ってます。超うまい。








■エスカルゴ
f0232060_16535276.jpg濃厚で大きめのエスカルゴが6つ。これで、950円くらいです。









■鶏肉のグリル
f0232060_1654023.jpg鶏肉のグリルに、マッシュルームやじゃがいもなどを添えた、これまたすごいボリュームの料理。これで2000円くらい。鶏も柔らかくジューシーで美味しかったですが、付け合わせの野菜もとても美味しかったです。







■鴨のコンフィ
f0232060_1654996.jpgこれは、絶品。柔らかいて、コクのある鴨に、甘くてとろけるマンゴーが挟まっていて、その上に絶妙なブラウンソースがかかっています。上の白いものは、マッシュポテト。これもクリーミーで、ホント美味しいポテトに仕上がってます。これで1800円くらい。





■桃のソルベ
f0232060_16542837.jpgこれも、美味しい。ちょうどいい甘さで、食べる前から桃のいい香りがしています。桃をそのままつぶしているのだと思いますが、よく見ると、ピンクの皮がちゃんとすりこまれています。
遅ればせながら、明治神宮へ新年のお参りに行ってきた。

1月末だったので、さすがに人もまばらかと思っていたが、閉門の時間ギリギリまでかなりの人が参拝に訪れていた。

お参りのメインである祈願も、かなりの人が申し込みをしていて、待合所に入れないくらいの混雑だった。

厄払いの申し込みをし、祈願祭の神楽を見て、お札をいただく。

厄払いの祈願に来ていたのだが、欲張って、ついでに神様にあれもこれも一緒にお願いをしてきた。


今年は、「笑う」をテーマにしたいと思っている。

日常よっぽど楽しいことがないのか?と心配されたかもしれないが、そういうわけではなく(笑)。

今までの自分を振り返ると、日々答えの出ない考え事をしていたりして、ふと気が付くと渋い顔と渋い心で物事に接していることが多かったので、何事ももっと笑顔で楽しく取り組むというか、何があっても笑い飛ばせるような心の余裕はもっておきたいな、と。

どうせやるなら笑ってやったほうが自分も周りも気持ちがいいだろうし、怒っても泣いても変わらないなら、笑っていた方が得かな、と。

これ、簡単にキーボードたたいて書いてるが、相当ハードルの高い精神力を要するテーマなので、今年一年というよりは、一生かけて取り組むくらいのものかもしれない。

そして、ざっくり今年一年の自分の仕事のスケジュールを思うと、去年以上に忙しい年になりそうで、渋いことになりそうなんだよな(苦笑)。

まぁ、ほどほどに頑張ります(笑)。


今年も一年良い年でありますように。








■今日のカメ

■参道
f0232060_1742364.jpg明治神宮へ向かう参道。夕暮れ時の様子。









■南神門
f0232060_17421388.jpgJR原宿駅から歩いて来ると、本殿正面に当たるこの南神門へ着きます。










■本殿
f0232060_17422456.jpg閉門のアナウンスが流れた後だったので、さすがに人も少なくなりました。










■神楽殿
f0232060_17423316.jpgここで祈願祭の受付を行います。明治神宮では、祈願祭という名前で、申し込みをすると、畳敷きの大広間に通され、そこで祝詞を聞き、巫女さんの踊りと笛や太鼓の演奏による神楽を見ることができます。厄除けだけでなく、商売繁盛、合格祈願、安産祈願など、様々な祈願の受付をしています。











■お札
f0232060_17424384.jpgお札は5千円から。名前を入れる場合は、1万円になります。













■お神酒
f0232060_17425295.jpg菊のご紋の白い陶器に入ったお神酒です。これもお札と共にいただけます。










■神饌
f0232060_1743186.jpg去年までは落雁でしたが、今年から羊羹になってました。
前々から噂には聞いていたのだが、美味しい料理をボリュームたっぷり&格安で出してくれるという「煮こみ屋なりた」さん。


○「煮こみ屋」という名前なのに、モツ煮込みはない。

○「煮こみ屋」という名前なのに、フランス料理が出てくる。

○食べきれないくらいのすごいボリューム。そして、全品、ヤバいくらいウマい。

○料理だけの注文はNG。ワインの店なので、2人でフルボトル1本くらいを目安に飲むことが条件。


ね、気になるでしょ。

で、ようやく1週間待ちの予約を取って、行ってきました。


ホント、うまいです。

本格的で、正直、ビックリしました。

1週間待ちの価値は十分あります!!

詳しくは、「今日のカメ」で。








■今日のカメ

■「煮こみ屋なりた」
f0232060_1244827.jpgJR代々木駅から徒歩2分。路地裏にある、いかにも日本酒&煮込みっぽい看板が目印。
昔は1か月待ちだったみたいですが、現在は1週間単位でしか予約受け付けておらず、ほぼ常に1週間待ちの状態。








■外観
f0232060_125156.jpg外はビニールカーテンが付いていて、いかにも煮込みっぽい雰囲気になっています。元々は本当に煮込み屋さんだったらしいのですが、店主の成田さんのワイン好きが高じて、西洋料理を勉強され、ワインとワインに合う料理を出すお店にしたそうです。







■店内
f0232060_125990.jpg外観とは違って、店内は白壁のワイン料理店っぽい内装になってました。常連さんっぽい方が多かったです。








■ワイン
f0232060_1252081.jpg予約を取った際に「うちはワインの店なので、2人でだいたいフルボトル1本を飲んでいただけるようなお客様でないと・・」と言われていたので、赤のフルボトルを注文。お任せにしていましたが、なかなか飲みやすいワインでした。3500円くらいだったと思います。








■まずは、サラダ
f0232060_1253037.jpg砂肝のサラダです。ルッコラと生ハムも入っています。すごいボリューム。そして、うまい!こんなに量があって、1000円でした。








■エスカルゴ
f0232060_1254018.jpgこのエスカルゴ、ホント美味かったです。パンに付けて、ガーリックバター部分まで全部いただきました。700円也。









■鴨のグリル
f0232060_125477.jpg鴨とマンゴー、マッシュポテトが添えられたお料理。これまたすごいボリューム。









■鴨アップ
f0232060_1255951.jpg軟らかくて、これまたすごーくウマい!!マンゴーの甘さとトロピカルな香りが鴨にすごく合います。これで、1800円くらい。








■最後にデザート
f0232060_126742.jpgヤマモモのソルベです。濃くて、酸味のあるカシスシャーベットという感じでしょうか。個人的に、すごく好きな味。手作りのようでちゃんと実や皮を削ったものがソルベに入っていました。600円くらい。
明治神宮へ行ってきた。


先の川崎大師厄除け参拝からほどなくして、別の親友からも厄除け参拝行こうよという連絡が来たのだ。

今年はなんだか、厄除け同伴大人気だ(笑)。


大混雑の川崎大師とは違って、明治神宮は参拝客もまばらで、とても空いていた。

長い参道を歩き、「御社殿」で参拝し、その後、隣にある「神楽殿」で厄除けの『祈願祭』受付。

明治神宮では、祈願の際に、舞いが行われるので、『祈願祭』と呼ばれ、祈願者は「神楽殿」という畳敷きの大広間に座り、神主さんからお清めのお祓いを受け、祝詞を聞き、巫女さんによる神楽(「倭舞(やまとまい)」という明治神宮独自の舞いのようです)を見ることができる。

祈願祭が終わると、帰り際に神主さんや巫女さんから手渡しで、祈願のお札と、白い陶器に入ったお清めのお酒と、「神餞(しんせん)」と呼ばれるらくがんをもらえる。

明治神宮祈願祭は内容が豊富で、非日常に溢れていて、「私は神様にお祈りにやってきました!」という気分にすごく浸れるというか、祈願した気にすごくなれるというか。結構、好きだ。

私は・・だが、旅行など行かない限りは年に一回正月くらいしか神社仏閣に行かない人なので、せめてその年に一回の参拝は、ちゃんと「行った気になれる」ような思い出に残るイベントにしたいものだ。


家に帰り、川崎大師のお札の横に、明治神宮のお札を置いた。

お寺の川崎大師、神社の明治神宮。
今年は二大神社仏閣による、ダブル神様で守っていただこうと思う。








■今日のカメ

■南参道の鳥居
f0232060_1035381.jpgJR原宿駅を出て、すぐのところにある鳥居。ここから南参道になります。














■大鳥居
f0232060_10355036.jpg南参道を通って、「御社殿」へ向かう途中にある大鳥居。
明治神宮は参道が長い。大鳥居までで徒歩10分くらいはあるかな。













■南神門
f0232060_10355920.jpg大鳥居を抜けて、南神門から入りました。目の前が「御社殿」です。












■御社殿
f0232060_1036995.jpgここでお賽銭を入れ、参拝します。この隣に祈願祭を行う「神楽殿」があります。












■祈願のお札
f0232060_10361791.jpg厄除け祈願のお札をいただきました。
川崎大師のお札より10センチほど短いかな。あと、川崎大師と同額でしたが、こちらでは自分の名前が入っていません。
もう少し大きい札になって名前を入れるためには、もう少しお金納めないといけないみたいです。










■お清めのお酒
f0232060_10362974.jpg真っ白な陶器に、日本の天皇を表す菊の御紋が入ったお酒です。
神社のアイテムにこんなこというのもなんですが、デザインがとてもシンプルで、カッコいい。











■神餞
f0232060_10363880.jpgピンク色のらくがんです。らくがん、子供の頃は大好きで、よくおばあちゃん家で食べてたんですが、大人になったら、あの甘さとパサパサ感が苦手になってしまって・・・。
プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ