カテゴリ:上野・浅草( 50 )









私のラーメン師匠から、


スライム色の青いラーメンがあると言われ、


写真を見せてもらったが、想像のはるか斜め上を行く青さで驚いた。


しかも、そこの店主の髪の毛がピンクという情報まで聞き、


もうここまで来ると、何が何だか分からないので、とにかく行ってみたい。










というわけで、行ってきた直後の師匠を道案内人として連れ、


衝撃的な「青いラーメン」を出す「拉麺 吉法師」へ行ってきた。


f0232060_20371967.jpg























f0232060_20375375.jpg

































カフェのようなオシャレな外観と店内。


清潔感があって、すごく入りやすく、とても丁寧な応対をしてくれる。


店主の髪は確かに鳥山明先生のマンガに出てきそうなビビットなピンクだった。


ここまで聞いた話と全く一緒。









そして、メニューを見てみると、やっぱりラーメンは青いらしい。


f0232060_20402820.jpg
































ラーメンが青いとか、ホントにあるのかなあ・・・と


ここまで来てまだ半信半疑のまま「鶏清湯青」を注文。


そして・・・。



マジで、青い!!!!


f0232060_20421768.jpg
































ランチサービスのトッピングに、ほうれん草を選んでしまったので、


より青さが強調されている(笑)!!


f0232060_20433842.jpg

































青い食べ物を日常ではお菓子以外に滅多に口にしないので、


明らかに脳が混乱をしているのだが、


この青いラーメンが、めちゃくちゃ美味しい。


白い麺も、白い鶏チャーシューも真っ青に染まってるけどw、美味しい。


鶏の旨味とコクがしっかり感じられて、風味の良い、すごいバランスのいい味。


f0232060_20483169.jpg
































ここ最近食べた鶏ラーメンで一番美味しかった。


もう1杯、お代わりしようか悩んだくらい。


そして、私の中の青いラーメンランキングでは、


今後も他者の追従を寄せ付けず、永遠に1位に君臨し続けると思う。


f0232060_20474333.jpg


































ちなみに、師匠はすでに青いラーメンは体験済みなので、


気になっていた黄色いラーメン(塩)へ。


f0232060_20501080.jpg




































一口いただいたが、この黄色いラーメンもめちゃくちゃ美味しい。


人は見た目で判断してはいけないのと同じように、


ラーメンも色で判断してはいけないのだ。


脱・固定概念。


だんだん、青いラーメンが美しく見え、


むしろ、ラーメンって青くていいんじゃないかと思ってきた。


f0232060_2051811.jpg































■「拉麺 吉法師」
https://tabelog.com/tokyo/A1312/A131203/13198455/








■今日のカメ

■「拉麺 吉法師」
f0232060_20371967.jpg都営浅草線「本所吾妻橋」から徒歩1分ほど。路地裏にあるカフェっぽい外観のお店です。









■店内の様子
f0232060_20375375.jpg白を基調とした店内。カウンターとテーブル。女性一人でも入りやすそうな感じ。









■青いラーメン
f0232060_20421768.jpg衝撃、かつ、待望の青いラーメン「鶏清湯」。鶏チャーシュー増しで1100円。

ランチは、数種の中から1つだけトッピングサービスだったので、ほうれん草にしたら、全体的に寒色の青いラーメンになりましたw。





■アップ
f0232060_20433842.jpg味以上に、衝撃的に美味しいです。確実にここ最近食べた鶏ラーメンの中で一番美味しかったです。

鶏チャーシューも美味しかったし、半熟玉子も絶妙に黄身がトロトロで素晴らしかった。






■拉麺塩
f0232060_20501080.jpg師匠が頼んだ「拉麺塩」。

私が食べた「鶏清湯」よりも鶏の味が濃厚で、かなり好みの味です。卵は醤油味。ちなみに、青い方は塩味。






■ランチカレー
f0232060_2123064.jpgランチ限定でやっているというミニカレー。鶏清湯の出汁を使っているそうです。

このカレーは、かなりニンニクが入っていて、香りはいいのですが、個人的にちょっと苦手でした。
by meshi-quest | 2017-06-13 08:08 | 上野・浅草








久しぶりに、大好きな浅草老舗焼肉「本とさや」に参上!



f0232060_13133740.jpg























f0232060_1314915.jpg
































家から浅草まではちと遠いので、しょっちゅう来れない分、


悔い無きよう、ここぞとばかりに肉を食らう。


f0232060_13182410.jpg























f0232060_13192138.jpg























f0232060_13194991.jpg























f0232060_13201085.jpg























f0232060_13203853.jpg































下町焼肉というか、大きな座敷にテーブルがいくつも並んでて、


文字通り、みんなでワイワイ焼肉を食べる感じ。


焼肉の煙と、タバコと、焼肉を食べる客の熱気の相変わらずの本とさや。


店内は、煙で目が痛くなるレベルでモクモクしているが、


きっと換気という野暮な言葉はここには存在しないんだろうな(笑)。







■「炭火焼き肉 本とさや」
http://hontosaya.com/









■今日のカメ

■「本とさや」
f0232060_13133740.jpg東京メトロ銀座線田原町駅から徒歩7分ほど。つくばエクスプレス「浅草駅」からは徒歩3分ほど。

浅草には有名な焼肉店がいくつかありますが、「本とさや」も真っ先に名前が挙がるその1つ。






■店内の様子
f0232060_1314915.jpg大きな座敷にテーブルがいくつも置かれていて、みんなでワイワイ焼肉を食べる感じ。席数は多いですが、いつも混んでます。

煙はほぼ換気ゼロなので、モクモクは覚悟でw。






■たん塩
f0232060_1325331.jpgまずは、たん塩から。

子供の頃は、なんで舌なんて気持ち悪いものを食べるんだろうと不思議に思ってましたが、大人になったら舌なくては生きていけなくなりましたw。気持ち悪さより、断然美味しさ!





■カルビ
f0232060_13182410.jpg昔は「サービスカルビ」という名前でしたが、今は普通にカルビ(1700円)。本とさやのカルビは、普通でも十分美味しいです。








■ナムル
f0232060_13324639.jpgもやしナムル。本とさやのもやしナムルは、塩コショウの加減もちょうど良くて、2皿くらいペロッと食べれる美味しいナムルです。








■サラダ
f0232060_13335311.jpg特製ドレッシングがかかっているとさやサラダ。ボリュームたっぷり。









■上ロース&上カルビ
f0232060_13304498.jpg上ロース(2400円)と上カルビ(2300円)。サシがしっかり入ってます。ジューシー。









■骨付き特上カルビ
f0232060_1332209.jpg骨の周りの上質な脂たっぷりなカルビ。










■特上カルビ
f0232060_13203853.jpg上品で、柔らかくて、脂が乗ってて、特上は特上だけあって美味しいのですが、個人的にいっぱい肉を食べるなら、普通のカルビくらいの脂と雑さがちょうどいい感じ。
by meshi-quest | 2017-04-21 08:08 | 上野・浅草









とあるよく晴れた日。









ちょっと贅沢して、昼からワインと肉


「フジマル」という酒池肉林、極楽浄土で、至福の時。



f0232060_11531128.jpg
























f0232060_11533334.jpg
























f0232060_11535513.jpg
























f0232060_11541739.jpg
























f0232060_1155335.jpg






























たまには、いいよね、こんな日も。


たまになら、バチ当たらないよね、こんな日もw。









■「FUJIMARU フジマル
http://wineshop.exblog.jp/i33/










■今日のカメ

■「フジマル」
f0232060_125303.jpgJR浅草橋駅から徒歩3分ほど。神田川沿いの雑居ビルの2階にあります。

「フジマル」のいいところは、昼から開いてて、グランドメニューが注文できること。幸せ。






■テーブルセット
f0232060_1264813.jpgテーブルセットはこんな感じ。










■白ワイン
f0232060_1273819.jpg「フジマル」は隣にワイン倉庫があり、そこに実際入って、好きなボトルを持ってきて、お店で飲むことができます。

まずは、私が大好きなゲヴェルツトラミネール。いい香り。





■1品目
f0232060_11531128.jpg「フジマル」に来たら、必ず食べる「ブルーチーズを詰めた椎茸」(900円)。

ブルーチーズと椎茸の風味がめちゃくちゃあっていて、ワインが超進む。






■2品目
f0232060_12303979.jpg名物の「ウフ・マヨ」(400円)。茹で卵の上に、濃厚なマヨネーズソースがかかっています。必食の絶品。








■3品目
f0232060_12314540.jpg「サワラのフライ タルタルソース」(1000円)です。揚げたて、サクサクで美味しい!









■4品目
f0232060_12334175.jpg「フジマル」にはメーカーズセレクションというメニューがあり、地方の美味しいものをいくつかピックアップして、提供しています。

これは、江古田にある「パーラー江古田」のパンと、新潟県佐渡の佐渡乳業バター。





■5品目
f0232060_12353523.jpgこれもメーカーズセレクション。山形県東根市の「肉の土田」のメンチカツ。ジューシー。









■赤ワイン
f0232060_11541739.jpgいよいよ赤ワインも開栓。










■6品目
f0232060_12372540.jpgメーカーズセレクションから。北海道更別市の「さらべつチーズ工房」のウォッシュチーズ。









■7品目
f0232060_1155335.jpg大阪のなにわ黒牛のランイチステーキ。

「ランイチ」とは、ランプとイチボで、お尻の肉のことです。柔らかくて美味しい!!







■8品目
f0232060_12404082.jpgローズマリー風味のポテト。甘くて、付け合わせも美味しい。
by meshi-quest | 2016-07-07 08:08 | 上野・浅草








お気に入りのワインビストロ「FUJIMARU フジマル」へ。









トリュフのパスタ食べて、

f0232060_2342358.jpg




























ズワイガニとオマールのマカロニグラタン食べて、

f0232060_235269.jpg




























メインは、小熊の煮込みを使ったオーブン焼きと、

f0232060_2362328.jpg



























蝦夷鹿をモリモリッと。

f0232060_2371865.jpg





























秋だなあ。


だって、美味しい食材が揃っちゃうんだもの。


食欲の秋。








■「FUJIMARU フジマル
http://wineshop.exblog.jp/i33/










■今日のカメ

■テーブルセット
f0232060_2393484.jpgテーブルセットはこんな感じ。










■赤ワイン
f0232060_23101089.jpg赤ワインをグラスで。










■ウフ・マヨ
f0232060_23105948.jpg「フジマル」名物の「ウフ・マヨ」。ゆで卵に、特製のマヨソース。









■パン
f0232060_23114823.jpg「フジマル」のメーカーズセレクションメニューから。東京・江古田の「パーラー江古田」パン盛り合わせ。

国産小麦に天然酵母発酵。小麦の味がしっかりとしている美味しいパンです。





■パスタ
f0232060_2314440.jpg同じくメーカーズセレクションメニューから。

東京・浅草「開花楼」の低加水パスタフレスカを使ったイタリア産トリュフのパスタ。絶品。







■グラタン
f0232060_235269.jpgズワイガニとオマール海老を使った贅沢なグラタン。アツアツ。









■小熊
f0232060_2362328.jpgズワイガニのグラタンと似ていますが、こちらは小熊の煮込みとマッシュポテトのチーズ焼き。

小熊は煮込みを使っているので、全くクセがなく、食べやすいです。






■蝦夷鹿
f0232060_23182876.jpg蝦夷鹿(メス3才)のもも肉のロースト。ジビエらしい濃厚な赤身の味わい。赤ワインにピッタリ。
by meshi-quest | 2015-11-16 08:08 | 上野・浅草








再三、メシクエでも書かせてもらっているが、


とんかつには、ただならぬ想いがあって、


オープンから通い、子供の頃から食べ続けていた蒲田「とんかつ 丸一」の味は、


おそらくもう超えることがないんじゃないかな、と思う。











それはそれとして、「とんかつ 丸一」の味を探す旅は続けているのだが、


ついに、ものすごーく近い味を持つとんかつ屋さんに出会ってしまった。












色んな方から噂は聞いていたが、ホントだった。


本当に、「とんかつ 丸一」の味に近かった。


そして、超絶美味しかった。


f0232060_18352088.jpg























f0232060_18355244.jpg































これは、ホント美味しい。


豚の脂の甘味をちゃんと感じる。


とんかつ、バンザイ。










最寄り駅からも離れていて、かなり並ぶし、


店内でも結構出てくるまでに時間がかかるが、


それでも、食べる価値のあるとんかつだと思う。










ちなみに、ネットで大将の対応が悪いということがたくさん書かれていた。


確かに、一人で切り盛りしているせいか、


自分が出来る範囲のルールが決まっていて、


客に一切勝手な行動を取らせないように、細かに指示が出る。










正直、最初は食べづらい、居心地悪い感はあったのだが、


途中でテーブルを拭きに来られた際に、小さな声で、


「ゆっくり食べていってくださいね」と声をかけてくださって、


その時に、ああ、この大将はすごく真面目で、熱心な方で、


それが強く全面に出ているだけで、悪気は全くないんだろうなあ、と思った。










とても美味しいとんかつに出会えて、幸せだった。


またぜひ伺いたいと思う。








■「丸山吉平」
https://www.facebook.com/maruyamakippei











■今日のカメ

■「丸山吉平」
f0232060_18442143.jpgJR浅草橋駅から徒歩12分ほど。

店内は3人まで並んでいいというルールがあるようで、外にそれ以外の方が列を作って待っています。超人気店。






■店内の様子
f0232060_18454652.jpgカウンターのみ。テーブルもありましたが、使っていないようでした。席数は少なめ。

かばんの掛ける位置、食券を出すタイミングなど、色々と張り紙があり、ちゃんとルールが決まっているようでした。





■リブロース300g
f0232060_18472073.jpg勧めてくれた方が、リブロースをぜひ!と言ってたので、リブロースを注文。300gで2800円だったかな。








■リブロース、アップ
f0232060_18352088.jpgなかなか来れないので、ここぞとばかりに300gを。かなりのボリュームですw。









■リブロース、さらにアップ
f0232060_18355244.jpg中は、かなりレアです。豚の甘味が口いっぱいに広がり、めちゃくちゃ美味しいです。

私はソース派なので、ソースで食べましたが、わさびと塩とかでもすごく合う味です。






■豚汁
f0232060_18501171.jpg甘めの白味噌の豚汁も、すごく美味しかったです。
by meshi-quest | 2015-10-06 08:08 | 上野・浅草








たびたびメシクエで書かせてもらっているが、


とんかつが大好きで、私の中の不動の1位が、


生まれ育った蒲田にある名店「とんかつ 丸一」だ。












全国的にも有名になってしまった「丸一」に、


子供の頃にオープン時からお邪魔していて、


身も心も、「丸一」とんかつに染まっているので、


なかなか、これを超えるとんかつに出会わない。











超えて欲しくない想いと、超えて欲しい想いが入り混じり、


色んな人が教えてくれたとんかつ屋には積極的に行ってみることにしてるのだが、


久しぶりに美味しいなあと思ったのが、御徒町「ぽん多本家」。


f0232060_16475446.jpg

























f0232060_16481720.jpg






























とんかつは、割とレアっぽい感じの揚げ加減が好きなので、


しっかり揚げのとんかつはあまり好まないが、


「ぽん多本家」のとんかつは、しっかり揚げなのに、


柔らかく、脂の甘味を感じて、とても美味しかった。












文句なく、美味しいとんかつではあったが、


内容や値段を考えると、今回も「とんかつ丸一」の1位は不動であった。











■「ぽん多本家」
http://r.gnavi.co.jp/g608200/












■今日のカメ

■「ぽん多本家」
f0232060_16572690.jpgJR御徒町駅から徒歩5分ほど。路地裏にあります。










■店内の様子
f0232060_1659441.jpg1階と2階。席数はそこそこあります。

とんかつ専門店ではなく、イカフライや海老フライ、タンシチューやビーフシチューもあります。とんかつは、「カツレツ」という名前で出ています。






■名物カツレツ
f0232060_1712397.jpg名物カツレツ(2700円)に、ご飯と赤だしのセット(540円)です。キャベツのお代わりも別注。









■カツレツ、アップ
f0232060_16481720.jpg衣も軽く、肉もとても柔らかく、豚の甘味を感じる美味しいとんかつでした。
by meshi-quest | 2015-09-21 08:08 | 上野・浅草








お気に入りのワインビストロ「FUJIMARU フジマル」へ。











今までは個人的にフラッと行っていたのだが、


最近は、自分が食べたいこともあって、


打ち合わせを兼ねた食事でもお邪魔することが増え、


「フジマル」へ行く頻度が上がった。











いつ行っても、ちゃんと美味しくて、


誰連れて行っても、ちゃんと喜んでもらえる。


安定感があるお店は、ホントありがたい。


f0232060_11403880.jpg























f0232060_11411812.jpg























f0232060_11414167.jpg





























■「FUJIMARU フジマル
http://wineshop.exblog.jp/i33/












■今日のカメ

■テーブルセット
f0232060_11422594.jpgテーブルセットはこんな感じ。










■「ウフ・マヨ」
f0232060_11403880.jpgお気に入りの前菜「ウフ・マヨ」。半熟卵の上に、自家製のマヨネーズソースがかかっています。うまうま。








■取り寄せグルメ
f0232060_11443619.jpg「フジマル」のメニューには、「メーカーズセレクション」と称したコーナーがあり、全国のおすすめお取り寄せグルメが味わえます。

パンは、大阪吹田市「シュクレクール」のパンの盛り合わせ。バターは、新潟県佐渡市・佐渡乳業の「佐渡バター」。




■メンチ
f0232060_11472660.jpgこれもメーカーズセレクションのお取り寄せグルメ。

山形県東根市「肉の土田」のメンチカツです。







■サラダ
f0232060_1146755.jpg色んな野菜が入った、彩りキレイなサラダ。










■椎茸のグリル
f0232060_1147063.jpg肉厚椎茸の上に、ブルーチーズが乗ったグリル。たまらなくいい香り。









■グラタン
f0232060_1149174.jpgチーズたっぷりのグラタン。










■馬肉のグリル
f0232060_11501551.jpg馬肉ハラミのグリルです。柔らかくて、とても美味しい!
by meshi-quest | 2015-09-03 08:07 | 上野・浅草








私が生まれ育った「蒲田」という町は、


羽根付き餃子で有名なのだが、


実は、とんかつでも有名な町でもある。











全国にその名を轟かしている蒲田のとんかつ神「丸一」をはじめ、


ホント美味しいとんかつ屋がいっぱいある。


そして、蒲田のとんかつの特徴は、肉がジューシーでレア。


肉がほんのり赤くて、食べるとギューッと肉汁が出る、


そんなとんかつで育っていて、そんなとんかつが大好きだ。










とんかつ好きの私に、上野にヒレとんかつ発祥の店で、


ヒレ専門のとんかつ屋があると聞き、行ってみた。











メニューに、ロースがないとんかつ屋を初めて見た。


「ヒレ」しかないので、言われたとおりの、ヒレ定食を頼む。


衣が付いていないかのような薄付きフィットしていて、独特なとんかつ。


f0232060_1149176.jpg
























f0232060_11495620.jpg




























ただ、私ととんかつの方向性が違うと言うか、


よく揚げとんかつより、レアジューシーの方が好きだなあ。


2980円という高額な値段を考えると、


「丸一」を思って、蒲田方面に想いを馳せてしまう感じ。












知り合いから、上野でいくつかとんかつ屋を紹介されているんだが、


写真を見る限り、どこもよく揚がってますとんかつなので、


一応、全部行ってみようとは思うけど、なんか相性悪そうなヨ・カ・ン。











■上野「蓬莱屋」
http://www.ueno-horaiya.com/














■今日のカメ

■「蓬莱屋」
f0232060_11544442.jpgJR御徒町駅から徒歩2分ほど。大通りから1本入った路地にあります。









■店内の様子
f0232060_11571289.jpg1階はカウンターで、6席くらい。2階もありそうな感じでしたが、よく分からず。目の前で揚げてくれます。








■ヒレ定食
f0232060_1149176.jpgメニューにはヒレしかなく、ロースはありません。ヒレ定食(2980円)。









■ヒレ、アップ
f0232060_11495620.jpgかなりしっかり揚がっています。これは、とんかつの方向性の違いなので、完全好みの問題ですが、私には硬く、あまり好きなとんかつじゃなかったかな。

衣は不思議な食感で、面白かったです。すごく薄付き。




■茶碗
f0232060_12057100.jpg私もこの茶碗が好きで、京都で探して買ってきて家でも使ってます。大好き。
by meshi-quest | 2015-09-02 08:09 | 上野・浅草








浅草橋にあるアルザス料理の名店、


「Brasserie Gentil ブラッスリー ジョンティ」でディナー。











ところで、アルザスってどこよ?


となった方も少なくはないと思うが、私ももちろん最初そうだった。


アルザスは、フランスの北東部に位置して、スイスとドイツの国境沿いにある。










なので、フランス料理と言われれば、確かにそうなのだが、


どことなく、スイス料理っぽい雰囲気も、ドイツ料理っぽい雰囲気もあり、


料理って、ちゃんとその土地を表しているなあと、改めて感じる。


f0232060_110175.jpg























f0232060_110239.jpg























f0232060_1104441.jpg
































アルザス料理の特徴なのか、


メニューにクリーム系が多いので、白っぽい料理が続いたが(笑)、


ちゃんと赤っぽくて、肉っぽいものもある。


f0232060_1145791.jpg

























あー、でも、よくよく見たら、

敷いているソースもマスタードクリームソースで、白だったw。











全体的にとても美味しく、人気店なので混んでいるものの、


気軽に入れて、お酒飲みながら本格的なアルザス料理が楽しめるので、おすすめ。









■「アルザス料理 ブラッスリー ジョンティ」
http://b-gentil.com/top.html












■今日のカメ

■「ジョンティ」
f0232060_1192427.jpgJR浅草橋駅から徒歩6分ほど。










■店内の様子
f0232060_11102124.jpg1階と2階がありますが、人気店でほぼ満席。予約した方がベター。









■テーブルセット
f0232060_1112678.jpgテーブルセットはこんな感じ。










■赤ワイン
f0232060_1112367.jpgお店おすすめのアルザス地方の赤ワインをグラスで。









■本日のスープ
f0232060_11152311.jpgアラカルトで注文。本日のスープは、とうもろこしのポタージュ(500円)でした。









■スープ、アップ
f0232060_1117860.jpgちょっと変わっているのが、ポタージュの上に、かなりビターなチョコレートアイスが入っています。

とうもろこしの甘味と、隠し味にチョコアイスの苦味が効いていて、不思議なスープでしたが、美味しかったです。





■前菜①
f0232060_11184893.jpgホワイトアスパラガスのソテー(1900円)。四角いものは、甘味あるホタテのムース。これも美味しい。








■前菜②
f0232060_1120434.jpgエスカルゴブルゴーニュバターです。バターたっぷりで、濃厚な味わい。ワインに合います。









■前菜③
f0232060_110239.jpg名物の「タルト フランベ」。アルザス風の薄いパリパリピザです。









■肉料理①
f0232060_11224160.jpg若鶏のクリームソース煮。キノコたっぷりで、濃厚なクリームソースがとても美味しかったです。









■肉料理②
f0232060_11234023.jpg牛肉のステーキ。かなり歯応えのある牛でした。










■デザート①
f0232060_11243269.jpgキャラメルプリン。かなりビターなキャラメルです。









■デザート②
f0232060_11251372.jpgバナナタルトとシナモンアイスです。










■紅茶
f0232060_1126688.jpgかわいらしい入れ物で出てきます。
by meshi-quest | 2015-08-26 08:05 | 上野・浅草








浅草橋にずっと気になっていたラーメン屋があって、


JR総武線の高架下にあるのだが、


割とバッチリなディナータイムに行ってもやってないことが多い。


f0232060_1242363.jpg
































とはいえ、営業自体は、やってそうな感じだし、


スープ切れで早々と終了という感じでもなさそうだし、


張り紙もないので、大将が体調不良とかでもなさそうだし。










こういう開かない扉を見つけると、モクモクと上がってくるメシクエ魂。


ゲーム理論で言えば、こういう扉って、開いている時の条件があるか、


まだ開けるためのフラグが立ってないかのどちらか。










というわけで、調べてみたら、


全5席で、「月~土までの、11時から15時までの営業」という、


時限性&入場制限つき扉だったかー。なるほどー。


どおりで夜に通りかかっても開いてないわけだ。










そんなこんなで、ようやく扉の謎が解け、


遊び人・りえぞうは、伝説のアイテム「幸貴の中華そば」を手に入れた。


f0232060_1265221.jpg

































■「中華そば 幸貴 (こうき)」
http://tabelog.com/tokyo/A1311/A131103/13023154/












■今日のカメ

■「幸貴」
f0232060_1242363.jpgJR浅草橋駅から徒歩2分ほど。高架下にあります。

全5席しかないので、着いた時は満席で、外でちょっと待ちました。







■店内の様子
f0232060_12105452.jpg全5席なので、客席も狭いですが、厨房も狭く、大将が微妙なスペースでやりくりしています。









■中華そば
f0232060_1265221.jpg正直な感想としては、思ったよりまずくない、という感じ。通いたくなるようなラーメンではないのですが、みんなに嫌われないオーソドックスな中華そばな感じです。
by meshi-quest | 2015-08-22 08:05 | 上野・浅草
プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ