カテゴリ:上野・浅草( 51 )




浅草にある焼肉屋「本とさや」へ。










ここの焼肉が大好きで、近所にあったら、


昼夜関係なく、すごいイキオイで通っていそうな感じ。


そんな自分が怖い。











きっと神様が、食べ過ぎないように自戒を促す意味も込めて、


うちと本とさやの距離をあけたんだろうなあ・・・。


浅草、ちと遠い(泣)。











■「炭火焼き肉 本とさや」
http://hontosaya.com/















■今日のカメ

■「本とさや」
f0232060_18165726.jpg東京メトロ銀座線田原町駅から徒歩7分ほど。

ちょっと早くに着たので、ほぼ一番乗り。








■烏龍茶
f0232060_1818710.jpg食べる気満々、余計なアルコールは入れずw。










■ナムル
f0232060_18185115.jpgもやしナムル、大好き。










■生野菜
f0232060_1819311.jpgお肉もいいけど、野菜もね。










■上タン塩
f0232060_18202486.jpgまずは、タン塩から。










■サービスカルビ、きた!
f0232060_18223639.jpg名物のサービスカルビ(1人前1600円)と、上ロース。









■カルビ、アップ
f0232060_18233679.jpg名前は「サービス」ですが、通常店の上や特上くらいの良いお肉です。しかも、厚切り。

相変わらす、めちゃくちゃ美味しかった!







■中落ちカルビ
f0232060_18243065.jpgとてもジューシー。










■野菜スープ
f0232060_1826286.jpg野菜たっぷり。










■喫茶店
f0232060_18264043.jpg帰りに、本とさや近くの古い喫茶店に立ち寄ってみました。









■懐かしい!
f0232060_18273693.jpgまだまだ現役の麻雀ゲームテーブル。

1回100円ですが、対戦コンピューターがやたら強く、3分くらいで負けてゲームオーバーw。1回勝負で負けたらもうアウトで100円。昔の課金はかなりキツかったなあw。





■カフェオレ
f0232060_18315789.jpg古き良き時代の懐かしいカフェオレ。
by meshi-quest | 2013-06-07 08:08 | 上野・浅草


ご招待いただき、浅草にある老舗ロシア料理店「浅草マノス」へ。











昭和44年創業の浅草界隈では有名なロシア料理。


仲見世や浅草寺といった、いわゆる観光地と反対側の路地裏にあり、


まさに知る人ぞ知るといった感じのお店だが、


この日も満席で、たくさんのお客さんでにぎわっていた。











さて、お味だが、実に美味しいロシア料理だった。


まるでフレンチのような繊細な盛り付けと味付け。


今まで食べたロシア料理のイメージが覆るような料理だった。












特に、名物のピロシキは、ホント絶品だった。


人生の中で、そんなに何度もピロシキ食べたことないが(笑)、


その中では、少なくとも過去最高だと思う。












浅草というと、つい天丼だったり、鰻だったり、和食を想像してしまうが、


こんなに美味しいロシア料理店があるとはなあ・・・。


浅草は、ホント奥が深い。












■「浅草マノス」
http://www5a.biglobe.ne.jp/~mns/















■今日のカメ

■「浅草マノス」
f0232060_17205290.jpg銀座線「浅草駅」から徒歩3分ほど。雷門と、大通りを挟んで反対側の路地裏にあります。









■赤い看板
f0232060_17234467.jpgレトロな赤い看板が目印。










■店内の様子
f0232060_17243951.jpg昔ながらの洋食屋さんといった感じ。席数はそこそこありますが、入ったときは満席でした。

昔はここ本店とすぐ側に別館があったようですが、その別館は独立して同じ「マノス」の名前のまま別店舗になっているそうです。





■赤ワイン
f0232060_1730824.jpg飲みやすい赤ワイン。










■1品目
f0232060_17311791.jpg夜は、コースとアラカルトがあります。今日は、「モスクワコース」というのをいただきました。

1品目は、「モスクワサラダ」です。







■サラダ、アップ
f0232060_1315433.jpgスモークサーモンと、シーフードマリネのサラダ仕立て。具たくさんで、美味しかったです。









■パン
f0232060_1334083.jpg厚切りなフワフワのパン。










■パンのお供
f0232060_134296.jpgバターとリエットです。たっぷり。










■ピロシキ
f0232060_1362824.jpgコースにプラス250円(だったかな?)をプラスすると、マノス名物のピロシキが付きます。

出来立てでアツアツ。中も味は付いてますが、お好みでケチャップも。






■中はこんな感じ。
f0232060_1384027.jpg今まで食べたピロシキの中で、一番美味しかったです。お店がおすすめする理由が分かる。

中の具にしっかりと味が付いていて、周りのパンも油っこくなく、絶品。






■2品目
f0232060_141167.jpg2品目はスープで、ボルシチか、つぼ焼きクリームスープのどちらかが選べます。

このボルシチもやさしい味付けで、とても美味しかった!






■つぼ焼き
f0232060_143334.jpgこれは、もう1種類のスープ、つぼ焼きのクリームスープです。









■中はこんな感じ。
f0232060_1435222.jpgつぼ焼きのパイを外すと、中はこんな感じ。

ポルチーニと色んなキノコの濃厚なクリームスープです。いい香り。これもすごく美味しい。







■3品目
f0232060_1463037.jpg3品目は、「天使のケセランと帆立貝」です。これも浅草マノスの名物料理。









■ケセラン、アップ
f0232060_1495670.jpg大きな帆立のソテーと、海老に細切りのじゃがいものようなものをまぶして揚げたものに、特製のクリームソースがかかっています。

フレンチのようなキレイな盛り付け。ソースが魚介にあっていて、とても美味しかった!





■4品目
f0232060_152429.jpgメイン料理は、4種から選べます。

これは、浅草マノス名物の「キャベツロール」。ロールキャベツではなく、あくまで「キャベツロール」。






■中はこんな感じ。
f0232060_154130.jpgふわっと口でとろけるほどやわらかく煮込まれたキャベツロール。ひき肉、たっぷり。甘めの独特なトマトソースが印象的で、これもとても美味しかったです。







■5品目
f0232060_1563072.jpg最後は、デザート。

キレイな色の2種のデザートが出てきました。








■デザートアップ①
f0232060_1575992.jpg紫芋のムースです。
甘さ控えめで、紫芋のいい香りがしました。









■デザートアップ②
f0232060_1591716.jpg紅茶のクレームブリュレです。乾燥したレモンが付いてて、一緒に食べると、口の中でレモンティーになります。

これも甘さ控えめで、美味しかった!






■ロシアンコーヒー
f0232060_204425.jpg食後に、ロシアンコーヒーか、ロシアンティーが付きます。









■コーヒー、アップ
f0232060_214286.jpgコーヒーもおしゃれで変わってて、カクテルのソルティードックのように、グラスの周りにピンク色の砂糖が付いています。きれい!








■ロシアンティー
f0232060_23727.jpgこちらは、ロシアンティー。










■ローズジャム
f0232060_235283.jpgバラの花びらがたっぷり入った香りの良いローズジャム。これをお好みで好きなだけ紅茶の中に入れて飲みます。








■浅草の夜景
f0232060_254946.jpgアサヒビール吾妻橋ビルの金色の「炎のオブジェ」(うんことも言われていますがw)と、スカイツリー。

きれいな夜景でした。
by meshi-quest | 2013-02-04 08:05 | 上野・浅草


浅草へ行くときに、東京メトロ田原町駅から行こうとすると、


地上へ出る階段を登り始めたくらいから、焼きそばのいいにおいがしてくる。











そのにおいに釣られて、そのまま階段を登り、地上に出ると、


メニューは焼きそばオンリーという、昔ながらの焼きそば屋さんの目の前に出る。












結論から言ってしまうと、ほとんど具がないことはいいとしても、


かなり薄味で、かつ、ちょっとやわらかめの麺で、


見た目とにおいで相当期待していたものの、味はそこまでではなかった。











「懐かしさ」と「美味しさ」は違う。


たまにSNSで、そこが混同されて書かれているのを見かけるが、


懐かしさや思い出補正の「良い」と、味の「良い」はちゃんと別に伝えるべきだ。


たまに、「懐かしいのに、美味しい」という奇跡を起こしている店があるが、


そこは、相当レベルが高いと思われる。











ただ、「焼きそば屋」という文化がほとんどなくなっている中、


こうして浅草という土地で今も焼きそばを作り続け、


いいにおいを提供していることに、一度行ってみる価値があると思う。
















■今日のカメ

■「焼きそば 花家」
f0232060_18444459.jpg東京メトロ田原町駅の階段を上がって、すぐ目の前です。









■店内の様子
f0232060_18455494.jpg昔ながらの定食屋さんのような感じ。

水色のデーブルが印象的。テレビドラマのセットのよう。







■ストーブ
f0232060_18473571.jpgストーブでお茶のお湯を沸かします。










■お茶碗
f0232060_1848651.jpg私が京都まで行って探してきたお茶碗がここにはゴロゴロとあり(笑)、しかも、現役。









■メニュー
f0232060_1849969.jpg料理のメニューは、焼きそばのみ。そして、安い!










■焼きそば
f0232060_18494933.jpgしょうゆとソースを合わせたような、薄味の和風焼きそば。個人的には、もう少し濃くてもいいかな。

具は、ちょっとだけキャベツが入っていて、肉はありませんでした。
by meshi-quest | 2012-03-01 01:05 | 上野・浅草


去年の年末くらいから、なんだか浅草に縁がある。












家からはちょっと遠いので、こういう気まぐれな縁を大事に、


めったにないチャンスと思って、浅草を探検してみる。











そういえば、浅草に「河童寺」なるものがあることを思い出した。


河童大明神を祀り、河童のミイラがあるらしい。


そうだ、ここに行かねば。












通称・河童寺と呼ばれる曹源寺は、住宅地のど真ん中にあって、


iPhoneのGoogleマップでちゃんとした場所が表示されず、迷った。











小さなお寺で、この日は、参拝客も観光客もいなかった。


河童大明神と河童のミイラがある、小さな社に向かう。


鍵がかかっていて、残念ながら中には入れなかったが、


窓越しに、その姿を見ることが出来た。










あと、賽銭箱にきゅうりが置かれているのが印象的だった。


ここが河童寺であることを知っているから納得したが、


知らない人が来たら、なんかのイタズラだと思うだろう、きっと。













■「曹源寺」
http://www.sogenji.jp/















■今日のカメ

■河童寺(曹源寺)
f0232060_18231590.jpg東京メトロ浅草駅から徒歩15分ほど。

その他、JR上野駅、東京メトロ稲荷町駅、つくばEXP浅草駅からも歩けます。







■河童のお出迎え
f0232060_18251034.jpgいろんなところに、河童の石像が置かれています。










■河童のぎーちゃん
f0232060_18261438.jpg河童の「ぎーちゃん」という名前だそうです。

なぜ「ぎーちゃん」なのか、なんでこんなに顔からボコボコ出てるのか等、謎が多い。










■河童大明神の社
f0232060_1828192.jpg閉まっていたので、ガラス窓から覗くだけでしたが、有名な河童大明神の掛け軸と、河童のミイラを見ることが出来ました。








■賽銭箱にきゅうり
f0232060_18292577.jpg確かに、河童様にお金あげても、喜ばないですよね。やっぱ、きゅうりでなくっちゃ。
by meshi-quest | 2012-03-01 01:00 | 上野・浅草


メシクエですが、今日は、「食べれない」話(笑)。










食品サンプル。


そう、お店のショーケースを演出している、あの料理の模型の話。











まずは、ちょっと子供の頃の話からしたいと思う。











ママが料理の先生をしていたこともあってか、昔から料理に興味があり、


子供の頃は、それこそ、おままごとごっこばかりやっていた。












周りの女の子が、お年玉や誕生日のプレゼントを


リカちゃんやバービー、その他いろんなおもちゃに分散投資していた中、


私はすべてをおままごとセットに一点投資していたので、


かなりの数の料理のおもちゃや台所をセットを持っていた。











中でも宝物があって、それはコロッケの食品サンプルだった。


子供ながらに、


おもちゃの料理と、食品サンプルの料理のクオリティーの差には気付いていて、


レストランに行く度に、ショーケースを穴があくほど見ていた。











ある時、近所のよく行くレストランのおじさんが、


毎回飽きずに熱心に食品サンプルを見ている私にコロッケをくれた。


お店ではもうコロッケを出さなくなったので、


コロッケの食品サンプルが必要なくなったかららしいが、


それはもう嬉しくって、仕方がなかった。












それからというもの、どこに行くにも、


お出かけカバンの中にコロッケが入っている不思議な子供になった。


何かあれば、コロッケを出して、みんなに見せていた(笑)。












大きくなって、食品サンプルは日本の技術がトップクラスであること、


中でも、岐阜県が生産日本一であること、


都内でも浅草合羽橋に行けば、個人でも購入が可能なこと、


全部手作りのため、意外と高いこと(苦笑)、


そして、なんと食品サンプルを作る体験会があることを知った。












かなり前から行きたかったのだが、諸事情で参加できず、


やっと念願叶い、食品サンプルを作ってきた。












こりゃ、ヤバい・・・。











楽しすぎる!!


想像以上だった。


私の作ったエビ天ぷらを、下記でぜひご覧いただきたい。














■元祖食品サンプル屋
http://www.ganso-sample.com/

下記が食品サンプル制作体験会のお知らせ。
http://www.ganso-sample.com/shop/kappabashi/experience.html

電話で予約(土日は人気あり、混んでる模様)。
1回1500円で、大人も子供も参加可。
天ぷら各種、レタスの中から2つ作れて、持ち帰れます。
















■今日のカメ

■元祖食品サンプル屋
f0232060_1735726.jpg東京メトロ田原町駅から徒歩10分ほど。合羽橋商店街の中にあります。

食品サンプルの父・岩崎瀧三さんが創業されたいわさきグループの合羽橋ショールーム店です。






■2階へ
f0232060_17958.jpg1階は食品サンプルの販売、2階が制作体験会専用のスペースになっています。

料理教室のような器具と、工作のような器具が入り混じる、楽しい空間。すでにワクワク。






■エプロンが配られます。
f0232060_17104627.jpg洋服が汚れない様にエプロンが配られます。

今回の参加者は8名で、大人が5人、子供が3人。








■かっぱエプロン
f0232060_17121278.jpgかっぱのマーク入り。










■いよいよ、制作体験会スタート!
f0232060_17134183.jpg先生から器具の説明、サンプルの作り方、注意事項を聞きながら、制作体験会スタート。









■食品サンプルの素
f0232060_1715271.jpg昔のサンプルは、すべてロウで作られていましたが、ショーウィンドウの熱で変形してしまうことから、最近はすべてビニル樹脂だそうです。今回の体験では、昔ながらの手法で、ロウを使って体験します。

手前の黄色は天ぷらの衣、奥の白と緑はレタスの素材。



■まずは、天ぷらの作り方。
f0232060_1717410.jpg黄色のロウをおたまで紙コップに入れます。

ロウは少し熱くなっています。








■お湯の上に垂らす。
f0232060_1718382.jpg銀色のケースにはお湯が入っています。手をあげて、頭の上の高い位置からお湯の上に黄色い液体を垂らしていきます。

そのお湯の上にはねた黄色のロウが、天ぷらのあの「衣」になります。





■衣っぽくなってきた。
f0232060_17203261.jpg垂らした液体は、お湯の上でこんな感じになっています。

油の上に乗っている天かすのようw。







■エビを乗せます。
f0232060_17213542.jpg衣の上に、エビを乗せます。










■エビ天、完成!
f0232060_1722345.jpg先ほどのエビを乗せた衣をひっくり返すと、こんな感じ。

スゲー、本物のエビ天だ!!







■天かすは網で取る(笑)
f0232060_17245070.jpg実際は、お湯に浮いているロウのかすなんですが、本当に天ぷら同様、天かすは網ですくって取りますw。








■次に、レタス作り。
f0232060_17261091.jpgおたまに白い液体を取り、お湯の上に薄く浮かべます。









■緑の液体も流します。
f0232060_17271674.jpg白い液体に少しかぶるように、緑の液体を流していきます。









■レタス途中
f0232060_17285578.jpgうっすらとレタスっぽさが出てきました。










■シワを作ります。
f0232060_1730783.jpgさっきのレタス途中を、お湯の中に引きづり込んで一気に引っ張ると、伸びて、こんな感じにシワが付きます。








■レタス、微調整
f0232060_17313814.jpgレタスのシワを微調整しながら、これを球体に丸めていきます。









■レタス、完成!
f0232060_1732307.jpgアッという間に、レタスの完成。










■冷やします。
f0232060_17393229.jpgさっきのエビ天もそうですが、お湯の時点では整形できるようにやわらかい状態になっているので、形が決まったら、お水に入れて、固めます。








■切ります。
f0232060_1733794.jpgそのままだと、面白みがないので、まな板と、本物の包丁を使って、レタスを切ってみます。









■こんな感じ。
f0232060_1734581.jpg芯の方が白くて、本物のレタスのようになっています。









■先生の作品
f0232060_17345439.jpgお皿に盛りつけられた先生の作品。本物そっくり!










■ここから選べます。
f0232060_17354795.jpg制作体験会では、っこれらの天ぷら素材とレタスの中から、2つ制作ができます。

一番人気は、やはりエビ天。
逆に人気なかったのはレンコンw。






■コレにした。
f0232060_17374299.jpgエビ天とかぼちゃ天を作ることにしました。










■完成
f0232060_17412151.jpgいい感じの天ぷらができました!

お持ち帰りパックに入れてくれるのですが、これに入ると、より一層天ぷらっぽくなるw。







■「Don't eat!!」
f0232060_17425948.jpgあまりにソックリなので、誤食の事故が起きないように、パックにはこんな張り紙が。









■色んな食品サンプル①
f0232060_17443579.jpgコレ、実は、スウィーツで戦国風にアレンジされたヘルメットです。

正面のドーナッツとバナナがいい感じw。







■色んな食品サンプル②
f0232060_17464287.jpgバタートースト風のスイッチカバー。

お家のスイッチ押すのが、楽しくなりそう。
欲しかったんですが、うちのスイッチのサイズと合わずに、無念。






■色んな食品サンプル③
f0232060_17482771.jpg名刺入れのケースの上に、寿司やお好み焼きの食品サンプルが付いています。

打ち合わせ中、お腹空きそうw。







■買ってきたモノ
f0232060_17494392.jpgコレ、あまりに面白くて買っちゃいました。

ロースハムのブックマークw。630円也。








■挟んでみたw
f0232060_17503591.jpgあー、期待通りの違和感が出てるw
by meshi-quest | 2012-01-15 17:59 | 上野・浅草


浅草にあるフランス産YAKITORI「萬鳥(ばんちょう)本店」へ。


フランス料理で使用する鶏や鴨、フォアグラなどを焼き鳥として食べれるお店。











以前、丸の内にある「萬鳥」の支店に行った時、とても美味しかったので、


今回、浅草の本店にも行かせてもらったのだが、


正直、丸の内店の方が種類も多く、味も美味しかったかな・・・。












■「フランス産YAKITORI 萬鳥」
http://www.vinchou.jp/















■今日のカメ

■「萬鳥 浅草本店」
f0232060_2575623.jpg東京メトロ田原町駅、もしくは、つくばEXP浅草駅から徒歩5分ほど。閑静な住宅地の路地裏にあります。

東京メトロ浅草駅からも歩けます。






■店内の様子
f0232060_304191.jpgカウンターとテーブル。
席数は割とありますが、人気店のようで、とても混んでいました。








■お通し
f0232060_322932.jpgザク切りキャベツと、煮物のお通し。

キャベツは、生で食べるにはそこまで甘くなかったので、何か味噌でも付けるものが欲しかったかな。







■つくね
f0232060_35722.jpg美味しかったですが、丸の内で食べた月見つくねの方が美味しかったかな。









■ささみ
f0232060_364373.jpgレア気味に焼かれたささみ。
ちょっと水っぽかったかな。









■ラタトウィユ
f0232060_375058.jpgトマトの味が濃厚で、茄子やズッキーニなど野菜たっぷり。とても美味しく出来ていました。









■砂肝&なんこつ
f0232060_395237.jpgちょっと硬かったのと、ジューシーさがなかったかな。









■インカポテト
f0232060_311065.jpg「インカのめざめ」のフライドポテト。

甘味があり、ローズマリーの香りがとてもいい。








■ぼんじり
f0232060_3121391.jpg大きなぼんじり。
ジューシーで美味しかったです。









■フランス産うずら
f0232060_3134093.jpgフランス産うずらの炭火焼。

その他、ブレス鶏、鴨、フォアグラの炭火焼なども。







■焼き茄子
f0232060_3153896.jpg焼き茄子に生ハムを巻いた冷前菜。

さっぱりしていて、焼き鳥の箸休めにちょうどいい。







■鳥スープ
f0232060_3164848.jpg濃厚な鳥エキスたっぷりの鳥スープ。

〆にぴったり。濃くて美味しい。
by meshi-quest | 2012-01-13 03:20 | 上野・浅草


浅草にある焼肉屋「本とさや」へ。











ここは数年前に、浅草に詳しい方から教えてもらったお店だが、


ホントに美味しくて、浅草に来る度に、ほぼ必ずここで食事をしている。











平日は昼2時から、土・日・祝日は12時からぶっ通しで夜中までやっている。


大人気店で、ディナータイムはかなり混むため、


この日は、15時という超中途半端な時間から行ってみたが


さすがに空いていた(笑)。











昼からガッツリ焼肉。


昼だからこそ、ガッツリ焼肉。













■「炭火焼き肉 本とさや」
http://hontosaya.com/
















■今日のカメ

■「本とさや」
f0232060_333168.jpg東京メトロ銀座線田原町駅から徒歩7分ほど。

黄色い看板が目印。








■店内の様子
f0232060_343619.jpg板の間にところ狭しと焼肉台が置かれています。

煙を吸い取るようなおしゃれな装置はついていないので(笑)、部屋中、霧がかかったようになります。服にニオイ付くのは避けられませんw。






■サイン色紙
f0232060_362891.jpg壁一面を覆いつくすサイン色紙。

サイン色紙を飾っているお店はあまり好きではないんですが(苦笑)、これだけ並べられると、1つのアートと言うか、圧巻です。






■烏龍茶
f0232060_374714.jpg食べに集中するために、酒は飲まず、烏龍茶。










■もやしナムル
f0232060_382812.jpgもやし大好き!

味も良く、さっぱりシャキシャキしているナムル。








■生野菜
f0232060_310634.jpgゴマ油のドレッシングで軽くあえてある、さっぱりサラダ。









■特上カルビ、キタ!
f0232060_3114221.jpg特上カルビ(2,500円)と、上ロース(2,100円)。









■特上、アップ
f0232060_3136100.jpgこのサシと厚み。
やばい、やばい。

大トロを食べているよう。絶品。







■上ロース
f0232060_3135663.jpgロースにもコレだけ立派なサシが!










■サービスカルビ
f0232060_3144724.jpgサービスカルビ(1,600円)と、ハラミスジ焼き(1,200円)。









■サービス、アップ
f0232060_3154417.jpg本とさやの「サービス」は、通常の焼肉屋さんの「上カルビ」くらいはあります。

サービスカルビで、このサシ!
正直、厚みや濃厚さをそこまで求めなければ、サービスカルビで十分すぎる美味しさです。





■焼きます!
f0232060_3174851.jpg焼肉は、ホントいいよね。
幸せになる。肉、バンザイ!









■上タン
f0232060_3183080.jpgタン塩も。
さっぱりとレモンで。









■野菜スープ
f0232060_3192590.jpg具だくさんの野菜スープ。
野菜がたっぷり。









■大満足
f0232060_320205.jpg完食。
美味しかった~!
by meshi-quest | 2011-12-29 03:22 | 上野・浅草


浅草にある喫茶店「珈琲 天国」へ。










いい名前。


いつでも、誰でも、気軽に行ける「天国」。











「天国」名物の焼き印入りホットケーキを食べる。


見た目もかわいく、ふっくらとは出来ていたが、若干、粉っぽさを感じた。












余談だが、ホットケーキが大好きで、隙あらば注文する。


今まで食べたホットケーキの中で、一番美味しかったのは、


西荻窪にある「Cafe?」というお店の手作りホットケーキ


ふっくらさ、大きさ、味、すべてにおいて完璧だった。












残念ながら、今年、「Cafe?」は閉店してしまい、


もうあのホットケーキが食べれないと思うと、悲しい・・・。















■今日のカメ

■「珈琲 天国」
f0232060_2195018.jpg東京メトロ銀座線浅草駅から徒歩8分ほど。浅草六区にあります。









■店内の様子
f0232060_2205473.jpg外見はレトロですが、中は割と今どきな感じ。










■天国ホットケーキ
f0232060_2235024.jpg名物「天国」ホットケーキ。
銅板を使って、1枚1枚、丁寧に焼いているそうです。








■メイプル、かけた。
f0232060_2251247.jpgトロ~りバターと、メイプルシロップ。

若干粉っぽさを感じたが、ふっくらしていて、味もいい。







■カフェオレ
f0232060_2263463.jpgコーヒー少なめ、ミルク多めで。

コーヒーの味は大好きなんですが、コーヒーがちょっと苦手、という不思議な体質。
by meshi-quest | 2011-12-29 02:29 | 上野・浅草


クリスマスイブに、合羽橋に行った。












合羽橋は、面白い。


道具街として、珍しい調理器具や料理店の雑貨が見れたり、


本物そっくりな食品サンプルを見る楽しみもあるが、


町中に、「巨大なモノ」がある面白さも、たまらない。













「巨大なモノ」には、家々の合間から見える、


浅草寺の五重塔やスカイツリーも含まれるが、


それだけでなく、道に巨大な釜があったり、巨大な寿司が落ちていたり、


ビルに巨大なカブトムシが付いていたり、とにかく不思議な町だ。













久しぶりの合羽橋は楽しすぎて、あっという間に時間が過ぎてしまい、


全部見回る前に、商店街が閉まってしまった。


タイムアウト。










また近々改めて遊びにいこうと思う。
















■今日のカメ

■合羽橋の食器屋さん
f0232060_2431684.jpgクリスマスイブですが、クリスマスっぽいものは何もなく、もうすでに町全体、お正月モード。金や赤の器など、おめでたいものが目立つ。

お客さんもお正月用品を探しにきているような感じ。





■道に巨大な釜
f0232060_2453270.jpg道路にドンと置かれた巨大な釜。










■釜も商品
f0232060_2461795.jpg無造作に置かれた、巨大釜も商品でした。

これで、「ごはん500人前」「味噌汁1000人前」作れるようです。







■コカコーラ
f0232060_2474983.jpgおしゃれなコカコーラテーブルセットを発見。

テーブル2万円強、イス1万円強。ちょっと欲しい・・・。







■食品サンプル屋
f0232060_250121.jpg合羽橋にはたくさんの食品サンプル店があり、どこも混んでいて、人気です。

私も大好き。







■食品サンプル
f0232060_2511243.jpg本物そっくり。すごくよく出来ている。

サンプルは、1つ1つ手作りというのもあるが、ちょっとしたものでも3000円とか5000円とかする。






■なんだ、アレ?
f0232060_2542274.jpg道を歩いていて、足を止めて、見入ってしまった。

ビルに何か黒いモノが付いてる!








■これは・・・
f0232060_2552620.jpg巨大なカブトムシが張り付いています。

インパクト大。








■「元祖食品サンプル屋」
f0232060_2574634.jpgカブトムシの正体は、「元祖食品サンプル屋」さんの看板でした。

ここのお店、合羽橋の数あるサンプル屋の中で、ちょっと変わっていて、食品サンプルの手作りキットを販売していたり、串カツの鉛筆キャップとかホットケーキの小物入れとか、他のお店に売っていないようなオリジナル商品がたくさんありました。



■手作りキット
f0232060_30462.jpg自宅で作れる食品サンプルキットを売っていました。

1つ2000円で、中華、洋食、デザートなど色んな種類があります。






■こんなものも
f0232060_311816.jpg手作りキットで、こんなカレーサンプルが作れます。









■あんなものも
f0232060_31567.jpg炒飯も作れちゃいます。

美味しそうに見えるかどうかは、盛り付けセンス次第、とのこと。







■寿司が落ちてるw
f0232060_325110.jpg道路に巨大な寿司が落ちていました。










■「東京蛍堂」
f0232060_345497.jpg浅草六区にあるおしゃれな骨董品店さん。

この細い路地を入っていきます。








■入口
f0232060_361381.jpg路地の突き当りにある古い一軒家がお店。










■店内の様子
f0232060_365265.jpg大正、昭和の雑貨、かばん、洋服、着物など、かなり質の良い、ステキなものがいっぱいありました。

昭和初期のトランク(寅さんが持ってそうな)があって、すごく欲しくて、買おうか迷った・・・。今も、ちと迷い中。





■浅草寺
f0232060_393198.jpg本堂が閉まり、参拝客もほとんどいなくなった夜の浅草寺。









■賽銭箱に長蛇の列
f0232060_3103086.jpg人はまばらですが、それでもお賽銭箱前には長蛇の列が。

まだお正月でもないのに、この列か・・・(苦笑)。






■スカイツリー
f0232060_3121447.jpg浅草寺からもスカイツリーが見えます。













■五重塔
f0232060_3125892.jpgスカイツリーの反対側には五重塔が。

こっちはオレンジ色なので、なんだか東京タワーのよう。







■さっそく(笑)
f0232060_3140100.jpgハンバーグ屋さんの店先にあった新メニュー「スカイツリーカレー」。

ツリーは、海老フライとイカリングで出来ているようです。
by meshi-quest | 2011-12-25 03:17 | 上野・浅草


クリスマスイブ。


私は、合羽橋にいた。










初めて、スカイツリーの実物を見て、


人々がランチを食べ終え、活動を始めているあろう15時に、


ほとんど人のいない焼肉屋でガッツリ肉を食べ、


その勢いで、合羽橋を歩き、食品サンプルを見て喜び、


夜、参拝客のいなくなった浅草寺に行き、お参りをした。












ただでさえ、人が多い東京で、


ただでさえ、人が多いこの日に、


奇跡的に、ほとんど人に会わずに、過ごすことができた(笑)。












意外と、人込み、苦手なんです・・・。















■今日のカメ

■ビルの合間から
f0232060_274010.jpgビルや商店が連なる田原町から見たスカイツリー。













■スカイツリー
f0232060_292281.jpg初めて実物見ましたが、銀色なんですねー。













■合羽橋通り
f0232060_211055.jpg前から欲しかったナイフ&フォークがあって、それを探しにやってきました。

まあ、今日(クリスマスイブ)じゃなくても良かったんですが(笑)。






■町の様子
f0232060_2122989.jpgいつもは賑やかな合羽橋も、今日は人がほとんどいませんでした。

しかも、クリスマスの「ク」の字もない(笑)。







■河童①
f0232060_214057.jpgサンタはいなくとも、ここにはカッパがいます(笑)。









■河童②
f0232060_2144848.jpg至るところに、河童が。










■こんなところにも
f0232060_2162065.jpg道にも河童が。










■あいかちゃん
f0232060_2172743.jpg合羽橋のマスコットキャラクター「あいかちゃん」。

「I Love Kappa」で「あいか」ちゃんだそうですw。






■オム河童ライス
f0232060_2193462.jpg和食屋さんの店先にあったメニュー。

美味しそうかどうかは別として、河童愛を感じるw。







■合羽橋からも見える
f0232060_222146.jpg合羽橋通りからもスカイツリーがはっきり見えます。

町の雰囲気とギャップがありすぎて、なんだか合成写真のように見えるw。










■からすみ
f0232060_2234132.jpgお寿司屋さんの店先で干されていたからすみ。通りがかりの人が、みんな足を止めて、この物体を見ているw。

「お手を触れぬよう、お願いします」






■魔性の味
f0232060_2252514.jpg「魔性の味」と書かれている古い喫茶店。

魔性の珈琲を飲んでみたかったが、残念ながら、お腹いっぱいだったので、また今度。







■河童像
f0232060_2275455.jpg合羽橋にある金色の河童像にお参り。
by meshi-quest | 2011-12-25 02:31 | 上野・浅草
プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ