カテゴリ:上野・浅草( 51 )



ご招待いただき、根津にある老舗の串揚げ店「はん亭」へ。











明治時代に建てられ、文化庁の有形文化財にもなっているお店は、


映画のセットのようでもあり、なんだか違う時代にタイムスリップしたかのよう。












それでいて、妙に落ち着くのは、長い年月を通じて、


人々が行き来してきた様子を、この建物がしっかり刻んでいるからだろうか。












さて、串揚げ。


「一の膳」と呼ばれる串揚げ6本とお通しが付いた基本コースから始まり、


お腹の具合に合わせて、「二の膳」「三の膳」・・・と最後は「六の膳」まで


串揚げの盛り合わせを注文していくシステム。


もちろん、「一の膳」以降は、単品注文も可能。













串揚げは、とても軽くできていて、どんどん食べれてしまう。


1本1本、すごく丁寧に作られていて、どれも美味しかった。












なんとなく、「膳」を重ねていくほどに、


「待ってました!!」的なマニアックな串が出ていた気がするので(笑)、


「一の膳」以降も、せっかくなので食べ進めることをお薦めする。













結局、「五の膳」までいただいた。


ご馳走様でした!














■「串揚げ はん亭」
http://www.hantei.co.jp/nedu.html

















■今日のカメ

■「はん亭」
f0232060_18412151.jpg千代田線根津駅から徒歩3分ほど。

3階建ての日本家屋です。











■蔵がある!
f0232060_18425173.jpg左側の白い扉、これ、「蔵」です。

店内に蔵がある不思議な作り。








■店内の様子
f0232060_18435935.jpg2階のお座敷です。










■梅酒
f0232060_1845777.jpg焼酎か日本酒・・・とも思ったんですが、飲み過ぎ注意報なので、かわいく梅酒ロックで(笑)。









■生野菜
f0232060_18465077.jpg1人に1つ来る生野菜。
お代わり自由で、はん亭特製の濃厚味噌に付けていただきます。








■お通し
f0232060_18475414.jpg鴨のロース。










■【一の膳】 まず3種
f0232060_18485541.jpg基本コースの「一の膳」には6種の串揚げがついています。

串は冷めない様に、3種づつやってきます。
最初の3種は、手前左から、海老、栗、豚肉(?)です。






■【一の膳】 残りの3種
f0232060_1851371.jpg左から、わかざぎ、れんこん・・・あ、忘れたw。










■お通し
f0232060_18544671.jpgホタテと野菜をさっと和えた、さっぱりとしたお通し。









■【二の膳】 3種
f0232060_18561870.jpg二の膳以降は3種盛りになります。

左から、穴子、生麩、沢ガニです。








■【三の膳】 3種
f0232060_18575710.jpg左から・・・忘れて(苦笑)、真ん中がブロッコリー、右がイカです。

イカの上のオレンジは、ウニのソースがかかっています。






■お通し
f0232060_18591930.jpg柿とカブのさっぱりしたおしんこ。

ちょうどいいタイミングで、ちょうど欲しかったようなさっぱりお通しがくる(笑)。







■【四の膳】 3種
f0232060_1903330.jpg四の膳まできました。

左から、セロリと鶏肉、そばがき、・・・忘れた(苦笑)。

串揚げは、後から写真見返しても、衣によって思い出せないのが難点だ(笑)。メモれば良かった・・・。



■【五の膳】 3種
f0232060_193814.jpg左を忘れて、真ん中が茄子の肉詰め、右がさつまいもです。

一の膳の栗も、このさつまいもも、一旦つぶして、味付けしたモノを揚げていて、とても美味しいです。





■デザート
f0232060_1945270.jpgデザートは、アイスかシャーベットから選べます。

これは、アールグレイのアイス。
この超和風な感じからは想像つかないほど、香りがしっかりでている美味しいアールグレイアイスでした。
by meshi-quest | 2011-12-18 19:08 | 上野・浅草

ご招待いただき、裏浅草にあるフレンチレストラン「オマージュ」へ。








裏浅草とは、浅草寺を越えた先にあるディープな界隈で、


スナックやら、お好み焼屋やら、居酒屋やら、


観光地としての浅草とは、また別の顔を見せてくれる場所である。


通称「観音裏」とも呼ばれているらしい。











今回、初めて裏浅草へ行ったが、確かにディープ。


こんな場所に、フレンチレストランなんてあるんだろうか・・・?


と、ちょっと心配になったが、ちゃんとあった(笑)。









笑顔の素敵なシェフと、和服を着たかわいらしい奥様でやられている、


地元の人に愛されているレストランといった感じ。









見た目や作り方は、割とオーソドックスなフレンチといった印象だが、


雷おこしや糸とうがらしを料理に取り入れたりと、浅草らしさも出ている。










撮影中、デジカメのバッテリーが切れてしまい、


途中から急遽、i-Phone 3GSのカメラで撮影したため、


色味や画質に統一感がない部分が出てしまったが、


同じ日の、同じ時に撮影したものである。ご了承いただきたい。












■HOMMAGE オマージュ
http://www.hommage-arai.com/















■今日のカメ

■雷門
f0232060_038352.jpg個人的に、雷門は夜の方が好きです。










■伝法院通り
f0232060_0404357.jpg19時くらいに着いて、さすがに20時くらいまでお店もやってるだろうと思っていましたが、すでにこのとおり。

もっと早くに来ないと、お土産買えません。






■飲み屋街
f0232060_0441731.jpg「ホッピー通り」「煮込み通り」とも呼ばれる、居酒屋が軒を連ねる飲み屋街。大盛況。









■浅草寺
f0232060_0455634.jpgせっかく来たので、お参りをしてから、裏浅草へ。










■五重塔
f0232060_0464783.jpgライトアップされた五重塔。幻想的で、美しいです。













■「オマージュ」
f0232060_0475642.jpg浅草寺から、さらに裏浅草へ歩くこと、7、8分。路地の角にあるコンクリートの建物です。









■テーブル
f0232060_0505171.jpg白いテーブルクロスと、白いナプキン。










■備長炭
f0232060_0523419.jpg脱臭、清浄のためか、各テーブルに1つづつ備長炭が置かれていました。









■おつまみ
f0232060_0533218.jpg左は、ナッツに甘いカレー粉をまぶしたもの。右は、オリーブ。甘カレーナッツは、クセになる味。









■アミューズブーシュ
f0232060_0552437.jpg左のうちわのようなものは、細長いパイのようなものに丸い焼きチーズが付いたスナック。

真ん中は、パプリカのフィナンシェ、豚パテのバナナケーキ。

右は、白いんげんのスープ。




■白ワイン
f0232060_0581743.jpg「ワインコース」というのがあり、ソムリエさんが料理に合わせて2杯グラスを選んでくれて2,000円というのがあったので、それにしました。1杯目は白。








■1品目:「鴨フォアグラとアボカドのクラブサンドウィッチ」

f0232060_10099.jpg右がフォアグラサンド、左の丸いのがフォアグラペーストを挟んだマカロン。









■フォアグラ、アップ
f0232060_1224.jpgかなり厚みがある冷製フォアグラ。

濃厚な分、これだけフォアグラがあると、若干味に飽きがくるので、アボカドとのバランスを考えても、もう少し量は少なめでもよかったかな。






■自家製パン
f0232060_143634.jpg小さめ、硬めのバケット。オリーブオイルで。

※ここからバッテリー切れて、i-Phoneカメラで撮影。








■2品目:「野菜の蒸し煮 
          バージンオリーブオイルと黒トリュフ風味」

f0232060_17551.jpg季節の野菜が蒸し煮になった1品。










■蒸し煮、アップ
f0232060_182395.jpgシンプルなお料理でしたが、とても美味しかったです。やさしい味付けに、黒トリュフのいい香り。









■3品目:「魚介類のエチュヴェ 三重県産海苔の香り」

f0232060_1104686.jpg「エチュヴェ」とは、水分を使わずに、素材が持っている水分で蒸し煮にすることを言います。

スタッフの方が別途持ってきてくれた海苔のソースを上からかけてくれます。






■エチュヴェ、アップ
f0232060_1131841.jpg魚介の風味と、海苔の風味がいい感じでマッチしている、なかなか美味しい蒸し煮でした。









■お代わりパン
f0232060_1145954.jpg今度は、ミルクパン。
さっきのバケットより、こっちのミルクパンの方が好きかな。








■赤ワイン
f0232060_1162094.jpgワインコース2杯目の赤。

白の時もそうでしたが、ソムリエさんがワインの名前だけ告げて、サラッと帰ってしまうので、ちょっと勿体ない感じ。もう少し、どう料理と合わせたかとか、ワインの話とかを客として、場を盛り上げてくれると嬉しいかな。





■4品目:「マダムビュルゴーのシャラン鴨胸肉のロースト 黒トリュフのクーリー」

f0232060_1192527.jpgメインディッシュは、シャラン鴨です。










■鴨、アップ
f0232060_1202735.jpg肉厚で、柔らかく、上手に火が通してありました。

肉の味付けに、お菓子で使う、シナモン、グローブ、アニスのミックススパイスを使っているそうで、若干甘めの味と香りに仕上がっており、好みにもよると思いますが、個人的にはちょっと苦手かな・・・。お肉は美味しかったです。




■口直し
f0232060_1234486.jpg下から、パプリカムース、イチゴのムース、柑橘系のシャーベットの3層になっている口直しのデザート。

パプリカの味が、イチゴと柑橘とまざり、パッションフルーツのような南国風の果物のようになっていて、とても美味しかったです。




■バースデーケーキ
f0232060_1265068.jpgわーい。誕生日のお祝いをしてもらいました!

ケーキは、チーズケーキ。








■デザート①
f0232060_1284892.jpgレモンケーキの上に、細長いシガールクレープ、クレープの中には紅茶のクリーム。右には、アールグレイのアイスが盛られています。

レモンケーキ、最初はかなり酸っぱいのですが(笑)、しばらく食べていると、慣れてきて、心地よい酸味になります。




■デザート②
f0232060_1313718.jpgこれは別のデザートで、ピスタチオのティラミス。

上に乗っている赤いものは、唐辛子。しっかりピリ辛です。







■一口デザート
f0232060_1341022.jpg先ほどの誕生日ケーキと、雷おこし風のミルクデザート(グラス)、アップルタルト、黒糖のケーキ、など。








■紅茶
f0232060_1355430.jpg確かに保温に優れていますが、今までいろんなお店に行った中で、この形式で紅茶が出てきたのは初めて(笑)。斬新。
by meshi-quest | 2011-03-08 01:43 | 上野・浅草


上野へ行くなら、なんか美味しい和菓子でも食べたいなと思い、


噂に聞いて、行ってみたかった桃林堂へ。










場所は、上野公園を抜け、東京芸術大学の前を通った先の、


閑静な住宅街の一角にある。








日本家屋の小さな店内に、小さな美しい和菓子が並んでいる。


ここの名物は、「小鯛焼」という、小さな小さな鯛焼き。


ここまでかなり歩いて、喉も乾いていたので、


店内で抹茶を飲みながら、小鯛焼をいただく。











「鯛焼き」というと、アツアツで中がカリッとしている、


いわゆる「鯛焼き」を想像してしまうが、この「小鯛焼」は「鯛焼き」ではなく、


「鯛の形をした、美味しい人形焼き」だと思う。










鯛焼きでは、ない。


皮が柔らかく、しっとりしていて、人形焼きに近い。熱くもない。









とはいえ、あまりあんこが好きではない私が、


ペロッと食べれてしまうくらい、甘さ控えめの上品なあんこで、


とても美味しいお菓子であった。









かわいらしい箱に詰めてもらえるようなので、上野で働く友達への手土産も買った。


あげる方も、もらう方も嬉しくなるようなこういう手土産はいい。


手土産を片手に友達を訪ねるなんて、なんとも優雅で、素敵な休日だ。













■桃林堂
http://www.torindo.co.jp/
















■今日のカメ

■東京芸術大学
f0232060_17432222.jpg初めて芸大に来たのですが、すごく貫禄があり、緑が多く、静かで、とても素敵な校舎でした。なんかうらやましい(笑)。








■桃林堂
f0232060_17433183.jpg上野駅からだとちょっと距離があるかな。芸大を超えた先にあります。









■店内の様子
f0232060_17434050.jpgとても小さな店内です。全体的にちょっと薄暗い感じで、すごく雰囲気のある和菓子屋さんです。









■抹茶と小鯛焼
f0232060_17434865.jpg店内で和菓子をいただくこともできます。席は6席ほど。飲み物は抹茶のみです。









■小鯛焼
f0232060_17435661.jpg大きさは、普通の鯛焼きの半分くらい。鯛の下にスギの葉が敷かれています。味や食感は人形焼きに近いかな。とても美味しいです。1つ200円くらい。








■お土産の小鯛焼
f0232060_1744415.jpgお土産は鯛の絵の描かれた箱に詰めてもらえます。










■箱の中身
f0232060_17441394.jpg個装された小鯛焼が6個入ってます。スギの葉も入ってます。
by meshi-quest | 2009-09-28 17:42 | 上野・浅草
チベット展へ行くついでに、ランチで立ち寄ったお店。

上野はあまり詳しくなかったので、事前に評判の良さそうなお店を調べていたところ、この「Steak Dining 鷹」が出てきた。

お店は、風俗店やラブホテルが連なる一角にあり、最初はお店に気が付かず、パチンコ店か何かと思って見逃しそうになってしまった(苦笑)。

「ランチがお得」という評判通り、スープ、サラダ、ドリンク付きのステーキ丼やフォアグラ丼は、ランチにしては良いお肉を使っており、肉も柔らかく、なかなか美味しかった。

残念だったのは、ステーキ丼のソース。

ちょっと味が強すぎで、ニンニクもきつい。

せっかくそれなりの肉を使っているのだから、ソースはここまで強くせず、シンプルなステーキ丼の方が良かったのではないかと思う。

友達や知り合いと上野に遊びに来たときにはいいかも。

デートのランチには、正直、場所的に向かない(苦笑)。




■Steak Dining 鷹
http://www4.plala.or.jp/steakdiningTAKA/








■今日のカメ

■Steak Dining 鷹
f0232060_17411370.jpgJR御徒町駅から徒歩5分くらい。入口がシンプルなので、ちょっと場所が分かりづらいかも。















■風俗街
f0232060_17412286.jpg春日通りと中央通りに挟まれた風俗店や居酒屋が立ち並ぶ場所にあります。














■店内の様子
f0232060_17413083.jpg鉄板焼きスタイルで、カウンター席の前に鉄板があり、シェフが目の前で焼いてくれます。ランチも鉄板で焼いてくれます。








■スープ
f0232060_17413823.jpgクラムチャウダースープです。なかなか美味しかったです。










■サラダ
f0232060_17414747.jpgレタスやハーブリーフ、ポテトサラダが入ったミニサラダです。










■香の物
f0232060_17415524.jpgきゅうりのしば漬けです。












■ステーキ丼
f0232060_174232.jpgお肉は柔らかくて、美味しかったです。ソースが強すぎたのが、残念。セットで1000円。









■フォアグラ丼
f0232060_17421156.jpg臭みなく、なかなか美味しいフォアグラでした。一緒に鶏肉も乗っています。これもセットで1000円。
by meshi-quest | 2009-09-25 17:40 | 上野・浅草


下町というと、蕎麦や鰻を想像するが、


そんな下町・千駄木に美味しいフランス料理店があると聞いて、


ランチを食べに行ってきた。










駅から徒歩数秒の大通り交差点の角にある、


下町らしくないキレイな水色の洋館。


かなり混んでいるようなので、事前に予約をしていった。











ランチはコースのみ。


サラダ・パスタ・コーヒー・デザートの1000円コースから、


メインディッシュ付きの2600円コース、


さらに、お任せの4000円コースまで5種くらいあって、


予約をした場合は、1900円以上のコースのみの注文となっているようだ。










なかなか千駄木まで来る機会もないので、


パスタとメインディッシュが両方楽しめる2600円コースを頼んでみた。











コースとして、全体的にちょっと量は少なめだが、


味はなかなか美味しかった。










ちょっとゆっくり外でランチを食べたい時に、


こういうお店が近くにあると便利だなぁ、と思う。













■IL SALE
http://ristorante-il-sale.jp/
















■今日のカメ

■IL SALE
f0232060_17232758.jpg千代田線千駄木駅から徒歩数秒。団子坂交差点にあります。









■外観
f0232060_17233573.jpgキレイな水色のレストランです。すごく目立ちます。













■店内の様子
f0232060_17234535.jpgカウンター数席と、テーブルが10席くらい。家族連れ、ママさんの団体など地元の方で賑わっている感じでした。








■前菜4種
f0232060_17235370.jpgコースDは、前菜・パスタ1品・メインディッシュ・デザート・コーヒーです。前菜は、4種類で、手前から左回りに、豚のテリーヌ、白身のカレー南蛮漬け、たまごとマスタードマヨネーズのバケット、鶏のマンゴーソースです。どれもなかなか美味しかったですが、特に手前のテリーヌが濃厚で好みでした。




■パスタ:トマトとベーコンのパスタ

f0232060_1724052.jpgパスタは5種類くらいの中から1つ選べます。

これは、トマトソース。オーソドックスなトマトソースで、とても食べやすかったです。

いい意味で、懐かしいナポリタンのような味かな。パスタのゆで加減もすごく良かったです。ただ、70か80グラムしかないので、少なめです。



■パスタ:カニとキャベツのパスタ

f0232060_1724856.jpgこれは別のパスタ。
かなりガーリックがきいている塩味のパスタです。夏バテにききそうなパスタで、これも美味しかったです。パスタのゆで加減もすごく良かったです。







■メイン:牛の赤ワイン煮込み
f0232060_17241558.jpgコースにプラス500円くらいで、メインディッシュを牛のワイン煮込みの変えられます。

ここまでコースを食べて、なかなか美味しかったので、煮込みに期待して、プラス料金を出してみました。左の白いものはマッシュポテト、右が牛のワイン煮込み。




■柔らかいです
f0232060_17242317.jpgコクがあり、かつ、かなり柔らかく煮込まれた、すごく美味しいメインでした。マッシュポテトもとても上手に作られていました。メインディッシュをこっちに変えて良かった。







■デザート:コーヒーのムース
f0232060_17243152.jpgこれもかなりコーヒーがしっかりときいている美味しいムースでした。

1つ欲を言えば、コーヒー、紅茶とセットで出てくるデザートなので、口直しを含めてフルーツなどのムースだと良かったような気がします。これだけ味のしっかりしているコーヒーデザートだと、ちょっと重いかな。



■紅茶
f0232060_17243847.jpgこれは、普通かな。
by meshi-quest | 2009-09-08 17:22 | 上野・浅草



ちょっと前の話。









普段はあまりテレビは見ないのだが、


その日、たまたまテレビを付けていて、なんとなくボーっと見ていたら、


ラーメンのランキング番組をやっていた。











50位くらいから1位までを順番に発表していくような感じで、


醤油ラーメン、塩ラーメン、味噌ラーメン、


変わった具を乗せたラーメン、キレイな器に盛られたラーメンなど、


色んなラーメンが紹介されていた。










世の中にはこんなにラーメンがあるんだなぁ・・・と感心。


そんな中、1位の発表。







こんなに多種多様で、いろいろあるラーメンの頂点として選ばれたラーメンは、


いったいどんなものなんだろうと見ていると、


それはそれは、実にシンプルなラーメンが登場した。











真っ白い、名前も飾りも入っていない器に、めんとスープ。


トッピングは、刻んだネギだけ。









誰が出ていたかも忘れてしまったが、


そのラーメンを食べていた出演者はこぞって、


「実に、美味しい・・・」とうなり声を出す。









このラーメンがすごく気になった。










このテレビを見てからだいぶ経っているのだが、


たまたま調べ物をしていたときに、このラーメン店を見つけて、


同時にあのテレビのことも思い出した。










で、行ってみることにした。









が、とにかく遠くて、家から1時間近くかかる上に、


最寄駅からも徒歩20分近くかかる(苦笑)。


お店も普通の地元の商店街の中にあり、


そこまでたどり着くのに、見知らぬ土地に何度も迷う。








1杯のラーメンのために、大冒険だ。







お店はスープが無くなり次第終了とのことで、


「頼むから、なくなってませんように」と祈りながら、店内へ。


店主一人で作っているらしく、店の裏から男の人の声だけ聞こえた。

注文やお運びは、東南アジア系のお姉さん2人がやっているようで、


若干片言気味で注文を取りに来る。奥様なのだろうか。











店内2つのメニューのうち、1つは売り切れてしまったようだが、


なんとか念願のラーメンを食べることができた。








1位を獲得したラーメンは、「今日のカメ」で。









店を出るとき、「おいくらですか?」と聞いたが、


その東南アジア系のお姉さんがずっと考え込んでしまっていて(苦笑)、


結局、客が自ら計算をして、自己申告でお金を払うことになった。


なんとも素朴なお店だった(笑)。
















■今日のカメ

■豊島中央通り商店街
f0232060_1716913.jpgJR王子駅から歩くこと20分、住宅街にある豊島中央通り商店街という中にあります。

かなり長い商店街でしたが、この日はほとんどの店が閉まっていました。
ここまで来るのに、すごく遠いので、JR王子駅前の交番で行き方や場所を聞いてから行かれた方がいいと思います。歩かず、タクシーやバスで行くのもあり。


■中華そば 伊藤
f0232060_17161784.jpg店前に何一つ目印になるような看板は出ていません。のれんもありません。注意してみていないと、通り過ぎてしまいそうな感じです。








■千社札
f0232060_17162588.jpg唯一、入口のドアのところに「伊藤」の千社札シールが貼ってあって、これだけが目印です(笑)。









■店内の様子
f0232060_17163359.jpg全10席くらいの小さなお店です。










■メニュー
f0232060_17164024.jpg「そば」と「肉そば」のみ。大盛りは可能。水はセルフサービスです。午後3時の時点で、肉そばは売り切れです。








■トロフィー
f0232060_17164891.jpgおそらくテレビ番組で1位を取った時にもらったトロフィーだと思うが、テレビの上に無造作に置かれていた(笑)。








■「そば」
f0232060_17165645.jpgこれが、「そば」550円です。めんとスープとネギだけ。超シンプルです。









■「ラーメン」より「そば」に近い?

f0232060_1717410.jpgかなり濃厚な魚介だしで、ラーメンというより、そばを食べている感じに近いです。

この魚介だしであれば、確かに、ネギが一番合うし、逆にネギ以外は余計かも。
めんはモチモチしていて、固めですごく美味しいです。スープは好き嫌いが分かれるかも。


とても美味しいそばでしたが、家からの距離を考え、再訪するかと聞かれると、正直うーんという感じ。



■七味
f0232060_17171383.jpg普通は、ラーメンに七味ってないと思うのですが、このそばであれば、七味が合いますね。









■紫色の花
f0232060_17172231.jpg商店街の脇道に夏の花が咲いていました。
by meshi-quest | 2009-09-03 17:15 | 上野・浅草
夏と言えば、何でしょうか?

海、プール、山、イベント、花火・・・・それもいいけど、ノンノン、違います。

幽霊画です(笑)。


東京・谷中にある「全生庵」というお寺で、毎年8月1日~31日までの1ヶ月間、この寺が所蔵している貴重な「幽霊画」が一般公開されている。

幽霊画の話に行く前に、まずちょっと歴史の話からしないといけないのだが、「全生庵」は、幕末から明治にかけて活躍した政治家、思想家でもある山岡鉄舟が建立した寺である。

山岡鉄舟は「禅」の達人としても知られており、その禅の弟子の中に、落語家の三遊亭円朝がいる。

話を幽霊画に戻して、この幽霊画は元々は円朝が所蔵していたコレクションなのだが、亡くなられた後、縁あって、遺族の方がこの寺に寄贈したということらしい。

ちなみに、三遊亭円朝も幕末から明治にかけて活躍した落語界の大看板で、幽霊でいえば、「怪談牡丹燈籠」などのお話の原作者でもある。

「なんで幽霊画が全生庵にあるか?」は、ざっくり書くと、こんな感じだ。


さて、今度は、「なんで私が行ったか?」だが、まぁ、ざっくり書くと、「興味深々だったから」だ(笑)。

噂を聞いてからずっと行きたいと思っていたのだが、なかなかチャンスがなく、やっと行けた。

嫌いな方にとっては、なんでわざわざ行くんだ?くらいの感覚かと思うが、西洋幽霊と日本幽霊の違い、西洋死後の世界と日本死後の世界の考え方の違い、日本の幽霊はどんな顔をしているのか、やっぱりいわゆる「お岩さん」のような顔なんだろうか、どんな人たちが見に来ているのだろう、もう考えれば考えるほど、色んな事が浮かんできて、興味が尽きない(笑)。


さてさて、時はちょうどいい感じでお盆シーズン。真夏日。

千代田線「千駄木」駅を降りて、下町を歩いて、徒歩10分。

町には至るところで「円朝まつり」と書かれたのぼりを立てていたが、お盆休みということもあってか、人はまばらだった。


幽霊画の展示はお寺本堂の横の小さな部屋で行われていた。

靴を脱いで、拝観料500円を払う。

部屋に入ると、円山応挙や歌川広重など、有名な日本画家たちの幽霊掛軸が30点ほど、所狭しと並べられていた。

来ている人は少なく、10名くらいだろうか。年配の方よりも、意外に若い人が多かった。

写真撮影禁止なので、伝えづらいのだが、個人的には鰭埼英明という画家の美人幽霊と、名前は忘れてしまったが、子供を抱え、すごい形相でこちらをにらんでいる幽霊画が良かった。

あと、これまた作者を忘れてしまったが、お岩さんのように片目が腫れた女の幽霊の絵も良かった。

幽霊画に「良かった」というのも、なんだか合っているんだが、ないんだか分からんが(笑)、良かった。


感想として、全部それぞれ違う作者が描いているのだが、楽しそうな幽霊は1人もおらず、日本における幽霊は、「現実世界になんらかの未練、恨みつらみを残して出てしまう」という世界観なんだろうなぁ、と思った。

あと、大きく分けて2つの風潮があって、幽霊を美しい女性で描く人と、あからさまに髪や歯が抜け落ちて妖怪っぽく描く人で分かれているように思った。

日本文化に触れつつ、夏らしい、というか、お盆らしい一日を過ごした。




■全生庵
http://www.theway.jp/zen/








■今日のカメ

■円朝まつり
f0232060_16555360.jpg千駄木から谷中にかけて、この「円朝まつり」と書かれたのぼりがいっぱい立っていました。幽霊画一般公開以外にも、落語のイベントなども行われるようです。











■全生庵
f0232060_1656245.jpg千代田線千駄木駅から10分ほど。周りには全生庵以外にも多数のお寺があります。













■幽霊画展
f0232060_16561162.jpg待望の幽霊画展開催中です。














■入口
f0232060_16561934.jpg目の前が本堂で、裏がお墓。そんなに大きくはありません。















■金の観音様
f0232060_16562895.jpg裏のお墓の真ん中に金色の大きな観音様が立っています。













■「café 2Lotus」
f0232060_16563510.jpg幽霊画の途中で寄ったギャラリーを兼ねているカフェ。















■猫がいました
f0232060_16564211.jpg綺麗な毛並みをしたオス猫がいました。













■バナナジュース
f0232060_16565071.jpgバナナを1本丸ごと使いますと書かれていたので、注文。ミルクたっぷりの濃厚バナナジュースを期待していたんですが、ちょっと薄く、あんまり甘くなくて、好みのバナナジュースではありまでした(苦笑)。










■いせ辰
f0232060_16565741.jpg以前、千駄木へ行った時にも立ち寄った和紙や日本工芸の店。












■お土産① ぽち袋
f0232060_165773.jpgお金を入れる小さな袋。絵柄が派手でかわいいので、いっぱい買っちゃいました。











■お土産② ぽちメモ
f0232060_16571512.jpgぽち袋を小さく切ったメモ帳です。小さな折り紙のような感じでかわいいです。








■お土産③ キッチンペーパー
f0232060_16572322.jpg和柄のキッチンペーパー。家で揚げ物を出す時とかに敷いて使っています。
by meshi-quest | 2009-08-25 16:54 | 上野・浅草


前回のコラムで書いた通り、


ここ数年で最大級の胃痛ビッグウェーブに見舞われたのだが、


調子に乗って食べ過ぎていた胃に、最後に引導を渡したのは、


うなぎでも、天ぷらでもなく、上カルビだった。











浅草へ行く直前、仕事兼友達としても仲良くしている人と飲んでいて、


その彼女が浅草に詳しく、「浅草行ったらココ!」というお店を教えてくれた。












浅草と言えば、当然、「天ぷら」「蕎麦」あたりが来るかと思っていたのだが、


意外にも彼女がおススメしてきたのは、


とある焼肉屋とお好み焼き屋であった。


さすが、通。











で、その時は、なんとなく肉気分だったので、


「ココの焼肉は、マジでヤバいよ」と彼女が薦める焼肉店「本とさや」へ行った。











つくばエスクプレス浅草駅から徒歩2分ほどの路地裏にそのお店はあった。


東京メトロ銀座線浅草駅から歩いたので、


途中、何度も道に迷って、人に聞きながら探したが、


韓国料理店が集まる路地を曲がると、店先で行列が出来ているので、すぐに分かった。













店先に大行列。一号店も二号店も満席。


路地裏の分かりにくい場所にここまで人がいるのは、

よほど美味しいのだろうと、期待で胸も胃も膨らむ。











席が空いたら連絡をくれるということで、


携帯の番号を告げて、待つこと30分。


一号店の2階席へ。











壁一面に、多数の芸能人・著名人色紙が並ぶ。


来てない人はいないんじゃないか?くらいの量(苦笑)。


当然、浅草地元のアニマル浜口親子のサインもある(京子さんのカレンダーも)。













さて、本題のお肉。


上カルビ、上ロース、上ミノ、野菜がセットになったおススメセットを注文。











ウマい!!


マジで、ウマい!









特に、カルビ。


上カルビという名前にはなっているが、


普通の店なら特上カルビくらいで出すような脂の乗ったカルビ。








そして、すごい肉の厚さ。ボリューム。


こりゃ、大行列ができるわけだ。












で、「ウマい、ウマい」言いながら食べていたら、


この夜に、胃痛ビッグウェーブが・・・(苦笑)。










脂ノリノリの肉を、ノリノリで消化吸収するような強靭な胃ではなくなってたか。


もう若くねーな、自分(笑)。












■本とさや
http://www.hontosaya.com/
















■今日のカメ

■本とさや
f0232060_1147527.jpg浅草で美味しい焼肉を食べたくなったら、ココへ!ホント、美味しかったです。路地裏の黄色い看板が目印。












■店内の様子
f0232060_1148123.jpg二階席は靴を脱いであがる座敷です。ずっと満席で、ひっきりなしに人が入ってきます。

混んでいたこともあって、ちょっと席は狭かったです。






■ナムル
f0232060_11481091.jpgナムル大好きで、どこ行っても、頼みます。特に、もやし好き。









■上タン
f0232060_11482225.jpg厚みがあって、ジューシーな美味しいタンでした。










■上カルビ
f0232060_11483160.jpgこの厚みと、この脂のサシ!!上カルビという名前ですが、特上くらいの美味しさです。

このお店にさらに「特上」があったのですが、どれだけスゴイ肉が出てくるんでしょう・・。






■焼き焼き、上カルビ
f0232060_1148408.jpgステーキを焼いている感じですね。味も最高!!
by meshi-quest | 2008-07-22 11:46 | 上野・浅草
実は、浅草に行きたい理由があった。

「浅草花やしき」にあるという、未だ現役活躍中の「パンダカー」にどうしても乗りたかったのだ。


パンダカー。

そう、アレである。

皆さんの頭に思い描かれている、100円玉で動くパンダの乗り物である。


この乗り物はスゴイ。

「パンダに会いたい」
「パンダに乗りたい」
「あわよくば、パンダを自由自在に操りたい」
というパンダ三大欲求を忠実にワンコインで再現している。

素晴らしい。
極上の癒し系エンターテイメントだ。


私の子供の頃はそれこそ「ファミリー向けデパート」がいっぱいあって、その屋上には簡易遊園地とパンダカーがあったものだが、子供自体も数が減ったせいか、ファミリー向け総合デパートも町から消え、併せて「デパートの屋上」というものも無くなってきた。

そんな中、数年前、友人から「花やしきにパンダカーあるよ。」と聞き、ずっと恋い焦がれていた。


ついに魅惑の下町ワンダーランドへ!

いざ秘宝パンダカー!!




・・・・もうさ、最高。

パンダカー、最高!!!


帰宅後、早速、PCを立ち上げ、中古のパンダカーを探す。

いつだって、こういうことへの仕事は速い(笑)。

見つけた。
「パンダカー」は、「メロディーペット」という名称でちゃんと中古販売されていた。

気になるお値段、30万円。
重さ70kg、長さ1m45cm。

値段の前に、どこに置くんだ、コレ・・・。

落ち着け、自分。

欲しい気持ちは、重々分かるぞ。

冷静に・・・冷静に・・・。


こうして喉から手が5本くらい出た状態で、今回の購入は見送り、「将来、絶対、パンダカーを家に買ってやる!」と心に誓って、中古販売ページを閉じた。








■今日のカメ

■パンダカー
f0232060_11403867.jpg愛くるしい、かわいい顔してますね~。










■パンダカーに乗る①
f0232060_11405244.jpg念願のパンダカーに乗り、超上機嫌の図。
花やしきにはパンダカーが2台あり、こっちは大きい方。1回200円。









■パンダカーに乗る②
f0232060_1141169.jpg2回乗りました。どの写真見ても、超笑顔。どんだけ嬉しかったんだろ、わたし(笑)。
by meshi-quest | 2008-07-04 11:39 | 上野・浅草
数年ぶりに浅草へ行った。


最後に行ったのは、いつだったか。
確か、数年前のお正月に浅草寺へお参りしたのが最後だったっけ。


この町は素敵だ。

博物館のようにきれいに古き良き町並みが残りつつ、ちゃんとそれらが息をして、今も生きている。


浅草へ来ると、テンションが上がる。

この、いい意味で「観光地」っぽい雰囲気がすごく好き。

東京に居ながら、ちょっとどこかへ旅行に行ったかのような気にさせてくれる。

普段の休日より数倍得をしたような、いっぱい遊んだような気になる。


ありがとう、浅草。








■今日のカメ

■雷門(昼)
f0232060_11425851.jpg普通に撮っていたのですが、なぜか昼の雷門の写真だけ、こんな色で撮れてしまいました。心霊現象(苦笑)?









■雷門(夜)
f0232060_1143651.jpg夜の雷門。個人的には、夜の方が暗闇に真っ赤な巨大提灯が映え、幻想的で好きです。








■浅草のランドマークビル
f0232060_11431381.jpg5年前くらいまで、本気で「金のうんこ」=「金運」という意味のありがたいビルと信じていました(苦笑)。

ちなみに、このアサヒビールビルのオブジェは、「炎のオブジェ」といい、「躍進するアサヒビールの心」を表しているものらしいです。建築者は、このコラムでも以前「バカラグラス」の話で紹介したフィリップ・スタルク氏。


■仲見世
f0232060_11432640.jpg浅草寺へまっすぐに続く仲見世通り。参拝客、観光客、買い物客、たくさんの人で賑わっていました。











■浅草寺入り口
f0232060_11434012.jpg今年の10月、浅草寺本堂落慶50周年を記念して、本堂の記念開帳があるようです。その看板が大きく掲げられていました。









■浅草寺境内①
f0232060_11443259.jpgお参りできないほどではないですが、すごい人でした。










■浅草寺境内②
f0232060_11444099.jpg正面から見た浅草寺。今年は厄年なんで(苦笑)、いつもより丁寧にお参りさせていただきました。








■五重塔
f0232060_11445067.jpg本堂のすぐ隣にある五重塔。










■大吉!!
f0232060_11445928.jpgおみくじ、大吉でした。ありがたや。おみくじの通し番号がバレないように端っこだけ。









■浅草の町①
f0232060_1145833.jpg昼間からオープンしている飲み屋さんがいっぱい。










■浅草の町②
f0232060_11451679.jpgおシャレに言うと「オープンテラス」なんですかね(笑)。気持ち良さそうでした。特に、この日は蒸し暑かったので、ビール飲んで、すでに昼から出来上がっている人、多数。








■刀屋さん
f0232060_11453261.jpgこのコラムでも以前マイ・刀の写真を掲載しましたが、日本刀好きでして・・・、今回も刀屋さんにお邪魔しました。ちょうど、居合刀のセールやってて(笑)、よほど買おうかと思いましたが、「今日買わんでもいいだろ・・・」という心の声により、思いとどまりました。








■小判
f0232060_1145425.jpg 刀は思いとどまれたんですが、なぜか小判はどうしても欲しくなってしまって、買っちゃいました(笑)。400円也。もちろんレプリカです。大きさを示すためにペンと一緒に撮影してみました。どうも、無駄であればあるほど、欲しくなる魔力が強い(笑)。
by meshi-quest | 2008-07-03 11:41 | 上野・浅草
プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ