カテゴリ:有楽町線その他( 13 )









新富町にある鮨の名店「はしもと」で昼から鮨のフルコース。


常連さんのグルメ会で、通常はランチ営業していないが、


特別に貸し切り対応をしていただいた。


f0232060_1395889.jpg


f0232060_1310216.jpg


f0232060_1310544.jpg











美味しいつまみとにぎりで、昼から日本酒が止まらないw。


つまみでは、浜松のすっぽんの時雨煮を使った混ぜご飯と、おおめますの焼き物、


にぎりでは、アジと、エビと、ウニが印象的で、美味しかったなあ・・・。






ほろ酔い気分の優雅な昼下がり。


贅沢をさせてもらった。


f0232060_13193121.jpg


f0232060_13193436.jpg


f0232060_1319372.jpg


f0232060_13194031.jpg


f0232060_1319555.jpg


f0232060_13195815.jpg


f0232060_1320121.jpg


f0232060_1320813.jpg


f0232060_13201221.jpg


f0232060_13201721.jpg









■「鮨 はしもと」
https://tabelog.com/tokyo/A1313/A131301/13176638/










■今日のカメ

■「鮨はしもと」
f0232060_1395889.jpg
有楽町線「新富町駅「」から徒歩5分ほど。通常は昼はやってませんが、今日は特別貸し切り。









■店内の様子
f0232060_132423.jpg
カウンターのみ10席ほど。気さくで話が面白い大将との距離が近く、アットホームな雰囲気。









■テーブルセット
f0232060_13252535.jpg
テーブルセットはこんな感じ。









■日本酒
f0232060_13255127.jpg
広島県相原酒造「うごのつき」。暑い時期にサラッといただける飲みやすい日本酒。









■1品目
f0232060_13193121.jpg
宮城県のまこがれい。










■2品目
f0232060_1328438.jpg
アオリイカ。









■3品目
f0232060_13283419.jpg
カツオ。









■4品目
f0232060_13285929.jpg
桜エビの茶碗蒸し。出汁が効いてて、エビの香りもよく、めちゃくちゃ美味しい。









■5品目
f0232060_13193436.jpg
浜松で養殖されているすっぽんを使った時雨煮の混ぜご飯。やや濃いめのたれで味付けされてて、いい味。これも日本酒が進む。








■6品目
f0232060_1319372.jpg
あん肝としゃこ。









■7品目
f0232060_1333927.jpg
おおめます(時しゃけ)の焼き物。これもとても美味しい。すごく脂が乗ってて、日本酒が進む味。








■8品目
f0232060_13334051.jpg
こはだ。









■9品目
f0232060_13341441.jpg
まだい。









■10品目
f0232060_13343825.jpg
沖縄のまぐろ。









■11品目
f0232060_1335169.jpg
いさき。









■12品目
f0232060_1319555.jpg
アジ。









■13品目
f0232060_13195815.jpg
沖縄のまぐろの中トロ。









■14品目
f0232060_1320121.jpg
車海老。甘味あって、すごく美味しい。









■ウニ箱、登場!
f0232060_1320813.jpg
ウニのトップブランド「はだてのウニ」。









■15品目
f0232060_13201221.jpg
口の中でフワッととろけるウニ。









■16品目
f0232060_13392482.jpg
キンメの炙り。









■17品目
f0232060_13201721.jpg
穴子。フワッとしてて、美味しい穴子です。









■18品目
f0232060_13404286.jpg
たまご。









■19品目
f0232060_1341847.jpg
しじみのお椀。








私のラーメン師匠と、本業のゲームのお仕事の打ち合わせ。


終わりは、当然ラーメン。


意外とラーメン店の多い麹町で人気の「ソラノイロ」へ。


f0232060_146478.jpg

































サイドメニューも豊富で、仕事帰りにちょっと友達と飲みながら、


つまみも食べながら、ラーメンも食べれるようなお店。


オーソドックスに醤油ラーメンをいただく。


「の」の字のなるとがかわいらしい。


誰にも嫌われないような、とても食べやすい醤油ラーメン。



f0232060_1484710.jpg























f0232060_149875.jpg

































こっちはあっさり好きの師匠が頼んだ塩。


塩ラーメンも薄すぎず、濃すぎずで、ちょうどいい塩梅。


上にかかっている柚子の香りもいい。


f0232060_1494437.jpg



































子供の頃のラーメンと言えば、家族で行く町の中華屋くらいだったけど、


最近は、友人や、彼氏彼女とも行けるような


オシャレで美味しいラーメン屋が増えたなあ。







■「ソラノイロ」
http://soranoiro.tokyo/
















子供の頃から、海老がものすごく好きで、


三つ子の魂百までとはよく言ったもので、


あんなに積極的に摂取してきたのに、大人になっても飽きずに、今も大好きだ。










そんな私に前菜からメインまですべてを海老にする、


海老尽くしコースをやってくれるということで、


お店の常連さんと共に「東京チャイニーズ 一凛」さんにて海老ディナーを敢行。


ちなみに、オール海老というオーダーをもらったのは、


さすがに「一凛」さんも初めて、とのこと(笑)。


f0232060_11333297.jpg


































本当に1品目の前菜からガッツリ海老スタートで、


まずは、ボタン海老の紹興酒漬け。


いわゆる「酔っ払い海老」だが、海老も甘くて、こっちが酔ってしまいそうな絶品!


f0232060_11374633.jpg






























ここから怒涛の海老料理が次々と出てきて、


車海老、川海老、白海老、桜えび、えび餃子にえびワンタンと、


甲殻機動隊垂涎の海老コースだった。


f0232060_11404757.jpg























f0232060_11411919.jpg























f0232060_1141418.jpg























f0232060_11423685.jpg























f0232060_11425613.jpg























f0232060_11432023.jpg

































メインディッシュは、伊勢海老


なんとフカヒレの姿煮が同居してて(笑)、


どちらもピンで立てるほどの大物なのに、すごいユニット料理になってた。


f0232060_114523.jpg


































今回、どの海老料理も驚きや発見が多く、とても美味しかったのだが、


中でも、目の前で生の「酔っ払い海老」作りを見れたのが貴重だった。


活きた海老をそのまま紹興酒に入れて、文字通り酔っぱらわせるのだが、


これを目の前で見れるとは思わなかったので、感慨深げ。


f0232060_11492892.jpg























f0232060_11495173.jpg























f0232060_115172.jpg























f0232060_11513042.jpg































ふと、瓶の中で海老が狂ったように跳ねる様子を見て、


「ああ、お酒飲んだ時は気を付けよう」など、反省してみたり・・・。


こんなに暴れたりはしないけど(笑)。








■「東京チャイニーズ 一凛」
http://www.whaves.co.jp/ichirin/








■今日のカメ

■「一凛」
f0232060_11333297.jpg有楽町線「新富町駅」から徒歩2分ほど。路地裏にあります。

本日は半個室にて、海老尽くしの特別コースです。







■お酒①
f0232060_11574158.jpg福島県喜多の華酒造の貴醸酒で乾杯。

日本酒なのですが、紹興酒を甘くしたような、甘めの白ワインを飲んでるようなそんなお酒です。







■1品目
f0232060_11374633.jpgボタン海老の紹興酒漬け。いわゆる「酔っ払い海老」。

甘いボタン海老に紹興酒が染み込んでて、絶品でした。






■「酔っ払い海老」作り①
f0232060_11492892.jpg前菜のボタン海老の酔っ払い海老ではなく、今度は車海老を使って、酔っ払い海老を作ります。

大きなガラス瓶の中に、紹興酒が入ってます。







■「酔っ払い海老」作り②
f0232060_11495173.jpgまだ生きている活きの良い車海老です。










■「酔っ払い海老」作り③
f0232060_115172.jpg写真だと分かりにくいのですが、10分以上、瓶の中で海老が大暴れしています。









■「酔っ払い海老」作り④
f0232060_1231791.jpgしばらくすると、泡が出てきて、静かになりました。









■土鍋、登場!
f0232060_124378.jpgアツアツに熱した土鍋の中に、先ほどの酔っ払い海老をいれます。









■赤くなった!
f0232060_125379.jpg蓋をしてしばらくすると、いい香りと共に、紹興酒漬けの車海老料理が完成。









■2品目
f0232060_1263995.jpg先ほどの酔っ払い車海老は、特製ソースとパクチーでさっぱりといただきます。









■3品目
f0232060_11404757.jpg白エビのから揚げ。

ほんのり塩が効いてて、お酒に合う味。








■4品目
f0232060_11411919.jpg川エビのから揚げ。










■5品目
f0232060_1295067.jpg車海老を丸ごと1匹使った贅沢なエビ餃子。










■6品目
f0232060_114523.jpg伊勢海老とフカヒレの姿煮。初めて食べる組み合わせですが、こんなコンパクトな皿の中に大物女優級が2人もw。

伊勢海老も、フカヒレも、すごく美味しかったです。





■お酒②
f0232060_12124877.jpg「華の貴婦人」というお酒。甘めの紹興酒っぽい感じ。飲みやすくて美味しい。









■7品目
f0232060_12145745.jpg車海老の四川風炒め。少し辛め。










■8品目
f0232060_1215502.jpg桜えびと、たけのこと、スナップエンドウの塩炒め。春の食材を集めた一品。









■9品目
f0232060_12165723.jpg〆は、海老ワンタンがたっぷり入ったわんたん麺。










■10品目
f0232060_12173524.jpgデザートは杏仁豆腐。さすがに、デザートは海老じゃなかったですw。









ミシュランガイド東京にて4年連続1ツ星獲得した、


麹町のうなぎの名店「うなぎ 秋本」でランチ。


f0232060_21285038.jpg























f0232060_21292412.jpg






























東京の真ん中で、


打ち合わせの途中であることも忘れてしまいそうな静かな空間で、


うなぎと私だけの時間が流れる。


f0232060_21333716.jpg























f0232060_21335863.jpg































ちなみに、うな丼とうな重があって、


うな重を頼むと、こういうことになる。


いわゆる「うな重」だと思っていた人は、要注意。


f0232060_21331357.jpg






























■「うなぎ 秋本」
http://www.unagi-akimoto.com/










■今日のカメ

■「うなぎ 秋本」
f0232060_21285038.jpg有楽町線「麹町駅」から徒歩2分ほど。日本家屋の一軒家がお店です。









■店内の様子
f0232060_21292412.jpg小さな中庭があり、静かで落ち着いた雰囲気でうなぎが食べれます。









■うな重(竹)
f0232060_21372514.jpgうな重(竹)2900円です。椀ものは別料金。

ちなみに、うな重は、松、竹、梅、鶴と4段階のランクになってます。







■1箱目、開けてみた
f0232060_21333716.jpg1箱目を開けると、こんな感じでうなぎが2枚現れます。









■2箱目、開けてみた
f0232060_21331357.jpg2箱目には、ご飯が入っています。

よくある、すでにご飯の上にうなぎが乗っているうな重ではなく、うなぎとご飯は別になっています。







■うなぎ、アップ
f0232060_21335863.jpgやわらかく、食べやすく、とても美味しいうなぎです。たれも好み。









■香の物
f0232060_2142261.jpg塩加減がちょうどよく、美味しい香の物。数種乗っているので、食べ飽きない。









■赤だし
f0232060_21413286.jpg別料金の赤だしですが、この赤だし、めちゃくちゃ美味しいです。今まで食べた赤だしで一番かも。








暑くなると、カレーが食べたくなるのは必然


たまたま今、私が麹町にいるのは偶然


そして、そのままインドカレーの名店「アジャンタ」に向かうのは宿命



f0232060_1425461.jpg























f0232060_14261953.jpg
































今日は、チキンマッカーニとサグマトン。


この蒸し暑い日に、ちゃんと喉を通ってくれる、


スパイシーで美味しいカレーだった。


f0232060_14295315.jpg























f0232060_14301291.jpg























f0232060_14304684.jpg

































そして、カレーもさることながら、


夏のこの時期に、ぜひおすすめしたいのが、トマトスープ


f0232060_14314096.jpg






























一見すると、普通のトマトスープに見えるが、


甘味、酸味、スパイス、すべてのバランスが完璧。


今まで飲んだトマトスープの中で、一番美味しかったかも。







■「アジャンタ」
http://www.ajanta.com/











■今日のカメ

■「アジャンタ」
f0232060_1425461.jpg有楽町線「麹町駅」番町出口から徒歩30秒ほど。日本テレビの近くにあります。









■店内の様子
f0232060_14261953.jpg1階と2階があり、席数は多め。2階が禁煙席。










■ランチサラダ
f0232060_14361433.jpgサラダ、スープ、カレー2種、ナン、デザート、ドリンクが付く「Cセット」(2060円)にしました。

ランチサラダ。コールスロー。







■ランチスープ
f0232060_14314096.jpgスープは、2種から選べますが、トマトスープがおすすめ。めちゃくちゃ美味しい!









■チキンマッカーニ
f0232060_14295315.jpg「チキンマッカーニ」という、バターチキンカレーに似た甘めのカレー。まろかやで、クリーミー。好きな味。








■サグマトン
f0232060_14301291.jpgほうれん草とマトンのカレー。辛さはやや辛。マトンも美味しい。









■ライス
f0232060_1439337.jpgCセットは、ナンかライスを選ぶのではなく、どちらも付いてきます。

個人的には、断然、カレーはライス派。







■ナン
f0232060_14304684.jpg大きくて、出来立ての美味しいナンも付いてきます。ほのかな甘みがあり、絶品。

このまま食べるのは好きなんだけど、やっぱりカレーと食べるのは、ご飯がいい。






■飲み物
f0232060_14412094.jpg数種の中から選べます。これは、ラッシー。甘さ控えめ、やや酸味のあるラッシーです。









■デザート
f0232060_14421751.jpgデザートはシナモンアイスでした。









麹町で打ち合わせがあるたびに、


いつも「二代目つじ田」の大行列を眺めながら、現場に向かう。










いつものように、「つじ田」を横目に向おうとしていたところ、


今日は、やけに列が少ない。


というか、ちょうど客の切れ目に当たったのか、すぐ入れそう。


きっと、つけ麺の神様が私を呼んでいるのだろう。


f0232060_1131104.jpg
























f0232060_11313251.jpg

































ただ、まだつけ麺の神様と私の対話が足りないのか、


残念ながら、私の好きなタイプのつけ麺ではなかった、麺も、スープも。


魚介が強くて、醤油も強い。


決してまずいわけじゃないんだけど、やっぱり「えん寺」の方が好き。


f0232060_11372450.jpg























f0232060_11375954.jpg

































■「めん徳 二代目つじ田」
http://www.nidaime-tsujita.co.jp/











■今日のカメ

■「二代目つじ田」
f0232060_1131104.jpg有楽町線「麹町駅」から徒歩1分ほど。

ランチのピーク過ぎても、いつも行列が出来てます。







■店内の様子
f0232060_11415326.jpg店内はカウンターのみ。かなり狭くて、席数も少なめです。ゆっくり食べる感じではないかな。









■濃厚特製つけ麺
f0232060_11313251.jpg濃厚特製つけ麺。全部入り。










■スープ、アップ
f0232060_11372450.jpg濃さはいいのですが、私にはちょっとしょっぱかったかな。あと、魚介と醤油が強く感じられた。

チャーシューがかなりいっぱい入ってましたが、うーん、そんなに美味しくなかったかな。






■麺、アップ
f0232060_11375954.jpgこれは、完全に好みの問題なのですが、白くてツルツルしたうどんっぽい麺よりも、ちょっとザラザラしたような野性味ある麺の方が好き。








最近仕事の関係で、よく麹町へ行く。









「麹町カフェ」でキングオブプリンに出会って以来、


雰囲気も良く、料理も美味しいので、多用させてもらっている。









今日は、打ち合わせ予定時刻よりも


ちょっと早く着いちゃったので、ランチがてらトマトパスタを。


トマトの味がしっかりしていて、パスタの茹で加減もいい。


美味しいパスタだった。


f0232060_1911583.jpg































■「麹町カフェ」
http://www.kojimachi-cafe.com/









■今日のカメ

■「麹町カフェ」
f0232060_19114418.jpg半蔵門線「半蔵門駅から徒歩1分、有楽町線「麹町駅」からも徒歩5分くらいです。

席の間隔が離れていて、ゆったりしているので、過ごしやすいカフェです。






■カフェオレ
f0232060_19124025.jpgホットのカフェオレ。










■トマトパスタ
f0232060_19131710.jpgランチの時間は過ぎてしまったので、カフェタイムメニューから単品のほうれん草と海老のトマトパスタ。

トマトの味がしっかりしていて、美味しいパスタでした。





■パン
f0232060_19143182.jpgパスタには、小さなパンが付いてきます。







仕事で麹町によく行くようになった。









しかし、何にもないなな、麹町・・・(泣)。


オフィス街というか、チェーン店とかはあるんだけど、


触手が動くようなものがなかなか見つからない。









というわけで、せっせと時間ある時には、


メシクエストをしていたわけだが、


おお、あるじゃん!美味しそうなベーカリーカフェ!!


f0232060_133654100.jpg






























店内もおしゃれで、地下に落ち着くイートインスペースもある。


f0232060_13374964.jpg































パンはもちろんのこと、キッシュやバーガー、


ケーキやスープも揃ってて、すごく便利。


f0232060_13385746.jpg























f0232060_13391880.jpg























f0232060_13394118.jpg





























1点、キッシュが冷めていて、


キノコクリーム部分が硬くなってたのが残念だけど、


種類豊富で、また違うパンも試してみたくなるカフェだった。








■「TiMi ティミ」
http://timitag.com/










■今日のカメ

■「ティミ」
f0232060_133654100.jpg有楽町線「麹町駅」から徒歩10分ほど。路地裏にあり、ちょっと駅からは離れています。









■店内の様子①
f0232060_13444958.jpg地下がイートインスペース兼工房になっていて、パンを作っている様子を見ることができます。









■店内の様子②
f0232060_13374964.jpgおしゃれな店内で、静かで落ち着きます。










■テーブルセット
f0232060_13462335.jpg基本はセルフサービス。この中にカラトリーやナプキンが入っています。









■キノコのキッシュ
f0232060_13471590.jpgアツアツの方がきっと美味しかったのだろうな、という感じ。ちょっと硬かった。









■キノコのスープ
f0232060_13391880.jpgスープは美味しくできていました。パン一緒に、スープも飲めるのが嬉しい。








そろそろ冬も終わるので、冬を名残惜しむかのように、


「江戸肉割烹 ささや」で鶏すき鍋をば。









ここのお店の雰囲気が大好きで、


大正モダンというか、はいからさんが通るというか、すごく気に入っている。


f0232060_13514446.jpg























f0232060_13525185.jpg























f0232060_13533145.jpg

































こんな素敵な空間でいただく和食のフルコース。


牡丹肉(猪)に、紅葉肉(鹿)に、


残念ながら「蝶」は食べれないけど(笑)、


牛肉も、鶏肉も加わった、豪華絢爛の猪鹿蝶。


f0232060_13545641.jpg
























f0232060_13552395.jpg
























f0232060_13564926.jpg
































そして、メインは、鶏すき鍋


f0232060_13575016.jpg























f0232060_13581195.jpg































〆は、当然、割り下を使った親子ご飯


f0232060_13585941.jpg
































ああ、幸せ。


こんなところにデートの予約してくれてたら、舞い上がっちゃうだろうなあー。








■「江戸肉割烹 ささや」
http://www.niku-kappo.com/top.html










■今日のカメ

■「江戸肉割烹ささや」
f0232060_13514446.jpg有楽町線「新富町駅」から徒歩1分ほど。

駅からは近いのですが、ちょっと変な細い路地裏にあって、迷う人多数。







■玄関
f0232060_13525185.jpg趣のある素敵な玄関。










■店内の様子①
f0232060_13533145.jpgテーブルとカウンター。席の間隔がゆったりしていて、プライベート感が保たれています。

ここは、予約しておいた一番端の中庭の見える席。







■店内の様子②
f0232060_1441924.jpg落ち着いた雰囲気で、仕事の会食でも、デートや女子同士でも使えます。あまり大人数には向かないかな。








■テーブルセット
f0232060_1453749.jpgテーブルセットはこんな感じ。

今日は、鶏すき鍋のコースにしました。








■1品目
f0232060_13545641.jpg「蕪の鴨射込み 木の芽餡」です。

蕪をくり抜いた中に、鴨のミンチが入っています。上品な優しい味。







■ゆず酒
f0232060_148116.jpg日本酒かワインいきたいところだったのですが、最近飲みすぎなので、休肝気味で、ゆず酒。









■2品目
f0232060_1412252.jpg「会津桜肉」、新鮮な馬肉です。










■桜肉、アップ
f0232060_13552395.jpg桜のような美しい色をしています。柔らかくて、とても美味しい。









■3品目
f0232060_13564926.jpg紅葉肉(鹿肉)と牛肉の炉端焼き盛り合わせです。










■鹿、アップ
f0232060_14155895.jpg和歌山県田辺町の紅葉肉(鹿肉)です。










■牛、アップ
f0232060_1417142.jpg群馬県赤城牛のバラ肉です。










■4品目
f0232060_14175165.jpg和歌山県田辺町の牡丹肉(イノシシ肉)の養老蒸しです。上の白いものは長いものすりおろしです。









■すき焼き鍋、登場。
f0232060_14221716.jpgいよいよ炭の入った鉢と、すき焼き鍋が登場。鍋はスタッフの方が丁寧に作ってくれます。









■鍋の具
f0232060_13575016.jpg特上鶏もも肉、むね肉、つくねをはじめ、江戸菜、滝野川牛蒡など、珍しい野菜も多数。









■5品目
f0232060_13581195.jpg鶏すき鍋、完成です。










■たまご
f0232060_1425575.jpg濃厚な宮川鶏卵につけていただきます。










■6品目
f0232060_13585941.jpg特製の親子丼。しっかりと濃いめの味が染みてて、めちゃくちゃ美味しい。









■7品目
f0232060_14263894.jpg築地「安達屋」の豆乳を使った豆乳汁。中に寒天が入っているサッパリとしたデザートです。








硬さ、形、量、甘さ、カスタードとカラメルのバランス、


すべてにおいて、ほぼ完璧のプリンに出会った・・・。



f0232060_1843366.jpg
































派手さはないけど、普通にちゃんと美味しいプリン。


プリンらしいプリン。


キングオブプリン!



f0232060_1854835.jpg





























■「麹町カフェ」
http://www.kojimachi-cafe.com/










■今日のカメ

■「麹町カフェ」
f0232060_18101363.jpg半蔵門線「半蔵門駅から徒歩1分、有楽町線「麹町駅」からも徒歩5分くらいです。









■店内の様子
f0232060_1813537.jpg席数も多く、静かで落ち着く店内。

プライベートで本読んだり、仕事で打ち合わせもしやすい感じ。







■カフェオレ
f0232060_18144440.jpgコップにスプーンが密着しているカフェオレ。










■カスタードプリン
f0232060_1843366.jpgすごくクラッシックな王道プリン。かなり好きな味。
プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ