カテゴリ:有楽町線その他( 10 )










ミシュランガイド東京にて4年連続1ツ星獲得した、


麹町のうなぎの名店「うなぎ 秋本」でランチ。


f0232060_21285038.jpg























f0232060_21292412.jpg






























東京の真ん中で、


打ち合わせの途中であることも忘れてしまいそうな静かな空間で、


うなぎと私だけの時間が流れる。


f0232060_21333716.jpg























f0232060_21335863.jpg































ちなみに、うな丼とうな重があって、


うな重を頼むと、こういうことになる。


いわゆる「うな重」だと思っていた人は、要注意。


f0232060_21331357.jpg






























■「うなぎ 秋本」
http://www.unagi-akimoto.com/










■今日のカメ

■「うなぎ 秋本」
f0232060_21285038.jpg有楽町線「麹町駅」から徒歩2分ほど。日本家屋の一軒家がお店です。









■店内の様子
f0232060_21292412.jpg小さな中庭があり、静かで落ち着いた雰囲気でうなぎが食べれます。









■うな重(竹)
f0232060_21372514.jpgうな重(竹)2900円です。椀ものは別料金。

ちなみに、うな重は、松、竹、梅、鶴と4段階のランクになってます。







■1箱目、開けてみた
f0232060_21333716.jpg1箱目を開けると、こんな感じでうなぎが2枚現れます。









■2箱目、開けてみた
f0232060_21331357.jpg2箱目には、ご飯が入っています。

よくある、すでにご飯の上にうなぎが乗っているうな重ではなく、うなぎとご飯は別になっています。







■うなぎ、アップ
f0232060_21335863.jpgやわらかく、食べやすく、とても美味しいうなぎです。たれも好み。









■香の物
f0232060_2142261.jpg塩加減がちょうどよく、美味しい香の物。数種乗っているので、食べ飽きない。









■赤だし
f0232060_21413286.jpg別料金の赤だしですが、この赤だし、めちゃくちゃ美味しいです。今まで食べた赤だしで一番かも。








暑くなると、カレーが食べたくなるのは必然


たまたま今、私が麹町にいるのは偶然


そして、そのままインドカレーの名店「アジャンタ」に向かうのは宿命



f0232060_1425461.jpg























f0232060_14261953.jpg
































今日は、チキンマッカーニとサグマトン。


この蒸し暑い日に、ちゃんと喉を通ってくれる、


スパイシーで美味しいカレーだった。


f0232060_14295315.jpg























f0232060_14301291.jpg























f0232060_14304684.jpg

































そして、カレーもさることながら、


夏のこの時期に、ぜひおすすめしたいのが、トマトスープ


f0232060_14314096.jpg






























一見すると、普通のトマトスープに見えるが、


甘味、酸味、スパイス、すべてのバランスが完璧。


今まで飲んだトマトスープの中で、一番美味しかったかも。







■「アジャンタ」
http://www.ajanta.com/











■今日のカメ

■「アジャンタ」
f0232060_1425461.jpg有楽町線「麹町駅」番町出口から徒歩30秒ほど。日本テレビの近くにあります。









■店内の様子
f0232060_14261953.jpg1階と2階があり、席数は多め。2階が禁煙席。










■ランチサラダ
f0232060_14361433.jpgサラダ、スープ、カレー2種、ナン、デザート、ドリンクが付く「Cセット」(2060円)にしました。

ランチサラダ。コールスロー。







■ランチスープ
f0232060_14314096.jpgスープは、2種から選べますが、トマトスープがおすすめ。めちゃくちゃ美味しい!









■チキンマッカーニ
f0232060_14295315.jpg「チキンマッカーニ」という、バターチキンカレーに似た甘めのカレー。まろかやで、クリーミー。好きな味。








■サグマトン
f0232060_14301291.jpgほうれん草とマトンのカレー。辛さはやや辛。マトンも美味しい。









■ライス
f0232060_1439337.jpgCセットは、ナンかライスを選ぶのではなく、どちらも付いてきます。

個人的には、断然、カレーはライス派。







■ナン
f0232060_14304684.jpg大きくて、出来立ての美味しいナンも付いてきます。ほのかな甘みがあり、絶品。

このまま食べるのは好きなんだけど、やっぱりカレーと食べるのは、ご飯がいい。






■飲み物
f0232060_14412094.jpg数種の中から選べます。これは、ラッシー。甘さ控えめ、やや酸味のあるラッシーです。









■デザート
f0232060_14421751.jpgデザートはシナモンアイスでした。









麹町で打ち合わせがあるたびに、


いつも「二代目つじ田」の大行列を眺めながら、現場に向かう。










いつものように、「つじ田」を横目に向おうとしていたところ、


今日は、やけに列が少ない。


というか、ちょうど客の切れ目に当たったのか、すぐ入れそう。


きっと、つけ麺の神様が私を呼んでいるのだろう。


f0232060_1131104.jpg
























f0232060_11313251.jpg

































ただ、まだつけ麺の神様と私の対話が足りないのか、


残念ながら、私の好きなタイプのつけ麺ではなかった、麺も、スープも。


魚介が強くて、醤油も強い。


決してまずいわけじゃないんだけど、やっぱり「えん寺」の方が好き。


f0232060_11372450.jpg























f0232060_11375954.jpg

































■「めん徳 二代目つじ田」
http://www.nidaime-tsujita.co.jp/











■今日のカメ

■「二代目つじ田」
f0232060_1131104.jpg有楽町線「麹町駅」から徒歩1分ほど。

ランチのピーク過ぎても、いつも行列が出来てます。







■店内の様子
f0232060_11415326.jpg店内はカウンターのみ。かなり狭くて、席数も少なめです。ゆっくり食べる感じではないかな。









■濃厚特製つけ麺
f0232060_11313251.jpg濃厚特製つけ麺。全部入り。










■スープ、アップ
f0232060_11372450.jpg濃さはいいのですが、私にはちょっとしょっぱかったかな。あと、魚介と醤油が強く感じられた。

チャーシューがかなりいっぱい入ってましたが、うーん、そんなに美味しくなかったかな。






■麺、アップ
f0232060_11375954.jpgこれは、完全に好みの問題なのですが、白くてツルツルしたうどんっぽい麺よりも、ちょっとザラザラしたような野性味ある麺の方が好き。








最近仕事の関係で、よく麹町へ行く。









「麹町カフェ」でキングオブプリンに出会って以来、


雰囲気も良く、料理も美味しいので、多用させてもらっている。









今日は、打ち合わせ予定時刻よりも


ちょっと早く着いちゃったので、ランチがてらトマトパスタを。


トマトの味がしっかりしていて、パスタの茹で加減もいい。


美味しいパスタだった。


f0232060_1911583.jpg































■「麹町カフェ」
http://www.kojimachi-cafe.com/









■今日のカメ

■「麹町カフェ」
f0232060_19114418.jpg半蔵門線「半蔵門駅から徒歩1分、有楽町線「麹町駅」からも徒歩5分くらいです。

席の間隔が離れていて、ゆったりしているので、過ごしやすいカフェです。






■カフェオレ
f0232060_19124025.jpgホットのカフェオレ。










■トマトパスタ
f0232060_19131710.jpgランチの時間は過ぎてしまったので、カフェタイムメニューから単品のほうれん草と海老のトマトパスタ。

トマトの味がしっかりしていて、美味しいパスタでした。





■パン
f0232060_19143182.jpgパスタには、小さなパンが付いてきます。







仕事で麹町によく行くようになった。









しかし、何にもないなな、麹町・・・(泣)。


オフィス街というか、チェーン店とかはあるんだけど、


触手が動くようなものがなかなか見つからない。









というわけで、せっせと時間ある時には、


メシクエストをしていたわけだが、


おお、あるじゃん!美味しそうなベーカリーカフェ!!


f0232060_133654100.jpg






























店内もおしゃれで、地下に落ち着くイートインスペースもある。


f0232060_13374964.jpg































パンはもちろんのこと、キッシュやバーガー、


ケーキやスープも揃ってて、すごく便利。


f0232060_13385746.jpg























f0232060_13391880.jpg























f0232060_13394118.jpg





























1点、キッシュが冷めていて、


キノコクリーム部分が硬くなってたのが残念だけど、


種類豊富で、また違うパンも試してみたくなるカフェだった。








■「TiMi ティミ」
http://timitag.com/










■今日のカメ

■「ティミ」
f0232060_133654100.jpg有楽町線「麹町駅」から徒歩10分ほど。路地裏にあり、ちょっと駅からは離れています。









■店内の様子①
f0232060_13444958.jpg地下がイートインスペース兼工房になっていて、パンを作っている様子を見ることができます。









■店内の様子②
f0232060_13374964.jpgおしゃれな店内で、静かで落ち着きます。










■テーブルセット
f0232060_13462335.jpg基本はセルフサービス。この中にカラトリーやナプキンが入っています。









■キノコのキッシュ
f0232060_13471590.jpgアツアツの方がきっと美味しかったのだろうな、という感じ。ちょっと硬かった。









■キノコのスープ
f0232060_13391880.jpgスープは美味しくできていました。パン一緒に、スープも飲めるのが嬉しい。








そろそろ冬も終わるので、冬を名残惜しむかのように、


「江戸肉割烹 ささや」で鶏すき鍋をば。









ここのお店の雰囲気が大好きで、


大正モダンというか、はいからさんが通るというか、すごく気に入っている。


f0232060_13514446.jpg























f0232060_13525185.jpg























f0232060_13533145.jpg

































こんな素敵な空間でいただく和食のフルコース。


牡丹肉(猪)に、紅葉肉(鹿)に、


残念ながら「蝶」は食べれないけど(笑)、


牛肉も、鶏肉も加わった、豪華絢爛の猪鹿蝶。


f0232060_13545641.jpg
























f0232060_13552395.jpg
























f0232060_13564926.jpg
































そして、メインは、鶏すき鍋


f0232060_13575016.jpg























f0232060_13581195.jpg































〆は、当然、割り下を使った親子ご飯


f0232060_13585941.jpg
































ああ、幸せ。


こんなところにデートの予約してくれてたら、舞い上がっちゃうだろうなあー。








■「江戸肉割烹 ささや」
http://www.niku-kappo.com/top.html










■今日のカメ

■「江戸肉割烹ささや」
f0232060_13514446.jpg有楽町線「新富町駅」から徒歩1分ほど。

駅からは近いのですが、ちょっと変な細い路地裏にあって、迷う人多数。







■玄関
f0232060_13525185.jpg趣のある素敵な玄関。










■店内の様子①
f0232060_13533145.jpgテーブルとカウンター。席の間隔がゆったりしていて、プライベート感が保たれています。

ここは、予約しておいた一番端の中庭の見える席。







■店内の様子②
f0232060_1441924.jpg落ち着いた雰囲気で、仕事の会食でも、デートや女子同士でも使えます。あまり大人数には向かないかな。








■テーブルセット
f0232060_1453749.jpgテーブルセットはこんな感じ。

今日は、鶏すき鍋のコースにしました。








■1品目
f0232060_13545641.jpg「蕪の鴨射込み 木の芽餡」です。

蕪をくり抜いた中に、鴨のミンチが入っています。上品な優しい味。







■ゆず酒
f0232060_148116.jpg日本酒かワインいきたいところだったのですが、最近飲みすぎなので、休肝気味で、ゆず酒。









■2品目
f0232060_1412252.jpg「会津桜肉」、新鮮な馬肉です。










■桜肉、アップ
f0232060_13552395.jpg桜のような美しい色をしています。柔らかくて、とても美味しい。









■3品目
f0232060_13564926.jpg紅葉肉(鹿肉)と牛肉の炉端焼き盛り合わせです。










■鹿、アップ
f0232060_14155895.jpg和歌山県田辺町の紅葉肉(鹿肉)です。










■牛、アップ
f0232060_1417142.jpg群馬県赤城牛のバラ肉です。










■4品目
f0232060_14175165.jpg和歌山県田辺町の牡丹肉(イノシシ肉)の養老蒸しです。上の白いものは長いものすりおろしです。









■すき焼き鍋、登場。
f0232060_14221716.jpgいよいよ炭の入った鉢と、すき焼き鍋が登場。鍋はスタッフの方が丁寧に作ってくれます。









■鍋の具
f0232060_13575016.jpg特上鶏もも肉、むね肉、つくねをはじめ、江戸菜、滝野川牛蒡など、珍しい野菜も多数。









■5品目
f0232060_13581195.jpg鶏すき鍋、完成です。










■たまご
f0232060_1425575.jpg濃厚な宮川鶏卵につけていただきます。










■6品目
f0232060_13585941.jpg特製の親子丼。しっかりと濃いめの味が染みてて、めちゃくちゃ美味しい。









■7品目
f0232060_14263894.jpg築地「安達屋」の豆乳を使った豆乳汁。中に寒天が入っているサッパリとしたデザートです。








硬さ、形、量、甘さ、カスタードとカラメルのバランス、


すべてにおいて、ほぼ完璧のプリンに出会った・・・。



f0232060_1843366.jpg
































派手さはないけど、普通にちゃんと美味しいプリン。


プリンらしいプリン。


キングオブプリン!



f0232060_1854835.jpg





























■「麹町カフェ」
http://www.kojimachi-cafe.com/










■今日のカメ

■「麹町カフェ」
f0232060_18101363.jpg半蔵門線「半蔵門駅から徒歩1分、有楽町線「麹町駅」からも徒歩5分くらいです。









■店内の様子
f0232060_1813537.jpg席数も多く、静かで落ち着く店内。

プライベートで本読んだり、仕事で打ち合わせもしやすい感じ。







■カフェオレ
f0232060_18144440.jpgコップにスプーンが密着しているカフェオレ。










■カスタードプリン
f0232060_1843366.jpgすごくクラッシックな王道プリン。かなり好きな味。








築地近くで働いている知り合いからのおすすめで、


「江戸肉割烹 ささや」へ。













肉食獣である私に勧めてきたお店だけあって、通して「肉」がメイン。


「江戸肉割烹」の名前通り、炉や焼鉄を使って、肉を炭でじっくり焼き上げ、


「江戸甘」(味噌)や観音麩、築地豆腐など、江戸食材を料理に多用している。


なので、全体的に東京風というか、色も濃く、濃いめの味付け。













築地と言うと、どうしても築地市場が思い浮かび、


そこから繋がって、なんとなく魚料理や鮨が連想されてしまうのだが、


築地でガッツリお肉、しかも、夏に肉鍋ってのも、いいもんだ。













ジブリに出てきそうな和と現代が融合した日本家屋のおしゃれな一軒屋で、


雰囲気も良く、スタッフの接客も丁寧で、料理もどれも美味しかった。













家からはちょっと遠いのだが、


またぜひ伺わせていただきたいと思う。


雰囲気いいし、個室もあるから、


今度大切な人とこっそり来てみようっと。













■「江戸肉割烹 ささや」
http://www.niku-kappo.com/top.html

















■今日のカメ

■「江戸肉割烹ささや」
f0232060_17424524.jpg住所は築地で、大江戸線「築地市場駅」からも歩けますが、最寄り駅は有楽町線「新富町」。ここからなら徒歩1分ほど。

路地裏にある派手な日本家屋です。






■玄関
f0232060_1744949.jpg玄関入ると、すごいオブジェがお出迎え。紙で作られているそうです。

1階と2階があり、靴を脱いであがります。







■店内の様子
f0232060_17453452.jpg基本はテーブル席。2階に個室やテラス席もあります。

この日は満席で、炉端前のカウンター席になりましたが、ゆったりしていて、居心地が良かったです。






■テーブルセット
f0232060_17471821.jpgテーブルセットは、こんな感じ。鳳凰美田のゆず酒ロックで。









■先付
f0232060_17483764.jpgアラカルトもありますが、基本はコース注文になります。

まずは、先付。前菜3種の盛り合わせ。







■先付、アップ①
f0232060_17492168.jpg左が「蓮根の塩鶏金平」、右が「ズッキーニの当座煮射込み」です。

どちらも夏らしいさっぱりとした前菜。







■先付、アップ②
f0232060_17505785.jpg「山形県認定豚のずんだ和え」です。豚肉をずんだで和えた料理は初めて食べました。珍しい。

ずんだ、大好き。いい香り。







■お造り
f0232060_1756447.jpgお造りも、刺身ではなく、肉。会津産の桜肉(馬肉もも)です。









■桜肉、アップ
f0232060_17575411.jpg桜肉、美味しかった!高級なマグロの赤身を食べている感じ。









■炉端
f0232060_17585779.jpgコースの炉端料理3種盛りです。










■炉端アップ①
f0232060_180066.jpg馬ハラミ。やわらかくて、脂は少なめ、さっぱりとしている。美味しい。









■炉端アップ②
f0232060_1815719.jpg手前が南瓜麩、奥が鴨ロース。










■お好みで
f0232060_182255.jpg炉端肉に付けるものとして、山葵の醤油漬けと、神楽南蛮味噌が付いてきます。お好みで。









■炉端アラカルト①
f0232060_1832236.jpgコースの炉端で飽き足りず(笑)、アラカルトを注文。

淡路産玉葱。甘くてうまいー。







■炉端アラカルト②
f0232060_1845845.jpg炉端焼の牛タン。










■牛タン、アップ
f0232060_185182.jpg脂が乗っていて、めちゃくちゃ美味しかった。今年食べた牛タンの中で、一番かも。









■炉端アラカルト③
f0232060_1862132.jpg粗挽きつくね。しゃもじごと焼かれています。










■つくね、アップ
f0232060_1864291.jpgつくね自体はとても美味しかったのですが、ちょっと塩が強かったかな。









■凌ぎ
f0232060_1875327.jpgコース料理の「凌ぎ」は、「夏野菜のリブロース茶巾」。

茶巾の包みも卵ではなく、肉!見た目よりも、さっぱりといただけます。






■鍋の準備
f0232060_1894561.jpgいよいよ肉鍋。スタッフの方が目の前で丁寧に作ってくれます。









■焼鉄
f0232060_18105460.jpg鶏すきです。すき焼きは、甘さが苦手であまり食べないのですが、「ささや」の鍋は、なかなか美味しい割り下でした。

具材は、宮川鶏卵特上鶏肉、千寿葱、江戸菜、滝野川牛蒡、安達屋焼き豆腐など。





■生卵
f0232060_18143481.jpg茨城県こだわり卵。黄身が濃くて、美味しい卵です。









■ご飯の準備
f0232060_1815135.jpgおひつ登場!










■飯
f0232060_18155917.jpg特製親子丼。とっても美味しい。今年一番の親子丼かも。これも、目の前でスタッフが作ってくれます。








■甘味
f0232060_18164811.jpgきなこと豆乳の葛餅です。これも美味しくできていました。


激暑くなってきた。


夏は、やっぱ冷たくて、チュルッとしたものが食べたくなるよね。











・・・というわけで、


友達の紹介で、銀座からほど近い新富町にある蕎麦屋、


「蕎麦 流石 (さすが)」へ。











蕎麦好きの友達が伊豆へ旅行に行った際、


現地で評判のお店で食べた蕎麦がすごく美味しかったそうで、


そのお店のお弟子さんがやっているのが、この「流石」なのだそう。











つなぎを入れないで作る生粉打ちの蕎麦。


殻を取った蕎麦を使う「ざるそば」と、


殻が付いたままの蕎麦を使う「玄挽きそば」がメインで、


それ以外に、利き酒ならぬ「利きそば」という、


産地の違う蕎麦を使った、蕎麦の食べ比べもある。












悩んだ末、殻なし、殻付き、どちらも1枚づつ楽しめる、


「玄白」という蕎麦を注文。












さて、蕎麦だが、さすがこだわっているだけあって、


とても味は良く、コシもあるのだが、正直、香りがあまりしない。


美味しい蕎麦だとは思うが、香りを結構重視しているので、ちと残念。












■「蕎麦 流石」
http://ginza-sasuga.jp/honten/index.html
















■今日のカメ

■「蕎麦 流石」
f0232060_18374210.jpg東京メトロ有楽町線「新富町駅」から徒歩5分ほど。

オフィス街の路地裏のビルの2階にあります。








■店内の様子
f0232060_1843243.jpgテーブルが数席、小さめの店内です。お昼時に伺いましたが、割と空いていました。









■天ぷらの盛り合わせ
f0232060_18474279.jpg季節の野菜と、静岡県由比産の生桜海老のかき揚げの盛り合わせ。









■天ぷら、アップ
f0232060_18491166.jpg天ぷらは、とてもサックリと、上手に揚がっていて、美味しかったです。塩で。

真ん中が桜エビのかき揚げ。







■「玄白」
f0232060_185020100.jpg「玄白」という殻付き、殻なしの両方の蕎麦が楽しめるセット。1700円也。

まずは、殻なし蕎麦から。







■殻なし、アップ
f0232060_18514741.jpgこの後の、殻付きと比べてもらえると分かりやすいですが、ちょっと色が薄め。

味とコシはいいんだけど、香りがしないなあ・・・。






■「玄挽きそば」
f0232060_1853828.jpgこっちが、殻付きの「玄挽きそば」。

つなぎを入れていないので、伸びやすいらしく、1枚目を食べ終わるのを見計らってから、2枚目が出てきます。






■殻付き、アップ
f0232060_18543830.jpg殻付きの方が、若干香りがあるかな。こっちの方が好きです。









■そばがき餅
f0232060_18552823.jpg蕎麦を使ったデザートも何種類かありました。

これは、そばがき餅。そばがきに、白蜜ときなこがかかっています。すごく食べあたりが軽くて、さっぱりした餅、という感じ。


ご招待いただき、江戸川橋にある古民家イタリアン、


「リストランテ ラ・バリック トウキョウ」へ。











ここは、数々のグルメサイトの都内イタリアンランキングで、


常に1位2位を争っている人気店。












結論から言ってしまうと、非常に素晴らしいお店だった。













行った方の感想を見てみると、


「一軒家」「隠れ家」など雰囲気で評している人も多かったが、


正直、一軒家とか、隠れ家度合いで言うと、思ったより普通であった。


「一軒家」「隠れ家」度合いで言えば、吉祥寺「田舎」とかの方が高い。










ただ、素直に、前菜からデザートまで、すべての料理がホント美味しくて、


スタッフのサービスが非常に良く、居心地が良かった。










おしゃれ系にありがちな「チワワコース」(すごく量が少ないコース)ではなく、


ここバリックでは、しっかりとした味の料理が、ボリュームたっぷり出る。


私みたいな人間には、ありがたい限りだ。












そして、誕生日ということで、お店でデザートプレートを用意していてくれたが、


併せて、真っ赤なバラの花もお店からプレゼントしていただいた。











さらに、天気が悪く、帰りに雨が降っていたのだが、


すぐにお店がビニル傘を用意してくれた。












店に入って、出ていくまで、ずっと心地よさが続く。











隠れ家とか、日本家屋でイタリアンとか、そういう雰囲気無しにしても、


十分素晴らしくて、行く価値のあるお店だった。











またぜひ伺わせていただきたいと思う。











■「リストランテ ラ・バリック トウキョウ」
http://www.labarrique.jp/top.html















■今日のカメ

■ここを入る。
f0232060_0265621.jpg東京メトロ江戸川橋駅から徒歩5分ほど。

とあるマンションの、この駐車場を入っていきます。







■すると・・・
f0232060_0275854.jpg駐車場を通り抜けると、奥に日本家屋があり、そこがお店です。

オーナー(?)のご実家をリノベーションされて使っているとのこと。見た目は、本当にお家。

ちなみに、バリックの本店は、イタリアのトリノにあるそうです。



■店内の様子
f0232060_031955.jpg1階はテーブル18席、2階に個室1室くらいの小さな店内。

障子や梁などは和室そのままに、居間の壁をぶち抜いて、テーブルを置いているよう。






■すごい数!
f0232060_0364012.jpg最初見たとき、パーティーでもやってるのかと思ったほど。これ、実は、すべてグラスワイン用。

「都内でうちくらいだと思います・・・(笑)」とソムリエさんも言ってましたが、こんなにグラスワインの種類を抱えているお店は見たことないです。





■テーブルセット
f0232060_0391038.jpgテーブルはこんな感じ。










■赤ワイン
f0232060_0394384.jpgすごい種類のワインがあり、選べないので、料理に合わせたグラスの赤をいただきました。









■グリッシーニ
f0232060_0405527.jpgハーブが練りこんである、風味良いグリッシーニ。










■ミニアミューズ
f0232060_049623.jpg銀色のホイルに包まれた、温かい何かが出てきました。









■開けてみると・・・
f0232060_0494627.jpg小さなホットドッグのようなものが入っていました。

中にはソーセージではなく、味付けされたキャベツ。見た目はすごくシンプルですが、これが美味しい!





■本日の付き出し
f0232060_0514642.jpgたけのことトマトを和えた一品。

さっぱりしていて、ほのかに酸味があり、胃が刺激される感じ。イタリアンのテイストに和の食材を取り入れられています。






■パン
f0232060_0535331.jpg2種類のパン。パンは、正直、普通かな。










■冷前菜
f0232060_0544465.jpgまずは、冷前菜から。メニューの中の4品から1品選べます。

これは、「自家製モルタデッラと豚のテリーヌ 焼きなすのサラダ添え」です。






■モルタデッラ、アップ
f0232060_0563683.jpg自家製のモルタデッラ(イタリア・ボローニャ地方のソーセージ)やハム。どれも濃厚で、絶品!

西荻窪「トラットリア29」でもよく出してくれるソプレッサータのようなハムもありました。






■別の冷前菜
f0232060_12828.jpgこちらは、「ウサギ背肉のインサラータ ロビオラとフランボアーズのソース」です。ロビオラは羊のウォッシュチーズ。

上質の鶏肉のようなウサギに、濃厚なロビオラと、甘酸っぱいフランボアーズが合ってました。一口味見でいただきましたw。




■温前菜
f0232060_152774.jpg温前菜も4品から1品を選びます。

これは、「フォアグラのソテー ヴェネト産白玉葱と赤ワインのチップ添え」です。

温前菜はどれも好きなメニューで相当悩みましたが、フォアグラに負けたw。




■フォアグラ、アップ
f0232060_175025.jpg今までいろんなところで、いろんな調理法&味付けのフォアグラを食べましたが、バリックのフォアグラがNo.1かも。

ご飯が欲しくなる味というか、玉葱が甘く、すき焼きっぽい味付けになっており、トロトロの濃厚なフォアグラとすごく合っていました。参った。




■別の温前菜
f0232060_1104213.jpgこれは別の温前菜で、「ホワイトアスパラガスのソテー 卵黄とフォンデュータのラビオリ添え」です。

手前のラビオリを空けると、中に卵黄のソースが入っていました。





■パスタ①
f0232060_1132333.jpgパスタ&リゾットは、6種くらいの中から1品選べます。どれも美味しそうだったので、1品を半分づつシェアさせてもらいました。

これは、「海老とそら豆のタリアッテレ」です。






■海老とそら豆、アップ
f0232060_115145.jpgタリアテッレ(太麺パスタ)を使ったオイルパスタ。

海老とそら豆の味がかなり濃く出ていて、濃い味好きの私にはたまらん。美味しい!






■パスタ②
f0232060_1203576.jpg「タヤリン 黒トリュフソース」というパスタ。

これだけ、プラス2000円になるパスタ。どうしても気になっていたので、これを注文。







■黒トリュフ、アップ
f0232060_122202.jpg数種類のキノコからとった濃厚ソースに、これでもか!というくらいの黒トリュフ。香り良し、味良しで、最高。








■メインディッシュ
f0232060_1234270.jpgメインは、5種類の中から1品を選べます。

これは、「馬ヒレ肉のグリル バローロソース」です。
メインは、「最初から決めてました!」くらいに、メニュー見た瞬間に、決まりました。馬肉のヒレ出してくれるお店、なかなかないので。




■馬ヒレ肉、アップ
f0232060_1263126.jpg火の入れ方がとても良く、すごくやわらかい。臭みなどは全くなく、絶品。









■たてがみ
f0232060_1273759.jpg馬ヒレの後ろにある付け合わせの中に、白いものが入っていましたが、これは馬のたてがみの塩漬けだそうです。








■バースデープリン
f0232060_1285484.jpgバースデープレートと、お店から真っ赤なバラの花をいただきました。

デザートは、「ピスタチオのプリン ピスタチオと青リンゴの2種のジェラード添え」です。






■デザート、アップ
f0232060_131137.jpg全体的に、グリーンなデザートw。左がピスタチオ、右が青リンゴのジェラード。

白い丸いものは、ピスタチオに砂糖をコーディングしたもの。でんろく豆みたいな味。






■ダージリン
f0232060_1322424.jpgアールグレイがなかったので、ダージリンを。

すごく香りの良い、ダージリンでした。








■小菓子
f0232060_1331844.jpg食後の小菓子。食用ほおずきにチョコを絡めたものや焼き菓子など。
プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ