カテゴリ:西荻窪( 283 )









西荻窪にある大好きな中華ビストロ「ヤスミン」の


日曜日のみやっている限定ランチへ。









「ヤスミン」の濃厚で甘みあるチリソースが大好きで、


ランチは迷わず海老とじゃがいものチリソース炒めで。


f0232060_1742044.jpg























f0232060_1752412.jpg























f0232060_1744329.jpg























f0232060_17567.jpg






























週に日曜1日しかランチはやっていないので、


チャンスちょっと少ないが、とても美味しい中華ランチなのでおすすめ。


ちなみに、夜は定休日以外毎日やってて、チリソースも味わえる。







■「ビストロシノワ YASMIN ヤスミン」
https://tabelog.com/tokyo/A1319/A131907/13161422/









■今日のカメ

■前菜
f0232060_179090.jpgランチ(1500円)のセット前菜。

バンバンジー、押し豆腐のナムル、大根餅。「ヤスミン」特製の大根餅も絶品。







■フカヒレスープ
f0232060_1752412.jpg大好きな「ヤスミン」のフカヒレスープ。ランチのスープは、プラス700円でフカヒレスープに変更できます。私はさらにここにポルチーニ茸を入れてもらって、風味良いスープにしてもらってます。ああ、美味しいー。






■メイン
f0232060_1744329.jpg定食のメインは4種から選べます。私はチリソースで。









■アップ
f0232060_17567.jpgどこの中華料理店もチリソース料理はありますが、同じチリソースでも各店だいぶ味が違う。「ヤスミン」の濃厚で甘みあるチリソースがかなり好みの味です。
by meshi-quest | 2017-02-12 08:07 | 西荻窪








長年お世話になっていて、大好きな三鷹の隠れ家中華「虎茶屋」さん。


ここだけでしか味わえない唯一無二の中華が食べれるお店で、


特に麻婆豆腐は、私の中では都内でナンバーワンだった。


毎日「虎茶屋」の麻婆豆腐を食べていたい、そんな味だ。











とはいえ、昼夜それぞれ1組限定という、


なかなか気軽に行けないお店だったが、


なんと1年の期間限定で西荻窪で「壱年茶虎(いちねんちゃとら)」として


営業することになり、早速お邪魔させてもらった。


f0232060_1226541.jpg























f0232060_12263657.jpg























f0232060_1227054.jpg






























今までは1組限定のコース形式だったので、


メニューも量も決まっていたが、


「壱年茶虎」ではアラカルトが用意されていて、


「虎茶屋」の名物メニューを好きなものを好きなだけ食べれる。


ああ、なんて幸せなんだろう・・・。


f0232060_1229969.jpg























f0232060_12293259.jpg























f0232060_1229514.jpg























f0232060_12301489.jpg























f0232060_12303494.jpg
































アラカルトなので、コースでは入らなかった変わり種の中華料理もあり、


この「酸湯魚」という料理を初めてみたので頼んでみたが、


今まで食べたことないような不思議な味だった。


f0232060_12325791.jpg































料理名の「酸」の通り、鱈を使った酸味のある鍋料理なのだが、


香水かのようにめちゃくちゃ鍋から華やかなレモングラスの香りがして、


「レモングラス使ってる?」と聞いたところ、実は使っておらず、


なんと中国の貴州省で使われている謎の調味油があって、


それがこんなレモングラスそっくりの華やかな香りを出すのだそう。


f0232060_12372085.jpg

































普通の中華料理店では味わえないような独創的な中華。


西荻にも多数中華店はあるが、「壱年茶虎」はやっぱり唯一無二。


今年壱年、通いまくって、不思議な中華を堪能させてもらおうと思う。







■「壱年茶虎」
http://torachaya.com/archives/118








■今日のカメ

■「壱年茶虎」
f0232060_1226541.jpgJR西荻窪駅南口から徒歩3分ほど。

人気イタリアン「etsu エツ」があった場所に、看板もそのままに居抜きで営業しています。







■店内の様子
f0232060_12263657.jpgカウンターがメインで、小さなテーブルが2席ほど。席数は少なめです。









■テーブルセット
f0232060_1243284.jpgテーブルセットはこんな感じ。

「虎茶屋」のコース料理がアラカルトで食べれるなんて、幸せだー。







■中国茶
f0232060_12442391.jpg料理をガッツリ味わいたいので、今日は休肝日として、中国茶を。聞いたことがない名前のお茶でしたが、すごくいい香り。








■1品目
f0232060_1229969.jpg前菜3種盛り(900円)。

セリを使ったポテトサラダ、ゴボウの中華含め煮、セロリの中華ピクルスです。







■2品目
f0232060_12293259.jpg特製の絶品蒸し餃子(400円)。「虎茶屋」コースの定番メニュー。美味しい!









■3品目
f0232060_1229514.jpg「魚香肉絲」(1000円)。

「魚」という字が書いてあったので、魚かと思ったら、タケノコと豚肉の花山椒炒めでした。お酒に合いそうな味。






■4品目
f0232060_12325791.jpg「酸湯魚」(1200円)という初めて食べる料理。










■アップ
f0232060_12512637.jpg鱈の他に、トマト、もやし、白菜などが入ってます。辛さはなくて、酸味は強め。そして、強烈なレモングラスの香りがします。

中国では、少し臭みのある川魚を使った料理だそうで、そのためにこんなに酸味と香りが強いのかもしれません。エッジは効いてますが、美味しいです。ご飯ではなく、お酒向きかな。



■調味油
f0232060_12372085.jpgレモングラス香の正体。

シェフが昨年貴州省に行った時に、見つけて買ってきて、料理に使っているのだそう。







■5品目
f0232060_12301489.jpg特製麻婆豆腐のハーフとご飯。言うことなしの、絶品麻婆です。

ご飯も土鍋で炊いたものなので、すごく香りが良く美味しいです。
by meshi-quest | 2017-02-06 08:08 | 西荻窪








仲良くさせていただいてる西荻窪「organ」で夕食。


お腹も空いてたし、考え事もあったので、フラッと一人でやってきた。


f0232060_1458148.jpg
























f0232060_1459490.jpg































食事は、みんなで食べた方が美味しい。


それは、そう思う。


色んな種類を頼めるし、食べた感想を言い合えるし。


何よりも周りの人が笑顔で食事をしていると、それだけで楽しくなる。








それはそうなんだけど、ワインを飲みながら、


あれこれ物思いにふけって、いい感じで酔いも回って、


だんだん色んなことがどうでも良くなり、心が穏やかになってきた頃に、


ウサギ肉の美味しいメインディッシュを一人でほおばって、


ああ、こんな時間を過ごさせてもらえるのも、


これはこれですごく幸せで楽しいな、なんて思ったりもする。



f0232060_15578.jpg























f0232060_1554142.jpg























f0232060_1561422.jpg























f0232060_1563691.jpg























f0232060_1574048.jpg































■「organ オルガン」
http://www.tokyo-calendar.tv/dining/13419.html









■今日のカメ

■「オルガン」
f0232060_1458148.jpgJR西荻窪駅南口から徒歩5分ほど。大きなバス通りを五日市通りに向かって歩いて行った道沿いにあります。








■店内の様子
f0232060_1459490.jpgカウンターとテーブル。アンティーク家具が配置されてて、内装がめちゃくちゃおしゃれ。席数は少なめで、予約必至。

ご近所特権で、お客さんが減ってきた遅い時間フラッと来れるのが嬉しい。





■赤ワイン
f0232060_15578.jpgお店おすすめの赤ワイン。私の好みで酸味少なめのものを。









■1品目
f0232060_15122026.jpgカルヴァドスで洗ったウォッシュチーズ。










■2品目①
f0232060_15132381.jpg「ベイビースキャロプのフリットと、茄子、トマト、葉野菜のサラダ」(1100円)です。

これはまだ第一段階。茄子とトマト配置。







■2品目②
f0232060_1554142.jpg揚げたてのベビーホタテのフリットを配置。










■2品目③
f0232060_1561422.jpg仕上げにパクチーたっぷりの葉野菜が乗っかって完成!

パクチーがすごくアクセントになっていて具沢山で食べ応えのあるサラダです。






■3品目
f0232060_1563691.jpgちょっと贅沢に、冬なのでウサギ肉を。「洋梨、フォアグラを巻いた兎の背肉のココットロースト」(2400円)です。








■アップ
f0232060_1574048.jpg柔らかい鶏のもも肉のような感じ。肉がサッパリしている分、中のフォアグラと洋梨、クリーミーなソースがすごく合っています。めちゃくちゃ美味しい!
by meshi-quest | 2017-02-03 08:08 | 西荻窪








仲良くさせていただいている


西荻窪のビストロ「チクロパノラマキッチン」で食事。


f0232060_13503313.jpg























f0232060_13505974.jpg























f0232060_13512732.jpg

































ちょっと仕事が立て込んでてて疲れていた日。


シェフが私に元気が出るようにと、


チクロパノラマキッチンが持っている農園から採れた


新鮮野菜をふんだんに使ったスペシャルメニューを出してくれた。


f0232060_1462980.jpg































下にさつまいもがいて、マリオのパワーアップキノコ型(笑)。


カブはそのまま炭火焼きにしているだけだが、


カブ自体がすごく甘みがあって、噛むと口の中にジュワッと旨味が広がり、


めちゃくちゃ美味しかった。


f0232060_14171433.jpg

































〆は、大好きなチクロのボンゴレビアンコ


f0232060_14193426.jpg































大きなアサリをこれでもか!というくらい使ってて、


アサリでパスタが見えなくなるくらい。


これ殻だけど、一人前でこの大量。


こんなにアサリ使ってくれるボンゴレもなかなかない。絶品。


f0232060_14204734.jpg
































■「チクロパノラマキッチン」
http://tabelog.com/tokyo/A1319/A131907/13193818/









■今日のカメ

■「チクロパノラマキッチン」
f0232060_13503313.jpgJR西荻窪駅南口から徒歩3分ほど。

ピンクの象がある商店街をまっすぐ歩いた先にあります。







■店内の様子
f0232060_13505974.jpg元は老舗の蕎麦屋さんがあった場所。古き良きものを活かしてリノベーションされた店内は、唯一無二で、むちゃくちゃオシャレ。








■ホットワイン
f0232060_13512732.jpg寒いので、ホットワインに。

お通しは、お気に入りのロベルト社のグリッシーニトリネージ。







■1品目
f0232060_1462980.jpg前菜の6種盛り合わせ。シェフの特別メニュー。










■アップ①
f0232060_14171433.jpgカブとサツマイモの炭火焼き。どちらもシンプルな炭火焼きで、めちゃくちゃ甘い。マリオのパワーアップキノコ型。








■アップ②
f0232060_1454841.jpg牛トリッパのトマト煮込み。

このトリッパ、すごく美味しかったなー。全く臭みなくて、すごく柔らかい。







■アップ③
f0232060_145454100.jpg自家製ローストポーク。旨味が詰まってて、柔らかい。









■アップ④
f0232060_14562283.jpg表面を軽く炙ったカツオ。










■アップ⑤
f0232060_145728.jpg自家製の全粒粉のパンと、カリフラワーのムース。










■2品目
f0232060_14573517.jpgウォッシュと白カビの3種盛り合わせ。ドライ無花果添え。









■3品目
f0232060_1458296.jpgチクロ名物の大アサリのボンゴレビアンコ。アサリをたっぷり使っているので、アサリのエキスと旨味がギッシリとパスタに絡んでます。絶品。
by meshi-quest | 2017-01-25 08:08 | 西荻窪








昨日に引き続き、西荻ディープな聖地巡礼。


大人の遊園地のメインアトラクションとも言える人気焼き鳥店「戎 (えびす)」。



f0232060_20451760.jpg























f0232060_20453850.jpg























f0232060_204623.jpg
































ぶっちゃけ、かなり騒がしいし、隣の人とガンガンに腕がぶつかる狭さだが、


何か大いなる暖かいものに包まれているかのような居心地の良さがあり、


嫌いじゃない、この感じ。


むしろ、ちょっと好きになっちゃうから、不思議だ。










料理はめちゃくちゃ種類があって、どれも驚くほど安い。


でも、繁華街にあるような若者向けの安居酒屋の


安かろう、悪かろう、少なかろう料理とは違い、


ちゃんとこの値段以上のクオリティーが出てて、


満足度の高い料理を出してくれる。


f0232060_2049583.jpg























f0232060_20501990.jpg























f0232060_20503980.jpg























f0232060_20505951.jpg























f0232060_20511941.jpg































西荻は、こういう地元に愛される店が強いので、


チェーン店が来てもすぐに潰れてしまうと言われるが、


そうなんだよね、どうせ同じお金払うなら、


美味しくて、量があって、楽しいところの方がいいもんね。








■「やきとり 戎」
https://tabelog.com/tokyo/A1319/A131907/13000711/









■今日のカメ

■「やきとり 戎」
f0232060_20451760.jpg戎は、南口に固まって数店舗あり、どこも行ったり来たりできるようになってる。空いてる店の好きな席に座る感じ。ちなみに、北口にもあります。








■店内の様子
f0232060_20453850.jpg数店ある「戎」のうちの、一番奥にあって、にぎやかで、コの字のカウンターがすごく「ザ・居酒屋」っぽくていい感じの店舗。








■焼酎
f0232060_204623.jpg焼酎ロックとハイボール。居酒屋っぽい!










■1品目
f0232060_2049583.jpg茹でアスパラ。たっぷりマヨネーズ付き。










■2品目
f0232060_20572816.jpgチーズ入りハムカツ。










■3品目
f0232060_20503980.jpgねぎま、はつなど。焼き鳥盛り合わせ。










■4品目
f0232060_20505951.jpgこっちは、タレ。うずらとつくね。










■5品目
f0232060_20511941.jpg大きな手羽。










■6品目
f0232060_20591447.jpg豚汁。寒いときには最高!
by meshi-quest | 2017-01-22 08:07 | 西荻窪








西荻窪駅の南口を降りると、


すぐそこには素敵な大人の遊園地が広がっていて、


キラキラしたネオンと、美味しい料理やお酒が溢れ返っている。


私も引っ越してきた当初は、この遊園地に迷い込み、


何度も「白夜」(西荻用語で、外出たら朝になっていること)を経験した。



f0232060_2005547.jpg































この遊園地の入口にある人気の立ち食い鮨「にぎにぎ一」。


実は、初代大将が友達で、西荻に店を出すための


店探しをしていた頃から知っていたお店。


f0232060_2032038.jpg























f0232060_2034312.jpg






























今は、鮨は高級な食べ物で、座ってじっくり楽しんだりもするが、


江戸時代には鮨は、まさに手軽にサクッと食べれる粋な食べ物として、


庶民に親しまれていたと聞くので、きっとこんな感じだったのかな。










鮨はピンキリなので、単純に味の比較を言うのが難しいが、


立ち食いでサクッと食べるには十分に満足できる美味しい鮨だ。


帰りに立ち寄って、サクッと鮨を食べて帰るのは、


なんか「私、粋だな」って思えて、そんな自分を楽しんじゃったりする。


f0232060_2083130.jpg























f0232060_209414.jpg























f0232060_20101394.jpg























f0232060_20104580.jpg































■「にぎにぎ一」
https://tabelog.com/tokyo/A1319/A131907/13050993/









■今日のカメ

■西荻南口の飲み屋街
f0232060_2005547.jpg朝までノンストップでやっている大人の遊園地。










■「にぎにぎ一」
f0232060_2032038.jpg南口出て、すぐに見える立ち食い鮨「にぎにぎ一」。









■日本酒
f0232060_2034312.jpgなんとなく菊正宗の樽酒。










■1品目
f0232060_2083130.jpgまぐろと中トロ。美味しいー。










■2品目
f0232060_20331851.jpgめじな、だったかな。










■3品目
f0232060_209414.jpg穴子。順番は気にせず、食べたいものを心の赴くまま食うべし。









■4品目
f0232060_20101394.jpgのどぐろの炙り。










■5品目
f0232060_20104580.jpgアジ。










■6品目
f0232060_20351960.jpgカンパチだったかな。
by meshi-quest | 2017-01-21 08:06 | 西荻窪









ちょっとだけ、去年の話に遡って、


去年のクリスマスも毎年恒例西荻窪「トラットリア29」の


肉満載なクリスマスディナーにお邪魔してきた。


f0232060_15134771.jpg























f0232060_1514884.jpg























f0232060_15142969.jpg























f0232060_15145627.jpg























f0232060_15152072.jpg























f0232060_15154269.jpg























f0232060_1516437.jpg
































メインディッシュの3種盛りも、


黒毛和牛のランプに、牛ヒレのカツレツに、牛ほほ肉の煮込みと、


焼きに、揚げに、煮込みに、大満足の内容だった。


f0232060_15221640.jpg























f0232060_15225619.jpg























f0232060_15231672.jpg























f0232060_15233666.jpg


































クリスマスディナーあるあるとして、通常より見た目は豪華だが、


内容的にはあまりお得感も、驚きもなく、値段だけ高いということがよくある。


クリスマスの同時期に、色んなレストランが同じような


クリスマス系食材を使うので、全体的に値が上がってしまうことと、


一見さんも含め、一気に大量のお客様をさばかないといけないので、


どうしても手の込んだことが出来にくい、というのが理由。









なので、この時期、普通のレストランのディナーコースとかには


行かないようにしていたりするのだが、


「トラットリア29」のクリスマスディナーは、


この日しか食べれないメニューを出してくれたり、


量も種類もお値段以上に出してもらえて、


むしろこの時期にちゃんと行きたくなるディナーなので、すごくいい。







■「trattoria 29 (トラットリア ヴェンティノーヴェ)」
http://trattoria29.jugem.jp/










■今日のカメ

■「トラットリア29」
f0232060_15134771.jpgJR西荻窪駅北口から徒歩3分ほど。中央線の高架沿いにあります。









■テーブルセット
f0232060_1514884.jpgテーブルセットはこんな感じ。










■赤ワイン
f0232060_1530432.jpgお店おすすめのイタリア産赤ワイン。










■お通し
f0232060_15312020.jpg有機野菜のスティックサラダ。カブとか、冬は根菜が甘みあって、美味しい。









■1品目
f0232060_15142969.jpg前菜6種の豪華盛り合わせ。










■前菜アップ①
f0232060_15145627.jpg「キャンティ風馬肉のタルタル」。全く臭みなく、上品な牛の赤身を食べているような感じ。









■前菜アップ②
f0232060_15152072.jpg「モッツアレラブッラータを挟んだプチシュー」です。

カプレーゼをシュー生地で挟んだような感じ。チーズがトロトロしています。





■前菜アップ③
f0232060_15154269.jpg「ウサギとイチゴのサラダ」です。

ウサギも全く臭みなく、鶏の胸肉を食べているような感じ。







■前菜アップ④
f0232060_1516437.jpg「自家製鴨胸肉の燻製ハムとかぶのムース」です。

鴨自体、すごく濃厚な味わいですが、燻製がかかっているので、より深い味わいになっています。ワインに合う。






■前菜アップ⑤
f0232060_15373765.jpg「フォアグラのパテ パッシートのゼリー寄せ」です。

濃厚なフォアグラムースの上に、甘めのデザートワインのゼリー寄せが乗っています。これもすごくワインに合います。





■前菜アップ⑥
f0232060_1539670.jpg「コテキーノをいれたレンズ豆のクロケット」です。

イタリアのサラミ・コテキーノが入った肉肉しいコロッケです。豆の甘みもいい感じ。






■自家製パン
f0232060_15412892.jpg外はカリッと、中は素朴な甘みあるモチモチした蒸しパンのような感じ。大好きなパン。









■2品目
f0232060_1542257.jpg「猪と栗のグラタン」です。

濃厚な猪肉に、栗の甘みがとても合っていて、美味しいグラタンです。チーズもたっぷり。







■3品目
f0232060_1543447.jpg3種のラビオリで、それぞれ丸、三角、四角で中身が違うものになっています。

金時人参のピュレとモルタデッラのラビオリ、きたあかりとポルチーニのラビオリ、黒キャベツとリコッタのラビオリです。




■4品目
f0232060_15221640.jpgメインディッシュは、牛肉の3種盛りです。










■メインアップ①
f0232060_15225619.jpg牛ヒレのカツレツ。厚みがありますが、すごく柔らかいです。









■メインアップ②
f0232060_15233666.jpg黒毛和牛ランプ肉の炭火グリルです。

噛むと肉汁がジュワーッと出てきて、これぞ肉!!という感じ。すごく美味しい。







■メインアップ③
f0232060_15231672.jpg牛ほほ肉の赤ワイン煮込みです。

下に敷いてある甘みあるマッシュポテトと一緒に食べると、濃厚な煮込みがまろやかになり、ちょうどいいです。






■デザート
f0232060_15514523.jpg本当は、クリスマスの伝統菓子シュトーレンがあるのですが、ちょっとお腹いっぱいになってしまって、クルミとハチミツのアイスだけいただきました。イチゴのサンタ付き。
by meshi-quest | 2017-01-10 08:08 | 西荻窪








大好きな和食屋「見晴料理店」にて、


打ち合わせを兼ねた食事会。









狙ったわけではないけど、


すごーく正月感溢れる料理が並び、


美味しい料理に集中したいと思いつつも、


残りの営業日を気にしながら、ふと仕事の心配しちゃったり(苦笑)。


f0232060_1324979.jpg























f0232060_13243167.jpg























f0232060_13245463.jpg























f0232060_1325414.jpg























f0232060_1326517.jpg























f0232060_13262844.jpg































子供の頃は、学校終わればすべて終わりで、


なーにも気にすることなく、年末と正月を楽しめたけど、


大人になったら、この時期がどうにも居心地悪く、嫌で仕方がない(苦笑)。








こんな時こそ、美味しい料理に美味しい酒だな。


年末と正月の楽しみを失った大人の唯一の特権w。







■「見晴料理店 みはらしりょうりてん」
http://tabelog.com/tokyo/A1319/A131907/13175249/









■今日のカメ

■「見晴料理店」
f0232060_13284692.jpgJR西荻窪駅南口から徒歩10分ほど。中央線高架近くにあります。









■日本酒とお通し
f0232060_1324979.jpg和食にはやっぱり日本酒が合いますねー。










■お通し、アップ
f0232060_13321726.jpg茄子の煮びたし。優しい味に仕上がってます。










■1品目
f0232060_13243167.jpg色々と食べたくて、本日の前菜を盛り合わせてもらいました。赤い皿に映えます。

秋刀魚の酢〆、鴨ロースの味噌煮、大浦牛蒡と里芋を煮たもの、など。






■2品目
f0232060_1325414.jpg鰤の幽庵焼きです。めちゃくちゃいい香り。酒の肴にも合いますが、ご飯も食べたくなる味。









■3品目
f0232060_13361144.jpg「甚五ヱ門芋、生麩、四方竹の炊き合わせ」です。出汁もちゃんと効きつつ、濃すぎず、薄すぎず。これもすごく体に優しそうな味わい。








■4品目
f0232060_13393718.jpg「スルメイカと隼人瓜の肝炒め」。しっかりと肝の味が染みてて、これはすごく日本酒に合う!瓜のシャキシャキ感もいい。








■5品目
f0232060_1341446.jpg「鮭と紅芯大根のロールキャベツ」です。鮭を使った和風なロールキャベツ。ご飯というより、お酒に合う味。








■6品目
f0232060_134334.jpg「豚肩ロースト、白いんげん豆とカリフラワーの煮込み」です。

これも和風な豚ロースト。付け合わせも優しい味わいで、全体的に見た目よりもさっぱりしています。






■本日の土鍋ご飯
f0232060_1326517.jpg本日の土鍋ご飯は、「むかごと茸のご飯」です。炊き立て!









■7品目
f0232060_13262844.jpg温かいネギのお味噌汁と共にいただきます。〆にご飯食べると、やっぱりホッとしますね。
by meshi-quest | 2016-12-27 08:08 | 西荻窪








吉祥寺に「じゅん粋」という大好きな鉄板居酒屋があって、


今冬に、なんとその二号店が西荻窪に出来たので、行ってきた。


その名も、「すっぴん」


f0232060_1311984.jpg























f0232060_1321086.jpg























f0232060_1324141.jpg























f0232060_13321.jpg























f0232060_1332211.jpg





























元々、西荻に長らく続く古き良き居酒屋があった場所を


元の居酒屋の形状を忘れるくらい一新して、


巨大な火鉢を囲むカウンターメインのオシャレな居酒屋に変身。


店内には鳥居型の冷蔵ショーケースがあったり、見るだけでも楽しめる。









料理は、カジュアルな鉄板焼きの吉祥寺店と打って変わって、


西荻窪では火鉢を使った焼き魚や刺身など、やや大人向けな料理が多い。


相変わらず、どれも丁寧で、美味しく作られていて、箸も酒も進む。


f0232060_1310994.jpg























f0232060_13103415.jpg























f0232060_1311085.jpg























f0232060_13112644.jpg























f0232060_13114985.jpg























f0232060_13122193.jpg




























鉄板焼きが食べたくなったら吉祥寺、


魚が食べたくなったら西荻と、


きちんとすみ分けが出来ているのもいい。








しかし、フレンチビストロの「organ」といい、


イタリアンの「チクロパノラマキッチン」といい、


大好きで美味しいお店がどんどん西荻に二号店を出してくれる。


ホントいい町だな、西荻。







好きです、西荻






■「すっぴん」
https://tabelog.com/tokyo/A1319/A131907/13201731/









■今日のカメ

■「すっぴん」
f0232060_1311984.jpgJR西荻窪駅南口から徒歩30秒ほど。飲み屋街の一角にあります。









■店内の様子①
f0232060_1332211.jpg最初に目に入るのが、この大きな鳥居。野菜やお惣菜のショーケースになっています。









■店内の様子②
f0232060_1324141.jpg開店直後の5時台ですでに予約で満席。大人気。今日は、カウンター。









■店内の様子③
f0232060_13205690.jpg奥にテーブル席も。










■巨大な火鉢
f0232060_1310994.jpg大将のおばあちゃんが使っていたという巨大な火鉢。

「すっぴん」の焼き魚は、すべてこのおばあちゃんの火鉢で焼かれます。火鉢って、結構火力あるんですね。しっかり魚が焼けてて驚きました。





■美味しそうな鍋
f0232060_13103415.jpg目の前に、肉じゃがと思われる美味しそうな鍋発見。これは、頼まねば!









■梅酒
f0232060_13252522.jpg梅酒ロックと、お鍋に入っていた肉じゃが。じゃがいもにしっかり味が染みてて、すごく美味しい。









■焼き魚
f0232060_13112644.jpg銀だらの西京焼きをいただきました。大将が火鉢で焼いてくれた魚です。









■おふくろ煮
f0232060_1335554.jpg吉祥寺「じゅん粋」でも名物の、大将のお母さんが作っている「茄子のおふくろ煮」。めちゃくちゃ美味しいです。いつも注文。








■「希望のもやし」
f0232060_13114985.jpg「希望のもやし」と名付けられたピり辛の不思議なもやし炒め。

吉祥寺の有名ラーメン店「ホープ軒」のチャーシューをもやし炒めの中に使っているから、「希望の・・・」だそう。





■隠し味
f0232060_1338640.jpgお好みでもやしに辛さを。これもホープ軒のもの。










■牛ハツ
f0232060_13122193.jpgプリプリでめちゃくちゃ美味しい牛ハツ焼き。










■ホタテバター
f0232060_13405654.jpg新鮮なホタテを貝殻ごと焼き上げた一品。青海苔の風味も絶品。
by meshi-quest | 2016-12-21 08:07 | 西荻窪









最近、すごく気に入っていて、お邪魔させてもらっている


西荻窪のビストロシノワ「YASMIN ヤスミン」で夕食。


f0232060_2018431.jpg


































町の中華はともかく、本格的なお中華は


なかなか一人で食べるには値段も、量も敷居高いところが多く、


こうやって本格的なのにカウンターで一人でもフラッと来て食べれるのはありがたい。


f0232060_2026044.jpg
























f0232060_20262231.jpg
























f0232060_20264533.jpg
























f0232060_2027511.jpg






























なんかすごく贅沢な気分。


いいお中華だった。







■「ビストロシノワ YASMIN ヤスミン」
https://tabelog.com/tokyo/A1319/A131907/13161422/









■今日のカメ

■「ビストロシノワ ヤスミン」
f0232060_2018431.jpgJR西荻窪駅北口から徒歩3分ほど。コンクリート打ちっぱなしのおしゃれな飲食ビルの1階にあります。









■お通しと紹興酒
f0232060_20285188.jpgお通しは、味噌で煮込んだあん肝。美味しい!

紹興酒は10年物。紹興酒はずっと苦手だったのですが、中華を頻繁に食べるようになったら、紹興酒が一番合ってて、結果好きになりましたw。






■1品目
f0232060_2026044.jpg1名用の前菜の盛り合わせ(800円)。ちゃんと1人分メニューがあって、色々と食べれるのがありがたい。








■前菜アップ①
f0232060_20322449.jpg四川風よだれ鶏、干し豆腐のナムル、活けホタテのネギソースです。前菜からしてめちゃくちゃ美味しいです。








■前菜アップ②
f0232060_20335420.jpg自家製腸詰、中華ピクルス、クリームチーズの紹興酒漬けです。









■2品目
f0232060_2035965.jpg「四川風まこも茸のフリット」(700円)です。まこも茸は、ホントうまい。サックサク。大好き。









■3品目
f0232060_20393899.jpg「大山鶏とポルチーニの紙包み揚げ」(680円)です。









■中はこんな感じ
f0232060_204185.jpg紙に包まれて、しっかり火が通って、柔らかく出来ています。ポルチーニもいい香り。









■4品目
f0232060_2042563.jpgふかひれスープ(1200円)。濃厚で、めちゃくちゃ美味しい。来ると必ずいただくお気に入りの一品。









■5品目
f0232060_20425121.jpg「山形豚の黒酢酢豚」(1200円)です。豚も柔らかく、美味しく出来ていますが、私には少し甘すぎたかな。
by meshi-quest | 2016-12-13 08:08 | 西荻窪
プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ