カテゴリ:沖縄( 50 )









スタッフに連れられて、ランチに「新麺 めで鯛」へ。


私が役員をさせてもらっている沖縄のゲーム会社、


「ちゅらっぷす」と「AppBeach」の近くに新しく出来たラーメン店。


f0232060_20451542.jpg


f0232060_20451840.jpg










店名の「めで鯛」の名の通り、鯛出汁のラーメン。


サッパリと濃厚があったので、濃厚民族としてはもちろん濃い方を。


f0232060_20482545.jpg











かなり濃厚な鯛ポタージュラーメン。


麺にも絡んで、ちゃんと美味しい。


味玉子は、隠し味にトリュフオイルを使ってて、食欲誘ういい香りがする。


f0232060_20502776.jpg












ラーメンを食べた後は、残ったスープで茶漬けにできる鯛めし。


f0232060_20512038.jpg











かなり豪勢に鯛を使い、味も内容も丁寧な作りになっているので、


採算取れるのかな、なんてつい心配してしまうが、


沖縄のラーメンの新生としてぜひ応援したい。










■「新麺 めで鯛」
https://tabelog.com/okinawa/A4701/A470103/47019724/








by meshi-quest | 2017-08-20 08:06 | 沖縄









暑いところでナマモノはちょっと・・・という人もいると思うが、


汗かきながら食べる沖縄の鮨も悪くない。










これまで何店か沖縄の鮨屋に行ったが、


今回は、お祝いも兼ねて、那覇における銀座のような場所にあり、


那覇の中でも最高級鮨屋の1軒である「かわじ 本店」へ。


f0232060_2054140.jpg


f0232060_2054437.jpg


f0232060_2054776.jpg











沖縄の「島だこ」など沖縄食材も使いつつ、


新鮮な魚は築地から取り寄せをしていて、メニューも豊富。


f0232060_2074831.jpg


f0232060_2075131.jpg


f0232060_2075557.jpg


f0232060_2075933.jpg


f0232060_208335.jpg


f0232060_208719.jpg











にぎりも、巻物もちゃんと美味しく出来ていた。


f0232060_2085651.jpg


f0232060_209073.jpg


f0232060_209557.jpg


f0232060_209845.jpg


f0232060_2091249.jpg













ただ、那覇では随一の有名な高級鮨店だけあって、


客層もそれなりの方ばかりで、お値段もかなり高い。


沖縄価格で、ではなく、普通に東京価格で考えても高い。









品物は確かにしっかりしているが、


東京でこの値段出したら、食べきれないほどの高級鮨が出て、


正直もっと良いものも食べれたりするかな、という印象。










那覇では一番かもしれないけど、この金額出すなら、


もう少し安い地元の沖縄鮨でもいいかなと思ってしまう。








■「かわじ 本店」
https://tabelog.com/okinawa/A4701/A470101/47000617/










■今日のカメ

■「かわじ 本店」
f0232060_2054140.jpg
那覇の銀座である松山という場所にある高級鮨店。









■個室の様子
f0232060_2054437.jpg
今回は沖縄の会社スタッフとのお祝いや打ち合わせも兼ねていたので、個室へ。お店自体はカウンターも個室もあり、席数は豊富。








■テーブルセット
f0232060_2054776.jpg
テーブルセットはこんな感じ。日本酒をいただく。









■お通し
f0232060_20173357.jpg
野菜と貝の酢味噌。









■1品目
f0232060_2074831.jpg
島たこ。普通のたこよりも、身が締まってて、歯ごたえがある。









■2品目
f0232060_20192417.jpg
水ナスのおしんこ。









■3品目
f0232060_2075131.jpg
うなぎのかば焼き。










■4品目
f0232060_2075557.jpg
出汁巻き玉子。









■5品目
f0232060_2075933.jpg
カニの茶碗蒸し。










■6品目
f0232060_20212682.jpg
ねぎトロ巻き。









■7品目
f0232060_208335.jpg
生ホタテのバター焼き。









■8品目
f0232060_2023338.jpg
トウモロコシの天ぷら。









■9品目
f0232060_20241069.jpg
キンメの塩焼き。









■10品目
f0232060_2085651.jpg
にぎりをおこのみで注文。沖縄の鮨屋さんに行くと、東京にあるネタがない場合が多いのですが、ここは築地から取り寄せているらしく、ほぼ東京の鮨屋と変わりない感じでした。







■11品目
f0232060_2091249.jpg
追加の穴子(塩)と、つまみ玉子。









■12品目
f0232060_2026532.jpg
あら汁。









■13品目
f0232060_20272969.jpg
サービスのわさびのアイスと、杏仁豆腐。
by meshi-quest | 2017-08-19 08:05 | 沖縄








たびたびお邪魔している吉祥寺の赤身肉の名店「肉山」。


ついに、その肉山が沖縄に爆誕したと聞き、


ちょうど沖縄出張があったので、寄らせてもらった。


f0232060_18565013.jpg


f0232060_1856575.jpg


f0232060_1857028.jpg











吉祥寺の「肉山」本店と同じく、おまかせで肉が出てくる飲み放題コースに、


キムチやトマト、肉の付け合わせも肉山と同様。


f0232060_1905624.jpg


f0232060_190586.jpg


f0232060_191149.jpg











「肉山」と内容も一緒なのだが、ちょっと全体的に勢いがないというか、


ボリュームも、盛り付けも、少し控えめになっていて、


なんとなくマニュアル通りにやっている感じがしてしまう。


本店を知っていると、金額もメニューも一緒だけに、正直残念。


f0232060_1963744.jpg


f0232060_1964024.jpg


f0232060_1964426.jpg


f0232060_1965011.jpg


f0232060_1965889.jpg


f0232060_197271.jpg


f0232060_197581.jpg


f0232060_197848.jpg












沖縄という南国らしく、もっと大胆で、おおらかで楽しくて、


沖縄ならではのメニューや食材も入るといいな。


まだオープンして数か月しか経ってないのもあると思うが、


ここから沖縄の肉山らしくなっていくのだと信じて、


また機会があればお邪魔してみようと思う。







■「肉山那覇」
https://www.facebook.com/nikuyamanahaokinawa/









■今日のカメ

■「肉山那覇」
f0232060_18565013.jpg
最寄駅は、ゆいレールの牧志駅か安里駅。路地裏にある白いビルの2階です。









■店内の様子
f0232060_1905624.jpg
店内はそこそこ席数あって、すべてテーブル席。









■赤ワイン
f0232060_191149.jpg
肉山赤ワイン。









■テーブルセット
f0232060_190586.jpg
テーブルセットはこんな感じ。










■1品目
f0232060_1963744.jpg
特製パテからスタート。









■2品目
f0232060_1964024.jpg
大きなエリンギの炭火焼。









■3品目
f0232060_1964426.jpg
かめのこ。









■4品目
f0232060_1965011.jpg
沖縄豚のロースト。豚はもっと厚切りのほうが美味しいかも。









■5品目
f0232060_19374565.jpg
短角牛のソーセージ。










■6品目
f0232060_19382429.jpg
もろきゅう。箸休め。










■7品目
f0232060_1965889.jpg
あか牛の肩ロース。









■8品目
f0232060_1940475.jpg
黒毛和牛。しんたまだったかな。これが一番ジューシーで美味しかった。









■9品目
f0232060_197581.jpg
肉山特製のTKG。ごま油と塩味。










■肉山カレー
f0232060_197848.jpg
カレーを食べたい人用に、特別にカレーを別盛り。
by meshi-quest | 2017-08-18 08:04 | 沖縄








沖縄は「沖縄そば」でも分かるようにめちゃくちゃ麺文化だが、


意外と、いわゆる普通の「ラーメン」と呼ばれる麺は少ない。


朝から晩まで、どこもかしこも「沖縄そば」だ。









元々の麺文化に、さらに「沖縄そば」以外の珍しさもあってか、


沖縄にラーメンブームが来ているようで、続々と名店が誕生している。


その中でも人気の、横浜のラーメン博物館にも出店をしているという


「琉球新麺 通堂 (とんどう)」に行ってみた。


f0232060_13373365.jpg























f0232060_1338314.jpg
































那覇近辺では有名な人気ラーメン店のようで、


沖縄のスタッフから「いつ行っても混んでる」と聞いていたが、


平日の普通の昼過ぎで、ゆうに30分待ち。


しかも、もちろん地元の方もいたが、話し声を聞いてると、その大半が中国系。


どうやら、中国観光客に日本ラーメンブームが来ているようだ。


f0232060_13405640.jpg
































待つ人は、ウェイティングの紙に名前を書き残すのだが、


日本人の店員さんが何度も「チンさんー、チンさん、いらっしゃいますか?」と聞き、


その度に、たくさんいるであろう『チンさん』がワサッと集まっては、


自分の『チン』でないことを確かめて解散していく様は、ちょっと滑稽だった。











待つこと約30分、ようやく入れて、カウンターに着席。


サービスで自由に食べれるピり辛もやしを食べながら、ラーメンを待つ。


ピり辛いと聞いていたが、たいぶ辛い。


f0232060_13451825.jpg























f0232060_1345445.jpg































ラーメンは、「おとこ味」「おんな味」の2種で、


「おとこ味」はこってり豚骨、「おんな味」はさっぱり塩になっている。


当然、ジェンダー気にせず、濃厚民族は「おとこ味」を選ぶ。


f0232060_1347361.jpg























f0232060_13475624.jpg



































もう慣れたが、量多めを「メンズセット」とか、


デザートつけると「レディースセット」とか、


食にメンズも、レディースもないので、何とかならないかな、もう慣れたけど。









さて、「おとこ味」の全部入り登場。


なかなか臭みがあって、濃さもあって、好きな風味の豚骨ラーメン。


「一蘭」や「じゃんがら」のぼんしゃんらーめんに近い感じ。


f0232060_13511678.jpg























f0232060_1352641.jpg






























よく言えば、みんなが大好きな優等生の豚骨、


もっと言うと、特徴が薄いというか、


どこかほかでも食べれそうな気がしてしまうので、


また絶対ここに来て並びたいと思うかというと、ちと考えてしまう。


東京はラーメン激戦区なもんで、


どこもかしこもラーメンのクオリティーも高く、悲しいかな舌が肥えてしまう。












ちなみに、これが別の方の頼んだ「おんな味」


薄すぎず、濃すぎず、これはこれでとても美味しい塩だった。


f0232060_1355258.jpg























f0232060_13552377.jpg
































別のテーブルが頼んでいたチャーハンのビジュアルが良く、


思わず追加でチャーハンを頼んでしまったのだが、


かなり胡椒が強くて、見た目は好みだが、味がイマイチ好みではなかった。


実際若い男性スタッフさんが力強く中華鍋振りながら、男飯を作っていて、


このチャーハンが「おとこ味」と言われると、納得なのだが。


f0232060_13574185.jpg































■「琉球新麺 通堂 (とんどう)」
http://www.ryoji-family.co.jp/ryukyushinmen_tondo.html







by meshi-quest | 2017-05-28 08:06 | 沖縄








那覇の繁華街にほど近いところにある


古民家カフェ「茶ぁーやー」で昼ごはん。


f0232060_1352810.jpg
































ああ、この感じ。


沖縄に来た!という感じがする。


いいなあ、沖縄の古民家は。


棚に三線が飾られてたり、沖縄独特の飾り付けがあったり、


東京のそれとは、やっぱりちょっと違う。


f0232060_1365197.jpg























f0232060_137125.jpg

































せっかく出張で沖縄に来てるので、沖縄らしい昼ご飯を。


豚肉をトロトロに煮込んだラフテー定食


暑いから、ちょっと甘めの濃い味くらいがちょうど良く、ご飯が進む。


f0232060_1393428.jpg























f0232060_13105282.jpg























f0232060_13111256.jpg























f0232060_13113330.jpg

































そして、この日、念願だったあの飲み物を飲めることに。


ぶくぶく茶、見参!!!



f0232060_1313341.jpg




































最初の感想としては、思った以上にぶくぶくしてて驚いたw。


カプチーノとかのそれとは違って、かなり固めで、一向に壊れる気配のない泡。


中は、沖縄名物の「さんぴん茶」で、その上に米粉を泡立てたものが乗っている。


見た目に反し、全く甘くなくて、生ぬるいさんぴん茶と泡の謎のドリンク(笑)。


f0232060_13163181.jpg


































何事も経験なので、ぶくぶく茶が飲めたことは最高に感激なのだが、


美味しいか美味しくないかで言うと、あまり美味しいものではなく、


以後は、普通に泡無しのさんぴん茶を頼むことだろう。


過ぎたるは及ばざるがごとし、とはよく言ったものだ。










そういえば、ぶくぶく茶ならぬ、ぶくぶくコーヒーというのがあるらしく、


カプチーノじゃん?と言われればそれまでだが、


ぶくぶく茶よりは相性良いような気がするので、


こちらはまた別途機会があれば飲んでみようと思う。








■「古民家カフェ 茶ぁーやー」
http://www.localplace.jp/t100143077/








by meshi-quest | 2017-05-27 08:06 | 沖縄








沖縄出張でございます。


沖縄は3月にもう海開きがされているくらいで、


待ちゆく人は皆半袖、室内にはクーラーが入り、夏全開。


さすが、南国。










毎回、現地の有志スタッフが集まって、


沖縄の美味しいお店に連れて行ってくれるのが、


出張の密かな楽しみになりつつある今日この頃。


出張初日の夕食は、「しまぶた屋」というスチームダイニングへ。


f0232060_1231841.jpg
























f0232060_12314749.jpg




































真っ先に目を引き、驚いたのが、


テーブルに設置されている巨大なせいろ


持ってきたものではなく、各テーブルに設置されてて、


すでにホッカホカに蒸されている。


f0232060_12333291.jpg


































ここに生野菜や生肉をどんどんぶち込んで、


蒸しては食べ、食べては蒸しを繰り返す仕組み。


さすが沖縄、すごく大胆(笑)。


東京でこんなお店見たことないが、


『」スチームダイニング』と言うだけのことはある。


f0232060_1235256.jpg























f0232060_1236369.jpg

































サイドメニューも蒸し料理が豊富で、せいろを使ったものがたくさん。


蒸し料理って、意外と幅広い。


「蒸し」に特化した面白いダイニングだった。


f0232060_12373798.jpg























f0232060_12375589.jpg























f0232060_123820100.jpg























f0232060_12383952.jpg























f0232060_12385919.jpg
































■「スチームダイニング しまぶた屋」
https://r.gnavi.co.jp/f316201/








■今日のカメ

■「しまぶた屋」
f0232060_1231841.jpg那覇の観光地、国際通りから徒歩1分くらいのところにあります。









■店内の様子
f0232060_12314749.jpg南国のお祭りのような派手で賑やかな装飾の店内。テーブル、カウンター、席数はそこそこあります。









■巨大なせいろ
f0232060_12333291.jpg各テーブルに1つづつ設置されている巨大なせいろ。4人分くらいあります。ホカホカに蒸されていて、準備万端なご様子。








■蒸し物
f0232060_1235256.jpg野菜、あぐー豚、つくねなど。単品でも追加注文可能。









■蒸してみた。
f0232060_1236369.jpgせいろの中に、野菜や肉を入れて蓋をして、しばらくすると、蒸し上がります。

鍋はよくあっても、せいろをみんなでつつくのは新しいw。






■サイドメニュー①
f0232060_12373798.jpg名物の「蒸しじーまみー豆腐」。

沖縄名物のピーナッツで作られた豆腐。通常は冷たいのですが、ここでは蒸して温めてあります。濃厚でトロトロ。






■サイドメニュー②
f0232060_12375589.jpgあぐー豚のもち米焼売(580円)。モチモチしています。









■サイドメニュー③
f0232060_123820100.jpg「しまくるー」という琉球在来豚アグーの血統を75%以上も受け継いだ豚肉を使った蒸し餃子(780円)。








■サイドメニュー④
f0232060_12524644.jpg「ありんくりんポテトフライ」(580円)。

紅芋、タロイモ、じゃがいもなど、色んな芋を使ったポテトです。







■サイドメニュー⑤
f0232060_12383952.jpg県産車海老のガーリック蒸し(880円)。かなりガーリックが効いてます。

意外と知られてないですが、沖縄は国内有数の車海老の生産地です。






■サイドメニュー⑥
f0232060_1257346.jpg「しまくるー」と海老の水餃子。










■サイドメニュー⑦
f0232060_1258164.jpg黒麻婆豆腐。真っ黒w。でも味はちゃんと麻婆豆腐です。









■サイドメニュー⑧
f0232060_12385919.jpgチャーシューおこわ。厚切りチャーシューがドカンと乗ったボリューミーなおこわです。
by meshi-quest | 2017-05-26 08:06 | 沖縄









「炊肉(たきにく)」という料理をご存知だろうか。


f0232060_21593915.jpg

































一見すると、「焼肉」の誤変換のようにも見えるが、


「炊肉(たきにく)」が正しくて、まさに肉を炊く料理だ。


東京では聞いたことのない料理だが、


某有名アスリートがテレビで紹介をしたらしく、


いま、那覇では人気の料理らしい。










というわけで、これは食べねば帰京できん!ので、


「炊肉の店 牛ちゃん」に行ってきた。


f0232060_2201762.jpg























f0232060_2205256.jpg
































これ、説明するよりも、見てもらった方が早いのだが、


これが、「炊肉(たきにく)」。


f0232060_2221516.jpg























f0232060_2223966.jpg































この鉄板、真ん中が少しくぼんでいて、


そこに焼肉のたれの味のスープが入ってて、


火がかかると、ぐつぐつと肉や野菜が煮えていく。


もんじゃ焼きっぽいビジュアルで、確かに水気が多いので煮てある肉だが、


食べると、味は焼肉という不思議な食べ物。









具材を選べるようになっていて、肉以外に海鮮もあったりして、


色んなバリエーションが楽しめるようになっている。


炊く肉なので、水分が存分に余っているため、


肉を食べた〆に、そのまま雑炊や麺が楽しめるようになっている。


f0232060_226791.jpg























f0232060_2263859.jpg























f0232060_227034.jpg

































肉も野菜も炭水化物もいっぺんに食べれるので、


意外と食事のバランスもいいし、味も悪くない。


見た目の面白さだったり、みんなでつついて食べれるあたり、


友達同士で居酒屋感覚で利用するにも良さそう。









何度も来たいとハマるまでではないけど、


一度は那覇でぜひ試してもらいたい料理ではある。








■「炊肉の店 牛ちゃん」
https://tabelog.com/okinawa/A4701/A470101/47005515/










■今日のカメ

■「炊肉の店 牛ちゃん」
f0232060_2201762.jpg那覇の中心部から近い場所のビルの2階にありました。









■店内の様子
f0232060_2205256.jpg結構芸能人や取材が来ているようで、壁にいっぱいサインが飾られていました。









■テーブルセット
f0232060_22142386.jpgテーブルセットはこんな感じ。










■炊肉、きた!
f0232060_22151939.jpg鉄板のサイズ感としては、こんな感じ。4人で1つを囲む感じ。









■炊肉、アップ
f0232060_2223966.jpg一番定番の「鹿児島県黒毛和牛カルビ」(2700円)。野菜もセットで出てきます。水分の多い焼肉、という感じ。美味しいです。

ちなみに、この炊肉の発祥は、鹿児島県らしいです。





■〆の麺
f0232060_2263859.jpg余った汁に麺を投入。










■〆の雑炊
f0232060_227034.jpg〆は、麺かご飯が選べて、ご飯だとこんな感じで雑炊に。
by meshi-quest | 2017-02-21 08:07 | 沖縄








沖縄の弊社スタッフの紹介で、


那覇でナンバーワンと呼び声が高いという、


あぐ~豚しゃぶしゃぶ専門店「まつもと」で食事。


f0232060_21112699.jpg























f0232060_21115715.jpg























f0232060_21122048.jpg
































地方でも大手グルメサイトは見させてもらうが、


どうしても都心ほど店の種類も幅もないので、


経験上、評価の正確性にだいぶブレがある。


つまり、評価をたどっても、美味しいところに行きつけないことが多い。







なので、土地勘のない地方に行った時は、自分で調べるよりも、


その土地の人に素直にお願いした方が絶対美味しいものが食べれると思う。


地元の人こそが、まさに生きたグルメサイトだ。









ここ「まつもと」は、しゃぶしゃぶのコースのみで、


かなりの人気店のようで、沖縄では珍しく予約必至。


名物は、バラの花をかたどったあぐ~豚肉、まさに「豚バラ」


f0232060_21172134.jpg























f0232060_21174224.jpg

































しゃぶしゃぶ鍋の中に、一輪の豚バラが咲いている。


f0232060_2119228.jpg

































あぐ~豚は、とても甘みがあって、かなり脂が乗っていて、


人によっては、脂にちょっとやられてしまう人もいるかもしれないが、


最初の一口はとても美味しかった。


豪快な見た目に反して、大量に食べるというより、


適量を楽しむしゃぶしゃぶという感じ。










スタッフの方が親切に説明やお鍋の世話をしてくれるので、手放しで楽しめる。


最後の雑炊まで、美味しくいただいた。


f0232060_21221310.jpg























f0232060_21235450.jpg























f0232060_21244786.jpg























f0232060_2125990.jpg























f0232060_21254592.jpg























f0232060_2126698.jpg


































ちなみに、あぐ~豚の特徴として、脂に甘みがあり、臭みが少ない以外に、


こうやって煮ても、ほとんどアクが出ない。


この写真、全くアク取してない状態で、ここまでアクがない。


「しゃぶしゃぶは、アクが出るから面倒」という人には、神のような豚かも。


f0232060_21292353.jpg































■「あぐ~しゃぶしゃぶ まつもと」
https://tabelog.com/okinawa/A4701/A470101/47017093/








■今日のカメ

■「まつもと」
f0232060_21112699.jpg那覇に2店舗あって、こちらが本店のようです。観光客だけでなく、地元の人にも人気で、フラッと入るのは無理。予約必至。








■店内の様子
f0232060_21115715.jpg席数はそこそこある感じですが、どこも満席。みんなしゃぶしゃぶ食べてます。









■テーブルセット
f0232060_21122048.jpgテーブルセットはこんな感じ。海ぶどうがお通し。










■もずく
f0232060_21354919.jpgしゃぶしゃぶコースに付いてくる沖縄もずく酢。










■たれ
f0232060_21383995.jpgかなり甘めの味付の醤油ポン酢だれです。ネギたっぷり。









■薬味
f0232060_2125990.jpg柚子こしょうならぬ、シークワーサーこしょう。柚子よりも強めの柑橘風味。









■鍋きた!
f0232060_21403534.jpgコースは、つまみとかはほぼなくて、速攻しゃぶしゃぶスタートです。









■あぐ~豚盛り
f0232060_21172134.jpgあぐ~豚の盛り合わせ。これで8人分くらいかな。










■豚バラ、アップ
f0232060_21174224.jpgフォトジェニックな豚バラですw。










■野菜盛り
f0232060_21235450.jpg野菜とほぼ同量の島豆腐。豆腐多いw。










■まずは、野菜から
f0232060_21244786.jpgまずは、野菜をガッツリ入れて、煮ていきます。










■お世話してくれます
f0232060_21221310.jpgスタッフの方が、適度に鍋を見に来て、ちゃんとお世話をしてくれます。









■豚バラ、入ります!
f0232060_2119228.jpg綺麗なピンク色の豚バラ。しばらくすると、脂が溶け、肉に火が通って、バラの形もはかなく消えてなくなります。

肉も厚みがあるので、全体的にやや脂っぽいですが、甘みがあって、美味しいしゃぶしゃぶです。





■アクでない!
f0232060_21292353.jpgあぐ~豚の特徴として、アクがほとんど出ないです。アク取りしなくて済むのは、便利!









■水菜巻き
f0232060_21254592.jpgお店おすすめの食べ方、水菜巻き。

水菜のシャキシャキ感と、野菜が入ることで、脂っぽさが薄れて、より食べやすくなります。







■〆の雑炊
f0232060_2126698.jpgあぐ~豚の出汁を使った雑炊。かなりさっぱりとした薄味。









■デザート
f0232060_2150651.jpg食後のデザートは、沖縄らしくパインでした。
by meshi-quest | 2017-02-20 08:06 | 沖縄









那覇での打ち合わせの帰り、近くに人気のカフェがあると聞き、


「オハコルテベーカリー」にてランチ。


カフェに、ベーカリーに、野菜や食品を売る店も併設していて、


広くて、オシャレで、雰囲気の良いカフェ。



f0232060_22412362.jpg























f0232060_22414543.jpg























f0232060_2242539.jpg

































席も広いので、パソコン広げながら仕事しつつ、食事も出来て良かったのだが、


写真に惹かれて頼んだハンバーグのカフェ飯が期待ほどではなかった。


これで料理も抜群だと、最高にいいカフェなんだけどなあ・・・。


f0232060_22442850.jpg























f0232060_22445220.jpg























f0232060_2245127.jpg























f0232060_22453166.jpg

































■「オハコルテベーカリー」
http://ohacorte-bakery.com/









■今日のカメ


■「オハコルテベーカリー」
f0232060_22412362.jpg那覇の旭橋という場所の近くにあります。国際通りからも近いです。









■店内の様子
f0232060_22414543.jpgウッディーな店内で、席数も多く、広々としています。雰囲気はすごくいいです。









■食品売り場
f0232060_2242539.jpgカフェの隣に、ベーカリーと、有機野菜などを売るグロサリーショップが併設されています。









■ハンバーグセット
f0232060_22442850.jpgランチメニューの「デミグラスハンバーグセット」(1600円)を注文。サラダ、ドリンク付き。









■アップ
f0232060_22445220.jpgハンバーグの上にマッシュポテトが乗っています。

決してまずくはないですし、見た目もかわいいのですが、ハンバーグとしては普通かな。







■スープ
f0232060_2245127.jpg本日のスープは別注。これも普通かな。










■デザート
f0232060_22453166.jpg別注で、窯焼きプリンを注文。しっかりとした固めのプリンで、コクがあって、やや甘めですが、美味しく出来ていました。
by meshi-quest | 2017-02-19 08:05 | 沖縄








沖縄出張最終日。






東京へ旅立つ日のランチは、


お約束の沖縄名物ジャッキーのステーキ



f0232060_13163046.jpg























f0232060_13165686.jpg























f0232060_13171823.jpg































さすがにこれだけ来ていると、少しは勝手が分かるようになるもので、


まずは、店外にある混雑状況が分かる信号機チェック


「やがて、空席」


よし、ちょっと待てば入れそうだ!


f0232060_13202147.jpg


































いつものテンダーロインステーキのLサイズ(250g)を。


高級なそれとは違うが、いい意味で庶民的で食べやすいステーキ。


ノスタルジックでどこか懐かしい感じもあり、食べ飽きがこない感じ。


f0232060_13234731.jpg























f0232060_1324113.jpg































ちなみに、ここジャッキーに限らず、


沖縄のステーキ屋で必ず出されるこの謎の白いスープ


味が薄くて、ちょっと粉っぽくて、これだけは何度飲んでも、やや苦手。


何なんだろうな、このスープ・・・。


f0232060_13254336.jpg































■「ジャッキーステーキハウス」
http://www.steak.co.jp/










■今日のカメ

■「ジャッキーステーキハウス」
f0232060_13165686.jpg沖縄でステーキと言えば、真っ先に名前が挙がるほどの有名店。観光客だけでなく、むしろ地元の人でいつも混んでる印象。








■これがジャッキー
f0232060_13171823.jpgステーキ=アメリカ=アメリカっぽい名前かと思っていたら、ステーキ食べて力が出ることから、車を持ち上げる「ジャッキー」が名前の由来らしい。








■混雑案内
f0232060_13202147.jpg店外にある名物信号機。これで、どれくらい待ちが出ているかがやんわり分かる仕組み。









■セットスープ&サラダ
f0232060_13254336.jpgサラダは普通。問題は、この白いスープ。何度飲んでも、まだ美味しいと感じたことがない・・・。









■テンダーロインステーキ
f0232060_13234731.jpgいつものテンダーロインステーキのLサイズ(250g)。名前通り、肉は柔らかく、食べやすい。

沖縄名物のA-1ソース(酸味があるソース)が苦手なので、いつも醤油をかけていただいてます。
by meshi-quest | 2017-02-01 08:06 | 沖縄
プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ