カテゴリ:渋谷・神泉( 76 )









渋谷での打ち合わせ帰りに、


渋谷松濤で人気のクレープリー「ガレットリア」でひと休み。


f0232060_16105270.jpg























f0232060_16111724.jpg































「ガレットリア」は、クレープを気軽に食べれるお店というコンセプトで、


「ガレット」と「トラットリア」を組み合わせた造語だそうで、


その名の通り、食事からデザートまで色んな種類のクレープ&ガレットが食べられる。


f0232060_16203083.jpg































美味しいクレープ屋さんでは、あえて色んな具が乗った派手なクレープではなく、


シンプルに生地の味が楽しめるバターシュガーを選ぶ。


バターシュガーがメニューにあって、かつ、それがしみじみ美味しいお店は、


本当にクレープが美味しい証拠だと思う。


f0232060_162226100.jpg























f0232060_16225448.jpg































■「ガレットリア」
http://www.many.co.jp/galettoria/









■今日のカメ

■「ガレットリア」
f0232060_16105270.jpgJR渋谷駅から徒歩7分ほど。井の頭線神泉駅からも歩けます。駅からはちょっと離れています。









■店内の様子
f0232060_16111724.jpg1階と2階があり、1階はカウンターとテーブル。

人気店なので、時間制限をしています。








■バターシュガー&ドリンク
f0232060_16203083.jpgバターシュガー(600円)とカフェオレ。










■バターシュガー、アップ
f0232060_162226100.jpg生地がしっとりモチモチしてて、小麦の味もしっかりしており、美味しいクレープです。バターシュガー、美味しいなあ。








■カフェオレ
f0232060_16225448.jpg大きなボウルでやってくるカフェオレ。
by meshi-quest | 2017-03-20 08:06 | 渋谷・神泉








渋谷に勤めている知り合いに勧められ、


ポルトガル家庭料理「マヌエル・コジーニャ・ポルトケーザ」でランチ。


f0232060_167313.jpg























f0232060_1675353.jpg
































ポルトガル料理は、料理もお菓子も日本の現在の食に強く影響を与えていて、


普段食べているものの中にも多数ポルトガルにルーツがあるものが存在する。


文明堂でお馴染みのカステラも元はポルトガルの伝統菓子の伝来だし、


和食の代表格である「天婦羅」も実はポルトガルが発祥と言われている。








かつ、日本と同じく、海に囲まれ、海産物を多用することもあり、


ポルトガル料理は日本人の口にすごく合うと言われている。








・・・・が。


私もそう思っていたのだが、


ポルトガルの植民地だったマカオに行った時、


マカオの町に多数ポルトガル料理店があって、


地元の人に勧められて行ったのだが、あんまり合わなかった。









マカオにあるポルトガル料理は、


正確には「マカオポルトガル料理」と言われ、


若干、本来のポルトガル料理に中華的なエッセンスが加わっている。


なので、いつかちゃんとしたポルトガル料理に再チャレンジしようと思っていた。









というわけで、「マヌエル・コジーニャ・ポルトケーザ」で再チャレンジなのだが、


結論から言うと、やっぱりポルトガル料理がイマイチピンと来ない。


まずいとは言わないが、個人的に美味しいとも言えない。


うーん、どうも相性悪いなあ、ポルトガルと。


f0232060_16355268.jpg























f0232060_16361542.jpg























f0232060_16364090.jpg























f0232060_1637134.jpg
































■「マヌエル・コジーニャ・ポルトケーザ」
http://www.pj-partners.com/manuel/









■今日のカメ

■「マヌエル・コジーニャ・ポルトケーザ」
f0232060_167313.jpgJR渋谷駅から徒歩10分ほど。駅からは少し離れています。井の頭線「神泉駅」からも歩けます。









■店内の様子
f0232060_1675353.jpg席数は少なめ。ランチはすごく人気で、女性が多く、混んでました。









■1品目
f0232060_16355268.jpg前菜にメインとデザートが付くランチコース(1800円)にしました。

まずは、ひよこ豆のスープとミニサラダ。







■2品目
f0232060_16361542.jpgポルトガル料理前菜の盛り合わせ。

イベリコ豚チョリソー、バカリャウのコロッケ、小あじの南蛮漬け、タコのマリネです。







■3品目
f0232060_16424623.jpgメインは5種から選べます。これは、「アサリとチキンの煮込み ターメリック風味」です。

かなりココナッツとターメリックが効いていて、甘めな香りのエキゾチックな味わい。個人的にはちょっと苦手。





■パン
f0232060_16449100.jpg割とパサッとしているパン。汁を吸うように、なのかもしれないけど、このパンもイマイチ。









■4品目
f0232060_1637134.jpgデザートは、5種から2つ選べます。ここが女性に人気のポイントなのかも。

写真は、「パオ デ ロー」というポルトガル風半熟カステラと、マデラ酒風味のアイスクリーム。デザートはなかなか美味しかったです。
by meshi-quest | 2017-03-02 08:01 | 渋谷・神泉







ゲーム業界の同い年の友達に招待いただき、


渋谷セルリアンタワーにある「金田中 草 (かねたなかそう)」でランチ。


天井も高く、広々としてて、渋谷であることを忘れるほど優雅。


高級ホテルのレストランはこういうところがいい。



f0232060_14243729.jpg























f0232060_14251781.jpg

































高級和食なので、コースも種類は限られているのかと思ったら、


予想外に種類が多く、かつ、メニューに細かく料理が書かれていて、


読み込めば読み込むほど迷って、友達と雑談しながらゆうに30分くらい品定め。


すし膳も良かったけど、和牛膳も捨てがたかったけど、


結局、肉も魚も食べれるという無難な「替り膳」にソフトランディング。


f0232060_14303419.jpg























f0232060_1431087.jpg























f0232060_14312257.jpg























f0232060_14314386.jpg























f0232060_1432462.jpg























f0232060_14322896.jpg

































ひたすらお上品で、少量がちょこちょこ出てくる感じなので、


男性同士の会食にはあまり向かないかもしれないが、


女性同士や、女性を含む、ちょっとリッチな会食には合いそう。


なにより渋谷の駅近で、この静かさは貴重。








■「金田中 草」
http://www.kanetanaka.co.jp/restrant/so/










■今日のカメ

■「金田中 草」
f0232060_14243729.jpgJR渋谷駅南口から徒歩5分ほど。セルリアンタワー東急ホテルの2階にあります。









■店内の様子
f0232060_14251781.jpg天井高く、大きな窓から日差しも差し込み、広々としています。テーブル席の他に、個室も。









■テーブルセット
f0232060_14431799.jpgテーブルセットはこんな感じ。

今回は、「替り膳」(3500円)にしました。








■梅酒
f0232060_14462170.jpg食前酒として、軽く梅酒で乾杯。










■1品目
f0232060_14303419.jpgまずは、サラダと軽いおつまみ。










■アップ①
f0232060_144707.jpgサラダは水菜とじゃこです。










■アップ②
f0232060_14472972.jpgふきのとう味噌と、ほうれん草の胡麻和え。










■2品目
f0232060_1431087.jpgメインディッシュは、魚と肉が楽しめる箱盛りです。









■アップ①
f0232060_14314386.jpg金華豚のしゃぶしゃぶ、白菜、菊菜、白葱です。










■アップ②
f0232060_14312257.jpg煮穴子と大根の含め煮です。上品な味わい。










■アップ③
f0232060_1432462.jpg諸子(もろこ)という魚の照り焼きと、木の芽酢です。









■アップ④
f0232060_14522812.jpg寒筍の含め煮です。










■釜炊きご飯
f0232060_14322896.jpgふっくら炊き立てのご飯を用意してくれます。










■お椀
f0232060_14533346.jpg豆腐の赤だしと香の物。










■デザート
f0232060_14542149.jpgきなこと黒糖(かな?)の和風プリン。甘さ控えめで美味しく出来ていました。
by meshi-quest | 2017-02-27 08:06 | 渋谷・神泉








来年は、酉年(とりどし)ということで、


鳥の神様にもぜひあやかりたいので、


大好きなフレンチ「LATURE ラチュレ」で野鳥をいただく。


f0232060_22163325.jpg























f0232060_22165739.jpg























f0232060_22171738.jpg
































あやかりたいのに、いただいてしまって良いのかは多少疑問も残るが、


室田シェフが自ら狩猟された野鳥の、


大いなるパワーを体内に取り込むということで、


感謝しながら、完食をしたいと思う。


f0232060_22191688.jpg























f0232060_22202737.jpg























f0232060_2220551.jpg































ちなみに、これらはすべて本物の熟成中の野鳥。


眠っているような感じだが、不思議と「生」を感じる。


本物の野鳥を羽根付きの状態で見せてもらえるお店は少ない。









シェフ自ら狩猟したキジのメインディッシュ、最後のデザートまで、


相変わらず、ノンストップで美味しくて、そして、美しい料理が続いた。


f0232060_22255189.jpg























f0232060_22261287.jpg























f0232060_22263389.jpg























f0232060_2227748.jpg























f0232060_2227593.jpg























f0232060_22282158.jpg

































中でも、今回感動したのが、最初のアミューズ。


f0232060_22305577.jpg


































なんか見たことあるなと思ったら、


このお皿、実は特注で、道路でよく見かける例のモノ。


そして、その上に乗っている料理はイノシシのリエット。


昨今、温暖化や森林伐採で町にイノシシが出てきて、


いろんな問題が起きてしまっていることを想起させる料理。


f0232060_22322762.jpg































今日も室田シェフワールドが全開の素晴らしいコースだった。







■「LATURE ラチュレ」
http://www.deco-hygge.com/deco/








■今日のカメ

■「ラチュレ」
f0232060_22163325.jpgJR渋谷駅から徒歩8分ほど。青山学院大学の隣のビルの地下1階にあります。









■店内の様子
f0232060_22165739.jpgテーブルが数席。席数は少なめなので、アットホームな感じで本格フレンチが楽しめます。

今日はお気に入りの、いつもの端っこの席。







■テーブルセット
f0232060_22171738.jpgテーブルセットはこんな感じ。










■本日のおすすめジビエ
f0232060_22191688.jpg狩猟免許を持たれている室田シェフ自ら獲ってきたという野鳥。









■野鳥、アップ①
f0232060_22202737.jpg鴨とキジ。










■野鳥、アップ②
f0232060_2220551.jpgみかん畑にいるみかんヒヨドリ。主食はみかん。










■アミューズ
f0232060_22305577.jpg人間界の道路を想起させる特注のお皿に乗せたイノシシのリエット。









■イノシシ、アップ
f0232060_22392354.jpgリエットの下にはビスケットが敷かれています。










■1品目
f0232060_22255189.jpgキジのバロティーヌです。キジの中にはフォアグラも巻かれています。付け合わせはイチジク。









■2品目
f0232060_22413173.jpg「みかんヒヨドリ」を使った料理。付け合わせは、ミカン。ヒヨドリ自体がみかんを食べて育っているので、みかんと相性がいい。ソースはバターミルク。







■パン
f0232060_2242535.jpg小麦の味がしっかりと出ている美味しいパン。










■赤ワイン
f0232060_22434990.jpgワインの酸味が苦手な私用のおすすめ赤ワイン。










■3品目
f0232060_22263389.jpg超濃厚なジビエのコンソメスープとキノコ。

チーズの香りを嗅いでいるような感覚。香りだけでお酒が進みそうな感じ。野性味あふれる美味しいスープ。






■4品目
f0232060_22462982.jpg舌平目を使ったクリーミーなグラタン。上には冬トリュフ。









■5品目
f0232060_22472852.jpgメインディッシュはキジ。キジの血を使った濃厚なソース。ジビエならではのガツンと来る野性味あふれる肉。すごく美味しい!









■6品目
f0232060_22485822.jpgすごく美しい形状のアートなデザート。










■デザート、アップ
f0232060_22494223.jpgゴマのメレンゲの中はこんな感じになっていて、チョコとトリュフのムースです。トリュフがめちゃくちゃいい香りで、デザートにもすごく合います。絶品。







■「クマンシェ」
f0232060_22505779.jpg食後の小菓子は、熊の脂を使ったフィナンシェの通称「クマンシェ」。

食べると、確かに牛のバターやミルクじゃないというのが分かるw。美味しいですが、不思議な味。
by meshi-quest | 2016-12-30 08:08 | 渋谷・神泉









子供の頃のチーズと言えば、


グラタンに乗っているやつか、ハンバーグに乗っているやつか、


はたまた、ピザの上にかかっているやつか、そんなくらいしか分からなかったが、


大人になると、色んな知識を得るもので、


ワインが飲めるようになった瞬間から、チーズの国への扉が開いてしまった。









個人的な好みで、私はウォッシュチーズばかり食べている。


「エポワス」とか、「タレッジオ」とか、「マンステル」とか、


チーズ独特の良い意味での臭みと、トロッとした感じがたまらない。









毎日でも食べたいくらいだが、チーズは温度管理が難しくて、


家の冷蔵庫ではうまく保存できないので、


あまり買ってきて食べることはなく、


もっぱら外のレストランで食べさせてもらってる。









そんなチーズ好きを知っている方から、


渋谷に美味しいチーズ専門店があると聞き、連れて行ってもらった。


f0232060_23131743.jpg























f0232060_23133672.jpg























f0232060_2314096.jpg

































「チーズとワインのマリアージュを楽しむ」がコンセプトで、


ショーケースいっぱいにチーズ好きな店主のセレクトチーズが並ぶ。


せっかくなので、ウォッシュチーズ以外にも、


ハードや青かびでのおすすめチーズをいただいてみた。


f0232060_23174746.jpg























f0232060_2318772.jpg































今でこそ、色んな人に「は?」と言われそうだが(苦笑)、


その昔は、ワインが苦手で、ほとんど飲めなくて、


飲めて美味しいと感じられるようになってから、


チーズの国への入国許可が出た感じ。






ホント、チーズは美味しいなあ。


チーズ、バンザイ!







■「フロマージュ倶楽部」
http://www.fromageclub.com/










■今日のカメ

■「フロマージュ倶楽部」
f0232060_23131743.jpgJR渋谷駅から徒歩7分ほど。道玄坂の109側の坂を上って、交番の手前くらいのところにあります。









■店内の様子
f0232060_23224451.jpgカウンターがメインで、テーブルも数席。細長い店内です。









■牛の招き猫
f0232060_2314096.jpgチーズのお店だけあって、牛柄の招き猫。










■ショーケース
f0232060_23133672.jpg店主がセレクトしたいろんなタイプのチーズが並んでいます。









■チーズ
f0232060_2318772.jpgせっかく専門店なので、大好きなウォッシュチーズ「エポワス」以外にも、おすすめをいただいてみました。

セミハードのゴーダ、青かびのフルムダンベール、ウォッシュのルーヴァッシュ。こんなに色んなチーズが試せるのは幸せ!




■赤ワイン
f0232060_23174746.jpgチーズに合わせて、おすすめをグラスで。
by meshi-quest | 2016-12-17 08:06 | 渋谷・神泉








懇意にさせていただいている


ミシュラン獲得の渋谷フレンチ「Deco」の室田シェフが独立され、


新たに渋谷でオープンしたフレンチ「LATURE ラチュレ」が素晴らしく、


とっても気に入ったので、早速再訪させていただいた。











秋も深まり、いい感じにキノコが揃い踏みしてきたので、


シェフが山で採ってきた各種キノコを使った濃厚なキノコスープが登場。


このスープの中に温泉のように浸かっていたいくらい、いい香り。


f0232060_1231562.jpg























f0232060_12324392.jpg
































キノコだけでなく、室田シェフが得意とされるジビエ料理にもいい季節で、


今日は、珍しいアナグマを使った濃厚なパテ・アンクルートが登場。


f0232060_12342439.jpg























f0232060_12344222.jpg























f0232060_1235655.jpg
































メインディッシュは、この時期だけしか食べられない雷鳥


日本では天然記念物だが、これはスコットランド産のもの。


今年初の雷鳥は、雷鳥独特の香りや苦みを持ちながら、


ジビエの旨味と力強さを感じさせる濃厚な味わいだった。


f0232060_12383151.jpg























f0232060_12385756.jpg






























■「LATURE ラチュレ」
http://www.deco-hygge.com/deco/










■今日のカメ

■「ラチュレ」
f0232060_12403640.jpgJR渋谷駅から徒歩8分ほど。青山学院大学の隣のビルの地下1階にあります。









■店内の様子
f0232060_12411092.jpgテーブルが数席。席数は少なめですが、その分、シェフやソムリエさんとゆっくり話ができるアットホームなレストランです。

カウンターもあり、1名からでも室田さんのフレンチが気軽に楽しめます。





■ワイン①
f0232060_12425319.jpgジビエに合わせた、ソムリエさんおすすめの赤ワインでスタート。









■1品目
f0232060_1244943.jpg「ラチュレ」の名物アミューズ、「鹿のブータンノワール」です。









■鹿、アップ
f0232060_12452537.jpgマカロンの中に鹿のブータンノワールが挟まれてます。お皿は、本物の鹿の毛皮です。

毛皮のお皿を使うのは、色んなフレンチ行ったけど「ラチュレ」だけだなあー。






■2品目
f0232060_12465998.jpg熊のすね肉を使ったケークサレです。










■熊、アップ
f0232060_12474750.jpg熊が食べているクルミをイメージした器。めちゃくちゃかわいい。









■3品目
f0232060_12482860.jpg鯖とイチジクを使ったさっぱりとした魚の冷菜。










■パン
f0232060_12492020.jpg香りよく、ジビエ料理にも合う食べやすいパン。










■キノコ、いっぱい!
f0232060_1231562.jpg秋のお楽しみ、シェフが山で採ってきたキノコがいっぱい。すでにいい香り。









■4品目
f0232060_12324392.jpg色々キノコを使った濃厚なコンソメスープのパイ包み。めちゃくちゃいい香り!

見た目もキノコみたいで、すごくかわいらしい。透明なグラスで、中のキノコスープが見えるのもいい。





■アナグマ、きた!
f0232060_12342439.jpg5品目の料理は、アナグマ。これはアナグマの頭蓋骨と手。小さいです。

ちなみに、アナグマは熊ではなく、どちらかと言うと、イタチの仲間です。






■これが、アナグマ肉
f0232060_12344222.jpg室田シェフがアナグマの本物の肉を持ってきてくださいました。このくらいのサイズ感。脂肪多め。









■5品目
f0232060_12565350.jpgアナグマのパテ・アンクルート。

ジビエっぽい独特な香りや味わいがありつつも、すごく食べやすく、美味しいパテ・アンクルートでした。絶品。






■6品目
f0232060_12581836.jpg口直しのなずな茶。

なずなを干して煎じてあるだけのお茶だそうですが、昆布出汁のような不思議な味がします。







■7品目
f0232060_1259254.jpg「スズキのパイ包み ザリガニのナンチュアソース」です。

「ナンチュアソース」とは、甲殻類から取った出汁にクリームを加えた濃厚なソースのこと。






■スズキ、アップ
f0232060_1312529.jpgスズキの甘みに、ザリガニの濃厚ソースがすごく合ってて、めちゃくちゃ美味しい。これ、大好きです、私。








■8品目
f0232060_1322457.jpgメインディッシュは、この時期だけしか食べられない野鳥「雷鳥」です。スコットランド産。









■雷鳥、アップ
f0232060_1332275.jpg雷鳥は、ジビエの中でもかなりレベルが高いというか、時期もあってなかなか食べれないのもあるし、美味しいのだが、反面、独特の風味と苦みがあるので、好き嫌いが分かれる。

ただ、「本来鳥って、こうなんだろうな」という、鶏とかとは違う、すごく野性を感じる貴重な料理。




■9品目
f0232060_1363251.jpg京都出身の女性パティシエさんが作った渾身のデザート。

京都のウイスキー「山崎」と、白味噌と、洋梨と、ローリエをふんだんに使った一品。






■デザート、アップ
f0232060_1383987.jpgここ最近食べたコースデザートの中で、確実に一番美味しかった!絶品。

料理ではよく使われるローリエですが、こんなにデザートとも相性がいいとは驚き。






■食後の小菓子
f0232060_139599.jpg熊の脂を使ったフィナンシェ、通称「クマンシェ」。

ちゃんと、牛のバターではない、野性的な何かを使っていることが一口食べて分かります。でも、すごく美味しいです。
by meshi-quest | 2016-11-04 08:08 | 渋谷・神泉









渋谷にある大好きな和食屋「並木橋 なかむら」へ。



f0232060_13475749.jpg























f0232060_13485422.jpg































夏の終わりと秋の始まりを感じさせるメニューは、


水茄子、じゅん菜、銀杏の前菜に、柿の白和えがありつつ、


f0232060_13522599.jpg























f0232060_13524695.jpg























f0232060_1353985.jpg























f0232060_13532849.jpg































鱧の磯部天ぷらや、


f0232060_1354919.jpg































戻り鰹の棒寿司も、めちゃくちゃ美味しかったな。


気温もいい感じになり、なんだか気分も良く、酒が進む。


そんな秋の夜長。


f0232060_13554620.jpg























f0232060_1356916.jpg































■「並木橋 なかむら」
http://ameblo.jp/fg-nakamura/










■今日のカメ

■「並木橋なかむら」
f0232060_13475749.jpgJR渋谷駅南口から徒歩6分ほど。並木橋交差点近くのビルの2階にあります。









■お通し
f0232060_13593673.jpgゆず酒のロックと、山菜のお浸し。










■1品目
f0232060_13522599.jpg本日の前菜5種の盛り合わせ。










■前菜アップ①
f0232060_13524695.jpgじゅん菜の酢の物と、「並木橋なかむら」名物の絶品厚切りベーコンのポテトサラダ。









■前菜アップ②
f0232060_1353985.jpg甘くてみずみずしい水茄子と、銀杏と、中トロのにぎり。









■2品目
f0232060_13532849.jpg柿としめじの白和え。ほのかな柿の香りと甘さがすごく合ってます。









■3品目
f0232060_1432874.jpg勝浦の戻り鰹、横須賀のすずき、など刺身盛り合わせ。









■海老のお頭
f0232060_144478.jpg刺身のぼたん海老のお頭は、カラッと素揚げに。










■4品目
f0232060_1354919.jpg鱧の磯部天ぷら。淡白な鱧に、青海苔の風味がすごく合ってて、美味しい!









■5品目
f0232060_1462375.jpg「並木橋なかむら」に来ると、ほぼ必ず頼む絶品自家製メンチ。肉汁がすごい。ホントうまい。









■6品目
f0232060_13554620.jpg「戻り鰹と牛蒡の棒寿司」。棒寿司の中に牛蒡が入ってて、食感変わって、いいアクセントになってます。戻り鰹、美味しいー。








■7品目
f0232060_1484331.jpg食後のデザートは、ほうじ茶プリンと、甘夏のゼリー。
by meshi-quest | 2016-10-06 08:07 | 渋谷・神泉








懇意にさせていただいている、


ミシュラン獲得の渋谷フレンチ「Deco」室田シェフが独立され、


新たに8月にオープンされたばかりのフレンチ「「LATURE ラチュレ」へ行ってきた。









さすが室田シェフ!というか、最初から最後まで驚きの連続で、


ファンタジックで、かつ、すごく美味しい。


f0232060_14322650.jpg























f0232060_14324665.jpg























f0232060_1433895.jpg























f0232060_14334347.jpg























f0232060_14341272.jpg























f0232060_14345241.jpg























f0232060_14351512.jpg























f0232060_14353922.jpg






























この「ファンタジック」「美味しい」


を両立させているお店はホント少なく、


ファンタジックに驚き重視のところは、味まで十分手が届いてなかったり、


美味しいけど、もう少し何か驚き欲しいなあと思ってしまったり、


その点、室田シェフの「ラチュレ」はすごくバランスが取れてて、両立されてた。









メインディッシュの熊肉も美味しかったな。


熊肉って、臭いとよく言う人も多いが、


ちゃんとした処理と料理がされた熊肉は、高級な牛肉のような味がする。


f0232060_14381479.jpg
























f0232060_14395591.jpg































次は、ぜひ雷鳥も食べたいな。


残念ながら、今日はまだ熟成、寝かせ中。


f0232060_14405253.jpg






























■「LATURE ラチュレ」
http://www.deco-hygge.com/deco/










■今日のカメ

■「ラチュレ」
f0232060_14421881.jpgJR渋谷駅から徒歩8分ほど。青山学院大学の隣のビルの地下1階にあります。









■テーブルセット
f0232060_14433716.jpgテーブルセットはこんな感じ。










■ワイン①
f0232060_1457165.jpgお店おすすめの赤を。

ソムリエさんがすごく気さくで親切だったので、料理出てくる間もとても楽しめました。







■1品目
f0232060_14322650.jpgまずは、アミューズから。

鹿の血液を使ったブータンノワールをマカロン風に仕上げたもの。







■アップ
f0232060_14324665.jpgこのブータンノワールマカロン、なんと本物の毛皮の上に乗っています。

毛皮の皿なんて、初めて見た!私は臓物系が苦手ですが、このブータンノワールは全く臭みなく、美味しかったです。





■2品目
f0232060_1433895.jpg色んなキノコが表紙に書かれた本が出てきました。










■開けてみた。
f0232060_14334347.jpg小さなパイが出てきました。










■アップ
f0232060_1522542.jpg本の表紙の中にあったジロール茸と自家製ベーコンを使ったパイ。









■3品目
f0232060_1533783.jpgアジと桃のマリネ。白いソースは、バターバジルミルク。









■キノコ、きた!
f0232060_14341272.jpg採れたての野生のキノコたち。










■4品目
f0232060_14345241.jpgこれらの野生のキノコと、雉(キジ)の一ヵ月熟成スープを合わせた濃厚なブラウンスープ。めちゃくちゃいい香り。








■でっかいパテアン、きた!
f0232060_14351512.jpg自家製の大きなパテアンクルート、登場!

切られる前の状態のパテアンクルートが見れて、感激。







■5品目
f0232060_14353922.jpg熊、鹿、イノシシの4つ足3種を使った自家製パテアンクルート。これもすごく美味しい。









■ワイン②
f0232060_1510167.jpgメニューにはない、お店おすすめの赤ワイン。










■6品目
f0232060_15105572.jpg鮎のパイ包み焼き。










■アップ
f0232060_1511221.jpgこの時期、旬の鮎を使うお店は多いのですが、間違いなくここ最近でいただいた鮎のNo.1でした。めちゃくちゃ美味しい!!








■7品目
f0232060_14381479.jpgメインディッシュは、「鹿or熊」だったので、当然、熊!

北海道のメスの3歳の熊肉です。







■アップ
f0232060_14395591.jpg柔らかくて、すごく美味しいです。臭みなどは一切なし。牛ヒレを食べている感じ。









■雷鳥はまた今度!
f0232060_14405253.jpg現在、絶賛熟成中の雷鳥。今度来た時にはぜひ食べたい。

ちなみに、日本の雷鳥は天然記念物ですが、これは北欧の輸入の雷鳥。







■8品目
f0232060_15152927.jpg山梨のぶどうをグラタン仕立てにして、ビーツを添えたもの。初秋な雰囲気。









■9品目
f0232060_15163348.jpg『クマンシェ』と名付けられた食後の小菓子。牛のバターではなく、熊で作ったバターを使っているそう。焼きたて。

確かに、牛ではない、他の生き物の風味がする不思議なフィナンシェになってましたw。
by meshi-quest | 2016-09-23 08:08 | 渋谷・神泉









結構、ざっくばらんに色んなお店に人を連れて行く方だが、


そんな私でも、特別な人としか行かない店というのがいくつかあり、


ここ神泉の「dame-jeanne ダムジャンヌ」も、その1つ。










店内は、まるで西洋の石造りの洋館の中に迷い込んだかのような雰囲気で、


店内を暗くしてあるので、ろうそくの明かりの下で、


美味しいワインを飲みながら、フレンチをいただく。


f0232060_15101511.jpg
























f0232060_15104075.jpg
























f0232060_1511455.jpg
























f0232060_1512941.jpg
































ああ、ろうそくの火って、なんでこんなに落ち着くんだろう・・・。


こういう雰囲気に共感できる人じゃないと来れないし、


こういう雰囲気で一緒にいたいと思える人じゃないと誘えないし、


良くも悪くも、私にとっては特別なお店の1つ。








■「dame-jeanne ダムジャンヌ」
http://r.gnavi.co.jp/p959000/









■今日のカメ

■「ダムジャンヌ」
f0232060_15143224.jpg井の頭線「神泉駅」から徒歩10秒ほど。駅のすぐそば。









■ロウソクで食事
f0232060_15101511.jpg店内は暗くて、静かで、各テーブルに設置されているロウソクの火が頼り。やたら落ち着きます。









■テーブルセット
f0232060_15163484.jpgテーブルセットはこんな感じ。










■メニュー
f0232060_15171218.jpg四角いメモ帳に鉛筆で書かれた、かわいいメニュー。









■キール
f0232060_15181277.jpgまずは、キールで乾杯。










■1品目
f0232060_15104075.jpg蛤のオーブン焼き。香草パン粉で焼かれていて、いい香りがします。









■2品目
f0232060_1511455.jpgフォアグラのサラダ。大きくて、火加減抜群にソテーされたフォアグラがドーンと乗ったサラダです。








■丸パン
f0232060_15205092.jpg食事に合わせやすい、軽い丸パン。










■赤ワイン
f0232060_15214484.jpg赤ワインをデキャンタで。










■チーズ
f0232060_15221167.jpg「ダムジャンヌ」は、ワインを楽しめるように各種チーズも充実しています。









■選んだもの
f0232060_1523848.jpg大好きなウォッシュを中心に、4種のチーズを選びました。









■3品目
f0232060_1512941.jpg牛フィレ肉のステーキです。柔らかくて美味しい。










■4品目
f0232060_1525147.jpg牛すね肉の赤ワイン煮込み。付け合わせは、クリーミーなマッシュポテト。









■5品目
f0232060_15262642.jpgフランスの伝統菓子、ガトー・バスク。生クリームをたっぷりつけていいただきます。やや甘めですが、めちゃくちゃ美味しい。








■大好きな紅茶
f0232060_15301112.jpgアールグレイ好きの私が、色々飲んだ結果行きついた「ル・パレデテ」の「フォレノワール」という紅茶。

「ダムジャンヌ」のマダムに教えてもらって、私も買うようになりました。ホント美味しい。最高のアールグレイ。
by meshi-quest | 2016-08-08 08:08 | 渋谷・神泉









神泉にある人気ピッツェリア、


「Pizzeria MERI PRINCIPESSA ピッツェリア メリプリンチペッサ」へ。


ここは、500円でかなり本格的な焼き立てピザが食べれ、


神泉界隈で飲んで、ちょっと小腹が空いた時に〆で来ることが多い。









このゴルゴンゾーラピザ、かなり美味しいのに、なんと500円!


そりゃ、毎晩混むわけだw。


f0232060_1414420.jpg































■「ピッツェリア メリプリンチペッサ」
http://tabelog.com/tokyo/A1303/A130301/13112030/









■今日のカメ

■「ピッツェリア メリプリンチペッサ」

f0232060_14154625.jpg井の頭線「神泉駅」から徒歩3分ほど。1階が立ち飲み、2階がテーブル席です。









■メニュー
f0232060_14165434.jpgピザのメニューはすごく豊富で、トマト系、クリーム系など多数。全部基本500円。









■サングリア
f0232060_14174541.jpg3軒目に近い状態ですが(苦笑)、サングリア1杯ひっかける。









■ゴルゴンゾーラ
f0232060_1414420.jpgマルゲリータと迷った挙句に、ゴルゴンゾーラに。チーズたっぷりで、風味良く、すごく美味しい。
by meshi-quest | 2016-07-10 08:06 | 渋谷・神泉
プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ