<   2008年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

十年ぶりくらいに、上野動物園に行った。

いい意味で、全く変わらないなぁ、この動物園。

このノスタルジックな感じ。


私が見たかったのは、「パンダ」(レッサーじゃなく、白黒のほう)と、「ゾウ」と、「キリン」と、「ライオン」(オス)。
あと、爬虫類も好き。ヘビとか。

パンダは相変わらず大人気。人山が出来ていた。

ちなみに、当園一番人気と思われるパンダとレッサーパンダは、動物園の入り口入ってすぐのところにある隣同士の檻に入ってて、一番見たいものがすぐ見れる。もったいぶらないこの感じは、とても好きだ。

すごくイイ。

なんというか・・・、ドラマの大事なシーンとか、クイズの答え合わせの部分でCMに行かずにちゃんと見せてくれるというか(笑)。

CM行かれちゃうと、萎えちゃったりするじゃない。

同じく、この広い動物園の奥にあると、そこまで行くまでに萎えてしまう。
「足痛いし、もういっか、パンダ」みたいな。
子供の頃の、疲れ知らずの無限に湧き上がるようなパワーも、肉体もないので(苦笑)。


「ゾウ」も大人気。
冷静に見ると、かなり異形の奇妙な動物だとは思うが、マンガやアニメでのキャラクター化のおかげか、泣く子もおらず、子供からも絶大な人気を得ていた。


「ライオン」も同じく。

しかしながら、動物界って、オスのほうが目立つ衣装を身にまとっていることが多い気がする。
ライオンしかり、孔雀しかり。

メスはどうも地味だ。

人間である以上は生まれ変わってもまた女で生まれたいが、動物になるのなら、オスを希望しようと思う。


「キリン」は、日本の厳しい寒さに耐えられないのか、早々に室内に移されていた。

オーストラリアに留学をしていたとき、授業が終ると、すぐにシドニーの町の目の前にある島の動物園に行って、頂上にあるキリンの檻の前でずっとキリンを観察してたっけ。

長いまつげに、眠そうな目がとっても癒し系なのだが、どうも舌だけが不気味(笑)。


爬虫類館は、ヘビが見れるというお楽しみの他に、「館内がヘビ用になっているため、とっても暖かい」という、冬にはもってこいのお得な特典が付いてくる。

変温動物のヘビの恩恵を受けて、冷え切った体を爬虫類館の中で癒す。


気づくと、閉園の音楽。

丸一日楽しめた。








■今日のカメ

■上野動物園
f0232060_10522095.jpg快晴休日の上野動物園。親子連れ、カップルなどで賑わっていました。








■パンダの植木
f0232060_10523056.jpg正面入り口にある割に、多くの人がその存在に気が付かずスルーしていた淋しいパンダの植木。目鼻が黒で目立たないからかなぁ・・・(苦笑)。








■パンダ
f0232060_10524163.jpgパンダの檻の前は写真撮影の人でいっぱいでした。私もその中の一人。








■パンダ
f0232060_10525150.jpgさっきまで奥にいたのですが、お腹がすいたのか、ゆっくり移動開始。









■パンダ
f0232060_1053073.jpgズルイくらいにかわいいですね、パンダ。モコモコした感じも、色合いも。ぬいぐるみみたい。









■レッサーパンダ
f0232060_1053927.jpg一心不乱に笹食べてました(笑)









■レッサーパンダ
f0232060_10531725.jpgレッサーパンダ見ていると、「あらいぐまラスカル」を思い出します。かわいいけど、個人的にはパンダのほうが好き。







■タイ政府からの寄贈(?)
f0232060_10532970.jpg上野動物園の雰囲気ににつかわない金色の建物発見。どうやらタイ政府から寄贈されたものみたいなのですが、園内で明らかに浮いてました(苦笑)。









■テナガザル
f0232060_10533679.jpgひなたぼっこしてました。縁側に座っているおじいちゃんみたい。











■ウーパールーパー
f0232060_10534652.jpg久しぶりにウーパールーパーを見ました。一時期はあんなにもてはやされたのに。目がクリっとしていて、かわいい顔してました。手も小さくてかわいい。爬虫類館にいます。
by meshi-quest | 2008-02-26 10:51 | 上野・浅草


私が思う良い寿司屋さんの条件は、


「美味しいお寿司を気取らず食べさせてくれるところ」である。










ちゃんとしたお寿司は、やはりそこそこの値段がするし、


そうそう毎日食べれるようなものじゃないから、


客としては、その日その時その一瞬を満足したい。











なのに、店主がやたら気難しい顔で寿司を握っていたり、


常連さんとばかり話をしていたり、まず寿司は白身から・・・など


食べる順番に指示を出したり、せっかくの「寿司祭り」が台無しだ。













美味しかったか、美味しくなかったか。


楽しかったか、楽しくなかったか。


また来たいか、もう二度と来たくないか。













客としては、これだけ。


これが、すべてだ。


せっかく来たならば、美味しいものを思う存分楽しく食べたい。













先日、ご招待をいただき、銀座「鮨 萩はら」というお店に行った。


お寿司が美味しかったのは言うまでもないが、


何より、店主の塙さんをはじめスタッフの皆さんが気さくで、


とても居心地が良いお寿司屋さんだった。













おつまみやお寿司を食べて、「美味しい」というと、


それがスタッフに向かってではなく他の人との会話の一部であっても、


それが遠くの小声であってもちゃんと聞いててくれて、


店主も、スタッフも、ニコニコしながら大きな声で


「ありがとうございます!」と言ってくれる。













なんとも気持ちのいい寿司屋さんだ。












会話の流れで、その日のまかない食だったカレーも試食させてもらった。


銀座の寿司屋で、カレー(笑)。


まかない食は、お弟子さんが味の修行の一環で作るらしい。












寿司屋のカレーだけあって、シーフードカレー。


イカげそとアサリ入り。


気になるお味はというと、美味しかったのですが、


私にはちょっと塩気が強くて、しょっぱかったかな(笑)。












ゲームの話やスノボーの話まで、冗談と笑い声が絶えない、


アットホームなお寿司屋さんだった。


味だけでなく、雰囲気も良いお寿司屋さんはなかなか少ないので、ご紹介を。
















■今日のカメ

■鮨 萩はら
f0232060_10453637.jpg銀座七丁目にある、緑の暖簾が目印のお寿司屋さんです。
はじめての方でも親切に迎えてくださいます。

場所柄でしょうか、9時頃までと12時以降はキャバクラ同伴やアフターのお姉さん&おじさんカップルが多いようですが、9時~12時くらいまではゆっくり食事を楽しめるみたいです。



■お通し
f0232060_10454668.jpg甘エビと青海苔のお通し。エビが甘くて美味しい!










■おつまみ:真鯛
f0232060_10455623.jpgおつまみ一品目、真鯛の刺身です。










■おつまみ:メジマグロ
f0232060_1046724.jpg脂が乗っていて、とても美味。










■おつまみ:こはだの巻物
f0232060_10461956.jpgこはだをガリやキュウリと一緒に海苔で巻いたもの。
普段あまりこはだは食べないのですが、そんな私も美味しいと思う一品でした。







■おつまみ:マグロ串焼き
f0232060_10462974.jpgワラで香りを付けながら焼いたマグロ串。火の通し方もちょうど良くて、美味しかったです。









■おつまみ:ハマグリとサザエ
f0232060_1046389.jpgどちらも塩加減がちょうど良く、特に、ハマグリが柔らかくて、味が濃厚で、最高でした。









■おつまみ:しめさば
f0232060_10464928.jpg寿司の青魚は、実は苦手なのですが、これもとても美味しかったです。









■おつまみ:赤貝
f0232060_10465928.jpg甘みある赤貝でした。寿司の貝類の中では、一番赤貝が好きです。









■おつまみ:揚げ物
f0232060_10472976.jpg奥がタコとカニ、手前が白魚の天ぷらです。
刺身が続いたちょうどいいタイミングで、揚げ物が出てきた(笑)。








■おつまみ:たくあん
f0232060_10473919.jpgゆずの香りのするべったら漬けのたくあん。コレがとっても美味しくて、思わずお代わりしました。









■おつまみ:ほや
f0232060_1048681.jpg天然もののほやだそうです。生まれて初めて一口だけほやを食べましたが、強烈な味とニオイにノックアウト。ダメだ、こりゃ・・・。しばらくずっとお茶飲んでました。好きな人にはたまらないんだろうなぁ・・。






■おつまみ:たまご焼き
f0232060_10482213.jpg寿司屋に行くと、必ずシャリなしのたまごを頼みます。
ここのたまごは砂糖の甘味ではなく、自然なたまごの甘味が出ていて、何個でも食べれそうな、好きな味でした。






■にぎり:大トロ
f0232060_1048357.jpgトロが大好きで、もう最高です。この濃厚さがたまらん!









■にぎり:穴子
f0232060_10485935.jpg穴子も寿司屋で必ず頼みます。タレが私には若干甘かったですが、穴子は柔らかく、美味しかったです。








■にぎり:海老
f0232060_10491017.jpgこのボイルした海老が大好きで、これも必ず頼む寿司ネタ。甘くて、美味しい!









■にぎり:ウニ
f0232060_10493344.jpg子供の頃は全く食べれなかったのですが、大人になって大好きになりました。ウニはいいなぁ!









■巻物:大トロ巻き
f0232060_10494279.jpg大トロの巻物。大トロの濃厚さを、うまく海苔が調整していて、これまた美味しい。









■赤だし
f0232060_10495141.jpgしじみの赤だし。やっぱ寿司には赤だしですな!










■まかないカレー
f0232060_1050177.jpgまかないカレーを試食させてもらいました(笑)。寿司屋でカレー食べるの、初めてです!









■スタッフの皆さん
f0232060_10501121.jpg
右が店主の塙さん、左がスタッフの中野さん。お寿司を握っている間も冗談が絶えず、二人で漫才をしているかのようでした(笑)。







■スタッフの皆さん
f0232060_10503042.jpg
後半、中野さんと交代してお寿司を握ってくれたスタッフの芦ヶ谷さん。
ゲームが好きとのことで、ゲーム話をさせてもらいました。






■スタッフの皆さん
f0232060_10503890.jpg今日のまかない担当だった濱口さん。

カレー、ご馳走様でした!
by meshi-quest | 2008-02-22 10:40 | 銀座
最近、すごく大人になったなぁ、と思う。


自分にとって、何が大切で、何が必要なのかを、ちゃんと理解できるようになってきた。

必要なものだけを探して、必要なものだけを選び取ることができるようになってきた。

必要なものだけしか求めない自分を誇りに思えるようになってきた。


だいぶ、ブレなくなってきた。


若い頃は、それこそ、「無駄」が多かった。
あらゆるコト、あらゆるモノに対して。

何でもかんでも、全部取ろうとしていたから。
「いるか、いらないか」「欲しいか、欲しくないか」を真剣に考えていなかったのだろう。

でも、その「無駄」も「自分にとって必要なもの」を知るために、きっとどれも必要だったので、不要な「無駄」ではなく、必要な「無駄」。



久しぶりにずっと家にいた東京・雪の日。

こんなに長い時間、窓から外を見ていたのは、どれくらいぶりだろう。

外が真っ白で、全部が全部真っ白で、それを見ていたら、その白さに吸い込まれるように、自分の心も白紙にリセットされた。








■今日のカメ

■東京大雪の翌日
f0232060_10392789.jpg道路にまだたくさんの雪が残っていました。
見慣れた道も、なんだか知らない場所へ来たみたいでした。











■快晴
f0232060_10394085.jpg翌日は快晴。寒かったですが、とても清々しい一日でした。
by meshi-quest | 2008-02-07 10:38
居酒屋がランチに出すような大ぶりな定食が好きで、よく好んで食べに行く。

トンカツ、から揚げ、ハンバーグ、豚の生姜焼きなど、とても魅力的なラインナップだが、調子に乗って食べた後に、決まって胃もたれする(笑)。

それでも、居酒屋ランチが好きだ。


とある休日、散歩がてらに出かけた町で居酒屋ランチ。

美味しそうなパスタや、ちょっと良さげなレストランのメニューにも惹かれたが、やっぱり居酒屋定食の魅力に負けた。

工事現場のおじさん、部活帰りの学生、子供連れの家族に交じって、座敷に座る。

この日は、ハンバーグとから揚げのミックス定食。

ハンバーグとから揚げのゴールデンコンビに、肉食獣としてはテンションが上がる。

気持ちのテンションと反比例するかのように、胃のテンションは下がり始め、やっぱり、胃もたれ(笑)。

それでも、やっぱり食べてしまう、不思議な定食の魔力。








■今日のカメ

■吉祥寺「大鵬」
f0232060_1038498.jpgこの日は東京・吉祥寺にある大盛り定食で有名な「大鵬」に行きました。
団体が多いですが、女性一人で来ている人もいます。








■定食メニュー
f0232060_10381579.jpgこういう素朴で、分かりやすい写真付きメニューも、居酒屋ランチの良さですよね。










■ハンバーグとから揚げの定食
f0232060_10382496.jpgハンバーグとから揚げの贅沢コラボレーション(笑)。このボリュームで、790円です。








■マヨネーズ追加
f0232060_10383414.jpgマヨラーとしては、いつどこでもどんな食事でもマヨネーズはかかせません!マヨネーズ追加30円也。
by meshi-quest | 2008-02-06 10:37 | 吉祥寺
プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ