<   2008年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

よく雑誌で「いま、デパ地下がアツイ!」みたいな特集が組まれていたりする。


すごく興味はあったのだが、何かのついでにちょこっと寄ることはあっても、じっくりデパ地下を巡ったことがなかったので、とある休日、デパ地下巡りをメインテーマとして新宿へ出てきてみた。

目指すは、新宿高島屋地下街。

この日は、遅くに起きた上に、二度寝までしてしまったので(苦笑)、デパ地下に着いたころには、夕食の買い物ラッシュもピークを過ぎ、比較的ゆっくり見て回ることができた。結果オーライ。


特集が組まれるだけのことはあって、お惣菜、お菓子など、全国各地からたくさんの種類のものがココに集結していて、ウロウロしているだけで、テンションが上がり、かなり楽しめる。

中でも目をひいたのが、和洋菓子フロアのど真ん中にあるケーキのセレクトショップ「パティシェリア」。

昨年の4月にオープンしたこのお店は、全国各地の有名ケーキショップの中からさらに厳選された100種近いケーキが店頭に並び、客はショーケースを見ながら、好きなものを選んで買うことができるようになっている。

「ブランドの枠を超えて、いろんな種類のケーキを楽しみたい」という顧客ニーズに応えたというだけあって、店やブランド関係なく、純粋に食べたいケーキを選べるのはとてもいい。

確かに今までは、「ショートケーキはここの店がいいけど、モンブランはあそこがいい」という時、店をまたぐのが面倒で、結果どちらかのケーキをあきらめるか、1つだけ買うのが申し訳なくて、2つの店で2つづつくらいケーキを買うはめになったり、色々と面倒だった。

一番は、ショートケーキもモンブランも何を食べてもこの店はウマイ!というところが見つかれば、それが最高なのだろうが、なかなかそんな運命的な出会いはない。

客にとっては、ぶっちゃけ、どこの店か、どこのブランドかよりも、何が食べたいかの方が大事なので、この「パティシェリア」システムはすごく良いと思う。

もしかしたら、パティシエ同士やケーキ屋同士が仲が悪くて、うちはあそこと一緒なら提供しませんとか、他と一緒に並列は嫌です、なんていう大人の裏事情があって、なかなかこういうシステムは取りづらいのかもしれないが、デパートというそれをも包括できる大きいところが音頭を取って、どんどんユーザーライクなこういう企画を促進していってほしいと思う。

ちなみに、「パティシェリア」にかカウンターのみの簡易喫茶が併設されていて、買ったケーキをその場で食べることができる。
家まで待てなかったので(笑)、選んだケーキをカウンターで食べた。


このシステム、いいなぁ。

ケーキだけじゃなくて、レストランとか、お惣菜とか、お弁当とかにも適用してほしいなぁ。








■今日のカメ

■ 「パティシェリア」
f0232060_11375972.jpg新宿高島屋地下街の和洋菓子フロアにあります。













■ ケーキのショーケース
f0232060_1138939.jpg各店、各パティシェエが厳選された6種くらいのケーキを提供しています。この日は寝坊して、着いたのが7時過ぎだったため、一部のケーキはすでに売り切れていました。









■ 併設の喫茶店内
f0232060_11382052.jpgショーケースのすぐそばにあるカウンターのみの喫茶スペース。買ってすぐ食べたい人におススメ。席数があまりないので、時間帯によっては、かなり混みそう。












■ 喫茶メニュー
f0232060_11383178.jpgコーヒー、紅茶など、そんなに種類はないですが、一通り揃ってます。食べ物(パフェとかサンデーとか)はなく、ケーキを選んで食べる感じです。













■ 「パティスリーリュードパッシー」の
「アンプレビュ」
f0232060_11384038.jpgちなみに、最初が店名、後ろがケーキ名です(笑)。

このケーキ、お米と黒胡椒が入っていると書いてあったので、気になって選んでみたのですが、レアチーズケーキっぽい味で、でも適度に甘味が抑えられていて、とても食べやすく美味しかったです。お米の味はしなかったですが、粒々の食感はありました。





■ 「アンプレビュ」の中身
f0232060_1138529.jpg真ん中の赤茶っぽいソース(いちご?)の中に黒胡椒が入っています。後味にちょっとピリッときますが、それに嫌味はなく、アクセントになっていて、美味しかったです。







■ 「パティスリープラネッツ」の
「フロマージュミルティーユ」
f0232060_1139283.jpg生ブルーベリーがふんだんに使われているケーキ。生ブルーベリー、美味しい!これもレアチーズっぽい感じで、甘すぎず、美味しかったです。







■ 「フロマージュミルティーユ」の悲劇
f0232060_11391340.jpg・・・倒れちゃいました(苦笑)。
細長いケーキだと、どうもやっちゃうんですよね。こんな悲劇になるので、要注意。








■ 「パティスリーラヴィドゥース」の
「シトロネット」
f0232060_11392597.jpg ふわふわムースとプリンっぽい雰囲気にひかれて選んだケーキ。ですが、下の黄色い部分がかなり酸っぱくて、私は苦手なケーキでした。酸っぱいのが好きな人はいいかも。
by meshi-quest | 2008-06-17 11:36 | 新宿


うちでは、基本、ホワイトソースから手作りしています。











というと、たいていの人が


「私は絶対無理だー」とか「よくそんなの作れるね」とか言います。










でも、実は、「ホワイトソース」という名前の威厳(笑)ほど、


そんなに作り方は難しくありません。






みんな、この「ホワイトソース」という名前に、


なんとなく圧倒されているだけなんです(笑)。









一回ちゃんと覚えちゃえば、市販のルーを使うよりも楽だし、


安く済むし、アレンジもききます。


というわけで、今日は、クリーム煮のレシピです。











「チキンとキノコのクリーム煮」




【材料】2名分

・鶏もも肉 1枚
(もしくは、ムネ肉でも可。ムネ肉使うと、さっぱりした味になります。)

・玉ねぎ 1/2個

・しめじ 1/2房

・にんにく 2かけ

・牛乳 1カップ以上
(味見しながら、お好みで加減してください)

・生クリーム 適量

・バター 大さじ1

・小麦粉 大さじ2

・白ワイン 少々

・粉チーズ(パルメザンチーズ) 少々

・塩、こしょう








【作り方】

1.
鶏肉は一口大に、玉ねぎは薄い千切りに、しめじは房からはずし、にんにくはみじん切りにします。

2.
フライパンに油を適量ひき、にんにくを炒めます。香りが出てきたら、鶏肉、玉ねぎ、しめじを入れて、さらに炒めます。

3.
全体に火が通ったら、バター、白ワインを入れます。全体にバターが溶け、馴染んできたら、小麦粉を入れ、こげないように炒めます。

4.
小麦粉の粉っぽさがなくなったら(粘土っぽくなる感じでしょうか)、火を弱火にし、牛乳を少しづつ入れながら、小麦粉を溶かしていきます。

5.
ある程度溶けたら、生クリーム、粉チーズを加え、とろみを出しつつ、塩、こしょうで味をととのえます。


今回は鶏肉を使っていますが、エビやホタテを入れても美味しいですし、キノコをブロッコリー、アスパラガス、じゃがいもとかに変えても美味しいです。















■今日のカメ

■ 炒めます。
f0232060_11355722.jpgにんにくの香りが出てきたら、その他の材料を加えて、よく炒めます。最初からバターで炒めても良いのですが、味がかなり濃くなるので、私は後からバターを香り付けに加えています。







■ 小麦粉を入れて、炒めます。
f0232060_1136810.jpgバターに小麦粉が絡んで、ルーっぽく固まりになってきます。粉っぽさがなくなるまで、焦げないように炒めてください。








■ 牛乳を入れます。
f0232060_11361644.jpg牛乳を入れて、ルーを溶かしていきます。










■ 粉チーズ、生クリームを入れます。

f0232060_11362694.jpgとろみが出てきて、クリーム煮の完成です。










■ 食事のお供にガーリックトーストも。

f0232060_11363422.jpgクリーム煮には、パンが合います!近所のパン屋で買ってきたフランスパンを厚切りに。









■ ガーリックバターも簡単手作り
f0232060_11364471.jpgバターを常温で柔らかくし、にんにくのみじん切りとパセリとオリーブオイル大さじ1を加えて混ぜ合わせます。

これでガーリックバターの完成。先ほどのフランスパンに塗って、こんがり焼けば、ガーリックトーストの出来上がり!
by meshi-quest | 2008-06-16 11:34 | 料理レシピ
久しぶりのお花の稽古。


2月初春に行ってから、ちょっと仕事がバタバタしていたこともあり、気づけば梅雨の時期になってしまった。

気が立っていると、どうもお花を生けたり、文章を書いたり、そういう心を使うような作業ができなくなってしまうのだ。


今日は珍しく「白」をメインカラーに決めた。

基本、派手な原色好きなので、あまり物静かな感じのこういう色をセレクトしないんだが、今日は妙に気分が白だった。

先生が白ベースの丸っこい花を選んでくださったので、オールラウンドの丸みが作りやすかった。

今までで最短最速の完成。




今回アレンジメントで使った花は下記のとおり。

・あじさい
・トルコキキョウ
・バラ
・手毬草
・ピンポンマム
・ダスティーミラー
・グミの葉








■今日のカメ

■ 店内の様子
f0232060_11334240.jpg先生のやっているお花屋さんの店内も梅雨(初夏?)仕様になって、春のカラフルな感じから、白や緑の花が増えていました。

お花屋さんって季節感があっていいですね。見ていて、とても楽しいです。






■ 緑色のあじさい
f0232060_11335364.jpg店内にあった緑色のあじさい。色はずっと緑のままらしいです。キレイで、珍しかったのでパチリ。









■ 今回のアレンジメント
f0232060_1134244.jpg白をベースに、黄緑、スモーキーグリーンを少々。メインは大きな白いあじさい。








■ 完成作品
f0232060_1134141.jpg中心に白いあじさ等を入れて、周りに緑を散らしました。花自体が丸っこいものが多かったので、オールラウンドが作りやすかったです。
私だけかもしれないが、「帝国ホテル」という名前が好きだ。

「インペリアル(imperial:帝国)」って、響きがいい(笑)。

超かっこええ。


なんか、大人。

なんか、「おっとな~」って感じ(笑)。


で、そんな大人な雰囲気でも、私は私の空間を作るわけで、偉そうな外人さんが商談したり、ホステスさんがお客さんと談笑している中で、酒も飲まずに、ロイヤルミルクティーとショートケーキなんぞを注文しちゃったりして、それをすごく笑顔で食らっちゃうわけで。

なんかそれがすごくすごく楽しいわけで。




■帝国ホテル ランデブーバー
http://www.imperialhotel.co.jp/j/tokyo








■今日のカメ

■帝国ホテル ランデブーバー
f0232060_15413018.jpgロビーの目の前にあるオープンバー。バーと言っても、軽食やデザートやコーヒー紅茶も出してくれる。









■ロイヤルミルクティー
f0232060_15413846.jpgロイヤルミルクティーが大好きで、通常のロイヤルミルクティーは「アッサム」などの香りの優しい茶葉を使いますが、私はいつも「アールグレー」で作ってもらいます。ミルクの香りと、強烈なアールグレーのベルガモットの香りを同居させるのは難しいのですが、うまいティーソムリエさんがいるお店だと、絶妙なバランスで香りの良い超美味いミルクティーを作ってくれます。帝国ホテルにもティーソムリエさんがいて、アールグレーミルクティーを上手に作ってくれました。美味しかったです。





■帝国ホテルのショートケーキ
f0232060_15414680.jpg小学生の時、学校の給食で出たケーキとか、学校のイベントごとでもらったケーキとか、それ自体は美味しいわけじゃないのに、やけに学校で食べるものが美味しく感じることなかったですか(笑)。帝国ホテルのバーでショートケーキを食べるのも、それに近いかも。

いやいや、味は、全くもって学校のそれとは違って、本気で美味しいですが(笑)。あくまで、シチュエーションの話です。ちなみに、帝国ホテルのケーキは、帝国ホテルで売っているケーキなども手掛けるパティシエさんが作っていて、ホテルのイメージ的に洋酒とかガンガン入ってそうな感じですが、実は超シンプルで、「ザ・ショートケーキ」という感じのケーキです。ミルクの味がしっかり出ていて、何個でも食べれそうな、どこか懐かしく、美味しいケーキでした。




■IMPERIAL HOTEL
f0232060_15415452.jpgケーキに乗っているインペリアルの文字。うーん、かっこええ。
by meshi-quest | 2008-06-11 15:40 | 銀座
プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ