<   2008年 12月 ( 16 )   > この月の画像一覧

今年のコラムの冒頭でも書いたが、今年は「本厄」だった。


ちょうど1年前の今年初めのコラムを読み返してみると、自分でも笑っちゃうくらいに不安だったことが分かる(笑)。

これから始まる、未知なる厄に恐れおののき、お寺にも神社にも厄払いのお参りに行った。


が、一年経った今振り返ってみると、ここ数年なかったくらいに充実した、とても良い一年だった。

ホント楽しかった。


ただ、正直、「楽」ではなかった。

これまた、ここ数年なかったくらいに色んなことが大きく大きく変化した年でもあった。


去年、とある知り合いの占い師さんがこんなことを言っていた。

厄とは悪い事が起きるという意味ではなく、変化することを指すのです。

今後起きる変化にちゃんと対応していく心構えや準備があれば、厄はむしろ良く働くんですよ。


半信半疑ではあったが、何か大きなことが起こる心構えだけはしておいたので、割と何が起きても「来たか」くらいで動じず、起きたときの対処も速かった。

「今、起きていることのすべては、「厄」ではなく「変化」」と自分に言い聞かせた。



今年も色んな人に出会い、色んな人にお世話になった。

カッコつけるわけではないが、みんながいたから今がある、ホントそう思う。

このコラムでも、色んな人に出会い、感想をいただいたり、その1つ1つが私を動かす原動力になっている。

来年もまたこんな感じでのんびりやっていこうと思うので、引き続きお付き合いいただけたら幸いだ。



みんなに。

今年もありがとう。




2008年12月某日

成沢理恵








■今日のカメ

■クリスマスケーキ
f0232060_17294731.jpg今年は、東京・吉祥寺にある「アテスウエイ」というケーキ屋さんでショートケーキを買いました。ここは都内のケーキランキングでも常に上位に名を連ねるお店で、クリスマスシーズン問わず、いつも混んでいます。

■アテスウエイ
http://www.atessouhaits.co.jp/


■メリークリスマス!
f0232060_17295946.jpgケーキのロウソクはなんか特別感があって、楽しい気分になれますね。







■困った顔のサンタ
f0232060_1730818.jpgハの字まゆげがいい感じ。いい顔してます(笑)。
by meshi-quest | 2008-12-26 17:29


再び、恵比寿。


夜、甘いものが食べたくなったので、「BON Sweets & Smile」へ。










ここは、「フランス料理のコースの最後に出てくるようなデザートと、


それに合ったお酒をセットで出してくれるお店」と聞いていて、


ずっと行ってみたかったんだが、波長が合わないのか(笑)、


予約の電話をするたびに、パーティーの貸切だったり、


満席で入れなかったりが続いていた。












ようやっと、とある休日の閉店1時間前になんとか予約を取って、


ただ、この時点でも満席なので、とりあえずお店へ行って


待たせてもらうことになった。











お店は恵比寿駅からかなり離れた住宅街にあった。


お店も小さいし、目立つ看板があるわけでもないので、


よく見ながら探さないと、見逃してしまいそうだ。











お店は地下が10人、1階4人、2階10人くらいの席数で、


確かに、これは予約は取れないな、という感じだった。










スタッフの人はすごく感じがよく、気さくで、とても良い雰囲気だった。












で、すごくデザートにも期待をしていたのだが、


見た目はとてもキレイでステキなデザートだが、


残念なことに、いかんせん、甘い・・・。











自分の甘党には割と自負があるが、


そんな私が半分手をつけられずにギブアップしてしまった。











すごく、惜しい・・・。


なんとも、惜しい・・・。










デザートと酒というコンセプトも良いし、


デザートの見た目もステキだっただけに、


もう少し甘さを抑えた、丁寧な味のデザートだったら、良かったのに。


甘さが強すぎて、肝心のお酒との相性もあまり良くなかった。










うーん、ホント残念・・・(泣)。












■BON Sweets & Smile
http://www.bonsweets.jp/















■今日のカメ

■お店の様子
f0232060_17273333.jpgJR恵比寿駅から徒歩15分くらい。一戸建ての小さなお店です。









■2階席の様子
f0232060_17274231.jpgアジアっぽい感じの店内です。










■ウェルカムドリンク
f0232060_17275010.jpg「寒いところありがとうございます」と、スタッフの方がウェルカムドリンクをくださいました。

温めた赤ワインに八角、ブラックペッパー、シナモン、オレンジなどが入ったスパイシーなドリンクでした。これは美味しかったです。








■モンブラン・ゴージャス&ロンサカパセンテナリオ

f0232060_172809.jpgモンブランとお酒のセットです。モンブランだけだと840円、アルコールセットだと2000円だったかな。このモンブラン、見た目にとてもキレイだったんですが、とにかく甘い(泣)。







■モンブランとセットのお酒
f0232060_1728951.jpgセットの「ロンサカパセンテナリオ」というやつなのかな?ブランデーのような味がします。強いお酒です。

でも、モンブランが甘すぎて、お酒が進みませんでした。





■オレンジのクレープ
f0232060_17281760.jpgオレンジのクレープです。食べる前にお酒に火をつけ、熱したものをかけてくれます。

このクレープがモンブランに増して、甘い甘い(泣)。
さらに、デザート自体、お酒が強く、個人的にはもっとデザートの酒の味を抑えたほうが良い気がしました。そうしないと、セットのお酒の味が楽しめないので。



■ロイヤルミルクティー
f0232060_17282721.jpgそんなこんなで、お酒はやめ、ロイヤルミルクティーにしました。









■食べ残しのサンタ
f0232060_17284657.jpg誰かのケーキの食べ残しのサンタが集められ、お店の洗い場のお皿の上に片付けられていて、その姿が妙にかわいらしかったので、撮ってみました。


最近、ホントあちこちで食べ飲み歩いてる(苦笑)。











計画的なものではなく、ふと時間が空いたり、


ふと行きたくなると、ふらふらと町へ出かける、そんな感じだ。


風の向くまま、気の向くまま。












今日も恵比寿。






ここは、以前ふらふらと恵比寿をさまよっていたところ、


偶然通りがかりに見つけて、その日はお客さんで混んでいたので、


日を改めて再チャレンジしようと思っていたお店。











恵比寿駅からもかなり離れているし、今日は休日ということもあってか、


近所の常連さんが数名ゆっくりお酒を楽しんでいる感じで、


騒がしくもなく、ゆったりできて良かった。












「初めて」はイイ。








「こんにちは、初めまして」から始まって、


新しい発見があって、新しい料理に出会って、


新しい人にも出会えて、なんかいいなぁ、こういう感じ。









新しく、未知なるモノに出会う瞬間、


自分が一瞬スーッと透明になったような気がする。










これが楽しいから、やめられないんだよなぁ、町の徘徊は(笑)。












■「九州男とうまかもん わさび」
http://fujicoparty.com/

















■今日のカメ

■恵比寿集合!九州男とうまかもん わさび
f0232060_1725411.jpgJR恵比寿駅東口から徒歩15分くらい。路地裏の静かな住宅街にあります。












■お店の様子
f0232060_1725163.jpg一戸建ての店内が、大きなガラス戸を通して外からも見えます。









■店内の様子
f0232060_17252482.jpg1階はカウンターが8席くらい、2階は1部屋個室になっています。

雰囲気は良かったです。お店の方も気さくな方でした。

メニューは少なめなので、ご飯をがっつりというよりは、軽く食べてきて、ゆっくり飲んだり、つまんだりするときに良いお店です。


■芋焼酎「晴耕雨読」とお通しの高菜炒め

f0232060_17253368.jpgここの焼酎はすべて九州の知り合いの酒屋さんから取り寄せをしているそうです。高菜炒めでお酒が進みます。








■肉豆腐
f0232060_17254114.jpg大きな焼き豆腐が入っている肉豆腐です。お豆腐は味が染みていて美味しかったです。お肉はちょっと硬かったかな。








■えび芋と鴨のコロッケ
f0232060_17255012.jpgこれ、すごく美味しかったです。鴨の独特の味と香りがいい感じで出ていて、初めて食べる味でした。アツアツです。








■野菜のグリル
f0232060_17255836.jpgこれも、すごく美味しかったです。野菜の味がちゃんと残っていて、上に手作りのアンチョビソースがかかっています。

トマト、白アスパラ、かぶ、きゅうり、なす、などなど。





■ぶりの塩焼き
f0232060_1726757.jpgおススメということでいただいたぶりの塩焼きです。脂が落ちている感じで、好き嫌いが分かれるかも。

美味しかったですが、個人的には、もう少し脂が残っている方が好きでした。





■朝〆鶏のから揚げ
f0232060_17261416.jpgアツアツで美味しかったですが、味は普通かな。

タルタルソースが市販ものだったので、酸味が強く、ちょっと残念。







■紅茶梅酒「CREHA」
f0232060_17262157.jpgこれ、初めて飲んだのですが、すごく美味しかったです。

味的には、すごく強い香りのアールグレイに梅酒が入っているような感じかな。気に入りました。


吉祥寺のランドマークとも言える老舗焼き鳥屋「いせや」は、


私が大学生の頃から通っていた焼き鳥店だ。











時代を感じさせる古い焼き鳥屋で、朝から一階の立ち飲みスペースで


オヤジたちが焼き鳥をつまみに飲んだくれてて、


夜になると吉祥寺周辺の学生やサラリーマンが集まって飲んだくれる、


そんなお店だ。











安くて、お腹いっぱい食べれるので、特に学生時代はよく食べに来ていた。


その「いせや」が老朽化に伴いリニューアルをし、


新生「いせや」になったので、久しぶりに行ってきた。











リニューアルしたとはいえ、外観も雰囲気も昔のまま。


懐かしい。


昔の面影がちゃんと残っていて、嬉しい。


変わらず、活気があり、大混雑。お客さんも長蛇の列。










正直、焼き鳥単体の味のことを言うと、可もなく不可もなく、


「安くてお腹いっぱい食べれます」という感じなのだが(苦笑)、


ここは雰囲気も込みで、味わうお店なのだ。












最近少なくなった、ちょっとノスタルジックな活気ある焼き鳥店。


いつまでも変わらず、このままで。












■「いせや 総本店」
http://www.iseya-kichijoji.jp/
















■今日のカメ

■いせや
f0232060_17213498.jpgJR吉祥寺駅から徒歩5分くらい、赤い提灯が目印です。









■外まで並んでます
f0232060_17214372.jpg昼も夜も常に混んでます。この日も30分近く待ちました。









■1階の店内の様子
f0232060_17215119.jpg1階は立ち飲みのカウンターとテーブル席。かなり数がありますが、それでも満席です。









■2階の店内の様子
f0232060_17215997.jpg昔は、たばこのシミとかがいっぱい付いた畳の座敷にちゃぶ台がドンドンと置かれた、非常にざっくばらんな自由度の高い店でしたが(笑)、リニューアル後はキレイな畳に黒いテーブルがちゃんと配置されていました。

リニューアルしてるんだから、キレイになっているのは当たり前か(笑)。でも個人的には昔のざっくばらんな感じの方が良かったなぁ。


■焼き鳥
f0232060_172282.jpgもも、ねぎ、皮、ハツなど、一本80円くらい。










■つくね
f0232060_17221691.jpgつくねは美味しいです。高級感はないんですが、お弁当のおかずのような、なんというか懐かしい味がします。








■もも焼き
f0232060_17222414.jpgもも焼きも美味しいです。写真は塩。たれも選べます。









■ジャンボシューマイ
f0232060_1722335.jpg個人的に、いせやで一番のおススメはコレ。このシューマイはかなりウマいです。









■まぐろぶつ
f0232060_17225297.jpg酒のつまみに。










■野菜サラダ
f0232060_17233787.jpg昔から変わらずマヨネーズたっぷりの素朴な野菜サラダです。
by meshi-quest | 2008-12-24 17:20 | 吉祥寺
甘いものが大好きで、休日はいつもどっかしらのカフェに行っては甘いものを食べる。

今日は、吉祥寺。

気分は、クリーム系というより、抹茶やあんこ系の「和」だったので、和風デザートが食べれるカフェ「横尾」へ。

子供の時は、「家でお茶飲めばいいのに、なんでカフェへ行くんだろ。」と不思議だったが、家とはまた違った空気というか、特別な良さがあるんだよなぁ、カフェには。




■お茶とお菓子 横尾
http://www.sidetail.com/cafe-index.html








■今日のカメ

■横尾
f0232060_17194447.jpgJR吉祥寺駅から徒歩10分くらいの路地にあります。最初はちょっと分かりにくいかも。








■店内の様子①
f0232060_1719537.jpg白が基調の、木のぬくもりがある温かい感じの店内です。









■店内の様子②
f0232060_1720153.jpg本も色々あって、小学校の自習室っぽい感じです。









■白玉ぜんざい
f0232060_17201058.jpgかなりお酒の香りがきいているので、好き嫌いが分かれるかも。甘酒に近い感じ。温と冷が選べます。個人的には、温の方が美味しかったです。








■牛乳プリンの抹茶ソースがけ
f0232060_17201868.jpgほのかに甘い牛乳プリンと濃厚な抹茶ソースがあってます。








■煎茶
f0232060_1720268.jpg和のお菓子にはやっぱり煎茶があいますね。
by meshi-quest | 2008-12-24 17:18 | 吉祥寺


とある休日のランチに吉祥寺にある


スパゲッティー専門店「スパ吉」へ。










吉祥寺駅からすぐのところに、


小さなお店が網の目の細い路地に並ぶ「ハモニカ横丁」という場所があって、


その中の一角にあるお店だ。


店内で製麺している生麺パスタが人気で、いつも人が並んでいる。












ここのおススメは「ミートソースパスタ」。


普通、よくあるトマトの赤いミートソースとは違って、黒に近い濃い茶色の、


パスターソースというよりお肉料理にかかっているソースのような濃厚な味がする。


詳細は、今日のカメで。












最近、フードライターのごとく、食べコラムばっかですが(笑)。


太ってないことを切に祈る(・・・無理だな(苦笑))。
















■今日のカメ

■スパ吉
f0232060_17174615.jpgJR吉祥寺駅から徒歩2分くらい。ハモニカ横丁内にあります。









■外の様子
f0232060_17175587.jpgランチタイム過ぎて、4時近かったのですが、並んでいます。店内はカウンターと、テーブル席が数席であまり大きくはありません。











■お店で製麺
f0232060_1718492.jpg店頭で製麺の様子を見ることができます。










■生パスタ
f0232060_17181485.jpg生パスタだけを買っていくお客さんもいました。










■シーザーサラダ
f0232060_1718227.jpgパスタだけでなく、ちゃんと野菜もね。チーズたっぷりで、特製のドレッシングも美味しかったです。









■ミートソースパスタ
f0232060_17183483.jpgミートソースパスタにトッピングでなすと半熟玉子を入れています。









■濃厚なミートソース
f0232060_17184117.jpgモチモチしたうどんのような触感のパスタと、濃厚なソースが合ってます。
by meshi-quest | 2008-12-22 17:16 | 吉祥寺


会社の同僚と、四谷にある牛タン専門店「たん焼 しのぶ」に行った。










実は、ここはもう数年前から何度となく通わせてもらっている


お気に入りのお店なのだが、行くたびに、


「カメラを撮る前に食ってしまう」という失敗を繰り返しており(笑)、


今までこのコラムで紹介できていなかった。











外も長蛇の列。中もぎゅうぎゅう満席。予約必須。


いつものしのぶママがニコやかに入口で出迎えをしてくれる。











「成沢さん、今日はどうします?」


「じゃぁ、ゆでたん、タンシチュー、焼きたん、一通り人数分で!」


うーん、やっぱり、しのぶの牛タンは最高だ!!


今日も言うことなし。














■たん焼 しのぶ
http://www.tanyaki-shinobu.com/
















■今日のカメ

■たん焼 しのぶ
f0232060_17135526.jpgJR四谷駅から徒歩12分くらい。商店街を抜けた先のオフィスや住宅がある静かな場所にあります。












■外も待ち客でいっぱい
f0232060_171445.jpgとにかく大人気でいつも混んでます。外も待つ人でいっぱい。年末忘年会シーズンの金曜日でしたが、事前予約でお願いして、団体で席を空けてもらいました。







■店内の様子
f0232060_1714122.jpg店内ももちろん満席です。










■厨房の様子
f0232060_17142176.jpgひっきりなしに注文が入るので、厨房は大忙しでした。









■ゆでたん
f0232060_1714431.jpgこの肉厚なたん!!そして、箸で切れるくらいの柔らかさ。わさびを付けていただきます。もう最高です!写真は9人前(1人2枚計算)。








■ゆでたんアップ
f0232060_17145471.jpgたんの概念が覆るくらいの美味しさです。










■たんシチュー
f0232060_1715286.jpg濃厚なデミグラスソースのたんシチュー。からしを付けていただきます。これまた、最高!









■焼きたん
f0232060_17151671.jpg焼きたんというか、高級な牛ステーキを食べている感じです。もう言うことなしです。









■おしんこ
f0232060_17152437.jpg焼きたんを注文するとセットで付いてくる白菜のおしんこです。これが食べ始めると止まらない。









■大根煮
f0232060_17154163.jpg「今日はこれ食べていってよ」とママおススメの大根煮。お勧めだけあって、味が染みていて、やわらかく、ホント美味しい。








■たんスープ
f0232060_1715527.jpg濃厚な出しが出ているたんスープです。










■肉じゃが
f0232060_1716522.jpg個人的に、ここの肉じゃがは日本一だと思ってます。この後、また肉じゃが追加でお代わりしました。








■ブロッコリーのおひたし
f0232060_17161635.jpg出しがきいていて、肉の合間に丁度いいおひたしです。









■焼きおにぎり
f0232060_17162760.jpg〆の焼きおにぎりです。香ばしくて、美味しい!










■お味噌汁
f0232060_17163614.jpgメニューにはないのですが、ここのお味噌汁が美味しくて、いつも特別に作ってもらってます。具は、ねぎとみつばとおとうふです。
by meshi-quest | 2008-12-19 17:12 | 四谷


親友としちゃんと、恵比寿にあるモツ鍋店「蟻月」へ行った。











ところで、私はモツが食べれない(笑)。


もっと言うと、子供の頃にモツ煮込み(?)か何かを食べて、


モツの激烈なニオイで一気に嫌いになってしまい、


それ以来、モツ料理全般を避けて今日に至る。












もう少し正確に経緯説明すると、ある時としちゃんとモツ鍋の話になって、


「モツ鍋ってあまり好きじゃない」的な発言をしたら、


「だったら美味しいところで食べてみたら、好きになるかもよ?」と言われ、


としちゃんが予約をしてくれて、25年ぶりくらいにモツに挑戦することになった。


と、まぁ、こんな感じだ。













「蟻月」は味もさることながら、


予約がなかなか取れないことでも有名なお店らしく、


この日のために、予約開始時間から携帯2台で使って、


頑張って予約を取ってくれた。












お店は、JR恵比寿駅からちょっと離れた路地にある。徒歩10分くらいだろうか。


門構えは、格式高い料亭のような感じで、


シンプルなのれんと大きな提灯のみ。


窓もないので、外から中の様子を伺うことはできない。












ところが、中に一旦入ると、かなりシンプル&ラフな内装になっており、


サラリーマン、OLが多く、話声や笑い声が飛び交うような感じで、


このギャップがちょっと意外だった。












お料理は、下記「今日のカメ」をご覧いただきたいが、


イイ意味で普通に美味しかった。











私のようなモツに対するマイナスイメージが固まっていたような人間でも、


全くモツ臭さを感じることなく、美味しくいただけた。










モツが食べれると思ってなかったので、驚いた。










ただ、コレは私のモツに対する思い入れが薄いためなのか、


元々モツってこういうものなのかよく分からんが、


「うわ~、またすぐにでも食べに行きたい!!」という感じではなかった。








モツとはこういうものなのか?


いや、ホント美味しかったんだけどね(笑)。









またちょっと時間経ったら、再挑戦してみようかな。













■蟻月
http://www.arizuki.com/
















■今日のカメ

■蟻月
f0232060_1792868.jpgJR恵比寿駅から徒歩10分くらいの路地にあります。













■正面入り口
f0232060_1793710.jpg「蟻月」と書かれた丸い提灯が目印です。










■店内の様子
f0232060_1794671.jpg料亭のような外観とはうって変わって、店内はシンプルで、ラフな感じです。









■としちゃんと川田さん
f0232060_1795620.jpg予約を取ってくれたとしちゃんと、としちゃんの彼・川田さんです。ありがとう!









■メニュー
f0232060_1710632.jpgモツ鍋は、味噌味の「白」、醤油味の「赤」、ポン酢味の「金」、牛テール味の「銀」の4種類です。









■白のモツ鍋
f0232060_1710194.jpgモツの臭みは全くなく、私でも美味しくいただけました。モツというより、むしろニンニクがすごい入っていて、ニンニクが弱い人にはつらいかも。モツはコラーゲンたっぷりでプリプリでした。〆にちゃんぽん麺を入れる場合は味噌のほうが合うかも。





■赤のモツ鍋
f0232060_17103363.jpg白と同じくらいニンニクは強いですが、個人的にはこちらのほうが食べやすいかも。そのまま食べる、もしくは、〆にご飯を入れて雑炊するなら、赤という感じ。







■甘酢生姜
f0232060_17104475.jpg各テーブルに備え付けになっている無料の甘酢生姜です。口の中がモツで脂っこくなったときに、丁度イイ感じです。








■酢モツ
f0232060_17105368.jpgミミガーみたいな感じでしょうか。これはモツの味が少しします。酒飲む人にはつまみに良いかもしれません。








■明太子
f0232060_1711279.jpg明太子です。これは普通かな。









■たたき胡瓜
f0232060_1711955.jpgこれもかなりニンニクがきいてますが、美味しいです。









■塩ゆで枝豆
f0232060_17113232.jpgこれも普通かな。










■からあげ
f0232060_17114428.jpg揚げたての大きめな唐揚げで、味も濃く、美味しかったです。









■〆は白鍋でちゃんぽん
f0232060_1711542.jpg白鍋の残り汁にちゃんぽん麺を入れました。ちゃんぽん麺は細麺で、ちょっと柔らかかったです。

個人的にはもう少し太面で固いほうが良かったです。


ご招待いただき、銀座にある日本料理店「小十」へ行った。












行ってから知ったのだが、


ここはミシュランガイド2008東京の三ツ星を獲得している、


とても有名なお店だった。













ミシュラン三ツ星だし、銀座だし、門構えもきちんとしているし・・・と、


ちょっと構えていたのだが(笑)、スタッフの皆さん全員が気さくで、


変に肩肘張るようなことのない良い雰囲気だった。













部屋も和風の個室がメインにはなるが、


掘りごたつで足も楽だし、隣の個室や厨房からの声も聞こえるので、


静まり返って緊張するようなこともなかった。














お料理も、季節の旬のお魚やお野菜をふんだんにつかった、


とても食べやすく、優しい味になっていた。


どれもホント美味しかった。


詳細は、「今日のカメ」をご覧いただきたい。















中でも特に良かったのは、スタッフの対応。


こういうお店に行くと、お料理の説明や食事の合間の会話などで、


よくスタッフが変にかしこまったクドい丁寧語を使って(笑)、


話がややこしくなったり、妙に物事が難しく聞こえたりすることがあるのだが、


ここのスタッフは、丁寧ではあるのだが、いい意味で丁寧すぎず、


かしこまりすぎず、普通に話してくれるので、すごく会話もはずみ、


お料理も楽しむことができた。













やっぱりせっかく美味しいお料理なんだから、自由に楽しく食べたいもんだ。















■小十
http://www.kojyu.jp/
















■今日のカメ

■銀座「小十」
f0232060_1741584.jpg銀座にある日本料理店です。地下鉄銀座駅から徒歩5分くらいです。












■正面玄関
f0232060_1743164.jpgブランド店や小料理屋が並ぶ路地にあります。小さなお店です。









■案内をしてくれたお姉さん
f0232060_1743950.jpgとても気持ち良く話をしてくださる、ステキなスタッフさんでした。すごく気さくに話してくださって、本当に楽しく食事ができました。








■個室
f0232060_1745366.jpg掘りごたつの個室です。全体的に席数が少ないようで、かなり予約は取りづらいようです。個室以外にカウンター席も数席あるそうです。








■一品目
f0232060_175793.jpgあわびの上に少し酸味のあるジュレがかかっています。あわびがすごく柔らかかったです。









■二品目
f0232060_1751755.jpg柿の白和えです。お姉さん曰く、「大将に、『お客様がお料理を写真に撮ってくれてますよ』、と言ったら、すごくはりきって柿をくり抜いて、急きょ器にしてましたよ(笑)」とのこと。







■三品目
f0232060_1752813.jpg伊勢海老のお椀。これ、すごく優しいお出しになっていて、伊勢海老の甘みとマッチしていて、すごく美味しかったです。お姉さん曰く、「伊勢海老って、調理される直前にキーキーって泣くんですよ(笑)。」。






■四品目
f0232060_1754057.jpg大間のまぐろ、イカ、鯛などのお刺身。どれもとても美味しかったですが、イカがすごく甘くて、塩でいただけるほどでした。








■五品目
f0232060_1754785.jpg焼き松葉蟹です。もみじが散らしてあって、お皿の上で紅葉していました。









■タグ付き
f0232060_1755912.jpgカニを網で捕るときに足がもげたり、傷がついたりすることがあるらしく、このタグは完全体であることを示す品質表示で、カニの足に付いてくるそうです。

ちなみに、このカニは兵庫県柴山港の光春丸が捕ったようです。





■カニ、ぷりぷり
f0232060_176968.jpg焼き加減が抜群でした。カニの香りがちゃんと残っていて、身も柔らかく、とても美味しいです。









■カニ味噌
f0232060_1763258.jpgカニのつけだれです。カニ味噌をお酒で溶いたものらしいです。私はカニ味噌苦手なので、何もつけずにそのままいただきました。








■六品目
f0232060_1764345.jpg鯛のかぶと煮です。この鯛が見た目以上にすごく味が濃く、それに合わせて薄めの優しい出しを添えてました。一緒に食べると丁度よく、美味しかったです。







■七品目
f0232060_1765826.jpgカニの土鍋ご飯です。すごいカニの量です。お姉さん曰く、「カニの殻剥くの面倒ですよねー。これはちゃんと向こうで私がほぐしてきますからね(笑)。」。







■ご飯
f0232060_1771020.jpg先ほどのカニの土鍋ご飯と、厚揚げの赤だしと、香の物です。カニご飯は生姜もたっぷり入っていて、カニの香りと生姜の香りで、すごく美味しかったです。







■デザート
f0232060_1772334.jpg黒蜜のアイスと白玉ぜんざい、それと、洋ナシです。こちらも甘すぎず、すごく美味しかったです。
by meshi-quest | 2008-12-17 17:02 | 銀座
ご招待をいただき、今年の11月にオープンした「XEX CLUB HOUSE」へ行ってきた。

ここは、このコラムでもたびたびご紹介させていただいているレストランXEXやピッツア・サルバドーレを手掛けるY's tableさんが会員向けにオープンした会員制レストランだ。

なので、私のように会員でない者は本来利用できないのだが、会員が1人でもいれば、予約が可能になる。


お店は1階と地下にダイニング、2階に結婚式用のチャペルと二次会用のカラオケルームで構成されている。

部屋は個室がメインとなっており、今回は地下にある「ドン・ペリニヨン エノテーク」という名前が付けられた部屋へ案内された。

あまりシャンパンに詳しくないため知らなかったのだが、よく耳にする「ドンペリ」は、元々シャンパンを発明したと言われる修道士ドン・ピエール・ペリニヨンからきているらしい。

ドン・ペリニヨン修道院というところが実際に存在し、その地下にある、今もヴィンテージシャンパンを貯蔵している特別な蔵の名前が「エノテーク」というらしく、日本でこの名前を冠にさせていもらっているのはここだけらしい。


真剣に料理に取り組まれているとても良いシェフと、丁寧なサービスをしてくれるスタッフがいて、料理はとても美味しかった。料理の詳細は、下記「今日のカメ」をご覧いただきたい。

反面、防音設備がうまく機能しておらず、個室の隣に併設されているクラブのお姉ちゃんの甲高い声がうるさかったり、お料理に対してカクテルなどお酒類のクオリティーが良くなかったり、いくつか残念な部分もあった。

せっかくの美味しいお料理や雰囲気が台無しになってしまうので、シェフやマネージャーさんにも正直に感想をお伝えしたところ、皆さんも認識しており、真摯に受け止め、今後の課題として改善をめざすとのことだった。


お店って、難しい。

今、なにげなく行っている居心地の良いお店も、きっと色んな課題や問題点を克服し、歴史を経て今があるんだろうな、としみじみ思った。



■XEX CLUB HOUSE
http://www.ystable.co.jp/news/2008/11c.html








■今日のカメ

■XEX CLUB HOUSE
f0232060_1656264.jpg東京・赤坂にオープンしたXEX CLUB HOUSEです。ちなみに、会員になるためには、会員登録費30,000円、月会費7,350円とのこと。











■正面入り口
f0232060_16563431.jpg料亭街の路地にあるので、場所はちょっと分かりにくいところにあります。












■ドン・ペリニヨン エノテーク
f0232060_16564519.jpgホント詳しくなくて(苦笑)、家帰ってからネットで調べました。勉強になります。








■部屋の様子
f0232060_1656568.jpgミニキッチンと、そのキッチンの目の前に丸テーブル、壁にはドンペリに関する資料(?)が置かれていました。








■ミニキッチン
f0232060_165744.jpgまだ設備が整っていないとのことで、今回は使用されませんでした。いずれは目の前でシェフの調理を見ながら食事ができるときが来るかもしれません。









■1品目
f0232060_16571776.jpgカリッと焼いたフォアグラとキャビア、下の白いソースは柚子と西京味噌を合わせたものです。とても美味しい前菜でした。メニューをもらってくるのを忘れたため、私のあいまいな記憶でご勘弁を。









■2品目
f0232060_16572516.jpg大間のまぐろのサラダ仕立て、だったと思います。割と強めの味付けになっています。









■3品目
f0232060_16573648.jpg牛肉の中にチーズが入っていたもの、だったと思います。柿の入ったタルタルソースで食べるのですが、これもとても美味しかったです。









■4品目
f0232060_16574546.jpg白トリュフのスープです。トリュフの良い香りが口いっぱいに広がります。










■5品目
f0232060_16575419.jpg鶏肉だったと思うのですが、名前を聞いた時にはカタカナだったので、何か特別なお肉だったのかもしれません。味も脂もしっかりしている肉と、濃厚な赤ワインソースがとても合っていて、美味しかったです。









■6品目
f0232060_1658355.jpg伊勢海老と、海老味噌を使ったソース、だったと思います。私がちょっと魚介の味噌が苦手なために、私にとってはソースが濃いかな、という感じでした。









■7品目
f0232060_16581467.jpg季節の野菜を酢の物風にした酸味のあるお料理です。









■8品目
f0232060_1658454.jpg鮭児(けいじ)を使ったお料理です。すごく脂があり、濃厚な鮭でしたが、これは、ちょっと塩味が強すぎて、残念でした。シェフにも正直に伝えましたが。

ちなみに、鮭児は北海道・知床~網走付近で11月上旬から中旬にかけて取れる若い鮭のことで、胃袋の下にある幽門垂の数がいくつくらいと条件が決まっており、鮭1万匹に対して1~2匹くらいしかいないそうです。これも、後でネットで勉強(笑)。





■9品目
f0232060_16585869.jpg季節のシャーベット。デザート前の口直しです。










■10品目
f0232060_1659723.jpgこれ、何だと思いますか?
実は、トマトジュースです。飲むと、濃厚なトマトの味がします。「トマトは赤い」という固定概念があったので、衝撃的でした。トマトをしぼった上澄みを丁寧に採ったものらしいです。普段はトマトジュースを飲まない人なんですが、酸味が抑えられていて、美味しかったです。







■11品目
f0232060_16591716.jpgいちごとチーズ、周りはバルサミコ酢を煮詰めたソースです。











■12品目
f0232060_16592898.jpgワインのゼリー、だったと思います。甘さ少なめ、大人なゼリーという感じ。










■13品目
f0232060_16593676.jpgかぼちゃのムース。これも甘さ控え目で、おかずとしても食べれそうな濃厚なムースでした。









■14品目
f0232060_16595364.jpg熟した柿と、ビターなキャラメルのアイス。柿とキャラメルって、すごく合いますね。とても美味しかったです。








■フレッシュフルーツのカクテル
f0232060_170944.jpgこれは正直美味しくなかったです。フルーツの香りも全くせず、リキュールの味が強すぎる。残念。









■ワイン
f0232060_1702032.jpgアルザスのトリンバックというワインです。アルザスワインは初めて飲みましたが、すごくキレがあって、爽やかで、飲みやすかったです。これは美味しい。










■植木シェフ
f0232060_1703955.jpg総料理長を務める植木将仁シェフ。軽井沢で「MASAA's」という完全予約制のレストランをされているとのこと。すごく気さくで、それでいて料理に対してはアツい、とてもステキなシェフでした。今後のお料理が楽しみです。








■料理スタッフの皆様
f0232060_171041.jpg皆さんでご挨拶に来てくださいました。









■2階 チャペル前ロビーの様子
f0232060_1711654.jpg

特別に2階も見学させていただき、写真を撮らせていただきました。







■チャペル
f0232060_1713975.jpg50名くらいは収容できるそうです。








■カラオケルーム
f0232060_1714930.jpgチャペルすぐ横に2次会用のカラオケルームがあります。
プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ