<   2009年 12月 ( 13 )   > この月の画像一覧



先輩プロデューサーと高円寺にある「焼貝 あぶさん」へ飲みに行った。











理由も目的もないのだが、なんとなく、


「まぁ、飲みにでも行こうぜ」という話になったのだ。











私が旧エニックス(現スクウェア・エニックス)に入社した年、


その年は、エニックスが久しぶりに新卒を採った年で、


プロデューサー職、事務職含め、新卒男女8人が採用された。










うち、ゲームの制作に携わるアシスタントプロデューサーは、


女が私を入れて2名、男が1名の、計3名いた。












私は、ゲームの作り方どころか、


PCの電源の入れ方すら分からない状態だったが、


勉強会や講習会なんてものは無く、「とにかく行って、現場で学べ」と、


全員すぐに各先輩プロデューサーの元へ配属された。


いい意味でも悪い意味でも、ほっておかれた。












学ぼうと思えばとことんまで学べるが、


自分からアクションを起こさなければどんどん淘汰されていく。


最初の1~2年は、とにもかくにも、がむしゃらで、


毎日足が地に着いた感じがせず、1人ジェットコースター状態だった。












ゲームの作り方だけでなく、先輩との付き合い方も


やりながら学ぶしかなかったので、当時は、


何度も先輩プロデューサーとぶつかって、喧嘩したり、


それはそれは生意気な新人だったと思う。












いま思うと、そんなことでいちいち文句言わなくてもいいのに、とか、


自分の経験不足だったな、と反省することも多いのだが、


まぁ、もう当時のことはどうしようもない。












そんなこんなで、相当扱いにくい面倒な新人だったと思うが、


時が経って、自分も年を取り、逆に後輩を教える立場になると、


先輩の苦労が分かってきたり、素直に話せなかったことが


笑いながら話せるようになったりする。













「時」の力って、ホント大きいなぁ、と思う。


「時」の力じゃないと、解決できないこと、


越えられないこと、埋められないこともあるんだよなぁ・・・。
















■今日のカメ

■焼貝 あぶさん
f0232060_193545100.jpgJR中央線「高円寺」駅北口から徒歩10分くらい。純情商店街から庚申通りに入り、少し進んだ路地にあります。












■お通し
f0232060_1935598.jpgさざえの煮付けです。










■藤本さん(ビフォアー)
f0232060_19361357.jpg入社当時からお世話になっている先輩、藤本プロデューサー。明るくみんなの人気者の先輩。今やもういいおっちゃんです(笑)。








■渡辺さん(ビフォアー)
f0232060_19362221.jpg同じく入社当時からお世話になっている先輩、渡辺プロデューザー。そして、同じく、今やいいおっちゃん(笑)。当時はよく喧嘩して、なんだか素直に話せなかったのですが、今はすごくよく話をしていて、とても楽しいです。






■生がき
f0232060_19363344.jpg大きな生牡蠣です。私は牡蠣が嫌いなので、おっちゃん2人が美味しそうに食べていました。









■利き酒
f0232060_19364381.jpg3種のお酒の利き酒セットです。肝心のお酒の名前は忘れてしまいました・・。









■貝刺し
f0232060_19365276.jpg赤貝、ほっき、ホタテ・・・だったかな?全部美味しかったですが、特に赤貝が絶品。









■貝のミルフィーユ
f0232060_1937248.jpgこのミルフィーユ、すごく美味しいです。真ん中に生のホタテとクリームチーズが挟まっています。









■牡蠣の炒め物
f0232060_19371043.jpgこれまた私が食べれない牡蠣ですが、牡蠣好きのおっちゃん2名が注文。2人曰く、かなりウマい、らしいです。








■貝の肝炒め
f0232060_19372065.jpgまたも私が食べれない肝料理・・・。2人曰く、これも超ウマい、らしいです。









■ホタテのオイスターソース炒め
f0232060_19373663.jpgおっちゃん2人が自由に食べているので(笑)、私も自分が食べれる炒め物を注文。うーん、ホタテ最高!








■〆サバ
f0232060_19375330.jpgすごく脂の乗っている美味しい〆サバ。臭みが全くありません。絶品。









■貝の磯辺焼き
f0232060_1938690.jpg貝と、海苔と、しょうゆの風味。これもすごく美味しいです。









■貝のクリームパスタ
f0232060_19381637.jpgあさりと青海苔のクリームパスタ。貝の風味がしっかり出ていて、すごく美味しいです。









■貝の茶碗蒸し
f0232060_19382429.jpg貝の出汁で作った茶碗蒸しです。これもウマい!










■あさりの味噌汁
f0232060_1938322.jpg大粒のあさりがいっぱい入ったお味噌汁。ほんのり柚子の香りがします。









■貝の土鍋ご飯
f0232060_19385189.jpg貝がたっぷり入った、炊きたてのご飯です。部屋中に貝のにおいがいっぱい。









■残りはお土産で
f0232060_19385965.jpgさすがにかなりお腹いっぱいだったので、1杯だけいただき、残りはお土産になりました。









■藤本さん(アフター)
f0232060_1939814.jpg酒と食事で満腹&満足のご様子(笑)。










■渡辺さん(アフター)
f0232060_19391678.jpg「すごくウマかった!!」とのこと。またぜひ行きましょう!
by meshi-quest | 2009-12-28 19:34 | 高円寺
ふと、ラーメン気分になったので、前から気になっていた「ぶぶか」へ。

吉祥寺という町は、カレー店が多いという話を以前書かせてもらったが、同じくらいラーメン店も多い。

この「ぶぶか」も外に行列ができるほど、吉祥寺で有名なお店だ。

とはいえ、いくら行列が出来ていても、ラーメンは完全に個人の好みの世界。

かなり期待して行ったが、うーん、私にとってはイマイチだった。

ま、こんな日もあるさ。




■ぶぶか(味の民芸HP内)
http://www.ajino-mingei.co.jp/business/bubuka.html

※味の民芸フードサービス㈱という会社がぶぶかの営業権を持っているようです。








■今日のカメ

■ぶぶか
f0232060_19331249.jpgJR吉祥寺駅の井の頭公園口から徒歩30秒ほど。電車の高架近くにあります。ちなみに、「ぶぶか」という名前の由来は、棒高跳びで有名なセルゲイ・ブブカからきているそうです。









■ぶぶかの提灯
f0232060_19332538.jpg赤い提灯が目印です。











■店内の様子
f0232060_19333226.jpgカウンターのみ10席ちょっとの小さなお店です。











■油そば
f0232060_19334094.jpgぶぶか名物の油そばです。汁なしのラーメンで、賛否両論、好き嫌いが分かれると思いますが、私にとっては、ちょっと脂っこくて、少しならいいけど、飽きる、そんな感じでした。







■とんこつらーめん
f0232060_19334836.jpgお店に「とんこつ」という文字が書かれていたので、私はとんこつらーめんを注文。味玉子は半熟トロトロで美味しかったですが、とんこつスープや麺は普通・・・かな。
by meshi-quest | 2009-12-24 19:32 | 吉祥寺
久しぶりにフラワーアレンジメントのお稽古へ。


今年はなんだかバタバタしていて、お稽古へ行く時間がなかった。

・・・というより、「時間が無かった」はきっと言い訳で、正確に言うと、花と向き合う心の余裕が私になかった。

花に向き合い、花に触れると、すごく癒されて、また新しいパワーをもらえる。

それは分かっていたし、早く触れたいと頭では思っていたのに、どうも体が重かった。


久しぶりの花修行は、それはそれは、とても楽しかった。

花のいい香りに囲まれて、自分の直感に任せて、好きなように花を活ける。

色んなことをひととき忘れて、花に没頭した。

なかなかいい感じの出来だった。




今日のアレンジメントで使った花は下記の通り。


・ヒムロスギ
・シノブヒバ
・ブルーバード
・ブルーアイ
・シルバーダスト
・コニファー








■今日のカメ

今回は、会社の同僚も体験教室に参加したいとのことで一緒にアレンジメントをしました。

■店内の様子
f0232060_19305755.jpgお稽古は、先生がされているお花屋さんの店内で行います。とてもいい香りがするイングリッシュローズ、色鮮やかなダリアなど、店内は色とりどりのお花でいっぱいでした。








■お稽古の様子
f0232060_1931455.jpgお花に囲まれながら、その横にある小さなテーブルでお稽古をします。最大4人くらいの少人数で教えていただけるので、周りのことを気にせず、花だけに没頭できて、とてもいいです。右が浜田先生、左が今回体験参加の同僚のすーさんとかなちゃん。









■リースを作ります。
f0232060_19311433.jpgフレッシュリースは、まず、左の丸いオアシス(水を含んだスポンジ台)に緑の木を挿していくことから始まります。右は土台となるモミやスギの木です。








■木を切ります。
f0232060_19312156.jpg先ほどの木を4~5センチくらいの長さに細かく切っていきます。右は小さく切った木の山。










■リースの土台完成
f0232060_19312954.jpg切った枝を一定の方向で挿していき、オアシスを木で埋めて、リースの土台を作ります。









■真剣です
f0232060_19313863.jpg2人とも完全にアレンジメントに没頭しています。









■飾ります。
f0232060_19314655.jpgリースの土台に、松ぼっくりやリュウカデンドロンの実などで飾り付けをしていきます。








■リース完成!
f0232060_19315444.jpg私の作品です。飾り付けをして、リース完成。なかなかいい感じ。満足、満足。










■すーさんの作品
f0232060_1932368.jpg初めてとのことでしたが、とても堂々と花をさばいていて、上手でした。














■かなちゃんの作品
f0232060_19321059.jpgアレンジメントにずっと興味があったそうで、とても楽しそうに活けていました。


ご招待いただき、四谷にある三國清三シェフのレストラン


「オテル・ドゥ・ミクニ」へ行った。









この日は、三國シェフも厨房にいらっしゃっていて、


特別にシェフオリジナルで料理を作ってくださることになった。










「なんでも好きなものを言っていただければ作りますよ。」











この夢のような一言に舞い上がってしまって(笑)、


食べたいものをうまく言葉で伝えらず、


とりあえず、メインはお薦めの食材を使ったお任せにし、


滅多にない機会なので、2つだけお願いをしてみた。










「じゃがいもが好きなので、じゃがいもで作ったスープをください。」


「いちごが好きなので、いちごとクリームたっぷりのデザートをください。」


この2つ。










三國シェフはそれを聞いて、ニコッと笑い、厨房へ消えて行った。


この2つのお願いでかなった料理は、「今日のカメ」で。












さて、今年は、なんだか「豚」にご縁がある。


ついに幻の豚「梅山豚(メイシャントン)」を食べる機会にも恵まれ、


今回、ミクニではハンガリーの「食べられる国宝」と呼ばれている


「マンガリッツァ」をいただけることになった。











この豚が、色んな意味で、ホントすごい。


文で書くより見ていただいた方が分かりやすいので、


詳しくは、下記「今日のカメ」で。












■オテル・ドゥ・ミクニ
http://www.oui-mikuni.co.jp/hoteldemikuni/
















■今日のカメ

■ウェイティングバー
f0232060_19253435.jpg席の準備が整うまで、入口のウェイティングバーで待ちます。いつも綺麗なお花が飾られています。これは大輪の百合の花。











■クリスマスツリー
f0232060_19254394.jpg赤と白のキャンドルがいっぱいの、かわいらしいツリーも飾られていました。












■三國シェフと戸田さん
f0232060_19255170.jpgウェイティングバーにて。三國清三シェフ(右)と、ミクニのソムリエ戸田さん(左)。









■三國さんと記念撮影
f0232060_1926025.jpgとても多忙な三國シェフ。

たまたま今日はこちらにいらっしゃっていて、シェフ直々のお料理をいただけ、とても幸運でした。ありがとうございました。






■料理の説明をしてくださる三國シェフ

f0232060_1926990.jpg美味しい豚があるということで、実際にお肉を見せながら、今日の料理の説明をしてくださいました。












■「マンガリッツァ」の肉
f0232060_19261977.jpg2004年にハンガリー政府が「食べられる国宝」として認定をした豚「マンガリッツア」です。極寒の土地で育つ豚で、普通の豚と比べて、白い脂身の部分が極端に多い。







■これが、「マンガリッツァ」(笑)
f0232060_19263078.jpg羊ではありません(笑)。豚なのに、羊のように毛むくじゃらです。超かわいい!!









■モコモコしています
f0232060_19263949.jpgその姿から「羊毛の豚」と呼ばれているそうで、この毛のおかげで、マイナス30度の極寒の地でも生きて行けるそうです。








■席の様子
f0232060_19264738.jpg席は1階の予定でしたが、今日は2階の個室が空いているとのことで、特別にこちらに通していただきました。












■ウーロン茶
f0232060_19265879.jpgまだ胃腸が万全ではないので、アルコールは控えて、ウーロン茶で。









■アミューズ
f0232060_1927749.jpgミクニで必ず最初に出される名物キッシュ。










■キッシュ
f0232060_19271780.jpgこのキッシュ、大好きです。ただでさえ、泣けるほど美味しいのに、さらに今日は三國シェフがアレンジをしてくださり、白トリュフの特製ソースがかけられています。トリュフの香りがすごく良く、コクがあって、卒倒するくらい美味しかったです。






■自家製パン
f0232060_19272714.jpg香りが良い、美味しい自家製パン。










■2品目:スープ
f0232060_19275229.jpg私の1つ目のお願い「スープ」です。じゃがいもが好きということで、「インカのめざめ」を使ったポタージュを作ってくださいました。じゃがいもの香りがしっかり残っていて、甘味もあり、イモ好きにはたまらないスープ。すごく美味しかったです。






■3品目:ジビエのサラダ仕立て
f0232060_1928725.jpg旬のジビエを使ったサラダ仕立てのお料理です。「少し前まで胃腸炎で・・」という話をしたので、野菜を取り入れたヘルシーな料理にしてくださったようです。







■ジビエ
f0232060_1928162.jpg鴨と鹿のソテーが入っています。柔らかく、コクがあって、臭みは全くなし。とても美味しかったです。ジビエ以外にも、トリュフやフォアグラも入っていて、超贅沢なサラダです。







■4品目:手長海老のグリル
f0232060_19282698.jpg鮮やかなオレンジが印象的なお料理。手長海老のグリルを、手長海老の味噌を使ったソースでいただきます。








■手長海老
f0232060_19283520.jpg海老、大好き。海老の香りが口いっぱいに広がり、海老の甘みに、濃厚なソースが合っていて、とても美味しかったです。








■5品目:マンガリッツァのグリル
f0232060_19284337.jpg先ほどの毛むくじゃらの豚「マンガリッツァ」のメインディッシュです。









■マンガリッツァ
f0232060_1929110.jpg下がお肉、上に乗っているのは、なんと脂身です。

私は、いつも肉の脂身を残す方で、最初見た時、「え!!」と思いましたが、食べてみると、驚くことに、脂身独特のくどさが全くがありません。喉に来る前に、この脂身が溶けてしまって、脂身というよりコラーゲンのような感じ。肉と一緒に食べるとコクが出て、すごく美味しかったです。



■フロマージュ
f0232060_19291042.jpg好きなチーズを好きな量だけカットして出してくれます。









■瓜割(うりわり)の水
f0232060_19291935.jpg福井県の「瓜割の水」というミネラルウォーターだそうです。軟水ですが、硬水のようなしっかりとした味がします。












■デザート:いちごのミルフィーユ
f0232060_19292682.jpg私の2つ目のお願い「いちごとクリームのデザート」です。

あいまいなオーダーにも関わらず、私がすごく食べたかったミルフィーユが出てきて、嬉しかったです。左の層になっているのがミルフィーユ、右の丸いものは自家製バニラアイス、茶色のクルッとなっているものはチョコです。



■いちごのミルフィーユ
f0232060_19293519.jpgすごく手の込んでいるミルフィーユで、下層が生のいちごにカスタードクリーム、上層は火を通してコクを出したいちごにホイップクリームと、いちごの状態に合わせて、それに合った味とクリームを重ねているデザートです。

もう言うことないくらい美味しかったです。
by meshi-quest | 2009-12-17 19:23 | 四谷
周りに、出張や旅行に行く人が多く、色々とお土産をいただく。


お土産は、すごく嬉しい。

「旅」を分けてもらえるからだ。

単に何かもらったからではなく、知らない場所の、知らないことを、まるで私も一緒に行ったかのようにお裾分けしてもらえる。

私自身も旅行が好きなので、なんだか自分もそこに行ったかのような気分になれて、ちょっと楽しい。

それに、お土産をくれるということは、遠い旅先で私のことを思い出してくれていたという表れであって、これも非常に光栄なことだし、嬉しい。


さて、先日もアメリカへ出張に行かれた方から宝石を砕いてクリームにしたという珍しい化粧品と、チェコへ旅行に行ってきた親友からこれまた珍しいお菓子をもらったので、紹介したいと思う。








■今日のカメ

■BVLGARIの宝石クリーム
f0232060_19224997.jpgアメリカ出張のお土産にいただいたもので、日本未発売のクリームとのこと。飛行機のファーストクラスのみで販売しているそうです。ブルガリの特許で、ルビーとかサファイアとかの宝石を砕いたものが入っているようで、肌を活性化させ、シワをなくす効果があるそうです。







■中身はこんな感じです
f0232060_19225830.jpgピンク色のクリームです。花のような良い香りがします。こんな高級なクリームを使ったことがないので、なんだかドキドキします(笑)。










■チェコのお菓子
f0232060_1923684.jpgチェコに行ってきた親友からのお土産で、とても綺麗な丸い小箱に入っています。箱に描かれている肖像画は、日本でも有名な、オーストリア=ハンガリー帝国皇帝フランツ・ヨーゼフ1世の皇妃エリザベートです。








■すみれの砂糖菓子
f0232060_19231631.jpg中には、綺麗な紫のお菓子が入っていました。これ、すみれの花びらの砂糖漬けらしく、エリザベートが好んで食べたというお菓子だそうです。ちゃんと花びらにめしべとかが残っています。香りはブルーベリー、味はブルーベリーの砂糖味、という感じ(笑)。なんだか少し高貴な気分になります(笑)。
by meshi-quest | 2009-12-17 19:21
寒くなってきたので、コートを探しに、代官山へ。


コートって、ちゃんとイイもの買わないと、すぐにダメになってしまって、寒さがしのげないし、長く着れない。

なかなかいい値段するから、「ま、いっか」じゃ買えないし(笑)、なかなか気に入ったものに出会えないので、探すのに時間がかかる。

探し疲れて、ちょっと休憩。

甘い香りに誘われて、「waffle's」へ。

ここは、注文を受けてから、アツアツのワッフルを1枚1枚焼いてくれるワッフル専門店だ。

ワッフル食べて、甘いものパワーで体力全快!

さーて、また一回りしてコートでも探すかな。




■Waffle's
http://www.waffles-daikanyama.com/








■今日のカメ

■Waffle's
f0232060_19205567.jpg東急東横線「代官山駅」から徒歩5分くらい。細い脇道を入った所にあるので、場所はちょっと分かりにくいかも。









■外観
f0232060_1921384.jpgクリスマスシーズンなので、電飾でキラキラしていました。










■店内の様子
f0232060_19211164.jpg1階と2階があり、1階にはテラス席もあります。目の前にキッチンがあり、人のうちに来たような感じの素朴なお店です。








■メープルシロップ
f0232060_19212526.jpg各テーブルにメープルシロップとガムシロップが置かれています。ご自由に、お好きなだけ。








■季節のフルーツワッフル
f0232060_19213578.jpg今日の季節のフルーツは、柿と洋ナシでした。白いものは、バニラアイスとホイップクリーム。甘すぎず、やさしい味で、美味しい!950円くらいかな。








■チャイ
f0232060_19214575.jpgシンプルなアイスチャイ。
ご縁があって、デヴィット・ウェルスさんという方の器展へご招待いただき、行ってきた。


用賀にあるGallery NANNAという場所で行われた展示会では、マンションの1室の小さな展示スペースながらも、デヴィットさんの作った食器、花器の展示だけでなく、食器の販売、デヴィットさんが描いた絵の展示、器へ絵付けができるワークショップなど、様々なイベントが行われていた。

デヴィットさんは非常に多才な方で、陶芸以外にも、シェフの経験もあり、ご自身で料理を作られたり、花を活けられたり、絵を描かれたり、色んなことをされている。

今回初めて器を見させていただいたが、色合いがキレイで、それでいて、派手すぎず、和食に合うようなやさしい器だった。

今度、ご自身が作られた器を使いながら、和食の料理教室も始められるそうで、機会があればぜひ参加してみたいと思う。




■デヴィット・ウェルス氏 HP
http://members3.jcom.home.ne.jp/david4you/

■Gallery NANNA
http://www.moonpalace.jp/contents/gallery.html
デヴィットさんの器はこちらでネットからも購入できるようになるそうです。








■今日のカメ

■Gallery NANNA
f0232060_19191532.jpg東急田園都市線「用賀」駅から徒歩5分くらい。マンションの1室にあります。














■デヴィット・ウェルス氏
f0232060_19192220.jpgとても明るく気さくな方で、器や絵の説明を丁寧にしてくださいました。













■展示会の様子①
f0232060_19193289.jpgデヴィットさんが和食を作られるので、個性的ではありながらも、食事を邪魔しない、和食を盛りつけた時に合うようなやさしい器たちでした。










■展示会の様子②
f0232060_19194185.jpg花器やグラスもありました。










■花器と生け花
f0232060_1919495.jpg花器も生け花もデヴィットさんの作品です。












■「出会い」
f0232060_19195817.jpg「出会い」という名の作品です。綺麗な色合いに、上下に不思議な生き物が描かれています。デヴィットさんに聞いたところ、「日本の想像上の生き物をイメージしました」、とのこと。
by meshi-quest | 2009-12-16 19:18


さっちゃんのお父さん(飼い主の美容師さん)から美味しいと聞いて、「ニュー高円寺インディア」というインドカレー屋へ。

ここはいっぱい食べれて、値段が安く、特にナンが美味しいとのことだったが、確かにいいお店だった。

注文を受けてから焼いてくれるナンは、かなり大きく食べ応えがあり、ミルクの風味のようなやさしい甘味があって、モッチリしていて、とても美味しい。

カレーもなかなか美味しい。

サラダ、ナン、小ライス、カレー(数種から選べる)、ドリンク(お代わり自由)で、なんと690円というお値段。

店内が少し狭く、かつ、非常に混んでいるため、落ち着かないのと、接客が少し繁雑になるのはご愛嬌として、ランチにはなかなかお得で良いお店だと思う。








■今日のカメ

■ニュー高円寺インディア
f0232060_19175551.jpgJR中央線「高円寺」駅北口から徒歩2分くらい。商店街の中にあります。















■店内の様子
f0232060_1918337.jpg1階と2階があります。こちらは、2階。店内は普通です。










■Aセット
f0232060_19181349.jpgサラダ、カレー、ライス、ドリンク、大きなナンが付いて、690円です。ナン、本当にうまいです。









■チキンカレー
f0232060_19182069.jpgカレーは数種から選べ、カレーによって、セットの値段がちょっと変わります。これはチキンカレー。大きめのチキンが4つくらい入っていて、なかなか美味しいです。辛さも選べます。
by meshi-quest | 2009-12-15 19:17 | 高円寺
数か月に1回、トリートメントをしに、行きつけの美容院へ行く。


髪が腰くらいまであるストレートロングなので、よく「髪のお手入れ、大変でしょう?」と聞かれるのだが、シャンプーもリンスも、普通にどこでも売っている市販のものを使っているし、人より多くワカメを食べているわけでもない。

冒頭に書いたとおり、数か月に1回、トリートメントに行く、くらいだ。

おそらく、元々の髪が強いのだと思う。

私なんて、もうちょっと切ったくらいでは誰にも気が付かれないくらいなので(笑)、伸びたことなんて、当然、気が付かれない。

だから、後ろは、ほぼ放置(笑)。

前髪くらいかな、気にするのは。

目に入るくらいになると自分で切る。

むしろ、ショートヘアの人の方がその状態を維持するために、頻繁に美容院に行かなければならないだろうし、手入れは大変なのではないかと思う。


さて、行きつけの美容院には、看板娘の「さっちゃん」というフレンチブルドッグがいて、自分のトリートメントよりも、実はさっちゃんに会うのが楽しみで行っている、という感じもある。

この日は天気も良く、少し暖かかったので、お店に入った時にはダイビング&顔舐めで熱烈な歓迎を受け(笑)、しばらく元気一杯だったが、遊び疲れてしまったのか、一通りの歓迎が終わると、自分のベッドに戻って、眠ってしまった。

ホントかわいいなぁ、さっちゃんは。








■今日のカメ

■ちょっと元気なさっちゃん
f0232060_1916247.jpg寒いと、人が来ても寝てることが多いさっちゃんですが、今日は最初から元気でした。










■様子見てるさっちゃん
f0232060_19161023.jpgずっとカメラを向けているので、「何してるんだろ?」という顔になってます(笑)。










■疲れてきたさっちゃん
f0232060_19162073.jpg膝の上に乗ったり、顔をなめたり、一通りのお仕事を終え、若干疲れてしまったさっちゃん(笑)。なでても無表情(笑)。









■お疲れモードのさっちゃん
f0232060_1916304.jpgもうチョップしても、動じません(笑)。










■眠くなってきたさっちゃん
f0232060_19163981.jpg目がトロンとしてきました。









■おやすみさっちゃん
f0232060_19164711.jpgストーブの前で温まっています。この後、そのまま寝てしまいました。
by meshi-quest | 2009-12-15 19:15 | 高円寺


長らく胃腸の不調(略して、不腸?)に悩まされていたが、


だいぶ楽になってきて、ようやく固形物を楽しめるようになってきた。










「食べるな」と禁止されていると、禁欲症状が出てしまうのは仕方がないことで、


無性に中華料理が食べたくなり(笑)、三宿にある「香港麺 新記」へ。












ここは、もう退社されてしまった会社の先輩に教えてもらったお店で、


家庭的な香港料理を食べさせてくれる。


お手頃な値段で、美味しい中華が食べれるので、近くに来ると、寄っている。












特に、お店の看板にもなっている香港麺は、香港の極細麺で、


細いのにコシがあり、お店オリジナルの塩味のスープと絡んで、とても美味しい。


さらに、そのスープの中に入っているエビワンタンとつみれが、


これまた、なんともうまい。













久しぶりに来たが、相変わらず混んでいて、相変わらず美味しかった。













■香港麺 新記
http://www.honkonmen-shinki.jp/index.php















■今日のカメ

■香港麺 新記
f0232060_19134118.jpg国道246沿い、三宿交差点のそばにあるビルの2階にあります。電車で行く場合は、東急田園都市線「池尻大橋」駅から徒歩10分くらい。夜中1時までやっているので、夜食にも便利です。










■店内の様子
f0232060_191349100.jpgビルの2階の分かりにくい場所ながら、常連さんでいつも混んでいます。









■ラー油
f0232060_19135799.jpgテーブルの上に、デカイ入れ物に入った自家製のラー油が置かれています。

雑誌でもよく紹介されているらしく、HPから購入ができます。私は辛いものが苦手なので、ラー油のうまさが分からないのですが・・。





■空芯菜炒め
f0232060_1914635.jpgニンニクとスープで炒めた空芯菜。コクがあって、とても美味しいです。味は、塩と海老味噌から選べます。








■香港麺(小)とチャーハン(小)のセット

f0232060_19141493.jpg麺もご飯も食べたい方へおススメの欲張りセット。香港麺もさることながら、新記のチャーハンもなかなか美味しいです。

香港麺の上に乗っているのは、エビワンタンとつみれです。これが柔らかくて、しっかり素材の味がして、とても美味しい。セットで1150円だったかな。




■香港麺
f0232060_19142254.jpg極細麺ですが、コシがあります。麺は、香港麺と日本麺の2種から選べますが、ここでは断然香港麺がおススメ。








■香港麺 全部入り
f0232060_19143068.jpg全部入りは、エビワンタンとつみれのほかに、チャーシューや豚角煮が入ります。









■春巻き
f0232060_19143977.jpg竹の子たっぷり、アツアツ、サクサクの美味しい春巻きです。350円くらい。









■手羽餃子
f0232060_19144716.jpgプリプリの手羽餃子です。これもとても美味しい。450円くらい。









■ショウロンポウ
f0232060_19145325.jpg肉汁たっぷりの大きなショウロンポウ。食べ応えがあって、美味しいです。4つで500円くらいだったかな。
プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ