<   2010年 12月 ( 22 )   > この月の画像一覧




早いもので、今年もあと数時間となりました。






今年もよく食べたなあ・・・(笑)。





美味しいモノを美味しく食べれる。


こんな幸せなことはありません。










さて、ここで勝手ながら、今年一年の「メシクエ LV34」総集編として、


『MVD』(Most Valuable Dish)を選んでおきたいと思います。








ジャカジャカジャ~ン~♪





甲乙つけがたく、かなり悩みましたが、2010年の「MVD」は、


麻布十番にあるオスマントルコ宮廷料理「ブルガスアダ」の


「ウズン ウエ サフランル スルタン バルウ」
にしたいと思います。





サフラン、葡萄、金目鯛という不思議な組み合わせながら、


絶妙な出汁が出ていて、ホントに美味しく、ビックリしました。












「メシクエ LV34」は、来年で9年目を迎えます。





公開している以上、少しでも役に立つ情報を出していきたいと思っており、


自分の舌を頼りに、かなり正直に、時にはかなり辛いコメントも書いています。






おかげさまで、いろんな方から「紹介された店、行ってみたよ」と、


「メシクエ」を通じて、輪が広がってきて、すごく嬉しく思ってます。






また来年も、いっぱい食べ歩いて、いろんなお店を紹介できたら、と思っています。


引き続き、ご愛読いただければ幸いです。









良いお年をお迎えください。











2010年12月31日


成沢理恵
by meshi-quest | 2010-12-31 14:59

ご招待いただき、赤羽橋にある隠れ家レストラン「タワシタ」へ行った。







ここは、まさに「隠れ家」で、お店非公開、完全予約制、


場所も、外には看板の出ていないビルの1室・・・と、


知っている人がいないと絶対に来れないようなお店だ。










「タワシタ」


東京タワーの真下だから「タワシタ」








そんな遊び心は、東京タワーの絶景とお店が出す料理の味の


どちらにも自信と余裕があるからなんだろうなあ。








ステキなお店だった。


またぜひ伺いたいと思う。















■今日のカメ

■東京タワー
f0232060_148884.jpgビルの谷間から東京タワー。

久しぶりに見ましたが、大きくて、カッコイイ。なんか異世界に来た気分。

好きだなあ、東京タワー。







■入口
f0232060_14101268.jpgビルの一室、ここが入口です。

お店が常連さんを大切にする意図の下、基本非公開にしているのだと思いますので、ここでも場所は非公開とさせていただきます。








■「タワシタ」
f0232060_14123073.jpg東京タワーの絵の下に、「下」の文字。

とても愛嬌のある店名ですね。








■店内の様子
f0232060_1414448.jpg席数も少なく、小さな店内。

ゆっくり食事が出来るように、1席1席の間隔を大きめに取っています。







■窓から見た東京タワー
f0232060_14163461.jpg窓側の席を予約いただいていたので、幸運にもキレイな東京タワーを見ながら食事ができました。









■白ワイン
f0232060_14175812.jpgソムリエさんに選んでいただきました。










■ホタテのバター焼き
f0232060_1419868.jpg大きなホタテ貝を豪快に盛り付けた1品。










■ホタテ、アップ
f0232060_14201212.jpgホタテの甘味、磯の香り・・・シンプルながら、とても美味しく出来ていました。









■パン
f0232060_14212446.jpg小麦の味がしっかりとする、バケット。










■カルパッチョ風サラダ
f0232060_1423946.jpgカンパチだったかな?を使った、サラダ仕立てのカルパッチョ。









■カルパッチョ、アップ
f0232060_14241099.jpg厚切りの新鮮なカンパチ。

食べ応えのある美味しいカルパッチョでした。








■白子の料理
f0232060_14261780.jpg名前を忘れてしまったのですが、白子のお料理。

真ん中が白子。周りに洋風だしのきいた温かいソースがかかっています。臭みなく、美味しい白子でした。






■ハチノスの洋風味噌煮込み
f0232060_1428791.jpg味噌で柔らかく煮込まれたホルモン料理。

濃いめの味ですが、上のスクランブルエッグがとてもいいアクセントになっていて、玉子と一緒に食べるとちょうど良くなっています。






■赤ワイン
f0232060_14295713.jpg肉料理の前に、赤ワインにチェンジ。










■仔羊のロースト
f0232060_14305039.jpg肉料理も何種類かあり、迷ったのですが、仔羊に。










■仔羊、アップ
f0232060_14314458.jpg焼き加減もちょうど良く、風味のいい、美味しい仔羊でした。









■プリン
f0232060_14324492.jpgビターなカラメルたっぷりの大人のプリン。










■ゆずシャーベット
f0232060_14334513.jpg食後にちょうどいい、さっぱりシャーベット。



最近お気に入りの吉祥寺カウンタービストロ「エディブル」へ。







カウンター10席程度の小さなお店ながら、本格的なフレンチが食べれる。


口コミで人気が出てきているようで、この日も予約のみで、満席。









お店の人気が出ること自体は嬉しいことだが、


ぶっちゃけ、雰囲気良く、味も良く、値段もとてもリーズナブルの


3点セットはなかなかないので、今くらいの混雑で収まるといいなあ(苦笑)。


















■今日のカメ

■店内の様子
f0232060_19281010.jpgヨドバシ裏の飲食街にある、カウンター10席ほどの小さな店内。

店の雰囲気からあまりうるさいお客さんは来ないので、一人でもゆっくり食事やお酒が楽しめます。






■赤ワインと生ハム盛り
f0232060_19301861.jpg自家製鹿児島県産黒豚のスモークと、パルマ産生ハムの盛り合わせ。









■生ハム、アップ
f0232060_19311985.jpg白っぽいのが黒豚の生ハム、赤っぽいのがパルマ生ハム。

どちらも美味しかったですが、特に、自家製黒豚スモークがとてもいい香りがして、お酒が進むイイつまみでした。これで800円くらいだったかな。





■鴨砂肝のコンフィ
f0232060_19331181.jpg鴨の砂肝を使ったコンフィ。黄色く丸いモノは、ひよこ豆。

鴨独特の臭みはありますが、嫌な臭みではなく、歯ごたえ良く、美味しかったです。






■牛すじの洋風煮込み
f0232060_19351557.jpg牛すじを洋風だしでトロトロになるまで煮込んだ1品。









■煮込み、アップ
f0232060_1936216.jpgこれ、かなり美味しかったです。味付けも濃すぎず、飽きのこない味に仕上がってます。素晴らしい。

これも800円くらいだったかな。






■チーズ盛り
f0232060_19373256.jpg6種のウォッシュチーズを盛り合わせにしてもらいました。

通常のチーズ盛りは、ハードタイプも入っていますが、私はウォッシュが好きなので、中身を変えてもらってます。

うーん、赤ワインに合う!!



■スズキのポワレ 白菜のソース
f0232060_19402996.jpg本日のおススメ「スズキ」を使ったポワレ。1200円くらいだったかな。









■スズキ、アップ
f0232060_1941332.jpgちょうどイイ感じの蒸し焼きになっています。

白菜のクリーミーソースが合っていて、とても美味しかったです。







■仔羊もも肉のグリル
f0232060_1943462.jpg脂身の少ないもも肉を使った1品。










■仔羊、アップ
f0232060_1943518.jpgこれもとても美味しい料理でした。

仔羊のハム、といった感じ。
そのままでも十分味があるので、軽く岩塩を付けていただきます。






■手打ちパスタの魚介トマトソース
f0232060_1945623.jpgお店で手作りしているパスタを使ったシェフの気まぐれパスタ。

今日のソースは、魚介のトマトソース。







■パスタ、アップ
f0232060_19461597.jpg太めで、とてもモチモチしているパスタ。美味しい!

魚介ソースは、いか、エビ、スズキなど具だくさん。






■大きめマカロンのフルーツとアイスの盛り合わせ

f0232060_19474264.jpgピンク色のマカロンがお皿のようになっており、その上に季節のフルーツが乗っています。









■マカロン、アップ
f0232060_19484117.jpg甘すぎず、これも美味しく出来ているデザートでした。

アイスも自家製のヨーグルト風味。







■チャイニーズブラックティー
f0232060_19495127.jpg紅茶もちゃんとぬかりなく、スモーキーな美味しい紅茶が出てきました。

ちなみに、うちで買っている紅茶屋さんと同じで、ここの品質が分かるだけに、紅茶好きには嬉しい。
by meshi-quest | 2010-12-30 19:52 | 吉祥寺



美味しいとの評判を聞き、以前から気になっていた


目黒の隠れ家イタリアン「トラットリア・デッラ・ランテルナ・マジカ」へ。








ここはメイン通りから離れた、完全な住宅街の中にあり、


分かりにくい場所にあるが、家族連れやカップルでほぼ満席。







以前ふらっと来た時には夜10時くらいまで席が空かないと言われたので、


今回は、事前に予約をしてやってきた。










評判通りなかなか美味しいし、スタッフの応対も良い感じだったが、


値段と味と、(自分の)家からの遠さを考えると、


正直、それをおしてまで、何度も通いたいという感じではなかった。








あと、私の中で、若干評価が下がったのは、


客の「食べたい」という気持ちに対する店(店員?)の対応。








実は、この日、赤ワインを気持ちよく飲んでいて、かなり調子が良かったので、


食事途中ではあったが、チーズを頼んだところ、店員さんに断られた。






きっと「知らないで言っている」と思われたのだろうと思い、


「本来チーズは、食事の後でしょうけど、今日はなんか先にいただきたいので、


チーズをいただけますか?」と説明してみたが、


それでも、「チーズは食事の後に出すことになっています」の一点張り。









結局、全食事が終了した後、店員さんが「チーズお持ちしますか?」と聞いてきたが、


その頃にはチーズへの熱も冷め、お腹もいっぱいになっており、


食べることなく、帰ることにした。








今日頼んだものが、コースだったなら、分かる。


チーズは濃厚なので、食後の方が良いという定説も分かっている。







でも、今日は、客がアラカルトを自由に頼んでいて、


今食べたいので・・・と説明したのに、2回も断られた。






「え!これだけ言っても断るの??」



うーん、個人的には、客が食べたいものを出すのが「お店」というものだと思うので、


意図は分かるにしても、気分を害しただけに終わってしまったなあ。








そこまでして店側が守りたかったものも見えなかったし、


正直、全体的に強めの味付けではあったので、チーズ食べたところで、


そこまで味が変わるほどの微妙な感じでもなかったしなあ。












■「トラットリア・デッラ・ランテルナ・マジカ」
http://www.lanternamagica.jp/
















■今日のカメ

■「トラットリア・デッラ・ランテルナ・マジカ」

f0232060_14185491.jpgJR目黒駅東口から徒歩5分ほど。静かな住宅街にある一軒家です。








■店内の様子
f0232060_14202762.jpg入口が小さいので、席数も少ないのかと思いましたが、奥は広く、かなり席はありました。テーブルメイン。







■おススメメニューの説明
f0232060_14215022.jpg本場イタリアの雰囲気を・・・ということで、お店のおススメメニューは日本語訳なしのイタリア語で書かれていて、店員さんが黒板を持って説明に来てくれます。






■テーブル
f0232060_14231058.jpgメインカラーは黄色。
テーブルクロスも、ナプキンも黄色。








■パン
f0232060_1424321.jpgパンは3種類出てきます。
バケット、ローズマリーのフォッカチャ、グリッシーニ。








■パルマ産生ハム
f0232060_1425491.jpgきれいで、かつ、豪快な盛りつけの生ハム。ワインに合います。








■パプリカとアンチョビの冷製
f0232060_14274518.jpgパブリカの上に、塩味強めのアンチョビベースのソースがかかっています。

美味しいですが、これ単体だと、ちょっとしょっぱいので、ソースはパンに付けたり・・・。






■真だこのトマト煮込みとポレンタ
f0232060_14293284.jpg真だこの煮込みと、左の黄色いものがポレンタ(とうもろこしをすりつぶしたもの)。

ポレンタは固形のコーンポタージュのような味で、美味しいです。色んな料理に使われますが、ペースト状で出てくるときもあります。





■エビとイカのフリット
f0232060_14334554.jpgエビは殻ごと食べれるようになっています。










■手長エビの炭火焼
f0232060_143547.jpg甘味ある美味しい手長エビでしたが、ちょっと塩味が強めかな。

本数は好きな数を指定できます。







■牛フィレ肉
f0232060_1438215.jpg牛フィレ肉のグリル、だったかな。柔らかく、美味しかったです。









■マッシュポテト
f0232060_14392314.jpg付け合わせで頼んだマッシュポテト。

薄められたマッシュポテトが嫌いなんですが(笑)、これはじゃがいもの味がしっかり出ていて、美味しかったです。






■魚介のトマトパスタ
f0232060_14405736.jpgちょっと塩味が強すぎかな。うーん、残念。










■ペンネカルボナーラ
f0232060_144215.jpgこれも、塩味が強かったかな。味は普通。










■レモンのソルベ
f0232060_1443269.jpgさっぱりしていて、風味良く、美味しかったです。

イタリアンは濃い味が多いので、ちょうどいいデザート。







■ティラミス
f0232060_1444204.jpg洋酒が強いティラミスが苦手で、これはあまり強すぎず、とても美味しいティラミスでした。

ボリュームもたっぷり。



ご招待いただき、銀座コリドー通りにある鉄板ビストロ「jeujeu」へ。







「鉄板ビストロ」という響きが良く、外に出ていたメニューも興味あるものが多く、


楽しみに入ったのだが、残念ながら、味は普通かな。







若干、塩味が強いものもあり、メニューがなかなか魅力的だっただけに、


期待度も高かったので、残念。











■鉄板ビストロ jeujeu
http://r.gnavi.co.jp/g048930/
















■今日のカメ

■店内の様子
f0232060_13343951.jpgキッチンを囲むようにカウンターが数席、奥にテーブルもあり、割と席数はあります。

場所は、銀座コリドー通りの飲食店の並びにあります。





■メニュー
f0232060_13362589.jpg地図のような、布地のメニュー。

鉄板やオーブン料理が中心です。







■ザクロのぺティー
f0232060_13375399.jpg自家製果実酒のソーダ割りです。









■お通し
f0232060_13384077.jpgさつまいもの温かいスープと、バケットがお通しです。

甘めのスープですが、クリーミーでなかなか美味しかったです。





■ラタトゥイユ
f0232060_1339502.jpg茄子、パプリカなど、いろんな野菜を使ったラタトウィユ。

これもさっぱりしていて美味しかったです。






■「ベーコンとチーズのスパニッシュオムレツ」

f0232060_13412740.jpgベーコンやチーズが少ないのか、全体的にコクがなく、味が薄め。いまいちかな。








■「名物!焼きブイヤベース」
f0232060_13432138.jpg名前がすごく美味しそうだったので、注文した1品。

大きめのココット鍋に入って出来てきました。







■焼きブイヤベースはこんな感じ。
f0232060_13445497.jpg金目、エビ、じゃがいもなどの具が入っているブイヤベース。

「焼き」に、ちょっとした変化球を期待をしましたが、普通のブイヤベースでした・・・。

味は、魚介の旨味より、塩味が強く、いまいちかな。


■「厚切り豚バラ肉の粒マスタード焼き」

f0232060_13474954.jpgこれも塩味が強かったです。

豚も脂が気になるような焼き方になっていて、途中で、脂に酔う。もう少し脂が気にならないような調理、味付けが良かったかな。





■「数量限定煮込みハンバーグ」
f0232060_1350154.jpgこれも、デミグラスソースがとてもしょっぱかった。甘しょっぱい感じ。

ハンバーグ自体もいまいちで、塩味の印象しかなかった。





■「自家製大人のプリン」
f0232060_13514942.jpgうーん、これも期待はずれ。正直、あまり美味しくなかったです。

ビターというわけでもなく、洋酒使っているわけでもなく、どのあたりが「大人の・・・」なのか分からなかったなあ。




■焼きバナナのバニラアイス添え
f0232060_13534631.jpgバナナは、意外と甘さ控えめで、バターの香りがして美味しかったのですが、バニラアイスが薄く、コクがなく、釣り合いが取れていない感じでした。

バニラに高級感があれば、美味しいデザートだったのになあ。
by meshi-quest | 2010-12-30 13:57 | 銀座


お知らせです。




現在、健康診断ポータルサイト「+ wellness プラスウエルネス」さんとやっている『女性専用健康診断』の体験記の最終話4話目が更新されました。






■「+ wellness プラスウエルネス」
女性専用健康診断へ行こう! ④ ~マンモは痛いんです~

http://www.pluswellness.com/special/jkq/vol04.html






最終話は、今回私が受けた「+ wellness プラスウエルネス」さんの


女性専用健診の詳細内容と、その体験記になります。









特に目玉の検査は「マンモグラフィー」。


私は今回初めて受けさせてもらいましたが、噂に違わぬ激痛でした(笑)。


おっぱいもげるんじゃないかと思ったくらい・・・。





ただ、今回の健診を通じ、「マンモグラフィー」は非常に重要な検査で、


乳房の視触診やエコー検査とは異なる乳がんを発見するものであり、


必ず女性は受けた方が良い検査であることを知りました。








あの痛みをまたやるのか・・・と思うと、若干憂鬱ではありますが(笑)、


がんは怖いので、毎年受けようと思っています。











なお、「+ wellness プラスウエルネス」さんで掲載させていただいていた


女性専用健康診断体験記は、年明け、ここ「メシクエ LV34」でも


掲載をさせていただく予定です。








ぜひご覧ください。
by meshi-quest | 2010-12-30 13:24



増毛。





「ぞうもう」ではなく、「ましけ」と読む。


「オテル・ドゥ・ミクニ」の三國清三シェフが生まれた北海道の増毛町のことだ。







先日、東京・新丸ビルで「増毛deナイト」というイベントがあり、


ご招待いただいたので、参加させていただいた。







これは、三國シェフが「フランス農事功労章」を受章された記念イベントで、


三國シェフ監修の下、増毛町の海や山の幸をふんだんに使った料理や、


北海道や各地の美味しいお酒が集まった食のお祭りだ。







お祝いには、地元・増毛町の方々やレストランの常連さんをはじめ、


X-JAPANのTOSHIさんや藤井フミヤさん、


かたせ梨乃さん、服部先生など、著名人も集まっていた。








さすが、三國さんの監修だけあって、おつまみがどれも美味しい(笑)。





できれば、ずっとここにいて、翌朝の朝食まで食べていきたい勢いだったが(笑)、


忘年会シーズンで、この後にも呼ばれていたイベントがあり、残念ながら途中退散。









三國シェフ、


受章、本当におめでとうございました!!

















■今日のカメ

■夕暮れの東京駅
f0232060_22482189.jpg「増毛deナイト」は16時スタートで、開始同時くらいにお邪魔しました。

東京駅は全面改装中。






■夕暮れの皇居
f0232060_22495974.jpgビルの谷間、奥に見えるのが皇居です。










■「増毛deナイト」会場
f0232060_22525022.jpg新丸ビル7階のレストランフロアの一角が「増毛」一色になっていましたw。









■「増毛deナイト」
f0232060_22535675.jpg三國シェフとヒグマ。
往年の古い日本映画風、男らしいかっこいいポスター。












■増毛食堂
f0232060_22561796.jpg新丸ビルに実際あるレストラン「musmus」というお店が、今日だけ「増毛食堂」に大変身。

●musmus
http://www.musmus.jp/index.html









■おむすびコーナー
f0232060_231248.jpg北海道産のお米、北海道産の鮭、たらこをふんだんに使った、作り立ての美味しいおむすび。









■ジンギスカン
f0232060_2321691.jpg北海道産のラムを使ったジンギスカン。焼き立て。










■ハンバーグ・カレーコーナー
f0232060_2335350.jpg増毛村のハンバーグ、増毛浜のエビカレーなど。

どれも三國シェフ監修の贅沢な料理。








■舎熊通り
f0232060_2352257.jpg北海道・増毛町に実際ある「舎熊通り」が新丸ビルに登場。









■スナックやバーなど
f0232060_2383243.jpg舎熊通りの中には、「スナック増毛」「ロックBAR 増毛」があります。

実際に新丸ビル内にあるお店がこのイベントのために変身していますw。






■スナック増毛
f0232060_2372384.jpgいいなあ、この看板。
すごくいい(笑)。












■スナック増毛、店内の様子
f0232060_2311512.jpgイベント用のセットかと思いましたが、本当にこういうお店だそうです。

こんなお店が新丸ビルにあるとは(笑)。







■カラオケも楽しめます。
f0232060_23123526.jpg普段は、「来夢来人(ライムライト)」というスナックで、ママさんはミッツ・マングローブさんです。

●来夢来人
http://raimuraito.jp/





■三國シェフ
f0232060_23175710.jpg来場された全員に、笑顔でご挨拶に回っていて、休む間もなくお忙しそうだった三國シェフ。

胸に付けられているのが本物のフランス農事功労章。






■戸田さん
f0232060_2327305.jpg「オテル・ドゥ・ミクニ」のチーフソムリエの戸田さん。

今日はカメラマンとして、大忙し。







■服部先生も1曲
f0232060_2315331.jpgお祝いなので、服部先生が1曲披露くださいました。

曲は、名曲「みちのくひとり旅」です。








■スズキのマリネ
f0232060_23214732.jpg増毛食堂からいただいてきたスズキのマリネ。

ほどよく生の状態で、〆すぎず、ちょうど良いマリネ。







■イクラご飯
f0232060_2323528.jpg北海道の生いくらを使った、とても美味しい贅沢ないくらご飯。









■ジンギスカン
f0232060_2324812.jpg北海道と言えば、コレ。

羊肉を使った肉じゃがのような味付けで、ご飯が欲しくなる感じ。すごく美味しい。

このおかずあれば、ご飯何杯でも食べれそう・・・。




■じゃがいもとかずのこ
f0232060_23255568.jpg北海道産の蒸しじゃがいもと、かずのこ。










■鮭のわっぱ飯
f0232060_23284727.jpgジンギスカンと甲乙付けがたいところですが、やっぱり、今回一番美味しかったのは、この鮭のわっぱかな。

今までわっぱ飯を美味しいと思ったことがなかったのですが、コレ食べて、ビックリしました。絶品。





■増毛浜のエビカレー
f0232060_23302465.jpgカレーは少し甘めの欧風カレー。

左側の丸いモノは、増毛村のハンバーグで、羊肉使用の香り良い大人のハンバーグ。







■羊のマッシュポテト
f0232060_23314713.jpgマッシュポテトに、甘めに煮た羊肉が混ざっています。

見た目、素朴な料理ですが、美味しい。







■モルドヴァの美人お姉ちゃんたち
f0232060_23341445.jpg会場でモルドヴァのワインが提供されていて、モルドヴァ出身のキレイな金髪お姉ちゃんたちが、はっぴ衣装で会場を回っていました。

当然、どこもかしこも撮影会(笑)。






■北海道ケーキ
f0232060_23362585.jpg三國さんの受章のお祝いに大きな大きな北海道型チョコケーキが届いていました。

北海道の上に乗っているのは、鮭を食べている熊さん。
by meshi-quest | 2010-12-27 23:43 | 東京


ご招待いただき、三國清三シェフのフレンチレストラン「オテル・ドゥ・ミクニ」へ。







この日は、クリスマスディナー期間で、ウェイティングバーも、店内も満席。


普段のコースとはまた違った、クリスマス限定のメニューが並んだ。








特に、今回のメインに出てきたシャポン(鶏)。


食べたことのない、鶏の旨味に驚く。


三國さんが「世界一のシャポン」と言うだけあって、本当に美味しかった。









贅沢極まりない、ステキなディナーだった。












■オテル・ドゥ・ミクニ
http://www.oui-mikuni.co.jp/hoteldemikuni/
















■今日のカメ

■オテル・ドゥ・ミクニ
f0232060_21315758.jpg四谷の迎賓館の側、学習院初等科の裏の住宅街にある一軒家です。








■クリスマスツリー
f0232060_21335034.jpg玄関に大きなクリスマスツリーが飾られていました。








■ウェイティングバーの様子
f0232060_21353449.jpg席の準備が整うまで、入口側にあるウェイティングバーで、軽くお酒を飲みながら待ちます。








■バーのフラワーアレンジメント
f0232060_2136438.jpgバーのお花もクリスマス風の飾り付けがされていました。

レストランに専属のフラワーコーディネーターさんがいて、定期的にレストランの雰囲気やメニューに合わせ、アレンジをしています。




■古いカメラ
f0232060_21392821.jpg待っている間に、仲良くさせていただいているソムリエの戸田さんから見せていただいた中国製カメラのデッドストック。「海鷗」製。

かっこいいけど、ピント合わせるのが至難の業。





■テーブル
f0232060_21425275.jpgテーブルでは、一人一人に生花で作られたミニブーケが置かれていました。








■自家製パン
f0232060_21441994.jpg固めでしっかりとした味わいのパン。









■1品目「サヨリのマリネ、キャビア添え ワサビ風味」

f0232060_21455117.jpgまずは、さっぱりとした魚の冷製から。









■サヨリ、アップ
f0232060_214733.jpg上の黒い部分はキャビア。
ワサビマヨネーズと、キャビアの塩味と、サヨリのさっぱりさが、とても合っています。







■クリスタル
f0232060_21482326.jpg飲み物はお任せで、顔馴染みのソムリエさんが料理に合わせて選んでくれます。

こちらの好みも、料理の内容も分かった上で、ベストの提案をしてくれるので、安心してお任せできます。




■2品目「色々東京野菜とフカヒレのコンソメ仕立て」

f0232060_21504161.jpg何十時間もかけてスープをとった、本格的なコンソメ。








■コンソメ、アップ
f0232060_2152387.jpg鯛だったかな?・・に金粉がまぶされているゴージャス仕様。

具だくさんで、旨味たっぷりの、温まるスープでした。





■白ワイン、登場
f0232060_21541316.jpgソムリエさんがコンソメに合わせて出してくれた白。








■白ワインのラベル
f0232060_21574243.jpgちなみに、ラベルの文字で本来「u」となるべきところが「v」で表記されているそうで、これは移民の影響力が強い時に作られたワインだから、とのこと。

ワイン小話が聞けるのも、楽しみの1つ。





■3品目「希少キンキのポシェ、トリュフと堀川牛蒡の軽い煮込み合え」

f0232060_21593528.jpg魚とトリュフとごぼう、という不思議な組み合わせのお料理。








■キンキ、アップ
f0232060_2203488.jpg下に敷いてあるのが堀川牛蒡、キンキの上がトリュフ。

ごぼうの香りがしっかりと出ていて、組み合わせは不思議ですが、とてもバランス良く、美味しいです。フレンチではありますが、どこか和食っぽい感じもあります。



■厚切り!
f0232060_2225140.jpgすごい厚さの冬トリュフです。









■赤ワイン、登場
f0232060_2245786.jpg魚料理に合わせて出していただいた赤。

毎度申し訳ないくらいに、何度聞いてもワインが覚えられない・・・。







■4品目「世界一のシャポンのプレゼ、亀戸大根とリゾット、小芋、
                舟形マッシュルーム添え、アルビュフェラ」

f0232060_2271574.jpg今回のメインディッシュ。
世界一のシャポンを使ったお料理。








■シャポン、アップ
f0232060_2283749.jpg手前右手がシャポンのプレゼ。

これは、ホントにやばい。
旨味に驚く。今まで食べた全鶏肉の中で、一番美味しかった。

左手奥のハンバーグのようなものは舟形マッシュルーム。これも香りが濃厚で、すごく美味しい。



■シャポンは、こうやって・・・
f0232060_2212024.jpg特別に調理前のシャポンを見せていただきました。

顔だけ袋から出ていて、毛もそのままの状態で、木箱に入って送られてくるそうです。






■眠っているよう・・・
f0232060_22132617.jpgとてもやさしく絞めるそうで、眠っているような穏やかな顔をしています。

ありがたくいただきました。ご馳走様でした。







■シャポン用赤ワイン、登場
f0232060_22163729.jpgシャポンに合わせて出していただいた赤。









■5品目「完熟フロマージュ、サンマルセランのプールドゥー」

f0232060_22152917.jpg若干塩味強めの、ウォッシュチーズ。

丸々1つのチーズが出されました。







■サンマルセラン
f0232060_22191789.jpgクリスマス時期にしか出荷されない特別なチーズだそうです。








■チーズ用の赤ワイン、登場
f0232060_22202691.jpgチーズに合わせて、果実味の強いしっかりとしたワイン。








■6品目「柿のコンポートとアマレットのムース、金とプラチナ飾り、
                         洋梨のソルベとイチゴ添え」

f0232060_22282596.jpgチョコレートボックスの中にコンポートとムースが入っています。

チョコが苦手なので、チョコ部分は残してしまいましたが、中のコンポートとムースは美味しかったです。
by meshi-quest | 2010-12-27 22:34 | 四谷


吉祥寺にあるカウンタービストロ「エディブル」へ。






ここは、カウンター10席のみという小さなお店ながら、


メニューが魅力的で、かつ、ガラス越しにいつも人がいっぱいで、


いつか来ようと、気になっていたお店だった。







時期的に、老若カップルばかりだったが、そんなことは気にせず、


偶然、空いていた1席に着席(笑)。








ワインにチーズ、カジュアルフレンチの料理を数品頼んだが、


どれも美味しく、あまりに気に入ったので、帰り際に次の予約までした(笑)。





いい店見つけた。
















■今日のカメ

■「ビストロ エディブル」
f0232060_245386.jpgJR吉祥寺駅から徒歩5分。ヨドバシ裏。










■赤ワイン
f0232060_254688.jpg赤ワインが飲みたいというより、チーズが食べたくて(笑)、赤ワインを注文。









■チーズ盛り合わせ
f0232060_265583.jpgハードよりウォッシュが好きなので、ウォッシュ中心に盛ってもらいました。

どれもなかなか美味しかったです。
特に、添えられていたドライフルーツのパンが激ウマでした。





■エビの春巻き アメリケーヌソース
f0232060_2101045.jpgたっぷりのエビを春巻きにしたもの。ソースとも、バッチリ合っていました。1000円くらいだったかな。








■仔羊のグリル
f0232060_211179.jpgボリュームたっぷりの仔羊が2本。食べ応え十分で、1200円くらい。
by meshi-quest | 2010-12-24 02:13 | 吉祥寺


東中野にある「パオ・キャラヴァンサライ」へ。






ここは、西アジア料理という非常に珍しいジャンルで、


ペシャワル、カブール、マザリシャリフといった地域の料理が食べれる。


その昔、東中野に住んでいた時からよく通っていて、今でも好きな店だ。






さて、西アジア料理って美味しいの?という話だが、


これが、すごく美味い。






羊料理がメインで、もちろん、お店側で日本人向けにアレンジはしているが、


都内で、こんなに色んな美味しい羊料理を食べさせてくれるところも少ない。












■「包 パオ・キャラヴァンサライ」
http://www.paoco.jp/caravan/index.html















■今日のカメ

■店内の様子
f0232060_124529.jpg絨毯が敷かれた店内に靴を脱いで上がります。

着いたときは空席がありましたが、この30分後に一気に満席に。予約推奨。






■マッコリ
f0232060_1262587.jpgかわいいポットで出てくるマッコリ。

ここのマッコリは、酸味が強すぎず、まろやかで、すごく飲みやすいです。美味い!






■ポテトのオムレツ
f0232060_12735100.jpgポテトたっぷりの温前菜。トマトソースでいただきます。








■焼きチーズ
f0232060_1284387.jpg来ると必ず頼む一品。
スモーキーな香りとチーズの塩味、激ウマです。








■焼きトマト
f0232060_130512.jpgこれも炭の香りがして、とっても美味しい。









■カバブ
f0232060_131783.jpg羊の串焼きです。
串のまま出てきます。うまい!








■羊のひき肉と茄子のカラヒィ
f0232060_1322476.jpgこれも絶対注文する一品、カレーのようなもの。

カラヒィは色んな種類がありますが、個人的には、この羊ひき肉と茄子が一番好き。






■ナン
f0232060_135916.jpgインド料理店で出てくるようなナンとは違って、固めでしっかりとしていて、これはこれですごく美味しいです。

注文してから、アツアツを焼き上げてくれます。





■ライスプティング
f0232060_1362732.jpg今まで、甘い米粒が入っているライスプティングが苦手だったのですが、ここのライスプティングはなめらかに濾してあり、すごく美味しいんです。

ここのを食べて、初めて好きになりました。





■モン飯(ハン)
f0232060_1383873.jpg今日は、みんなでモンハンしながら、ご飯です。
プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ