<   2011年 09月 ( 21 )   > この月の画像一覧



今年9月1日にオープンしたばかりの、


中目黒にあるイタリアン「Felicelina フェリチェリーナ」へ。









ここは、銀座の名店「アロマフレスカ」で10年近く修業されていた


2人のシェフが始めたカウンターイタリアンのお店。











オープンしたと同時に、私の知り合いのシェフや友達からも


「すごく美味しい」「行っておいた方がいい」と勧められており、


予約満席で、ようやく1週間後に念願かなって、伺うことが出来た。











最初に書いてしまうが、ホント美味しくて、ビックリした。


前菜から、最後のデザートに至るまで、どれも美味しかった。











どれだけ美味しかったかと言うと、数日経ってから、


「ああ、あれ美味しかったなあ・・・」と味の回想をしてしまうほど、美味しかった。












また行きます。


絶対に。











■「Felicelina フェリチェリーナ」
http://felicelina.com/















■今日のカメ

■「Felicelina フェリチェリーナ」

f0232060_17195667.jpg東急東横線中目黒駅から徒歩10分ほど。

美味しかったフレンチの「SOURIRE スゥリル」さんのお隣です。

このビルは、美味しいお店が揃ってるなあ・・・。





■店内の様子
f0232060_17252163.jpgカウンター13席ほどの小さな店内です。

この日も当然満席、いる間にも、来店や電話のお客さんをお断りしていたり、すごい人気っぷりがうかがえました。






■カウンター
f0232060_1728922.jpg調理、接客、サーブ、すべてを2人でされているので、とても忙しそうでしたが、すごく息が合っているというか、絶妙なコンビネーションで作業をされているような印象を受けました。







■ワインメニュー
f0232060_1722556.jpgワインメニューの青い本の表紙に、予約した名前が書かれています。









■テーブル
f0232060_1724115.jpgテーブルセットはこんな感じ。










■ブラッドオレンジ
f0232060_1731635.jpg最近飲み過ぎていたので、ブラッドオレンジジュースを。

お通しは、オリーブ。







■パン
f0232060_17315441.jpgバケットとグリッシーニ。










■温前菜
f0232060_1733524.jpg「ポルチーニ茸のフライパン焼 ラルド添え」です。

アラカルトが基本で、2人で、「前菜2種、パスタ2種、メイン1種」くらいがちょうどの量とのこと。






■ポルチーニ、アップ
f0232060_17351094.jpgあまりに大きかったので、調理中、ずっと鶏肉と勘違いして見ていました(笑)。

すごくやわらかくて、なんとも言えないいい香り。上の白いものが、豚の背油のラルド。

ポルチーニの香りに、豚のコクが加わっていて、ホント美味しい。絶品!



■パスタ1品目
f0232060_17375316.jpg「ぶつ切りオマール海老のキタッラ フレッシュトマトソース」です。









■オマール、アップ
f0232060_17385176.jpgこれも、オマールのいい香りに、パスタがよくソースにからんでいて、ホント美味しい。









■こんなに!
f0232060_17394571.jpg食べ終わったオマール海老の殻。

これでもか!というくらい、メイン並みにオマールが入っていました。
海老好きの私には、たまらん。






■パスタ2品目
f0232060_17411260.jpg「パッパルデッレ 和牛肉の赤ワイン煮込みソース」というパスタ。

緑の野菜は、つるむらさき。







■和牛パスタ、アップ
f0232060_17431894.jpg赤ワインでしっかりやわらかく煮込まれた牛肉とチーズを絡めながらいただくパスタ。

これも濃厚で、すごく美味しい!!







■メイン1品目
f0232060_17443957.jpgお店のおすすめ量は、「前菜2品」でしたが、食べる気満々だったので、前菜を1品にし、代わりに「メイン2品」にしました(笑)。

ジビエの季節なので、「えぞ鹿のロースト ポルチーニ茸とニラ添え」を注文。





■えぞ鹿、アップ
f0232060_17474897.jpg抜群の火入れ。やわらかくて、美味しいことは言うまでもなく、さらに、肉が美しい。絶品。

手前の白いソースは、ニンニクのピューレ。







■メイン2品目
f0232060_17492845.jpg鳩、登場!
「仔鳩の丸ごとロースト たっぷり黒トリュフ添え」です。

ホントのトリュフたっぷりで、いい香り。






■仔鳩、アップ
f0232060_1750559.jpg秋の落ち葉のような、黒トリュフ。鳩もとても美味しく焼かれていて、濃厚なソースとあっていました。

これも最高に美味しい!






■デザート①
f0232060_1752528.jpgデザートも5種類くらいありました。

これはほうじ茶のジェラード。
ほうじ茶のいい香りがしっかり出ています。さっぱりしていて、食後にピッタリ。






■デザート②
f0232060_1754120.jpgティラミスです。
シンプルではありますが、甘すぎず、洋酒をきかせ、美味しく出来ていました。








■アールグレイ
f0232060_17553534.jpgホットのアールグレイ。










■エスプレッソ
f0232060_1757760.jpgかわいいカップのエスプレッソ。


吉祥寺にある大豆と和風創作料理の店、「田舎」へ。


「田舎」は、「いなか」ではなく、「でんじゃ」と読む。











一見、戦国時代の野営地のような入口だが(笑)、


のれんをくぐると、庭付きの日本家屋が現れる。










吉祥寺駅からも徒歩15分ほど、お隣の三鷹駅からも12分ほどと


かなり遠い場所にあるが、庭付を眺めながらいただく食事は、優雅。


田舎の親戚の家に招かれたかのような、不思議な気分になる。











ただ、残念なのは、味と接客。







空間は、優雅で、贅沢で、最高なのだが、


ランチだったとはいえ、ほとんど味は印象に残らなかった。


大豆料理がお店のウリのようだったが、これも期待ほどではなかった。










接客も、あまりこの優雅な感じにはにつかわず、


急かされている感じもあり、ぶっきらぼうな感じもあった。









総評として、「もったいない・・・」。








接客ともかく、せめて味が上がれば、


多少遠くても、この雰囲気味わいたさで、何度も行きたい感じになるのになあ。











■「田舎 でんじゃ」
http://r.gnavi.co.jp/ga1m400/















■今日のカメ

■外観
f0232060_16401022.jpgJR吉祥寺駅、JR三鷹駅から共に、徒歩15分ちかくあります。

大きなお屋敷のような塀が見えてきます。







■正面入口
f0232060_16424197.jpgここが正面入口。
左ののれんが庭へ行く道、右ののれんがお店に行く道。








■右ののれん
f0232060_1644760.jpg右側ののれんをくぐります。










■細道を・・・
f0232060_1645421.jpg玄関まで、ぐるっとお店を回って行きます。










■玄関
f0232060_16455373.jpgここが玄関。
ここからお店に入ります。









■店内の様子①
f0232060_16474046.jpg住居だった日本家屋をリノベーションしている店内は、ホントに誰かの家に招かれたような温かみがあります。








■店内の様子②
f0232060_16492836.jpg窓側のテーブル席からは庭が見れます。










■田舎弁当Bセット
f0232060_16505720.jpgランチは1000円~ありますが、予約をした場合は、田舎弁当Bセット(1800円也)以上でのメニューになります。

これは、田舎弁当に付いてくる、自家製豆腐とサラダ。
豆腐は、普通かな。サラダは、豆乳ドレッシングのようなものがかかってましたが、ちょっと味薄め。



■銀たら西京焼
f0232060_1653438.jpgメインのおかずは、7種類くらいの中から選ぶことが出来ます。

私は、銀たら西京焼を。







■銀たら、アップ
f0232060_16543563.jpg正直、これも普通かな。

1800円クラスの魚ランチであれば、もっと厚みあって、脂乗っている銀たら出して欲しいなあ。







■小皿、アップ①
f0232060_16564955.jpg豆腐の揚げだし。
定食の中では、これが一番美味しかったかな。









■小皿、アップ②
f0232060_16574274.jpgきゅうりとイカの酢味噌和え。










■小皿、アップ③
f0232060_16581948.jpgたけのこの煮もの。










■ご飯と味噌汁
f0232060_16585819.jpg正直、白米もあまり美味しくなかったです。この雰囲気と和食で、期待し過ぎていたかもしれませんが、それにしても、いまいち。

特に、味噌汁は、ダメ。
ワカメが完全にふやけてぼろぼろになっていたし、味もおまいち。




■豚のパン粉焼き
f0232060_171996.jpgこちらは、メインを豚のパン粉焼きにしたもの。

豚がかなり薄くて、焼き油がちゃんと切れてなく、全体的に油っぽい印象しかありませんでした。







■紅茶
f0232060_1724849.jpg食後の紅茶。
手前は、豆乳。









■デザート
f0232060_1733232.jpg豆乳プリン。
豆乳の味の良さがあまり感じられず、かつ、上の生クリーム、あずき共に、正直安っぽい味がして、いまいち。残念。








■庭
f0232060_176047.jpg庭から見ると、こんな感じ。










■バーも
f0232060_1765461.jpg庭には、屋外で飲めるバースペースもあります。
by meshi-quest | 2011-09-25 17:10 | 吉祥寺


祐天寺にある和食レストラン「ボブ東京」へ。












もうかれこれ6年くらい前になるが、


祐天寺に頻繁に遊びに来ていた時があった。











その友達とは疎遠になってしまったので、


このあたりにも来ることがなくなってしまったが、


久しぶりに懐かしい町を散策してみようと降り立ってみた。












「ボブ東京」は、その頃、よく行っていたお店で、


居心地良く、そして、とても美味しい和食を出してくれる。


器にも凝っていて、おばあちゃんちにありそうな古陶器に


和食が合っている。











ボブだけど、和食。


不思議なボブワールド。











ちなみに、一番、好きだったメニューは、「ボブ汁」。


シンプルなお吸い物なのだが、これが、クセになる美味しさ。


「ボブ汁」、今日もあるかなあ・・・。












■「ボブ東京」
http://blogs.dion.ne.jp/bobtokyo/
















■今日のカメ

■「ボブ東京」
f0232060_1601472.jpg東急東横線祐天寺駅から徒歩12分ほど。駅からはちょっと遠いです。

町中にあった古い喫茶店の外観そのままに、内装を変えて、和食レストランに。






■店内の様子①
f0232060_1615078.jpg「ボブ」で「アメリカン」な感じ(笑)。










■店内の様子②
f0232060_1623145.jpgでも、和風な小上がりもあります。座布団付き。










■中庭
f0232060_1632147.jpgテーブル席からは中庭も見えます。










■お茶
f0232060_164745.jpgボブだけど、和食です。
飲み物も、コーラではなく、冷麦茶w。









■鶏から揚げ定食
f0232060_1652579.jpgランチの鶏から揚げ定食です。ボリュームたっぷり、小鉢も付いて、1000円也。









■「ボブ汁」
f0232060_1663389.jpgランチセットは、通常、普通の味噌汁ですが、特別にボブ汁に変えてもらいました。

やさしい塩味と甘味ある出汁に、海苔が入っているお吸い物。これが、すごく美味い!






■唐揚げ
f0232060_168258.jpg大根おろしたっぷりのみぞれ唐揚げ。










■つぶ貝
f0232060_1692096.jpg今日の小鉢は、つぶ貝の煮付け。濃すぎず、薄すぎず、ちょうどいい味加減になっていました。









■食器
f0232060_16103268.jpgうちも愛用している、水玉食器。










■豚ロース生姜焼定食
f0232060_16114376.jpgこちらは、豚ロースの生姜焼定食。

今回はランチでしたが、ここは夜も美味しい料理が出ます。


久しぶりに、吉祥寺にあるお気に入りのネパールカレー店、


「Sajilo Café サジロカフェ」へ。









久しぶりに行ってみたら、カレーの種類が増えていて、


セットメニューまで出来ていた。












久しぶりに行ったが、変わらず、美味しかった。


ここのカレー、好きだ!













■Sajilo Cafe
http://sajilocafe.jp/















■今日のカメ

■「サジロカフェ」
f0232060_322954.jpgJR吉祥寺駅から徒歩10分ほど。五日市街道沿いにあり、ちょっと駅から離れています。









■店内の様子
f0232060_34547.jpg「サジロカフェ」の店内は、内装、家具、装飾、ホントによく統一されていて、とてもおしゃれです。
素朴で自然な感じなのに、実はおしゃれ、という高度なおしゃれ(笑)。

カウンター数席とテーブル3席の小さな店内です。





■テーブル
f0232060_372454.jpgペンキがはがれたアンティークなスタンドと、木のテーブルに、わざとふぞろいの椅子。いい感じ。









■メニュー
f0232060_384168.jpgカレーのメニューが増えていて、タンドリーチキンやビールが付いたセットメニューなんかも出来ていました。








■ラッシー
f0232060_3101422.jpg左がブルーベリーラッシー、右が普通のラッシー。

ネパールラッシーの特徴なのか、サジロのラッシーの特徴なのか、やや酸味が強いラッシーです。







■グリーンサラダ
f0232060_3112911.jpgサニーレタス、トマト、きゅうりなどを、特製のマサラドレッシングで和えたグリーンサラダ。カレーに合う。








■チーズナン
f0232060_313125.jpg私の中のチーズナンランキング1位は、このサジロのチーズナンです。

他と比べ、チーズ量がハンパなく、かつ、ナンも甘味があって、ホント美味しい。絶品。






■チーズのカレー
f0232060_3153382.jpgぶつ切りチーズがたっぷり入った、やさしいまろやかなカレー。美味い!









■バターチキン
f0232060_316287.jpgバターチキンマサラカレーと、ライス。

ちなみに、私はカレーはライス派です。ナンは、おやつ、もしくは、おつまみ。







■バターチキン、アップ
f0232060_3173283.jpgタンドリーチキンがゴロゴロ入っているトマト風味のカレー。これも美味い!
by meshi-quest | 2011-09-24 03:19 | 吉祥寺


西荻窪南口の飲み屋街にある「西荻バル」へ。











門戸開放、ふらっと立ち寄り、ふらっとワインが飲めるバル。


おつまみも300円くらいからあるので、


ちょっと飲んで、ちょっと食べて、1000円くらい。









お気軽、お手軽。
















■今日のカメ

■「西荻バル」
f0232060_248576.jpgJR西荻窪南口から徒歩1分ほど。

基本、お店の入口が全開放されているので、ふらっと入りやすい。







■赤ワイン
f0232060_252730.jpgグラスの赤、550円也。
グラスワインは数種類用意されています。









■お通し
f0232060_252558.jpgタラモとバケット。










■オムレツ
f0232060_253363.jpgじゃがいもたっぷりのスペイン風オムレツ。










■西荻バルサラダ
f0232060_2542429.jpgたっぷり野菜とポテトのサラダ。フレンチドレッシングがかかっています。









■ナンコツのオイル煮
f0232060_2553495.jpg鶏ナンコツをオリーブオイルで煮たもの。これはちょっと臭みがあったかな。









■チキン串焼き
f0232060_2563272.jpgお店おススメの串焼き。
串焼きは、チキンのほか、牛など数種類ありました。
by meshi-quest | 2011-09-24 02:58 | 西荻窪


久しぶりに、恵比寿にある和食屋「福笑 ふくわらい」へ。











マンションの入口で部屋番号を告げ、解錠してもらって5階へ行くと、


そこは「福笑」ワールド。











部屋には木々が生い茂り、和総菜のいい香りと、


スタッフの元気な声が飛び交う。


外観の無機質さから想像できない。











「福笑」に来ると、必ず食べている「極太アスパラガス」。


今日も健在。


こんなにやわらかくて、甘くて、美味しいアスパラが食べれるなんて、幸せ。














■「福笑」
http://www.tokyo-calendar.tv/dining/10113.html
















■今日のカメ

■入口
f0232060_08167.jpgJR恵比寿駅から徒歩3分ほど。

駅近のマンション。ここが福笑があるマンションの入口。







■呼びだし
f0232060_09616.jpgここで、「501」号を呼びだして、スタッフに解錠してもらいます。









■店内の様子
f0232060_095923.jpg店内には木々がいっぱい。
外の無機質な感じから想像できない、温かな空間。









■カウンター
f0232060_0112716.jpgテーブル、小上がりが満席だったので、カウンターで。

スタッフが面白く、イイ人が多いので、実はカウンターが楽しい。






■お通し
f0232060_0123535.jpg左から、さといも、穴子の煮付け、玉子焼き。やさしい味付けで、お通しからして美味しい!









■極太アスパラガス
f0232060_0143060.jpg早い者勝ち、「福笑」自慢の「極太アスパラガス」。味噌とマヨネーズで。

こんなに太いのに、ほとんど茹でてなく、生。
でも、全くスジなく、やわらかく、ホント美味しい!





■自家製豆腐
f0232060_0171346.jpg甘味あり、大豆の香りがしっかりとする、美味しい自家製豆腐。









■〆鯖
f0232060_0182527.jpg脂が乗っていて、いい感じに〆られている鯖。最高。









■手作り
f0232060_019322.jpgカウンターから調理の様子が楽しめます。

これは、山芋の磯辺揚げを作っているところ。








■山芋の磯辺揚げ
f0232060_0202694.jpg山芋たっぷり、フワフワの磯辺揚げ。










■磯辺アップ
f0232060_0212393.jpgつきたて、アツアツのお餅のよう。










■大きなアワビ
f0232060_0221452.jpgカウンターの大皿にあった、大きなアワビ。

お店のおススメと言うことで、1ついただくことにしました。







■アワビ
f0232060_0231115.jpg見た目はすごく美味しそうだったのですが、煮過ぎていて、ちょっとえぐみが出てしまってる感じ。あと、見た目ほどやわらかくなかった。

ちと残念。






■肉じゃが
f0232060_0245830.jpgやさしい味で煮られている美味しい肉じゃが。ホッとする味。









■きんき一夜干し
f0232060_0255268.jpgお店自慢の干物の王様「きんき一夜干し」。

香り良く、味も濃く、脂もすごく乗っている。まさにKing。
4500円くらいしますが、一食の価値ある、とても美味しい干物。





■穴子白焼き
f0232060_02801.jpgうーん、ちょっと臭みがあるかな・・・。










■宮崎地鶏炭火焼
f0232060_0293170.jpg地鶏の歯ごたえと、炭火の香りを楽しめる一品。

ただ、ちょっと塩味が強く、地鶏本来の味が薄れてたかな。素材はとても良かったんだけど。







■寿司握り
f0232060_0311096.jpgスタッフの方に寿司職人さんがいるということで、メニューにはないのですが、握ってもらいました。









■車えび
f0232060_032853.jpg甘くてプリプリの車えびの握り。










■〆さば
f0232060_0331583.jpg刺身でもいただいた、濃厚な〆さばの握り。










■金目
f0232060_033531.jpgこれまた脂が乗っている金目鯛あぶりの握り。










■桃
f0232060_0345832.jpg口直しに、とお店からのサービスで桃をいただきました。さっぱりしていて、美味しい。









■お茶と干菓子
f0232060_0355955.jpg食後の一口干菓子とお茶。


麻布十番にある和食屋「麻布六角」へ。










ここはミシュラン3つ星を取っている和食の名店「幸村」の支店で、


お店も「幸村」の1つ上の階にある。


「幸村」の味を居酒屋風に手軽に味わえるお店。










料理の内容も、とても変わっている。


最初に3品ほど、その日に決められた先付け、小鉢、お椀が出て、


それ以降は、メニューにズラーッと書かれた様々な料理から


好きなものを好きなだけ注文するシステム。











メニューは、和食だけでなく、洋食、中華まで幅広く揃う。


出汁巻き玉子があるかと思えば、ハンバーグや餃子まである。


松茸の炊き込みご飯があると思えば、ハヤシライスやカレーうどんもある。











メニューだけ考えると、町の居酒屋、定食屋のノリだが(笑)、


素材や味は、もちろん、六角クオリティー。


好きなものを美味しくなんでも出してもらえる、とても贅沢な空間。
















■今日のカメ

■外観
f0232060_2205851.jpg大江戸線麻布十番駅から徒歩5分ほど。

国道319号沿いのビルの4階にあります。
看板や目印になるものがないので、ちょっと分かりにくいかもしれません。






■入口
f0232060_2254333.jpg4階入口。ここにも特に看板や目印無し。










■店内の様子
f0232060_2264674.jpg入口はかなり入りづらいですが、中は割とラフな感じで、堅苦しさなどはありません。

カウンター数席と、テーブルが2席ほどの小さな店内。






■ウーロン茶
f0232060_2281652.jpgまずは、アイスウーロン茶で。










■1品目
f0232060_2292671.jpgイサキのお刺身の上に、梅風味の大根おろしが乗っている、さっぱりとした一品。









■2品目
f0232060_2302958.jpgハモが入った揚げだんごのお吸い物。ホッとする味。

ちなみに、1品目が食べ終わらないうちに、2品目が出てくるので、かなりハイペース。






■3品目
f0232060_2321887.jpg色々なお惣菜の盛り合わせ。

白和え、豚巻き、一口かき揚げ、など。








■ここからは好きなモノを
f0232060_2334276.jpg3品目まではお店で決まったモノが出てきますが、ここからはメニューを見て、好きなものを好きなだけ選べます。








■メニュー①
f0232060_235716.jpg揚げものも充実。
ハモフライや賀茂茄子フライなど。

ちなみに、メニューに値段は一切書かれていません。
ちょっと心配な場合は、遠慮なく、お店の人に聞きましょう。




■メニュー②
f0232060_2374259.jpg和食だけかと思いきや、クリームコロッケやハンバーグなど洋食も多数。









■メニュー③
f0232060_2383975.jpg焼き魚やキンピラに混じって、餃子といった中華や、タコのガーリック炒めなどの居酒屋風メニューも。








■メニュー④
f0232060_2402027.jpg炭水化物系も充実。
土鍋で炊く、炊き込みご飯から、にゅうめん、うどん、ハヤシライスまで。








■一口餃子
f0232060_2422086.jpg和食屋さんでいただく一口餃子。なんか不思議な感じ(笑)。

ゴマ油が効いていて、皮もパリッとしていて、美味しい。






■バーニャカウダ
f0232060_2435639.jpgアツアツのバーニャカウダソースでいただく生野菜。









■クリームコロッケ
f0232060_2451199.jpgしっかりと作られた自家製ホワイトソースたっぷりのコロッケ。とても美味しく出来ていました。









■トウモロコシかき揚げ
f0232060_2465528.jpg少ない衣で上手に揚げているので、そのままトウモロコシを食べている感じ。甘くて美味しい。

しかも、とてもいい油で揚げられていると思われ、全く重さがなく、油のくどさもなく、サッパリ!






■賀茂茄子の麻婆
f0232060_2501548.jpg花山椒の風味がしっかりときいている賀茂茄子の麻婆茄子。









■賀茂茄子のフライ
f0232060_2512299.jpg茄子は油をよく吸うので、重くなりがちですが、かき揚げ同様、いい油なのか、サクッと軽やか。全く油の重さを感じません。








■伊賀牛のカツ煮込み
f0232060_253354.jpg伊賀牛のカツレツをトマトソースで煮込んだ一品。ボリュームたっぷり。









■自家製ハンバーグ
f0232060_254753.jpgデミグラスソースの自家製ハンバーグ。玉ねぎたっぷりで、やさしい味。









■秋祭りののぼり
f0232060_256743.jpg麻布商店街にいっぱい掲げられていた秋祭りのおしゃれなのぼり。

古いお店が残る商店街に、こういったおしゃれなデザインが融合出来ちゃうのが、この町のいいところだなあ。


3ヶ月に1回、恒例のさっちゃんに会いに行く日。


つまり、トリートメントに行く日。









いつもお世話になっている高円寺の美容院「ALETTA」の看板娘、


フレンチブルドックのさっちゃん。










今日は、やたら元気で、超ごきげんでした。















■今日のカメ

■早速、お出迎え
f0232060_17432766.jpg足音(におい?)で分かるのか、すぐにお出迎えにきてくれたさっちゃん。









■おもちゃを取りに行く
f0232060_17443355.jpg今日は「遊んで!」モードだったようで、自らおもちゃを取りに行くさっちゃん。









■取ってきた!
f0232060_17452535.jpg今日はボールで遊びたい様子。










■大興奮!
f0232060_17461032.jpg興奮気味に、「遊べ~!」とおねだりするさっちゃん。

ボールを近くまで持ってきて、こっちが取ろうとすると逃げ、知らんぷりするとまた近寄ってくる、そんな遊び。





■飽きが早いw
f0232060_1747545.jpg人間より先に飽きてしまったさっちゃん(笑)。お遊び終了。









■セクシーポーズ
f0232060_17484153.jpg最近さっちゃんが習得したセクシーゴロンのポーズ。
by meshi-quest | 2011-09-18 17:50 | 高円寺

まだまだ暑い日が続いている。


Tシャツ着てても、汗だくだ。










が、この時期に、秋服を買いに行かないと、


いざ秋服を着る段になって探しても、もう店には真冬の服、


・・・というトラップが待っている。











私の着ている服の半分以上を占めている


大好きな「スナオクワハラ」の秋の新作を見に、新宿へ。











新宿には、代官山店で仲良かった店長さんが働いており、


新作のお知らせと、案内をもらっていたのだ。


よく通っていた代官山店や銀座店からも丁寧な直筆で案内をいただいていたが、


ごめんね、今日は用事もあったので新宿にしたよ。












で、色々と見てみたのだが、今秋の色味が私にとっては地味で、


結局、気に入ったモノが見つからず、無念の撤退。


次に、同じく仲の良いスタッフがいる「Ne-net」&「メルシーボークー」へ。












色鮮やかで、なかなか秋に活躍してくれそうな服を発見!


んで、3着購入。









早く着たいなあ。


はよ涼しくならないかな~。













■「Ne-net」
http://ne-net.net/index.html


■「mercibeaucoup メルシーボークー」
http://www.mercibeaucoup.jp/collection/2011aw/
















■今日のカメ

■Ne-netの青ワンピ
f0232060_17315531.jpgキレイな青の民族風ワンピース。

色違いで「赤」もあり、迷ったのだが、このキレイな色と目立つ柄にひかれ、青を。










■Ne-netのピンクワンピ
f0232060_17333374.jpgこれも着やすくて、秋に活躍しそうな長袖のワンピ。

他に、グレー、緑の色違いもあったが、暗めのアウターに合わせることを考え、ピンクを。










■メルシーのストール付きカーディガン

f0232060_17295062.jpg赤いカーディガンに、チェックのストールがくっついている、優れモノ。

肩から落ちないので、そのまま遊牧民風に垂らしたり、マントのように肩掛けしたり、首に巻いたり、頭に巻いたり、色々と。
by meshi-quest | 2011-09-18 17:37


西荻窪にあるお気に入りのお好み焼き屋、


「広島流お好み焼き カンラン」へ。









なんだかしょちゅう行っている気がしていたが、


大将から「お久しぶりですね!」の声。












そっか、もう最後に顔出してから、3ヶ月経ってたか・・・。


でも、お好み焼きは、ここが一番美味しいと思ってるので、


この3ヶ月間、お好み焼きの浮気はしてなかったよ(笑)。













■「広島流お好み焼き カンラン」
http://gourmet.suntory.co.jp/shop/0X00062797/index.html















■今日のカメ

■「カンラン」
f0232060_1659083.jpgJR西荻窪駅から徒歩10分ほど。

南口駅前の大通りを五日市街道方面へ真っすぐ歩いて行くと、五日市にぶつかるすぐ右側にあります。







■店内の様子
f0232060_171476.jpg鉄板を囲むカウンターと、小上がりが2卓。

大人気店で、この日も満席。予約をして、9時過ぎにようやく滑り込み。10時手前で材料がなくなり、それ以降のお客さんは丁重にお断りをしたほど。






■ゆず酒ロック
f0232060_1735622.jpgとりあえず、ゆず酒ロックから。










■お通し
f0232060_1742872.jpgざく切りキャベツに、大根おろし。

お好み焼きにも使っているキャベツなのか、甘味があって、美味しい。







■ホタテのバター焼
f0232060_176223.jpg甘味ある、大きなホタテのバター焼。にんにくの芽と。美味い!









■生麩田楽
f0232060_1771686.jpg「カンラン」に来ると、必ず頼む生麩田楽。

「カンラン」はお好み焼きはもちろんのこと、サイドメニューも充実していて、かつ、すごく美味い。







■豚トロ
f0232060_1782461.jpgとってもジューシーな豚トロ焼き。










■アボカドとマグロ
f0232060_1793581.jpgアボカドとマグロを自家製和風ドレッシングで和えたさっぱりサラダ。









■れんこん
f0232060_17102969.jpg食感と風味がたまらない、れんこんのバター焼き。










■いかのバター焼
f0232060_17111827.jpgいかのバター醤油焼き。やわらかくて、いい香り。










■お好み焼き
f0232060_17123125.jpgいつも「そば豚玉」というそば入りの広島風お好み焼きに、トッピングで「チーズ」を足します。

大量のキャベツをじっくり熱して甘味を出すので、ちょっと焼き上がりまで時間がかかりますが、すごく美味しい!





■マヨラー
f0232060_171494.jpgかなりのマヨ好きなので、手元にマヨ1本あると、安心します。かけ放題!
by meshi-quest | 2011-09-18 17:16 | 西荻窪
プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ