<   2011年 11月 ( 18 )   > この月の画像一覧

六本木ヒルズ・森アーツセンターギャラリーで行われている

「ドラゴンクエスト展」へ。









弊社タイトル「ドラゴンクエスト」が今年25周年を迎え、


ドラゴンクエストの歴史をたどる記念展を行っている。










うちのママは、全くゲームをしない人だったが、


それでもゲームに対してはやたら寛容で、


近所でも一番最初にファミコンを買ってくれ、ドラクエも一番乗りだった。


ゲームソフトも家にいっぱい揃っていたので、近所でもすぐ友達が出来た。











私が就職活動をしていて、某大手航空会社の内定を電話口で断り、


エニックスに就職を決めた際は、ちょっと顔が曇ってた気がするが、


娘が順当にゲームの道へ進んでいるので、きっと喜んでいると思う。


ママのおかげで、今がある。










「ドラゴンクエスト」は、小さい頃から遊んでいたゲームで、特別な存在だ。


スクウェア・エニックスという会社に勤めている今も、その思いは変わらない。












入場券の購入の列からドラクエのオープニングテーマを口ずさむ人や、


館内ぎっしりのお客さんが、老若男女問わず、


目を輝かせて展示を見ている様子を見ると、


単純にすごく嬉しくて、ありがたくて、


そして、こういうコンテンツを作っている会社に勤めていることを誇りに思う。












今回は、いちユーザーとして遊びに行ったのだが、


ドラクエと共に、自分の子供の頃の思い出も蘇ってきて、


自分の過去を振り返る機会にもなった。











館内には、ドラクエの歴史を楽しむ展示のほかに、


参加型のイベントなどもあり、いつもは静かな森アーツギャラリーが、


にぎやかなドラクエのテーマパークになっていて、面白かった。












館内一部は撮影可能だったのだが、あえてここでは掲載せず、


メシクエ的に、ルイーダの酒場の料理写真だけにする(笑)。


メインのドラクエ展は、お時間あれば、ぜひ実際足を運んでいただければと思う。











そうそう、1つだけ、館内の想い出を書くと・・・


参加型イベントで、魔法使いのリーダーに選ばれた。











大人しく、人影に隠れていたのだが、司会の人が、


「じゃあ・・・、そこの髪の長いお姉さん!」、と。


全身黒づくめで、髪も腰まであるので、魔法使いっぽく見えたのかもしれない。











というわけで、ありがたく魔法使いを承り、いかずちの杖を振り回してきた次第。


無事に竜王を倒してきたので、きっと私のレベルも上がっているはず。












■ドラゴンクエスト展
http://www.dq25ten.jp/

※2011年12月4日まで
平日22:00まで、金・土・祝前日は23:00までやっています。














■今日のカメ

■ドラゴンクエスト展
f0232060_15541050.jpg六本木ヒルズの森タワー52階にある森アーツセンターギャラリーでやっています。

ここが入口。
館内の様子は、行ってからのお楽しみで。






■ルイーダの酒場
f0232060_15562199.jpgドラクエ展と同じフロアの展示会場の横にあります。









■長蛇の列
f0232060_168419.jpg酒場は大人気で、注文に長蛇の列が出来ていました。









■酒場のオブジェ
f0232060_15583777.jpg冒険者が集う酒場なので、剣が飾られています。










■紋章のテーブル
f0232060_160462.jpg食事をするテーブルには、ロトの紋章が。










■これ買いました。
f0232060_161148.jpg肉と、スライムまんと、ドリンクで、1900ゴールド。









■「ギガンテスのこんぼう」
f0232060_162141.jpgかなりボリュームのある、チキンのロースト。少しスモークされていて、お酒とも合いそうです。









■メタルスライム
f0232060_1633887.jpgすごく良く出来ているメタルスライム。ゴマが練りこんであって、ほどよくいい感じの銀色(笑)。

メタルスライムはあんまんで、白いスライムが肉まんです。






■食べてみた。
f0232060_1674288.jpg私に食われても、笑顔をたやさないメタルスライム。









■「ベホマッチャ」
f0232060_1654033.jpg残りHPがわずかだったので、ここらで全回復・・・ということで、「ベホマッチャ」を。

抹茶リキュール(ノンアルコールかな?)の抹茶オレ。






■他のメニュー①
f0232060_1671031.jpg「メダル王のちいさなメダルPIZZA」。

悩んだ末、ギガンテス肉にしてしまいましたが、これもかわいい。







■他のメニュー②
f0232060_16104921.jpg女の子同士のお客さんや家族連れで注文している人が多かった「マドハンドのハヤシライス」。

マドハンドっぽさがちゃんと出てて、良く出来てる・・・。






■夜景
f0232060_16125748.jpgルイーダの酒場からの夜景。


中目黒にある鶏鍋店「はし田屋」へ。












なんだか最近、鍋づいてる。


仕方がない、寒いんだもの。


冬になっちゃったんだもの。














■「はし田屋」
http://www.hashidaya.com/
















■今日のカメ

■「はし田屋」
f0232060_22294432.jpg東急東横線中目黒駅から徒歩5分。おしゃれなレストランやカフェが並ぶ目黒川沿いにある、堂々とした風格の日本家屋。

目の前に川や並木があり、なんだか、ここだけ京都っぽいw。





■店内の様子
f0232060_22321445.jpg2階席の様子。
川を眺めながら食事が出来るお座敷になっています。1階にはテーブル席もあります。








■2種類の玉子焼き
f0232060_22343047.jpg玉子好きとして、玉子焼きは見逃せない料理の1つ。はし田屋には、「おかあさん味」と「おとうさん味」の2つが選べます。








■玉子焼き(おかあさん味)
f0232060_22335987.jpgおかあさん味(甘め)を選択。

ちなみに、おとうさん味は、塩味です。








■玉子焼き、アップ
f0232060_2237011.jpgきれいに焼かれていて、中はフワフワ。美味しい!

甘めと言っても、鮨屋のたまごのような甘さではなく、ほんのり甘い程度で、ちょうどいい感じ。







■水炊き鶏鍋
f0232060_22385060.jpg骨付きの鶏肉が入った水炊き鍋、登場。

この後、お店の人が、鶏つくねや白菜を入れていってくれます。







■薬味
f0232060_22402729.jpg刻みネギ、柚子胡椒、もみじおろしの3種。お好みで。









■塩
f0232060_22413066.jpgスープは鶏出汁がきいていますが、塩気は少なめなので、少し塩を入れるとちょうどいい感じ。

塩は五島列島産とオーストラリア産の2種。







■煮えました。
f0232060_2243097.jpg骨から簡単に外れるほどやわらかい鶏肉。

スープは白濁ではなく、透き通ったスープ。暖まる・・・。


毎日、日々、寒くなっていく。


鍋の恋しい季節になってきた。








久しぶりに、大久保のコリアンタウンにある韓国料理店「松屋」へ。


ここは、元祖「カムジャタン鍋」(じゃがいも鍋)の店として有名。


そして、カムジャタン以外にも、チヂミやマッコリなども抜群に美味しい。













辛いモノが苦手で、あまり韓国料理を食べないのだが、


こんな私ですら、松屋はホント美味しいと思う。













■「松屋」
http://www.yakinikutengoku.com/shinjyuku/matsuya/















■今日のカメ

■「松屋」
f0232060_2274070.jpg区役所通りと職安通りがぶつかる交差点の近くにあります。

久しぶりに大久保行きましたが、ここはもう異国ですね。
ドンキホーテ周辺は、韓国ソウルに行ったときに覗いた東大門、南大門の繁華街のようでした。




■店内の様子
f0232060_22102715.jpg大きな広間に、コンロの乗ったテーブルがいくつも置かれていて、みんながざっくばらんに座って食べる。

合宿の食堂っぽい感じかな(笑)。






■お酒、登場
f0232060_22122953.jpg左が、韓国版白ワインとも言える「白歳酒」、右がやかんマッコリ。

松屋のマッコリは飲みやす過ぎて、気付くと、やかんの山になる(苦笑)。






■カクテキ
f0232060_22141978.jpgサービスのカクテキ。
でも、これは食べれない・・・。









■浅漬けキムチ
f0232060_22154081.jpg生の白菜、きゅうり、ニラをキムチ液でさっと和えたもの。

真っ赤ですが、見た目ほど辛さがなく、出汁がきいているので、すごく美味しい!






■もやしナムル
f0232060_2217418.jpg本当は、ほうれん草と人参の3種ナムルですが、もやしが好きなので、もやしナムルのみを注文。









■チヂミ
f0232060_22175887.jpg松屋特製の巨大チヂミ。
食べ応え十分、そして、すごく美味しい。

いろんなところでチヂミ食べたが、松屋が一番美味しいかも。






■鍋、登場!
f0232060_22192359.jpgそうこうしているうちに、カムジャタン鍋が登場。これは、大サイズで、3~4人前。









■カムジャタン鍋
f0232060_22204062.jpg煮えました!
牛の背骨がゴロゴロ入っていて、背骨にわずかに付いている肉をほじって食べます。その他、ジャガイモ、ニラ、ネギ。

真っ赤ですが、かなりの量のゴマが入っており、辛さの中に甘味があります。絶品。




■骨の山
f0232060_22224179.jpg1人1個、骨入れが必要。骨の山になりますw。


六本木にあるバカラ直営バー「B bar」へ。











いきなりバーの話から逸れるが、東京タワーが好きだ。


大好きだ。












特に、夜の東京タワーが好きだ。


夜の夜景に、オレンジ色のタワーが映える。


スカイツリー完成後も、ちゃんと東京タワーはライトアップしてもらえるのか、


今から心配でならない。












生まれも育ちも東京なので、よく人から


「東京タワーなんて珍しくもないでしょ?」と言われるが、とんでもない。


東京にいても、意外と見る機会がなく、


東京タワーの放つオーラには、いつ見ても圧倒される。


異空間に来たような錯覚をする。














なんだか急に東京タワーが見たくなって、


東京タワーを見ていたら、急に飲みたくなった。


そんな一日。













■B bar
http://www.baccarat.co.jp/ja/the-world-of-baccarat/bars-restaurants/b-bar.htm















■今日のカメ

■東京タワー
f0232060_2136277.jpg東京タワーの真下にやってきました。

タワー営業時間を過ぎていたので、観光客も少なく、静かにただただ眺めていました。至福の時。







■Bbar
f0232060_21385649.jpg東京タワーと六本木って、意外と近い。










■和梨のカクテル
f0232060_2140860.jpgフレッシュな和梨を使った、香りの良いカクテル。美味しい!









■梨ウォッカのカクテル
f0232060_21412643.jpg珍しい梨のウォッカがあるそうなので、飲み比べで、それを使った梨カクテルも作ってもらいました。

バカラ直営なので、様々なグラスが楽しめるのもBbarの良さ。
「変わったグラスで!」と言ったら、コレを出してくれました(笑)。「Y」字で支えられているグラス。


■梨のウォッカ
f0232060_21443877.jpg「GREY GOOSE」というフランス産のウォッカで、これはラ・フランスフレーバーのもの。









■かわいいデザイン(表)
f0232060_21483461.jpg透明なガチョウのボディーから、ラ・フランスが見えます。









■かわいいデザイン(裏)
f0232060_21494889.jpg裏にはラ・フランスの絵が描かれています。










■「アンパルフェ」
f0232060_21504035.jpgお店でいろんなバカラグラスを見せてもらえ、実際手にとって感触を確かめることができます。

これは、チェスをイメージした白黒のグラス。
「Imperfait アンパルフェ」は、「不完全」の意味。





■「不完全」の正体
f0232060_21544197.jpg素人目には、どれも完璧なバカラグラスに見えますが、足元にこの「B」のみの刻印しかないものは、バカラ基準で何かに達していなくて、「不完全」という扱いになっているもの。

ただし、この「Imperfait アンパルフェ」は、そういう商品なので、わざと。




■完全なモノ
f0232060_2156315.jpgしっかりバカラのネームの刻印がされているのは、完全なもの。


中野にあるフレンチ「as.kitchen アズキッチン」へ。










相変わらず安定したクオリティー。


人気のある定番メニューに加えて、毎月必ず旬のモノを取り入れた


新メニューが追加されている。












いつ来ても美味しくて、いつ来ても安心できる、素晴らしいお店。













■「as.kitchen アズキッチン」
http://www.as-kitchen.jp/top.html















■今日のカメ

■アミューズ
f0232060_20523937.jpg自家製ピクルス。
やさしい酸味でとても食べやすい。

普段ピクルスを食べない私が美味しいと思うくらいのピクルス。






■ブラッドオレンジジュース
f0232060_20535067.jpgいわゆる休肝日というヤツです。










■バケット
f0232060_20543526.jpg小麦の味がしっかりしている、うまいバケット。










■王様のキッシュ
f0232060_20562521.jpgアズキッチン定番人気メニュー。具は、ポワロー(西洋ネギ)とベーコン。うまい!

「王様の~」は、当たりだと、キッシュの中にこんなメダルが入っているからです。アレ以来、結構食べてるが、当たらない・・・(泣)。





■「シードルビネガーでマリネした鯖・秋茄子・林檎
                パートシトロンとオリーブセッシュ」

f0232060_2104957.jpg鯖と、秋茄子と、林檎の旬の素材を使った料理。










■鯖、アップ
f0232060_2125380.jpg濃厚な鯖に、サッパリとした林檎の千切り、レモン系のクリーミーなソースで、かなりさわやかな前菜です。








■「秋刀魚と燻製したキタアカリ
         インゲンのサラダとタプナードソース」

f0232060_2145880.jpg秋刀魚とじゃがいもを組み合わせた料理。

青魚とじゃがいもって、とても合うようで、他のお店でもよく見かける相性の良い組み合わせです。







■秋刀魚、アップ
f0232060_21658100.jpg一番下にパイ生地が敷かれていて、その上にスモークしたキタアカリのペースト、その上に秋刀魚が乗っています。

見た目にも美しく、食べても美味しい一品。






■レンズ豆のポタージュ
f0232060_2184459.jpg濃厚なレンズ豆のポタージュに、マジョラムで風味付けした卵白が乗っています。









■「千葉県産スズキのポワレとピペラード
                 バジル香る白ワインソース」

f0232060_2114511.jpgメイン、まずは魚料理から。

バジルの緑色が映えるスズキのポワレ。








■スズキ、アップ
f0232060_21153853.jpg外側はカリッと、中はやわらかく、抜群の火入れ。バジルソースとも相性良く、美味しい!









■「仔羊背肉のロティ 焼き茄子のピュレ添え オリーブソース」

f0232060_21175772.jpgメイン最後は、肉料理。
ポークか羊で迷ったんですが、羊気分だったので、羊を。








■羊、アップ
f0232060_211974.jpg臭みなく、やわらかく、とても美味しい。

仔羊の下に敷かれている焼き茄子のピュレも、茄子の風味がしっかり残っていて、茄子好きにはたまらない。






■「陽子ファームのかぼちゃのタルト
           ローズマリー風味 ヨーグルトアイス添え」

f0232060_21212476.jpg重くなりがちなかぼちゃのタルトですが、ローズマリーの風味でとても食べやすく、軽く出来ていました。甘さも控えめ。

食後でもさっぱりと食べられる美味しいタルト。






■「イチジクのコンポート 赤ワイングラニテ添え」

f0232060_21232161.jpgイチジクを丸ごとコンポートしたデザート。

周りには赤ワインのグラニテが添えられており、お酒の香りがする大人のデザート。


久しぶりに、高円寺にある貝専門店「焼き貝 あぶさん」へ。











あぶさんの2号店をつくる話は大将から聞いていて知っていたが、


久しぶりすぎて、もう2号店がオープンしていたことは知らなかった。


2号店は、JR田端駅の近くにできたらしい。













そして、「あぶさん」に長年通っているが、


初めて名前の由来が野球漫画の「あぶさん」ではなく、


お酒の「ABSINTHE (アブサント)」からきていることを知った。












料理はいつも通り、とても美味しかった。


貝、バンザイ!


それだけで十分。それでいいのだ。












■「焼き貝 あぶさん」
http://locoplace.jp/t000021335/















■今日のカメ

■店内の様子
f0232060_17282119.jpgJR高円寺駅から徒歩7分ほど。庚申通り商店街の路地裏にあります。

この日も満席でしたが、無理言って入れてもらっちゃいました。いつもありがとうございます・・。






■お通し
f0232060_1737463.jpg今日のお通しは、貝と食用菊のおひたし。

そして、早速、熱燗(笑)。








■貝刺し盛り
f0232060_1732585.jpg信頼しているので、料理はほとんどお任せにしています。

まずは、新鮮な貝の盛り合わせから。







■貝刺しアップ①
f0232060_17344127.jpg赤貝とたいら貝。
甘くて、食感もよく、すごく美味しい!!









■貝刺しアップ②
f0232060_17352667.jpg本日のお魚も少し盛ってもらいました。刺身もすごく美味しい。









■青海苔焼き
f0232060_17381295.jpg大あさりの青海苔焼き。
青海苔の磯の香りがたまらん!









■サザエ壺焼き
f0232060_17391436.jpg大きなサザエの壺焼き。
これまたいい香り。









■サザエのエキス
f0232060_17402621.jpgサザエの濃厚なエキスは、お猪口で出てきます。










■とり貝(?)
f0232060_17413589.jpgとり貝だったかな(?)の焼き。塩で、さっぱりと。









■磯辺焼き
f0232060_17422763.jpgたいら貝とほたて貝の磯辺焼き。

貝の甘味に、海苔と醤油のいい香り。うまい!








■ミルフィーユ
f0232060_17432234.jpgクラコットで、たいら貝とクリームチーズと酒盗を挟んだ、「あぶさん」特製大人のミルフィーユ。

これ、大好き。貝とチーズって合うなあ!







■あさりの味噌汁
f0232060_17444490.jpg最後は具だくさんのあさりの味噌汁で〆。
by meshi-quest | 2011-11-19 17:46 | 高円寺


仲の良いカフェのマスターから勧められ、


西荻窪にあるモロッコ料理店「tamtam」へ。










ここは、同じく西荻窪にあるモロッコ雑貨店「マルシェ」さんが


今年8月にオープンをしたモロッコ料理店。


シェフもモロッコの方で、本場のモロッコ料理が楽しめる。












モロッコは、家にも数冊本があるが、いつか行ってみたい国の1つ。


旅での食は大事なので、この好き嫌いの多い私でもやっていけるのか、事前調査。














調査詳細は、「今日のカメ」で見ていただくとして、


先に結果だけ報告すると、なんとか(?)大丈夫そう、だった。














■「モロッコ料理 tamtam」
http://blog.moroccomarche.com/?eid=336321

※モロッコ雑貨店「マルシェ」はコチラ
http://moroccomarche.com/
















■今日のカメ

■「tamtam」
f0232060_16273872.jpgJR西荻窪駅北口から、高架沿いを吉祥寺方面に歩き、徒歩7分ほど。

赤いモロッコ国旗が目印。







■店内の様子
f0232060_1629263.jpgカウンター数席と、テーブル2席ほどの小さな店内。










■キラキラ
f0232060_16295890.jpg天井には、モロッコのキレイなランプが飾られています。









■アルコールはありません。
f0232060_16315369.jpg店主がイスラム教の方のようで、アルコールの取り扱いはありません。









■ザクロジュース
f0232060_16342562.jpg左がザクロジュース、右がジンジャージュース。どちらも炭酸入り。甘さは控えめ。









■前菜3種盛り
f0232060_1636241.jpgモロッコの前菜3種を盛り合わせたもの。3種は選べません。

下に敷いてある黄色いものは、小麦粉を薄く伸ばして焼いたロティ。これをちぎって、前菜と共に食べます。





■ナスの前菜
f0232060_16395375.jpg焼き茄子をペースト状にした冷菜。香辛料も強くなく、食べやすい。









■ホウレンソウの前菜
f0232060_1640557.jpgホウレンソウをペースト状にした冷菜。茄子より、少し香辛料がきいてますが、これも割と食べやすい。








■モロッコサラダ
f0232060_1642426.jpgピーマンと玉ねぎの多い生野菜サラダと言った感じ。









■「ハリラスープ」
f0232060_16441857.jpgモロッコでよく食べられている家庭料理「ハリラスープ」。家庭によって味が違うそうです。

具だくさんで、かなりスパイシー。トマトと胡椒とコリアンダーなどのハーブがきいています。






■野菜のポタージュ
f0232060_16455511.jpgハリラスープよりもクリーミーな野菜スープ。

そして、ハリラスープよりも、胡椒、ハーブがきいていて、かなりスパイシーです。







■タジン、登場
f0232060_16471271.jpgお一人様に付き、タジン鍋かクスクスのどちらか1つを頼まないといけないそうなので、タジン鍋を。

日本でもちょっと前にタジンブームがあって、たいぶこの鍋を見かけるようになりました。






■羊のタジン
f0232060_16493519.jpg骨付きの羊肉がゴロッと入ったタジン鍋。

各種ハーブが入って、スパイシーではありますが、羊肉と合っていて、美味しかったです。羊肉もやわらかいです。






■鶏のタジン
f0232060_16543196.jpgこちらは鶏肉のタジン。

羊肉よりもあっさりしている分、スパイスがきいている感じがします。個人的には羊の方が好きかな。







■パン
f0232060_16553644.jpgタジン鍋についてくるパン「ホブス」。タジンのソースを付けて食べます。









■デザート
f0232060_16572662.jpgデザートは、店頭に焼き菓子があり、その他にメニューにもモロッコデザートが3種ほどあります。









■焼き菓子
f0232060_1658284.jpg店頭の焼き菓子を1つづついただくことにしました。上がスポンジケーキのシロップ掛け「バクラワ」、右がモロッコ風かりんとう、左がアーモンドクッキー。

モロッコの人は、超甘党らしく、これらの焼き菓子もかなり甘いです。




■ミントティー
f0232060_1704246.jpg食後のミントティー。これも甘い。

はみがき粉を溶かして飲んでいる感じがして、ちょっと苦手・・・。
by meshi-quest | 2011-11-19 17:04 | 西荻窪


東京丸の内の新丸ビル7階にあるカフェレストラン


「HENRY GOOD SEVEN ヘンリーグッドセブン」へ。











新丸ビル7階は、ここメシクエでもよく紹介させてもらっているが、


深夜までやっているレストランやバーが密集しているフロア。












ショッピングビルのレストランフロアと侮るなかれ、センス良く、


大人が楽しめるお店が集まっている。











レストランやバー利用以外にも、普通に深夜カフェとしても利用できる。


「真夜中に急にパフェが食べたくなった」


そんなむちゃくちゃなオーダーにも対応してくれる、とても便利なフロアだ。











そして、まさに真夜中にパフェが食べたくなったので、


「ヘンリーグッドセブン」でいちごパフェを食べている次第である。













■「HENRY GOOD SEVEN ヘンリーグッドセブン」
http://www.heads-west.com/shop/henry-good-seven.html
















■今日のカメ

■「ヘンリーグッドセブン」
f0232060_1621053.jpg新丸ビルの7階にあります。

夜中の4時までやっていて、食事もできて、デザートも食べれて、酒も飲める。すごく便利です。







■7階フロア
f0232060_165766.jpg20~30代のサラリーマンが気軽に、それでいておしゃれに遊べる場所をコンセプトに設計されているらしく、いわゆるビルのレストランフロアとはちょっと違った雰囲気になっています。







■テラス席も。
f0232060_1681074.jpg丸の内の高層ビルを望むテラス席もあります。

7階フロア共用のテラス席なので、予約はできず、早いもん勝ち。







■パフェ、登場!
f0232060_1693926.jpgすでに12時を回っておりますが、かなりちゃんとしたパフェが食べれます。

その他、ケーキなどデザートも充実しています。







■パフェ、アップ
f0232060_16105192.jpgちょっと甘さの強いバニラアイスではありますが、ガッツリとパフェを楽しめます。
by meshi-quest | 2011-11-19 16:12 | 東京





用事があり、新宿高島屋方面へ。











帰り、気付けば一日何も食べてなかったので、そのまま高島屋に入り、


インドカレー「SITAARA GROVE シターラ グローブ」へ。


カレーととんかつで迷ったのだが、なんか僅差でカレーが勝った。













インド料理店というより、カフェっぽい雰囲気の店内。


インド人のシェフと、同じくインド人のお姉さんが出迎えてくれてる。


メニューに「ビリヤニ」があったので、カレー付きのビリヤニセットを頼む。












味も量も上品な感じで、ガツンとしたものを求めている時には向かないが、


全体的に食べやすくて、なかなか美味しかった。













■「SITAARA GROVE シターラ グローブ」
http://www.sitaara.com/grove/index.html
















■今日のカメ

■「シターラ グローブ」
f0232060_14174060.jpg新宿高島屋の13階にあります。










■店内の様子
f0232060_14182565.jpg中途半端な時間帯だったこともあり、かなり空いていました。

室内以外にも、屋外にテラス席もあるようです。







■ビリヤニセット
f0232060_14194970.jpgビリヤニと、カレー1種、ヨーグルト、全粒粉のロティが付きます。1800円也。

インド料理店のセットというより、おしゃれカフェご飯っぽい。






■ビリヤニ
f0232060_14215296.jpgビリヤニは、インド風炊き込みご飯で、チキンと野菜が選べます。これはチキンビリヤニ。

インドでよく食べられる長粒種のバティスマライスが使われていて、ご飯がサラサラしていて、軽く食べれます。辛くはなく、ほんのりスパイシーで、美味しかったです。




■ロティ
f0232060_14255462.jpg全粒粉なので、しっかりと重めの生地に仕上がっていて、噛めば噛むほど小麦の味がします。これも美味しい。








■エビカレー
f0232060_14271965.jpgココナッツがかなりきいているエビカレー。マイルドで辛くありません。

ココナッツは苦手なのですが、トマトもきいているので、これは食べれました。
by meshi-quest | 2011-11-19 14:30 | 新宿


ご招待いただき、パラダイス山元さんがやられている


会員制餃子専門店「蔓餃苑 まんぎょうえん」へ。









パラダイス山元さんは、餃子好きでも知られ、「餃子の王様」という肩書きの他、


日本有数のマンボミュージシャンでもあり、マン盆栽の家元でもあり、


グリーンランド公認の国際サンタクロースでもあり、入浴剤ソムリエでもあり、


とにかくいろんな顔を持つ、多才な人だ。












ちょっとしたきっかけでTwitter上で


山元さんとはやり取りをさせていただいたこともあり、


「蔓餃苑」の存在は知っていたが、なかなか会員募集がされず、


募集条件も審査があり、開苑も不定期らしいので、


なかなかお邪魔するチャンスがなかった。











この日は、たまたま深夜にかけての最終会に空きがあり、


たまたま山元さんと仲の良い会員の方から声をかけていただき、


たまたま同席させていただけることとなった。


「たまたま」のおかげだ。










「蔓餃苑」は、1回に1組限定で、


料理も、サーブも、接客も、すべて山元さんが行ってくれる。











そして、そのお店は、かわいらしく、


サンタあり、アイボあり、ミニカーあり、マラカスあり、餃子ありで、


山元さんの頭の中を具現化したようなミニテーマパークになっていた。












「蔓餃苑」ワールドへようこそ。


詳細は、今日のカメで。













■パラダイス山元インフォメーションサイト
http://www31.ocn.ne.jp/~nisse/

※公式サイトはなく、ファンの方が山元さんの許可を得て作ったサイトのようです。いろんな情報がまとまっています。















■今日のカメ

■「蔓餃苑」
f0232060_17262715.jpgJR荻窪駅から徒歩10分くらいの住宅街にあります。

この日は11:30からの最終会に参加。








■オレンジのトラック
f0232060_17274364.jpgパラダイス山元さんの愛車「UNIMOG」が目印。










■店内の様子
f0232060_17292916.jpg雑貨屋に来たような、おもちゃいっぱいの店内。

テーブルは4人掛けの1席のみで、完全会員制。会員の人が1人でもいれば、入れます。







■サンタがいっぱい
f0232060_17311410.jpgさすが国際公認サンタさんのお店だけあって、サンタグッズがいっぱいありました。









■こっちにも
f0232060_17321733.jpg棚にもサンタがいっぱい。










■ツリーも。
f0232060_1733028.jpgクリスマスツリーも飾られています。










■アイボも。
f0232060_17335188.jpgアイボグッズもいっぱいありました。

アイボグッズって、こんなに出てたんだ(笑)。








■マン盆栽
f0232060_17395648.jpg本では見たことがありましたが、初めて本物のマン盆栽見ましたw。









■似てるー
f0232060_1741545.jpgパラダイス山元さんの人形。










■ドリンクはセルフ
f0232060_17345447.jpgドリンクは冷蔵庫から飲みたいモノを自分で出すスタイル。

ハートランド、ジンジャーエール、黒烏龍茶など。







■本日のレート
f0232060_1736944.jpg1マンボ=1円、だそうです。










■本日のメニュー
f0232060_17364619.jpgメニューは餃子のみで、9種類。800マンボから3400マンボまで。









■黒烏龍茶で。
f0232060_17382423.jpg夜中に餃子を食べるので、一応、黒烏龍茶に(笑)。









■コースター
f0232060_174232.jpg著書「餃子のススメ」のコースター。










■小皿もかわいい
f0232060_17434278.jpg中華街の知り合いの方が作ってくれたという、山元さんが中華服着ている醤油皿。









■山元シェフ
f0232060_1745974.jpgせっかくなので、9種類をちょっとづつ全部出してもらうことにしました。

奥の台所で、パラダイス山元さん自ら腕をふるってくれます。






■「焼き餃子」
f0232060_17462912.jpgまずは、スタンダードな「焼き餃子」から。

キレイな円形に並べられています。皮はモチモチ。








■醤油
f0232060_17472594.jpg「蔓餃苑」の餃子にはニンニクは入っていないそうで、お好みで、醤油か、ニンニク醤油を付けていただきます。








■エビラー油
f0232060_17483588.jpgこれもお好みで、干しエビが入った自家製ラー油だそうです。これはお土産に買うことも可能だそうです。








■ゼナキン餃子
f0232060_17495416.jpg滋養強壮ドリンク「ゼナキング」が生地に練りこまれている餃子。しっかりゼナキングの味がします。

山元さん曰く、「ユンケルとか、いろんな栄養ドリンクで試したけど、ゼナキングが一番だった」とのこと。





■「Quater Pounder」
f0232060_1752311.jpg「Quater Pounder」という、ハンバーグを彷彿とさせる肉たっぷりの餃子。黒胡椒がきいています。

手前は、普通の「Quater Pounder」、奥は大葉入り。






■「おかひじき焼き餃子」
f0232060_17541150.jpgおかひじきがたっぷり入った、サッパリした焼き餃子。









■「Cheese Quater Pounder」
f0232060_17552523.jpgカリッと焼かれたチーズの上に、「Quater Pounder」。

チーズハンバーグを食べている感じで、これが一番好みかな。






■「キーマカリー餃子」
f0232060_17562840.jpgキーマカレー風の具に、上にはうずらのゆで玉子。真ん中は、福神漬け。









■「海鮮水餃子」
f0232060_17585015.jpgサッパリとした海鮮餃子に、ラストにピッタリのやさしい味のスープ。温まります。









■「モツアン餃子」
f0232060_1801181.jpgこれは、デザートです(注)。

モッツァレラチーズとあんこを入れた餃子に、きなこをつけて食べます。
モチモチした感じと、きなことあんこの組み合わせで、まるで和菓子を食べている感じ。
プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ