<   2011年 12月 ( 22 )   > この月の画像一覧



今年は、本当に色々あった。


何もない一年なんてないんだが、それにしても、今年は特にありすぎた。










まずは、改めて、東日本大震災の被害に遭われた方に、


心からお悔やみを申し上げるとともに、


「去年は大変だった」ではなく、翌年になっても、


その影響が続いていることを忘れずに、新年を迎えたいと思う。













個人的には、年末なんて、来ないんじゃないかと思ってた。


今でも、色々とありすぎて、まだ整理つかず、混乱している。











私と同じような人が多いんじゃないかと思う。










とはいえ、来ないんじゃないかと思っていた年末も、


やっぱりこうして来るわけで、時間は流れていて、


前に進むしかないんだな、と思う。


人それぞれ、歩く速さは違っても。












メシクエ的にも、色んなことがあった一年だった。










銀座「みつ和」銀座「三献」西荻窪「Cafe?」など、


大好きで、よくお邪魔していたお店が閉店をした。


それぞれ事情があってのことなので、仕方がないが、


あの人、あの味にもう会えないと思うと淋しい。












一方で、新しい出会いがあり、大好きなお店もできた。


西荻窪「trattoria29」中目黒「フェリチェリーナ」中目黒「尚光」など、


今年オープンされたお店で、本当に美味しく、楽しませていただいた。












ここで、恒例ではあるが、メシクエが超勝手に選らぶ(笑)、


2011年ベストレストランを発表させていただきたいと思う。











今年はかなり迷いに迷って、レストランとしてのベスト1ではなく、


料理含めて、一番美味しかったと思うお店を3つ選ばせていただいた。


以下、3つのお店は同列のベスト1だと思っていただきたい。











■西荻窪「trattoria 29」の「岩手県産岩中豚 骨付きロースト」


見た目のインパクトもさることながら、この厚さと大きさの豚で、


ここまでやわらかく、ここまでジューシーなものを食べたことがなく、


ホント美味しかった。


来年、また何かの機会で焼いて欲しい(笑)。











■三軒茶屋「焼鳥 床島」の「むね肉 さび」



焼き鳥は元々大好きで、よく食べに行くが、


やっぱり床島さんの焼き鳥が一番美味しい。


プリプリの弾力あってジューシーな焼き鳥、絶品だった。










■中目黒「フェリチェリーナ」の「ポルチーニ茸のフライパン焼 ラルド添え」


メニューが頻繁に変わるので、次に行った時にはなかったんだが、


このポルチーニを使った前菜は、


今も未練タラタラ思い出しちゃうほど(笑)、美味しかった。


ポルチーニの底力全開というか(笑)、


今までの色んな料理の中で一番ポルチーニを美味しく感じた料理だった。













他にも美味しかったお店、料理はいっぱいあったんだが、


悩んだ末、3つ選ばせていただいた。


しかし、今年もよく食べたもんだ、こんなに(笑)。













今年一年、ご愛読いただき、本当にありがとうございます。


つたない文章&素人撮影写真ではありますが、


「いつも読んでいるよ」と言っていただけるその温かい声に支えてもらっています。










来年も引き続き、どうぞよろしくお願いいたします。


またメシクエでお会いできるのを楽しみにしております。












2011年 12月31日


成沢理恵
by meshi-quest | 2011-12-31 20:49


ご招待いただき、広尾にあるレストラン、


「レストラン マノワ」へ。









ここは以前、同じ場所に、同じ名前で「ブラッセリーマノワ」というお店があったが、


今年の11月にスタッフが総入れ替えされ、「レストラン マノワ」として


リニューアルオープンをしている。












オーナーソムリエさんが、私も行かせていただいたことがある


代官山「ル・ジュー・ドゥ・ラシエット」や


広尾「アニュ」の支配人をされていたこともあってか、


料理の盛り付けや調理法など、いい意味で、他のお店を感じさせるものがあった。













見た目も美しく、味もどれもとても美味しく出来ていたが、


全体的にポーションが少なめなので、正直、少し物足りなさもあった。












これだけ美味しく出来ているので、もう1回りくらい大きさや量があると、


満足感がかなり高まるんだけどなあ・・・。


まだオープンして間もないので、今後を楽しみにしている。












■「レストラン マノワ」
http://manoir-restaurant.jp/















■今日のカメ

■「レストラン マノワ」
f0232060_3381121.jpgJR恵比寿駅から徒歩10分ほど、東京メトロ広尾駅から徒歩8分ほど。

明治通り沿いにあるマンションの1階にあります。







■テーブル
f0232060_3392357.jpgテーブルはこんな感じ。
カトラリーがフルセットされています。









■店内の様子
f0232060_34254.jpgテーブル12席の小さめの店内。静かに食事ができます。









■キッチン
f0232060_3432130.jpgテーブルから、カウンター越しにキッチンを見ることができます。









■アミューズ
f0232060_344159.jpg「3種のマノワのアミューズ」です。










■アミューズアップ①
f0232060_345987.jpg牛肉で野菜を巻いた小さなアミューズ。










■アミューズアップ②
f0232060_3461330.jpgサーモンとバジルのアミューズ。










■アミューズアップ③
f0232060_3465052.jpgカリフラワーのムース。










■赤ワイン
f0232060_3472374.jpgグラスで濃いめの赤を。










■パン2種
f0232060_348474.jpg手前が、ほのかに甘味があるとても美味しいバケット、奥が全粒粉を使った固めのパン。どちらも焼きたて。








■バター
f0232060_3492973.jpg濃くて美味しいバター。










■1品目
f0232060_35052.jpg広尾「アニュ」も、1つの素材を2種の調理法で出して『比較』を楽しむ料理を出しますが、これは「オマール海老の4種の調理法」。








■オマールアップ①
f0232060_3521356.jpg左が、オマール海老を揚げたもので、ソースはタルタル。右は、ソテーにしたもので、アメリケーヌのようなソース。








■オマールアップ②
f0232060_3535618.jpg左は、オマール海老を蒸したもの、右は、煮てから春巻き生地に包んだもの。

4種の調理法とも、同じオマール海老でも全部味が違っていて、違いを楽しめると同時に、すごく美味しかった。

ただ、もうちょっとポーションが欲しい・・・。



■2品目
f0232060_356471.jpg「冷たいフォアグラのポワレ キャラメルバニュルスのソース ライムのグラニテ」です。









■フォアグラ、アップ
f0232060_35734.jpgキレイに焼き目が付いていて、温かいフォアグラのように見えますが、冷たいです。

濃厚なフォアグラに、付け合わせのライムのシャーベットやソースがあっていました。






■3品目
f0232060_3584260.jpg「温かいきのこのコンソメと長谷川農園産ポットベラと魚介のムース」です。









■きのこコンソメ、アップ
f0232060_3594451.jpgキノコのエキスが凝縮された香り良い、温かいスープ。

「ポットベラ」は、真ん中の魚介のムースの上に乗っているキノコのこと。






■4品目
f0232060_411759.jpg「本日のお魚料理」です。

今日は、千葉県産のイトヨリのソテー。








■イトヨリ、アップ
f0232060_421543.jpg皮はパリッと、身はやわらかく、とても美味しく出来ていました。味もいい。

泡状のものは、チーズのソースを泡立てたもの。







■5品目
f0232060_432881.jpgメインディッシュ。

「熟成した蝦夷鹿のロースト ポワヴラードソース」です。







■蝦夷鹿、アップ
f0232060_443564.jpgやわらかく、美味しく出来ていましたが、かなり淡白な鹿でした。

個体差や時期的なものなのかなあ・・・。







■6品目
f0232060_462294.jpg「透明なヨーグルトのジュレ パイナップルのソルベ添え」です。









■ソルベ、アップ
f0232060_47254.jpg口直しも兼ねたデザートの1品目。

さっぱりしていて、とても食べやすい。
ソルベの上に乗っているトサカのようなものは、ドライパイナップル。






■7品目
f0232060_485399.jpg本当はチョコレートのデザートですが、私がチョコ苦手なので、別のものに変えていただきました。

ピスタチオ生地を使ったショートケーキです。







■サンタorだるま?
f0232060_4101183.jpgホイップクリームの中にイチゴが隠れています。

その横には、サンタクロースとも、雪だるまとも思える人形がw







■ホントはこっち。
f0232060_4112429.jpg本来コースに入っていたデザートは、コレ。










■季節のダージリン
f0232060_4122368.jpg飲み物は、種類豊富なコーヒー、紅茶、ハーブティーの中から自由に選べます。


浅草にある焼肉屋「本とさや」へ。











ここは数年前に、浅草に詳しい方から教えてもらったお店だが、


ホントに美味しくて、浅草に来る度に、ほぼ必ずここで食事をしている。











平日は昼2時から、土・日・祝日は12時からぶっ通しで夜中までやっている。


大人気店で、ディナータイムはかなり混むため、


この日は、15時という超中途半端な時間から行ってみたが


さすがに空いていた(笑)。











昼からガッツリ焼肉。


昼だからこそ、ガッツリ焼肉。













■「炭火焼き肉 本とさや」
http://hontosaya.com/
















■今日のカメ

■「本とさや」
f0232060_333168.jpg東京メトロ銀座線田原町駅から徒歩7分ほど。

黄色い看板が目印。








■店内の様子
f0232060_343619.jpg板の間にところ狭しと焼肉台が置かれています。

煙を吸い取るようなおしゃれな装置はついていないので(笑)、部屋中、霧がかかったようになります。服にニオイ付くのは避けられませんw。






■サイン色紙
f0232060_362891.jpg壁一面を覆いつくすサイン色紙。

サイン色紙を飾っているお店はあまり好きではないんですが(苦笑)、これだけ並べられると、1つのアートと言うか、圧巻です。






■烏龍茶
f0232060_374714.jpg食べに集中するために、酒は飲まず、烏龍茶。










■もやしナムル
f0232060_382812.jpgもやし大好き!

味も良く、さっぱりシャキシャキしているナムル。








■生野菜
f0232060_310634.jpgゴマ油のドレッシングで軽くあえてある、さっぱりサラダ。









■特上カルビ、キタ!
f0232060_3114221.jpg特上カルビ(2,500円)と、上ロース(2,100円)。









■特上、アップ
f0232060_3136100.jpgこのサシと厚み。
やばい、やばい。

大トロを食べているよう。絶品。







■上ロース
f0232060_3135663.jpgロースにもコレだけ立派なサシが!










■サービスカルビ
f0232060_3144724.jpgサービスカルビ(1,600円)と、ハラミスジ焼き(1,200円)。









■サービス、アップ
f0232060_3154417.jpg本とさやの「サービス」は、通常の焼肉屋さんの「上カルビ」くらいはあります。

サービスカルビで、このサシ!
正直、厚みや濃厚さをそこまで求めなければ、サービスカルビで十分すぎる美味しさです。





■焼きます!
f0232060_3174851.jpg焼肉は、ホントいいよね。
幸せになる。肉、バンザイ!









■上タン
f0232060_3183080.jpgタン塩も。
さっぱりとレモンで。









■野菜スープ
f0232060_3192590.jpg具だくさんの野菜スープ。
野菜がたっぷり。









■大満足
f0232060_320205.jpg完食。
美味しかった~!
by meshi-quest | 2011-12-29 03:22 | 上野・浅草

ご招待いただき、六本木にある鉄板焼レストラン


「restaurant 尾前XEX」へ。











今日は軽く食べてきた後だったので、メインの鉄板焼は断念し、


お寿司を少しいただくことにした。












美味しいモノは、ホント別腹らしい。


特に、大好物の寿司は、「いつでも入る」という不思議な胃を持っているようだ。












■「restaurant 尾前XEX」
http://www.ystable.co.jp/restaurant/omaexex/















■今日のカメ

■2階のラウンジ
f0232060_2391980.jpg地下が鉄板焼、1階が寿司、2階がソファラウンジになっています。

ラウンジでも簡単な食事やデザートをいただくことができます。






■暖炉
f0232060_2403911.jpg冬は暖炉に火が入ります。
薪の香りにすごく癒されます。









■寿司
f0232060_2415144.jpg軽く食べてきたはずですが、寿司と聞くと、胃にスペースができ(苦笑)、食べたくなってしまう体質。








■寿司アップ
f0232060_2431389.jpg尾前シェフが、私の好き嫌いをよく知っていてくださるので、好きなモノだけ乗せてくれています。









■尾前シェフ
f0232060_2444264.jpgいつも笑顔で迎えてくださる尾前シェフ。

忙しくても、常にお店にいて、お客さんに接し、お客さんの様子をちゃんと確認しながら、料理をされています。素晴らしい方。

ご馳走様でした!


浅草にある喫茶店「珈琲 天国」へ。










いい名前。


いつでも、誰でも、気軽に行ける「天国」。











「天国」名物の焼き印入りホットケーキを食べる。


見た目もかわいく、ふっくらとは出来ていたが、若干、粉っぽさを感じた。












余談だが、ホットケーキが大好きで、隙あらば注文する。


今まで食べたホットケーキの中で、一番美味しかったのは、


西荻窪にある「Cafe?」というお店の手作りホットケーキ


ふっくらさ、大きさ、味、すべてにおいて完璧だった。












残念ながら、今年、「Cafe?」は閉店してしまい、


もうあのホットケーキが食べれないと思うと、悲しい・・・。















■今日のカメ

■「珈琲 天国」
f0232060_2195018.jpg東京メトロ銀座線浅草駅から徒歩8分ほど。浅草六区にあります。









■店内の様子
f0232060_2205473.jpg外見はレトロですが、中は割と今どきな感じ。










■天国ホットケーキ
f0232060_2235024.jpg名物「天国」ホットケーキ。
銅板を使って、1枚1枚、丁寧に焼いているそうです。








■メイプル、かけた。
f0232060_2251247.jpgトロ~りバターと、メイプルシロップ。

若干粉っぽさを感じたが、ふっくらしていて、味もいい。







■カフェオレ
f0232060_2263463.jpgコーヒー少なめ、ミルク多めで。

コーヒーの味は大好きなんですが、コーヒーがちょっと苦手、という不思議な体質。
by meshi-quest | 2011-12-29 02:29 | 上野・浅草


クリスマスイブに、合羽橋に行った。












合羽橋は、面白い。


道具街として、珍しい調理器具や料理店の雑貨が見れたり、


本物そっくりな食品サンプルを見る楽しみもあるが、


町中に、「巨大なモノ」がある面白さも、たまらない。













「巨大なモノ」には、家々の合間から見える、


浅草寺の五重塔やスカイツリーも含まれるが、


それだけでなく、道に巨大な釜があったり、巨大な寿司が落ちていたり、


ビルに巨大なカブトムシが付いていたり、とにかく不思議な町だ。













久しぶりの合羽橋は楽しすぎて、あっという間に時間が過ぎてしまい、


全部見回る前に、商店街が閉まってしまった。


タイムアウト。










また近々改めて遊びにいこうと思う。
















■今日のカメ

■合羽橋の食器屋さん
f0232060_2431684.jpgクリスマスイブですが、クリスマスっぽいものは何もなく、もうすでに町全体、お正月モード。金や赤の器など、おめでたいものが目立つ。

お客さんもお正月用品を探しにきているような感じ。





■道に巨大な釜
f0232060_2453270.jpg道路にドンと置かれた巨大な釜。










■釜も商品
f0232060_2461795.jpg無造作に置かれた、巨大釜も商品でした。

これで、「ごはん500人前」「味噌汁1000人前」作れるようです。







■コカコーラ
f0232060_2474983.jpgおしゃれなコカコーラテーブルセットを発見。

テーブル2万円強、イス1万円強。ちょっと欲しい・・・。







■食品サンプル屋
f0232060_250121.jpg合羽橋にはたくさんの食品サンプル店があり、どこも混んでいて、人気です。

私も大好き。







■食品サンプル
f0232060_2511243.jpg本物そっくり。すごくよく出来ている。

サンプルは、1つ1つ手作りというのもあるが、ちょっとしたものでも3000円とか5000円とかする。






■なんだ、アレ?
f0232060_2542274.jpg道を歩いていて、足を止めて、見入ってしまった。

ビルに何か黒いモノが付いてる!








■これは・・・
f0232060_2552620.jpg巨大なカブトムシが張り付いています。

インパクト大。








■「元祖食品サンプル屋」
f0232060_2574634.jpgカブトムシの正体は、「元祖食品サンプル屋」さんの看板でした。

ここのお店、合羽橋の数あるサンプル屋の中で、ちょっと変わっていて、食品サンプルの手作りキットを販売していたり、串カツの鉛筆キャップとかホットケーキの小物入れとか、他のお店に売っていないようなオリジナル商品がたくさんありました。



■手作りキット
f0232060_30462.jpg自宅で作れる食品サンプルキットを売っていました。

1つ2000円で、中華、洋食、デザートなど色んな種類があります。






■こんなものも
f0232060_311816.jpg手作りキットで、こんなカレーサンプルが作れます。









■あんなものも
f0232060_31567.jpg炒飯も作れちゃいます。

美味しそうに見えるかどうかは、盛り付けセンス次第、とのこと。







■寿司が落ちてるw
f0232060_325110.jpg道路に巨大な寿司が落ちていました。










■「東京蛍堂」
f0232060_345497.jpg浅草六区にあるおしゃれな骨董品店さん。

この細い路地を入っていきます。








■入口
f0232060_361381.jpg路地の突き当りにある古い一軒家がお店。










■店内の様子
f0232060_365265.jpg大正、昭和の雑貨、かばん、洋服、着物など、かなり質の良い、ステキなものがいっぱいありました。

昭和初期のトランク(寅さんが持ってそうな)があって、すごく欲しくて、買おうか迷った・・・。今も、ちと迷い中。





■浅草寺
f0232060_393198.jpg本堂が閉まり、参拝客もほとんどいなくなった夜の浅草寺。









■賽銭箱に長蛇の列
f0232060_3103086.jpg人はまばらですが、それでもお賽銭箱前には長蛇の列が。

まだお正月でもないのに、この列か・・・(苦笑)。






■スカイツリー
f0232060_3121447.jpg浅草寺からもスカイツリーが見えます。













■五重塔
f0232060_3125892.jpgスカイツリーの反対側には五重塔が。

こっちはオレンジ色なので、なんだか東京タワーのよう。







■さっそく(笑)
f0232060_3140100.jpgハンバーグ屋さんの店先にあった新メニュー「スカイツリーカレー」。

ツリーは、海老フライとイカリングで出来ているようです。
by meshi-quest | 2011-12-25 03:17 | 上野・浅草


クリスマスイブ。


私は、合羽橋にいた。










初めて、スカイツリーの実物を見て、


人々がランチを食べ終え、活動を始めているあろう15時に、


ほとんど人のいない焼肉屋でガッツリ肉を食べ、


その勢いで、合羽橋を歩き、食品サンプルを見て喜び、


夜、参拝客のいなくなった浅草寺に行き、お参りをした。












ただでさえ、人が多い東京で、


ただでさえ、人が多いこの日に、


奇跡的に、ほとんど人に会わずに、過ごすことができた(笑)。












意外と、人込み、苦手なんです・・・。















■今日のカメ

■ビルの合間から
f0232060_274010.jpgビルや商店が連なる田原町から見たスカイツリー。













■スカイツリー
f0232060_292281.jpg初めて実物見ましたが、銀色なんですねー。













■合羽橋通り
f0232060_211055.jpg前から欲しかったナイフ&フォークがあって、それを探しにやってきました。

まあ、今日(クリスマスイブ)じゃなくても良かったんですが(笑)。






■町の様子
f0232060_2122989.jpgいつもは賑やかな合羽橋も、今日は人がほとんどいませんでした。

しかも、クリスマスの「ク」の字もない(笑)。







■河童①
f0232060_214057.jpgサンタはいなくとも、ここにはカッパがいます(笑)。









■河童②
f0232060_2144848.jpg至るところに、河童が。










■こんなところにも
f0232060_2162065.jpg道にも河童が。










■あいかちゃん
f0232060_2172743.jpg合羽橋のマスコットキャラクター「あいかちゃん」。

「I Love Kappa」で「あいか」ちゃんだそうですw。






■オム河童ライス
f0232060_2193462.jpg和食屋さんの店先にあったメニュー。

美味しそうかどうかは別として、河童愛を感じるw。







■合羽橋からも見える
f0232060_222146.jpg合羽橋通りからもスカイツリーがはっきり見えます。

町の雰囲気とギャップがありすぎて、なんだか合成写真のように見えるw。










■からすみ
f0232060_2234132.jpgお寿司屋さんの店先で干されていたからすみ。通りがかりの人が、みんな足を止めて、この物体を見ているw。

「お手を触れぬよう、お願いします」






■魔性の味
f0232060_2252514.jpg「魔性の味」と書かれている古い喫茶店。

魔性の珈琲を飲んでみたかったが、残念ながら、お腹いっぱいだったので、また今度。







■河童像
f0232060_2275455.jpg合羽橋にある金色の河童像にお参り。
by meshi-quest | 2011-12-25 02:31 | 上野・浅草


久しぶりに、麻布十番にある


オスマントルコ宮廷料理「ブルガズアダ」へ。









いつものように、気さくなシェフと、笑顔の素敵なマダムが迎えてくださり、


そこまで久しぶりな気がしていなかったが、これが今年初訪問だった。











3.11の大震災以降、


知り合いのお店でたたんでしまったとこも多く、心配だったが、


お店はすごく混んでいて、賑わっていて、安心した。












久しぶりのブルガズアダのトルコ料理は、


シェフ曰く、新しい料理方法にも日々チャレンジしている、とのことで、


以前にも増して、パワフルで、進化していて、すごく美味しかった。









ご馳走様でした。


またぜひ伺います!













■オスマントルコ宮廷料理 ブルガズアダ
http://www.burgazada.jp/
















■今日のカメ

■店内の様子
f0232060_21132639.jpgカーテンで仕切られた半個室からの眺め。

トルコっぽい、エキゾチックな店内。








■テーブル
f0232060_21143174.jpgランプの灯りがきれいに映えているテーブル。










■おしぼり
f0232060_2115754.jpgトルコのかわいらしい器に乗ったおしぼり。










■サワーチェリージュース
f0232060_21155384.jpg少し酸味があり、甘さ控えめのサワーチェリージュース。

トルコ料理にも合います。ノンアルコールです。







■「DARK」
f0232060_2117460.jpg「DARK」という珍しいトルコの黒ビール。

ベルギービールのような、フルーティーで華やかな味がするそうです。







■アミューズ
f0232060_21181297.jpgズッキーニのディル風味クリーム煮です。










■ズッキーニ、アップ
f0232060_21185541.jpgすごくシンプルなアミューズですが、ビックリするくらい美味しい。

これだけでもいいから、もっと食べたい感じw。







■1品目
f0232060_21202165.jpgブルガスアダ特製のトルコ料理前菜盛り合わせ。

見た目にも美しく、いろんな味が楽しめる贅沢な盛り合わせ。







■前菜アップ ①
f0232060_21213527.jpgまだメニューに出していないというシェフ手作りの「トルコソーセージ」(手前、パンに乗っているもの)。

スパイスのきかせ方が絶妙で、香りよく、ホント美味しい。
トルコでは、このソーセージと卵を朝食で食べるそうです。




■前菜アップ ②
f0232060_21235411.jpgトルコ風カナッペ。
ひよこ豆のペースト、茄子のペースト、など。

前菜1つ1つは小さいですが、すごく手間暇かかっています。






■前菜アップ ③
f0232060_21251637.jpgこの真ん中のボールは、一見地味ですが(笑)、タコをミンチ状にし、赤ワインで煮込んで、オーブンで焼いて・・・と、すごく手間暇かかっています。

そして、美味しい。






■前菜アップ ④
f0232060_21264690.jpgキッシュの元になったと言われているトルコ風キッシュ。16世紀のレシピで作っているそうです。









■自家製パン
f0232060_21275222.jpg焼き立てを出してくれます。

手前は、スパイスをきかせたクリームソースで、パンにつけていただきます。







■2品目
f0232060_21285683.jpgアーモンドのスープです。

20時間以上煮込んで作ったブイヨンに、アーモンドのペーストを合わせて作ったそうで、すごくまろやか。






■3品目
f0232060_2130731.jpgコースの魚メニューではないのですが、特別にシェフが作ってくれたカジキマグロのグリルです。









■カジキ、アップ
f0232060_21311483.jpgカジキは火の通し方が難しく、すぐ硬くなったり、パサついたりしてしまいますが、このカジキはビックリするくらいふっくらしていて、ジューシーで、やわらかくできていました。







■4品目
f0232060_21323357.jpgアボカドとオリーブとチーズのサラダです。

周りの赤いものは、ザクロの実と、ザクロのソース。







■サラダ、アップ
f0232060_21335395.jpgオリーブがアクセントになっていて、アボカドの濃厚さと合っていました。

周りには、アシッド3%という最高級オリーブオイルをかけていてるとのこと。アシッド(酸)が3%以下のオリーブオイルは作れないらしく、そのギリギリ。





■5品目
f0232060_21422119.jpg仔羊を使ったメインディッシュ2種登場。

赤いものは、ビーツ。








■仔羊、アップ
f0232060_21432252.jpg手前はトルコスパイスで焼いた骨付きの仔羊、奥は仔羊と栗を合わせた肉料理。

トルコでも焼き栗があって、栗はよく食べられるそうです。






■6品目
f0232060_21444786.jpg肉料理の後に、まさかのウニ登場(笑)。










■ウニ、アップ
f0232060_21453539.jpgウニとオリーブオイル。
グラニテ(口直し)代わりに、ウニの甘さを味わうものだそうです。

ウニは、トルコで「海の栗」と呼ばれているらしいです。





■デザート
f0232060_21471348.jpgトルコ風自家製デザートの5種盛り。










■デザート、アップ
f0232060_214839.jpgティラミスの元になったと言われている、トルコ14世紀のレシピのデザートだそうです。

モチモチしていて、見た目はティラミスですが、桜餅に近い感じ。






■チャイ
f0232060_21492387.jpg食後のチャイ。

日本で言う、いわゆるミルクティーのチャイではなく、トルコでは紅茶を「チャイ」と言います。







■シェフ
f0232060_21513099.jpg料理の味を気にして、いつも顔を出しにきてくださるシェフ、メフィット・ディキメンさん。

今日も美味しかったです。


ご招待いただき、


六本木にある中国雲南料理専門店「御膳房 本店」へ。












ここは、中国南部に位置する雲南省の料理が食べれるお店で、


中でも、キノコ火鍋は、ここでしか食べれない絶品。











キノコ火鍋に入れるキノコは、20種以上あり、


本場中国から取り寄せる珍しいものも多く、


驚くほど、味が良く、香りがいい。











今日は、コースということで、キノコ火鍋以外にも


前菜や一品料理が出てきたが、正直言うと、キノコ火鍋だけで十分(笑)。


最初から最後まで、キノコ火鍋だけでいい。













・・・と、ここまで書いたが、


実は、勢い余って、キノコ火鍋が出てきた瞬間に食べてしまい、


写真のことを忘れていた。


こんなにキノコ火鍋を推しているのに、キノコ画像がないという始末(苦笑)。












それだけ美味しかったということで(笑)、


キノコ火鍋の様子は、前回六本木店で食べたコチラをご覧いただければと思う。













■御膳房
http://www.gozenbo.com/indexx.htm

※音が出るので注意















■今日のカメ

■御膳房 六本木本店
f0232060_20415864.jpg芋洗坂通り沿い、六本木ヒルズの裏手にあります。










■個室
f0232060_20424978.jpg入口入って、すぐ横に8人くらい入れる個室があります。

静かですが、入口近くで、スタッフの出入りも激しいので、隠れ家的な個室ではありません。






■前菜盛り
f0232060_20442528.jpgコース1品目の前菜の盛り合わせ。










■前菜① アップ
f0232060_20451265.jpgテリーヌのようなものや、煮こごりのようなものの盛り合わせ。

味は、正直普通・・・かな。







■前菜② アップ
f0232060_2046937.jpgアワビ・・・だと思います。










■前菜③ アップ
f0232060_2047048.jpg海老のボイル。










■2品目
f0232060_20483092.jpg「活き車海老の塩山椒風味」です。車海老にパン粉を付けて、殻ごと揚げた感じ。









■3品目
f0232060_20491445.jpg「鮮魚の雲南酸菜風味」です。白身魚の蒸しあんかけのようなもの。

この後、「雲南キノコ烏骨鶏火鍋」が来ますが、写真撮る前にうっかり食べちゃったので(笑)、鍋の様子はコチラで。





■4品目
f0232060_20512447.jpg「雲南特色点心」。
ニラ饅頭のような感じ。

餡にしっかり味が付いていて、これは美味しかったです。






■5品目
f0232060_20562433.jpg〆は、米線(お米で作った麺)か、雑炊かを選べます。これは、米線。

スープは、キノコ鍋で出てくるスープなので、コクがあって、すごく美味しいです。






■6品目
f0232060_20575687.jpgココナッツミルクの中に、杏仁豆腐が入っています。

甘さ控えめで、とても美味しかったです。


新大久保にある、韓国カムジャタン鍋の名店「松屋」へ。


今日は、avexの皆さん&整体のヤコブ先生と。










なんだか、私の中で鍋率が高くなってきた。


狙っているわけではないが、自然と、鍋を選ぶ。









ああ、冬だなあ・・・。













■「松屋」
http://www.yakinikutengoku.com/shinjyuku/matsuya/














■今日のカメ

■松屋にて
f0232060_2052755.jpg1軒目も大久保で韓国料理だったのですが、料理が出てくるのが遅かったり、若干難があったので(苦笑)、食べ直し&飲み直しに。








■マッコリ
f0232060_2073250.jpg松屋恒例の金色やかんマッコリ。当然、大サイズでw。









■ナムル
f0232060_2083172.jpg3色ナムル。
塩加減、ゴマ油の感じがちょうど良く、美味しい。









■浅漬けキムチ
f0232060_2093874.jpgすごい量きます。
真っ赤ですが、実は、そんなに辛くありません。コクがあって、甘辛い感じ。

シャキシャキの白菜、きゅうりをいっぱい食べれます。





■チヂミ
f0232060_20114048.jpg松屋の特大&特製チヂミ。これで、普通サイズです。

具も、味も、すごくシンプルなチヂミなのに、すごく美味しい。






■カムジャタン鍋
f0232060_20132715.jpgじゃがいもと牛骨の鍋登!










■カムジャタン、アップ
f0232060_20154462.jpg真っ赤ですが、ゴマが大量に入っていて、辛さが中和されているので、見た目ほど辛くありません。

温まる!!







■〆の焼き飯の準備
f0232060_20172376.jpg残ったカムジャタンのスープで焼き飯を頼むことができます。

まずは、少量のカムジャタンスープの中に、卵、ネギ、海苔、ご飯を。






■炒める
f0232060_2018431.jpgこれを強火で焦がしながら炒めていきます。

調理は、スタッフの方がやってくれます。








■焼き飯、完成!
f0232060_20193956.jpgおこげがちょっと出来始めたところで、完成。いい香り。









■いただきます!
f0232060_20203839.jpgみんなで美味しくいただきました!
プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ