<   2012年 03月 ( 29 )   > この月の画像一覧



東京・丸の内にあるベルジアンビール専門店


「アントワープセントラル」へ。











居酒屋行くと、着席した瞬間にビールを頼まれてしまうのだが(苦笑)、


実は私はビールが飲めない。


「飲みそう」と「飲める」は別物なのだ。












酒は飲める。


ただ、炭酸が飲めない。


そのため、ビール、シャンパンなど、乾杯やお祝いに欠かせないドリンクが飲めない。


仕方ないから、乾杯から焼酎とか頼むため、「酒豪」だと思われている節がある。


まあ、いいんだが。












「アントワープセントラル」は、都内でも有名なベルギービール専門店で、


今まで見た中でもトップクラスのビールの品揃えがあった。


ビールの図鑑を見ているようで、メニューだけでも楽しい。


ビール好きな方には、おすすめ。













みんなが楽しそうにビールを酌み交わしている中、ただそれを眺める。


ビール飲めないことを今日ほど切なく思ったことはなかった(苦笑)。


そして店の人も、「なんでこの人ココに来たの?」と思っていたことだろう。













■ベルジアンビールカフェ「アントワープセントラル」
http://www.belgianbeercafe.jp/















■今日のカメ

■「アントワープセントラル」
f0232060_16344138.jpg東京駅から徒歩5分ほど。

東京国際フォーラムがある目の前。東京ビル「TOKIKA」の地下1階です。







■店内の様子
f0232060_16372372.jpg店内はクラッシックな感じで、内装も凝ってます。ディズニーランドの園内レストランに来たような感じ。

席数はかなりあり、外にもテーブルがあります。






■ビールメニュー
f0232060_1639913.jpgビールメニューのほんの一部。すごい種類のビールが揃っています。









■スタッフがついでくれます。
f0232060_16403298.jpgすごく長い試験管のようなグラスが登場。










■長い!!
f0232060_16412629.jpg「Kwak (クワック)」というベルギービールだそうです。

木の枠を持ちながら、長いグラスを抱えて飲みます。










■ベルジアンフライドポテト
f0232060_16435322.jpgアントワープの料理は、ボリュームもあり、種類も豊富です。

厚みあって、芋の味がしっかりするポテトでしたが、「ベルジアン」の特別感はあまりありませんでした(笑)。普通に美味しいポテトかな。





■アボカドタルタル
f0232060_1646956.jpg「桜チップで燻製した尾鷲マグロとアボカドのタルタル仕立て いろんな香草のタルタルソースで」です。

かなりディルの風味がきいているタルタルサラダ。






■ベルギー定番料理
f0232060_16481443.jpgベルギーの定番煮込み料理「カルボナードフラマンド」です。

牛のベルギービール煮込みです。







■ビール煮、アップ
f0232060_165034.jpgビールでトロトロに煮込まれているのですが、味付けがシンプルのため、ちょっと牛の血の味がします。好き嫌いが出るかも。








■黒ビール
f0232060_16513795.jpgベルギーの黒ビール。名前は失念。










■チキンナゲット
f0232060_16522278.jpgいわゆるジャンクなチキンナゲットを期待して頼んだのですが、しっかりとしたのが出てきてしまった(苦笑)。

味が薄く、ちょっと身が硬かったかな。






■アイスの盛り合わせ
f0232060_1653412.jpg手前から、シナモン、ホワイトチョコ、ハニージンジャーという珍しい組み合わせのアイス。









■紅茶
f0232060_16544697.jpgビール専門店で紅茶飲む。
by meshi-quest | 2012-03-31 16:57 | 東京


夜、ムームー森川さん&シライシちゃんと一緒に、


西荻窪にあるネパールカレー屋さん「sajilo clove サジロクローブ」へ。










あまりにサジロのカレーが好きすぎて、


知り合いに布教活動をしてみた(笑)。












どれも美味しい!と大好評で良かった。


特に、チーズナンが気に入ってもらえたようだ。


私もこれが大好きだ。










この後、シライシちゃんは、友達を連れて


また食べに来てくれたらしく、嬉しいかぎり。


布教活動はまずまず成功だw。












■Sajilo clove
http://sajilocafe.jp/














■今日のカメ

■店内の様子①
f0232060_168458.jpg閉店ギリギリだったので、空いてました。










■店内の様子②
f0232060_1685118.jpgカウンターはこんな感じ。キッチンの目の前。










■ラッシー
f0232060_16101074.jpgサジロのラッシーは、甘すぎず、ちょうどいい。










■アチャール
f0232060_16104868.jpgインドの漬物。

サジロにはだいぶ長らく通っているが、初めて食べた(笑)。
たまに違う人と食事をすると、ワンパターンからの脱却というか、新しい発見ができるので楽しい。





■レンズ豆のカレー
f0232060_16124289.jpgこれも初めて食べたw。

とても香ばしいいい香りのする豆カレー。








■チキンカレー
f0232060_16133025.jpgこれは、いつもの。
いつものように美味しい。









■チーズナン
f0232060_1614247.jpgトロトロのチーズがたっぷり入ったチーズナン。絶品。みんなにも大好評でした。









■デザート
f0232060_16151833.jpgナンの中にシナモンたっぷりのペーストが挟まっているデザートナン。

かなりシナモンがきいている。甘くて美味しい。







■森川さん&シライシちゃん
f0232060_16163086.jpg実は、3人でタイ料理を食べてきた後の2軒目でサジロに来ていますw。

またグルメツアーしましょう!
by meshi-quest | 2012-03-31 16:21 | 西荻窪


西荻窪にある大好きなネパールカレー屋さん、


「sajilo clove サジロクローブ」へ。










今までは吉祥寺にしかなかったので


距離的な問題で自制できていたが、


西荻窪にできてからは、独壇場。行きたい放題になった。












最近、ホント、サジロばっか行ってる。


カレーばかり食べてる(笑)。











■Sajilo clove
http://sajilocafe.jp/














■今日のカメ

■ランチセット
f0232060_15483197.jpgランチセットのサラダとラッシー。










■Bセット
f0232060_1550177.jpgランチは、A(カレー1種)と、B(カレー2種)の2つあります。私は、もちろん2種カレー。

サフランライス以外に、ナンも選べます。







■カレーアップ
f0232060_15511374.jpgカレーは数種から選べますが、私はワンパターンなので、ほぼチキン(左)&ベジタブル(右)の組み合わせ。

サジロのカレーは、全く辛くなく、とてもやさしい味。子供でも食べれます。うまい!!





■チーズナン
f0232060_15532984.jpgサジロ特製の絶品チーズナン。別注。

何回か、ここメシクエでも書いてますが、私にとって「ナン」はおやつなので(苦笑)、あくまでカレーはライスで食べて、ナンはおやつのようにつまみます。





■マトンカレー
f0232060_1555431.jpgこれは別のセットで、大根とチキン(左)とマトンカレー(右)です。

サジロのカレーは辛くないので、辛いのをお好みの人は、スタッフに言うとチリを別皿で用意してくれます。





■ランチナン
f0232060_15563349.jpgランチのプレーンナン。

タンドール(円形の焼窯)で1枚1枚丁寧に焼いてくれます。ほんのり甘くて、とても美味しい。
by meshi-quest | 2012-03-31 15:59 | 西荻窪


銀座のコリドー街にあるワインバー「stock ストック」へ。










カウンターメインの小さなお店だが、夜遅くまで、


フレンチやイタリアンを取り入れた創作料理やデザートが食べれる。











いつも常連さんで賑わっており、この日もほぼ満席。













■銀座「ストック」
http://www.ginzastock.jp/















■今日のカメ

■銀座「ストック」
f0232060_15312581.jpg銀座駅から地下道通って、徒歩5分ほど。コリドー街の中にあります。









■店内の様子
f0232060_15325512.jpgカウンターがメインで、奥にテーブル数席。小さめの店内です。









■カシスオレンジ
f0232060_1534140.jpg前の店で飲んでいたので、かわいらしくカシスオレンジで(笑)。

カシスオレンジ程度だと、ジュースにしか感じぬ。







■自家製リエット
f0232060_15354876.jpg奥にある白いものが、自家製リエット。豚のリエットの上にクリームが乗っています。バケット付き。









■3種のポテトフライ
f0232060_15371078.jpg「インカのめざめ」「金時芋」「北あかり」の3種のポテトフライ。









■キノコのトマトクリームパスタ
f0232060_15383926.jpgエリンギやしめじがたっぷり入ったトマトクリームパスタ。

ガーリックがきいていて、美味しかった!
by meshi-quest | 2012-03-31 15:39 | 銀座


ご招待いただき、赤坂にある日本料理店「かさね」へ。











ここは、宮崎郷土料理を主体とした、季節の日本食が楽しめるお店。


農林水産省が行っている料理人顕彰制度「料理マスターズ」にも選ばれ、


ミシュラン1ツ星も獲得している。












大将の柏田さんや女将さんをはじめ、スタッフの皆さんがとても親切で、


有名店でありながら、家にいるかのようにくつろげる。











料理は、季節の野菜や魚を使った日本食。


見た目にも華やかで、丁寧に作られていた。












大将の柏田さんが宮崎郷土料理店で修業をされていたそうで、


〆のご飯に宮崎郷土料理の「冷汁」が出る。


今まで、あまり美味しい冷汁を食べたことがなく、いい印象がなかったのだが、


「かさね」さんでいただいた冷汁はとても美味しかった。












■「かさね」
http://kasanetokyoakasaka.com/















■今日のカメ

■「かさね」
f0232060_17223519.jpg東京メトロ赤坂見附駅から徒歩5分ほど。

TBSにほど近い飲食店ビルの3階にあります。








■店内の様子
f0232060_17244748.jpgカウンターと、奥に小上がりの個室が2つで、席数は少なめです。

静かにゆっくりと食事が楽しめます。







■個室の様子
f0232060_1726185.jpg今日は、お座敷の個室で。










■食前酒
f0232060_1727257.jpgまずは、食前に少量の梅酒を。

懐石コースのみ。料理やお酒は、すべてお店のお任せ。







■「大那(だいな)」
f0232060_17304085.jpg栃木県の地酒「大那(だいな)」。スッキリ辛口。










■迷っちゃう。
f0232060_1731384.jpg色鮮やかな冷酒グラスが登場。お好きなモノを。迷うw。









■1品目
f0232060_17323240.jpgそら豆を素焼きにしたもの。

その横は、柳カレイを炙ったもの。








■2品目
f0232060_17342841.jpg春らしい、カラフルなお料理が登場。

野菜と魚介類の和風マリネです。








■マリネ、アップ
f0232060_17354056.jpg黄緑のきれいな葉は「うるい」、魚介はホタルイカや青柳など。

柑橘系の風味と、ほど良い酸味で、とてもさっぱりとしたお料理。






■3品目
f0232060_17372383.jpg鮨と、ぽん酢がかかった生魚が登場。










■鮨、アップ
f0232060_17382930.jpg「さごし」(さわらの子)を使ったお鮨。

香り良く、意外とさっぱりしている。








■生魚、アップ
f0232060_17395197.jpg「のれそれ」(穴子の子)です。持ち上げると、長細い魚で、穴子っぽい。

臭みなどはなく、ところてんを食べているかのよう。






■「天青(てんせい)」
f0232060_17423050.jpg湘南茅ヶ崎の地酒「天青(てんせい)」。










■朝絞り!?
f0232060_1743407.jpg今日絞って、今日届いたというお酒。

朝絞りの日本酒なんて、初めて飲みました。牛乳みたいだw。







■4品目
f0232060_17451141.jpg生岩ガキ、登場。

私はカキが苦手で食べれないので、写真だけ・・・(苦笑)。







■カキ、アップ
f0232060_1746630.jpgカキの中はこんな感じ。・・・これも写真だけ撮らせてもらいました。









■代打
f0232060_17464994.jpgカキが食べれない私に、代わりに用意してくださった白魚の天ぷら。サクッとしていて、美味しい!









■5品目
f0232060_17481558.jpg新たまねぎのすり流し。

ほのかに玉ねぎの香りと甘味があり、とてもやさしい味。美味しい!







■6品目
f0232060_17492826.jpgお造りの登場。










■お造り、アップ
f0232060_17502713.jpg手前の「はらじ」(カジキマグロの腹の部分)は、とっても脂が乗っていて、美味しかった。

その他、たいら貝、たいら貝の紐。野菜は、つぼみ菜。






■さより
f0232060_17524532.jpg旬のさよりも。










■7品目
f0232060_17533982.jpg白いお椀、登場。










■お椀、アップ
f0232060_17541942.jpgたけのことわかめの炊き合わせ。

ちょっとこれは塩味が強く、たけのこやわかめの風味が薄れていたのがもったいなかったかな。







■8品目
f0232060_17554765.jpgドーンと横たわっているのは亀戸大根。大根は、特製肉味噌を付けて。上は、山菜のてんぷら。









■「而今(じこん)」
f0232060_1759081.jpg「今の一瞬」という意味をもつ、三重県の日本酒。










■また、迷うw
f0232060_180447.jpg毎度おちょこ選びに悩む。

食器は大事。食器ひとつで、味が変わる。今の気分に合わせて、一番良いもので、良い酒を飲む贅沢。







■9品目
f0232060_1821426.jpgカキで出汁を取っているという「かさね」特製の冷汁。

カキ嫌いの私でも食べれる、とてもやさしくて美味しい出汁。初めて、冷汁を美味しいと思った。






■「花たれ原酒 星のなる木」
f0232060_1841337.jpg珍しいお酒があると、大将が持ってきてくれた「星のなる木」。

天皇皇后両陛下にも献上されたという最高品質の芋焼酎。香りはとてもいいが、かなり強い。






■果物
f0232060_1862574.jpg宮崎名産「日向夏」ときんかん。

日向夏は、白い皮の部分も美味しく食べれる珍しい柑橘。「知らなくて、白い皮残しちゃう人多いんです・・・」と大将が嘆いていましたw。






■デザート
f0232060_1874890.jpg手作りの抹茶寒に、ミルクとあずきの入った和風デザート。甘さ控えめで、すごく美味しい。









■柏田さん
f0232060_1885877.jpgとてもきさくで、やさしい大将の柏田さん。

またぜひ伺わせていただきます!


六本木の裏路地にある農園レストラン「六本木農園」へ。











六本木のど真ん中に突如現れる菜園。


「ここ、六本木!?」と驚いてしまう、ほのぼのとした空間。











「六本木農園」は、


農業を愛し、農業を真剣に考える人たちで作られた農園レストランだ。












店内には、通常のテーブル席の他、「YARD」と呼ばれる中庭のような場所もあり、


実際野菜を育てている「FARM」と呼ばれる菜園もある。


農業を中心とした各種イベントも積極的に行われている。












料理は、野菜や果物を中心としたものが多いが、


単に健康にいいというだけでなく、味もとても美味しい。


珍しい野菜や果物を使っていて、新たな発見もある。












食べながら、学び、驚き、楽しむ・・・・。


こういうお店が、東京・六本木のど真ん中にあるというのが、またいい。













■「六本木農園」
http://roppongi-nouen.jp/
















■今日のカメ

■「六本木農園」
f0232060_1646987.jpg東京メトロ六本木駅から徒歩3分ほど。

麻布警察署裏の路地にあります。








■店内の様子
f0232060_16473357.jpgレストラン1階のテーブル席の様子。白を基調とした、シンプルで清潔感あるフロア。









■「岩手県 及川さんのリンゴカクテル」

f0232060_16491942.jpgこのカクテル、ホント美味しかった!!お代わりしてしまいました。

リンゴの風味が素晴らしく、ちょっとビックリする。






■「季節の塩麹漬け野菜」
f0232060_16513136.jpg野菜の甘味と塩麹がバランスよく、ついつい箸が伸びてしまうお漬物。









■「メッツゲライ・イケダのグリルソーセージ」

f0232060_1653298.jpg本場ドイツで最高賞を取ったという富山県「「メッツゲライ・イケダ」のソーセージ。

とっても濃厚で、肉が詰まっていて、超ジューシー。うまい!






■「完熟長芋とカマンベールチーズのクレープ包み焼き」

f0232060_16551282.jpgトロトロカマンベールと、ホクホクの長芋をクレープで包んで焼きあげた料理。これも美味しい!









■「みやじ豚の塩麹ロースト」
f0232060_16564549.jpg神奈川県産のブランド豚「みやじ豚」を使ったロースト。

塩麹ですでに下味が付いているが、お好みでお塩を。






■みやじ豚、アップ
f0232060_1658998.jpgとてもやわらかく、ジューシーなみやじ豚。香りもいい。









■「冬大根と紀州うめどりのぽかぽか雪見鍋」

f0232060_16591632.jpgすりおろした冬大根と、和歌山県産「紀州うめどり」を使った雪見鍋。









■煮えました!
f0232060_1702236.jpg大根たっぷりで、ヘルシーなお鍋。










■ぽん酢をかけて。
f0232060_1713445.jpg冬大根ということで、甘味があるかと思ったのですが、残念ながらちょっと辛かった。









■「FARM」の様子
f0232060_172716.jpgレストランに併設されているビニルハウス「FARM」。中では実際野菜が育てられています。









■「YARD」の様子①
f0232060_1731570.jpg中庭に、個室が点在しており、プライベートを満喫できる。

広さもあるので、立食パーティーや、餅つきイベント、BBQなどもできるそう。






■「YARD」の様子②
f0232060_1745096.jpg中庭にある、大人数用のドーム型個室。ここが六本木であることを忘れてしまいそう。


調布にある博多料理店「なべ英」へ。











もつ鍋を食べに、電車乗り継ぎ、調布へ。


家からだいぶ遠いんだが、ここのもつ鍋はわざわざ食べに行く価値がある。












もつ鍋って、色んなお店がやっているが、


「おお!うまい!!」と思えるもつ鍋出してくる店は少ないんだよなあ・・・。













■「博多 なべ英」
http://r.gnavi.co.jp/e923800/














■今日のカメ

■「博多 なべ英」
f0232060_15404059.jpg京王線調布駅から徒歩5分ほど。天神通り商店街の中にあります。









■店内の様子
f0232060_1544917.jpg1階はカウンター、2階に小上がりとテーブル席があります。









■お通し
f0232060_16135124.jpg大根とさつまあげのおでんがお通し。味が染みていて、これだけでも満足。









■鳥皮餃子
f0232060_1620481.jpg来たら必ず頼む鳥皮餃子。










■餃子、アップ
f0232060_16215683.jpg外はカリッと、中はジューシー。鳥皮の濃厚な味と餃子がとっても合っていて、うまい!









■茶豆
f0232060_16223959.jpg甘味がある茶豆。










■馬刺し
f0232060_16232392.jpg馬肉料理も充実しています。










■馬刺し、アップ
f0232060_1624244.jpg臭みはなく、ほど良く脂も乗っていて、とても美味しい。









■もつ鍋、登場!
f0232060_162528.jpg野菜も、もつもたっぷりのもつ鍋登場。










■煮えました。
f0232060_16255626.jpgとんこつ醤油味。スープがとっても美味しいなべ英のもつ鍋。









■大きい!
f0232060_16271481.jpgもつも臭みは全くなく、やわらかく、こんなに大きい。









■骨付き唐揚げ
f0232060_16284683.jpg博多地鶏を使った骨付き唐揚げ。

特製ダレに漬け込んだ鳥を揚げているのですが、ちょっとタレが濃いかな。







■馬肉ユッケ
f0232060_16301760.jpg馬肉を使ったユッケ。肉はとっても美味しいのですが、これもちょっとタレが濃かったかな。


麻布十番にあるお気に入りのカウンターフレンチ、


「カラペティバトゥバ!」へ。










季節の食材をふんだんに取り入れた料理はどれも美味しいのだが、


食事をしなくても、ちょっと立ち寄って、ワインを飲むにもとても良いお店。












今日は、2軒目だったので、ワインとチーズだけで。


・・・のつもりが、結局、デザートまでいただいた。












■「Quand l'appetit va tout va! カラペティバトゥバ」
http://www5.ocn.ne.jp/~quand/















■今日のカメ


■ゲヴェルツトラミネール ドメーヌトラペ

f0232060_14215391.jpgあると必ず飲む、大好きな白ワイン。

ワイン名を全く覚えない私が暗記をした唯一のワイン(笑)。







■早速、赤に。
f0232060_14231284.jpgサクッとゲヴェルツトラミネールを飲み終えてしまったので、赤に。









■チーズ
f0232060_14242538.jpg赤を頼んだ理由は、ひとえにチーズが食べたかったから。ワインにチーズは最高。ウォッシュチーズ、うまい!








■ブランマンジェ
f0232060_14254866.jpgココナッツミルクのシンプルなブランマンジェ。真っ白。甘さ控えめで、ちょうどいい。









■紅茶
f0232060_1426427.jpg〆のアールグレイ。
深夜まで美味しいデザートと紅茶が飲める場所も貴重。


気仙沼から帰ってくる新幹線の中で、色々考えていた。











今日見たこと、聞いたこと、感じたこと・・・


色んなことを整理しようとしていた。











東京に近付くに連れ、窓からネオンの明かりが増え、


人が増え、会話も増え、正直ほっとしてしまった自分がいた。











見てきたものがあまりにもすごくて、


あまりにも自分がいる東京と違っていたので、脳が処理できなかった。


浦島太郎になってしまったような錯覚を覚えた。












東京に帰ってきて、自宅のPCで写真を整理しながら、


つたない文章ではあるが、ニュースとは違った目線で


今の気仙沼の様子を伝えられたら・・・と思い、書いている。











最後、ちゃんと自分なりのまとめを書こうと思ったのだが、


何日経っても、書きたいことが書けなかった。


文章が途中で途切れたまま、何日も経ってしまった。











「被災地・気仙沼へ行く」編は、これで最後だが、


やっぱりまとめは書けなかった。


自分の中でまとまってないものは書けない。


カッコつけたくもないが、情けないことも書きたくない。













今回は、見たこと、聞いたこと、感じたことだけ書き記す。


それを見ていただき、少しでも何か考えるきっかけの


1つになってもらえれば、幸いだ。












いつの日か、自分の考えがまとまったら、今日の続きを書こうと思う。
















■今日のカメ

■「すし屋の泰平」
f0232060_18521198.jpg夕食は、気仙沼中心部にある「すし屋の泰平」へ。

このあたりは、魚民、ケーキ屋、焼肉屋、洋食屋など色んな飲食店が密集しています。







■店内の様子
f0232060_18535748.jpgご夫婦でやられているようです。

カウンター、テーブル、小上がりと、広めの店内で、地元の人で賑わっていました。







■特上にぎり①
f0232060_1856344.jpg全10貫の特上にぎり。

にぎりは食べるペースに合わせて2貫づつ出てきます。これは、鯛とまぐろ。







■特上にぎり②
f0232060_18582210.jpg中トロとあわび。










■特上にぎり③
f0232060_18593314.jpg赤貝と海老。










■特上にぎり④
f0232060_1902158.jpgたまごとあなご。










■特上にぎり⑤
f0232060_190574.jpgホントは、ウニといくらでしたが、いくらが苦手なので、カニで代用。









■お味噌汁
f0232060_1914174.jpg海老の頭で出汁を取っているお味噌汁。










■葱タコ
f0232060_1922829.jpgタコの刺身にネギとわさび醤油がかかっているシンプルなおつまみですが、タコが甘くて、美味しかったです。








■夜食
f0232060_1935139.jpgまた食べたのか!というツッコミは無しで(笑)。

ちょっと早めの夕食だったので、新幹線の中で夜食を。







■まずい・・・(泣)
f0232060_1952818.jpg見た目もひどいが、味もひどかった。まずいです、正直言って。

行きの新幹線で、これとほぼ同じ値段で、数倍美味しい駅弁を食べていただけに、泣きそう。






■お土産①
f0232060_1974410.jpg「さかなの駅」で買ってきた「鮭ほぐし」。

そのままご飯のお供でも美味しいですが、酢飯を作って、そこに塩もみしたきゅうりと合えると、見た目にもキレイな簡単ちらし寿司ができます。






■お土産②
f0232060_19103698.jpg「さかなの駅」で買った、生めかぶ。

みじん切りになっていて、そのまま食べたり、豆腐にかけたり、お味噌汁に入れたり・・・。







■お土産③
f0232060_19115449.jpg「さかなの駅」で買った、気仙沼の有名なお土産「金のさんま」。

さんまをご飯に合うような醤油ベースのタレで、やわらかく煮付けたもの。






■お土産④
f0232060_19134859.jpg「さかなの駅」で買った、気仙沼のソウルフード「気仙沼パン工房のパン」。

コンビニでお馴染みのヤマザキのコッペパンよりもやわらかくて、甘味があり、子供が喜びそうな味。素朴な菓子パンで、美味しい。





■お土産⑤
f0232060_19165849.jpgかまぼこ店「いちまる」で買った、鯛のかまぼこ。

かわいいので、切るのがもったいないw。








■お土産⑥
f0232060_1910621.jpg同じく「いちまる」で買った、笹かまぼこ。ふっくらしていて、美味しい。









■お土産⑦
f0232060_19193682.jpg同じく「いちまる」の「つみれ揚げ」。練り製品、大好き。









■絵葉書
f0232060_19203684.jpg南町紫市場の「あさひ鮨」でもらった絵葉書。

大将が震災前の美しい気仙沼を描いたものだそうで、お客さん全員にプレセントをしていました。
by meshi-quest | 2012-03-17 19:27 | 旅行_国内


気仙沼きっての景勝地「岩井崎」へ。











気仙沼について最初に思ったことが2つあり、


それは、「ニオイ」と「寒さ」だった。












実際来てみないと、ニュースなんかじゃ知り得ないことがたくさんあったが、


中でもこの2つは、絶対に分からないことだった。












新幹線で一ノ関まで来て、一ノ関に降りたくらいまではまだ良かったが、


気仙沼に着いた途端、カイロを握りしめても効かないほど寒かった。


震災で建物がなくなり、吹きさらしの状態になっていることも大きいが、


それにしても、東北の冬は寒い。











岩井崎付近は、特に強い海風を真っ向から受け、


キンと冷えて、頭が痛くなるほど、寒かった。


変な例えで申し訳ないが、かき氷を一気食べした状態が続いている、


と言えば、分かりやすいだろうか。












震災が起きた3月11日とほぼ同じ日に気仙沼にいて、


こんなに防寒をしても凍える状態なのに、この状態で海水をかぶり、


夜通し、暖房器具もないなか野ざらしになっていた方々を思うと、


本当に心が痛む。












岩井崎が絶景であることは分かったが、


正直、それに浸るどころではなかった。

















■今日のカメ

■岩井崎
f0232060_18213184.jpg気仙沼きっての景勝地「岩井崎」。










■冬の東北
f0232060_18232818.jpg周りに何もなく、吹きっさらしなので、ものすごく寒いです。

曇天で薄暗く、なんだか物悲しい冬の東北。







■波が荒い。
f0232060_18244990.jpgかなり波が荒いです。「ザパーン!」という音が聞こえてくるほど。









■横綱秀ノ山像
f0232060_18261977.jpg気仙沼出身の第九代横綱・秀ノ山雷五郎像。

震災でも倒れず残った。さずが、横綱。











■龍の松
f0232060_1828857.jpg形が龍に似ていることから、「龍の松」と呼ばれている松の木。

観光バスも来ており、皆さん写真を撮られていました。






■海岸の墓石①
f0232060_18301948.jpg岩井崎の近くに、墓石がたくさん積み上げられている場所がありました。









■海岸の墓石②
f0232060_1831483.jpg墓地ではなく、津波で流され、引き取り手が分からない墓石がここに集められています。









■海岸の墓石③
f0232060_18325140.jpg土台がなくなり、上の墓石だけ。

こんなにありますが、これでも誰かが日々取りにきていて、だいぶ減っている、とのこと。







■海岸の墓石④
f0232060_1834168.jpg海岸に沿って、ずらっと並べられた墓石。

引き取り手がすでに亡くなられてしまっていたり、引越していたりして、未だ手つかず。
by meshi-quest | 2012-03-17 18:37 | 旅行_国内
プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ