<   2012年 05月 ( 22 )   > この月の画像一覧



所用の間に、メシクエ取材敢行。











町に詳しい方に教えてもらったおススメのお店「蝉丸」で、昼食。


ノスタルジックな雰囲気の一軒家でいただく、おうちご飯。


2種類のおかずに、手作りのデザートまで出てきて、大満足。











1点だけ難を言えば、出てくるのが遅いこと。


奥様1人で切り盛りされていて、1つ1つ丁寧に手作りなので、


人数が多いと、出てくるまでに時間がかかるようだ。











味はとても美味しかったので、ゆっくり時間がある時に。














■今日のカメ

■「蝉丸」
f0232060_2310452.jpg場所は、中崎町というところの路地裏。知る人ぞ知るような、かなり分かりにくい場所にありました。

大阪の土地勘がないので、行き方分からず・・・。詳しくは、Google先生に聞いてくださいw。






■店内の様子
f0232060_23131152.jpg陽の入り方、ほど良い暗さもいい感じ。誰かのおうちでご飯を食べている気分。









■台所
f0232060_2314872.jpgこちらは、台所とカウンター。










■水差し
f0232060_23145785.jpg昭和な感じの、かわいい水差し。










■桜餅??
f0232060_23172450.jpgテーブルの上にあった桜餅のキャンドル。










■本日の定食
f0232060_23153542.jpg定食メニューは、1種のみ。

2種類のおかずに、小鉢と、ご飯が付きます。








■小鉢、アップ
f0232060_23163919.jpg茄子の揚げびたし。










■おかず①
f0232060_2318288.jpg1つめのおかずは、チキン南蛮。南蛮だれと、タルタルソースがとても良く合っていました。









■おかず②
f0232060_23193618.jpg豚の変わり焼き。自家製のタレにつけて焼いた豚肉。









■デザート
f0232060_23204681.jpgアツアツ、もちもちの手作りみたらし団子。










■快晴!
f0232060_23213016.jpgよく晴れた気持ちのいい日でした!
by meshi-quest | 2012-05-29 23:23 | 旅行_国内


所用で、大阪へ。


新幹線に乗る時に、何と言っても楽しみなのは、駅弁だ。











地方に住む親戚も、友人もほとんどいないし、


仕事で出張することもあまり多くないので、


そこまで駅弁を数多く食したわけではないが、


今まで食べた中では、恵比寿「なすび亭」の駅弁が断トツで美味しかった。












味も良いし、おかずの内容もバランスがいいというのもあるが、


「冷めているのに美味い」、コレが素晴らしい。












せっかくなので、別の駅弁を試してみようと思ったが、


結局、いつものなすび亭を買ってしまった。


東京駅で駅弁買われる時には、ぜひ!













■恵比寿「なすび亭」
http://www.nasubitei.com/














■今日のカメ

■新幹線
f0232060_22401584.jpg新幹線に乗って、新大阪へ。2時間半くらいで大阪まで行けるんだから、便利な世の中だ。









■今日の晩御飯
f0232060_2242268.jpg晩御飯は、恵比寿「なすび亭」の駅弁と、鯖と鮭のミニ押し寿司と、お茶。









■「なすび亭弁当」
f0232060_22435034.jpg特製白味噌ディップでいただく蒸し野菜と、親子丼風のご飯のセット。950円也。









■蒸し野菜、アップ
f0232060_22455641.jpg野菜に甘味があり、自家製の白味噌ディップもとても美味しい。

生野菜だと時間経って、クタッとなってしまうが、蒸し野菜なので、時間経っていても美味しくいただける。





■親子丼、アップ
f0232060_22473376.jpg出汁加減と、ほのかな甘さがちょうどいい親子丼。鶏肉とつくね入り。

冷めてるのに、すごく美味しい。







■「源六すし」
f0232060_22493498.jpg可吉の「源六すし」。小さな鯖と鮭の押し寿司。

初めて買ってみましたが、寿司を巻いているラップのニオイが付いていて、イマイチでした。







■吉野「柿の葉寿司」
f0232060_22514457.jpgこれは帰りの新幹線にて。

選ぶ時間がなかったので、安牌の柿の葉寿司で。ただし、奈良の駅弁w。







■中はこんな感じ
f0232060_22531716.jpg1つ1つ柿の葉にくるまれています。鯖と鮭の計10個入り。









■鯖、アップ
f0232060_22543367.jpg柿の葉のいい香り。防腐剤の役目も。

行きの押し寿司よりは美味しかった。








■「鶏太郎」
f0232060_2256205.jpg新大阪の駅地下で、注文してから温かいご飯を詰めて作ってくれる駅弁屋。

少しおすそわけしていただきました。







■中はこんな感じ
f0232060_22572111.jpg出来たてご飯なので、温かい。普通にお弁当。
by meshi-quest | 2012-05-29 23:00 | 旅行_国内


銀座・帝国ホテルにあるフレンチレストラン、


「レ セゾン」へ。










前回初めて伺った時に、あまりに美味しくて驚き


またぜひ伺いたいと思っていたのだが、


今回ちょうど旬のホワイトアスパラガスが入荷した連絡を受け、


再訪させていただくことにした。












この日は、エグゼクティブシェフのティエリー・ヴォワザン氏もいらっしゃり、


メニューにない特別料理なども披露していただけた。












なんとも贅沢で、思い出に残る幸せな一日だった。












■「レ セゾン」
http://www.imperialhotel.co.jp/j/tokyo/restaurant/5















■今日のカメ

■「レ セゾン」
f0232060_0501982.jpg銀座帝国ホテル本館中2階にある、帝国ホテルの顔とも言えるメインレストラン。

本日は、個室の団体客が多く、メインフロアのテーブルは割と空きがありました。






■テーブルセット
f0232060_0522818.jpgテーブルはこんな感じ。










■まずは、白。
f0232060_0531129.jpg最初は、グラスの白から。ソムリエさんに華やかでフルーティーな白を選んでもらいました。









■アミューズ①
f0232060_0544587.jpg一口でいただく、クリームコロッケ。










■アミューズ②
f0232060_0552154.jpgセロリのジュレと甘海老のアミューズ。










■自家製パン
f0232060_0572021.jpg香りの良い胡麻のパン(右)と、バケット。焼き立てでアツアツ。

帝国ホテルの濃厚バターと共に。







■1品目
f0232060_058248.jpg1品目からメニューにない、シェフのスペシャル料理。

フランスの契約農家から直輸入しているというホワイトアスパラ。国産と違って、大きいのなんのって。





■ソースをかけて・・・
f0232060_0595766.jpgホワイトアスパラガスの上に、卵黄、生クリーム、香草などで作ったオリジナルクリーミーソースをかけてもらいます。








■ホワイトアスパラ、最高!
f0232060_11132.jpgやわらかくて香り良いホワイトアスパラガスに、濃厚なのにアスパラの香りを消さない絶妙なクリームソース。絶品。

日本にいながら、本場フランスのアスパラガスと、本場の味が楽しめるのは、本当に幸せ。





■2品目
f0232060_133553.jpgクロッシュ(銀色のドーム型の蓋)が登場。

香り維持と保温のためであるが、演出的にもワクワクできて、クロッシュはなんか楽しい。何か出るかなー。






■ホワイトスープ
f0232060_154018.jpgこれもメニューにない、ホワイトアスパラガスの温かいスープ。

まろやか。そして、香りがたまらない。絶品。
ちなみに、お皿の端に乗っているのは、ホワイトアスパラを薄く切って、軽く香草でマリネしたもの。





■パン、追加
f0232060_172727.jpg料理に合わせてパンが変わる。

次の料理がお魚なので、海藻を練りこんだパンが来ました。







■3品目
f0232060_195251.jpg「舌平目を骨付きのままソレして 生姜バターと新人参のコンディマンテ」という料理。

実は、前回行った時も同じものをいただいたが、あまりに美味しくてまた頼んでしまった一品。自分のワンパターンさに笑ってしまうw。





■舌平目、アップ
f0232060_1124740.jpgこの舌平目、ホント美味しいです。なんだか泣けてくる。

生姜バター風味が平目にすごく合っていて、もう言うことありません。






■赤に変更。
f0232060_1141463.jpg次の肉料理に合わせて、赤に変更。

ワインはソムリエさんにお任せ。次の肉は、しっかりとした仔鳩なので、重めの赤を。







■4品目
f0232060_1152076.jpg「仔鳩とフォアグラのバロティーヌ トリュフ風味を葱のピュレに重ねて 腿肉の小さなパテ」という料理です。








■仔鳩、アップ
f0232060_117242.jpg「バロティーヌ」とは、骨を取ったトリ肉で具材を包むこと。

フォアグラとトリュフでキレイに仔鳩が包まれています。肉自体には鳩の濃厚さがありますが、全体的には意外とさっぱりしていて、食べやすい一品。

クラッシックなスタイルの仔鳩料理で、盛り付けもわざとクラッシックにこだわっているそうです。



■腿肉、アップ
f0232060_1214547.jpg鳩の腿肉をパテにして、ココアパウダーをまぶしたもの。









■グラニテ
f0232060_1244171.jpg口直し。
ライチのシャーベット(奥)と、梅風味の白玉にチョコが入ったデザート(手前)。








■デザート
f0232060_126866.jpg「シャンパーニュジュレの上にフロマージュ・ブランのムースとエキゾチックフルーツを重ねて ライチの雲」というデザート。

まるで、目玉焼き!
・・・と思っていたら、やっぱりパティシエの遊び心で、目玉焼きを模したのだそう。




■目玉焼き、アップ
f0232060_1282668.jpgエキゾチックフルーツが入っている黄身の部分は、本当に黄身のように膜が張られていて、スプーンで壊すと、黄身が出てくるかのように、黄色いフルーツの汁があふれ出てきます。

味はさっぱりしていて食後にちょうどいい。南国のフルーツのいい香り。




■アールグレイ
f0232060_1315589.jpg食後の紅茶。










■小菓子
f0232060_1323398.jpgチョコやヌガーなどの小菓子。










■ティエリー・ヴォワザン氏
f0232060_133282.jpgフランス、シャンパーニュ地方にある有名な3ツ星レストラン「レ クレイエール」でシェフを務めていたティエリー・ヴォワザン氏。

気さくで、とても良い方でした。
by meshi-quest | 2012-05-27 01:40 | 銀座


友達から美味しいお蕎麦が食べれるお店があると紹介され、


新宿御苑にある蕎麦割烹「御苑前 せお」へ。











この日は、ランチ訪問。


せっかくなので、先付けから椀物、お造り、蕎麦まで出るコースをいただいた。











コースの料理は、どれもホント美味しかった。


ボリュームもあって、満足できる内容だった。


以前は蕎麦屋さんだったようで、


〆のお蕎麦もつゆと蕎麦のバランスが良く、美味しかった。












今度はぜひ夜にお伺いしてみようと思う。












■「御苑前 せお」
http://gyoenmae-seo.com/















■今日のカメ

■「御苑前 せお」
f0232060_15331690.jpg東京メトロ新宿御苑前駅から徒歩3分ほど。

新宿通りから1本奥に入った路地にあります。








■店内の様子
f0232060_15342665.jpgカウンター7席、テーブル1席、個室1室ほどの小さな店内です。









■先付
f0232060_15361642.jpgランチコース3500円の先付3品。キレイな器に入っています。

ランチコースは前日までに要予約。







■じゅんさい、アップ
f0232060_15374781.jpg軽く酸味のあるやさしいタレがかかっているじゅんさい。









■湯葉、アップ
f0232060_15383149.jpgこの湯葉が、ビックリするくらい美味しかった。今まで食べた中で、一番美味しかったかも。

野菜は、姫筍と、加賀野菜の金時草。







■ホタテ、アップ
f0232060_15404574.jpgホタテ、あおやぎ、こごみに酢味噌をかけたもの。さっぱりしていて、これも美味しい。









■お椀
f0232060_15413532.jpg続いてお椀、登場。










■中はこんな感じ
f0232060_15422269.jpg野菜たっぷりの海老しんじょうのお椀です。










■海老しんじょう、アップ
f0232060_15432738.jpg海老しんじょう、黄ニラ、
うるいのお椀。やさしい出汁。美味しい!









■蓋もキレイ
f0232060_15443641.jpgお椀の蓋の裏も、こんなに凝っています。

和食って、料理だけでなく、器も楽しめるので、いい。







■お造り
f0232060_15454879.jpg青森県産の平目のお造りです。










■平目、アップ
f0232060_15462928.jpg甘味あり、歯ごたえあり、美味しい平目でした。










■煮物
f0232060_15471964.jpg再び、お椀登場。










■すり身、アップ
f0232060_1548644.jpg金目鯛と蓮根のすり身です。

濃いめの出汁をきかせたあんかけが、シャキシャキした蓮根の歯ごたえあるすり身と合っていました。美味しい!






■せいろ
f0232060_15493110.jpg〆はせいろの蕎麦。










■蕎麦、アップ
f0232060_15501079.jpg茨城県猿島の十割蕎麦。いい香りがします。










■蕎麦湯
f0232060_1551163.jpg山芋すったかのようなトロトロ。これ、蕎麦湯です。

通常の蕎麦湯は、蕎麦を茹でたお湯ですが、「十割の美味しさを・・・」と蕎麦を作る際に出る端の部分でわざわざ蕎麦湯を作っているそうです。この蕎麦湯が絶品でした。




■あんみつ
f0232060_15525978.jpgお土産用に販売もしている自家製のあんみつ。

あんみつ食べたの、何十年ぶりだろう・・・。
by meshi-quest | 2012-05-26 15:54 | 新宿


数ヶ月に1度の恒例イベント。


仲良しの美容室の看板娘「さっちゃん」(メス、フレンチブル)に会いに行く。











本当は、集中トリートメントをしてもらうために行くのだが、


何よりもさっちゃんに会えるのが楽しみで仕方がない。











最初はお店の隅で寝転がっていたさっちゃんだが、


顔を見るなり、一気に駆け寄ってきてくれた。


そして、トリートメントが終わるまでの間、終始そばにいて、


最後は私の腕の中で昼寝をしていた(笑)。












超かわいい、さっちゃん。
















■今日のカメ

■高円寺「ALLETA」
f0232060_13283827.jpgいつもお世話になっている高円寺の「ALLETA アレッタ」さん。









■John Masters Organics
f0232060_13294739.jpgALLTAのヘアメークアーティストであるtomoさんは、なんとJohn Masters第一回目公式認定試験の首席。

今や大人気で色んなお店で見かけるようになったJohn Mastersですが、私は最初にここで知りました。




■看板娘「さっちゃん」
f0232060_13333414.jpg外はだいぶ暖かいのですが、常に温めてないと冷えちゃうらしいですw。









■おもちゃ持ってきた
f0232060_13341666.jpg黄色のぬいぐるみがお気に入りのようで、「一緒に遊ぼう!」とおもちゃを持ってきたさっちゃん。









■ぬいぐるみにご執心
f0232060_1337721.jpgずっとガフガフ言いながら、ぬいぐるみで遊んでましたw。









■一緒にきたさっちゃん
f0232060_13381640.jpg順番が来たので、鏡の前のイスに移動したら、一緒にさっちゃんもやってきた。









■昼寝中
f0232060_13392254.jpgここからは終始腕の中で昼寝(笑)。










■ベッドでも昼寝
f0232060_13401218.jpg帰る時は、自分のベッドに戻って昼寝のさっちゃん。
by meshi-quest | 2012-05-26 13:41 | 高円寺


同じチームに所属していた同僚が退職することになり、


チームで簡単な送別会をすることになった。












私が飯にうるさいので(笑)、


上司がとっておきの場所を予約してくれていて、


新宿西口にある「酒処 吉本」へ。













日本酒の種類がとにかく豊富で、


保存状態もとても良く、非常に美味しかった。


お酒もさることながら、お酒に合わせた料理がホント美味しく、


前菜、煮魚、焼魚、煮物、天ぷら、どれも外れがなかった。











信州料理店でもあるようで、くるみや野沢菜を使った料理、


長野の郷土料理なども多数あった。













ちなみに、日本酒好きには有名なお店だそうで、


Twitterからも何点か料理写真をアップしていたが、


知り合いのシェフや友人から、「吉本さん?」と返信がきていた。












本当に美味しかった。


またぜひお伺いしたいと思う。












■「酒処 吉本」
http://www.ooyoshimoto.com/















■今日のカメ

■店内の様子
f0232060_1324286.jpgJR新宿駅から徒歩5分ほど。西口電器街にある、牛丼「松屋」が1階に入っているビルの3階です。

カウンターとテーブル数席。小さな店内。いいお酒、いい料理なので、若干年齢層高めのサラリーマンがメイン。





■お通し
f0232060_12424723.jpgお通しは、山芋豆腐。

やさしくて、繊細な味の出汁がかかっており、お通しからして絶品でした。手前にはじゅんさいも。







■かりん酒
f0232060_12444339.jpgゆず酒がなかったので、自家製というかりん酒を。

久しぶりに飲んだなあ、かりん酒。








■きゅうりと茗荷
f0232060_12471192.jpgきゅうりと茗荷とイカをさっぱりと和えたもの。やさしい塩味。箸が止まらない。









■日本酒にチェンジ
f0232060_12481495.jpgかりん酒がちと甘かったので、早速日本酒へ。

山口「獺祭 磨き三割九分」。
水のように飲みやすいが、保存が悪いところで飲むと美味しくない。ここは、もちろんとても美味しく保存されていました。





■上司は田酒
f0232060_12523455.jpg今回、「吉本」さんを紹介してくれた上司。美味しいお店だった。感謝!









■刺身盛り合わせ
f0232060_12534617.jpgマグロ、平目、鯛など、本日のお刺身盛り合わせ。










■自家製さつま揚げ
f0232060_1255239.jpg人参やごぼうなど、具だくさんの自家製さつま揚げ。揚げたてでアツアツ。うまい!









■孟宗汁
f0232060_12561454.jpg孟宗竹の子、豚肉、まいたけなどの具に、味噌と酒粕で味付けした汁物。

これが粕の風味のバランスが良く、竹の子もやわらかく、めちゃくちゃ美味しかった。






■季節の天ぷら
f0232060_12574556.jpgタラの芽など、山菜をふんだんに使った天ぷら。サクサク。抹茶塩で。









■小布施ワイナリーの日本酒
f0232060_12594158.jpgコルク栓にワインボトル。一見するとワインですが、実は日本酒です。

長野・志賀高原南山麓、小布施ワイナリーで作っている日本酒だそうです。とてもフルーティー。






■きき酒
f0232060_131152.jpgきき酒セットの種類も豊富で、色んな日本酒を試せます。そして、量も多いw。









■煮魚
f0232060_133193.jpg金目鯛の煮付け。

これまた味が絶妙。濃すぎず、薄すぎず、ちょうどいい。







■ハタハタの唐揚げ
f0232060_1342312.jpgこのハタハタがめちゃくちゃ美味しくて、あまり魚の丸揚げは好きじゃないんですが、パクパク食べちゃいました。








■鴨のあぶり
f0232060_136844.jpgこれも、ホント美味しかった、鴨肉。ジューシーでコクがある。









■胡桃和え
f0232060_1372668.jpg信州の郷土料理だそうで、肝心の葉物の名前を忘れてしまいましたが、胡桃和えです。

ほんのり甘い味噌風味で、舐め味噌感覚で酒が進む味です。






■米茄子の田楽
f0232060_13121079.jpg大きな米茄子に味噌がたっぷり。

真ん中はうずらの黄身ですが、田楽に卵は初めて。確かに、まろやかな味になる。







■ハリハリ汁
f0232060_13102521.jpgキノコ、水菜、豚肉、豆腐、ちくわなど、具だくさんのハリハリ汁。

キノコの風味が素晴らしく、醤油ベースのさっぱり汁。〆にちょうどいい。






■酒粕アイス
f0232060_13134414.jpg奈良の春鹿蔵直送「大吟醸酒粕アイス最中」。

思ったより酒粕の味はしなかったのは、相当飲んでたからw?
by meshi-quest | 2012-05-26 13:17 | 新宿
 

阿部寛さん主演のイタリア風呂映画


「テルマエ・ロマエ」を観てきた。











原作の漫画も読ませてもらっていて、すごく好きだったので、


とても楽しみにしていたが、期待を裏切らない内容だった。












ネタばれになるので、ここであえて内容は書かないが、


漫画を読んだことがない人でも十分楽しめる内容になっているので、


ぜひおススメしたい。


久しぶりに、映画で大笑いさせてもらった。











イタリアでも上映が決まったとのことで、


きっとイタリアでもヒットすることだろう。













イタリアの歴史を日本風にアレンジしていたり、


日本独特の銭湯や風呂なども登場するので、


外国人が観ても楽しめる邦画だと思う。











さて、「あるかな~?」と思ったら、ちゃんとありましたよ(笑)。


コレを探してました。











■「テルマエ・ロマエ」
http://www.thermae-romae.jp/index.html














■今日のカメ

■「ルシオスキューピー」
f0232060_1222274.jpg阿部さん演じる主人公「ルシオス」のキューピー。映画「テルマエ・ロマエ」限定品。

ご当地キューピー的には、一応「イタリア・ローマ」ってことでいいのかなw?


六本木・東京ミッドタウン内にある大好きなフレンチ、


「HAL YAMASHITA 東京」へ。











今日は珍しく山下シェフがいらっしゃらなかったので聞いてみたら、


東京スカイツリーのオープンに合わせて、


押上駅近くに新店舗開店の準備をされているとのこと。











新店舗は、押上という土地柄、


ファミリー向けの「家族で食べれるフレンチ」になるらしい。











山下シェフのファミリーフレンチ。


今から、とても楽しみだ。


オープンしたら、ぜひ伺わせていただこうと思う。













■「HAL YAMASHITA 東京」
http://www.hal-yamashita.com/index.php















■今日のカメ

■店内の様子
f0232060_1441100.jpg暖かくなってきたので、テラスのガラスドアを開けて、とても開放的な店内。春風が気持ちいい。









■テーブルセット
f0232060_161210.jpgテーブルセットはこんな感じ。










■イチゴのシャンパンカクテル
f0232060_171140.jpgたっぷりの生イチゴに、シャンパン・・・なのですが、泡モノが飲めないので、代わりに白ワインで。









■イチゴ、アップ
f0232060_1811100.jpgたっぷりイチゴ。
イチゴの香りとお酒がとてもよく合う。









■1品目
f0232060_191619.jpg「黒松」というスペシャルコース。

1品目は、「菜の花とホタルイカの照り焼き 木の芽辛子酢味噌和え」です。







■ホタルイカ、アップ
f0232060_1102538.jpg木の芽が入って緑色になった酢味噌に、甘味あるホタルイカ。









■自家製パン
f0232060_1114984.jpg一口サイズの自家製パン。オリジナルのクリームソースがとにかく美味しくて、パンがすすむ。









■2品目
f0232060_1131825.jpg「八寸 HAL YAMASHITA style」です。










■八寸、アップ
f0232060_1141815.jpg八寸の中でも特に美味しかった白魚の天ぷらと、すり身だんご。

すり身だんごは、山芋、さといも、じゃがいも、エビを練りこんで、団子状にしたもので、ほんのり甘味があり、すごく美味しかった!





■3品目
f0232060_1161374.jpg「本日の鮮魚のカルパッチョ」です。今日は、甘海老と桜鯛。









■4品目
f0232060_118331.jpg本当のメニューは、タスマニア産フレッシュウォーター牡蠣「キャッツアイ」の料理だったのですが、牡蠣が苦手なので、代わりに季節の野菜のテリーヌになりました。







■テリーヌ、アップ
f0232060_1195630.jpg美しいテリーヌ。イクラ付き。










■5品目
f0232060_1211891.jpgどのコースにも入っているHAL YAMASHITAのスペシャリテ。

「特選神戸牛ひうちの生雲丹巻き スモークキャビアを添えて & ハンガリー産フォアグラの日本酒テリーヌ甘海老巻 オーストラリア産無添加白葡萄ジュースを添えて」です。


真ん中のグラスの中が白葡萄ジュースで、フォアグラと一緒に食べながら飲みます。



■神戸牛雲丹巻、アップ
f0232060_125882.jpg言うこと無しで、んまい!

生牛肉×生雲丹×キャビアのドリームチーム。








■フォアグラ、アップ
f0232060_127836.jpgフォアグラも美味しかったですが、ドリンクはジュースより、以前のようにアルコールが入ったモノの方が合うかな








■6品目
f0232060_1302059.jpgこれもHAL YAMASHITAのスペシャリテになりつつある、「岐阜県産有機干椎茸と有機コシヒカリのポタージュ」です。

牛乳は一切使っていないのに、トロトロでホントにポタージュ。椎茸の香りが最高。くどくなく、やさしい味。




■7品目
f0232060_14571.jpg「明石鯛のソテー 春キャベツの酒盗ブルーブランソース」です。









■明石鯛、アップ
f0232060_1472899.jpgカリッとソテーされた白身に、春キャベツの甘味、ソースのコク。美味しい!!









■8品目
f0232060_149613.jpg「別撰 熟成神戸牛の備長炭火焼き 山椒昆布ソースと雲丹ダブルソース 羅臼おぼろを添えて」です。








■神戸牛炭火焼、アップ
f0232060_15155100.jpgジューシーな神戸牛に、トロトロの濃厚雲丹。これはヤバイ!









■烏龍茶
f0232060_1532826.jpgHAL YAMASHITAの烏龍茶は、香りがすごくいい。オリジナルブレンドだそう。









■9品目
f0232060_1545091.jpg〆のご飯。
ご飯は、お寿司か、イベリコ豚ご飯のどちらか選べます。私は、当然寿司をw。

中トロと、穴子と、鯖の押し寿司。






■赤だし
f0232060_1565840.jpg赤だしは、エビの頭からたっぷり出汁を取った濃厚な味。









■アヴァン・デセール
f0232060_1593394.jpg「アヴァン・デセール」(1つめの軽いデザートのこと)は、「自家製練乳掛け博多苺と、マダガスカル天然バニラ使用バニラアイスクリーム」です。








■イチゴ、アップ
f0232060_214638.jpg思ったより、かなりさっぱりしているバニラアイス。イチゴたっぷり。









■自家製練乳
f0232060_225348.jpgこれをかけて食べます。










■グラン・デセール
f0232060_234310.jpg2つめのデザートは、「熟成チーズのベイクドチーズケーキ 冷たい小豆善哉かけ白玉」です。

最後のデザートとしては、見た目も、味も、ちょっとインパクトが弱かったかな。抹茶餡の善哉は少し甘味が強すぎて、ベイクドチーズは逆に香りも味も弱かった。残念。




■ほうじ茶
f0232060_261943.jpg食後のお茶は、日本茶、中国茶、紅茶、ハーブティーなどたくさんの種類から選べるので、お茶好きとしては嬉しい限り。

これは、ほうじ茶。食後にちょうどいい。


西荻窪にある仲良しの肉専門イタリアン、


「trattoria 29 (トラットリア ヴェンティノーヴェ)」へ。











ホワイトアスパラガスの季節がやってきた!


やっほーい。














■「trattoria 29 (トラットリア ヴェンティノーヴェ)」
http://trattoria29.jugem.jp/















■今日のカメ

■店内の様子
f0232060_2363628.jpg今日は、窓側の端の席で。夜のラストオーダーギリギリに滑り込み。









■お通し
f0232060_238185.jpg季節の野菜スティック。
ドレッシングは、オリーブオイルとハーブ塩を自分で調合して。








■「ジーナ風鶏のロースト、サラダ添え」

f0232060_23101687.jpg鶏のムネ肉に、卵焼きとモルタデッラ(ボローニャソーセージ)をくるっと巻いて、スカルモッツアチーズを乗せて焼いたもの。

これは、うまい!!






■鶏、アップ
f0232060_2312620.jpgムネ肉を感じさせないくらいやわらかい。ムネ肉がさっぱりしている分、ソーセージや、卵や、チーズの味が活きてる。








■「佐賀県産アスパラとポーチドエッグ」

f0232060_23135818.jpgこの時期になるとメニューに出てくる季節限定のアスパラ料理。

ホワイトが2本、グリーンが1本。







■アスパラ、アップ
f0232060_23152425.jpgほのかな酸味のある、パセリとケイパーのグリーンソースに、半熟卵の甘さがバッチリ。ああ、これぞ、春の幸。








■自家製パン
f0232060_23171871.jpg大好きな、トラットリア29の自家製パン。モチモチ。









■「パルパデッレ サルシッチャと新玉ネギのラグーソース」

f0232060_231927.jpgこれも、この時期ならではの新玉ネギを使った料理。

新玉ネギの甘さがすごく出ていて、子どもが喜びそうなパスタ。美味しい!






■「岩手県産ヤーコン豚肩ロース炭火グリル 350g」

f0232060_23213542.jpgここに来たら、絶対ガッツリ肉を食べる。










■ヤーコン豚、アップ
f0232060_2322233.jpg脂が甘くて、すごく美味しい。ジューシーなのに、全く重くない。

ここの豚は、ホント豚の見方が変わるくらいうまい。






■「岩手県産森林鶏のたっぷりバターソテー」

f0232060_23235328.jpgシェフがイタリア・トスカーナで働いていた時に、よく通っていた大好きなお店の料理だそう。

なかなか同じ味にならず、地鶏も色々と試して、ようやく到達したという一品。






■鶏、アップ
f0232060_23253583.jpgカロリーのことを考えると、ゾッとするのだが(笑)、肉が半分隠れるくらいタプタプにバターの中に使っています。

そして、高カロリーなものほど、悲しいかな、すごく美味しいです。





■デザート盛り合わせ
f0232060_23272351.jpg自家製ティラミスと、阿佐ヶ谷「SIN CERITA」のブラッドオレンジジェラード。これも文句なしで、うまい。








■紅茶
f0232060_23284966.jpg〆の紅茶。
ふー、今日もよく食べた。
by meshi-quest | 2012-05-17 23:30 | 西荻窪


吉祥寺には、いろんな「スウィーツ」のお店がある。


その中で、上位で必ず名前が上がるお店の1つが、


「L'EPICURIEN レピキュリアン」だ。













井の頭公園のすぐ近くにあり、おしゃれな外観に、


ガラス越しから店内を見ると、いつも混んでる。


メインは、焼き菓子やケーキの販売だが、


小さなスペースに8席ほどイスがあり、お茶ができる。












ここが、いつも混んでて座れない上に、


お店が18:00までという早終いのため、なかなか行く機会がなかった。












さて、やっと念願かなって行けた感想だが、


正直言うと、驚きもなく、あまり好きな味ではなかった。


決してまずいわけではないのだが、甘すぎる。


ガツンとシュガーの味がする。











うーん、あまりに今まで行けなかったから、


自分の中で期待値を上げすぎちゃったかな・・・。
















■今日のカメ

■「レピキュリアン」
f0232060_22502050.jpgJR吉祥寺駅から徒歩3分ほど。井の頭公園に行く途中にあります。









■店内の様子
f0232060_22513553.jpgクラッシックヨーロッパな感じの店内。焼き菓子、パン、ケーキなどいろんなものを売っています。









■カフェの様子
f0232060_22525284.jpg販売スペース横のウィンドウの側に、小さな喫茶スペースがあります。









■ケーキ、きた。
f0232060_2254034.jpgお店のショーケースで選んだものを喫茶スペースで食べることが出来ます。









■「フレジェ」
f0232060_22555288.jpg生クリームたっぷりのイチゴのケーキ。かわいらしく出来ているが、かなり甘かった・・・。

ちなみに、「レピキュリアン」のケーキは全体的に小さめ。






■チーズスフレ
f0232060_22571540.jpgこれもちょっと甘めで、味は普通かな。










■「ピテヴィエ」
f0232060_22581429.jpgパイとクッキーを合わせたような食感のアーモンド生地の中に、カスタードを入れて焼き上げたもの。これも、甘かったなあ・・・。








■カフェラテ
f0232060_230434.jpgケーキがかなり甘かったので、全く砂糖がいらなかった。
by meshi-quest | 2012-05-17 23:01 | 吉祥寺
プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ