<   2012年 07月 ( 38 )   > この月の画像一覧



「ネタの大盛りっぷりが、とにかくスゴイ」


という話を聞いて、中野にある「梅寿司」へ。











個人的には、大盛りは大好きだが、


こと鮨のような高い食べものに対しての大盛りは、全く信用をしていない。











しかし、ここ梅寿司の鮨は、ビックリするくらい大盛りで、


そして、ちゃんと美味しかった。










正直、握りの美しさとか、


口に入れた時にスッと入る感じとか、


そういうのはない(笑)。











でも、ちゃんと美味しくて、いっぱい食べれて、幸せな気分になれる。


大将に「美味しくて、驚いた」と言ったら、


笑いながら、「当たり前よ!」と答えてくれた。















■今日のカメ

■「梅寿司」
f0232060_22544923.jpgJR中野駅南口から徒歩15分ほど。小さな商店街の中にある、地元の寿司屋さんといった感じです。









■店内の様子
f0232060_22563288.jpgカウンター数席とテーブル。小さな店内です。

元気な大将と、にこやかな奥様で切り盛りされています。







■お茶
f0232060_22574499.jpg鮨を食べる気満々だったので、お酒は飲まず、今日はお茶で。









■赤身
f0232060_230759.jpgまずは、赤身から。
いきなりこの厚さに驚く。

食べてみると、ほどよく脂も乗っていて、とても美味しい。






■甘エビ
f0232060_2325341.jpgまさかの2段重ね(笑)。

まず一段目を取って、つまみのように食べてから、二段目の鮨をいただく。こんなに大盛りですが、すごくいい甘エビを使っていて、とても甘くて美味しい。





■巨大ウニ
f0232060_2351356.jpg軍艦から完全にはみ出しています(笑)。










■どかしてみた。
f0232060_236060.jpg上に乗っているウニをどかしても、まだ大盛り気味のウニ軍艦(笑)。

こんなに乗っているのに、全く臭みのない、ホント美味しいウニです。客としては嬉しい限りですが、採算合うのかなあ(苦笑)。





■いくら
f0232060_2375631.jpgいくらも、こぼれています。










■カンパチ
f0232060_2385888.jpgカンパチも厚切り。脂乗っていて美味しい。










■赤貝
f0232060_2310126.jpg美味しかったですが、赤貝の大きさは普通かな。貝は、そりゃ仕方無いかw。









■アジ
f0232060_23113632.jpgネギたっぷりのアジ。アジが見えないw。










■穴子
f0232060_23123475.jpg穴子こそ大きくしやすく、大ぶりを期待していましたが、意外に小さめw。基準がわからん。

タレは甘めで、個人的にはもう少し甘さが控えめの方が好きかな。






■ネギトロ
f0232060_23142377.jpgドドーンと大盛りのネギトロ。

トロもかなりいいモノを使っていて、かなり美味しかったです。







■鯛
f0232060_23155853.jpgなぜか二段盛り(笑)。
一段目はつまみ、ってことなのかな。









■おかわり①
f0232060_23172888.jpg甘エビと赤身をおかわり!










■おかわり②
f0232060_23191093.jpgウニも当然おかわり!










■また、どかすw
f0232060_2320488.jpgどかしたウニで、あと2つくらい軍艦が作れそうな感じ。









■たまご
f0232060_23205178.jpgおつまみのたまご。










■味噌汁
f0232060_23212719.jpgエビの頭を使った味噌汁。やさしい味。


久しぶりに、井の頭動物園(正式名称:井の頭自然文化園)へ行った。











おしゃれスポットとして大人気の吉祥寺の駅から歩いて10分ほど。


戦後初めて日本にやってきた象の「はな子」がいることで有名な動物園だ。












ぶっちゃけ、キリンだったり、ライオンだったり、クマだったり、カバだったり、


いわゆるメジャーな動物は、象と、猿、鹿くらいなので、


「動物園」というより、正式名称の「自然文化園」が正しい。












とはいえ、歩いて行ける距離に小さくても動物園があるのは幸せだ。


しかも、入園料は大人400円で、年パス買ってもたったの1600円。


さらに、その入園券には、お隣の水生物館の入館料まで含まれている。












休日の動物園だったが、人はまばらだった。


真っ先に、「はな子」のいる場所へ駆けつける。










私が学生の頃から見てきた象の「はな子」は、


素人目にも「おばあちゃん」と分かるくらい年を取っていて、


肉付きも悪くなっており、体調も悪そうであったが、


御年65歳、まだ園内のアイドルとして観客に姿を見せていた。











都内は、連日35度を超える猛暑。


老体へこの猛暑の影響が心配だ。










2歳でタイからやってきて、いま、65歳。


もう故郷に帰ることはない。


いつかはな子にも寿命が来ると思うが、


どうか少しでも、この第二の故郷・吉祥寺で長生きしてほしいと思う。












■井の頭自然文化園
http://www.tokyo-zoo.net/zoo/ino/















■今日のカメ

■井の頭自然文化園
f0232060_234250.jpgJR吉祥寺駅井の頭公園口から徒歩10分ほど。










■園内の様子①
f0232060_253213.jpg園内は緑が多くて、散歩するだけでも、楽しめます。









■園内の様子②
f0232060_262422.jpg動物の種類は少なめで、小動物とか、鳥類とかが多いです。









■アオダイショウ
f0232060_281587.jpg園内に入って、最初に出会うのが、この子。

水の中に浸かってますが、この猛暑でだれてました。







■ヤギ
f0232060_294193.jpgヤギも暑くて、だれてます(苦笑)。










■カピバラ
f0232060_2103764.jpgカピバラさんも暑そう。










■「はな子」
f0232060_211366.jpg戦後初めて日本にやってきたアジアゾウの「はな子」。御年65歳。









■年取ったなあ
f0232060_2121939.jpg骨が出てきて、脂肪が少なくなり、明らかにおばあちゃんになってました。ちょっと体も辛そうだった。








■はな子団子
f0232060_2353318.jpgはな子は、数年前から固いものが食べられなくなっており、この「はな子団子」を食べているそうです。








■はな子の宿舎
f0232060_2371218.jpg体力的な問題もあり、はな子が外に出ている時間は決まっていて、ほとんどは、この宿舎にいます。









■子どもからの質問
f0232060_2411351.jpg「どうしてはな子はかわいいんですか?」










■飼育員からの答え
f0232060_2422946.jpg「なんででしょうね」

えー、確かにそうかもしれないが、この答えはないな(苦笑)。







■はなこカフェ
f0232060_248976.jpgはな子の檻の近くにあるフードショップ。










■ぞうさん弁当
f0232060_2491896.jpg人気商品「ぞうさん弁当」。チキンライス。










■「猛テン」
f0232060_2441096.jpgテンの檻にあった看板。

猛獣、猛犬、猛テン(笑)。








■ふくろう
f0232060_2461560.jpgふくろう、カッコいいなあ。










■宮崎地鶏
f0232060_250458.jpg美味しそうなニワトリもいました(笑)。










■猿山
f0232060_2512792.jpgサルも暑いせいか、動きも鈍く、みんなじっとしていました。









■校舎?
f0232060_2533931.jpg遠目に校舎っぽく見えますが、「熱帯鳥温室」という場所です。









■怖い
f0232060_2543550.jpg中国の動物園行った時にも、こんな感じで目がイッテるパンダの遊具があったなあ(笑)。









■「熱帯鳥温室」
f0232060_2553677.jpg動物園の端にあり、あまり目立たず、スルーする人も多い場所ですが、個人的に、おすすめ。ここが入口。








■温室の様子①
f0232060_257268.jpg館全体が、木に乗っ取られてしまっているというか、木の無法地帯になっています。ゲームに出てきそうな感じ。








■温室の様子②
f0232060_313115.jpg熱帯の鳥が放し飼いになっています。

ほとんどがはるか上、天井の方のパイプとかに止まっているので、遠くから眺める感じ。







■温室の様子③
f0232060_2593225.jpg館内は2階建で、2階の通路はこんな感じ。木が好き勝手に伸びています。









■オオサイチョウ
f0232060_335081.jpgオオサイチョウだけは、なぜか放し飼いではなく、檻に入っていました。何かやらかしちゃったんだろうか(笑)。








■ウツボカズラ
f0232060_345749.jpg温室内には、割と蚊がいます。ウツボカズラの中を覗いたら、いっぱい蚊が食べられていました。

蚊取り線香の役目?がんばれ、ウツボカズラ!







■ミニ遊園地
f0232060_373778.jpg園内には、ミニ遊園地があります。デパートの屋上にある遊園地をちょっと大きくした感じ。家族連れで賑わっていました。








■メリーゴーランド
f0232060_384292.jpg久しぶりにメリーゴーランドを乗ってみましたが、子ども用なので、ケツが小さく、痛い(苦笑)。

でも、かなり楽しかったです。1回100円。







■コーヒーカップ
f0232060_3101747.jpg子どもの頃は、このコーヒーカップが大好きで、限界までカップをグルグル回していましたが、年取ったせいか、吐きそうになりました(苦笑)。

ああ、色んなモノが楽しめない体になってる・・・。





■遊歩道
f0232060_3115594.jpg緑が豊富で、散歩するにもちょうどいい。










■彫刻館
f0232060_3123695.jpg遊歩道を歩いた先に、彫刻館があります。入館無料。

中には、長崎の平和公園にある有名な平和祈念像の最初の試作品が飾られています。






■加藤清正公
f0232060_3153329.jpg井の頭動物園内に、加藤清正像があるのを初めて知りました。
by meshi-quest | 2012-07-29 21:00 | 吉祥寺


友達の結婚式で、ブーケを作らせていただくことになったので、


先生のところで、練習を兼ねて、サンプル作り。











今回は、フランス風の「シャンペトルブーケ」というものを作る。


田園風、草花風と呼ばれるこのブーケは、


「作られている」という感じをあまり出さず、


なるべく自然体に見えるように組むのだが、これが意外と難しい。












一に練習、二に練習。


友人の晴れ舞台なので、頑張るぞ。











使ったお花は下記の通り。


・リセステリア

・ヤマブキ

・スカビオサ

・グリーンスケール

・アジサイ

・黒蝶ダリア

・プリンス オブ ウエルス















■今日のカメ

■今日の花材
f0232060_3392693.jpg今日のブーケ制作に使うお花。










■黒蝶ダリア
f0232060_340467.jpg夏は、人にとっても、花にとってツライ時期であり、すぐに弱ってしまいますが、この黒蝶ダリアは、堂々としていました。女王の風格。








■完成
f0232060_3422087.jpg本番では、これよりももっと花の数が増え、個性的な花を使うので、さらにまとめるのが難しくなりそう。頑張ろっと。


友達と、初台にあるイタリアンレストラン「armonia アルモニア」へ。












「プーニョ」と呼ばれる、


シュークリームの生地のような珍しいパンを出してくれるお店。


ボリュームたっぷりのサラダと、濃厚なエビのトマトクリーム。


パスタもとても美味しく出来ていた。












実は、以前も1回来たことがあったのだが、


なぜかその時の記憶がスッポリ抜けていた。












これだけ美味しいパスタが出てくるなら覚えてるはずなんだけどなあ。


スタンド攻撃でも受けたかな・・・(笑)。













■「armonia アルモニア」
http://r-armonia.com/
















■今日のカメ

■「armonia アルモニア」
f0232060_2325546.jpg京王新線「初台駅」から徒歩7分ほど。

オペラシティ裏の不動通り商店街の中にあります。








■店内の様子
f0232060_235347.jpgテーブル席がメイン。割と広くて、席数もあります。









■サラダ
f0232060_236467.jpgランチセット1200円を注文。

まずは、たっぷりのサラダとハムに、プーニョと呼ばれるシュー生地パン。







■プーニョ、アップ
f0232060_2375065.jpgこれが、「プーニョ」です。「ポップオーバー」と呼ばれることもあります。

まさに、シュークリームの皮の部分。割と好き。







■中は・・・
f0232060_2394094.jpg中はこんな感じで空洞です。

ちぎって、サラダやハムを挟んで食べたり、そのまま食べても大丈夫です。







■エビのトマトクリーム
f0232060_2404254.jpg「エビ」好きで、かつ、「トマトクリーム」好きなので、メニューにコレがあると、ほぼ確実選びますw。








■パスタ、アップ
f0232060_2421741.jpgパスタの茹で加減もちょうど良く、ソースも濃厚でとても美味しく出来ていました!

エビもいっぱい入っていて、嬉しい。







■友達のパスタ
f0232060_243228.jpg友達は、「トビウオとアサリ、フレッシュトマトの白ワインソース」を選択。こちらも美味しかったそうです。


大好きな肉専門イタリアン「トラットリア29」の食後のデザートは、


基本シェフの手作りなのだが、1つだけ他のお店のものがある。


それが、ジェラードだ。











果物の風味がしっかり出ている濃厚ジェラード。


ガッツリ、ジューシーな肉を食べた後に、とてもピッタリ。


これは、阿佐ヶ谷にある「SIN CE RITA(シンチェリータ)」のもの。












イタリアで行われたSIGEP「第32回国際手作りジェラート製菓製パン展示会」


というコンテストの自由部門で、世界第三位を獲得したお店。











駅からもかなり離れた場所にある住宅街に、突如、大行列が見える。


夏と言うこともあって、大行列の、大人気。











いくつか売り切れてしまっていたものもあったが、


せっかくなので3種盛りにしてもらって、食べてみる。











うん、確かに、美味しい。


確かに美味しいのだが、世界第三位という前評判や、


炎天下に大行列に並んだことで、期待値と敷居が上がってしまったのか、


またもう一度ここまで来て、並んで買うか?と聞かれると、悩む感じ。











人気のお店は、大変だ。












勝手に行列が出来るのも、勝手に前評判が上がってしまうのも、


すべて「勝手」であり、お店のせいではないんだが、


結果、客側の期待値と敷居が異常に上がっちゃうので、


「普通に美味しい」では、物足りなくなっちゃうんだよね。













■「SIN CE RITA (シンチェリータ)」
http://www.sincerita.jp/















■今日のカメ

■「シンチェリータ」
f0232060_2112273.jpgJR阿佐ヶ谷駅から徒歩12分ほど。ちょっと歩きます。

人通りの少ない商店街と住宅街が入り混じった静かな場所に、1軒だけ大行列が出来ているので、遠くからでもすぐ分かります。





■いろんなジェラード
f0232060_2132293.jpg16時くらいに伺いましたが、すでに数種類売り切れているものがありました。

最初にお金を払ってから、順番にジェラードを受け取るシステム。中にも簡単なカフェスペースがあります。





■私は、コレ
f0232060_2145721.jpg3種で500円くらいだったかな。

手前左から、カフェオレ、バナナミルク、ペスカ(桃)です。バナナミルクが一番好きかな。かなり濃厚なバナナ味。美味しかったです。






■他の3種
f0232060_217792.jpg手前左から、パッションフルーツ、ミント、ペスカ(桃)です。


西荻窪に新しく出来たワインとイタリアンのお店、


「西荻葡萄酒協同組合 Bere Vino (ベレヴィーノ)」へ。











友達からパスタが美味しかったと聞いて、ランチ訪問。


が、可もなく、不可もなく、という感じだった。


ランチの内容に特徴がなく、美味しくないわけではないが、


正直、また行きたくなるような何かは、なかったかな・・・。












■「西荻葡萄酒協同組合 Bere Vino (ベレヴィーノ)」
http://www.facebook.com/BereVino














■今日のカメ

■「ベレヴィーノ」
f0232060_1414416.jpgJR西荻窪駅南口から徒歩5分ほど。大通りから1本路地に入ったビルの2階にあります。









■店内の様子
f0232060_1425076.jpg木をメインにした、ロッジみたいな店内。










■窓側
f0232060_1453234.jpg夏場の涼しい時は、窓を外して全開にしているようです。









■ランチサラダ
f0232060_1462922.jpgサラダも、ドレッシングも普通かな。










■パスタランチ
f0232060_147671.jpgパスタは3種類くらいから選べます。パスタにはパンも付きます。









■パスタ、アップ
f0232060_1475722.jpgエビとズッキーニのトマトソースパスタ。

美味しくないわけではないのですが、特徴がないというか、印象に残らないソースでした。
by meshi-quest | 2012-07-28 09:00 | 西荻窪


中野にあるスペインバル「VITA ヴィータ」へ。


最近気に入っているスペイン料理店。











普段使いが出来る美味しいスペイン料理店を探していたのだが、


ここ「VITA」は、美味しいと紹介できるスペイン料理店の1つだ。


特に、アミューズで出てくるモチモチのパン、


定番のスパニッシュオムレツや、具だくさんのパエリアは絶品だ。













居心地もいいし、使い勝手もいいし、値段も手ごろ。


駅から少し離れているので、ゆっくり食事をしたり、話をしたい時にもおすすめ。


数は少ないがテラス席もあるので、夏は外で飲むのも気持ちいい。












■「SpainBar VITA」
http://spainbar-vita.com/
















■今日のカメ

■「VITA」
f0232060_23514476.jpgJR中野駅北口から徒歩5分ほど。

線路沿いを歩いた、料理専門学校や住宅街がある方面にあります。







■カウンター
f0232060_23535051.jpgカウンターがメインで、奥にテーブルが数席。外にも小さなテラス席があります。









■自家製サングリア
f0232060_0382658.jpgフルーツたっぷりで飲みやすいサングリア。うまいー。

ちなみに、サングリアをイタリアンレストランなどでもよく出すので、イタリアの飲み物と思っている人もいますが、スペインの飲み物です。本場のサングリアは、かなりアルコール度数が高く、強い酒です。



■アミューズ
f0232060_0444923.jpg左は、とうもろこしの小さなパン。右は、ピンチョス。

VITAのアミューズに出てくる、このパンが、モチモチで激ウマい。






■ピンチョス①
f0232060_0471887.jpgVITAでは1皿300円くらいで頼める「ピンチョス」(串に刺したり、小さなパンに乗せた軽食)が充実しています。

これは、「ヤリイカのゴルゴンゾーラ詰め」。2つで300円。





■ピンチョス②
f0232060_049753.jpgスモークサーモンとチーズのピンチョス。










■ピンチョス③
f0232060_0505984.jpgイベリコ豚タンの赤ワイン煮込み。

赤ワインの甘さとコクが出ているやわらかい豚タン。トロトロ。







■ピンチョス④
f0232060_0523835.jpg岩中豚のスパイシーつくね。かなりスパイシー。










■ピンチョス⑤
f0232060_0562939.jpgスナギモのコンフィーとラタトゥイユ。バケットの上に、手作りのラタトゥイユがたっぷり乗っていて、砂肝の串はさらにその隣に。

かなりのボリューム。これで、400円。






■ミックスサラダ
f0232060_058448.jpgスライスマッシュルームが乗ったたっぷりのサラダ。自家製バルサミコドレッシングで。









■スパニッシュオムレツ
f0232060_101412.jpgオムレツ自体も美味しいのだが、一緒に付いてくる自家製アリオリソース(スペインのにんにくマヨネーズソース)が絶品。

ポテトと、卵と、マヨネーズのハーモニーがたまらん。





■シーフードパエリア
f0232060_121493.jpg魚介の出汁がしっかりご飯に染みていて、具だくさんで、VITAのパエリアはとても美味しいです。









■パエリア、アップ
f0232060_133310.jpg有頭エビ、ムール貝、あさり、やりいかなど、魚介が盛りだくさん。









■グランサード
f0232060_145188.jpgブラッドオレンジのグランサード(シャーベット)とネーブルのジェラート。

ちょっと酸味がある、好きな味のオレンジデザート。脂っぽいものをいっぱい食べた〆には、さっぱりしていて、とてもいい。


avexの皆さんと、三軒茶屋にある焼き鳥「床島」で宴会。











よく食べて、よく飲み人たちがこんなに一気に集まったので、


大将も、スタッフのおにいさんも大変だったと思うが、


快く、かつ、手際良く、最後までサービスしてくれた。












誰を連れて行っても、「美味しい」「とても良かった」と喜んでもらえるので、


個人的にも、仕事でも、よく伺わせてもらっている。


味と人への信頼と実績、安心感。











いつも美味しい焼き鳥を本当にありがとうございます。


今月末も別の方をお連れしてお伺いしますー。












■「焼き鳥 床島」
http://ameblo.jp/yakitoritokoshima/















■今日のカメ

■「床島」
f0232060_21344112.jpg田園都市線・三軒茶屋駅から徒歩7分ほど。カウンターのみで、席数は17席ほど。

この日は人数が多かったので、1か月前くらいから予約。






■大将
f0232060_21353850.jpgいつも美味しい焼き鳥を出してくれる、ダンディーな床島の大将。









■お通し
f0232060_21361578.jpgお通しと、宝山のロック。

お通しは、左からぬか漬け、クリームチーズ酒盗、レバーパテ。







■鳥皮ぽん酢
f0232060_21372285.jpg今日は人数が多い宴会なので、焼きの都合も考え、料理はすべて大将におまかせしました。

最初は、鳥皮ぽん酢。一品目からしてすでにうまくて、泣ける。






■石田屋
f0232060_2139079.jpg純米大吟醸「黒龍 石田屋」登場。










■つまみ盛り合わせ
f0232060_2140033.jpg姫竹、なめこのおひたしやポテサラなどの盛り合わせ。









■ハツ
f0232060_21404195.jpgプリプリのハツ、きた!言うことなしのうまさ。










■一尚
f0232060_21412346.jpg芋焼酎「一尚」のロック。










■スモーク盛り合わせ
f0232060_21421310.jpg左は、床島のスペシャリテ「ささみの燻製一夜干し」。右は、卵巣のスモーク。チーズのようなコク。うまい!








■鶏しゅうまい
f0232060_21433563.jpg中華で修業していたというスタッフが作ってくれた、鶏しゅうまい。メニューにない特別料理。

すごく美味しくて、ジューシー。お店のデフォルトメニューにしてほしいくらい。






■皮
f0232060_21451862.jpg鳥皮。
今日はおまかせなので、普段自分だと頼まない焼き鳥が味わえて、新しい発見がある。








■砂肝
f0232060_21462465.jpg大きくて、コリコリの砂肝。










■つくね
f0232060_2147119.jpg床島特製のつくね。
つくね、大好き!









■鶏ごはん
f0232060_2147504.jpgこれもメニューにない特別料理。

鶏出汁で炊いた、生姜たっぷりの鶏ご飯。これは、ホント美味しかった!さっぱりしていて、焼き鳥の後にちょうどいい。






■鶏スープ
f0232060_2149028.jpgネギたっぷりの鶏スープ。










■塩チーズケーキ
f0232060_21493613.jpg「床島」の〆は、コレと決めています。

塩チーズケーキ。中には、いちじくが入ってます。絶品。


吉祥寺にあるタイ・ラオス料理「ランサーン」へ。











ラオス出身のオーナーさんによる、本場タイ・ラオス料理。


タイ料理店はたくさんあっても、ラオス料理はあまり耳にしないと思うが、


タイ東北部と隣接しているラオスの食文化は、タイと非常によく似ている。












若干、ラオス料理はクセがあると言うか、


タイ料理より、辛さも強めで、香辛料の使い方も強い印象を受ける。













私のように、ここ最近やっと辛いモノが解禁になり、


やっとこさ、タイ料理の美味しさに気付き始めたような


タイ料理素人には、ちとつらい料理もある。











とはいえ、「じゃあ、何で行ったの?」なんて


野暮なことは聞かないでほしい(笑)。


そういや、タイに旅行行った時にもみんなに聞かれたな。


「何で行ったの?」













■「タイ料理 ランサーン」
http://www.thai-square.com/restaurant/shoukai/shokai_075.htm














■今日のカメ

■「ランサーン」
f0232060_2321264.jpgJR吉祥寺駅から徒歩5分ほど。中央線の高架に沿って、新宿に向かって歩いた道沿いのビルの2階にあります。








■牛肉サラダ
f0232060_23251626.jpgタイ風の辛い牛肉サラダ。パクチーと唐辛子のハーモニー。









■タイ風さつまあげ
f0232060_23265024.jpgレモングラスがたっぷり入った、タイ風さつまあげ。スィートチリソースで。









■タイ風玉子焼き
f0232060_23275678.jpgこれは、辛くない、普通の玉子焼き。箸のオアシス(笑)。









■空芯菜炒め
f0232060_2329564.jpgニンニクがきいていて、シャキシャキで美味しいんだけど、辛め。









■ガイヤーン
f0232060_2330530.jpgタイ風焼き鳥。
これはあまり辛くない。









■カレイのスパイシー煮込み
f0232060_233254.jpgこれは、激辛でした・・・。
揚げたカレイをレッドカレーで煮込んだもの。









■パッタイ
f0232060_23344282.jpgタイ風焼きそば。辛くなくて、食べやすい。

そういえば、タイに行った時は、ほぼ毎日コレ食べてたなあ。辛いモノは苦手ですが、タイ料理自体は好きなんです、味とか、香りとか。
by meshi-quest | 2012-07-24 23:39 | 吉祥寺


暑くなると、うなぎ、そば、お好み焼き、焼き鳥、


そういうものが食べたくなる。


そして、中でも見逃せないのが、焼肉だ。


夏だ、夏だ、精を付けねば!











というわけで、中目黒にある焼肉「Beef Kitchen」へ。


年を取ったせいか、昔より肉の量が減った分、


1枚1枚、確実に、イイ肉を食べたくなった。












うちの近所には、残念ながら、焼肉屋と寿司屋は気に入る店がなく、


食べたくなると、ちょっと遠出してでも、好きなところへ行く。











焼肉だと、浅草の「本とさや」か、新橋「くにもと」か、


あと、中目黒のここ「Beef Kitchen」が好きかなあ。


タレの味とか、肉の感じとか、厚みとか、自分好みだったりするんだよね。












■「Beef Kitchen」
http://www.yakinikutengoku.com/meguro/beefkitchen/index.html
















■今日のカメ

■「ビーフキッチン」
f0232060_20274888.jpg東急東横線「中目黒駅」から徒歩10分ほど。目黒銀座商店街の中にあります。









■キラキラ
f0232060_20302355.jpg店内にある大きな電光掲示板には「BEEF KITCHEN」の文字が。

おしゃれなカフェのような作りになっており、女子同士でも気軽に入れます。






■店内の様子
f0232060_20321493.jpg美味しい肉が食べれて、値段も割とリーズナブルなので、若者が多いです。いつも満席で、要予約。









■テーブル
f0232060_2033930.jpgエプロンは、黒!










■うまもやし
f0232060_20335348.jpg看板に偽りなく、美味いです。

上に、特製の肉味噌が乗っていて、混ぜていただきます。







■黒豆マッコリ
f0232060_20344728.jpg黒豆マッコリをやかんで。

やっぱりマッコリは、やかんで飲む方が雰囲気が出る!







■チョレギサラダ
f0232060_2036017.jpg肉の前には、まず野菜!










■ハラミ
f0232060_20372313.jpgぶ厚いハラミ、2人前、来た!










■焼きまくり
f0232060_20402671.jpg早速、焼きまくり、食べまくり。










■カルビ
f0232060_20414375.jpgカルビ2人前。
この厚みと、この脂!これぞ、カルビ。うまい!!









■ともさんかく
f0232060_20423911.jpgこのサシ、たまりません!

昔だったら、もっと食えたが、今はイイ肉過ぎて、数枚が限界(苦笑)。







■しんしん
f0232060_20442061.jpg以前、ユッケ用に出していた生食用ロース。ほんと数秒炙るくらいで、すぐに食べる。ああ、幸せ!









■ご飯、必須
f0232060_20455492.jpg焼肉で、肉だけイケる人は、ホントすごい。私は、ご飯ないと、逆に焼肉が食えない・・・。









■わかたまスープ
f0232060_20464933.jpgわかめとたまごが入った、やさしい味のスープ。
プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ