<   2012年 09月 ( 31 )   > この月の画像一覧



横浜ベイクオーター近くにある、


「Ginger's Beach ジンジャーズビーチ」でランチ。










リゾートホテルのエントランスホールをイメージしたという店内は、


天井が高くて、開放感があり、ホントにリゾートホテルのよう。











ロコモコを注文。


ここ最近食べたロコモコの中では、好みの味でかなり美味しかった。












ハンバーグも美味しく出来ていたが、


何よりハンバーグにかかっていた濃厚なグレイビーソースがとても良かった。











■「Ginger's Beach ジンジャーズビーチ」
http://luckbag.jp/gingers/















■今日のカメ

■「Ginger's Beach」
f0232060_239456.jpgJR横浜駅きた口から徒歩5分ほど。横浜ベイクオーターの裏手にあります。









■店内の様子
f0232060_23111435.jpg天井が高く、広い窓から日差しが差し込み、開放感がある店内。席の間隔も開いていて、ゆったりできる。

まさにリゾートホテルのエントランスロビーのよう。





■サラダ
f0232060_23123477.jpgランチは、ロコモコ、肉や魚のプレート、パスタなど数種から選べます。

私は、ロコモコを注文。サラダはすべてに付いてきます。






■ロコモコ
f0232060_23141773.jpg「Ginger's Beach」おすすめのロコモコ。

ハンバーグの上に濃厚なグレイビーソースがかかっていて、その上に、フライドオニオンとポーチドエッグが乗っています。






■ロコモコ、アップ
f0232060_23154994.jpgとろ~りとろける卵がいい感じでした。










■デザート
f0232060_2317935.jpg+150円でデザートが付けられます。

この日は、パッションフルーツノチーズケーキ。甘さ控えめで、これも美味しく出来ていました。
by meshi-quest | 2012-09-30 08:02 | 横浜


どの町にも、鬼門と言うか、


店が立ち替わり入れ替わりして、全く落ち着かない場所があると思う。











飲食店がひしめきあう西荻窪にも、


そういう不安定な場所がいくつかあって、


そのうちの1つが、駅すぐの大通りに面したところにある。











この場所は、何度もラーメン屋が入っては変わって、


しばらく落ち着いているのが「北海道ラーメン 幌ト」で、


まだ行ったことがなかったので、入ってみることにした。











結論から言うと、味噌の味が薄く、コクが無く、


まずいまではいかないにせよ、ピンとこないラーメンだった。










オープンしたての頃は、結構客が入っていたように見えたが、


ここ最近は通るたびに空いているので、


うーん、やっぱり鬼門なのかなあ、ここは。















■今日のカメ

■「北海道ラーメン 幌ト」
f0232060_18262715.jpgJR西荻窪駅から徒歩30秒ほど。

駅前のメイン通りに面していて、立地は悪くない場所だが、いつもここは入れ替わり立ち替わりしている。






■店内の様子
f0232060_18271439.jpgカウンターとテーブル数席。閉店間際の遅い時間だったので、私と、サラリーマンのおじさん2組だけ。









■味噌ラーメン
f0232060_18281729.jpg味噌ラーメンに味玉をトッピングしました。

スープが薄く、コクが無い。もうちょっと味噌らしさが欲しいところ。すぐ裏に「むつみ屋」があるので、正直、これだと内容的にも、値段的にも負けちゃうだろうなあ・・・。





■ラーメン、アップ
f0232060_18303875.jpgチャーシュー、メンマ共に、あまり美味しくなかったです。味玉はまあ良かったかな。
by meshi-quest | 2012-09-29 08:03 | 西荻窪


麻布十番にある地鶏料理専門店「猿のしっぽ」へ。











靴を脱いで、掘りごたつ風のカウンターでいただく地鶏料理。


古家具が並ぶ、個性的な和の空間が、いい感じ。


焼き鳥もなかなか美味しかった。











■「地鶏料理 猿のしっぽ」
http://www.monkey-jp.com/















■今日のカメ

■「猿のしっぽ」
f0232060_22353818.jpg東京メトロ「麻布十番駅」から徒歩5分ほど。六本木ヒルズからも歩けます。









■店内の様子
f0232060_22373459.jpg1階は、10席弱のこじんまりとした掘りごたつカウンター。2階は個室。









■個性的な空間
f0232060_22393894.jpg店内には、温かみのある古家具が並ぶ。

田舎の旅館に来たような感じで、なんだかほっこりする。







■お通し
f0232060_22411267.jpgお通しは、黄身の味噌漬けと大根おろし。あと、アイス烏龍茶。









■味噌漬け、アップ
f0232060_22425182.jpg大根の鬼おろしに、黄身の味噌漬けがとても合っていました。









■焼き鳥①
f0232060_22434582.jpgねぎまとささみ。これは、普通かな。










■焼き鳥②
f0232060_22444981.jpgハツとぼんじり。これは美味しかったかな。










■手羽
f0232060_22453618.jpg大ぶりの手羽でした。










■つくね
f0232060_22462095.jpg軟骨とシソが入っていて、美味しいつくねでした。










■出汁焼き
f0232060_2247133.jpg注文が入ってから、1本1本丁寧に焼いて巻き上げる出汁巻き。

ふわふわで美味しく出来ていました。


先日、ご招待いただき、


「TOKYO STATION VISION トウキョウステーションビジョン」を観てきた。











これは、東京丸の内駅舎の保存・復原工事の完成を祝う記念式典で、


大正時代の創建当時の姿に生まれ変わった東京丸の内駅舎に、


プロジェクションマッピングを用いて高精細フルCGを投影するというショーだ。












思えば、東京駅はずっと工事をしていた。


メシクエ的にもよく丸の内には来ていたが、その度に、ふと後ろを見ると、


いつも駅に工事の布がかかってて、終わらないんじゃないかと思ってた。











イベントは、生まれ変わった東京駅を一目見ようというお客さんや、


この「トウキョウステーションビジョン」も構内含め、


色んな場所で宣伝していたこともあり、


かなり多くのお客さんが観に来ていた。












東京駅の目の前の、通常イベント観覧席は、当然満席で、


その周辺も立ち見が多く、観れる状況じゃなかったので、


ちょっと変わった場所から見学させてもらった。











そう、新丸ビルだ。


東京駅の目の前にあり、あまり知られていないのだが、


5、6、7階と3フロアあるレストランフロアのうち、


最上階の7階は、テラスがあって、自由に外に出れるのだ。











よっしゃー!と急いで新丸ビル7階テラスに行ってみると、


丸の内をよく知るお客さんがそこそこ外に出てはいたものの、


イベント会場よりは全然空いていて、ちょっと遠くからではあったが、


キレイな映像ショーが観れた。











「トウキョウステーションビジョン」自体は、


ここ数年観た屋外の映像ショーの中では一番キレイで、一番楽しかった。


駅のデザインや窓枠をよく活かした映像になっており、


東京駅の完成を祝うものとしては、最高だったのではないかと思う。











映像に莫大なお金がかかるのかもしれないが、


東京観光の夜の新名所として、毎晩やればいいのに・・・。


相当、国内外からも見物客が来る気がする。


香港のシンフォニーオブライツみたく。














■「TOKYO STATION VISION トウキョウステーションビジョン」
http://www.nhk-ep.co.jp/vision/

※イベントはすでに終了しています。













■今日のカメ

■TOKYO STATION VISION①
f0232060_1464537.jpg約10分くらいの映像ショーでした。

新丸ビルからなので、ちょっと遠いですが、真ん中に見えるのが、完成した東京駅。窓の灯りは、プロジェクターで映しだしているものです。






■TOKYO STATION VISION②
f0232060_1482447.jpg鮮やかな映像が映し出されました。










■TOKYO STATION VISION③
f0232060_1492539.jpg東京駅へ向かって、道路が映し出されています。「東京駅完成への道」ということかな。









■TOKYO STATION VISION④
f0232060_14104536.jpg東京駅を背景に、ひとまわり小さい東京駅の映像が映し出されています。









■TOKYO STATION VISION⑤
f0232060_14115499.jpg青くなりました。










■TOKYO STATION VISION⑥
f0232060_14123070.jpg今度は、赤。










■TOKYO STATION VISION⑦
f0232060_1413192.jpg次は、紫。










■TOKYO STATION VISION⑧
f0232060_14135418.jpg最後は、東京丸の内駅舎全貌が分かる、ライトアップ。
by meshi-quest | 2012-09-27 08:12 | 東京


中野にある上海家庭料理「蔡菜食堂 (さいさいしょくどう)」へ。











昔、中野に住んでいたという方から


「ここの中華は美味しい!」と教えてもらって以来、


とても美味しかったので、通わせていただいている。











ここメシクエでもよく書いているが、


「中華」は、食べれないほどまずいものに出くわさない代わりに、


激美味い中華に出くわすのが難しく、味の差が激しいジャンル。


美味しい中華は、ホントビックリするほど美味しい。















■今日のカメ

■まずは、一杯
f0232060_17384916.jpg烏龍茶と、青島ビール。










■前菜盛り合わせ
f0232060_17393189.jpg本日おすすめの前菜が、ちょっとづつ色々と楽しめる盛り合わせ。

家庭料理な感じで素朴ですが、どれもとても美味しかった。






■青菜炒め
f0232060_17404118.jpgたかが青菜炒め、されど青菜炒めで、結構うまい、まずいの差が出る一品。

ニンニクと塩のバランス、青菜のシャキシャキ加減がちょうどいい。






■水餃子
f0232060_17415397.jpg上海に行った時に現地で食べた水餃子にとても似ていました。

皮が厚めで、モチモチ。餡は、香草がちょっと強め。






■豆腐と卵の塩炒め
f0232060_17433517.jpgやさしい味の豆腐炒め。片栗粉でちょっと豆腐が固められているのが、いい食感になっていました。









■卵とトマト炒め
f0232060_17444652.jpg「蔡菜食堂」に来ると、必ず頼む卵とトマトの炒め。絶品。









■もやしと豚肉の炒め
f0232060_17455610.jpgシンプルですが、美味しい、もやしとニラと豚肉の炒め物。









■上海焼きそば
f0232060_17465979.jpg中国醤油とオイスターソースで作る上海焼きそば。

見た目はかなり味が濃そうですが、実際は、かなりあっさりしています。







■卵とトマトのスープ
f0232060_17482110.jpgメニューにはない、裏メニュー。トマトの酸味と卵の甘味がちょうどいい。うまい!


所用で、大久保へ。


お昼を食べる時間なく、そのまま変な時間になってしまったので、


たまたま見つけた「麺屋 優創」で遅めのお昼。











後でラーメンに詳しい人に聞いてみたら、


大久保界隈では割と名前の知れた濃厚魚介ラーメンのお店だそう。











濃厚魚介といっても、


いわゆるつけ麺で想像するカツオ風味ではなく、濃厚なエビとカニと貝。


風味のメインはエビで、ブイヤベースに麺が入っているような感じ。











以前行った、新宿にある濃厚魚介「つけ麺 五ノ神製作所」も、


かなり濃厚なエビ出汁だったが、それとちょっと似ていた。


五ノ神よりも、少しエビがやさしいかな。











ただ、五ノ神の感想でも同じことを書いたが、


私自身は相当なエビ好きを自負しているが、


そんな私でもエビに飽きると言うか・・・。


決してまずくはないんですが。












うーん、濃厚エビ出汁系のラーメンと相性が悪いのかなあ・・・。














■今日のカメ

■「麺屋 優創」
f0232060_152759100.jpgJR大久保駅から徒歩5分ほど。

大久保通りと平行に走っている一本奥の道路沿いにあります。住宅街です。







■店内の様子
f0232060_15293884.jpgカウンターがメインで、奥に座敷もありました。

店員さんはとても親切で、心地よい接客でした。








■魚介味噌ラーメン
f0232060_15304364.jpg魚介味噌と魚介醤油があったのですが、お店のおすすめは味噌とのことで、味噌にしてみました。

ラーメンが来た瞬間から、すごいエビの香り。







■あさりも入ってる
f0232060_15334454.jpgスープはまさにブイヤベースという感じ。

決してまずくはないのですが、個人的にはちょっと飽きが来てしまって、何度も食べたい味じゃないかな。






■麺、アップ
f0232060_1533182.jpgフィットチーネのような、平べったい麺でした。濃厚なので、この平べったい麺があいますね。


シェフから富士山で採った秋のキノコが入ったという知らせをもらい、


六本木にあるお気に入りのジビエ料理専門店、


「La Chasse ラシャッス」へ。











夏から秋にかけて、「ラシャッス」では定期的に富士山に行き、


夏や秋の新鮮なキノコを採取してきて、


美味しいジビエとキノコの料理を作ってくれる。












毎回お料理は美味しいのだが、


特にキノコが加わるこの時期の「ラシャッス」が大好きだ。











私も、ここに通い始めて、シェフから聞くまで知らなかったのだが、


富士山では、各種シメジ、ハナビラタケ、ヤマブシタケなど


たくさんの種類の高級キノコが採れる他、


フランス料理に欠かせない香り高きキノコ「ジロール茸」も採れるらしい。











いつか私もキノコ狩り行きたいなあ・・・と思いつつ、


今日は、シェフが採ってきたジロールと、シェフが狩ってきたジビエを楽しむ。











ああ、もう秋なんだなあ・・・。












■「La Chasse  ラシャッス」
http://la-chasse.org/default.htm
















■今日のカメ

■「La Chasse  ラシャッス」
f0232060_14254837.jpg東京メトロ六本木駅から徒歩8分ほど。

高い壁に囲まれたこの洋館の中がお店。








■店内の様子
f0232060_14284818.jpg奥の半個室の様子。

店内は、洞窟のようになっていて、ちょっと薄暗く、ろうそくの炎で食事をします。すごく雰囲気があって、いい感じ。






■テーブルのろうそく
f0232060_14303772.jpgろうそくの炎って、いいですよね。

ろうそくの炎の下で、雰囲気良く、美味しい食事ができるお店は、ここ「ラシャッス」と、神泉「ダムジャンヌ」くらいだなあ。






■赤ワイン
f0232060_14331647.jpgグラスの赤は、この4種類。

ワインはあまり詳しくないので、お店おすすめのバランスが取れているというやつをもらいました。







■肉には、赤が合う!
f0232060_14344283.jpg元々、白より赤の方が好きですが、ジビエのような濃厚な肉には、断然赤が合いますね。









■アミューズ
f0232060_14384528.jpg夏の間は、アラカルトはお休みでコースのみとのこと。今回は、冷製1、温製2、メイン1の4皿構成のコースをいただきました。

まずは、アミューズからで、赤ピーマンのムースのガスパチョです。





■ガスパチョ、アップ
f0232060_14412138.jpg真ん中のちょっとオレンジのところが赤ピーマンのムース。ピーマンの香りがとてもいい。

少しピリ辛で、トマトの酸味もあり、夏らしいアミューズでした。






■自家製パン
f0232060_1443464.jpg自家製パン2種と、パンのお供。エシレバター、日本蜜蜂のハチミツ、エクストラバージンオリーブオイル。








■1品目
f0232060_14441671.jpg冷製は5種から1つを選びます。私は富士山キノコをめがけて来たので、キノコ料理を。

「高麗キジ胸肉のフォアグラ入りムース 富士山で採ってきたキノコのクリームソースで」です。






■キジ胸肉、アップ
f0232060_14462073.jpgさっぱりとしたキジ胸肉の中に、濃厚なフォアグラと、いい香りのキノコクリームソース。絶品でした。








■2品目
f0232060_1448010.jpg温製は5種の中から2種を選べます。

これは「有明海で仕留めたマガモ・日本キジ・フォアグラと大分産肉厚しいたけのクレピネット包み 蝦夷鹿のコンソメスープとともに」です。






■マガモしいたけ、アップ
f0232060_14511092.jpg「クレピネット」とは網脂のことで、これで包むことで旨味が外に逃げていきにくくなります。

とても濃厚な味で、しいたけの肉厚さと香りにも負けていませんでした。蝦夷鹿のコンソメスープも、かなり濃厚。濃厚なのに、バランスが取れていて、すごい料理。




■3品目
f0232060_14533095.jpgこれは、「南伊豆で仕留めた仔イノシシ、豚足、サマートリュフのクロケット オマールエビのビスクソースで」です。

濃厚なジビエ(山の幸)と、これまた濃厚なエビ(海の幸)がどう融合するのか気になって、これを選びました。




■クロケット、アップ
f0232060_14553662.jpgこれもホント絶品でした。

ジビエやトリュフの山の濃厚さに、オマールエビの海の濃厚さがバランス良くマッチしていて、味がどちらもケンカしていないというか・・・、ビックリ。とても美味しくできていました。





■4品目
f0232060_14573865.jpgシェフから、メニューには載せていないんだけど・・・と教えてもらった、岐阜県で獲れたツキノワグマです。久しぶりの熊肉。








■ツキノワグマ、アップ
f0232060_14585650.jpgまだあまり熟成していないとの話でしたが、十分なくらい旨味が出ていました。やわらかいし、臭みない。やや濃厚な高級牛肉を食べている感じです。

かなり高級食材ですし、獲れた時にしか入荷されない肉ですが、もし「ラシャッス」行かれて、熊肉あった時には、ぜひ食べてください。熊イメージが絶対変わります。



■デザート
f0232060_1515556.jpg「ラシャッス」はデザートもとても美味しいです。

これは、ワンパターンな私がほぼ毎回食べる「レモンのムースと小夏みかんのジュレ ヨーグルトソルベを添えて」です。






■レモンムース、アップ
f0232060_1535356.jpg毎回食べるくせに、他店ではあまりレモン系デザートを注文しないのですが、ここは別。

レモンが強すぎず、甘すぎず、さっぱりしていて、ホントに美味しい。






■アールグレイ
f0232060_1553167.jpg食後はアールグレイで。


用事があって代々木八幡まで来たので、ついでにお昼。


この辺に住む友達からおすすめしてもらった、


「Betterave Bistro Jiro ベトラーヴ ビストロジロー」へ。











在ウクライナ大使館の料理長を務めていたというシェフが作るフレンチ。


ランチだったが、しっかりボリュームがあって、丁寧で美味しくできていた。












帰りがけに、小菓子のプレゼントをもらえるのも嬉しい。


女性客が多かったが、確かに女性は喜ぶだろうなあ。












■「ベトラーヴ ビストロジロー」
http://www.j-ltd.co.jp/

















■今日のカメ

■「ベトラーヴ ビストロジロー」
f0232060_13571371.jpg小田急線「代々木八幡駅」から徒歩5分ほど。

駅からはそんなに遠くありませんが、路地裏にあって、その路地が地図ではよく分からず、ちょっと迷いました。






■店内の様子
f0232060_13585845.jpgカウンターとテーブル数席。外にもテラス席が2つありましたが、全体的な席数は少なめです。









■ランチスープ
f0232060_140487.jpgランチのコンソメスープ。

見た目はシンプルですが、色んなもので出汁を取ったことが分かる、深くていい出汁が出でていて、とても美味しいスープでした。






■豚のスパイシークリーム
f0232060_1441364.jpgランチのメニューが豊富で、魚、牛、豚、鶏、さらに鴨や鶏つくねまでありました。

今日は、なんとなく豚気分だったので、豚を注文。豚のスパイシークリームソースです。






■豚、アップ
f0232060_1451169.jpg厚みある豚ロースと、ベイクドポテト。その上に、ピリ辛のクリームソースがかかっています。

豚もやわらかく、美味しく出来ていました。







■お土産
f0232060_147218.jpg帰りに小菓子をサービスしてくれます。チョコ風味の焼き菓子でしたが、これも美味しく出来ていました。

帰りにお土産もらえるのって、ちょっと得した気分で、嬉しいですよね。


お昼に、定食が食べたくなったので、「定食 コペ」へ。











私が大学生の時からある、昔ながらの定食屋。


おばさんが2人くらいで切り盛りしていて、


まさに、おふくろの味という感じ。










マヨネーズとパスタばかりのパスタサラダとか、


定食に小さな納豆とおからが付いてくる感じとか、


最近のおしゃれ定食屋にはない良さがある。











ここに来ると、なんだか子供の頃に


おばあちゃん家に行って、ご飯を食べさせてもらってた時の


懐かしい思い出が蘇ってくるんだよなあ・・・。














■今日のカメ

■「定食 コペ」
f0232060_225689.jpgJR吉祥寺駅中央口から徒歩5分ほど。飲食店が集まる、LOFT近くの路地にあります。









■細長い
f0232060_2261651.jpg遠くに見えるのが入口。細長い店内です。










■店内の様子
f0232060_2265853.jpgおそらく、その昔はスナックだったんじゃないかと思われるようなカウンターがメイン。後ろにはテーブルが数席。








■親子煮定食
f0232060_228671.jpg定食の種類は、色々とありますが、ハンバーグだったり、海老フライだったり、そういうメジャーな定食はありませんw。

たいてい私は、この親子煮定食を頼みます。800円くらいだったかな。





■親子煮、アップ
f0232060_2293420.jpg鶏肉、卵、長ネギ、玉ねぎたっぷりの親子煮。濃くて、ご飯が進む。









■小鉢①
f0232060_2211287.jpgメインのおかずの他に、5種類くらい小鉢が付いてきます。

パスタサラダと、おから。







■小鉢②
f0232060_22115180.jpg納豆と、ピリ辛もやしと、香の物。
by meshi-quest | 2012-09-22 08:13 | 吉祥寺


ご招待いただき、丸の内ブリックスクエアにある中華料理店、


「CHINESE 青菜 (チンツァイ)」へ。










店名が「青菜」となっているように、


特に「青菜」料理に力を入れている中華料理店。











青菜のニンニク炒めでも、数種の青菜から好きなモノを選ぶことができ、


しかも、複数の青菜のミックスもできる。











私が大好きな、珍しい中国野菜「水蓮草」もあった。


六本木にあるお気に入りの中華居酒屋「黒猫夜」
以外で、


この「水蓮草」見たのは初めてだ。












全体的にどの料理も丁寧で美味しく出来ていた。


雰囲気もよく、デートでも使えそうな中華料理店だった。












■「CHINESE 青菜」
http://r.gnavi.co.jp/e533316/















■今日のカメ

■「CHINESE 青菜」
f0232060_21441126.jpgJR東京駅から徒歩7分ほど。丸の内ブリックスクエアビルの2階にあります。









■店内の様子
f0232060_2145298.jpgレトロな古家具が並び、きれいで、ゆったりくつろげる店内でした。席数もそこそこあります。









■烏龍茶
f0232060_21465259.jpgビールが飲めない私は、中華ときたら烏龍茶。










■水蓮菜の炒め
f0232060_21484453.jpg水蓮草のニンニク炒め。シャキシャキしていて、歯ごたえがたまらない青菜。

ニンニクのきかせかたもとても良く、すごく美味しかったです。






■名物白黒餃子
f0232060_2150553.jpg「フィフィ(肥肥)餃子」と呼ばれる、具がパンパンに入った大きな餃子。

具に八角が入っており、独特な味。なかなか美味しい。黒い方はピリ辛。






■中国黒酢
f0232060_21531467.jpg中国の餃子には、この黒酢があいますね。うまい。










■大根餅
f0232060_2154989.jpg久しぶりに、こんなに美味しい大根餅食べました。絶品。
by meshi-quest | 2012-09-21 08:04 | 東京
プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ