<   2012年 10月 ( 32 )   > この月の画像一覧



珍しく、朝早く起きた。











早起きは三文の徳と言うが、


せっかくだし、めったにしないこと、なかなかできないことをしてみようと思った。











で、ホテルから歩ける距離にあった「清明神社」に朝参拝に行くことにした。













「清明神社」は、ご存じの通り、陰陽師・安倍清明を祀っている。


至る所に描かれている五芒星が印象的な神社だ。











だいぶ前に、一度だけ来たことがあるのだが、


それが何であったかは全く覚えていない。











朝早くから、老若男女、たくさんの人がお参りにきている。


制服着た修学旅行生もいれば、観光で来た外人さんもいて、


近所の方と思われるおじいちゃんもいる。











私もお参りをし、帰りに厄除けのお守りを買ってみた。


大きくて、真っ赤な五芒星が描かれたビニル袋に入れてもらったのだが、


神社イメージとかけ離れたその派手な星マークが、


なんかのアイドルグループのコンサート帰りのようで(笑)、不思議な気分だった。











■「清明神社」
http://www.seimeijinja.jp/















■今日のカメ

■清明神社
f0232060_1936090.jpg堀川通に面した正門。

烏丸線「今出川駅」から徒歩か、バス。








■五芒星
f0232060_19381021.jpg青空に輝く鳥居の五芒星。










■境内の門
f0232060_19392486.jpg正門からすぐのところにある境内入口の門。奥に見えるのが、本堂。

来たことある方はご存知かと思いますが、清明神社はかなり小さな神社で、参道も短いですし、境内も小さいです。





■赤の五芒星
f0232060_19414298.jpg門の両脇に、五芒星が描かれた提灯があり、正面右が赤。









■黒の五芒星
f0232060_19425038.jpg左が黒。
きっと色にも意味があるのでしょうね。









■本堂
f0232060_19441272.jpgたくさんの参拝客がいました。










■御神木
f0232060_19455235.jpg清明神社の御神木。皆さん、この御神木に触れて、御祈りをしていました。









■厄除桃
f0232060_1947061.jpg桃は悪を払うと言われており、この厄除桃を触って、自分の厄を払いのけるようです。

たっぷりさすってきました。







■清明井
f0232060_19484331.jpg清明公が実際住んでいた跡地であり、清明公が念力により溶出させたと言われている井戸。

今も水が出ており、飲むと御利益があるそうです。飲みました!






■大陰大極図
f0232060_19525380.jpg陰陽道でよく見かけるこのマーク、「大陰大極図」というらしいのですが、境内の地面にもそれが描かれていました。








■清明神社袋
f0232060_1954340.jpg清明神社で買い物をすると、この真っ赤な五芒星袋に入れてくれます。

嫌いじゃないですが、かなり派手w。
by meshi-quest | 2012-10-31 08:02 | 旅行_国内


京都精華大学でゲスト講演をさせていただくために、


京都に行ってきた。










精華大さんのご厚意で、講演後はそのまま京都で一泊させていただき、


久しぶりに京都に来たので、翌日はフリーダムに京都観光ををさせていただいた。













呼んでくださった先生や生徒さんも、


この「メシクエ」を読んでくださっていると聞き、


「観光楽しんでるぞ、コイツ」的でなんだか恐縮ではあるが(苦笑)、


ぶっちゃけ非常に楽しかったので、それはそのまま書かせていただく。












さて、「メシクエ」の話に戻って、水炊き。


Route24の西さんおすすめのお店、木屋町「新三浦」で生徒さん交えて夕食。











京都は、古民家を使ったお店が非常に多いが、


ここは格別、雰囲気があった。


聞けば、女優・森光子さんの生家らしい。











部屋から鴨川を眺めながら、ちょっと寒くなってきた季節に、


芯から温まる鶏の水炊き鍋。


白濁したコラーゲンたっぷりのスープ、美味しかった!











鍋をつつきながら、先生と、生徒さん、ゲストの私で、ゲームの話。


酒がよく回る、いい夜でした。












■「水炊き鳥料理 新三浦」
http://www.sinmiura.jp/















■今日のカメ

■木屋町
f0232060_18461531.jpg木屋町にある細いこの路地を抜け、突き当りにお店があります。









■「新三浦」
f0232060_18471530.jpgここが入口。










■お部屋
f0232060_18492960.jpg基本個室で、その他、宴会用の大きな座敷、夏の川床などもあるようです。

この日は、鴨川側の川床に出られるお部屋でした。







■お通し
f0232060_18524027.jpgお通しと、鹿児島・山川町の芋焼酎「さつまのかおり」をロックで。









■お通し、アップ①
f0232060_18541091.jpgザ・鶏肉!という感じの、鶏が詰まったつくね。美味しい!









■お通し、アップ②
f0232060_18551842.jpg「むらさきずきん」という品種の枝豆だそうです。

甘味が強く、豆が紫がかっています。美味しい枝豆。







■梅こぶ茶
f0232060_1857886.jpg胃を温めるために、食前に出てくる梅こぶ茶。










■土鍋、登場!
f0232060_18582075.jpg水炊きのスープが入った土鍋、登場。










■給仕をしてくれます。
f0232060_1901050.jpg鍋の最初と、最後の〆の雑炊の時は、お店の方が給仕をしてくれます。それ以外は、自分たちで。









■まず、スープから。
f0232060_1912667.jpg鶏のエキスがたっぷり入った濃厚な白濁コラーゲンスープ。うまい!









■次に、鶏肉。
f0232060_1923441.jpg骨付きの鶏肉と、鶏つくね。自家製の九条ネギ入りぽん酢で。

京都のぽん酢は、関東と違ってまろやかで酸味が強くないので、かなりたっぷり付けても、素材の味を壊さず、美味しくいただけます。うまーい。





■野菜、入ります。
f0232060_1945746.jpg豆腐、しらたき、キャベツ、京麩など、具が入っていきます。









■鍋がにぎやかに。
f0232060_1955666.jpg白濁スープに、いっぱい具が入りました。










■手羽うま煮
f0232060_196546.jpg鍋が煮えるのを待つ間に、一品料理を。

この手羽のうま煮、醤油と砂糖と出汁のバランスが良く、めちゃくちゃ美味しかったです。しかも、やわらかい。






■せせり皮揚げ
f0232060_1991892.jpg鶏の首の皮をカリッと揚げた料理。パリパリで、おつまみに最適。









■もも塩
f0232060_19101688.jpg鶏もも肉の塩焼き。やわらかくて、とてもジューシー。









■砂肝バター炒め
f0232060_19111416.jpgかなりクリーミーなバターを使っている、砂肝バター炒め。濃厚で、個人的に好きな味。









■川床
f0232060_191231100.jpg部屋から川床に出てみました。

夜空の下、気持ちがいいですが、さすがに肌寒いので、川床で食事は難しそう。残念。







■鴨川
f0232060_19135762.jpg夜の京都の町と、鴨川。










■〆の雑炊
f0232060_19145129.jpgコラーゲンスープで作った雑炊。ほっとする、やさしい味。

お店の方がやってくれます。







■デザート
f0232060_1915501.jpg食後は、さっぱりと梨で。
by meshi-quest | 2012-10-30 08:06 | 旅行_国内



先日、NTTドコモさんと、ゲームサイト「4Gamer.net」さんが主催の


「HTML5 ゲームコンテスト for スマートフォン」というイベントがあり、


そのコンテストの審査員をさせていただいた。












そのご縁で、ゲーム分野に力を入れている京都精華大学さんからお招きいただき、


ゲーム業界を目指す女性だけのゲームクラスで、ゲスト講演をさせていただいた。












このクラスは、実際今のゲーム業界の一線で活躍されている


ゲームクリエーターさん達が交代で講師を務めており、


企画の考え方、ゲームの作り方を直接生徒に教えている。


皆さん、真剣にゲーム業界を目指して日々頑張っているスペシャルクラスだ。











クラスの中で、数人のグループに分かれて、


実戦さながらにiPhoneやAndroidのアプリ制作を行っていた。


過去、個人でiPhoneアプリの配信を行ったりもしているし、


コンテストや提出物のクオリティーアップのために、徹夜することもあるそうだ。












企画も、グラフィックも、デザインも、すべて自分たちで考え、作っていて、


商品としての可能性もあり、ちゃんと第三者が楽しめるゲームになっていた。












今回、私から偉そうに言うことは何もないのだが・・・(苦笑)、


少しでも今後の進路やゲーム作りの役に立てるように、


ゲーム作りの話や、作品を遊ばさせてもらった感想、


学生さんからの質問などに答えさせてもらった。












あまり普段学生さんと直接話をする機会が無いので、


10代~20代のリアルなゲーム感覚、ゲーム事情が聞けて、


私としても、とても参考になり、勉強になった。











皆さんがとても温かく迎えてくださり、


たった1日だが、すごく有意義で楽しいひとときだった。












京都精華大学関係者の皆さま、生徒の皆さま、


ありがとうございました!!











■京都精華大学
http://www.kyoto-seika.ac.jp/















■今日のカメ

■国際会館前駅
f0232060_17591675.jpg京都精華大学へは、JR京都駅から地下鉄烏丸線「国際会館前駅」で下車、そこからスクールバスに乗って10分くらいでした。

カラッと良く晴れた日。遠くに比叡山が見えます。






■京都精華大学
f0232060_1813342.jpg緑に囲まれ、すごく環境が良く、近代的な綺麗なキャンパスでした。

生徒さん達も、「京都にいっぱい美大があるけど、見学して、一番ここが良かったんです!」と、かなり気にいって、通っているようでした。





■鴨川①
f0232060_1844887.jpg夕方の鴨川。のどかで、いいですね。










■鴨川②
f0232060_1894897.jpg大きな川がある町は、絵になりますね。










■高瀬川
f0232060_18111656.jpg鴨川の横を走る高瀬川(・・・で、あってますよね??)。

鴨川とはまた違った雰囲気があり、落ち着きます。散歩中。






■帰りの駅弁
f0232060_18134650.jpg帰京の駅弁。
売店おすすめの、祇園・侘家古暦堂の「ふわふわ卵の鶏カツ弁当」。

新大阪だと、選べないほど駅弁、惣菜があるのですが、京都はお土産は多い代わりに、あまり駅弁の選択肢がないですね。どの店も、この弁当イチオシでした。



■鶏カツ、アップ
f0232060_18175959.jpg鶏カツの下に、カレー風味のキャベツが敷き詰められていて、さらにその下に、卵と肉そぼろ、ご飯が入っています。カツも、ご飯も、割と量があり、食べ応えがあります。

弁当のパッケージにも書かれていましたが、ホントに「カレー風味のキャベツがちょっと嬉しい」。このキャベツがあるかないかで、かなり違う。美味しい駅弁でした。
by meshi-quest | 2012-10-30 08:05 | 旅行_国内


中目黒にあるお気に入りのイタリアン、


「Felicelina フェリチェリーナ」へ。












なかなか予約が取れなかったのだが、


たまたま1席空いており、当日滑り込みで入れてもらった。













秋は、キノコの季節。


どうしても「フェリチェリーナ」で食べたいキノコ料理がある。


そのキノコの生が入荷できる、9月~11月上旬までの限定品。


この日、メニューにはなかったのだが、それを頼んで作ってもらった。













「フレッシュポルチーニのソテー ラルド添え」


美味しすぎて、泣けた。










ありがとう、フェリチェリーナ。


ありがとう、ポルチーニ。


2012年の最高の一品かもしれない。













■「Felicelina フェリチェリーナ」
http://felicelina.com/















■今日のカメ

■「フェリチェリーナ」
f0232060_163138100.jpg東急東横線「中目黒駅」から徒歩10分ほど。目黒川を超えた静かな場所にあるビルの2階です。









■店内の様子
f0232060_1635382.jpgこの日も次々とお客さんが来て、予約で満席でした。









■テーブルセット
f0232060_16373528.jpgテーブルセットはこんな感じ。予約で来ると、青いワインリストの表紙に、予約者の名前が書かれています。








■1品目
f0232060_16393518.jpgメニューは、アラカルトのみで、前菜、パスタ、メインで分かれています。1皿で2人分くらいあるので、シェアを前提に食べる量など考えながら、好きなモノを選びます。

まずは、「福島県産 日本イチジク パルマ産プロシュートと栗のハチミツ添え」です。




■イチジク、アップ
f0232060_16425134.jpg西欧のイチジクと比べ、日本イチジクは甘さ控えめで、さっぱりしているので、塩気のあるプロシュートやサラダとよく合います。

栗ハチミツもいい味していて、おいしい。1品目からして、満足度が高い。





■2品目
f0232060_16454615.jpgこれは、「釧路産 秋刀魚 カダイフ包み揚げ スカルモッツアチーズの香り」です。

「カダイフ」とは、小麦粉を細長くしたもので、揚げると、パリパリした食感が楽しめます。






■秋刀魚、アップ
f0232060_16482063.jpg脂の乗った秋刀魚と、パリパリとした食感、チーズとトマトのソース、どれも合っていて、すごく美味しい!








■パン
f0232060_16495296.jpg以前とパンが変わったような気がしますが、個人的には、こっちの方が好き。

外側がしっかり焼けていて、中はふっくら。クロワッサンっぽい生地。ローズマリーの香りも良く、すごく美味しいパンでした。





■【特注】 3品目
f0232060_16524040.jpgフレッシュポルチーニの入荷があると聞き、メニューにはなかったのですが、特別に作っていただきました。

「フレッシュポルチーニ茸のソテー ラルド添え」です。

「ラルド」は、豚の皮の下の脂身です。



■ポルチーニ、アップ
f0232060_16544982.jpg本当に、感激です。
ここまで美味しいポルチーニ茸の料理は、食べたことがないほど。旨味がスゴすぎ。

泣けた。
今日来て、ホント良かった。





■4品目
f0232060_16571170.jpgいよいよパスタ。
これは、「カナダ産オマール海老のスパゲッティ 香草トマトクリームソース」です。写真は2人分。

テーブルに来た瞬間から、濃厚なオマールの香りと、トマトと香草の香りが充満。幸せ。





■オマール海老、アップ
f0232060_16593755.jpgこれでもか!というほど、大きなオマール海老のぶつ切りが入っています。オマールの身もしっかり楽しめます。絶品。








■5品目
f0232060_1712456.jpg2つめのパスタは、「鳥取県産 地鶏の砂肝 カサレッチ フィレンツェ茄子の軽い煮込みソース 茸の香り」という一品。

写真は2人分。






■地鶏砂肝、アップ
f0232060_1731528.jpg砂肝のパスタなんて初めて食べましたが、濃厚で、これまたすごく美味しい!

甘さは茄子で、香りはキノコで出ていて、絶妙なバランスになっています。






■こんなに、いっぱい!
f0232060_1745122.jpg手前にゴロッとしているのが、砂肝。こんなに大きな砂肝が、いっぱい入っていました。砂肝好きにはたまらん。

ただ、砂肝以外に、レバーも入っていたのは予想外だったので(苦笑)、これはよけておきました・・・。レバー苦手(泣)。




■6品目
f0232060_1775084.jpgメインは、「ブルターニュ産ホロホロ鶏の香草ロースト 茸とトリュフのクリームソース」です。写真は2人分。

これも、すごくいい香り。






■ホロホロ、アップ
f0232060_1794563.jpgホロホロ鶏の上にかかっている、落ち葉のようなトリュフ。

ホロホロ鶏もやわらかくて、とても美味しかったですが、なんと言っても、このトリュフソースが絶品でした。





■7品目
f0232060_171139100.jpg2つめのメインは、豚。

「スペイン産イベリコ豚のロースト 焦がしアンチョビソース 焼き野菜添え」です。







■イベリコ、アップ
f0232060_17125579.jpgやわからかくてジューシーなイベリコに、香草とアンチョビのいい香り。これも、すごく美味しかった!








■デザート
f0232060_17142797.jpgデザートは、4品くらいから選べます。

これは、「岡山産ルーラルカプリ農場 ヤギミルクヨーグルトのパンナコッタ 黄金桃ソース 自家製ヨーグルトジェラード添え」です。ちなみに、ジェラードは、トッピングで追加してもらったモノ。





■ヤギパンナコッタ、アップ
f0232060_17171129.jpg嫌な臭みはありませんが、ヤギだ!と分かるパンナコッタ。多少クセはありますが、ワインとかに合いそうなデザート。

個人的には、上に乗っている牛乳のヨーグルトジェラードが甘さと酸味が絶妙で、好きだったかな。





■カフェラテ
f0232060_17195145.jpg紅茶が切れているということで、珍しくカフェラテを食後に。


友達と、牛込神楽坂「茶寮 Saryo」でお茶。











とにかく和風なスウィーツが食べたくて、


最初は、饅頭カフェ「mugimaru2」に行く予定だったが、


あいにくやってなかったので、こっちへ。











「茶寮 Saryo」は、神楽坂界隈で人気のカフェで、


いつも混んでいるのだが、この日は、割とすんなりと入れた。












「ホントお互い大変よねー」なーんて、


若奥様のようなおしゃべりを楽しみながら、


ケーキをほおばりながら、お茶を飲む。












ケーキも、日本茶も、とても美味しかった。












■「茶寮 Saryo」
http://www.saryo.jp/kagurazaka.html















■今日のカメ

■「茶寮 Saryo」
f0232060_2143224.jpg大江戸線「牛込神楽坂駅」から徒歩3分ほど。東西線「神楽坂駅」からも5分ほど。

大通りから1本入った路地にあります。神楽坂は、路地にいいお店がいっぱい隠れています。






■店内の様子
f0232060_216738.jpg観光や買い物に来たおばさま方や、散歩途中の親子連れなどで、満席でした。









■「茜富士」
f0232060_2183384.jpg静岡県産深蒸し煎茶「茜富士」です。濃いめで、いい感じの渋みもあり、しっかりと茶の味がする、美味しい煎茶でした。

「茶寮」というだけあって、日本茶、中国茶、台湾茶など、お茶の種類は豊富です。





■金時芋のチーズスフレ
f0232060_21101554.jpgチーズケーキは、ベイクドよりも、スフレ派なのですが、この金時芋のチーズスフレは、芋の甘さと、スフレの感じがちょうど良く、かなり好みの味でした。美味しかったです。







■シフォンケーキ
f0232060_21114186.jpgフランボアーズのシフォンケーキ。

ベリーの酸味と香りが入った華やかなシフォンケーキでした。
by meshi-quest | 2012-10-28 08:05 | 神楽坂


友達とランチで、神宮前にあるイタリアン「Emilia エミリア」へ。











グルメで、私の好みもよく知っている彼女が、


前から気になっていて、教えてくれたお店。












店内は、ヨーロッパ風のかわいらしい装飾がされており、


窓がぶち抜きでオープンテラスになっており、


のんびり気持ち良く、食事が出来た。










せっかくなので、パスタにメインが付くBコース(3150円)を注文。


ランチにしては少し高めではあるが、どれも丁寧に作られていて、


美味しいイタリアンだった。











ちなみに、夜のコースは、5250円~。


アラカルトもやっていて、メニューも色々とあるようなので、また訪れたいと思う。











■「Emilia エミリア」
http://www.ciao-emilia.com/home.html














■今日のカメ

■「Emilia エミリア」
f0232060_202735100.jpgJR原宿駅から徒歩10分、副都心線「北参道駅」から徒歩10分ほど。最寄駅からはいずれも離れています。

この水色のかわいらしい看板が目印。






■外観
f0232060_20271686.jpg路地裏にあります。テラスもあります。










■店内の様子
f0232060_20303555.jpgヨーロッパ風のかわいらしい装飾がされている店内。カウンターとテーブルで、そこそこ席数はあります。








■前菜
f0232060_2033760.jpg前菜、パスタ、メイン、デザート、ドリンクが付く、Bコース(3150円)を注文。

前菜は、数種から選べます。これは、真鯛のカルパッチョ。






■真鯛、アップ
f0232060_20351239.jpgさっぱりしたオイルソースと、歯ごたえのある真鯛。美味しかったです。









■友達の前菜
f0232060_20363617.jpgフォアグラを青リンゴで包んだ冷菜。これは、コースにプラス500円。









■フォアグラ、アップ
f0232060_20375587.jpg1つ分けてもらったのですが、フォアグラと青リンゴがこんなに合うのか!とビックリするくらい、美味しくできていました。ワインが欲しくなる味w。








■パン
f0232060_2039856.jpgパンは2種類。
バケットと、玉ねぎとパセリが乗ったパン。









■パスタ
f0232060_20401322.jpgパスタも数種から選べます。

これは、「ウンブリケッリ 自家製パンチェッタと玉ねぎのソース」です。ちなみに、「ウンブリケッリ」とは、この地方の伝統料理で、卵を入れずに、小麦粉とオリーブオイルだけで作ったパスタです。





■パスタ、アップ
f0232060_20424789.jpg太めのモチモチとしたパスタ。

パンチェッタの塩気と、玉ねぎの甘味と、チーズの香りがよく合った美味しいソースでした。







■メイン
f0232060_2044756.jpg「若鶏のグリル トリュフオイルソース」です。










■若鶏、アップ
f0232060_20451531.jpgスルッと骨から取れるほど、やわらかい若鶏。

トリュフに惹かれて頼みましたが、美味しく出来てましたが、そこまでトリュフの香りはしなかったかな。






■友達のメイン
f0232060_2047421.jpg本日の鮮魚料理、黒ムツ(だったかな?)のソテー。









■グラニテ
f0232060_2048246.jpgランチコースにも、ちゃんと口直しのグラニテが出てきました。

香草のシャーベットです。いい香りですが、かなり香草が強いです。






■デザート
f0232060_20491073.jpgデザートも数種から選べます。

散々悩んだ挙句、やっぱりティラミスw。甘さ控えめで、美味しく出来ていました。お皿がかわいい。







■友達のデザート
f0232060_20503230.jpg素敵な銀食器に入ったジェラード。バルサミコソースがけ。









■カフェラテ
f0232060_20512617.jpg食後のカフェラテと、一口ビスコッティ。


ご招待いただき、六本木にあるイタリアン、


「L'OSTERIA オステリア」へ。










ここは、デザートのみならず、なんと前菜までもがワゴンで登場し、


好きなモノを好きなだけ選べるという、なんとも贅沢なイタリアン。











まるでお姫様気分。


これは、女の子は喜ぶだろうなあ~。











この日は、色々とあって意気消沈していたのだが、


目の前に次々と運ばれてくる前菜やデザートを見て、自然とニンマリ。


どれもとても美味しく、幸せな気分にさせてくれるレストランだった。











■「L'OSTERIA オステリア」
http://www.losteria-roppongi.com/















■今日のカメ

■「L'OSTERIA オステリア」
f0232060_193466.jpg大江戸線「六本木駅」から徒歩3分ほど。麻布警察署裏にあるピラミデビルの3階にあります。









■店内の様子
f0232060_1962378.jpg天井一面に素敵な絵が描かれていて、席の間隔も広く、ゆっくり食事ができます。









■テーブルセット
f0232060_1984673.jpgテーブルはこんな感じ。










■オリーブ
f0232060_199375.jpgサービスのオリーブ。










■パン
f0232060_19102339.jpg3種類のパン。どれもシンプルですが、味がしっかりしていて、美味しく出来ていました。









■前菜ワゴン、きた!
f0232060_19114656.jpg思わず、小躍りしてしまった魅惑の前菜ワゴン(笑)。

これだけの種類の前菜が目の前にやってくると、さすがにインパクトありますね。お姫様気分。






■スタッフの説明
f0232060_1913918.jpg前菜は、野菜、肉、魚など、15種類くらいありました。

スタッフの方が1つ1つ丁寧に説明をしてくれます。お好きなものをお好きなだけ・・・。うひょー。






■・・・というわけで。
f0232060_19144291.jpg成沢家の教えを守り、後悔無きよう、食べたいモノを全部いただいてみました。

全部で8種類です。







■前菜アップ①
f0232060_1916588.jpg牛肉の濃厚なメンチコロッケと、チーズの炙り焼き。うまい!









■前菜アップ②
f0232060_19173517.jpg茄子のソテーと、ブロッコリーのアンチョビ炒め。とってもいい香り。









■前菜アップ③
f0232060_19183276.jpg水牛のモッツアレラチーズのカプレーゼと、自家製コンビーフ。これも美味しい!









■前菜アップ④
f0232060_19193798.jpgなんとか鯛だったと思いますが(名前失念w)、カルパッチョです。









■白トリュフ
f0232060_19205027.jpg前菜の次は、パスタ。

今宵のスペシャルになっていた「白トリュフの自家製タヤリン クリームソース」です。

スタッフが、これでもか!というほど白トリュフを削ってくれています。いい香りだー。




■絶品パスタ
f0232060_19224365.jpg今年もいろんなお店でパスタを食べましたが、このパスタ、今年の私の中で1,2を争うほどの美味しさでした。

本当に美味しくて、泣けました・・・。






■メイン
f0232060_19245677.jpgメインは、メニューに載っていないスペシャルディッシュ、熟成させた牛肉のステーキ。









■熟成牛、アップ
f0232060_19273547.jpg肉の旨味が凝縮されていて、そしてやわらかい。これもすごく美味しい!









■デザートワゴン、きた!
f0232060_19285794.jpgチーズケーキ、タルト、ガトーショコラ、ジェラード、フルーツなど、ワゴンにいっぱい!うひゃー。









■・・・というわけで。
f0232060_19313471.jpgまた食べたいモノを素直にいただいてみたところ、こうなりました。ソウナリマスヨネー。









■デザート、アップ①
f0232060_1933251.jpg牛乳のジェラード、カタラーナ(イタリアのアイスカスタードケーキのようなもの)、メレンゲたっぷりのトライフルのようなデザートです。

どれも甘さ控えめで、すごく美味しく出来ていました。特に牛乳のジェラードは、ミルク感が強くて、好きな味。




■デザート、アップ②
f0232060_1936478.jpgフルーツに、ベイクドとスフレの2種類のチーズケーキ。

チーズの香りが良く、これも美味しかった!


神楽坂にあるケーキ屋「ATELIER KOHTA アトリエコータ」へ。











一見すると、普通のケーキ屋さんなのだが、


実は、奥におしゃれなイートスペースがあり、


ケーキの購入だけでなく、奥でイートインもできる。











時間帯にもよるが、午後のカフェタイムには、


お店で販売していないようなデザートも作ってくれて、


ここで食べられる。












さらに、ちょっと変わっているのが、


「スウィーツと料理の融合」をコンセプトに、


夜は、前菜やスープなど軽食と共に、


数種のデザートが出るデザートコースもある。













デザートまみれ(笑)になりたい人は、ぜひ。












■「ATELIER KOHTA アトリエコータ」
http://www.atelierkohta.com/index.html














■今日のカメ

■「アトリエコータ」
f0232060_19204125.jpg東西線「神楽坂駅」から徒歩2分ほど。

駅を出て、裏手の路地にあります。








■店内の様子
f0232060_19214675.jpg縦長の店内の奥に、おしゃれなイートインスペースがあります。

カウンター8席ほど。







■ショートケーキ
f0232060_19224874.jpgショートケーキと、紅茶を注文。










■ケーキ、アップ
f0232060_19235669.jpg華美な装飾が一切ない、シンプルイズベストなショートケーキ。クリームも、スポンジも甘すぎず、ちょうど良かったです。








■紅茶
f0232060_19255571.jpgポットで2杯分くらい。
by meshi-quest | 2012-10-25 08:04 | 神楽坂


急にカレー気分になったので、見知らぬ土地で新規開拓。


歩いている時にふと見つけた、「ヒマラヤンダイニングカリー サグーン」へ。











なんか「ヒマラヤン」という言葉に惹かれて入ってみたのだが、


基本は、普通のインド料理だった。


タンドリーチキンは美味しかったが、あとは普通かな。












■「ヒマラヤンダイニングカリー サグーン」
http://www.sagun.co.jp/















■今日のカメ

■「サグーン」
f0232060_1838820.jpgJR池袋駅東口から徒歩3分ほど。文芸座のすぐそばです。









■店内の様子
f0232060_18405326.jpgヒマラヤの写真でよく見かける「タルチョ」(仏教の経文が書かれたカラフルな旗)が店内に飾られていました。小さめの店内です。








■アイスウーロン茶
f0232060_1843463.jpgアイスウーロンと、お通しで出てきたインドスパイスの野菜炒め。









■「パパド」
f0232060_18443249.jpgインド風豆せんべい。










■タンドリーチキン
f0232060_18452699.jpgやわらかくて、すぐ骨から取れました。なかなか美味しく出来ていました。









■「パニールパコーダ」
f0232060_18475637.jpgカッテージチーズのインド風天ぷらです。ちょっと油っぽく、あまり美味しくなかったかな。









■チーズナン
f0232060_18485190.jpgナンの味なのか、チーズなのか、これもイマイチでした。









■バターチキン
f0232060_18493990.jpgバターチキンカレー。これも普通かな。





西荻窪にあるパイナップルラーメンの聖地、「パパパパパイン」へ。












以前、町にある『鬼門』の話をさせてもらったが、


この「パパパパパイン」がある場所も、店が落ち着かず、よく変わっている。


確か1つ前は、上海焼き小龍包のお店だったと思うが、


いつの間にか無くなり、気が付いたら、真っ黄色のパイナップルになっていた(笑)。











前々から気になってはいたが、なかなか行く機会が無く、


ついに、今回初パイナップルラーメンの聖地巡礼となった。











結論から言うと、塩ラーメンとして、美味しい。


もしかしたら、ここ数ヶ月に食べた塩ラーメンの中では、


一番美味しいかもしれない。











ただし、パイナップルは必須か?と言われると、


塩ラメーンの邪魔はしてないが、いらなくてもいいし、


私一個人では、酢豚にあるような熱したパインがあまり好きじゃないので、いらない。












とはいえ、パイナップルは必要だ。


いくら塩ラーメンが美味しいとはいえ、ラーメン戦争が激しい中、


ガチで塩ラーメン戦場に乗り込むのはキツイはず。











この「パイナップル」という強力な装甲車に乗ることで、


メディアの後押しもあるし、口コミも広がるし、良いことが多い。


現に、私も「パイナップルラーメン(笑)?」という気分でやってきて、


実際食べたらなかなか美味しくて、ビックリした次第。












もしかしたら、味的に、ラーメンにパイナップルは必須だ!


という方もいるかもしれないが、


私としては、「パイナップル=戦場を駆け抜ける装甲車」であり、


つまり、プロモーションなのだと解釈した。












いずれにせよ、これなら、この土地の鬼門も乗り越えそうだ。














ちなみに、パイナップルラーメン以外にも、


限定で、いろんなラーメンが食べられる。


ただし、販売期間は非常に短い。











この日も、実は「マママママロン」という新作があると聞いて行ったのだが、


マロンラーメンの販売は2日間だけだったようで、終わってしまっていた。












期間限定ラーメンは、下記、Twitterでお知らせされるとのこと。

■「パパパパイン」
https://twitter.com/paishio














■今日のカメ

■「パパパパパイン」
f0232060_17382090.jpgJR西荻窪駅南口から徒歩1分ほど。

南口にある飲み屋街を過ぎて、すぐの路地脇にあります。







■いっぱいん(笑)
f0232060_17404664.jpg全部乗せのことを、「いっぱいん」というようです(笑)。こういうの好き。









■店内の様子①
f0232060_17395117.jpgカウンター6席ほどの小さな店内です。










■店内の様子②
f0232060_17414654.jpg全開でパイナップルw。










■店内の様子③
f0232060_17423973.jpgパイナップルグッズの販売コーナーもありました。

世の中に、こんなにパイナップルグッズって、あるんですねw。







■パインラーメン
f0232060_17454776.jpgパイナップル塩ラーメンに、トッピングでパイナップル風味の味玉というのを付けました。750円+150円だったかな。








■ラーメン、アップ
f0232060_17483582.jpg意外と味がしっかりしていて、濃いめの塩ラーメンで、美味しかったです。

味玉は、ビックリするくらいパイナップル味で(笑)、ちょっと私は苦手かな。あと、チャーシューもイマイチかな。





■パイン、アップ
f0232060_17495780.jpgこんな感じで、パイナップルが乗っています。










■こっちは、いっぱいん。
f0232060_1747113.jpgこれは、別の人が頼んだパイナップルラーメンの全部乗せ「いっぱいん」。

海苔やチャーシューが増え、その名の通り、パイナップルも増えていましたw。
by meshi-quest | 2012-10-23 08:08 | 西荻窪
プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ