<   2013年 03月 ( 34 )   > この月の画像一覧




東京ミッドタウンの夜桜ライトアップ。


満開。









太陽光を浴びて、初々しく咲くかわいらしい桜もいいが、


夜のライトアップで、小悪魔のように妖艶なピンク姿の桜も素敵だ。











個人的には、夜桜の方が好きかな。















■今日のカメ

■夜桜①
f0232060_21114720.jpg満開。多くの人たちが夜桜を見に来ていました。










■夜桜②
f0232060_21133047.jpgデジカメで撮ったので、ちょっと分かりにくいですが、桜の間から満月が見えました。









■夜桜③
f0232060_21151084.jpg六本木の高層ビルと夜桜。










■夜桜④
f0232060_2116784.jpg夜桜の間に橋がかかっていて、橋の下は道路。夜桜をを見るためか、気持ち、通っていく車のスピードもゆっくりな気がします。








■夜桜⑤
f0232060_211866.jpg道路の両脇が桜並木。ドライブしたいなあー。



友達と神楽坂「鳥半」でランチ。











ここの名物「親子丼」は、親子丼と聞いて想像するアレとちょっと違う。


濃いめの味付けで、個人的には好きな味の親子丼でした。












■「神楽坂 鳥半」
http://www.torihan.jp/index.html















■今日のカメ

■「神楽坂 鳥半」
f0232060_1612129.jpg東西線「神楽坂駅」、大江戸線「牛込神楽坂駅」から徒歩5分ほど。兵庫横町という細道を抜けた先にあります。








■店内の様子
f0232060_16181680.jpgカウンターメインで、奥にテーブルもあります。










■小鉢
f0232060_16191892.jpg小鉢2品と、香の物。小鉢は大根おろしと、高野豆腐の煮物でした。









■親子丼
f0232060_16201164.jpgランチ名物の「炭火焼親子丼」(1000円)です。










■親子丼、アップ
f0232060_16213115.jpg親子丼といっても、卵と具が混ざっているのではなく、ふわふわ卵の上に、鶏の炭焼きが乗っています。

ボリュームたっぷり。鳥専門店が出す鶏なので、やわらかく美味しかったです。





■デザート
f0232060_1623484.jpg最後にわらびもちが出てきます。
by meshi-quest | 2013-03-31 08:05 | 神楽坂



10年ぶりくらいに渋谷の「モボモガ」に来た。












私が高校生の時、ほぼ毎日のように渋谷に来ては、


ようもないのに町をうろうろして、


決まって最後は「モボモガ」で夕食食べたり、お茶したりしていた。











昔から、割りと飲食にはうるさい子供だった。


とはいえ学生なのであまりお金もないので、


学生でいける範囲で、味良く、手頃な値段で、ボリュームもあり、


店の雰囲気も良くて、居心地がいいところを常に探していた。











あの頃は、ホントよく「モボモガ」行ったなあ。


久しぶりにランチで立ち寄り、ハンバーグプレートを食べたが、


相変わらずすごいボリュームで、お手頃で、なかなか美味しかった。











■「モボモガ」
http://www.cafe-master.com/cafes/shibuya/mobomoga
















■今日のカメ

■「モボモガ」
f0232060_15534587.jpgJR渋谷駅から徒歩5分ほど。ファイアー通り沿いの雑居ビルの2階にあります。

渋谷には、この神南店と、東急ハンズ近くの宇田川店があり、学生時代は宇田川店の方にしょっちゅう行ってました。





■店内の様子
f0232060_15561028.jpgロッジみたいな木の作りの店内。これは、宇田川店も一緒です。









■ハンバーグプレート
f0232060_1559689.jpg昼も夜も、かなりボリュームたっぷりの食事が出ます。メニューも豊富で、タコライス、照り焼きチキンから、おつまみや酒もたくさんあります。








■ハンバーグ、アップ
f0232060_161376.jpgモボモガ特製のハンバーグ。美味しかったです。










■ランチスープ
f0232060_1623212.jpgワンプレートランチを頼むと、コンソメスープが付いてきます。
by meshi-quest | 2013-03-30 08:07 | 渋谷・神泉




中目黒にある大好きな鮨屋、


「鮨 尚充 たかみつ」へ。












相変わらず元気で笑顔が素敵な大将と、


一緒に働く元気なお弟子さんたち。


そして、ここでしか食べられない美味しいつまみと鮨。


久しぶりの訪問だったが、すごく居心地が良く、幸せになれる。












「尚充」には、なんだか元気がないときに行くことが多い。


ところが、時計の針が12時を差し、また新しい一日が始まろうとする頃、


スッと体から重いモノが消え、また明日頑張るか!という気分になれる。











料理も、人も、店の雰囲気も一体となって、


こういう気分にさせてくれるお店は少ない。


私にとってとても貴重なお店の1つ。















■今日のカメ

※写真の量が多いので、スマホからご覧のお客様で重い場合は、
PCからご覧いただければと思います。




■「鮨 尚充」
f0232060_21402724.jpg東急東横線中目黒駅から徒歩8分ほど。目黒川から2本くらい裏に入った路地にひっそりとあります。









■店内の様子
f0232060_21412781.jpg大将を囲むように作られたカウンター10席ほどの小さな店内です。大将との会話と、ゆっくり食事が楽しめます。








■大将
f0232060_2143421.jpgいつも元気な大将。

今年で2年目になり、オープン当初から通わせてもらっていますが、連日多忙の中、大将から笑顔が消えていたり、疲れた顔を見せたことがありません。太陽みたいな方。





■テーブルセット
f0232060_21451251.jpg清潔感あふれるカウンター。










■1品目
f0232060_2146296.jpg大将のおまかせで、つまみと鮨を出してもらっています。

これは、「ほうぼう」。







■2品目
f0232060_2146533.jpgほたるいかの炙り。今が旬ですね。










■3品目
f0232060_21472920.jpg北海道網走産の毛ガニ。大将曰く、毛ガニは網走がうまい、とのこと。

確かに、甘くて、絶品!







■4品目
f0232060_21484277.jpgめひかりの焼き物。

このめひかり、この小さなサイズで、めちゃくちゃ脂が乗っていて、味がしっかりしている。うまい!







■5品目
f0232060_21494241.jpg尚光名物のあん肝。

北海道余市のあん肝を独自のレシピで煮て、上にはスイカの奈良漬が乗っています。色んなところであん肝食べてきましたが、尚光のあん肝以上のものを食べたことがないです。





■6品目
f0232060_21513159.jpg三浦半島佐島のたこを使った煮だこ。やわらかくて、これもホント美味しい。









■7品目
f0232060_21523777.jpg銚子のとり貝。酢味噌で。










■8品目
f0232060_21533325.jpgとてもやわらかい煮あわび。厚切り。










■9品目
f0232060_21543535.jpgとらふぐの白子。

白子はあまり得意じゃないのですが、この白子は全く臭みなく、クセもなく、豆腐とチーズを足して2で割った感じでした。






■10品目
f0232060_21554278.jpg西京味噌風味のからすみ。酒が進む。










■11品目
f0232060_2156299.jpgのどぐろ(赤むつ)の焼き物。

これは、さっきのめひかり以上に、脂が乗っていて、ジューシー。これだけ食べ続けたいくらい。絶品でした。






■12品目
f0232060_21581333.jpgいよいよ、鮨へ。

これは、さより。








■13品目
f0232060_2159149.jpg黒鯛です。やさしい味わい。










■14品目
f0232060_21594781.jpgあおりいか。甘味があるので、塩で。










■15品目
f0232060_2203549.jpg高知県の中トロ。脂がさっぱりしていて、食べやすい中トロでした。









■16品目
f0232060_222724.jpgあじ。










■お代わり(笑)
f0232060_2224917.jpgどうしても食べたくなったので、プリン体暴走覚悟で、あん肝お代わりw。









■17品目
f0232060_2234877.jpg尚充の茹でたてのエビ。すごく甘くて、ホント美味しい。この後、お代わりでもう1匹食べていますw。

ちなみに、鮨は食べたいだけ注文できるので、私はお代わりまでして食べ続けてますが、途中でストップも可能。むしろ、みんなこんなに食べません・・・。




■18品目
f0232060_2253759.jpg大きな小柱。小柱にしては、大きい。










■ウニ、きた!!
f0232060_2265759.jpgウニの山。テンションが上がります。










■19品目
f0232060_2274875.jpg北海道土肥の紫ウニ。甘味があって、コクもあるのに、意外とさっぱり。美味しい。









■20品目
f0232060_2295783.jpg穴子の塩です。










■21品目
f0232060_22103554.jpg塩を食べたら、たれでも食べたくなるのが人というものです・・・。

ああ、穴子美味しいー。







■22品目
f0232060_22112813.jpg香川県産の赤貝。プリプリ。

私が食べ続けるので、穴子後なのに、蛇足的にまた色んなものを出してもらってますw。おそらく、この日、店にあった全ネタを食べたんじゃないかな(苦笑)。





■23品目
f0232060_2213999.jpg香りの良い、美味しい〆鯖でした。










■24品目
f0232060_2214498.jpg〆の巻物は、かんぴょうか、梅シソにしますか?と聞かれ、即答でとろたくを注文w。









■25品目
f0232060_22152833.jpg尚充の〆の玉子は、口直しのデザートも兼ねていて、玉子の味と甘味が強いお菓子のような味がします。

この玉子ケーキが大好きで、洋菓子として販売しても売れるんじゃないかと思う。もちろん、お代わりしています。




■26品目
f0232060_22173165.jpgはまぐりと青海苔の味噌汁です。










■口直し
f0232060_2218964.jpg熟したほおずきをいただきました。


荻窪に地元で人気のスペインバルがあると聞いて、


南口にある「ノースシップ ばる」へ。












入口に大きなスペイン国旗が掲げられていて、


店員さんも、FCバルセロナのユニフォームを着ており、


スペインムード満点。











料理も、スペイン風のものが多いが、


スペイン料理専門店という感じではなく、スペイン風居酒屋という方が近い。











料理は、ボリュームがあって、値段もリーズナブル。


これは!というものはなかったが、平均的にどれも美味しかったので、


ちょっとみんなで集まって飲んだり、一人でフラッと来るには良いかもしれない。













■「ノースシップ ばる」
http://hitosara.com/0005011451/















■今日のカメ

■「ノースシップ ばる」
f0232060_1546533.jpgJR荻窪駅南口から徒歩7分ほど。荻窪高校の向かいにあります。









■店内の様子
f0232060_1548244.jpgカウンターがメインで、テーブルもあります。席数はそこそこあります。









■サングリア
f0232060_15491053.jpgサングリアの赤で乾杯。










■バルセロナビール
f0232060_15501784.jpgFCバルセロナのオフィシャルビールだそうです。初めて見ました。









■バルセロナロゴ
f0232060_15511541.jpgビールの口の部分にFCバルセロナのロゴが入ってます。









■名物バーニャカウダ
f0232060_163240.jpgこのボリュームでなんと650円。










■野菜、アップ
f0232060_1635682.jpgいろんな野菜がいっぱい入っていて、野菜も新鮮でみずみずしく、美味しかったです。









■バーニャソース
f0232060_165154.jpg美味しくできていましたが、個人的にはもう少しクリーミーでアンチョビ控えめの方が好きかな。あと、野菜の量が多い分、ソースがちょっと少ないかな。







■アヒージョ
f0232060_16782.jpgスペイン名物料理のアヒージョ(オリーブオイル煮)。

種類も色々とあり、これはカラマリ(イカ)アヒージョです。500円だったかな。






■「卵のエステルヤード」
f0232060_1695738.jpg細かく切ったじゃがいもやソーセージを炒めた上に、玉子焼きを乗せたもの。子供が喜びそうな感じ。500円也。








■砂肝のコンフィ
f0232060_16113356.jpgちょっと塩コショウが強いかな。550円也。










■エビのフリット
f0232060_16133782.jpg美味しくできていましたが、フリットと言うより、エビフライかな・・・。軽い衣ではなく、ガッツリ衣がついてますw。








■魚介パエリア
f0232060_16152795.jpgパエリアもいくつか種類がありました。

これは、魚介のパエリアです(2700円)。








■パエリア、アップ
f0232060_16162829.jpg他のメニューが安くてボリュームあったので、かなり期待していたのですが、具が少なく、ちょっと残念でした。

スペイン人がやっている本場スペイン料理店とかでパエリア頼むと、米が見えないくらい具が乗りますが、パエリアは具だくさんの方が美味しいですね。




■ジェラード
f0232060_1620485.jpg阿佐ヶ谷にあるジェラード専門店「シンチェリータ」さんの「ノッチョーラ」(ヘーゼルナッツ)です。いい香りで、美味しかった。


地元に人気の鮨屋があるということで、


中野北口にある「魚がし鮨」へ。











場所は知っていて、いつも通るたびに賑わってるなあと思っていたが、


今回やっと機会があって、入ってみた。











結論から言うと、とても美味しかった。


確かに、高級鮨店と比べてしまうと、あれなんだが、


費用対効果が良くて、この値段でこのネタが食べられるなら、


それは人気あるだろうなあ、という感じ。











翌朝6時までやっているので、


ちょっと気軽に、でも回ってない鮨が食べたい!、


そんな時は、重宝しそう。











■「魚がし鮨 中野北口店」
http://www.kyoueisougou.com/tenpo/nakanokita/nakanokita.html














■今日のカメ

■「魚がし鮨」
f0232060_2150797.jpgJR中野駅から徒歩3分ほど。北口の飲み屋街の通りに面した角地にあります。









■店内の様子①
f0232060_21513912.jpgカウンターがメイン。席数はそこそこあります。

お客さんが多く、その割りにスタッフが少ないので、特にサイドメニューやドリンクは少し出てくるのが遅かったです。鮨は、すぐ握ってくれます。






■店内の様子②
f0232060_2153433.jpgテーブル席もあります。

でも、鮨屋はやっぱりカウンターがいいですね。








■お茶で。
f0232060_2154193.jpg鮨が大好きなので、鮨食べる時は基本酒は飲まずに、全身全霊で鮨と向かい合います。









■甘エビ刺し
f0232060_21551017.jpg甘味の強い甘エビでした。










■にぎり①
f0232060_2157285.jpg中トロ、マグロ、カンパチ、エンガワ。ネタも厚みがあり、食べ応えがありました。鮮度も悪くなかったです。

値段は、回転寿司よりもちょっと高いくらい。






■にぎり②
f0232060_21591158.jpgエビとアジ。










■にぎり③
f0232060_21595062.jpg太刀魚です。










■にぎり④
f0232060_2202818.jpgとろたく巻です。
トロとたくわんの組み合わせを発見した人には、ホント感謝状を贈りたいです、マジで。








■茶碗蒸し
f0232060_2213675.jpg注文からなかなか出てこなかったですが、具だくさんで美味しい茶碗蒸しでした。









■さわらの西京焼
f0232060_2223769.jpgさわらもしっとりと良く焼けていて、脂乗っていて、美味しかったです。









■つまみ玉子
f0232060_2233630.jpg甘さ控えめの、お弁当に入ってきそうな出汁玉子焼きでした。

甘い玉子焼きが苦手なので、甘さ控えめの方が嬉しい。


知り合いから、女の子が喜びそうなつけ麺があると聞き、


新宿御苑にあるベジつけ麺「麺や庄の gotsubo」へ。











ここは、同じく新宿二丁目にある濃厚鶏つけ麺「GACHI」の姉妹店。


濃厚好きの私としては、ドロドロ、ギトギトを期待していたのだが、


全くそんなことはなく、かなりさっぱりとしたつけ麺だった。












出てきたベジつけ麺は、見た目とても華やかで、


「つけ麺」と括るには、もったいないほどであった。


1つ1つとても手間がかかっていることが分かる。











しかし、値段考えると、ある程度仕方がないのだろうが、


野菜の甘味も、苦味も感じず、野菜自体があまり美味しくなかった。












さらに、好みもあるだろうが、つけ汁の煮干が濃く、


煮干スープを飲んでいる感じがして、飽きが来る。


さらっとしたスープなので、野菜に付けて食べるにも、あまり絡みが良くなかった。











「女の子が喜びそうな・・・」と言われたんだが(苦笑)。


うーん、見た目の華やかさは良かったんだけどなあ。












■「麺や庄の」
http://www.menya-shono.com/















■今日のカメ

■「麺や庄の gotsubo」
f0232060_13114363.jpg丸の内線「新宿御苑前駅」から徒歩5分ほど。










■店内の様子
f0232060_13131338.jpgカウンター6席くらいの小さな店内です。










■特製ベジつけ麺
f0232060_1314288.jpgすごく華やかで、豪華。麵の上にも、下にもいろんな具が乗っています。950円だったかな。









■麵、アップ
f0232060_13154189.jpg麵の上には、薬味として麵と一緒に食べる色とりどりの野菜と、チャーシューが乗っています。

チャーシューは硬くて、あまりジューシーさもなく、イマイチでした。






■皿、アップ
f0232060_13164367.jpg紅芯大根やパプリカなど、いろんな野菜が置かれています。玉子やチャーシューも。









■つけ汁
f0232060_1318959.jpg煮干と塩が強かったです。この味しかしないので、ちょっと飽きてしまいました。私は苦手かな・・・。
by meshi-quest | 2013-03-26 08:04 | 新宿



ものすごいボリュームの前菜と、


本格的なシチリア料理が食べれると聞き、


神泉にある「アルキメーデ」へ。











まず冒頭で言ってしまうと、


「アルキメーデ」は今年3月末で閉店をする。











偶然こんなタイミングになってしまったのだが、


このメシクエに掲載されるであろう数日後に閉店するお店へ、


今回初めて伺った。


まさに一期一会なのだが、これも何かの縁なのだろう。












話に聞いていた通り、前菜含め、メインも、デザートもボリュームたっぷりで、


これで1人3800円のコースということでやっていけるのかと、


こっちが心配になるくらいだった。


コストパフォーマンスは相当良いと思う。











味付けは若干クセがあるものの、


メインやデザートは非常に美味しかった。


お店で焼いている自家製のパンも美味しかったなあ。


前菜とパスタは、正直、普通だったかな。












閉店の理由は分からないが、勿体無い。


神泉という町はホント人通りなく、難しい場所ではあるが、


伺った際も満席で、来る客や電話などでも断りを入れていたほどなので、


うーん、やっぱり勿体無い。











個人的に思うこととして、メニューが比較的豊富だったので、


廃棄分のロスを無くすために、コースでも種類を絞って、


かつ、場所も神泉から移せば、かなり安定するのではないかと思う。












最近、ここまでガッツリ料理を出してくれるお店が少なくなったので、


久しぶりに豪快で、気分の良いコースだった。


またいつかどこかでお会いできることを楽しみにしている。












■「アルキメーデ」
http://r.gnavi.co.jp/b634200/

※最終営業日は、2013年3月30日(土)まで。














■今日のカメ

■「アルキメーデ」
f0232060_0121590.jpg井の頭線「神泉駅」から徒歩30秒ほど。駅からすぐの半地下です。









■店内の様子
f0232060_0133468.jpgテーブルが8卓ほど。こじんまりとした店内です。静かに落ち着いて食事ができます。









■テーブルセット
f0232060_015126.jpgテーブルセットはこんな感じ。










■自家製パン
f0232060_0211613.jpg焼き立ての自家製パン。このパンが外がカリッとしていて、中がもっちり甘味があり、すごく美味しかった。

また、このオリーブオイル(シチリア産「カステル・ディ・レゴ」の初絞り)がめちゃくちゃおいしくて、オリーブオイルのお代わりをしちゃいました。



■冷菜
f0232060_0313673.jpg3800円のコースのみで、最初になんと7種の前菜が出てきます。

これは冷菜5種盛り合わせ(2人分)。かなりのボリュームです。






■冷菜アップ①
f0232060_037194.jpgノルウェーサーモンと、きゅうりと、ディルのサラダです。さっぱりしています。









■冷菜アップ②
f0232060_038188.jpgシチリア名物の茄子とオリーブのトマト煮込みです。甘味があって、かなり好きな味でした。









■冷菜アップ③
f0232060_0391933.jpg牛すね肉のジェノベーゼソース和えです。










■冷菜アップ④
f0232060_0401077.jpgイカとエビのマリネです。










■冷菜アップ⑤
f0232060_040555.jpg豚のパテの上に、鶏のレバーペーストが乗っています。かなり濃厚。









■温菜
f0232060_0414829.jpg温菜2種は、シチリア郷土料理「ベッカフィーコ」(いわしの包み焼き)と、自家製サルシッチャ(スパイシーなソーセージ)です。








■パスタ①
f0232060_0472750.jpgコースのパスタは7種のうちから2種選べます。

これは、「仔牛のラグーのカルボナーラ」です。








■カルボナーラ、アップ
f0232060_0485285.jpg見た目よりも、味が薄くて、コクが足りない感じ。もう少し濃厚さが欲しかったかな。









■パスタ②
f0232060_0501348.jpgこれは、「青のりを練りこんだタリアテッレ アンチョビと生しらすのソース ルーコラとまぐろのボッタルガ(からすみ)添え」です。








■タリアテッレ、アップ
f0232060_0521191.jpgかなりボッタルガ(からすみ)としらすの味と香りが強いパスタです。

独特の風味とクセがあるので、ちょっと好き嫌いが分かれるかも。青のりのパスタはとても美味しかったです。





■メイン①
f0232060_053549.jpgメインは、肉4種、魚1種から選べます。

私は、豚を選びました。これは「かくまさんの豚肉 2種類の盛り合わせ カツレツのモルタデッラとモッツアレラの重ね焼き、アーティチョークとペコリーノチーズ入りインボルティー」です。





■豚、アップ
f0232060_0571287.jpgメインも、すごいボリュームです。これで1人分。

左がカツレツ、右がインボルティー(豚のロール焼き)です。どちらも豚がやわらかく、とても美味しくできていました。






■メイン②
f0232060_0593817.jpgこちらは別のメイン「鴨胸肉のロースト シチリア産マルサラソース」です。

大きな鴨切り身が4つも。下にはマッシュポテトが添えてあります。一口味見をさせてもらましたが、鴨肉もやわらかく、クセがなく、美味しかったです。





■デザート①
f0232060_122670.jpg3800円のコースに、プラス1000円でデザートと食後の飲み物がつきます。

デザートは5種から選べ、これは、「グレープフルーツのカンパリゼリー寄せ リモンチェッロでマリネしたキウイとパッションフルーツのジェラート添え」です。




■カンパリゼリー、アップ
f0232060_145030.jpgデザートもかなりボリュームたっぷり。

カンパリの風味と、グレープフルーツ、キウイ、パッションフルーツがよく合っていて、すごく美味しかった!






■デザート②
f0232060_17140.jpgこれは、「シンプルなパンナコッタにプロンテ産ピスタチオのソース 木いちごのシャーベット添え」です。








■パンナコッタ、アップ
f0232060_183073.jpgピスタチオとエスプレッソのソースがパンナコッタととてもよく合っていました。

パンナコッタ自体も、シナモンやレモンピールなどが入っており、すごく風味が良かったです。
by meshi-quest | 2013-03-25 08:08 | 渋谷・神泉


代官山にあるお気に入りのワッフル専門店、


「Waffle's ワッフルズ」へ。











粉モノ系のデザートに目がなくて、広く言えばケーキ類全般に好きだし、


ワッフル、パンケーキ、マドレーヌなど粉が前面に出ているお菓子も好きだ。











「ワッフルズ」は、かわいらしい店内の雰囲気が好きで、


特に1階はキッチンとテーブル席が近いので、


注文してから焼いてくれるワッフルの甘くていい香りが


店中に広がってく感じがいい。











味も美味しい。


粉の味がしっかり出ている。


そして、なんと言っても、量が多いのがいい。












ワッフルとかパンケーキって、絵本に出てくるような感じで、


ドカンと出してもらわないと美味しそうに見えないし、食べた気がしない。


いろんな意味で、ワッフルズは、バランスがいいんだよなあ。













■「Waffle's ワッフルズ」
http://www.waffles-daikanyama.com/
















■今日のカメ

■「ワッフルズ」
f0232060_1722752.jpg東急東横線「代官山駅」から徒歩5分ほど。

代官山アドレス側に出て、キャッスル通りを進んでいった路地にあります。







■店内の様子
f0232060_17242275.jpg1階は相席用の大きなテーブルと、2名用の小さなテーブルがあります。

キッチンも近いので、友達の家に遊びに来て、ワッフルを焼いてもらってるようなアットホームな感じがあります。





■チョコバナナ
f0232060_17263010.jpgワッフルは、いろんな種類のトッピングがあります。

これは、「バナナ&ホイップクリーム&アイスクリーム&チョコレートソース」(950円)です。






■チョコバナナ、アップ
f0232060_1728598.jpgかなり食べがいがあります(笑)。


イタリアン好きの友達と共に、


去年末にオープンしたイタリアン「Convivio コンヴィーヴィオ」へ。












ここは、渋谷にある有名なイタリアン「ビオディナミコ」で、


立ち上げ当初から携わってたシェフが独立されて開いたお店。












歌舞伎町の目の前の雑居ビルにあるが、


店内は新宿とは思えない感じの清楚で高級感を出した作りになっていた。












ランチ訪問だったが、前菜から最後のデザートまでとても美味しく、


とても満足できる内容になっていた。


3500円でここまで出してくれるなら、かなりお得だと思う。













これなら、夜もぜひ・・・と思い、


ディナーメニューを見せてもらったところ、


ランチメニューと半分以上同じで、値段がかなり上がっていて、


実際食べてみないと分からないにせよ、


正直、これならランチでもいいかなという印象を受けた。












もう1つついでに言うと、おそらく新宿のど真ん中で、


本格的なイタリアンが食べられるということをコンセプトで


内装も、スタッフのサービスも高級志向で整えたと思われるが、


実際、雰囲気は『高級そう』でも、壁紙だったり、イスだったり、


本当に高級なわけではなく、全体的に中途半端だった。











客層も、ランチだったからかもしれないが、


店の思いに沿った(?)着飾ったマダムもいれば、


ジーパンが悪いとは言わないが買い物帰りのようなマダムもいて、


そういう意味でも全体的にアンバランス感があった。











個人的な意見を言わせてもらえば、


中途半端に高級にするくらいなら、


店内もスタッフももう少しカジュアルにし、


だけど、料理の内容や価格帯は守る、くらいのほうがいいのではないかと思う。












まあ、客は好き勝手なこと言うもんなので(苦笑)、


店側にしてみれば、こっちだって色々と大変なんだよ、ということだろうけど。












■「Convivio コンヴィーヴィオ」
http://www.convivio.jp/














■今日のカメ

■「コンヴィーヴィオ」
f0232060_16323844.jpgJR新宿駅から徒歩2分ほど。歌舞伎町近くの雑居ビルの4階にあります。









■ちなみに、ここ。
f0232060_16345785.jpgちなみに、このケンタッキーが入っているビルの4階です。

お店の雰囲気や内容から受ける印象と、入っている雑居ビルがあまりに違うので(笑)、そういう意味で迷いました。





■テーブルセット
f0232060_16354546.jpgランチは3500円のコース1つのみです。

席数が少なめなので、要予約。








■1品目
f0232060_16374923.jpg「トリッパの煮込み」からスタートです。1品目からいきなりトリッパというのが意外でした。









■トリッパ、アップ
f0232060_16392468.jpgあまり内臓系が得意ではなく、トリッパも好んで食べないのですが、このトリッパは絶品でした。

臭みもなく、やわらかく、トマトソースも甘くて美味しくできていました。今まで食べたトリッパの煮込みの中で、一番美味しかったかも。





■2品目
f0232060_16405278.jpg色々な前菜の盛り合わせです。

天使のエビのマリネ、ミートボール、フォアグラの冷菜など。色んな味が少しづつ楽しめて、どれもとても美味しかったです。






■パン
f0232060_1644792.jpgほうれん草を練りこんだパン、フォカッチャなど3種類。パンも美味しくできていました。









■3品目
f0232060_16451361.jpg「自家製タリオリーニ 魚介のラグー」です。










■タリオリーニ、アップ
f0232060_1646562.jpg小柱たっぷりの具沢山ラグーソース。魚介の出汁と香りがしっかりと出ていました。









■4品目
f0232060_16473061.jpg「牛ラグーを詰めたスキアッフォーニ クリームソース」です。

スキアッフォーニとは、筒状の太いパスタの一種です。






■スキアッフォーニ、アップ
f0232060_16495168.jpg牛ラグーとチーズとクリームソースで、かなり濃厚な一品。好きな味でした。









■植木鉢、きた!
f0232060_16513574.jpgパスタとメインの間に、口直しでいただく野菜マリネのスティック。

かわいらしく、植木鉢に刺さっています。ちなみに、植木の土部分は、生米が敷き詰められていました。





■5品目
f0232060_165318100.jpgメインは、「酵素ポークの赤ワイン煮込み」です。

最近、佐賀県のブランド豚「酵素ポーク」を使う店が増えてきたなあ・・・。







■酵素ポーク、アップ
f0232060_16561794.jpgかなりやわらかく煮込まれています。ジューシーで、トロトロ。

ただ、煮込みなので、酵素ポーク自体の味はあまり分からなかったかな。






■ドルチェ
f0232060_1658495.jpg赤チコリのドルチェです。










■ドルチェ、アップ
f0232060_1659113.jpgきれいな花みたい!










■かわいいラテアート
f0232060_1712884.jpg食後のカフェラテには、かわいい猫のラテアートが描かれていました。しかも、友達と私ので、ちゃんと顔が違う!
by meshi-quest | 2013-03-23 08:10 | 新宿
プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ