<   2014年 03月 ( 31 )   > この月の画像一覧





久しぶりに、友達さっちゃんのお店、


「アパートメント食堂 なか川」で夕食。












本物のアパート1階の一室に、


小さな台所と、大きなテーブルとイスが6つ。


さっちゃんの美味しい手料理が食べられる家庭食堂。












私は、たいてい体調が悪いときとか、ストレス溜まっているときにココに来る。


さっちゃんとくだらない話をして、温かいご飯を出してもらって、


食べ終わる頃には、身も心も軽くなってる。













今日も美味しいご飯でした。












■アパートメント食堂 なか川
http://apashoku-n.no-blog.jp/blog/















■今日のカメ

■アパートメント食堂
f0232060_14113076.jpgJR西荻窪駅から徒歩1分くらいのところにあるアパートの一室がお店。

アパート前に掛かっている、この看板が目印。







■アパートの様子
f0232060_14124764.jpg1Kのアパートなので、MAX6人くらいしか入らない。1つのテーブルをみんなで囲む。









■鬼おろし
f0232060_14143771.jpg定食のほか、小鉢も数種。

さっちゃんところの大根がいつもめちゃくちゃ甘いので、鬼おろしを必ず注文。







■ハンバーグ定食
f0232060_14154840.jpg手作りハンバーグ定食(1050円)。おかかの煮付けや、ほうれん草の胡麻和えなど、手作り惣菜も付け合せされています。








■ハンバーグ、アップ
f0232060_14173035.jpg商業ハンバーグとは違う、家のやさしいハンバーグ。美味しかった!
by meshi-quest | 2014-03-31 08:00 | 西荻窪




久しぶりに、ちい散歩でお茶の水に行ってきた。













たいした目的もないまま、見知らぬ町へ降り立ち、


時に驚き、時に迷いながら、散歩を楽しむ大人遊び。












とはいえ、今回は、1つだけ明確な目的があって、


御茶ノ水にある明治大学駿河台キャンパスに行こうとしていた。













今のゲームという職からは全く関係ないが、


その昔、大学時代は、刑法を学んでいた。













残念ながら、通っていた国際基督教大学には、


刑法専門の学科がなかったので、やんわりと学ぶにとどまり、


結果、刑法とは全く無縁のゲームでお世話になることになったのだが、


当時は、刑法とか、刑務所とか、拷問の歴史とか、そんなのを取り扱っていた。













知らなかったのだが、どうやら明治大学の地下に、


刑事関連の博物館があり、そこを無料で一般開放していると聞き、


数十年経った今、刑事心に火がついて、行ってみることにした。












明治大学のコモンアカデミーという大きくて立派なビルの地下に、


明治大学の歴史とか、古墳で発掘された考古学資料と共に、


「刑事」という展示スペースがあり、江戸時代の刑事文献とか、


拷問具のレプリカとか、打ち首獄門の写真とか、そんなのがあった。












本物の「生類憐みの令」と「武家諸法度」があって、


個人的にテンション上がった。


あと、レプリカだが、「鉄の処女」という拷問具はよく再現されていた。












明治大学博物館を見るついでに、


せっかくなので、御茶ノ水をブラブラしてみたが、


ニコライ堂とか、神田明神とか、おりがみ会館とか、


東京で生まれ育ったが、見たことなかったものが満載で楽しかった。













東京は、奥が深いなあ。


電車でちょろっと行ける距離に、いろんなものがあるんだもの。












■明治大学博物館の情報はこちら。
https://www.meiji.ac.jp/museum/index.html















■今日のカメ

■明治大学
f0232060_1217161.jpg学生時代も明治の友達いなかった。初めて来た!










■ホテルみたい!
f0232060_12182373.jpg大きくて、立派な校舎でした。










■アカデミーコモン
f0232060_12202099.jpgこのアカデミーコモンという建物の地下に、博物館があります。入園無料で、月~土まで10:00~17:00。

上野とかの博物館と比べちゃうとなんですが、無料で開放してもらってて、そこそこ所蔵量もあり、楽しませてもらいました。




■ニコライ堂
f0232060_122493.jpg名前は聞いたことありましたが、思った以上に大きくて立派で驚いた。

ちなみに、「ニコライ堂」は通称で、正式名称は「東京復活大聖堂」というらしいです。






■神田明神正門
f0232060_12265663.jpg「神田明神」も聞いたことはありましたが、初めてきた。正式名称は、「神田神社」。









■境内
f0232060_1228519.jpg大黒様と、えびす様と、平将門を祀っているそうです。参拝客、結構多かったです。









■大黒様
f0232060_12294973.jpg大黒様の像。入念に祈りを捧げてきました。










■えびす様
f0232060_1231881.jpg子供の頃のえびす様だそうです。

たまに、大黒様とえびす様の区別が付くなくなる。小槌が大黒様、釣竿がえびす様・・・だよね??







■ドーベルマン風w
f0232060_12323964.jpgやたら胸筋たくましい狛犬でした。










■さざれ石
f0232060_12384326.jpg日本国歌に出てくる「さ~ざ~れ~、い~し~の~」の「さざれ石」って、実在したんですね。コレだそうです。

ちなみに、結構最近まで、「さざれ」と「いしの」という別物かと思ってました・・・。





■「井政」
f0232060_12471786.jpg神田明神の横にある、江戸時代の材木商の店舗兼住居だそうです。

千代田区の指定有形文化財。







■天堅屋
f0232060_12495595.jpg神田明神の参道にあるお茶屋兼お土産屋。

ここの甘酒、甘すぎずちょうどよくて、美味しかったです。







■芝崎納豆
f0232060_1251152.jpg「天堅屋」で売っている神田明神土産「芝崎納豆」。つぶが大きく、あまり臭みがない納豆です。
by meshi-quest | 2014-03-30 08:00 | ちい散歩




高円寺にはカフェが多い。


ただ、場所が分かりにくい。












場所が離れていたり、路地裏だったり、雑居ビルの2階だったり、


そういうところに、割りといいカフェがあったりする。












そんな高円寺カフェの代表格である「アール座読書館」も、


やっぱり分かりにくい路地裏のアパートの2階にあったりする。


いいんだよね、ここ。












そういう出会いを求めて、高円寺に行くときは、


出来るだけ行きつけではなく、隠れたカフェを探すようにしている。


カフェクエストだ。













今日のクエスト結果。


駅から離れているので、人が少なく、落ち着くカフェ発見。


デザート種類豊富で、見た目もかわいいのだが、


もうちょっと甘さ抑えたほうが美味しかったかな。













■「mizutamaカフェ」
http://www.mizutamacafe.jp/














■今日のカメ

■「mizutamaカフェ」
f0232060_1125331.jpgJR高円寺駅から徒歩10分ほど。丸の内線「新高円寺駅」からの方が近いかな。

高円寺南口のルック商店街を進みきった先にある交差点を曲がったところにあります。






■店内の様子
f0232060_11273089.jpgこじんまりとした、かわいらしい店内。席数は少なめ。

駅から離れていることもあり、混み合ってないので、ゆっくりできます。






■イチゴパフェ
f0232060_11293629.jpg旬のイチゴに、イチゴアイス、生クリームをたっぷり使ったパフェ。

その他にも、色々なパフェがありました。







■イチゴパフェ、アップ
f0232060_11305075.jpg見た目もキレイで、美味しく出来てましたが、もうちょっと甘さを抑えたほうが食べやすかったかな。









■ハーフ&ハーフ
f0232060_11314845.jpgショーケースに入っているケーキを半分カットづつで2種盛りにすることが可能。ハーフカットとは思えないボリューム!

写真は、レアチーズとベイクドチーズ。どちらも、もうちょっと甘さ控えめの方が良かったかな。





■アールグレイ
f0232060_11332646.jpgホットのアールグレイ。飲み物のメニューも色々とありました。









■塩キャラメルミルク
f0232060_1134742.jpgこっちは、塩キャラメルミルク。風味付けに、洋酒がちょっと入っています。
by meshi-quest | 2014-03-29 08:04 | 高円寺




六本木にあるお気に入りのジビエ料理専門店、


「La Chasse ラシャッス」へ。












シェフ自らが、銃を持って、日本全国を回り、


その季節の旬のジビエを仕留めて、調理をする。












今日は、千葉で仕留めた日本キジと、北海道で仕留めた蝦夷鹿と、


佐賀嬉野でとれた仔イノシシ(メス、2才くらい)をいただいた。












今年は、台風が多く、


イノシシのエサとなるどんぐりが、大量に木から落ちていたようで、


ここ数年では最高の上質なイノシシが取れたらしい。












・・・というような話が聞けるのも、


買ったきたジビエではなく、獲ってきたジビエだからこそであり、


そういう話をシェフから直接聞きながら料理をいただけるのが、


ここ「La Chasse ラシャッス」の魅力の1つでもある。













■「La Chasse  ラシャッス」
http://la-chasse.org/default.htm
















■今日のカメ

■「La Chasse  ラシャッス」
f0232060_16412981.jpg大江戸線「六本木駅」から徒歩8分ほど。

高台の住宅地に囲まれた非常に分かりにくい場所にあります。







■外観
f0232060_16424198.jpg高い塀に囲まれた、ここがお店。入口に小さな明かりしかなく、ドアも分かりにくいw。これぞ、完全に隠れ家。








■店内の様子①
f0232060_16444636.jpgヨーロッパの猟師の家に遊びにきたかのような店内。

冬場は、本物の薪を使った暖炉がついています。







■店内の様子②
f0232060_1646893.jpg何度も「ラシャッス」にはお邪魔していますが、見るたびに、羨ましい立派な剥製。

家に剥製を飾ることが、私の100ある野望の中の1つ・・・。






■店内の様子③
f0232060_16475094.jpg「欲しいなら、鹿なら今度猟行ったときに持ってきてあげるよ」とシェフに言っていただけたものの、残念ながら、こんな大きなものを飾れるような家ではなく・・・(泣)。いつか、きっと!







■店内の様子④
f0232060_1649579.jpgいつもだいたい奥の、この半個室を取ってもらっています。落ち着く定位置。









■ろうそくの火
f0232060_16501930.jpg「ラシャッス」の料理が美味しいことは言うまでもないのですが、このろうそくの火の下で静かに食事が出来るのも、楽しみの1つ。








■テーブルセット
f0232060_16513180.jpgテーブルセットはこんな感じ。










■赤ワイン
f0232060_16525012.jpgジビエに負けないように、スタートから重めな赤で。









■1品目
f0232060_165345100.jpg「千葉で仕留めた日本キジとフォアグラのムース オマールエビのビスクソース 岩手県産肉厚ドンコシイタケを添えて」です。








■キジのムース、アップ
f0232060_16555661.jpgキジとフォアグラの濃厚な味に、エビとシイタケのソースの風味が合わさり、なんとも言えない味わいに。最高。








■自家製パン
f0232060_16573824.jpg濃厚なジビエに負けない風味と堅さのある、しっかりとしたパン。









■パンのお供
f0232060_16583642.jpgカルピスバターに、日本みつ蜂のハチミツに、エクストラバージンオリーブオイル。









■2品目
f0232060_1704530.jpg「シェフが北海道で仕留めた蝦夷鹿コンソメで作った濃厚オニオングラタンスープ」です。









■蝦夷鹿スープ、アップ
f0232060_1722151.jpg玉ねぎの甘味と、蝦夷鹿の濃厚な風味がめちゃくちゃあっていて、とても美味しいスープでした。









■3品目
f0232060_1732338.jpg「佐賀産ホワイトアスパラガスのボイル 千葉で仕留めた日本キジとその猟場でとれたドンコシイタケのデュクセ」です。

シェフが日本キジを仕留めた森に、おそらく昔はシイタケ農園だったと思われる廃墟があり、そこにシイタケだけ立派に自生していて、それを採ってきたものだそう。その時の様子も聞きながら食べると、料理もさらに楽しく、美味しくなる。


■アスパラ、アップ
f0232060_17738.jpg全くスジなく、シャキシャキした不思議な食感のアスパラに、クリーミーなソースに仕上がった日本キジのソース。

アスパラにも合っていましたが、このソースでパスタ食べたい感じの、濃厚な美味しいソースでした。絶品。




■4品目
f0232060_1783455.jpg「佐賀嬉野でとれた仔イノシシ(メス、2才)ロース肉の低温ロースト 生粒胡椒風味のソース」です。









■仔イノシシ、アップ
f0232060_17105568.jpgすごい脂身の量ですが、口に入れた瞬間、甘みだけ残して溶けて無くなります。すごく不思議で、美味しいイノシシでした。








■デザート①
f0232060_17131118.jpg「千葉県フレッシュイチゴのスープ仕立て イチゴのムースとのアンサンブル」です。









■イチゴ、アップ
f0232060_17143430.jpgムースにはイチゴの甘味、ソースにはイチゴの酸味が出ていて、合わせて食べると、ちょうどいいイチゴになります。

イチゴ好きにはたまらない一品。






■デザート②
f0232060_17153360.jpgデザートプレートの他に、手作りのアイスやジェラードもあって、このヨーグルトシャーベットが大好きなので、追加でいただきました。うん、うまい!








■アールグレイ
f0232060_17163916.jpg強めで、とても香りの良い、アールグレイ。私好み。




今日も、えん寺。


明日も、えん寺。


迷ったら、えん寺。












えん寺、最高!!












■「つけ麺 えん寺」
http://r.gnavi.co.jp/fpdykzev0000/
















■今日のカメ

■「つけ麺 えん寺」
f0232060_1624236.jpg濃厚民族の私がこよなく愛する「えん寺」のベジポタつけ麺。









■スープ、アップ
f0232060_16252929.jpg嫌味のない濃厚さ。食べ続けても飽きない。絶品。










■麺、アップ
f0232060_16262551.jpg麺は数種から選べますが、いつもこの胚芽麺を。

うどんのような、白くてつるつるした麺より、噛み応えのあるしっかりした麵のほうが好み。
by meshi-quest | 2014-03-27 08:03 | 吉祥寺




ご招待いただき、六本木にある大将シゲさんのお店、


「寿司割烹 心花 (ときめき)」へ。













「心花」と書いて、「ときめき」と読む。


矢沢永吉さんの名曲「心花(ときめき)よ」から取っているのだそう。













シゲさんは、元々、六本木にある「restaurant XEX」の寿司を担当していて、


独立して「心花」を作られてから、私も何度かお邪魔させていただいた。












鮨やつまみなど、欲しいものを何でも出してくれる。


そして、シゲさん自ら飲みながら仕事をし、客と楽しそうに談笑する、


すごくラフで、自由な鮨屋。













よく言えば、高級寿司割烹にも関わらず、気を遣わず行ける店、


悪く言えば、ラフな分、人によっては好き嫌いが分かれるかも(笑)。













■「心花」
http://www.hotpepper.jp/strJ000005225/















■今日のカメ

■「心花」
f0232060_15443561.jpg大江戸線「六本木駅」から徒歩3分ほど。俳優座裏手の飲食ビルの2階にあります。









■店内の様子
f0232060_15513932.jpgカウンターがメインで、奥に座敷とテーブルの個室も。









■テーブルセット
f0232060_15523660.jpgテーブルセットはこんな感じ。










■1品目
f0232060_15532213.jpg今日は、シゲさんの古くからの知り合いの方とご一緒したので、料理はすべてお任せで。

まずは、塩だけでいただく甘い大根とトマト。







■シゲさん
f0232060_1554549.jpg鮨やつまみは、シゲさん一人で切り盛りしています。この日はお客さんも多く、大忙し。









■2品目
f0232060_15554946.jpg水だこ。










■3品目
f0232060_15564122.jpg平目だったかな。










■4品目
f0232060_15572458.jpg刺身で食べれるくらいの生のタラを特製の粕に漬け込んだタラの粕漬け。めちゃくちゃ美味しい!









■獺祭磨き二割三分
f0232060_160387.jpg美味しい焼魚が出てきたので、ちょっと贅沢して「獺祭磨き二割三分」を。高いけど、美味い。









■5品目
f0232060_16143100.jpg青海苔を入れた甘めの玉子焼き。










■6品目
f0232060_1631555.jpg茶碗蒸し。上に乗っている白いのは、とろろ。










■7品目
f0232060_1641922.jpg大根の漬物と、山芋のわさび漬け。










■8品目
f0232060_1652098.jpgのどぐろの塩焼き。これも脂が乗っていて、すごく美味しかった。特に、皮がうまい。









■9品目
f0232060_1682674.jpg実は、ししゃもはちょっと苦手なのですが、これはあまり臭みなく、食べやすかったです。









■10品目
f0232060_169375.jpg蒸し海老。










■11品目
f0232060_1610988.jpgうに。










■12品目
f0232060_16103573.jpgとろたく巻き。










■13品目
f0232060_16111024.jpg穴子。










■14品目
f0232060_16114199.jpg穴きゅう。










■15品目
f0232060_16122058.jpg本鮪の赤身と中トロ。










■16品目
f0232060_16125757.jpg青海苔の味噌汁。貝の出汁がきいてます。










■17品目
f0232060_16133879.jpg食後のデザート。










■タロッコオレンジ
f0232060_16143137.jpg愛媛のタロッコオレンジ(ブラッドオレンジ)。蜜がたまって、すごい色になっていますが、こうなっているオレンジこそ、美味しいんだそうです。

すっきりした甘さがあり、美味しかったです。




新宿に用事があったので、


久しぶりに、「インド式チャオカリー 炒伽哩」へ。












元々、「夢民 ムーミン」というカレー屋があって、


ファンに惜しまれながらも閉店してしまったのだが、


しばらくして、その支店が、同じ跡地に「インド式チャオカリー 炒伽哩」を作り、


「夢民」カレーの味を受け継ぎ、伝えている。












スクエニがまだ新宿文化クイントビルにあった時は、


歩いて行ける上、ランチタイム過ぎても通しでやっているので、


便利でたまに食べに行っていたが、


最近は新宿を離れてしまったので、超久しぶり。












「炒伽哩」の名前通り、具を炒めてからカレーと合わせていて、


野菜たっぷりの、サラッとしたスープカレーのようなカレー。


美味しかった。













■「インド式チャオカリー 炒伽哩」
http://ciao-curry.com/branch_shinjuku_nomura.html















■今日のカメ

■「インド式チャオカリー」
f0232060_1591674.jpg大江戸線「都庁前駅」から徒歩5分ほど。新宿野村ビルの地下1階です。

JR新宿駅、西武新宿駅、新宿西口駅からも歩けます。






■店内の様子
f0232060_15103596.jpgカウンターとテーブル席。細長い店内で、席数はそこそこあります。









■野菜チキントマトエッグ
f0232060_15202560.jpgメニューは、炒める具で選べるようになっていて、私は野菜とチキンとトマトと卵を入れたカレー。









■カレー、アップ
f0232060_15221179.jpgベースがちょっと辛口なので、私はさらに生クリームを足してもらっています。

具沢山でサラッとしたカレー。カレーを食べるというより、具を食べている感じ。美味しい。






■ポーク野菜トマトエッグ
f0232060_15234661.jpgこっちは、豚肉。










■福神漬けなど
f0232060_1526324.jpg福神漬けや玉ねぎスライスなど、好きなものを好きなだけ。
by meshi-quest | 2014-03-25 08:09 | 新宿




定期的にやらせていただいている「なるさわ会」というイベントがあり、


食と酒と笑いをこよなく愛する人たちが集まり、


都内各所で、酒池肉林をしている。













3月は「春の陣」と銘打って、「六本木農園」さんご協力の下、


庭にある特別個室を貸切で、派手な酒宴をさせていただいた。


残念ながら、月見酒&花見酒とはならなかったが、


夕方まで降り続いていた雨も、夜には止んで、酒宴日和となった。













相変わらず、ホント楽しかったなあ。


吐きそうなくらいの疲れも、頭抱えるような迷いも、一気に吹き飛ぶ。













この人たちに、私は支えられてるんだと改めて思う。


心の底から感謝している。













また、この場を借りて、


歓送迎会真っ最中の中、巨大テントを貸し出しくださり、


無茶ぶりの特別イベントにも快く応えてくださった、


六本木農園マネージャーさんおよびスタッフの皆さんに感謝します。













■「六本木農園」
http://roppongi-nouen.jp/















■今日のカメ

■「六本木農園」
f0232060_16335833.jpg大江戸線「六本木駅」から徒歩30秒ほど。麻布警察署の裏手路地にあります。

六本木農園は、普通の室内のテーブル席以外に、広い庭があり、ビニルハウス風の個室や、今回「なるさわ会」で使わせてもらった巨大テントもあります。




■テントの中
f0232060_16362942.jpg今回は、料理おまかせ&飲み放題で、さらに特別イベントを用意してもらっていました。

テントに真ん中に何やら装置が・・・。







■この装置はもしや・・・。
f0232060_1638233.jpg竹筒が繋がっている、この装置。もしや、流す・・・のか?!









■畑のバーニャカウダ
f0232060_16401025.jpg「ウエルカムベジタブル~ある農園の風景~」という料理。

バーニャカウダソースは、焦がした新玉ねぎを使ったもの。






■バーニャカウダ、アップ
f0232060_16421284.jpg野菜の下には、「土」に見立てたパン粉とおからを合わせたものが敷き詰められていて、これも野菜にかけて食べます。

「くまで」もある!






■酒宴の様子①
f0232060_16494871.jpg立食パーティースタイルで、テーブルに来る料理を自由に好きなだけ。









■酒宴の様子②
f0232060_16534317.jpg歓送迎会や期末など、3月連休前の多忙の中ではありますが、先輩、後輩、元同僚、友人など11名も参加してくれました。








■酒宴の様子③
f0232060_16565356.jpgMac持参で仕事しながらも駆けつけてくれました。










■カプレーゼ
f0232060_16432070.jpg甘味あるトマトとモッツアレラチーズ、香り良いバジルソースのカプレーゼ。









■山芋と芽キャベツ
f0232060_16454216.jpg焼かれた山芋と芽キャベツの上に、田楽味噌のような甘めのタレがかかっています。









■グリーングラタン
f0232060_16461157.jpgグリーンアスパラとゆで卵を使った、春らしいクリームグラタン。









■つけ麺のスープ
f0232060_165927.jpg今回「なるさわ会」用にシェフが用意してくれた特別イベント「流しつけ麺」&濃厚な鶏出汁スープ。このスープ、濃厚でめちゃくちゃ美味しかった!

夏にイベントで使う流しそうめんの装置を、今回はつけ麺にアレンジしてくれたそうです。





■流しつけ麺①
f0232060_172539.jpgみんなそれぞれアツアツスープを持って、好きな場所を陣取る。こちらは上流組。









■流しつけ麺②
f0232060_1731279.jpgこっちは下流組。










■いよいよ、開始!
f0232060_17406.jpgスタッフが麺を流してくれます。私は人生2回目の流しそうめんで、大人になってからは初かも。かなり盛り上がりました!

結果として、下流の方が麺がよく取れたw。






■ざるそば状態w
f0232060_17646.jpg流しの受け皿に、大量の麺がたまってるww。

この時点で、すでに赤ワインを飲みすぎてて、写真がブレまくっているのはご愛嬌。







■楽しかった!
f0232060_154379.jpgみんなすごくいい笑顔で写ってるw。










■誕生日プレート
f0232060_1773062.jpg「もり土」をイメージした、クラッシュチョコレートにフルーツが盛り合された誕生日プレートをいただきました。

六本木農園さん、ありがとうございました!






■記念撮影
f0232060_1785777.jpgなるさわ会春の陣、無事終了!




六本木駅近くの路地裏にある、


「ワイン食堂 ル・プティ・マルシェ」でランチ。












ここは1階にパン屋とワインメインの酒屋と、


「ぶどう酒食堂さくら」というカジュアルイタリアンが入っていて、


2階にパン屋の工房と、ビストロ「ル・プティ・マルシェ」が入っている、


複合レストランだ。













昼は、工房出来立てのパンの食べ放題をやっている。


が、パンはともかく、料理が正直美味しくなかった。


前より、味落ちた・・・??













いくら出来立てパンが食べ放題とはいえ、


この味で1300円はないかな。














■「ワイン食堂 ル・プティ・マルシェ」
http://le-petit-marche.net/
















■今日のカメ

■「ル・プティ・マルシェ」
f0232060_14574269.jpg大江戸線「六本木駅」から徒歩30秒ほど。駅裏手、麻布警察署の真裏あたりにあります。

ちなみに、1階と2階で店が異なり、パン食べ放題は2階のみです。






■パンのメニュー
f0232060_1502046.jpgこの中から好きなパンを選べます。










■焼き立てパン
f0232060_1505495.jpgすべて小さな一口サイズになっているので、色々と食べ比べが出来ます。









■パンのお供
f0232060_1513622.jpgバジル、カシス、ハチミツなど、パンに付けて食べるソースがついてきます。









■日替わりプレート
f0232060_1522457.jpg日替わりプレート1300円。肉か魚が選べます。この日は、鶏肉のビール煮。









■ビール煮、アップ
f0232060_1532314.jpg肉がスジっぽくて、味付けもイマイチ。量も少なめで、パン食べ放題とはいえ、これで1300円は高いかな。








■食後の飲み物
f0232060_1543627.jpgコーヒーか、ハーブティーが選べます。




六本木「トンネルプラス」でサラダランチ。













最近、私の平日の胃袋を支えていただいている、


と言っても過言ではないくらいのヘビロテ中。












シェフが春の新作料理を作られたそうで、


フライングゲットで試食をさせていただいた。













見た目にもかわいらしい野菜のテリーヌ。


塩加減もちょうど良く、野菜苦手な人でも食べれそうな一品。


グランドメニューに出てくるのが楽しみ。












こうやって常連に料理の感想を聞いたりして、より良いものを考案したり、


本当に料理に対して、真摯に、熱心に向き合っているお店。


利益追求だけしていたら、なかなかこんなことはできない。素晴らしい。


シェフ、美味しかったです!













■「TUNNEL+ トンネルプラス」
http://www.bistro-tunnel-plus.com/
















■今日のカメ

■サラダランチ
f0232060_12333592.jpgいつもの5チョイスサラダランチ(950円)のスープとパン。

今日は、僭越ながら、シェフの新作テリーヌの試食もさせていただきました。






■テリーヌアップ
f0232060_12354846.jpg中に、各種野菜とドライトマトが入っていて、さっぱりしていて、とても食べやすかったです。

まだシークレットで、出しちゃいけない写真だったら、ごめんなさい!!>シェフ






■スープ、アップ
f0232060_12372828.jpg2月くらいまではキノコのコンソメスープでしたが、青菜のスープに変わりました。

スープもボリュームたっぷりで出てくるので、嬉しい。






■5チョイスサラダ
f0232060_123836100.jpgボールいっぱいのサラダに、3チョイスか、5チョイスで好きなトッピングを選べます。

六本木界隈でサラダ食べるなら、ココが最強かなあ。






■サラダ、アップ
f0232060_1240274.jpg合鴨ロースト、オムレツ、モッツアレラ、自家製鶏ハム、アボカドの5つが、私のお気に入りトッピング。
プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ