<   2014年 12月 ( 32 )   > この月の画像一覧







いつも「メシクエ Lv34」をご愛読いただき、


本当にありがとうございます。














今年は、ここ数年の中で一番忙しかった。


責任の重さで平日なんとか持ちこたえるが、


反動で土日に寝込んだり、動けなることもしばしばあった。


それが限界かどうかは分からないが、力は出し切ったと思う。














それと比例するように、いろんな人に出会い、


いろんな経験をさせてもらって、すごく楽しい年でもあった。














辛さと楽しさは、なんか一緒にやってくるのかもしれないな。













出会う人が増え、環境が変わると共に、


私のメシクエストも充実し、深くなり、広がった。


秋に、弊社NubeeTokyoが六本木から秋葉原に移転し、


今まであまり冒険していなかった秋葉原、神田、浅草橋が急に充実した。














まだ話せないが、来年もいろんな面白いことがおきそうなので、


ぜひ楽しみにしていていただければと思う。













来年も変わらず、ここメシクエでお会いできることを楽しみにしています。


体にはお気をつけて、良いお年をお迎えください。


2015年も、引き続き「メシクエ LV34」をよろしくお願いいたします。













2014年12月31日


成沢理恵
by meshi-quest | 2014-12-31 17:00






さて今年も、年末恒例、メシクエが超勝手に選ばせていただく、


2014年ベストレストラン『メシュラン2014』を発表したいと思う。













毎年、この時期、どの店を選ぶか、ホントに迷う。


特に、タグで「メシクエおすすめ!」を付けているお店は、


私が自信を持って他の人にもおすすめできる店であり、料理ばかりだ。












正直、どれも美味しくて甲乙付け難いのだが、


中でも、今でもふとその味を思い返しては、


トロンとしてしまうような3軒の料理を選ばせてもらった。


なお、以下、順不同。













■蒲田「とんかつ 丸一」

f0232060_0155283.jpg




















今年、実に20年ぶりくらいに食べに行ったのだが、


私が子供の頃に食べた時と全く変わらず絶品で、


未だにここを超えるとんかつに出会っておりません。















■築地市場「en.terrible アンテリブル」

f0232060_1811484.jpg





















f0232060_1818947.jpg



















今年、よくお邪魔させてもらったフレンチレストラン。


特に、数種のキノコが絶妙な味と火加減で炒められている


「フランス産キノコのソテー」と、


上に黒トリュフ、中にはフォアグラの「大人のハンバーグ」は、最高でした。














■中目黒「鮨 尚充」

f0232060_313587.jpg



















私が都内で一番好きな鮨屋「尚充」。


今年も何度もお邪魔させてもらって、その度に驚かされたが、


3月にお邪魔したときに、たまたまいい鯖があったので作ってもらった、


鯖半身を丸ごと使った鯖寿司が、とんでもなく美味しくて、


今でもたまに思い出します(てへ)。














今年も、実によく食べた。


2014年は、正月三が日を除いた362日の1日も落とさず、


メシクエを更新し続け、食べ続けていた。














食べ続けるためには、健康でなければならず、


メシクエ見る限り、ウソっぽく聞こえるかもしれないが(苦笑)、


これでも、あーでもない、こーでもないと、


自分の体のメンテナンスをしながら、食べている。














そして、体も大事だが、


メシクエ続けていくためには、友人知人からの情報、


一緒にクエストに付き合ってくださる人、


何より、美味しい料理を出してくれるお店あってこそ、であり、


こうやって毎日見てくださっている皆さんがあってこそ、だと思っている。














本当に感謝。


来年も温かく私のクエストを応援し、


見守っていただければ嬉しく思う。














以上、『メシュラン2014』でした!
by meshi-quest | 2014-12-31 08:10





西荻窪にある大好きな魚居酒屋「しんぽ」へ行くときは、


いつも満席なので、必ず事前に予約をしていくのだが、


今日は予約もせず、なんか気が向いて立ち寄ったら、


やっぱり満席で、やっぱり入れなかった。













「やっぱりねー」的なところもあったので、別の店に行こうとしたら、


姉妹店の「スタンドしんぽ」なら空いてるということで、


珍しく姉妹店の方へ行ってみることにした。













オープン当初、いつも満席の「しんぽ」2号店が出来ると聞き、


超楽しみにしていたのだが、立ち飲みだと分かって、断念。


「しんぽ」の美味しい料理は、座ってゆっくり楽しみたい。













それ以来、全く立ち寄ってなかったのだが、


いつの間にか、ちゃんと椅子が出来ていて、


メニューもほぼ「しんぽ」と変わらず、使い勝手が良くなっていた。













相変わらず、ホント美味しい魚料理を食べさせてくれるが、


特に、この日食べた黒ムツの煮付けと、鯖寿司は絶品だったな。













■「スタンドしんぽ」
http://r.gnavi.co.jp/rf5vp5160000/















■今日のカメ

■「スタンドしんぽ」
f0232060_2312884.jpgJR西荻窪駅から徒歩3分ほど。「しんぽ」本店のすぐ裏手です。

店名には「スタンド」の名前が残っていますが、立ち飲み形式はやめたそうです。






■店内の様子
f0232060_23135524.jpgカウンターとテーブル。席数は少なめですが、「しんぽ」本店より、個人的には静かでゆったり出来る気がします。








■ゆず酒
f0232060_23153632.jpgゆず酒をロックで。










■お通し
f0232060_23161063.jpg自家製肉味噌が乗ったふろふき大根と、塩辛。お通しからして、リッチ。









■いい香り。
f0232060_23174882.jpgカウンターのガラス越しに、網焼きが見えます。いい香りがしてきました。









■そら豆
f0232060_23184462.jpg焼きそら豆。うまうま。










■イカゲソ焼き
f0232060_2319234.jpg醬油で下味付けて焼いた、香ばしいイカゲソ焼き。うまー。









■生カキ
f0232060_23202794.jpgこれでサイズは、「小」(250円)。大きい!

私はカキ苦手なので、写真だけ。








■焼きハマ
f0232060_23215329.jpg焼き立てアツアツの焼きハマグリ。貝汁がたまらん。









■カニコロ
f0232060_23224882.jpgほぼカニ?と思われる、「しんぽ」名物のカニ身がギッシリ詰まったカニクリームコロッケ。必ず注文する一品。








■アスパラ
f0232060_23235570.jpgホワイトアスパラのバター醬油焼き。これも、うまいー。









■煮付け
f0232060_23245858.jpg黒むつの中サイズを丸々1匹煮付けた一品。写真では分かりにくいですが、中サイズとは言え、かなり大きいです。








■黒ムツ、アップ
f0232060_23263645.jpg濃すぎず、薄すぎず、ホントちょうどいいバランスの煮付けでした。

ここ最近食べた煮付けで一番美味しかった!







■完食!
f0232060_23275823.jpgきれいに全部いただきました。美味しかったー。










■鯖寿司
f0232060_23285280.jpg特製鯖寿司。軽く酢で〆た厚みある鯖が乗っています。









■鯖寿司、アップ
f0232060_23295449.jpgめちゃくちゃ美味しい鯖寿司でした。鯖の〆具合もちょうどいい。









■ソイうしお汁
f0232060_23305935.jpg白身魚のソイを使ったうしお汁。さっぱり塩味。いい出汁でてます。









■赤だし
f0232060_23322593.jpg私は、鯖寿司に合わせて、赤だしで。うまーい。
by meshi-quest | 2014-12-30 08:04 | 西荻窪





仲良くさせていただいているゲームデザイナーさんとの打ち合わせで、


中目黒にある和食屋「一響 (いっきょう)」へ。













どの料理もとても美味しくて、食器も素敵。


店自体も分かりにくい場所にあり、店内もプライベート感を重視。


居心地も良かった。













ちょうどこの日、奥のテーブルに某イケメン俳優さんもいたので、


中目黒界隈では隠れ家和食屋としてよく使われてるんだろうなあ。













どの料理も良かったが、中でも〆でいただいた


生ハムとウナギのおにぎりが、すごく印象的だった。


生ハムとウナギって、こんなに合うんだな。













中目黒は、ホント美味しいお店が多くて、いい町だ。













■「一響 (いっきょう)」
http://ikkyo.com/















■今日のカメ

■「一響」
f0232060_1856689.jpg東急東横線「中目黒駅」から徒歩5分ほど。目黒区役所近くの駒沢通り沿いにあります。

お店は半地下です。







■店内の様子
f0232060_1904299.jpgプライベート感が重視されていて、店内は他のお客さんとあまり一緒にならないように、いくつかのパートに分けられています。

この日は、窓側のカウンター2人席。静かでゆっくりできます。





■「梅酒ブレンディー」
f0232060_1922836.jpg「一響オリジナルカクテル 梅酒ブレンディー」というものをいただきました。

梅酒の緑茶割り。梅酒はいつもロックなので、初めて緑茶割りを飲みましたが、さわやかでとても合いますね。





■1品目
f0232060_194334.jpgアラカルトで注文。まずは、本日おすすめの刺身盛り合わせ。









■2品目
f0232060_1944335.jpg特製ドレッシングがかけられたサラダ。










■3品目
f0232060_1953627.jpg自家製メンチ。アツアツで、濃厚な肉の味。美味しい。









■4品目
f0232060_1975884.jpg「青森スルメイカ 肝バター焼き」です。

肝バターがたまらん。お酒に合う味。








■5品目
f0232060_199469.jpg対馬甘鯛ゴマフライ 特製なすびソース」です。










■なすびソース、アップ
f0232060_19101729.jpg甘鯛フライの下にあるグレーのソースが特製なすびソース。

人生でおそらく初めてなすびソースを食べましたが、すごくうまい!ちゃんと焼き茄子の風味がします。茄子好きなので、この味すごく好き。





■6品目
f0232060_19113066.jpg「愛知平貝と蓮根はさみ揚げ」です。

蓮根のシャキシャキ感と、平貝の甘味がいい!








■7品目
f0232060_19131546.jpg「総州古白鶏九条ねぎソース」です。

なすびソースといい、この九条ねぎソースといい、ソースがとにかく美味しい!







■8品目
f0232060_19155783.jpg水菜と穴子の鍋。いい出汁が出ていました。










■9品目
f0232060_19165655.jpgカレイの煮付け。濃すぎず、薄すぎず、いい塩梅に煮付けてありました。









■10品目
f0232060_19182025.jpg「一響」名物の「生ハムおにぎり」。










■中はこんな感じ。
f0232060_1919526.jpg中にはウナギ。生ハムとウナギで、かなりくどそうなイメージですが、これが意外とくどくなくて、両者の持ち味をうまく活かしていて、すごく合っている。

ここ最近食べたおにぎりで一番美味しかったなあ。





■お椀
f0232060_192288.jpg大きなしじみが入ったしじみ汁と、あら汁をいただきました。これも美味しい。









■一番出汁
f0232060_1923019.jpg食後にサービスで、胃を暖めるために一番出汁を出してくれます。ほのかなネギと、いい出汁で、ほっとします。






吉祥寺にあるお気に入りのカフェの1つ、


「お茶とお菓子 横尾」に立ち寄った時のこと。












メニューを見て、いつものように大好きな酒粕入り自家製お汁粉を頼もうとしたら、


本日のお菓子の欄に「タタンのチーズケーキ」なる文字が。













なんと、こんなところで、この文字を見るとは・・・。


吉祥寺界隈に住んでいる方にはすごく衝撃的で、かつ、超魅力的な単語。


「タタンのチーズケーキ」。













その昔、吉祥寺にあった伝説のチーズケーキ屋。


いつも長蛇の列で、すぐに売切れてしまうタタン。


夏はチーズの温度がおかしくなるとかで、夏期一切お店を閉めてしまうタタン。


そして、惜しまれながら、店舗を閉じてしまったタタン。













そんなタタンのチーズケーキが、なんと「横尾」で食べれるとは!


しかも、「横尾」の美味しいお茶と共に、食べれるとは!!


ああ、神様、ありがとう。













■「お茶とお菓子 横尾」
http://www.sidetail.com/cafe-index.html

※「タタン」のチーズケーキは常設ではなく、不定期入荷だそうです。







■「Tatin タタン」
http://tatinweb.com/tatin/home.html

※「タタン」のチーズケーキは、店舗はないですが、ネットで購入可能です。
















■今日のカメ

■「お茶とお菓子 横尾」
f0232060_21495574.jpgJR吉祥寺駅から徒歩7分くらい。藤村女子中高の近くの路地裏にあります。









■店内の様子①
f0232060_21545979.jpgテーブルとカウンター。席数は少なめです。










■店内の様子②
f0232060_21553912.jpgテーブル席は、本がいっぱいあって、自習室みたいな席です。









■店内の様子③
f0232060_21564011.jpg私はこの席で。自習室風味なので、1人でも入りやすいカフェです。









■チーズケーキセット
f0232060_21574022.jpgお茶とお菓子のセット(940円)。

いつもは、酒粕お汁粉にするところですが、今日はスペシャルゲストで「タタンのチーズケーキ」。







■タタンのチーズケーキ
f0232060_2202592.jpg今まで食べたチーズケーキの中で、一番美味しいと思っている、私のNo.1。甘さ控えめ、チーズが超濃厚。

ああ、うまいー。






■かわいいハンコ
f0232060_222547.jpgナプキンの端っこに捺されている、横尾のハンコ。酒瓶持ってて、かわいい。
by meshi-quest | 2014-12-28 08:05 | 吉祥寺





なんと言ったらいいのか、


なんと呼べばいいのか、


そんなラーメン屋に行ってきた。













店名は、『 』。


「かぎかっこ」ではなく、名前がない。


なので、「無銘(むめい)」というらしい。













ぶっちゃけ、ある意味、オサレというか、


最初は、こんな名前付けちゃって!的な感じがあったが、


実際行ってみると、ホントに大将が腰が低く、丁寧で、


おそらく、本気で「まだ名前を付けるには早い」と思って、


付けてないんではないかと思う。













ラーメンは、とっても美味しかった。


ここ最近食べた中で、一番、好きなラーメンだった。


麺、スープ、トッピング、すべてが完璧に好みだ。













ラーメン屋さんで、生まれて初めて、


「お口に合いまして光栄でございます」と言われた。


こちらこそ、こんな美味しいラーメンいただいて、光栄でございます。














無銘なんて、そんな謙遜されることなく、


いつか、ぜひとも堂々と名前を付けていただきたいところだ。
















■今日のカメ

■「無銘」
f0232060_21302570.jpgJR神田駅から徒歩5分ほど。秋葉原駅からも歩けます。

紺色の暖簾が目印。







■店内の様子
f0232060_2131423.jpgカウンター6席くらいの小さな店内です。










■熟成練り醬油ラーメン
f0232060_21324379.jpg「熟成練り醬油ラーメン」(700円)に、「具だくさん」(+200円)をトッピングしています。

具だくさんにすると、海苔増し、チャーシュー増し、キャベツ増し、味玉、ピリ辛トマトネギが付きます。





■練り醬油、アップ
f0232060_2134568.jpg濃厚民族大満足の濃厚な鶏出汁ラーメンです。

鶏スープ自体は薄味ですが、この熟成練り醬油を溶かすことで、魚介風味の濃厚なスープに変わります。めちゃくちゃ美味しいです。





クリスマスだからと言って、わーわー騒ぐ年でもないし、


キリスト教徒でもないんだだが、


やっぱりクリスマスは、ウキウキするし、普通の日ではない特別感がある。













ここ数年、クリスマス近辺には、「トラットリア29」に伺い、


クリスマス特別ディナーをいただいている。


このクリスマスディナーをいただくと、「ああ、来たな、クリスマス」と思う。













メリークリスマス・・・でした!!













■「trattoria 29 (トラットリア ヴェンティノーヴェ)」
http://trattoria29.jugem.jp/
















■今日のカメ

■テーブルセット
f0232060_7484277.jpgテーブルセットはこんな感じ。クリスマス近辺は、数日間特別コースに切り替わります。









■食前酒
f0232060_7495381.jpg甘酸っぱさのあるすりおろし紅玉がたっぷり入った「紅玉のベリーニ」。炭酸嫌いな私も飲める微炭酸。








■1品目
f0232060_7522522.jpg今日は、1人7000円(飲み物別)のクリスマスコースです。

1品目は、有機野菜のスティックサラダ。肉の前にまず野菜から。






■パン
f0232060_753492.jpgいつ食べても美味しい「トラットリア29」の自家製パン。









■2品目
f0232060_7534524.jpg前菜6種の盛り合わせです。豪華!










■前菜アップ①
f0232060_7553339.jpg「柚子の香りのソプラッサータキューブ」です。上にはザクロが乗っています。









■前菜アップ②
f0232060_7563816.jpg「イタリアのクリスマスソーセージ コテキーノとレンズ豆」です。イタリアのクリスマスでは、ソーセージとレンズ豆は必ずセットだそうです。

実は、レンズ豆があまり好きではないのですが、このレンズ豆はしっかり味付けされ、柔らかく煮られてて、食べやすかったです。




■前菜アップ③
f0232060_801145.jpg「自家製ハムと林檎とモッツアレラのフリット」です。ハムとチーズの濃さが、いい感じに林檎で中和されています。








■前菜アップ④
f0232060_0592828.jpg「馬肉のタルタル 白トリュフの香り」です。

うまうま(旨い馬肉)。








■前菜アップ⑤
f0232060_123816.jpgクリスマスらしく、ターキー(七面鳥)のバーガー。









■前菜アップ⑥
f0232060_133713.jpg「フォアグラのブリュレ ヴィンサントのゼリー添え」です。

イタリアの甘いデザートワイン「ヴィンサント」と、フォアグラがとてもよく合っていました。






■2品目
f0232060_17179.jpgホワイトアスパラガスと卵の温かいスフレです。

白い雲のようなスフレを割ると、中からとろーり卵の黄身が出てきます。







■3品目
f0232060_171942.jpg3品目は、パスタが2種。

「ポルチーニ入り お肉たっぷりタリアテッレボロネーゼ」です。肉とパスタが半々くらいの印象の、肉たっぷりパスタ。美味しい!






■もう1つのパスタ
f0232060_193779.jpg「トルテッリーニインプロード ボローニャ風ラビオリのスープ仕立て」です。

コンソメのとてもいい出汁が出ているスープです。ラビオリの中の肉も濃厚でうまい。






■4品目
f0232060_1115853.jpgいよいよメインディッシュ。

メインは、焼き、揚げ、煮の3種の肉の盛り合わせです。







■肉アップ①
f0232060_1125851.jpg「黒毛和牛ランプの炭火グリル」です。

赤身の肉ですが、とても脂が乗っていてジューシーな味がします。絶品。







■肉アップ②
f0232060_1145033.jpg「生ハムをはさんだ牛ヒレのカツレツ」です。

イタリアのカツレツは、よく生ハムを巻くそうです。







■肉アップ③
f0232060_1155964.jpg「牛ホホ肉のハーブたっぷり赤ワイン煮込 マッシュポテトを添えて」です。

すごくやわらかく煮込まれていて、フォークでいとも簡単に崩れます。これもうまい。






■5品目
f0232060_118914.jpgイタリアのクリスマスにかかせない「パネットーネ」(ドライフルーツの入った菓子パン)と、クルミとハチミツのジェラートです。

クリスマスらしいデザート。
by meshi-quest | 2014-12-26 08:10 | 西荻窪







聖なる夜に、さまよえる小羊は、


迷った挙句、ジンギスカンに行きました、とさ。












めでたし、めでたし。













■「ジンギスカン club小羊」
http://www.e-e-co.com/shop/club_kohitsuji.html
















■今日のカメ

■分かりにくいビル
f0232060_20544551.jpg魅惑のジンギスカン「club小羊」の行き方は、すごく分かりにくいです。初めての人と待ち合わせすると、たいてい相手の方が迷って遅刻しますw。

このパチンコ屋とラーメン屋の間の、狭い暗いビルを上がります。





■さらに、分かりにくい入口w
f0232060_20563550.jpg看板はなく、この普通の住宅のドアがお店の入口です。

最初はかなり勇気がいりますが、堂々と毅然な態度で、ドアノブを回しましょうw。






■店内の様子
f0232060_20581094.jpg店内はいたってアットホームなジンギスカン屋ですが、席数少なく、店内はやや狭めです。









■テーブルセット
f0232060_20594386.jpgカウンターはこんな感じ。テーブルの穴の部分に七輪が来ます。









■黒豆マッコリ
f0232060_2103738.jpg独特の味なので、好き嫌い分かれると思いますが、個人的にはプレーンのマッコリより、黒豆マッコリの方が好きです。








■サラダ
f0232060_2152263.jpg千切りのキャベツサラダ。自家製ドレッシングで。










■ラムハム
f0232060_216542.jpg濃厚な味わい。










■うまきゅう
f0232060_216336.jpgうまきゅうり。上は、味噌ではなく、魚介風味の何か合えたものが乗ってました。









■ジンギスカン開始!
f0232060_2174560.jpg七輪がやってきて、豆もやしをはべらせます。










■ハーフ&ハーフ
f0232060_2183915.jpg今日は1人3000円でおつまみ、ラム肉2種、ラムチョップが付くコースにしました。

これは、肩ロースと特選ロース。







■焼きます!
f0232060_21101353.jpg特選も美味しいのですが、脂身がなくさっぱりしているので、個人的にはほど良くジューシーな肩ロースの方が好きかな。しかも、肩ロースの方が安い。








■ラムチョップ
f0232060_21115051.jpg食べ応えのある大きなラムチョップ。これも七輪で焼きます。









■豆もやし追加
f0232060_21124374.jpgもやし、大好き。もやし、最強!










■ソーセージ&ベーコン
f0232060_21132934.jpg追加で注文したラムソーセージとラムベーコン。濃厚な羊の味わい。









■食後のデザート
f0232060_21141027.jpgコースに付いてくる食後のデザート。コーヒーアイス。

しかし、コーヒーって、すごいですね。どんなもの食べても、ちゃんと口の中をスッキリして、コーヒー味に一気に変えてしまうw。





お気に入りのフレンチレストラン、


「en.terrible アンテリブル」で親友と食事。













今年は、特に秋以降だが、


「アンテリブルイヤー」と言っても過言でないくらい、


すごく密度高くお邪魔させてもらったお店だ。













行く度に、楽しませてくれるし、


美味しいし、居心地いいし、言うことない。













この記事が掲載される頃には、おそらく連日の忘年会ラッシュで、


肝臓も、心もヘロヘロになっていて(苦笑)、


残念ながら、もう年内の訪問は難しい気がするが、


来年もぜひ密に通わせていただきたいと思う。













ちょっと早いですが、シェフ、スタッフの皆さん、


今年一年、お世話になりました!













■「en.terrible アンテリブル」
http://en.terrible.jp/















■今日のカメ

■テーブルセット
f0232060_20264366.jpgテーブルセットはこんな感じ。今日は、カウンターで。









■パン
f0232060_2028534.jpg自家製の3種のパン。相変わらず、絶品。










■1品目
f0232060_20284794.jpg「赤ピーマンのムース 生ウニ添え」です。

ピーマンの風味とウニの濃厚な甘味がとてもよく合っています。







■2品目
f0232060_20301536.jpg「焼きタラバガニとプンタレッラのサラダ」(2200円)です。









■焼きタラバ、アップ
f0232060_20323175.jpg「プンタレッラ」は別名「アスパラガス・チコリー」とも呼ばれる冬の野菜。やや苦味があります。

焼きタラバガニ、甘くて美味しいー。






■3品目
f0232060_20341970.jpgやっぱりまた食べてしまう「トリュフのカルボナーラ」。









■カルボナーラ、アップ
f0232060_20351362.jpg贅沢でいて、そして、とっても美味しいカルボナーラです。









■4品目
f0232060_2037389.jpg「バルバリー種鴨のロースト クルミのキャラメルソース」(2600円)です。









■鴨、アップ
f0232060_2038360.jpg鴨と合わせたクルミのキャラメルソースは初めてでしたが、甘さが抑えられていて、香ばしさもあり、とても美味しかったです。これはいい!








■5品目
f0232060_20392458.jpgこれまた、やっぱり注文してしまう名物「大人のハンバーグ」(2800円)。

この美しいプリプリの球体に魅せられてます。







■フォアグラ、ドーン!
f0232060_20404076.jpg上にはトリュフと赤ワインのソース、中にはたっぷりとフォアグラが入っています。ああ、幸せ。









■デザート①
f0232060_20414712.jpg洋梨のムースとシナモンのアイス。洋梨そのまんまのとてもいい香り。









■デザート②
f0232060_20424224.jpg「No.19」とナンバリングされた紅玉のパフェ。肉の後に、口の中がスッキリします。





私をよく知る人から、「成沢さん、絶対好きだと思うよ」と言われ、


ご紹介いただいたチェコ料理、ビール、絵本がテーマのお店、


「チェコ料理・ビール・絵本 だあしゑんか」へ。













さすが私に勧めてくださるだけあって、


ホントは仕事の打ち合わせも兼ねていたのだが、


本棚にあったたくさんの海外小説、絵本、写真集に目を奪われ、


打ち合わせはそっちのけのなってしまった。













チェコ料理は、何度か専門店で食べたことがあって、


代々木上原の「セドミクラースキー」とか、日本人の口にも合う。


ここ「だあしゑんか」の料理も美味しかった。













ちなみに、店名の「だあしゑんか」は、


チェコを代表する作家カレル・チャペックの


「ダーシェンカあるいは子犬生活」からきていて、


さらにちなむと、ダーシェンカはチャペックの愛犬の名前である。













なんで、やたらチェコに詳しいかと言うと、


以前、チェコ雑貨に興味を持って、チェコ旅行を企てたことがあり、


その時に、チェコに関する旅行本を買い漁っていたからである。














結局、まだチェコには行けてないが、ひょんなところで、役に立つもんだ。


人生、無駄なことなど1つもないのだ。














■「チェコ料理・ビール・絵本 だあしゑんか」
http://dasenka.jpn.org/bar/
















■今日のカメ

■ここから入る。
f0232060_19503885.jpg丸の内線「四谷三丁目駅」から徒歩1分ほど。

雑居ビルの2階がお店。ちょっと分かりにくいですが、ここから入る。







■入口
f0232060_195213.jpg階段上って、2階が入口。










■店内の様子①
f0232060_1953941.jpgテーブルとカウンター。席数は少なめです。










■店内の様子②
f0232060_195350100.jpg壁に本棚があって、ぎっしりと本が詰まっています。食事しながら読むことができます。

個人的に大好きなエドワードゴーリーの本がたくさんがあったので、ずっと読んでました。妙な中毒性がある。





■お通し
f0232060_1957397.jpgお通しは、人参のラペ(甘酢漬け)とピクルスでした。









■レモネード
f0232060_19592736.jpgかわいらしいパッケージのレモネード。










■ポテサラ
f0232060_2003238.jpgチェコ風ポテトサラダ。日本のポテサラより、じゃがいもがしっかり歯ごたえ残ってて、ソースはクリーミーで、やや酸味があります。








■「ブランボラーク」①
f0232060_2023895.jpgチェコ料理と言えばコレ、「ブランボラーク」です。いわゆるジャガイモのパンケーキ。

具は色々とあり、これは、しいたけとグリエールチーズのブランボラーク(760円)。大根餅に似てる。うまい。





■「ブランボラーク」②
f0232060_20450100.jpgこちらは、ベーコンと玉ねぎのブランボラーク(760円)。お好み焼きに似ている。









■ソース
f0232060_2054727.jpg1つのブランボラークに付き、1種のソースが選べます。

2種注文したので、ソースも2種。自家製タルタルソースと、ワカモレソース(アボカド&ハラペーニョのソース)にしました。ソースもうまい。





■ローストポーク
f0232060_2081767.jpg「モラヴィア風ローストポーク」です。豚の角煮みたいな感じ。酒に合う料理。









■「グラーシュ」
f0232060_2093745.jpg「グラーシュ」というハッシュドビーフのような濃厚なソースの料理。白いものは、ジャガイモで作ったパン。もちもち。








■超気になるw
f0232060_20104699.jpgアルコール度数88%のお酒を使ったオリジナルカクテル「ワルシャワ超特急」。絵とタイトルがいいww。








■こっちもww
f0232060_20113663.jpgこっちは、アルコール度数96%のスピリタスを使った「バルカン超特急」。









■超特急に乗車してみた。
f0232060_20131356.jpgせっかくなので、早く目的地に着いた方がいいんで(笑)、ワルシャワ超特急(アルコール96%)に乗車してみました。

ほとんどアルコールは感じず、普通に美味しいライムカクテルでした。
by meshi-quest | 2014-12-23 08:04 | 四谷
プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ