<   2015年 05月 ( 31 )   > この月の画像一覧











深夜に、美味しいコーヒーが飲めるお店も、


ましてや、手作りケーキだったり、クリームソーダが食べられるところは少ない。


あっても駅前のよくあるファミレスくらいだろうか。













大人として、贅沢言えば、大人な空間で、静かにそれらを楽しみたい。


そんなわがままを西荻窪は、ちゃんと叶えてくれる。


さすが、大人の遊び場、行ってみたい町No.1の西荻窪。


まったくもって便利な町だなあ。


f0232060_1613740.jpg

























f0232060_1615769.jpg

























f0232060_1622011.jpg







































■「喫酒 Ronnies ロニーズ」
http://www.ab.auone-net.jp/~ronnies/
















■今日のカメ

■「Ronnies ロニーズ」
f0232060_1633867.jpgJR西荻窪駅南口から徒歩30秒ほど。駅近くの飲み屋街にあります。









■店内の様子
f0232060_1613740.jpg昭和の喫茶店風な、味のある店内。映画のセットのよう。

店名のサブタイトルに「舶来懐メロと自家製おつまみとうまい酒とコーヒー」とあるように、店内は60~70年代ロックやポップスがかかり、食事でも、飲みでも、カフェでも利用が可能。音楽リクエストも可。



■カフェオレ
f0232060_167318.jpg12時近い時間帯でカフェオレとケーキが食べれるのはありがたい。









■バナナケーキ
f0232060_1681070.jpgキャラメルバナナケーキ。お酒のアテも兼ねているデザートなので、割りとビターで、洋酒も効いている。
by meshi-quest | 2015-05-31 08:03 | 西荻窪








代々木上原を散歩している時に、


駅からすぐの場所で見つけたケーキ屋「ACOT アコット」へ。












お店から台所が丸見えで、


台所横で出来上がったものから売っていきます的な、


気取らず、素朴で、かわいらしいお店。












フランス・ブルターニュの天然塩「ゲランド・セルマランドブルターニュ」を使って、


自然な甘さを塩がうまく引き出していて、甘すぎず、甘くなさ過ぎず、ちょうどいい。


テイクアウトで家でいただいたが、とても美味しかった。


f0232060_15485241.jpg
























f0232060_15491352.jpg































■「ACOT アコット」
http://www.acot.jp/















■今日のカメ

■「ACOT アコット」
f0232060_15503189.jpg小田急線「代々木上原駅」から徒歩1分ほど。路地裏のビルの2階です。









■入口
f0232060_15511311.jpgここが入口。










■店内の様子
f0232060_15485241.jpg快く撮影させていただいた店内。すぐ目の前にオーブンと台所があって、その横にお店がある感じ。









■清美オレンジ塩ケーキ
f0232060_15491352.jpg清美オレンジを使った塩ケーキ。

ケーキのしっとり加減や甘さが抜群。すごく美味しかった!







■苺のケーキ
f0232060_15533495.jpgこれも塩ケーキがベースで、苺の手作りジャムが入っています。









ずっと気になっていて、ずっと行きたかったレストランがある。


まだオープンして間もないが、すでに4ヵ月先まで予約で満席。


料理の写真は、大人な芸術品っぽくもあり、


子供心溢れる遊園地っぽさもあり、何を見ても楽しげ。












そんな魅惑のレストラン代々木上原「Celaravird セララバアド」に、


お店のご厚意で、キャンセルが出たのでお邪魔させていただいた。













シェフの橋本氏は、 「世界のベストレストラン50」で1位を獲得した


スペインの名店「El Bulli エルブリ」、デンマークの名店「Noma ノーマ」出身。


たまに日本の大手百貨店でイベントをやることもあるので、


この2店の名前を知っている人も多いのではないかと思う。


さすがにスペインもデンマークも気軽に行けないが、


世界の食の最高峰の景色を東京にいながら見れるのはありがたい。













料理に関しては、驚きの連続で、言うまでもなく、素晴らしいものだった。


ここ数ヶ月・・・、いや、ここ数年行ったフレンチの中で、


一番ワクワクさせてもらったお店かもしれない。


メリーゴーランドの缶の中に、旬のホタルイカの料理が入っていたり、


石庭をイメージした石の山の中に、1つだけ、石にそっくりなジャガイモがいたり。


まさに、美食エンターテイメントだ。


f0232060_14344737.jpg

























f0232060_14351892.jpg

























f0232060_14354675.jpg
























f0232060_1436992.jpg
























f0232060_14363175.jpg
























f0232060_1436591.jpg







































ディズニーランドは、園内を出ても、ずっと余韻が残っている。


現実か非現実か分からない状態を作ってくれる。


家に帰っても、その話をしたくなって、数年経って思い出し、また行きたくなる。













「セララバアド」もまさにそんなお店だった。


毎日行けるわけでもないし、変な話、毎日行かない方がいい。


終わった余韻をずっと見にまといながら、またちょっと先に遊びに行くのがいい。













とてもいい体験をさせてもらった。


シェフやスタッフに心から感謝と、美味しかったことをお伝えして、


次は、夏コースを予約したので、また夏にお邪魔する時まで。













■「Celaravird セララバアド」
http://www.celaravird.com/















■今日のカメ

■「セララバアド」
f0232060_1443313.jpg小田急線「代々木上原駅」から徒歩15分くらい。駅からちょっと歩いた閑静な住宅街にあります。









■テラス席
f0232060_1444508.jpg今回は使われてませんでしたが、外にも1席ありました。夏使うのかな?それとも、タバコ用かな?









■店内の様子
f0232060_14455394.jpgカウンターとテーブル。席数は少なめです。










■テーブルセット
f0232060_14462794.jpgテーブルセットはこんな感じ。

コースは、6800円の1コースのみで、1年を大まかに四季の4つに分けていて、今の時期から6月中旬までは変わらず春コースの1種となる。19時一斉着席、スタートなので、時間も選べませんが、料理の雰囲気やテンポを考えると、これは時間バラバラじゃできないなあ、という感じ。



■ウッドキャンドル
f0232060_14484523.jpg全体的にウッディーな空間で、軽井沢とかの知人の家に招かれたかのような感じ。

接客も素晴らしく、とても居心地が良いです。







■巨大生ハム
f0232060_14501670.jpg北海道の放牧豚「どろぶた」の巨大な生ハム。

コースの前に、ワインのおつまみとして別料金で注文可能。







■生ハム
f0232060_1452517.jpgどろぶたの生ハムを注文。透明なレンゲに入っている黄色い玉は、オリーブオイルが入った玉。









■生ハム、アップ
f0232060_1453156.jpg今まで食べた生ハムの中で、一番美味しかったかも。香りと、ハムのコクが違う。これだけで、ずっとワインいけそう。








■ワイン
f0232060_14543296.jpg私はお店おすすめの赤ワインをグラスで。










■1品目
f0232060_14344737.jpg最初に、メリーゴーランドが出てきました!










■中身は・・・
f0232060_14351892.jpgホタルイカと昆布のタルトが入っていました。










■ホタルイカ、アップ
f0232060_1457252.jpg食べやすいアミューズです。










■2品目
f0232060_14354675.jpg「ストーンポテト」と題された料理。春の石庭をイメージした一品。









■石の山
f0232060_150284.jpg1つだけ食べれる本物のジャガイモがいるようだが、あまりに上手に擬態していて、感動。

緑の苔のようなものは、アンチョビバジルバター。







■コレが本物。
f0232060_1436992.jpgこれが、新じゃがのストーンポテト。皮ごと、このまま食べられます。

パリパリしていて、中は甘くて、焼き芋のジャガイモ版のような感じ。






■3品目
f0232060_14363175.jpg「春の高原」と題された一品。










■春の高原、アップ①
f0232060_1524462.jpg長野県清水牧場の美味しいフロマージュブラン。上のピンクの泡は、ローズウォーターで作ったもの。









■春の高原、アップ②
f0232060_1436591.jpg蝶は、リンゴで出来ています。










■春の高原、アップ③
f0232060_1545616.jpg花びらがいっぱい入ったサラダ。花びらも食用花なので、食べられます。









■パン
f0232060_1555491.jpgココットで焼き上げた自家製パン。外はカリッとしていて、中はモチモチ。焼き立てを出してくれる。すごく美味しい。








■4品目
f0232060_15702.jpg「春の大地 Ⅰ」と題された一品。










■春の大地、アップ
f0232060_1575125.jpg山菜のフリット。下の土の部分は、フキとアボカドで作った味噌と、茶色い部分はライ麦とブラックオリーブで作った土。








■5品目
f0232060_1593689.jpg「スモークエッグ」と題された料理。










■スモークエッグ、アップ①
f0232060_15104186.jpg中にはホワイトアスパラガスと半熟卵と鶏のジュが入っていて、瞬間スモークがかけられています。

蓋をあけると、煙が出てきました。







■スモークエッグ、アップ②
f0232060_151288.jpg半熟卵を食べるスプーンも、食べられる。小麦粉で出来ています。









■次のワイン
f0232060_15133896.jpgエチケット(ワインのラベル)がかわいい赤ワイン。

エチケット通り、ぶどうをそのまま搾ったようなフルーティーさがあります。







■6品目
f0232060_15161589.jpgほっき貝を使った魚介リゾットです。










■リゾット、アップ
f0232060_1517849.jpgほっき貝と、その肝を使ったソース。青海苔やウドのソースも入っています。濃厚で、とても美味しい。








■7品目
f0232060_15181735.jpg才巻海老を使った濃厚なビスク。表面をバーナーで焼いてあります。中には、菜の花も入っています。









■口直し
f0232060_15193136.jpg焼きビスクと一緒に来たスプーン。

この小さな塩のようなものは、焼酎「ハナタレ」と柚子を合わせたもの。ビスクを食べた後に、いただくと、口がサッパリします。






■8品目
f0232060_15211483.jpgメインディッシュ。この皿の贅沢な空間の使い方が美しい。









■短角牛、アップ
f0232060_15224970.jpg岩手県産短角牛のもも肉を低温ローストしたもの。

ソースは、同じく岩手県盛岡の味噌と、緑は葉たまねぎを使ったソース。







■9品目
f0232060_15234976.jpg「春の大地 Ⅱ」と題されたデザート。










■春の大地、アップ①
f0232060_15264124.jpg大地のガトーショコラ部分にゴボウが埋まっていて、上にはミントの芽が出ています。

アイスは、生姜を使ったバニラアイス。







■春の大地、アップ②
f0232060_15275785.jpg苺をくり抜いた中に、ラム酒を効かせたコンデンスミルクが入っています。









■10品目
f0232060_1528476.jpg小菓子の盛り合わせです。










■小菓子、アップ①
f0232060_15292046.jpgオリーブオイルを使ったグミ。ちょっと甘めのオリーブオイルという感じ。不思議な味。









■小菓子、アッ②
f0232060_153016100.jpgパチパチと口ではじけるオレンジピールをチョコでコーティング。









■小菓子、アップ③
f0232060_1533572.jpgフランボワーズと山椒の餅。










■小菓子、アップ④
f0232060_15334570.jpgよもぎ風味のマカロン。










■食後の飲み物
f0232060_15341586.jpgコース別。ホットティー。








浅草橋にあるお気に入りのワインビストロ、


「FUJIMARU フジマル」へ。












ワンパターンなので、一応メニュー見るものの、


結局、自分が好きないつものやーつを頼むのだが、


そんな中、非常に目が離せない、気になる文字が・・・。













マンボウ。


あのかわいくて、やる気がなさそうで、平べったい、アレですか?


ちょっとの衝撃でもすぐ死んでしまうという、アレですか??












というわけで、マンボウのトマト煮込みを注文。


生まれて初めて、マンボウ食べた。


f0232060_11505376.jpg
































あれ、マンボウって、大量の寄生虫保持してなかったっけ・・・?


なんてことも薄っすら思い浮かべながら、いただくマンボウのトリッパ。


モツのようにくちゃくちゃしていて、外観だけでなく、中身もやる気なかった。


f0232060_11525037.jpg




































■「FUJIMARU フジマル
http://wineshop.exblog.jp/i33/
















■今日のカメ

■「フジマル」
f0232060_11533710.jpgJR浅草橋駅から徒歩5分ほど。神田川沿いのインポートセレクトショップが入っているビルの2階にあります。とてもおしゃれな店内で、居心地も良いです。

ビストロの隣にワインショップも併設していて、客は自由にショップに行き、好きなワインを選んで、ここで飲むことが出来ます。




■テーブルセット
f0232060_11565220.jpgテーブルセットはこんな感じ。










■白ワイン
f0232060_11572774.jpg今日は珍しく白を。お店おすすめの飲みやすいワイン。









■メーカーズセレクション①
f0232060_11594634.jpgメニューに「メーカーズセレクション」と称したコーナーがあり、全国のおすすめお取り寄せグルメが味わえます。

これは、大阪吹田市「シュクレクール」のパンの盛り合わせ。中にドライフルーツやナッツが入っていて、風味良く、すごくワインに合います。




■メーカーズセレクション②
f0232060_122263.jpg新潟県佐渡市・佐渡乳業の「佐渡バター」。このバター、スッキリしているのに、コクがあって、とても美味しい。








■メーカーズセレクション③
f0232060_124158.jpg山形県東根市「肉の土田」のメンチカツです。すごくジューシーで、絶品!









■「ウフ・マヨ」
f0232060_125366.jpg来ると必ず頼む、名物「ウフ・マヨ」。中は半熟卵で、上にはちょっと酸味のある自家製マヨネーズソースがかかっています。








■サラダ
f0232060_1264258.jpg彩り豊かなグリーンサラダ。










■焼き椎茸
f0232060_1273466.jpg「ブルーチーズを詰めた肉厚椎茸」です。

椎茸の風味とブルーチーズの風味がとても濃厚で、どんどんワインが進みます。ご飯より、断然ワインな大人のおつまみ。






■マンボウ料理
f0232060_11505376.jpg「マンボウのトリッパとヤリイカのトマト煮こみ」です。

初マンボウです。







■マンボウ、アップ
f0232060_12101096.jpgイカも入っているので、パッと見分かりづらいですが、コレがマンボウ。

食感も、味もモツっぽいです。美味しいか?と聞かれると、コレ単体どうこうというより、トマト煮こみ次第な感じ。





■熟成処女牛
f0232060_12131297.jpg北海道の「熟成ジャージー 処女牛のロティ」(3200円)です。一度も子供を産んでいない処女牛なので、肉質が柔らかく、非常に希少で、美味しい牛です。絶品。

入荷されている時とない時があるので、ある時にはぜひおすすめ。
by meshi-quest | 2015-05-28 08:06 | 上野・浅草









知り合いのシェフから、東高円寺に美味しいオーガニックレストランがあると聞き、


「Lotus & Flowers's One ロータス・フラワーズ・ワン」へ。













知り合いのシェフからは、


「野菜の色んな味わい方に感動し、野菜の美味しさに改めて気づく」


と伺っていたが、コースは全体的に有機野菜をふんだんに使っていて、


でも、しっかりと旨味と食べ応えがあるので、肉食獣でも満足する美味しさだった。


f0232060_12301147.jpg


























f0232060_12304278.jpg

































肉食獣が抱いてしまう「え・・・オーガニックレストラン・・・?」の、


きっと食べた気がしないから、帰りにラーメンでも寄ってくことになるかな的な、


そういう心配はご無用な内容だった。













さて、メイン。


私は、メニューの中からハンバーグを頼んだのだが、


オーガニックレストランらしく、鶏肉を使っているような


さっぱりと食べれるなかなか美味しいハンバーグだった。













・・・と思ったら、騙された!


なんと、コレ、乾燥グルテン(大豆)を使ったミンチ肉もどきで、


全く肉は使用していないとのこと。


味も、食感も、肉そのもので、全然気づかなかった・・・。


f0232060_12375282.jpg



































ちなみに、もう1人が頼んだから揚げも、


全然気が付かず、鶏むね肉くらいの感覚で美味しくいただいていたが、


こちらも、乾燥グルテンの肉もどき。


f0232060_12402376.jpg







































LV34肉食獣、まるで気づかず。


乾燥グルテンに完敗。












乾燥グルテンは初体験だったが、こんなに分からないもんなんだなあ。


面白い経験をさせてもらった。


たぶん、シェフの調理も相当上手だからなんだろうが、


これだったら、1ヶ月くらい肉絶ち出来ちゃうそうだ(笑)。













■「Lotus & Flowers's One ロータス・フラワーズ・ワン」
http://www.lotus-one.jp/















■今日のカメ

■「ロータス・フラワーズ・ワン」
f0232060_12485228.jpg丸の内線「東高円寺駅」から徒歩3分ほど。青梅街道沿いのビルの2階にあります。

看板よく見たら、ちゃんと「ベジタリアンレストラン」って書いてありました(笑)。






■入口
f0232060_1250124.jpgここが入口。










■店内の様子
f0232060_12504659.jpg席数は少なめ。オーガニック&ベジタリアンということで、お客さんも女性同士が多く、男性はほとんどいませんでした。

食べる前までは私もこの肉食獣が満足できるのか心配でしたが(苦笑)、男性でも十分楽しめる美味しい料理でした。




■ワイン
f0232060_12532192.jpgお店おすすめの赤ワインをグラスで。










■自家製パン
f0232060_12535871.jpg素朴な甘味と、蒸しパンのようなモチモチ加減がとても良い。美味しい。









■1品目
f0232060_12545888.jpg「Flower'sコース」(4280円)という前菜、パスタ、メインが選べるプリフィックスコースにしました。

まずは、スープ。人参の風味が凝縮された、人参搾ったかようなポタージュ。でも、アクや苦味はなく、とても美味しくできていました。





■2品目
f0232060_12581231.jpg有機野菜のバーニャカウダです。ここまではコースで決まっていて、次の前菜からメニューの中で選べます。








■野菜、アップ
f0232060_12595970.jpg有機野菜の盛り合わせ。いい意味で、苦味がある野菜もあり、野菜本来の味を楽しめるようになっています。








■ソース
f0232060_1311185.jpg動物性のアンチョビやクリームは使わず、ブラックオリーブを使っているソース。パッと見ると、肉みたいですが、オリーブのペースト。

味はしっかりしていて、割りと濃厚。野菜に負けないソースになっています。





■3品目
f0232060_1333884.jpgメニューの中から1品選べる前菜。私は「春カブのブランマンジェ自家製パイで包んだココットオーブン」にしました。








■ブランマンジェ、アップ
f0232060_1345279.jpg中はこんな感じで、甘味ある春カブで作ったクリームソースに、西ごぼうのソテーが入っていて、美味しいパイ包み焼きでした。

ちなみに、このクリームソースも、牛乳や生クリームで作ったものだと思っていたら、春カブで作っているベジタリアンメニューとのこと。ちょっと薄めのクリームとは思ってましたが、動物性を一切使ってないのには全く気づかなかった・・・。



■他の前菜
f0232060_1385120.jpg別の人が頼んだ前菜。「ホワイトアスパラガスのビスマルク風 トリュフの香り」です。

これは、さすがに卵使っていますw。メニューにも注釈が入ってました。






■ホワイトアスパラ、アップ
f0232060_12301147.jpg美味しく出来ていましたが、卵という動物性食材を使っているこの料理より、なぜか一切動物性を使っていない春カブのパイ包みの方が濃厚で、動物っぽさを感じました。不思議。







■4品目
f0232060_1313155.jpgパスタもメニューの中から選べます。私はポルチーニ茸のパスタにしました。









■ポルチーニ、アップ
f0232060_13141471.jpgポルチーニの香りがしっかり出ていて、美味しいパスタでした。

若干クリームっぽさもあるのですが、うーん、きっと動物性のクリームは使ってないんだろうなあ・・・。すごいな、使わずにこんなにコクが出るなんて。




■別のパスタ
f0232060_13154017.jpg別の人が頼んだ、有機ルッコラを使ったフレッシュトマトのパスタ。









■トマトパスタ、アップ
f0232060_12304278.jpgモリモリにルッコラが乗っていますが、苦味も、アクもないので、野菜感覚でサッパリいただけます。









■5品目
f0232060_13173953.jpgメインもメニューから選べます。私は「絶対美味のハンバーグ 野菜で作った濃厚デミグラスソース」にしました。








■ハンバーグ、アップ
f0232060_12375282.jpgこのミンチ肉が乾燥グルテンだったわけなのですが、まーーったく気が付かないです、味も食感も。鶏肉ハンバーグみたいで、ソースが濃厚なので、ご飯が進む味。

味も美味しくて、上手な人が作るベジタリアンメニューは、肉食獣も満足できるんですね。驚き。




■別のメイン
f0232060_13213610.jpg別の人が頼んだ、「刻んだ唐揚げと自家製3種のマスタードソース和え」です。

確かに、メニュー名に「唐揚げ」とはあっても、「鶏の・・・」とは書いてなかったw。






■グルテン唐揚げ、アップ
f0232060_12402376.jpg上には、有機小松菜が乗っていて、下にマスタードで和えた乾燥グルテンの唐揚げです。

鶏肉の繊維のようなものも、独特の弾力ある食感も、忠実に再現されていて、これも全く気が付きませんでした。肉を食べているかのような感じで、ちゃんと美味しかったです。




■デザート
f0232060_13254392.jpgコースにはデザートが付いていないので、別注。「大人のキャラメルプティング」です。

予想のちょっと斜め上を行く、キャラメルの苦味でした。かなり大人。
by meshi-quest | 2015-05-27 08:04 | 高円寺







渋谷路地裏にある人気ビストロ、


「cuisine et vin aruru キュイジーヌ エ ヴァン アルル」で食事。













近くに姉妹店の「アルルの食堂 ウルラ」があって、


こちらもとても美味しいが、ここ「アルル」が本店。













料理も、名物のバーニャフォンデュやキッシュロレーヌをはじめ、


メインや〆の土鍋ご飯にいたるまでとても美味しい。


さらに、小さな店内ではあるが、接客が非常に良く、居心地がいいのが好き。


f0232060_11352396.jpg
























f0232060_11362389.jpg
























f0232060_11364356.jpg






































料理がちゃんとしていて、居心地もいいので、


デートやビジネスカジュアルな打ち合わせとかにも便利。


チェーン店や学生向けの店が多い渋谷で、


こういう少人数向けの大人な良店に遭遇するたび、


メタルスライム発見のようでメシクエとして楽しい。













■「キュイジーヌ エ ヴァン アルル」
http://arurustyle.blog.fc2.com/
















■今日のカメ

■「アルル」
f0232060_1146669.jpgJR渋谷駅から徒歩12分ほど。東急本店を超え、鍋島松涛公園に向かう路地裏にあります。井の頭線「神泉駅」からも歩けます。

店内はカウンターとテーブル。席数少なめ、店内小さめ。外に1席テラスがあります。





■テーブルセット
f0232060_11493157.jpgテーブルセットはこんな感じ。










■カウンター
f0232060_11533250.jpgこの日はカウンターで。目の前のショーケースには色んなチーズと、手作りパテが。









■絶品ほうじ茶
f0232060_1151963.jpg姉妹店「ウルラ」でも出している、中野にあるお茶屋の名店「OHASHI(オオハシ)」のほうじ茶。いい香り。今日は休肝日。








■バーニャフォンデュ
f0232060_11352396.jpg「アルル」でも、「ウルラ」でも名物の「こだわり野菜のバーニャフォンデュ」(1400円)。









■野菜、アップ
f0232060_1156832.jpg根菜、葉菜、いろんな野菜が入っています。写真は生野菜ですが、生野菜以外にも、野菜を蒸し焼きにもしてくれます。お好きな方で楽しめます。








■バーニャソース
f0232060_1157527.jpgココットで出てくるバーニャソース。濃厚で美味しい。









■キッシュ
f0232060_11362389.jpg名物のキッシュロレーヌ(700円)。注文してからふっくら焼き上げてくれます。フワフワです。









■メイン①
f0232060_1222883.jpgまずは、魚。「千葉県産マコガレイのポワレ オリーブのソース」(2400円)です。









■マコガレイ、アップ
f0232060_124279.jpgさっぱりとした白身のマコガレイに、オリーブたっぷりの風味良いソースがとてもあっていました。美味しいー。








■メイン②
f0232060_1253866.jpgメイン2品目は、肉。「牛カイノミのグリル フレンチフライ添え」(2800円)です。

カイノミは、わき腹あたり、ヒレに近い部分の柔らかくてジューシーな肉。左右一対の少量しかない希少部位です。





■カイノミ、アップ
f0232060_1282366.jpgほど良い脂もあり、柔らかく美味しいカイノミでした。うまうま。









■〆のご飯
f0232060_129346.jpg「大山鶏もも肉と筍、椎茸の炊き込みご飯」(2000円)です。

こちらも注文してから20分くらいかけて炊き上げてくれます。






■炊き込みご飯、アップ
f0232060_11364356.jpg具沢山で、上品な出汁の味。こういったビストロの〆のご飯で、出汁の優しいご飯がいただけるのは嬉しい。
by meshi-quest | 2015-05-26 08:03 | 渋谷・神泉








濃厚民族として生活している傍ら、甲殻機動隊としても活動しているので、


カニも、海老も大好きだが、どちらかと言うと、海老の方が好きだ。













で、町で「海老専家 (えびせんか)」なる中華屋を見つけたら、


これは入らずにはおれないのだが、こんなに海老の話をした割に、


ランチメニューに魅力的な海老定食がなく、結局、鶏肉の炒めになった。


f0232060_1547250.jpg



































海老は、きっとディナーメニューなんだろうなと思いつつ。


まあ、鶏は鶏で美味しかったので良しとして、


そんなことより、超絶、気になる貼り紙が。


f0232060_1548281.jpg































おそらく、あのボクサーの薬師寺さんだと思われるのだが、


言っていることがよく分からず(苦笑)、「麻麻豆腐」になっていたり、


麻婆豆腐の話が結果「俺の勝ち」に着地してたり、


とにかくこれが気になって気になって・・・。


まあ、夜には・・・忘れて、ぐっすり眠りましたが(笑)。













■「海老専家 須田町店」
http://r.gnavi.co.jp/a251000/















■今日のカメ

■「海老専家」
f0232060_15525617.jpgJR秋葉原駅電気街口から徒歩5分ほど。JR神田駅からも歩けます。路地裏の目立たない場所にあります。









■店内の様子
f0232060_15592787.jpg1階はカウンター。2階もあります。










■鶏肉の四川炒め
f0232060_1547250.jpgすごいボリューム。鶏肉の四川炒め。










■四川炒め、アップ
f0232060_161258.jpgピリ辛ですが、味付けはなかなか良かったです。ご飯が進む味。









■薬師寺さんのメモ
f0232060_1548281.jpgお店からの何の説明書きもなく、ただこれがセロテープで壁に貼ってある。3回くらい読み込んで推測した結果、おそらく84%の確率でボクサーの薬師寺さんが書いたと思われるが、それも謎。スタッフ全員中国の方のようなので、これ以上は謎。







腹が減っては、戦は出来ぬ。


お昼時に曙橋に用事があったので、町をふらついて、昼飯クエスト。













そういえばここ最近、サラダらしいサラダを食べてなかったなあと思い、


ランチにサラダブッフェが付いているという看板を見つけ、店内へ。


ビルの2階まで、上にのぼる螺旋階段がなんだかダンジョンっぽい。













とても気さくで、いい接客をしてくれるお姉さん達だったが、


お店自体は狭く、風通しも悪くて、ちょっと居心地が悪かった。


サラダブッフェは、こういう感じのお店のサラダバーとしては種類があったものの、


ハンバーグの付け合わせがゼロなのを考えると、


まあ、サラダブッフェくらいないとね、という感じだった。


f0232060_15254160.jpg







































一番気になったのは、ハンバーグの味。


ぶっちゃけ美味しくなった。


市販の安いチキンハンバーグのような感じで、


こういうお店だからこそ、料理にはこだわってます的な


手作りカフェ飯ハンバーグを期待していただけに、かなり残念。













帰り途中で、Google先生にこのモヤモヤを問いかけたところ、


「コスパが良い」という書き込みをされている方が多かったが、


この内容で950円だと、むしろコスパとしては若干悪いんじゃないかなと思う。


ハンバーグがダメだっただけで、


パスタとか、オムライスだったら美味しかったのかなあ・・・。













■「Dining & Bar ONE」
http://tabelog.com/tokyo/A1309/A130903/13134881/
















■今日のカメ

■「ONE」
f0232060_15314139.jpg都営新宿線「曙橋駅」から徒歩3分ほど。駅前の商店街の中にあります。

お店は2階で、外にある螺旋階段をのぼっていきます。






■ブッフェ
f0232060_15335993.jpgサラダブッフェと、スープ1種、ドリンク3種くらいが飲み放題です。味は普通かな。









■ハンバーグランチ
f0232060_15254160.jpgサラダブッフェはあるとは言え、ちょっと見た目にも淋しいハンバーグランチ。950円。









■ハンバーグ、アップ
f0232060_15355084.jpgハンバーグ自体が美味しくなかったです。
by meshi-quest | 2015-05-24 08:00








おじさんみたいなくだりから始まるが、若い女の子とランチすることになり、


若い女の子が「わー!」とか「きゃー!」とか言ってくれそうな店を考える。


でも、池袋でおすすめというと、ラーメンだったりするんだよね・・・。













悩んだ挙句に、「ガレット」にすることにした。


「ガレットって何ですか?」と言ってくれてたので、まあいい感じだ。


「ガレット」とはフランスの郷土料理で、クレープに似ているが、


元々小麦が育たない地方の料理なので、そば粉を使っていることが多い。













最近は、ガレット専門店もたくさん出来ていて、


原宿の「ラフェデリース」だったり、神楽坂の「ル・ブルターニュ」だったり、


笹塚「ガレット メゾン ブルトンヌ」だったり、


東京でも「ガレット」という単語が浸透しつつあるように思う。













ここ「Hearth」もチェーン店ながら、ランチから美味しいガレットが食べられる。


特にランチは、スープ、デザート、サラダ、ドリンクまで付くので、女の子に人気。


f0232060_1454417.jpg






































イマイチなガレット屋へ行くと、生地の風味がまるでなかったり、


生地が硬かったり、なんかパッとしなくて美味しくないのだが、


ランチ1000円ちょっとで、気軽に美味しいガレットが食べれるのはいい。













■「Hearth ハース」
http://www.heart-earth.com/about/
















■今日のカメ

■店内の様子
f0232060_1533419.jpgJR池袋駅東口から徒歩3分ほど。豊島区役所がある通り沿いのビルにあります。

ちなみに、池袋には1号店、2号店の2つがあります。







■ウェルカムドリンク
f0232060_1562124.jpgランチの最初にアップルビネガーを薄めた一口ドリンクが出てきます。









■サラダ&スープ
f0232060_1571075.jpgランチセットに、サラダと、ドリンクと、具沢山のコンソメスープが付いてきます。









■ガレット
f0232060_1454417.jpgメニューの中にあるガレットの中から好きなものを1つ選ぶのですが、種類が豊富で迷います。

私は「ロレーヌ」(ほうれん草、ハム、チーズ、生クリームのガレット)にしました。美味しくできています。単品だと1190円、ランチセットで1590円です。




■デザート
f0232060_15112250.jpg食後のミニデザートは、ベリーのソースがかかったブランマンジェ。甘さ控えめで良かった。








知り合いのシェフに勧められていた


イタリアンリストランテ「D'ORO ドーロ」でディナー。


長らく勧めてもらっていたのだが、


なかなか東横線沿線までクエストする機会がなく、


念願かなって、ようやっと訪問。














前菜からデザートまで、料理がどれもホント美味しい。


イタリアンシェフがわざわざ他店のイタリアンを勧めてくれるだけのことはある。


特にパスタが絶品で、テンションあがって、コース以外に別注までしてしまった。


f0232060_11364574.jpg


























f0232060_11371178.jpg
































いつも思うんだが、信頼できる人のお勧めは、


何を差し置いてでも素直に、早めに受けた方がいいな、と。


もっと早くにお邪魔していれば良かった(苦笑)。














これらの絶品パスタは、ソースが美味しいのはもちろんのこと、


茹で加減が抜群だったことももちろんのことなのだが、


イタリアヴェネト州の伝統パスタ「ビゴリ」という独特なパスタで、


この「ビゴリ」は、「トルキオ」と呼ばれるパスタの圧搾機をイタリアから持ち込み、


店内で1回1回丁寧に自家製で作っている。


f0232060_11405868.jpg
























f0232060_1141351.jpg
























f0232060_11415774.jpg


































結構色んなイタリアンレストランに行っているが、


初めて「ビゴリ」に出会って、初めていただいたが、


なんとも言えぬモチモチ感と、それでいてしっかりコシもあり、とても美味しかった。













遠くともわざわざ出向く価値のある1軒だった。


またぜひとも伺わせていただきたいと思う。


メニュー全制覇したいなあ・・・。













■「D'ORO ドーロ」
http://www.do-ro.com/
















■今日のカメ

■「D'ORO ドーロ」
f0232060_11454057.jpg東急東横線「都立大学駅」から徒歩30秒ほど。改札を右に出て、駅のすぐ横の道をちょっと行ったところにあります。








■店内の様子
f0232060_11472932.jpgHPで店内の内装を見た時にはかなりきらびやかな印象を受けましたが、実際はそんなに堅苦しくなく、地元の方が普通に夕食を楽しんでいるような感じでした。







■テーブルセット
f0232060_11531333.jpgテーブルセットはこんな感じ。










■赤ワイン
f0232060_11535438.jpgお店おすすめの飲みやすい赤ワイン。










■1品目
f0232060_11552789.jpg今日は、ディナーコースで。まずは、筒状のガラスの器に入ったアミューズ。









■アミューズ、アップ
f0232060_11563422.jpg下からフキノトウ、ウニ、カリフラワーが3層のムースになっています。見た目にもキレイですが、甘味と苦味のバランスが良く、美味しいアミューズでした。







■2品目
f0232060_11574686.jpg鰆のテリーヌです。中には、ウドが入っていて、周りにはアスパラガスのソースがかかっています。

このテリーヌも、すごく美味しい!







■3品目
f0232060_1159489.jpgホワイトアスパラガスを使ったヴィシソワーズです。









■スープ、アップ
f0232060_1201188.jpg中にはタケノコ、上にはとびっこが乗っています。










■パン
f0232060_121089.jpgグリッシーニが2種とパンが1種。パンが蒸しパンのような素朴な甘味とモチモチ感があり、かなり好きな味でした。








■4品目
f0232060_1225221.jpg自家製の「ビゴリ」を使ったトマトソースパスタ。










■パスタ、アップ
f0232060_11364574.jpg中は、かぶ、枝豆、桜海老、ほうれん草、ズッキーニです。

トマトソースもかなり美味しくて、素晴らしいパスタでした。






■5品目
f0232060_1255835.jpgニョッキの4種盛り合わせです。










■ニョッキ、アップ①
f0232060_1271634.jpgじゃがいものニョッキ。










■ニョッキ、アップ②
f0232060_128146.jpgホタテとズワイガニのニョッキ。










■ニョッキ、アップ③
f0232060_1284821.jpg「アニョロッキ」という名前で蝦夷鹿のミンチが入っています。









■ニョッキ、アップ④
f0232060_1294933.jpg周りのピンクはビーツで着色、中にはウサギの肉が入っています。









■6品目
f0232060_12103948.jpgメインは、やまゆり牛の腕の肉のローストでした。










■「トルキオ」
f0232060_11405868.jpg子供の遊具のような、これがパスタを作る圧搾機「トルキオ」です。









■「トルキオ」実演
f0232060_1141351.jpg席の側で、実際「ビゴリ」を作る過程を見せていただきました。

「トルキオ」に座って、パスタ生地をセットし、ハンドルを回して、絞ります。かなり力いりそう・・・。





■出てきた!
f0232060_11415774.jpg下から、「ビゴリ」が出てきています。










■完成!
f0232060_12151338.jpgこんな感じで1皿分が出来ます。










■7品目(別注)
f0232060_1216132.jpgパスタがあまりに美味しかったので、別注でもう1品。メニューにはなかったのですが、先ほどの出来立て「ビゴリ」を使った特製クリームパスタです。








■パスタ、アップ
f0232060_11371178.jpgホタテとカブと枝豆。このクリームパスタも、ホント絶品でした・・・。幸せ。









■8品目
f0232060_12183610.jpgグレープフルーツのグラニテ。口直し。










■9品目
f0232060_12192370.jpgヨーグルトとベリーのセミフレッドです。










■10品目
f0232060_1221110.jpgプチフール。食後の小菓子。

唯一、あえて難点を示せと言われると、食後の紅茶があまり美味しくなかったことかな。ここだけ、勿体無いけど、それ以外は、ホント素晴らしい料理の数々でした。
プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ