<   2016年 07月 ( 31 )   > この月の画像一覧










カレーは、ホント偉大だなと思う。


だって、どんな環境下でも、早く出てきて、美味しいもの。










疲れた体で早朝に帰京して、腹は激空いてるが、食べる気力がない。


そんな時は、カレーでしょ!


f0232060_169376.jpg

































正直、言葉選ばずに言えば、どこか懐かしい給食っぽいカレーなのだが、


今日は、コレが超美味く感じる!


カツカレー、最高!!!


f0232060_16114550.jpg

































■今日のカメ

■「HANEDA CURRY」
f0232060_1613870.jpg羽田空港第一ターミナルの出発ロビー端にあるカレーハウス。









■羽田カレー
f0232060_169376.jpg名物は、この羽田カレーらしい。










■カツカレー
f0232060_16142445.jpgでも、どうしても気分はカツカレーだったので、カツカレーをいただく。美味しかった。
by meshi-quest | 2016-07-31 08:04








高知でお仕事があり、やってまいりました、初高知。


そして、初メシクエin高知








早速、高知の繁華街にある食の観光スポット「ひろめ市場」で昼食。


f0232060_15394789.jpg

































この「ひろめ市場」には、名物のカツオをはじめとする


高知の食が集まった市場兼フードコートで、すごく広い。


高知の食のバリエーションに驚くとともに、


何よりも観光客だけでなく、


地元の人が平日の昼から普通に飲んでることに驚く(笑)。


f0232060_1543371.jpg
























f0232060_1544041.jpg
























f0232060_15442599.jpg
































高知では、条例でランチビールが認められているのだろうか・・・。


どう見ても、財布片手に、仕事途中っぽい人がいっぱい飲んでるんだが。










高知名物のカツオの藁焼きもいただき、


f0232060_15461540.jpg























f0232060_15463927.jpg























f0232060_1547625.jpg































テンション上がって、トロのにぎりと、ウニを大人買い


f0232060_15482444.jpg























f0232060_15485391.jpg























f0232060_15491666.jpg































見よ、これがダメな大人の姿だ!


ふははははははー。








■「ひろめ市場」
http://www.hirome.co.jp/page/pc/











■今日のカメ

■「ひろめ市場」
f0232060_15394789.jpgJR高知駅から車で約5分。繁華街の大きな商店街の中にあります。









■市場の様子①
f0232060_1543371.jpgお土産物屋、フードコートが所狭しと並んでいます。かなり数があります。

どこのお店も手軽にテイクアウトしたり、食べ歩けるようなものを売ってて、目移りしますw。






■市場の様子②
f0232060_1544041.jpg市場の真ん中にたくさんのテーブルが並んでいて、自由に買ったものを食べられるようになります。

後片付けも専門のスタッフが巡回してるので、助かります。






■市場の様子③
f0232060_15442599.jpg飲むことが推奨されてますw。










■「明神丸」
f0232060_15461540.jpgフードコートの中でも一等地にあり、一番行列が出来てたここでカツオ購入。









■ファイヤー!
f0232060_15463927.jpgカツオの藁焼きの実演をやってます。










■うつぼ天ぷら
f0232060_15564884.jpg高知ではうつぼも食べるんですね。初うつぼ、買ってみました。









■買ってきたもの①
f0232060_15573863.jpgカツオの藁焼き定食と、うつぼの天ぷら。

うつぼは、身の締まった片めのうなぎ、という感じ。味はたんぱくです。







■カツオ、アップ
f0232060_1547625.jpg分厚くて、噂通りの美味しいカツオでした。実はあまり好んでカツオを食べないのですが、これは美味しかったです。








■買ってきたもの②
f0232060_160566.jpg昼から、トロのにぎりw。大トロ5貫で1000円。かなり美味しいトロでした。









■買ってきたもの③
f0232060_15491666.jpgウニ1箱1200円。東京だったら、2倍くらいしそうな量。
by meshi-quest | 2016-07-30 08:00 | 旅行_国内








その昔、神泉に「bacar バカール」という超有名なフレンチがあって、


オープン当初からずっと通わせてもらっていて、


本当に大好きで、「bacar」で食事ができることが幸せだった。










後半は、食べログとかでも1位になってしまって、


常連でも予約の取れないお店になってしまい、


とある事情から2015年春に閉店をしてしまったのだが、


今年2016年、元「bacar」のメインシェフである石井さんが


満を持して、北参道に「Sincere シンシア」というフレンチをオープンし、


久しぶりに石井さんの料理をいただきに、お邪魔させてもらった。










石井さんを驚かそうと思って、あえて予約時に名前は伏せていたのだが、


石井さんにかなり驚かれ、「来るなら、前もって言ってよ(笑)」と。


私の好き嫌いとかもご存じなので、


「bacar」ではいつもメニューを変えてもらってたのだ。










今日も急遽出来る限りの範囲で、特別メニューにしてくださり、


最高級ブルターニュ産「オマールブルー」登場!


f0232060_12293760.jpg
























f0232060_1230183.jpg


































スタートは鮎で、


f0232060_12355640.jpg
























f0232060_12365189.jpg






























その後に、本物の鮎も出てきて、


f0232060_12374976.jpg























f0232060_12381578.jpg































料理も本当に美味しくて、美しくて、


f0232060_12393683.jpg
























f0232060_1240683.jpg
























f0232060_1240332.jpg
























f0232060_1241086.jpg


































「bacar」の名物だった特製ブリオッシュも健在で、


しっかり「しんしあ」の刻印が押されてて、


f0232060_12421644.jpg
























f0232060_12424492.jpg
































最後のデザート、小菓子まで、すべて最高だった。


f0232060_12434152.jpg
























f0232060_1244427.jpg
























f0232060_1244346.jpg
























f0232060_12445920.jpg

































「bacar」閉店から、ファンにとっては夢にまで見た再会の日。


泣けました。








2ヵ月先までしか取らない予約はすでに全日いっぱいで、


すでに大人気の「Sincere シンシア」だが、


なんとか頑張って予約を取って、近々また伺わせてもらおうと思う。









改めて、私は石井さんの料理が大好きなんだなと思った。


料理食べて、こんなに感動させてもらえるお店は、なかなかない。







■「Sincere シンシア」
https://www.facebook.com/fr.sincere/











■今日のカメ

■「Sincere シンシア」
f0232060_12495920.jpg副都心線「北参道駅」から徒歩5分ほど。JR代々木駅からも歩けます。北参道から奥に入った路地裏にあります。








■上から見た
f0232060_12513673.jpgお店は地下にあります。










■入口
f0232060_1252269.jpgここが入口。










■店内の様子
f0232060_12523538.jpg店内は、キッチンスペースと客席に分かれていて、客席からライブ感覚でキッチンを見ながら食事が楽しめるようになっています。雰囲気もすごくいいです。







■テーブルセット
f0232060_12535133.jpgテーブルセットはこんな感じ。










■白ワイン
f0232060_12541946.jpg好みを伝え、ソムリエさんが選んでくれた白ワイン。この白ワイン、めちゃくちゃ美味しかった!香り良くて、ほんのり甘い。








■「オマールブルー」
f0232060_1230183.jpg通常のコースではなく、石井シェフが急遽特別メニューに切り替えてくれました。

ブルターニュ産の最高級「オマールブルー」が登場!






■1品目
f0232060_12355640.jpgまずは、かわいい鮎が登場。










■鮎、アップ
f0232060_12365189.jpg最中の鮎の中に、鮎のペーストとフォアグラが入っています。









■2品目
f0232060_12374976.jpg今度は、本物の稚鮎が登場!










■稚鮎、アップ
f0232060_1303721.jpg稚鮎のフリット。特製わさびクリームに付けていただきます。









■メニュー、出てきた!
f0232060_1313870.jpg稚鮎が乗っていた白い丸い皿をスタッフが片づけてくれると、その下から、なんとメニューが!

ステキな演出!!







■3品目
f0232060_1324713.jpgポルチーニ茸のソテーのパイ包みです。めちゃくちゃいい香り。









■付け合わせ
f0232060_1333632.jpg濃厚なポルチーニエキスが詰まったポルチーニスープと一緒にいただきます。









■パン、きた!!
f0232060_12421644.jpg「bacar」でも大人気だった手作りパン。正直、その辺のパン屋さんよりも、数段美味しいです。









■ブリオッシュだ!
f0232060_1353112.jpg「bacar」の時から大好きだった四角いブリオッシュと食パンをチョイス。

相変わらず、すごく美味しい!







■バター
f0232060_1375316.jpg信州味噌を練り込んだという特製バター。

見た目はバターだけど、味は味噌。








■4品目
f0232060_1391036.jpg石井シェフが「成沢さん、結構食べるから、ガッツリ作ったよ」と言ってくれた通り、4品目からメイン級の料理登場。

先ほどの「オマールブルー」のソテー。美しいだけでなく、オマールとクリーミーなソースがあっていて、めちゃくちゃ美味しい!!




■蟹味噌ソース
f0232060_13111341.jpg「bacar」で定番だった絶品蟹味噌ソースも登場。付け合わせの野菜をこの蟹味噌ソースでいただく。ああ、幸せ。








■5品目
f0232060_13122317.jpg甘鯛の鱗焼きです。










■甘鯛、アップ
f0232060_1240332.jpgパリッパリに焼かれた甘鯛と、クリームソースの中にはホッキ貝、ハマグリ、つぶ貝など、濃厚な貝エキスがたっぷり。

これも最高に美味しい。






■選べるナイフ
f0232060_13142119.jpg「bacar」では、ライヨールという有名なカラトリーを使っていましたが、「Sincere シンシア」では福井の伝統工芸越前打ちのダマスカス模様入りのナイフを使っていて、色が選べます。

このナイフ、今まで使ったナイフの中で、一番使いやすく、切れやすく、素晴らしかった!




■6品目
f0232060_1316564.jpg仙台牛の赤身いちぼの塊肉のロースト。ソースはトリュフソースです。

柔らかくて、肉の味がしっかり出ていて、これも絶品。






■7品目
f0232060_12434152.jpgグラニテ代わりの最初のデザートは、ヨモギとゴールデングレープフルーツを組み合わせた一品。中に日本酒のアイスも入ってます。

ヨモギとグレープフルーツがめちゃくちゃ合っていて、このデザートすごく好み。





■ヨモギ塩
f0232060_1319444.jpg特製のヨモギ塩を少しデザートにかけると、風味が増します。









■8品目
f0232060_13203398.jpg2つめのデザートは、ポルチーニ茸をイメージした一品。本当にほのかにポルチーニの香りもします。









■デザート、アップ
f0232060_13225439.jpgいくつかの層になっていて、チーズケーキムース、カマンベールチーズ、番茶アイスなどが挟まっています。これも絶品!








■食後の小菓子
f0232060_13235529.jpg森をイメージした食後の小菓子。










■小菓子アップ①
f0232060_1244346.jpgどんぐりのマドレーヌ。










■小菓子アップ②
f0232060_12445920.jpgアーモンドロッシェ。サックサクのクッキーみたいな感じ。









■小菓子アップ③
f0232060_13273727.jpg土に見えるのは、食べられるビターチョコレート。










■紅茶
f0232060_13282035.jpg食後のダージリン。










■砂糖もかわいい。
f0232060_13285567.jpg丸太で出来たシュガーケース。中の砂糖も葉っぱの形をしています。









■お土産
f0232060_13294513.jpgトマト風味のマカロン。

最後まで至れり尽くせりでした!









築地で朝食と言えば、まずは海鮮丼


調べてみたら、通の人はあえて牛丼だったり、


ラーメンだったり、カレーだったりに行くらしいが、


築地ビギナーとしては、とりあえず、海鮮丼から入ることに。









よく名前が上がる有名な定食屋にも行ってみたが、


ガイドブックに載っているのか、


中国人観光客の長蛇の列を見て諦めて、


その近くにあった「仲家」というお店に入ることに。


f0232060_20592824.jpg

































これ、観光地あるあるだけど、写真と実物がちょっと違ってて、


これで2300円かーと思うと、少し冷静になってしまう自分がいる。


f0232060_20591196.jpg























f0232060_2101033.jpg
































築地の市場で、朝から海鮮丼というテキストに浮かれてしまったのもあるが、


味、内容、ボリュームを冷静に考えると、


町で2000円くらい出して海鮮丼上とか頼んだ方が美味しいもの出てくるかも。









とはいえ、「朝の築地で食べる」というイベント性はここだけのものなので、


1つの朝の思い出としては、行ってみるはいいのかもしれない。


次は、海鮮丼じゃないものを食べに築地に来てみるかな。











■今日のカメ

■「仲家」
f0232060_20592824.jpg場内の飲食店街にあった海鮮丼のお店。写真が多かったので、なんとなくここに。









■店内の様子
f0232060_215873.jpgカウンターのみ。席数は少なめ。










■「とろうに」
f0232060_20591196.jpg海鮮丼の組み合わせが豊富で、色んな種類が選べます。私は、とろとうにがセットになった海鮮丼(2300円)を注文。








■アップ
f0232060_2101033.jpg期待しすぎたのかもしれませんが、とろもうにも普通で、ボリュームもちょっと期待より少ない感じ。ご飯もあまり美味しくなかったかな。








■小鉢①
f0232060_2195579.jpg小鉢は2つで、シジミの佃煮。










■小鉢②
f0232060_21103523.jpg大根の漬物。










■「うに、いくら、まぐろ」
f0232060_2192544.jpg他の人が頼んだ「うに、いくら、まぐろ」の3種盛り(1800円)。








とある日の朝7時


私は、築地市場場外のど真ん中で、シュウマイを食べていた。



f0232060_20141425.jpg
























f0232060_20143571.jpg
























f0232060_20145943.jpg
































朝の築地は、ホント元気だ。


市場で働いている人はもちろんのこと、


こんなに早朝から観光客が押し寄せていることに驚く。


f0232060_2022475.jpg
























f0232060_20231576.jpg
























f0232060_20234726.jpg





































事の発端は、数日前。


そう言えば、そろそろ築地も移転しちゃうねという話から、


移転前にちゃんと築地で朝ご飯を食べに行こうではないかということになり、


私がめったにしない早起きをして、朝の築地に向かった。









朝から活発に動く、頑丈な胃袋を持っていて良かった。


しかし、それ以上にたくさん来ている中国人観光客の胃袋はアグレッシブなようで、


朝からウニやら、ホタテやらを買って食べ歩きをしていたが、


さすがに、そこまでの元気はない。


f0232060_20184241.jpg


































朝の築地か、デパ地下のイベントでしか手に入らない


「玉子焼松露」の「松露サンド」を買って、


f0232060_20211029.jpg
























f0232060_20243777.jpg




































築地で働く人たちの憩いの場となっている「喫茶岩田」で休憩。


f0232060_2026513.jpg
























f0232060_2026304.jpg
























f0232060_20265716.jpg
































実質、たった1時間半の出来事だったとは思えないほど、


内容の濃い朝だった。











■今日のカメ

■朝の築地市場①
f0232060_2022475.jpg場外の様子。早朝からあまりに人が多くて、ビックリしました。









■朝の築地市場②
f0232060_20231576.jpg場内の乾物や飲食店が並ぶ通り。










■朝の築地市場③
f0232060_20234726.jpg海産物の荷卸しをしているところ。










■「幸軒」
f0232060_20145943.jpg場外にある「幸軒(さいわいけん)」のシュウマイ売り場。









■シュウマイ、蒸し立て。
f0232060_20143571.jpg大きな特製シュウマイが1個150円から食べられます。









■シュウマイ、アップ
f0232060_20141425.jpgジューシーでとても美味しいです。










■「玉子焼松露」
f0232060_20211029.jpgデパ地下のイベントでたまに出店をしている「玉子焼松露」。









■「松露サンド」
f0232060_20243777.jpg名物は、「松露サンド」と呼ばれている玉子焼きをパンに挟んだサンドウィッチ。

玉子焼きデカい!ほのかに甘みがあり、パンには辛しマヨが塗られています。






■「喫茶岩田」
f0232060_2026513.jpgどう見ても定食屋の風貌をしていますが、喫茶店。

この雰囲気が素敵なんだけど、場内にあるお店なので、秋に移転決定。







■店内の様子
f0232060_2026304.jpgカウンターのみ、昔ながらの喫茶店。年季が入ってます。移転すると、これも見れなくなっちゃうんだろうな。








■古いレジ
f0232060_2048747.jpg今も現役のおつりを出すレジ。「40」を押すと、ちゃんと10円が4枚出てくる仕組み。なんかおもちゃ感覚で、見てて楽しい。








■カフェオレ
f0232060_20265716.jpg普通のカフェオレなんだけど、朝の築地で飲んでると思うと、格別。








とある晴れた、暑い日。


お腹は空いているが、暑すぎて、普通のモノが喉を通らない。









こんな時は、断然アジア料理。


暑い日のことは、暑い国が教えてくれる。


というわけで、吉祥寺井の頭公園内にある「ペパカフェフォレスト」へ。










大学時代は、まだここまで吉祥寺に人がいなくて、


「ペパフカフェフォレスト」もそこまで知られてなくて、


井の頭公園を眺めながら、気軽に食事が出来たのだが、


もういまや、ランチタイムはとうに過ぎてるのに、大行列!


f0232060_19373498.jpg
























f0232060_19375517.jpg




































素晴らしいロケーションに、美味しいアジア料理。


そりゃ、混まないわけがないんだが、


暑くて暑くて、並んで待つ気力がなくなってるのをなんとかこらえて(苦笑)、


お目当てのアジア料理を食べてきた。


f0232060_19581641.jpg























f0232060_19584984.jpg























f0232060_19591636.jpg





























ペパフカフェに来ると、バンコクとかホーチミンで食べた屋台料理を思い出す。


また行きたくなってきたー。






■「ペパカフェフォレスト」
https://www.facebook.com/pepaforest/










■今日のカメ

■「ペパカフェフォレスト」
f0232060_19373498.jpgJR吉祥寺駅井の頭口から徒歩5分ほど。井の頭公園にある有名なアヒルの池の橋を超えた突き当りにあります。

土日は昼夜問わず、めちゃくちゃ混んでます。






■店内の様子
f0232060_19375517.jpg半オープンな開放的な店内。席数も多いのですが、それ以上にお客さんが多い。









■飲み物
f0232060_204085.jpgサングリアとモヒート。夏って感じ!










■1品目
f0232060_19581641.jpg揚げ春巻き。個人的には、生春巻きより、揚げ春巻きの方が好き。









■2品目
f0232060_19584984.jpgスパイシーソーセージ。ピり辛。










■3品目
f0232060_19591636.jpgタイ屋台ライスヌードル。いい出汁が出ていました。美味しかった!
by meshi-quest | 2016-07-26 08:06 | 吉祥寺








割と頻発してるが、またも中華ブームがやってきたので、


中野の鉄板中華「仁」へ。










豪華な5種の中華お通しに始まり、


f0232060_193534.jpg























f0232060_194239.jpg























f0232060_1944622.jpg























f0232060_195139.jpg



































鉄板で作る中華の数々、相変わらず美味しかった。


ここに来る度に、和食も、中華も作れちゃう鉄板は、ホント万能だなと思う。


f0232060_1962248.jpg
























f0232060_199270.jpg
























f0232060_1992574.jpg
























f0232060_1995438.jpg


































■「鉄板中華 仁」
http://tabelog.com/tokyo/A1319/A131902/13117682/










■今日のカメ

■「鉄板中華 仁」
f0232060_19104358.jpgJR中野駅北口から徒歩5分。北口飲み屋街の路地裏にあります。

カウンターとテーブル。席数は少なめ。奥に円卓個室があります。






■テーブルセット
f0232060_1912847.jpgテーブルセットはこんな感じ。










■お通し
f0232060_19114975.jpgお通し代が1人1000円とちょっと高めではありますが、豪華で立派な盛り合わせが出ます。









■お通し、アップ①
f0232060_194239.jpg手作りチャーシューと冬瓜の煮物。










■お通し、アップ②
f0232060_1944622.jpgブリと貝の煮つけ。










■お通し、アップ③
f0232060_195139.jpgトウモロコシの冷製スープ。










■1品目
f0232060_1916232.jpg注文が入ってから包んでくれる焼き餃子。ジューシーで美味しい。









■2品目
f0232060_19174328.jpgまこもだけの蒸し焼きです。










■3品目
f0232060_19183564.jpg青菜のかに餡かけ。

かにの餡がトロッとしてて、濃厚で、めちゃくちゃ美味しかった!







■4品目
f0232060_1962248.jpg海老のチリソースです。プリプリ。










■5品目
f0232060_1921454.jpg本日の黒板のおすすめになっていた宮崎牛のステーキ。中華屋さんでステーキ食べれるのは、鉄板中華ならでは。








■ソース
f0232060_19222488.jpgステーキ用の3種のソース。右の青ネギソースが美味しかった。









■6品目
f0232060_19231914.jpgホタテの中華クリーム煮。中華風のクリーム煮込み、好き。









■7品目
f0232060_19243257.jpg岩中豚のXO醤炒め。ご飯が食べたくなる味。










■8品目
f0232060_19254124.jpgタラバ蟹の身がたくさん入ったふわとろ蟹玉。










■9品目
f0232060_1926598.jpg海老の特製マヨソース炒め。










■10品目
f0232060_1927374.jpg酸辣湯。酸味と辛みのバランスが絶妙。










■11品目
f0232060_19283420.jpg特製麻婆豆腐。花山椒が効いていて、とても美味しい。








那覇は、いつでも混んでる。


シーズン関係なしに、飛行機だって、ホテルだって、取るのが難しい。










普通の観光客もいれば、全国各地の修学旅行生、


さらに、沖縄を経由すると観光ビザが取りやすいらしく、


ものすごい数の中国観光客で溢れ返っている。










今回、ちょっと長期の出張で、いつもの空港近くのホテルが取れず、


初めて「ダブルツリーbyヒルトン 那覇首里城」というホテルに泊まったのだが、


このホテルの朝食がとても良かったので、メシクエの記録を残しておきたいと思う。










朝食は、大きなレストランでのバイキング形式なのだが、


沖縄料理メニューが充実していて、味も良かった。


ホテルランクを上げれば、もっと上もあるだろうが、


値段的にも、内容的にも、バランスがいい感じ。



f0232060_16482276.jpg
























f0232060_16485368.jpg
























f0232060_16493673.jpg
























f0232060_1650455.jpg
























f0232060_16503359.jpg



































あと、良かったのが、このサプリメントコーナー


今まで色んなところに泊まってきたけど、


サプリメントを出してくれたホテルは初めてだ。


f0232060_16515897.jpg
























f0232060_16523131.jpg
























f0232060_1653053.jpg



































欲を言うと、デザートコーナーだけあまり充実してなかったのが、ちと残念。


それ以外は、かなり内容の良い朝食だった。


出張では、ホテルの朝食大事だからね。









■「ダブルツリーbyヒルトン 那覇首里城」
http://www.doubletreeshuri.jp/











■今日のカメ

■レストランの様子
f0232060_16482276.jpg「ダブルツリーbyヒルトン 那覇首里城」(旧ホテル日航那覇グランドキャッスル)のメインレストランが朝食会場。

かなり席数はありますが、ピーク時には席待ちの列が出来てます。





■バイキングの様子①
f0232060_16572043.jpgサラダコーナー。










■バイキングの様子②
f0232060_16575962.jpg沖縄そばコーナー。麺は、プレーンとヨモギの2種。










■バイキングの様子③
f0232060_16485368.jpg大好きな沖縄料理「にんじんしりしり」。ニンジン料理の中で一番好きかも。

これが朝食から食べれるのは嬉しい。







■バイキングの様子④
f0232060_16493673.jpg沖縄風炊き込みご飯「じゅーしー」。










■バイキングの様子⑤
f0232060_1704338.jpg豚肉と野菜の入ったソーキ汁。










■バイキングの様子⑥
f0232060_1714493.jpg島菜が入ったソーセージ。










■バイキングの様子⑦
f0232060_1722059.jpgセーイカの一口かまぼこ。










■サプリメントの様子①
f0232060_16515897.jpg「NatureMade」のサプリメント6種が取り放題。










■サプリメントの様子②
f0232060_16523131.jpg日差しが強い沖縄にピッタリのサプリ、ビタミンC。










■サプリメントの様子③
f0232060_1653053.jpg歩き疲れた足に、グルコサミン。










■取ってきたもの①
f0232060_1754236.jpg各種沖縄料理と、ご飯と味噌汁。










■取ってきたもの②
f0232060_1763754.jpg沖縄風おぼろ豆腐「ゆし豆腐」。大豆の甘みがあり、美味しい。









■取ってきたもの③
f0232060_1775022.jpg沖縄そば。スープ、なかなか美味しいです。










■取ってきたもの④
f0232060_1784549.jpgサプリメントで栄養補給。
by meshi-quest | 2016-07-24 08:00 | 沖縄








沖縄の糸満という場所にある


ファーマーズマーケットに連れて行ってもらった。








これが、すごいマーケットで・・・


f0232060_16135024.jpg
























f0232060_16143994.jpg
























f0232060_16151318.jpg
























f0232060_16154628.jpg


































1山300円の刺身とか、1つ200円のの帆立のウニ焼きとか、


食べ歩きの天国がここにあった。









新鮮な魚介類が安くて、気軽に食べれる。


買いまくって、食べまくってきた。


またぜひ行きたいな。


f0232060_16204021.jpg
























f0232060_162113100.jpg
























f0232060_1622282.jpg
























f0232060_16223524.jpg

































■「ファーマーズマーケットいとまん」
http://www.tabinchu.net/area2_5/genre1_1/spot_204484/











■今日のカメ

■「ファーマーズマーケットいとまん」
f0232060_16251532.jpg糸満市にある最大の生鮮食品市場。道の駅いとまんの中にあり、野菜、魚、肉など、何でも揃う。









■魚市場の様子①
f0232060_16135024.jpg魚市場は、店の近くにイートインスペースもあり、好きなものを買って、自由に食べれるようになっています。








■魚市場の様子②
f0232060_16154628.jpg中落ち、サーモン、ハマチなどは一山300円、サザエは250円、本マグロは500円。安い!









■魚市場の様子③
f0232060_16151318.jpg大きな生エビも2本で300円。










■魚市場の様子④
f0232060_16143994.jpg伊勢海老や帆立のウニソース焼きも。










■魚市場の様子⑤
f0232060_16304761.jpgマグロカツなどの揚げ物も売ってます。










■買ってきたもの①
f0232060_162113100.jpg中落ち、本マグロ、生エビ。










■買ってきたもの②
f0232060_16323779.jpgハマチやサーモン。










■買ってきたもの③
f0232060_16331029.jpg帆立のウニソース焼き。










■買ってきたもの④
f0232060_16334333.jpgマグロカツ。

ちなみに、つい、ご飯食べたくなりますが、ちゃんとご飯も、味噌汁も売ってますw。







■買ってきたもの⑤
f0232060_16223524.jpg白身魚のバター焼き。
by meshi-quest | 2016-07-23 08:05 | 沖縄








来期の作戦会議を兼ねて、沖縄のスタッフと会食。


ここんとこ肉肉しい料理が続いていたので、


今日は、さっぱりと鮨居酒屋で和食。










沖縄は暑いので、なんとなく刺身とか鮨のイメージがないのだが、


よくよく考えれば、海に囲まれ、川もあって、海産物が豊富な地域。


沖縄で魚メインの和食もいいもんだ。


f0232060_1457253.jpg
























f0232060_15122125.jpg
























f0232060_1513972.jpg
























f0232060_15135276.jpg
































メニューも豊富で、どれも丁寧に作られていた。


最後に鮨で〆られるのもいい感じ。


沖縄の大人の居酒屋。








■「お鮨と炭焼酒場 ひとつぶ」
http://r.gnavi.co.jp/2pmpf97r0000/










■今日のカメ

■「ひとつぶ」
f0232060_15173195.jpgゆいれーる「美栄橋駅」「県庁前駅」から徒歩5分。










■店内の様子
f0232060_15194672.jpgカウンターとテーブル。席数は少なめ。










■テーブルセット
f0232060_15211630.jpgテーブルセットはこんな感じ。ゆず酒ロックと、お通し。









■お通し
f0232060_1523747.jpg冬瓜の煮物やゴーヤのピクルスなど、沖縄の食材を使った5種。豪華。









■1品目
f0232060_15254640.jpg生ハムとドライトマトのグリーンサラダ。










■2品目
f0232060_15281995.jpgかにの茶碗蒸し。

すごく上品な味で、かに餡かけがすごく美味しい。








■3品目
f0232060_15403729.jpg刺身の盛り合わせ。










■4品目
f0232060_15413022.jpgトウモロコシの天ぷら。甘くて美味しい。










■5品目
f0232060_1513972.jpg鮎の塩焼き。










■6品目
f0232060_1543923.jpg穴子の天ぷら。










■7品目
f0232060_15435441.jpgアツアツの出汁巻き玉子。










■8品目
f0232060_15135276.jpg金目鯛のかぶと煮。酒が進む味。










■9品目
f0232060_15453532.jpg「みーばい」という沖縄の魚、槍いか、生ウニ&甘エビのにぎり。









■にぎり、アップ
f0232060_15122125.jpg甘エビの上に生ウニ。豪華。










■10品目
f0232060_1457253.jpg赤身、中トロ、いわしのにぎり。
by meshi-quest | 2016-07-22 08:06 | 沖縄
プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ