<   2017年 02月 ( 27 )   > この月の画像一覧









個人的に、水炊きでは新宿御苑前の「玄海」に敵う店はないと思ってる。


「玄海」の濃厚な白濁した鶏スープが大好きだ。


濃厚民族としては、水炊きのスープに後から塩を自分で入れるような


薄いスープは物足りなくて仕方がないのだが、


ここ「玄海」のスープは、塩なぞ不要、最初からしっかり味が出ている。










寒い日々が続く時こそ、この「玄海」スープが恋しくなるのだが、


「玄海」はそこそこいいお値段する上、1人鍋もなかなか敷居が高い。


そんな玄海ラバーズの収容施設として、本店の隣に「げんかい食堂」なるものがあり、


玄海クオリティーの鶏料理がお手頃価格でいただけるようになっている。


もちろん、玄海水炊きもお一人様から注文が出来る。


f0232060_156539.jpg
























f0232060_1571611.jpg
























f0232060_159177.jpg
























f0232060_1593491.jpg


































旅館のような店内の個室に、昼間から一人で鎮座し、


絶品水炊き鍋を注文する様は、新宿であることを忘れ、


どこか遠く日本海に一人で旅行に来たかのような錯覚を生む。


寒くてやってられない時、仕事で疲れ果てた時の空想どこでもドアだ。










相変わらず、水炊き美味しいなあ・・・。


スープとか、ついつい飲み続けちゃって、止まらないよ・・・。


f0232060_15122213.jpg























f0232060_15124648.jpg























f0232060_1513991.jpg























f0232060_15133642.jpg

































ちなみに、鶏の水炊きが美味しいことは言うまでもないが、


鶏専門店だけあって、焼鳥や味付玉子など、


鶏料理のサイドメニューも充実していて、とても美味しい。


贅沢で優雅なランチだった。







■「げんかい食堂」
http://genkai-group.jp/shokudo/










■今日のカメ

■「玄海」
f0232060_15211047.jpg丸の内線「新宿御苑前駅」から徒歩5分ほど。新宿通り沿いにあります。









■「げんかい食堂」
f0232060_15221746.jpg玄海に入って、左側が玄海本店、突き当り正面に「げんかい食堂」があります。









■個室
f0232060_15233211.jpg通し営業をしていて、ランチメニューも4時くらいまでやってます。すごく便利。

ランチの時間は混んでますが、夕方近い時間だと、1人でも個室に通してくれます。






■テーブルセット
f0232060_15251322.jpg「元祖水炊きセット」(2185円)を注文したので、1人用のお鍋の準備がされてます。









■煮凝り
f0232060_15263982.jpg「元祖水炊きセット」には、煮凝りと〆の雑炊がセットになっています。









■水炊き、きた!
f0232060_15273116.jpg濃厚白濁スープを独り占めです(笑)。










■肉アップ
f0232060_15292136.jpg骨付きの鶏肉がたっぷり入ってます。箸で骨からはがせるほど柔らかいです。

値段的に肉の量は少なめですが、別料金で肉の追加が可能です。






■いただきます!
f0232060_15305336.jpgスープはスープで、肉は特製ポン酢でいただきます。

肉も美味しいけど、スープがめちゃくちゃ濃くて、美味しい。濃いけど、ずっと飲めてしまうくらい、バランス良く、くどくない味。





■もも
f0232060_1532476.jpg焼鳥も別注。もも串、柔らかくて、焼き加減も良く、美味しい!









■手羽先
f0232060_15331299.jpg手羽先も美味しく焼けています。クオリティー高いですが、値段はすごくリーズナブルで、焼鳥はおすすめ。








■「玄海たまご」
f0232060_15343391.jpg鶏専門店が作る名物半熟玉子、「玄海たまご」。黄身が濃厚。









■〆の雑炊
f0232060_15352479.jpg〆の雑炊は、スープの残りと別に作ってきてくれるので、スープはスープで心行くまで飲みきれるのが嬉しい。雑炊は割と薄味。
by meshi-quest | 2017-02-28 08:08 | 新宿







ゲーム業界の同い年の友達に招待いただき、


渋谷セルリアンタワーにある「金田中 草 (かねたなかそう)」でランチ。


天井も高く、広々としてて、渋谷であることを忘れるほど優雅。


高級ホテルのレストランはこういうところがいい。



f0232060_14243729.jpg























f0232060_14251781.jpg

































高級和食なので、コースも種類は限られているのかと思ったら、


予想外に種類が多く、かつ、メニューに細かく料理が書かれていて、


読み込めば読み込むほど迷って、友達と雑談しながらゆうに30分くらい品定め。


すし膳も良かったけど、和牛膳も捨てがたかったけど、


結局、肉も魚も食べれるという無難な「替り膳」にソフトランディング。


f0232060_14303419.jpg























f0232060_1431087.jpg























f0232060_14312257.jpg























f0232060_14314386.jpg























f0232060_1432462.jpg























f0232060_14322896.jpg

































ひたすらお上品で、少量がちょこちょこ出てくる感じなので、


男性同士の会食にはあまり向かないかもしれないが、


女性同士や、女性を含む、ちょっとリッチな会食には合いそう。


なにより渋谷の駅近で、この静かさは貴重。








■「金田中 草」
http://www.kanetanaka.co.jp/restrant/so/










■今日のカメ

■「金田中 草」
f0232060_14243729.jpgJR渋谷駅南口から徒歩5分ほど。セルリアンタワー東急ホテルの2階にあります。









■店内の様子
f0232060_14251781.jpg天井高く、大きな窓から日差しも差し込み、広々としています。テーブル席の他に、個室も。









■テーブルセット
f0232060_14431799.jpgテーブルセットはこんな感じ。

今回は、「替り膳」(3500円)にしました。








■梅酒
f0232060_14462170.jpg食前酒として、軽く梅酒で乾杯。










■1品目
f0232060_14303419.jpgまずは、サラダと軽いおつまみ。










■アップ①
f0232060_144707.jpgサラダは水菜とじゃこです。










■アップ②
f0232060_14472972.jpgふきのとう味噌と、ほうれん草の胡麻和え。










■2品目
f0232060_1431087.jpgメインディッシュは、魚と肉が楽しめる箱盛りです。









■アップ①
f0232060_14314386.jpg金華豚のしゃぶしゃぶ、白菜、菊菜、白葱です。










■アップ②
f0232060_14312257.jpg煮穴子と大根の含め煮です。上品な味わい。










■アップ③
f0232060_1432462.jpg諸子(もろこ)という魚の照り焼きと、木の芽酢です。









■アップ④
f0232060_14522812.jpg寒筍の含め煮です。










■釜炊きご飯
f0232060_14322896.jpgふっくら炊き立てのご飯を用意してくれます。










■お椀
f0232060_14533346.jpg豆腐の赤だしと香の物。










■デザート
f0232060_14542149.jpgきなこと黒糖(かな?)の和風プリン。甘さ控えめで美味しく出来ていました。
by meshi-quest | 2017-02-27 08:06 | 渋谷・神泉









遅ればせながら、初詣で成田山新勝寺へ行ってきた。


去年までは友達の実家の近くの寺に初詣に行っていたが、


今年は、ご縁あって、初めて成田山新勝寺に参拝。











成田山新勝寺は、東京近郊では非常に有名な寺で、


年末年初には、テレビのCMや交通広告で名前をよく見かけるが、行くのは初めて。


勝手に相当大きな寺を想像していたが、実際、想像通りの大きな寺だった。


f0232060_11441269.jpg























f0232060_11445251.jpg























f0232060_1145183.jpg























f0232060_11454297.jpg























f0232060_11462946.jpg























f0232060_11465274.jpg































成田山新勝寺は、ちょっと変わった拡大路線をしていて、


通常、寺が古くなると、修復や建て替えを行うが、


新勝寺は、古くなった寺はそのままに、


その近くにそれよりも大きな新しい寺を建てて、全体を拡大しているのだそう。


それに加え、歌舞伎の市川團十郎の屋号「成田屋」と繋いで、


すごく縁起の良い寺としてアピールしたことも大きく、人気が爆発したらしい。


ご一緒した方が寺に詳しくて、勉強になった。











さて、寺の勉強はこれくらいで、食のお勉強。


成田山の周辺に川が多く、参道にも多数のうなぎ屋があるのだが、


中でもひときわ長蛇の列が出来ている名店「うなぎ 川豊 本店」へ。


うなぎ屋は成田山周辺に多数あれど、ここが一番有名らしい。


f0232060_11524836.jpg
































写真からも分かる大行列っぷりなのだが、実はこんなもんじゃなくて、


これ、整理券を配っているのに、整理券を取る列と、持ち帰りで大混雑。


この日、もう昼時過ぎて4時近かったが、私たちで150組待ちの状態。


あまりに外が寒くて、うなぎを恨んだり、何度も心が折れかかったが、


自分を鼓舞し続けて、やっと入れたのは2時間後だった。










この150組を回し続けるわけなので、


店内では数名のスタッフが、ひっきりなしにうなぎをさばき続け、


うなぎの大量虐殺が行われ続けていた(笑)。


お寺さんの近くで良かった、良かった。


f0232060_11571557.jpg























f0232060_11574132.jpg























f0232060_1158566.jpg




























かなり根性見せないとたどり着けないうなぎだが、


成田山のお膝元でいただく老舗うなぎの味はなかなかなもので、


疲れも寒さも一気に癒して体力回復をしてくれる、美味しいうなぎだった。


f0232060_120195.jpg























f0232060_1202531.jpg























f0232060_120505.jpg























f0232060_1211348.jpg






























■「うなぎ 川豊 本店」
http://www.unagi-kawatoyo.com/


※うなぎは昔ながらの食券制なのに、
上記HP上で入店可能な整理券ナンバーや待ち人数を
リアルタイムに分かるようにしていたり、意外とIT化されている一面も!










■今日のカメ

■成田山参道
f0232060_11445251.jpg寺までの参道が長く、ヘビのようにうねうねしていて、寺までなかなかたどり着きません。

ただ、江戸時代のセットのような町並みが広がっていて、飽きないので散歩してても楽しいです。






■成田山新勝寺
f0232060_1145183.jpgここが正面門。










■最初のお寺
f0232060_1281099.jpg新勝寺は、古くなった寺を壊さずに残し続けているのですが、これが一番最初の新勝寺だそう。かなり小さい本殿です。








■「川豊 本店」
f0232060_11524836.jpg新勝寺へ続く参道の途中にある大人気うなぎ専門店「川豊 本店」。趣ある外観で、すごく素敵。

ぜひここで食べたいところだが、とんでもない待ち人数と待ち時間でした(泣)。






■店内の様子①
f0232060_11571557.jpg店内、持ち帰りで、ひっきりなしにうなぎが売れていくので、店前でもずっとスタッフがうなぎをさばき続けていました。








■店内の様子②
f0232060_12131141.jpg常に5人くらいの人がうなぎをさばき続けてて、2名がうなぎをさばき、あとの方が串に刺している感じ。








■店内の様子③
f0232060_1158566.jpgこんな感じでどんどんうな串が出来上がっていきます。









■店内の様子④
f0232060_12154332.jpg店内は、1階2階に座敷とテーブル。席数は多いですが、それ以上にお客さんが多いので、大混乱&満員御礼。相席は必至です。

なので、ゆっくりうなぎを食べるという感じではなく、サクッと食べて、すぐ帰る感じです。





■店内の様子⑤
f0232060_120195.jpg久しぶりに食券制を見ました!なんかいいなあ。










■上うな重
f0232060_1202531.jpgうな重は3種類あり、真ん中の上うな重(3100円)です。









■上うな重、アップ
f0232060_120505.jpgふっくら焼き上がっていて、タレも好きな味わいで、美味しいうなぎでした。奇をてらわない王道のうなぎ、という感じ。








■鯉あらい
f0232060_1211348.jpgなかなか他では食べられないので、川魚の名所ならではの「鯉のあらい」(860円)もいただきました。

川魚の鯉は、基本泥臭いというか、少しクセが強いので、醤油ではなく酢味噌でいただきます。






■鯉、アップ
f0232060_1222574.jpgかなりドロ臭いのかと思ったら、全くそんなことはなく、下処理がすごく上手にされているようで、めちゃくちゃ食べやすかったです。甘みもあって、今までの鯉のイメージを変える美味しさでした。
by meshi-quest | 2017-02-26 08:07









横浜中華街でもお馴染みの中華の人気店「聘珍樓(へいちんろう)」。


吉祥寺の路地裏にもひっそりとあって、


かなり席数もあって、店内は優雅で広く、なかなか居心地良いのだが、


場所なのか、お値段なのか、なんだかいつもあまり人がいない。



f0232060_11132067.jpg























f0232060_11135842.jpg























f0232060_11142615.jpg































元々、かなりの中華好きではあるが、


ここ「聘珍樓」が土日祝でやっているホリデーランチコースが、


品数も多く、バリエーションもあり、味も良くて、とても気に入っている。


何よりも、ランチコースとは思えない量で出てくる。


〆のチャーハンとか、〆というよりも、しっかり一人前出てきて、食べ応えがある。


f0232060_11184830.jpg























f0232060_1120094.jpg























f0232060_11202257.jpg























f0232060_11204455.jpg























f0232060_11211422.jpg
































単純に値段だけ考えると、リッチなランチかもしれないが、


この値段以上の価値とボリュームのある高級中華コースなので、おすすめ。








■「聘珍樓」
http://www.heichin.com/










■今日のカメ

■「聘珍樓」
f0232060_11132067.jpgJR吉祥寺駅中央改札口から徒歩5分ほど。駅前のアーケード街を通り、ちょっと脇の路地に入ったところにあります。








■店内の様子
f0232060_11135842.jpg2階席の様子。席数多く、ゆったりしています。この日は、高齢のご夫婦と、家族連れ1組だけ。









■テーブルセット
f0232060_11142615.jpgテーブルセットはこんな感じ。










■1品目
f0232060_11184830.jpgホリデーランチコース(3250円)にしました。

まずは、3種前菜の盛り合わせ。自家製チャーシュー、クラゲの中華和え、海老です。







■2品目
f0232060_1120094.jpgザーサイと豚肉のスープです。いい出汁が出てます。

ランチコースのスープとしては、割と量多めです。







■3品目
f0232060_11295339.jpgソフトシェルクラブの漁師風です。

揚げたソフトシェルクラブに、スパイシーな衣が掛かっています。お酒が飲みたくなるような味。







■4品目
f0232060_11204455.jpg香港式豚フィレステーキです。

すごく柔らかく豚フィレがソテーされていて、ソースには八角がすごく効いています。見た目は洋食っぽいですが、八角のせいで確実に食べると中華ですw。





■5品目
f0232060_1133289.jpgチャーシュー入りチャーハン。

チャーハン好きとしては、コースの〆で出てくる量だとやや寂しいのだが、ガッツリ食べれる量が出てきます。味もとても美味しいです。






■6品目
f0232060_1135126.jpgミルクの感じがしっかり出ている杏仁豆腐。これも〆のデザートとは思えないしっかりした量の杏仁です。
by meshi-quest | 2017-02-25 08:08 | 吉祥寺









鮨をこよなく愛する重鎮たちが集まったグルメ会に


私もペーペー鮨好きとしてお呼ばれし、


予約困難な鮨の名店「紀尾井町 三谷」にお邪魔してきた。



f0232060_13555641.jpg























f0232060_13561980.jpg























f0232060_13564333.jpg
































今日は、日本酒も、つまみも、にぎりもすべてお任せコース。


見たことのない日本酒に、絶品つまみやにぎりがバンバン登場して、


鮨屋さんだけに、良い意味で、まさにまな板の鯉状態。


なすがまま、出されるがままにパクパク食べて、ゴクゴク飲む(笑)。


久しぶりに、こんなに日本酒飲んだなあ。


f0232060_1453521.jpg























f0232060_147889.jpg























f0232060_1472845.jpg























f0232060_14143696.jpg























f0232060_14145719.jpg























f0232060_14151726.jpg























f0232060_14164926.jpg























f0232060_14174527.jpg























f0232060_14181419.jpg























f0232060_14184055.jpg























f0232060_1419267.jpg























f0232060_1419235.jpg
































珍しいものいっぱいの「紀尾井町 三谷」だったが、


中でも、この飾り箱に入ったウニを初めてみた。


f0232060_14221942.jpg























f0232060_14224167.jpg





























木箱はよくあるが、飾り箱ウニは見たことないなあ。


聞いたところ、全国でもここ「紀尾井町 三谷」くらいらしく、


大極上の飾り箱入り高級ウニを使用しているのだそう。


何もかもがスペシャルな鮨屋さんだった。







■「紀尾井町 三谷」
https://tabelog.com/tokyo/A1308/A130801/13198197/









■今日のカメ

■「紀尾井町 三谷」
f0232060_14254960.jpg半蔵門線「永田町駅」直結の紀尾井町テラスの3階にあります。

予約困難な四谷の名店「三谷」の姉妹店ですが、オープン直後からこちらもすでに予約困難店に。






■店内の様子
f0232060_1427482.jpg本日は知り合いのグルメ会にお邪魔していて、約11人で貸し切り三谷です。

広々としてて、美しいカウンター席でした。







■テーブルセット
f0232060_1429327.jpgテーブルセットはこんな感じ。










■日本酒①
f0232060_1430456.jpg本日は、日本酒も、料理もすべて「紀尾井町 三谷」さんにお任せです。

まずは、福井県黒龍酒造「黒龍 垂れ口」から。







■1品目
f0232060_14314594.jpg北海道バフンウニと、青森県十三湖のしじみの出汁を合わせたもの。









■2品目
f0232060_14325966.jpg北海道根室のたらの白子の練り上げと、上にはフィンランド産キャビア。濃厚で、クリーミーな白子がめちゃくちゃ美味しい!








■日本酒②
f0232060_14351684.jpg栃木県仙禽(せんきん)の「雪だるま」。パッケージがかわいい。









■3品目
f0232060_14363278.jpg兵庫県松葉ガニのほぐし身。甘みがあります!










■日本酒③
f0232060_1437315.jpg三重県木屋正酒造の「而今」。










■4品目
f0232060_1439864.jpg京都舞鶴の寒サバ。すごく脂が乗っています。このサバ、めちゃくちゃ美味しかったなあ。









■日本酒④
f0232060_14412589.jpg栃木県飯沼銘醸の「姿」。










■5品目
f0232060_14423634.jpg勝浦の釣り金目とカラスミ。










■6品目
f0232060_14433316.jpg北海道のあん肝。フワフワ。










■日本酒⑤
f0232060_1444197.jpg富山県桝田酒造の「満寿泉」。

甘みがあって、貴腐ワインのような味わい。聞いたところ、「貴醸酒」と呼ばれるもので、日本酒版貴腐ワインなのだそう。すごく飲みやすい。






■7品目
f0232060_14471944.jpgなまこの卵巣。










■日本酒⑥
f0232060_14482680.jpg京都伏見・藤岡酒造の「蒼空」。










■日本酒⑦
f0232060_14494789.jpg福島県花泉酒造の「ZEROMAN ロ万(ゼロマン)」。









■鮨①
f0232060_14514152.jpg青森県平目の昆布締め。










■鮨②
f0232060_14522521.jpgスミイカ。










■鮨③
f0232060_14525231.jpg北海道しまえび。










■日本酒⑧
f0232060_14534132.jpg福島県夢心酒造の「奈良満」。奈良と書いてあるので奈良県かと思ったら、福島県だったw。









■鮨④
f0232060_1455930.jpg舞鶴のぶり。めちゃくちゃ脂が乗っていて、口でフワッととろけます。









■鮨⑤
f0232060_14145719.jpg大間のマグロの大トロ。










■鮨⑥
f0232060_14563215.jpg大間のマグロのづけ。










■日本酒⑨
f0232060_14571542.jpg福島県花泉酒造「花泉」。










■鮨⑦
f0232060_14581717.jpg天草のこはだ。










■日本酒⑩
f0232060_1458545.jpg秋田県新政酒造の「no.6 ナンバーシックス」。










■鮨⑧
f0232060_14224167.jpg北海道根室のバフンウニ。










■「大極上」ウニ
f0232060_14221942.jpg飾り箱入りのウニも始め見たけど、「大極上」という単語も初めて見たw。極上の上があるんだな。









■鮨⑨
f0232060_1523941.jpg赤酢でしめた大間の中トロ。










■鮨⑩
f0232060_1533480.jpg赤貝。










■日本酒⑪
f0232060_154212.jpg岐阜県小坂酒造「百春」。










■鮨⑪
f0232060_1562628.jpg大間のマグロの大トロの細巻き。










■鮨⑫
f0232060_156594.jpgたまご。










■鮨⑬
f0232060_1573059.jpgかんぴょう巻。いなりの中に入っています。










■鮨⑭
f0232060_1419235.jpg長崎県対馬の穴子。










■デザート
f0232060_1583346.jpg食後のデザートは、口直しの南高梅の甘露煮。
by meshi-quest | 2017-02-24 08:08









グルメな知り合いからずっと勧められていた


裏原宿にあるビストロ「kiki (キキ)」で食事。


f0232060_16281828.jpg























f0232060_1630785.jpg























f0232060_16302868.jpg

































その方が「成沢さんは絶対好きなはず!」と


太鼓判を押しまくっていた1軒なのだが、


ああ、確かに、私大好きです、このお店。


f0232060_16315860.jpg























f0232060_1632321.jpg























f0232060_16325426.jpg























f0232060_16332734.jpg























f0232060_16335079.jpg






























ずっと気にはなっていたが、原宿がゲームにあまり縁がなく、


なかなか行けなかったので、ようやく来れたのだが、


なんでもっと早くに来なかったんだろう・・・と後悔しちゃったくらい、


ここ最近の大ヒットなビストロだった。


行き慣れたフィールドばかりクエストしてちゃあかんなあ、と反省(笑)。








昼夜関係なく、同じコース料理が出てくるのもいい。


見た目にもホントかわいらしく、それでいてしっかりと美味しい。


1つ1つのポーションは少なめだけど、


1つ1つにちゃんと味が凝縮されているので十分満足できる。


月1くらいでメニューが変わるそうなので、毎月お邪魔したい。








■「ビストロ kiki」
http://kikioishii.com/










■今日のカメ

■「kiki」
f0232060_16281828.jpg副都心線「明治神宮前駅」から徒歩1分ほど。JR原宿駅からも歩けます。大通りから1本中に入った路地裏にあります。








■店内の様子
f0232060_1630785.jpgカウンターとテーブルで、小さなお店です。

ランチは土日月のみで、昼夜同じコースのみの営業。







■ノンアルカクテル
f0232060_16302868.jpg「マルコポーロ&ローズ&梅」(700円)というノンアルコールカクテル。

マリアージュフレールの「マルコポーロ」という紅茶をベースに、ローズと梅を加えているのだが、甘さが押さえられてて、華やかな香りだけがしっかり残っていて、めちゃくちゃ美味しい!




■パン
f0232060_164553100.jpg香りが良くて、食べやすいパン。

コースは、3500円+席代300円だったかな。








■1品目
f0232060_16471089.jpg「甘くないレアチーズケーキ 燻製&黒海苔&ひ志お」です。

見た目は本当にレアチーズケーキのそのものですが、名前通り、甘くなくて、ほのかに燻製がかかっていて、ワインが飲みたくなる味。すごく好きな味の前菜。




■2品目
f0232060_1632321.jpg「寒鯖の粕漬け みかんとルッコラのお寿司」です。









■寒鯖、アップ
f0232060_16495620.jpgこんなに彩り鮮やかでポップな感じなのに、しっかり和の粕漬けです。いい香り。









■みかん寿司、アップ
f0232060_16505071.jpg「え、みかんに寿司?!」と思ってしまったのですが、これが意外とさっぱりしてて美味しい寿司になってます。

ちゃんとみかんに合うような酢飯にしてあるそうで、かわいくて美味しい。





■3品目
f0232060_1652384.jpg「栗のパイ包み焼き イチゴのサラダ仕立て」です。









■栗のパイ包み、アップ
f0232060_16325426.jpg白雪姫を思い出すファンタジックなかわいい一皿。

栗の風味と甘みがしっかり感じられるパイ包みです。







■4品目
f0232060_16545022.jpg「鱈と大和芋の焼きスフレ 原木椎茸とほうじ茶のエキス」です。

やさしいキノコのいい出汁が出てて、キノコ好きにはたまらない一品。鱈と大和芋のスフレもほんのり甘みがあり、フワフワで美味しい。





■椎茸いっぱい
f0232060_16565393.jpg立派な原木椎茸を見せてもらいました。いい香り!










■5品目
f0232060_16574484.jpg「梅山豚 レモンソース」です。

100頭しか存在しない幻の豚と言われる梅山豚(メイシャントン)。高級フレンチや和食とかでよく出ますが、まさか、原宿のど真ん中で梅山豚を食べれるとは思ってなかったです。柔らかくて、いいお味でした。




■6品目
f0232060_1704940.jpgグラニースミスという香り良い青りんごとミントのジュレを使ったデザート。これもすごくサッパリしてて、美味しい。








■7品目
f0232060_172269.jpgパンデピスという香辛料を使ったパンを練り込んだアイス。これもすごくよく出来てる!









■サービス
f0232060_1732145.jpgサービスでいただいた桜と酒粕を使ったアイス。桜餅を食べているような味わいで、春っぽいアイス。これも美味しいなあー。









四谷三丁目は、焼肉激戦区だ。


都内でも名店と言われる数々の焼肉店が小さなエリアに集まっていて、


夜中までやっている店も多いので、夜遅くまで美味しい焼肉を食べることができる。


肉食獣にとっての食糧庫だ。










その中でも、特に人気が高い焼肉の名店「名門」で食事。


ヤッキー中村さんという名物店長がいる焼肉店で、


料理界にも、芸能界にもファンが多いお店。


私は、焼肉の研究をしているグルメな知り合いから紹介してもらった。


f0232060_13402997.jpg























f0232060_1341965.jpg























f0232060_13413017.jpg































さすが人気店だけあって、お値段リーズナブルで、とても美味しい肉がいただけた。


肉も厚みあって、食べ応えあり、タレも好みの味。


大満足の焼肉だった。


f0232060_13452576.jpg























f0232060_13455698.jpg























f0232060_13463470.jpg























f0232060_13465971.jpg























f0232060_13472116.jpg































常連になるとメニューにないような肉を


店長さんがバンバン用意してくれるそうなので、


またぜひ伺わせてもらいたいと思う。


行きつけの焼肉屋があるとか、いいな。


大人だな。






■「焼肉 名門」
http://www.y-meimon.com/








■今日のカメ

■「焼肉 名門」
f0232060_13402997.jpg丸の内線「四谷三丁目駅」から徒歩3分ほど。焼肉店が集まっているエリアの大通りに面したところにあります。








■店内の様子
f0232060_1341965.jpg壁にギッシリと著名人のサインが書かれています。テーブルと座敷。席数は少なめ。今日は座敷で。









■テーブルセット
f0232060_13413017.jpgテーブルセットはこんな感じ。梅酒ロックでスタート。









■1品目
f0232060_13552521.jpg山盛りのサラダ。ゴマ油ドレッシング。










■2品目
f0232060_13561111.jpgもやしナムル大好き。ナムルは、その他はいらないので、いつももやしオンリーで注文。









■3品目
f0232060_13571561.jpg韓国のり。

生野菜、もやしナムル、韓国のりの3種の神器が揃ったところで、いよいよ肉をお出迎え。







■4品目
f0232060_13583410.jpgハラミ(1600円)。肉厚で、柔らかく、美味しいハラミです。









■5品目
f0232060_13595615.jpgロース(1100円)とカルビ(1200円)。普通のカルビですが、しっかりサシが入ってて、とてもジューシー。美味しい!








■6品目
f0232060_1423134.jpgネギタン塩(1800円)。










■7品目
f0232060_143461.jpg具沢山のたまごスープ。










■8品目
f0232060_1433543.jpg上ロース(2300円)。

さっき食べた普通のロースより、肉厚で味がしっかりしている。ロースは上の方がいいかな。







■9品目
f0232060_13465971.jpg骨山カルビ。骨近くの肉とのこと。弾力があって、味も肉もしっかりしている。









■10品目
f0232060_148753.jpg上カルビ(2300円)。大きくて、統一された美しいサシが入っています。口の中でとろけるような感じ。

脂がすごいので、食べ続けるには普通のカルビで十分ですが、〆で少し食べるには、上カルビは脂にすごく甘みがあって、美味しい。




■焼いてます
f0232060_14103090.jpg専用のガスロースター。テーブル席側はモクモクしていますが、座敷側は席数少ないこともあって比較的煙が少なく、服とかそこまで気にせず焼肉が楽しめます。







■食後のサービス
f0232060_1412883.jpg食後にアイスキャンディーがサービスされます。肉の後の口直しにすごく嬉しいサービス。
by meshi-quest | 2017-02-22 08:08 | 四谷









「炊肉(たきにく)」という料理をご存知だろうか。


f0232060_21593915.jpg

































一見すると、「焼肉」の誤変換のようにも見えるが、


「炊肉(たきにく)」が正しくて、まさに肉を炊く料理だ。


東京では聞いたことのない料理だが、


某有名アスリートがテレビで紹介をしたらしく、


いま、那覇では人気の料理らしい。










というわけで、これは食べねば帰京できん!ので、


「炊肉の店 牛ちゃん」に行ってきた。


f0232060_2201762.jpg























f0232060_2205256.jpg
































これ、説明するよりも、見てもらった方が早いのだが、


これが、「炊肉(たきにく)」。


f0232060_2221516.jpg























f0232060_2223966.jpg































この鉄板、真ん中が少しくぼんでいて、


そこに焼肉のたれの味のスープが入ってて、


火がかかると、ぐつぐつと肉や野菜が煮えていく。


もんじゃ焼きっぽいビジュアルで、確かに水気が多いので煮てある肉だが、


食べると、味は焼肉という不思議な食べ物。









具材を選べるようになっていて、肉以外に海鮮もあったりして、


色んなバリエーションが楽しめるようになっている。


炊く肉なので、水分が存分に余っているため、


肉を食べた〆に、そのまま雑炊や麺が楽しめるようになっている。


f0232060_226791.jpg























f0232060_2263859.jpg























f0232060_227034.jpg

































肉も野菜も炭水化物もいっぺんに食べれるので、


意外と食事のバランスもいいし、味も悪くない。


見た目の面白さだったり、みんなでつついて食べれるあたり、


友達同士で居酒屋感覚で利用するにも良さそう。









何度も来たいとハマるまでではないけど、


一度は那覇でぜひ試してもらいたい料理ではある。








■「炊肉の店 牛ちゃん」
https://tabelog.com/okinawa/A4701/A470101/47005515/










■今日のカメ

■「炊肉の店 牛ちゃん」
f0232060_2201762.jpg那覇の中心部から近い場所のビルの2階にありました。









■店内の様子
f0232060_2205256.jpg結構芸能人や取材が来ているようで、壁にいっぱいサインが飾られていました。









■テーブルセット
f0232060_22142386.jpgテーブルセットはこんな感じ。










■炊肉、きた!
f0232060_22151939.jpg鉄板のサイズ感としては、こんな感じ。4人で1つを囲む感じ。









■炊肉、アップ
f0232060_2223966.jpg一番定番の「鹿児島県黒毛和牛カルビ」(2700円)。野菜もセットで出てきます。水分の多い焼肉、という感じ。美味しいです。

ちなみに、この炊肉の発祥は、鹿児島県らしいです。





■〆の麺
f0232060_2263859.jpg余った汁に麺を投入。










■〆の雑炊
f0232060_227034.jpg〆は、麺かご飯が選べて、ご飯だとこんな感じで雑炊に。
by meshi-quest | 2017-02-21 08:07 | 沖縄








沖縄の弊社スタッフの紹介で、


那覇でナンバーワンと呼び声が高いという、


あぐ~豚しゃぶしゃぶ専門店「まつもと」で食事。


f0232060_21112699.jpg























f0232060_21115715.jpg























f0232060_21122048.jpg
































地方でも大手グルメサイトは見させてもらうが、


どうしても都心ほど店の種類も幅もないので、


経験上、評価の正確性にだいぶブレがある。


つまり、評価をたどっても、美味しいところに行きつけないことが多い。







なので、土地勘のない地方に行った時は、自分で調べるよりも、


その土地の人に素直にお願いした方が絶対美味しいものが食べれると思う。


地元の人こそが、まさに生きたグルメサイトだ。









ここ「まつもと」は、しゃぶしゃぶのコースのみで、


かなりの人気店のようで、沖縄では珍しく予約必至。


名物は、バラの花をかたどったあぐ~豚肉、まさに「豚バラ」


f0232060_21172134.jpg























f0232060_21174224.jpg

































しゃぶしゃぶ鍋の中に、一輪の豚バラが咲いている。


f0232060_2119228.jpg

































あぐ~豚は、とても甘みがあって、かなり脂が乗っていて、


人によっては、脂にちょっとやられてしまう人もいるかもしれないが、


最初の一口はとても美味しかった。


豪快な見た目に反して、大量に食べるというより、


適量を楽しむしゃぶしゃぶという感じ。










スタッフの方が親切に説明やお鍋の世話をしてくれるので、手放しで楽しめる。


最後の雑炊まで、美味しくいただいた。


f0232060_21221310.jpg























f0232060_21235450.jpg























f0232060_21244786.jpg























f0232060_2125990.jpg























f0232060_21254592.jpg























f0232060_2126698.jpg


































ちなみに、あぐ~豚の特徴として、脂に甘みがあり、臭みが少ない以外に、


こうやって煮ても、ほとんどアクが出ない。


この写真、全くアク取してない状態で、ここまでアクがない。


「しゃぶしゃぶは、アクが出るから面倒」という人には、神のような豚かも。


f0232060_21292353.jpg































■「あぐ~しゃぶしゃぶ まつもと」
https://tabelog.com/okinawa/A4701/A470101/47017093/








■今日のカメ

■「まつもと」
f0232060_21112699.jpg那覇に2店舗あって、こちらが本店のようです。観光客だけでなく、地元の人にも人気で、フラッと入るのは無理。予約必至。








■店内の様子
f0232060_21115715.jpg席数はそこそこある感じですが、どこも満席。みんなしゃぶしゃぶ食べてます。









■テーブルセット
f0232060_21122048.jpgテーブルセットはこんな感じ。海ぶどうがお通し。










■もずく
f0232060_21354919.jpgしゃぶしゃぶコースに付いてくる沖縄もずく酢。










■たれ
f0232060_21383995.jpgかなり甘めの味付の醤油ポン酢だれです。ネギたっぷり。









■薬味
f0232060_2125990.jpg柚子こしょうならぬ、シークワーサーこしょう。柚子よりも強めの柑橘風味。









■鍋きた!
f0232060_21403534.jpgコースは、つまみとかはほぼなくて、速攻しゃぶしゃぶスタートです。









■あぐ~豚盛り
f0232060_21172134.jpgあぐ~豚の盛り合わせ。これで8人分くらいかな。










■豚バラ、アップ
f0232060_21174224.jpgフォトジェニックな豚バラですw。










■野菜盛り
f0232060_21235450.jpg野菜とほぼ同量の島豆腐。豆腐多いw。










■まずは、野菜から
f0232060_21244786.jpgまずは、野菜をガッツリ入れて、煮ていきます。










■お世話してくれます
f0232060_21221310.jpgスタッフの方が、適度に鍋を見に来て、ちゃんとお世話をしてくれます。









■豚バラ、入ります!
f0232060_2119228.jpg綺麗なピンク色の豚バラ。しばらくすると、脂が溶け、肉に火が通って、バラの形もはかなく消えてなくなります。

肉も厚みがあるので、全体的にやや脂っぽいですが、甘みがあって、美味しいしゃぶしゃぶです。





■アクでない!
f0232060_21292353.jpgあぐ~豚の特徴として、アクがほとんど出ないです。アク取りしなくて済むのは、便利!









■水菜巻き
f0232060_21254592.jpgお店おすすめの食べ方、水菜巻き。

水菜のシャキシャキ感と、野菜が入ることで、脂っぽさが薄れて、より食べやすくなります。







■〆の雑炊
f0232060_2126698.jpgあぐ~豚の出汁を使った雑炊。かなりさっぱりとした薄味。









■デザート
f0232060_2150651.jpg食後のデザートは、沖縄らしくパインでした。
by meshi-quest | 2017-02-20 08:06 | 沖縄









那覇での打ち合わせの帰り、近くに人気のカフェがあると聞き、


「オハコルテベーカリー」にてランチ。


カフェに、ベーカリーに、野菜や食品を売る店も併設していて、


広くて、オシャレで、雰囲気の良いカフェ。



f0232060_22412362.jpg























f0232060_22414543.jpg























f0232060_2242539.jpg

































席も広いので、パソコン広げながら仕事しつつ、食事も出来て良かったのだが、


写真に惹かれて頼んだハンバーグのカフェ飯が期待ほどではなかった。


これで料理も抜群だと、最高にいいカフェなんだけどなあ・・・。


f0232060_22442850.jpg























f0232060_22445220.jpg























f0232060_2245127.jpg























f0232060_22453166.jpg

































■「オハコルテベーカリー」
http://ohacorte-bakery.com/









■今日のカメ


■「オハコルテベーカリー」
f0232060_22412362.jpg那覇の旭橋という場所の近くにあります。国際通りからも近いです。









■店内の様子
f0232060_22414543.jpgウッディーな店内で、席数も多く、広々としています。雰囲気はすごくいいです。









■食品売り場
f0232060_2242539.jpgカフェの隣に、ベーカリーと、有機野菜などを売るグロサリーショップが併設されています。









■ハンバーグセット
f0232060_22442850.jpgランチメニューの「デミグラスハンバーグセット」(1600円)を注文。サラダ、ドリンク付き。









■アップ
f0232060_22445220.jpgハンバーグの上にマッシュポテトが乗っています。

決してまずくはないですし、見た目もかわいいのですが、ハンバーグとしては普通かな。







■スープ
f0232060_2245127.jpg本日のスープは別注。これも普通かな。










■デザート
f0232060_22453166.jpg別注で、窯焼きプリンを注文。しっかりとした固めのプリンで、コクがあって、やや甘めですが、美味しく出来ていました。
by meshi-quest | 2017-02-19 08:05 | 沖縄
プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ