<   2017年 06月 ( 30 )   > この月の画像一覧








信頼しているグルメな知り合いから、


神戸・元町に行ったら、絶対行って欲しいと勧められていたバルがあった。


「ポルトバル ノット KNOT」。


f0232060_12365120.jpg


f0232060_1237551.jpg


f0232060_1237128.jpg









前回、神戸出張した時にぜひ行きたくて電話をしたのだが、


ミシュラン神戸のビブグルマンを取っているバルだけあって、

満席で行けず。


数ヶ月越しに、今回出張チャンスがやってきて、


無事に予約も取れ、ようやくお邪魔できた。







噂に違わぬ美味しい料理で、見た目にも華やかで美しく、


どれを食べても外れがなく、肉も魚も野菜もホントに美味しかった。


f0232060_12435767.jpg


f0232060_12444751.jpg


f0232060_1245946.jpg


f0232060_12452388.jpg










グルメな知人が推すのも、よーく分かるバルだった。


こんなに本格的な料理をカウンターで気軽にいただけるのは幸せ。


近所にあったら、ヘビロテで通っちゃうだろうなあw。


神戸出張の楽しみが出来た。







■「ポルトバル ノット」
http://knot-kobe.com/








■今日のカメ

■「ポルトバル ノット」
f0232060_12365120.jpg
JR元町駅から徒歩5分ほど。私は神戸に土地勘がないので、ホテルからタクシーで来ました。









■店内の様子
f0232060_1237551.jpg
店内満席。カウンターとテーブルで、席数は少なめ。1人で来ていたので、なんとか入れたけど、人数多いと、かなり前もって予約しないと難しそう。








■赤ワイン
f0232060_1237128.jpg
お店オススメの赤ワインをグラスで。










■1品目
f0232060_12435767.jpg
「軽く炙ったカツオと大阪ナスのインサラティーナ パプリカのソース」(1380円)です。美しい盛り付け。葉物の下に、カツオとナスが隠れてて、ナスの甘味、パプリカの酸味と、脂が乗ってるカツオがすごく合っていました。美味しい。







■2品目
f0232060_12563863.jpg
「エスニックな香りに浮かべたサワラのソテー サフラン風味のリゾーニと行者にんにくを添えて」(2400円)です。すごくいい香りで、ブイヤベースリゾットを食べている感じ。魚の火入れも上手で、これもすごく美味しかった!







■3品目
f0232060_1245946.jpg
最後はお肉を注文。「和牛ラムシンのアフェッタータ 温泉卵とトリュフのソース」(1900円)です。雪のようにたっぷりチーズがかかっています。








■アップ
f0232060_12452388.jpg
中には薄切りにして軽く炙った和牛と、とろり温泉卵が!
by meshi-quest | 2017-06-30 08:08 | 旅行_国内







神戸出張。


本職のゲームのお仕事で・・・だが、メシクエもする。


メシクエで出張も、いつかはしてみたいもんだ(笑)。


そしたら、メシクエのついでに、ちゃんとゲームの仕事もしよう。


私の中で、メシとゲームは切っても切り離せない生活の一部になってる。









さて、前回、洋食の町・神戸に来た時もいろいろと洋食を食べたが、


まだまだ洋食クエストが残っているので、到着早々のランチを洋食にしてみる。








神戸在住の知り合いに勧められた「欧風料理もん」へ。


私の勝手な神戸イメージにピッタリなレンガ造りの老舗洋食店。


f0232060_22145613.jpg


f0232060_22153049.jpg


f0232060_22153889.jpg









エビフライ、ポークチャップ、オムレツ、マカロニグラタンと、


洋食教科書の単語帳のようなメニューが並び、


どれも非常に魅力的だったのだが、


ここはやっぱり王道の「ビーフカツレツ」で!

f0232060_2221822.jpg


f0232060_22212883.jpg


f0232060_2221250.jpg


f0232060_22204439.jpg








少し苦味のある大人なデミグラスソースに、


レア気味で揚がっている柔らかいビーフカツレツ。


いわゆる今風の、カフェメシで出てくるような食べやすいデミソースではないが、


これが今を支える日本の洋食なんだなと、しみじみ味わうような一品だった。







■「欧風料理もん」
https://tabelog.com/hyogo/A2801/A280101/28000531/






by meshi-quest | 2017-06-29 08:05 | 旅行_国内







幡ヶ谷に1人でも気軽に行ける美味しいカウンターフレンチがあると聞き、


「Saint FAUCON サンフォコン」へ。


f0232060_1726036.jpg


f0232060_17313619.jpg








「ポイント制」という、


とても面白いメニュースタイルを取っていて、


3800円だと持ち点4点、5000円だと持ち点6点で、


メニューを見ると、前菜とデザートが1点、通常メインが2点、


仔羊や鴨などの大物のメインが3点になってて、


この持ち点の中で、自由にコースを組めるようになっている。







なので、お酒を飲みたい人は前菜で4品×1点で4点使ってもいいし、


前菜いらないからメイン2点×1品に、デザート1点×2品も出来てしまう。






私は当然ガッツリ5000円コースで、持ち点6をゲット!


さーて、ここからが悩みどころなのだが、


前菜2ついって、通常メインにいくか、


いやいや、前菜1つで、大物メインいくか・・・


結局、いいとこ取りで、前菜1点、通常メイン2点、大物メイン3点、合計6点で、


デザートを諦めて、しっかり飯を食うことにした。


f0232060_21314047.jpg


f0232060_21325071.jpg


f0232060_21333423.jpg








ポイント制、いいなあ。


自由奔放気まぐれなお一人様ディナーにはちょうどいい。


山鳩などのジビエもやられるそうなので、ぜひまたお邪魔したいと思う。






■「サンフォコン」
https://saint-faucon.jimdo.com/








■今日のカメ

■「サンフォコン」
f0232060_1726036.jpg
京王新線「幡ヶ谷駅」から徒歩3分ほど。商店街からちょっと路地に入ったところにあります。

5000円の6点コースにしました。







■1品目
f0232060_21314047.jpg
前菜はどれも1点で、本日は5種類ありました。その中で「パテドフォア」というレバームースっぽい前菜をいただきました。まろやかで臭みのないレバー。付け合わせはパンデピスという、スパイス入りの甘いパン。







■2品目
f0232060_2133317.jpg
通常メインは2ポイントで3種類ありました。これは、イサキのポワレ。アサリの出汁がしっかり出ています。









■3品目
f0232060_21331625.jpg
大物メインは3ポイントで、本日は鴨と仔羊の2種。鴨ローストをいただきました。さすが、3点メニューだけあって、ボリューム満点。柔らかくて美味しい鴨でした。








最近よくお邪魔させてもらっている四谷三丁目のサイエンスバー、


「INCUBATOR インキュベーター」へ。









マスターが元理系の研究者で、


雰囲気重視のなんちゃって理系バーと違い、


本当に研究室に来てしまったかのような本格仕様。


f0232060_15454910.jpg


f0232060_15455720.jpg


f0232060_1546117.jpg









メニューも理科の教科書を読んでいるかのようで、


f0232060_15484013.jpg


f0232060_15484329.jpg









理系アレルギーがある人には落ち着かないかもしれないが(笑)、


その昔、高校で「選択生物」まで取っていたくらい理科、


というか理科の実験が好きだった人間には、すごく楽しい。


決して、理科の勉強ができたわけではなく、


白衣や試験管とか、理系グッズがやたら好きだったんだよね。









ゲーム関係者は理系出身の方も多く、かつ、夜中遅くまでやっているので、


飲みながら企画の打ち合わせをここでさせてもらったりしてる。








ハイボールも当然ビーカーで。


ワインは、色々試せるように、試験管で支給。


私が飲むと、生き血を飲んでいるようだともっぱらの評判。


お褒めいただき、ありがとうございます。


f0232060_15511254.jpg


f0232060_15511546.jpg


f0232060_15511974.jpg









つまみも面白くて、チーズとかアルコールランプで炙る。


この「インキュベーター」に来て、実にうん十年ぶりくらいに、


アルコールランプを触った(笑)。


火の消し方とか、ちゃんと理系ルールがあって、一応まだ覚えてた。


f0232060_1553944.jpg


f0232060_15531287.jpg








■「サイエンスバー インキュベーター」
https://bimi.jorudan.co.jp/shop/37967/







by meshi-quest | 2017-06-27 08:08 | 四谷







懇意にさせていただいている渋谷のフレンチ「LATURE ラチュレ」で、


室田シェフ自慢のジビエ料理をたっぷり織り交ぜた特別コースをいただく。


f0232060_14225292.jpg


f0232060_14233222.jpg


f0232060_1423197.jpg











相変わらずのアートのように美しく、そして、美味しい料理に感激。


f0232060_14334332.jpg


f0232060_1434153.jpg


f0232060_14342249.jpg


f0232060_14342913.jpg


f0232060_14343425.jpg


f0232060_14351382.jpg


f0232060_14351545.jpg


f0232060_14352070.jpg









室田シェフは、私のメシクエレベル上げのために(笑)、


いつも経験値がガバッと上がりそうなレアな食材だったり、


普段は出さないような特別な料理だったりを必ず織り交ぜてくれるのだが、


今日は、2つ、飛躍的にメシクエの経験値が入った。








1つは、初めて食べたウミガメ


日本の小笠原父島で年間100頭だけ捕獲が許されている超貴重な食材。


スッポンとも、アンコウとも違う、また独特な食感とゼラチン質な肉だった。


f0232060_14404454.jpg


f0232060_14404859.jpg






フランス料理にウミガメ?!と思う人もいるかもしれないが、


実は、古いフランス料理の本にも出てくるほど、


ウミガメ料理は親しまれていたのだそう。








そして、2つ目。


本日のメインディッシュになった
「リエーブルアラロワイヤル」


王様のために作られた究極のうさぎ料理。


王様になった気分でいただいた。


f0232060_14442369.jpg


f0232060_14442717.jpg








フランス料理を目指すシェフが最後にたどり着く、


非常に難しく、繊細で、特別な料理なのだそう。







最後は、キジの脂を使ったフィナンシェ「キジンシェ」。


「ラチュレ」に来ると、いつも驚きと感動があり、ものすごい経験値が入る。


f0232060_1447568.jpg









■「LATURE ラチュレ」
http://www.deco-hygge.com/deco/








■今日のカメ

■「ラチュレ」
f0232060_14225292.jpg
JR渋谷駅から徒歩8分ほど。青山学院大学の隣のビルの地下1階にあります。









■店内の様子
f0232060_1423197.jpg
カウンターとテーブル。席数は少なめですが、席の間隔が空いてて、スタッフの皆さんがすごくフレンドリーなので、かなりくつろいで、ゆっくり食事が楽しめます。







■テーブルセット
f0232060_14495365.jpg
テーブルセットはこんな感じ。









■ワイン
f0232060_14503118.jpg
ソムリエさんが私が飲めそうで、好きそうな白を用意しておいてくれたので、珍しく白スタート。









■1品目
f0232060_14513429.jpg
本物の鹿の毛皮を使って、それを皿に見立てたアミューズ。









■アップ
f0232060_14531079.jpg
鹿の血のブータンノワールを挟んだマカロン。









■2品目
f0232060_1434153.jpg
一輪挿しが登場。









■アップ
f0232060_14342249.jpg
大分県のアライグマを使ったテリーヌ。しっかりと肉の味がします。









■3品目
f0232060_14555047.jpg
真つぶ貝のソテー。とても甘味がある貝です。白い貝の入れ物も美しい。









■パン
f0232060_1457258.jpg
小麦の味がしっかりと感じられる美味しいパン。









■4品目
f0232060_14575474.jpg
意外と食べたことがなかったキジの温泉卵。鶏よりも黄身が濃く、濃厚な味わい。和のテストが残る日本らしいジビエ料理。出汁もキジを煮詰めたコンソメで、いい香り。







■5品目
f0232060_14595521.jpg
華やかな魚料理。ノルウェー産サーモンを38度で低温調理した一品。ソースは、バターパセリに、広島産レモン、ハーブを加えた爽やかな味わい。







■6品目
f0232060_14351382.jpg
野草のサラダ。その草原を走る野イノシシの肉を添えています。野草は、苦みがあったり、独特の風味がありますが、これが濃厚なジビエに合っていて、胃腸に良さそうな感じw。







■7品目
f0232060_14404454.jpg
生まれて初めて食べたウミガメ。年間100頭で、偶然たまたま入荷できた時にお邪魔したので、超ラッキー。コラーゲンたっぷりですが、泳いでいるせいか、肉は意外と筋肉質。珍しい食材に出会えて、今年もいいことありそうだ!







■8品目
f0232060_1553884.jpg
北海道の畜産家・武藤さんが育てた羊。脂が甘くて、すごく美味しい。付け合わせに、アスパラソバージュと藤の花。







■9品目
f0232060_14442369.jpg
メインディッシュの王様料理「リエーブルアラロワイヤル」。1週間熟成させた青森県産のうさぎを料理。もうどうやって出来ているか全く分からないw。トリュフもフォアグラも使われてて、豪華。ただ、かなりジビエの風味が濃厚なので、ジビエを食べなれてない人には厳しいかも。







■10品目
f0232060_1592841.jpg
「ラチュレ」はジビエ料理ももちろんのこと、コース後のデザートもめちゃくちゃ変わっていて、美味しいです。今回は、なんと「ふきのとう」とイチゴを使ったデザート。このふきのとうの独特な風味が甘さを抑えていて、すごく美味しい!!ふきのとうのデザートなんて、初めて食べた。






■食後の飲み物
f0232060_15304059.jpg
野草の新鮮なよもぎをそのまま使ったお茶。ハーブティーっぽさもありながら、和の雰囲気もある、不思議なお茶。









■小菓子
f0232060_1447568.jpg
冬場はクマの脂を使った「クマンシェ」でしたが、今回はキジの脂を使ったフィナンシェ「キジンシェ」。牛のバターではないなという感じはするけど、ほとんど気づかないくらい馴染んでる。クマンシェの方が、クマっぽかったw。
by meshi-quest | 2017-06-26 08:08 | 渋谷・神泉







仲良くさせてもらっている「ゴブラン」で軽く飲みながら食事。


閉店間際でお客さんもほぼ帰っていたので、ゆったりさせてもらった。


f0232060_1462279.jpg


f0232060_146268.jpg


f0232060_1463614.jpg









赤ワインを飲みながら、大好きなウォッシュチーズを食べて、料理を待つ。


f0232060_1473873.jpg


f0232060_1474280.jpg


f0232060_1474551.jpg









お気に入りのキノコと海老のブルゴーニュバターソテーが登場。


ブルゴーニュバターは、バターをかなり使うので、


美味しい店とイマイチな店が一口目で分かるほどハッキリ出るが、


「ゴブラン」のブルゴーニュバターはホント美味しい。


この濃厚さがたまらない。


なんか行くたびに、コレばっか食べてるな、私。


f0232060_14112659.jpg


f0232060_14112938.jpg








■「ゴブラン」
https://www.facebook.com/Gobelins.kichijoji








by meshi-quest | 2017-06-25 08:07 | 吉祥寺








吉祥寺でお気に入りの「吉祥寺「A.B.Cafe エビカフェ」で、


仕事をしながら、ちょっと遅めのランチ。


f0232060_12335293.jpg










仕事も出来て、電源もお借り出来て、


ご飯メニューが充実してて、食べながら作業出来て、


仕事に疲れたら、ドリンクやデザートも頼めて、


私の中では、吉祥寺で3本の指に入る便利で重宝しているカフェ。


f0232060_12363691.jpg


f0232060_12364026.jpg


f0232060_12364425.jpg










タルタルソースたっぷりのチキン南蛮、美味しかったなあ。


f0232060_1237316.jpg








■「A.B.Cafe エビカフェ」
https://retty.me/area/PRE13/ARE12/SUB1202/100000014435/







by meshi-quest | 2017-06-24 08:07 | 吉祥寺








毎月恒例、吉祥寺にある人気イタリアン「ゴブラン」さん主催の


「肉山」3階特別室で行われる持ち込みワイン会に参加してきた。


懇意にさせてもらってる「ゴブラン」さんの会のおかげで、


最近は、何だかんだで、月一回必ず肉山登頂をしている山ガール気分。


f0232060_11492174.jpg


f0232060_11492470.jpg









こっちが2階の一般的な「肉山」の入口で、


f0232060_11502518.jpg




こっちが蛇の道(笑)、3階の常連用特別「肉山」登山道。


f0232060_11511443.jpg









月1登頂をしているセミプロ山ガールとしては、


このすでに大量に配備されているアルコールを乗り越え、


何としても本日も無事に下山を果たしたいところ。


f0232060_11532311.jpg


f0232060_11534423.jpg


f0232060_11534790.jpg


f0232060_11535180.jpg








相変わらずの怒涛の肉と、登山中のアルコール。


f0232060_11554578.jpg


f0232060_11554958.jpg


f0232060_11555736.jpg


f0232060_1156278.jpg


f0232060_1156635.jpg


f0232060_11562157.jpg


f0232060_11562334.jpg








最後の〆のTKGには、さらに肉山特製カレーの合いがけもして、


結構食べたし飲んだが、元気いっぱい今日も全員無事に下山してきた。


f0232060_11581970.jpg


f0232060_11584375.jpg








■「肉山」
http://www.kojin-shouten.com/wp/?page_id=29881








■今日のカメ

■「肉山」のさらに上
f0232060_11492470.jpg
JR吉祥寺駅から徒歩15分ほど。駅からは少し歩きます。2階が一般席で、3階が特別室で常連さんだけが使えるMAX10名ほどの個室。







■3階の様子
f0232060_11532311.jpg
毎月やっている吉祥寺「ゴブラン」さんのワイン会。今日は12名ほどの登山会になる模様。









■ワインいっぱい
f0232060_11534423.jpg
ワインビストロ「ゴブラン」さん持ち込みのワイン。この他に、「肉山」の飲み放題アルコールも多数。








■テーブルセット
f0232060_1244683.jpg
テーブルセットはこんな感じ。









■薬味など
f0232060_1251624.jpg
箸休めのキムチや、特製薬味など。









■1品目
f0232060_11554578.jpg
「肉山」特製のパテ。超厚切り。









■2品目
f0232060_1271749.jpg
特大エリンギの炭火焼き。肉の途中に挟まる野菜がいい感じの箸休めになります。









■3品目
f0232060_1282671.jpg
豚の赤身焼き。噛むと、豚の旨味が、肉汁と共に溢れてきます。









■4品目
f0232060_1210492.jpg
グリーンアスパラ。









■5品目
f0232060_11555736.jpg
自家製ソーセージ。濃厚で、お酒に合う味。









■6品目
f0232060_1156278.jpg
牛ももの炭火焼き。サッパリしていて、食べやすい。









■7品目
f0232060_1156635.jpg
牛カツ。ロースト系が続くので、ここで来る揚げ物がやけに美味しい。









■8品目
f0232060_11562157.jpg
牛のともさんかく。









■9品目
f0232060_12212381.jpg
箸休めのきゅうり。特製の甘味噌だれで。









■10品目
f0232060_11562334.jpg
最後は牛のランプ。









■11品目
f0232060_11581970.jpg
〆のご飯は、通常はTKGかカレーのどちらかを選ぶのですが、このワイン会ではどちらも食べれます。









■「肉山」カレー
f0232060_11584375.jpg
お好みでTKGの上からドバっと。肉山カレーはちょっとピリ辛で、飲んだ後にすごく合うカレー。
by meshi-quest | 2017-06-23 08:08 | 吉祥寺








ご招待いただき、東京湾が一望できる竹芝埠頭のそばのレストラン、


「T'SUKI Sur La Mar ツキ シュール ラメール」でディナー。


入口からして、すでにレッドカーペット。


内装も夜景もめちゃくちゃロマンチック。


f0232060_1151713.jpg


f0232060_1153775.jpg


f0232060_1155469.jpg


f0232060_1155010.jpg










料理は、プリフィックスのフレンチコース。


代官山の人気テリーヌレストラン「レザンファンギャテ」の系列店だそうで、


コースには、「ギャテ」でも出てくる人気テリーヌが多数選べる。


f0232060_11103015.jpg


f0232060_11103498.jpg


f0232060_1111113.jpg


f0232060_111149.jpg









今回は注文しなかったが、店内にはなんと寿司カウンターも併設されており、


フレンチを食べた後に、まだちょっと食べたりない方は、


そのまま〆に寿司を注文することもできる至れり尽くせり仕様。








ウェディングもやっているそうで、


料理も雰囲気もひたすらロマンチック仕様なので、


ここぞというデートや家族の記念日などに良さそうなレストラン。






■「ツキ シュール ラメール」
https://tabelog.com/tokyo/A1314/A131401/13049738/








■今日のカメ

■「ツキ シュール ラメール」
f0232060_1151713.jpg
ゆりかもめ「竹芝駅」から徒歩3分ほど。JR浜松町駅からも歩けます。ホテルインターコンチネンタル東京ベイの隣の白いお城のようなレストランです。







■店内の様子
f0232060_1155469.jpg
ウェディング会場にも使う広い空間にテーブルが点在していて、プライベートが保たれるようになっています。








■東京湾の夜景
f0232060_1155010.jpg
窓側の席からは東京湾の綺麗な夜景が一望できます。









■テーブルセット
f0232060_11212593.jpg
テーブルセットはこんな感じ。









■アミューズ
f0232060_11213072.jpg
アミューズからテリーヌです。









■アップ
f0232060_11103015.jpg
本日のアミューズテリーヌは、「カニと青海苔のテリーヌ」。磯の香りが口の中にふわっと広がる美味しいテリーヌです。







■パン
f0232060_11243289.jpg
固めのしっかりしたバケット。









■2品目
f0232060_11264473.jpg
前菜は、すべてテリーヌで、メニューにある5つの中から選べます。悩んだ末、サーモンを使った本日のスペシャルテリーヌにしました。







■3品目
f0232060_11275120.jpg
メインは、肉魚など、メニューの6種の中から選べます。本日のスペシャルになっていたドロ豚のローストにしました。シンプルなスタイルのメインですが、柔らかくて美味しくできていました。







■4品目
f0232060_11381817.jpg
デザートは3つから。イチゴ好きなので、「苺、キウイ、ミントのコラージュ ~ホワイトバルサミコを加えたイチゴのコンフィチュールと濃厚なミルクソルベと共に~」にしました。華やか。甘さもちょうどよい感じ。
by meshi-quest | 2017-06-22 08:05








たいぶ蒸し暑くなり、居心地の悪い時期に突入。


気力体力の回復に焼肉をば。


焼肉激戦区・四谷三丁目の人気店の1つ、「羅生門」へ。


f0232060_233788.jpg


f0232060_23385860.jpg


f0232060_2337154.jpg









ユッケに始まり、ネギタン塩、ロースにカルビ、ガッツリと肉をいただいた。


特に印象的なのが、ネギタン塩。


これでもか!というくらい、肉が見えないくらいにネギが乗っている。


f0232060_23464470.jpg


f0232060_23465792.jpg


f0232060_2347194.jpg


f0232060_2347864.jpg











四谷三丁目で焼肉と言うと、お隣にある「焼肉 名門」が超有名で、


ついつい比較をしてしまうのだが、


タン塩と、もやしナムルと、ユッケは「羅生門」の方が好きだけど、


カルビやロースは「名門」の方が、よりジューシーで好きかな。






■「羅生門」
https://tabelog.com/tokyo/A1309/A130903/13000902/









■今日のカメ

■「羅生門 曙橋店」
f0232060_233788.jpg
丸の内線「四谷三丁目駅」から徒歩3分。近くに四谷本店もあります。









■店内の様子
f0232060_2337154.jpg
席は広め、席数はそこそこあります。









■テーブルセット
f0232060_0185282.jpg
テーブルセットはこんな感じ。









■マッコリ
f0232060_0185586.jpg
炭酸が苦手でビールが飲めないので、代わりにマッコリで乾杯。









■サラダ
f0232060_0201457.jpg
サニーレタスのゴマ油味付けサラダ。









■ナムル
f0232060_0201853.jpg
もやし好きなので、もやしのみのナムル。









■ユッケ
f0232060_020223.jpg
馬肉のユッケ(1100円)。馬肉うまい。









■ネギタン
f0232060_23465792.jpg
ものすごいボリュームのネギが乗ったネギタン塩。ジューシーで厚みもあり、美味しいタンです。









■ゲタカルビ
f0232060_2347194.jpg
厚切り、脂乗ってるゲタカルビ(2000円)。









■カルビ&ロース
f0232060_2347864.jpg
カルビ(1200円)&ロース(1200円)。









■卵スープ
f0232060_0271886.jpg
さっぱり塩味の卵スープ。









■サービス
f0232060_0272197.jpg
食後のサービスで出てくるカルピス寒天。
by meshi-quest | 2017-06-21 08:08 | 四谷
プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ