<   2017年 06月 ( 23 )   > この月の画像一覧









毎月恒例、吉祥寺にある人気イタリアン「ゴブラン」さん主催の


「肉山」3階特別室で行われる持ち込みワイン会に参加してきた。


懇意にさせてもらってる「ゴブラン」さんの会のおかげで、


最近は、何だかんだで、月一回必ず肉山登頂をしている山ガール気分。


f0232060_11492174.jpg


f0232060_11492470.jpg









こっちが2階の一般的な「肉山」の入口で、


f0232060_11502518.jpg




こっちが蛇の道(笑)、3階の常連用特別「肉山」登山道。


f0232060_11511443.jpg









月1登頂をしているセミプロ山ガールとしては、


このすでに大量に配備されているアルコールを乗り越え、


何としても本日も無事に下山を果たしたいところ。


f0232060_11532311.jpg


f0232060_11534423.jpg


f0232060_11534790.jpg


f0232060_11535180.jpg








相変わらずの怒涛の肉と、登山中のアルコール。


f0232060_11554578.jpg


f0232060_11554958.jpg


f0232060_11555736.jpg


f0232060_1156278.jpg


f0232060_1156635.jpg


f0232060_11562157.jpg


f0232060_11562334.jpg








最後の〆のTKGには、さらに肉山特製カレーの合いがけもして、


結構食べたし飲んだが、元気いっぱい今日も全員無事に下山してきた。


f0232060_11581970.jpg


f0232060_11584375.jpg








■「肉山」
http://www.kojin-shouten.com/wp/?page_id=29881








■今日のカメ

■「肉山」のさらに上
f0232060_11492470.jpg
JR吉祥寺駅から徒歩15分ほど。駅からは少し歩きます。2階が一般席で、3階が特別室で常連さんだけが使えるMAX10名ほどの個室。







■3階の様子
f0232060_11532311.jpg
毎月やっている吉祥寺「ゴブラン」さんのワイン会。今日は12名ほどの登山会になる模様。









■ワインいっぱい
f0232060_11534423.jpg
ワインビストロ「ゴブラン」さん持ち込みのワイン。この他に、「肉山」の飲み放題アルコールも多数。








■テーブルセット
f0232060_1244683.jpg
テーブルセットはこんな感じ。









■薬味など
f0232060_1251624.jpg
箸休めのキムチや、特製薬味など。









■1品目
f0232060_11554578.jpg
「肉山」特製のパテ。超厚切り。









■2品目
f0232060_1271749.jpg
特大エリンギの炭火焼き。肉の途中に挟まる野菜がいい感じの箸休めになります。









■3品目
f0232060_1282671.jpg
豚の赤身焼き。噛むと、豚の旨味が、肉汁と共に溢れてきます。









■4品目
f0232060_1210492.jpg
グリーンアスパラ。









■5品目
f0232060_11555736.jpg
自家製ソーセージ。濃厚で、お酒に合う味。









■6品目
f0232060_1156278.jpg
牛ももの炭火焼き。サッパリしていて、食べやすい。









■7品目
f0232060_1156635.jpg
牛カツ。ロースト系が続くので、ここで来る揚げ物がやけに美味しい。









■8品目
f0232060_11562157.jpg
牛のともさんかく。









■9品目
f0232060_12212381.jpg
箸休めのきゅうり。特製の甘味噌だれで。









■10品目
f0232060_11562334.jpg
最後は牛のランプ。









■11品目
f0232060_11581970.jpg
〆のご飯は、通常はTKGかカレーのどちらかを選ぶのですが、このワイン会ではどちらも食べれます。









■「肉山」カレー
f0232060_11584375.jpg
お好みでTKGの上からドバっと。肉山カレーはちょっとピリ辛で、飲んだ後にすごく合うカレー。
by meshi-quest | 2017-06-23 08:08 | 吉祥寺








ご招待いただき、東京湾が一望できる竹芝埠頭のそばのレストラン、


「T'SUKI Sur La Mar ツキ シュール ラメール」でディナー。


入口からして、すでにレッドカーペット。


内装も夜景もめちゃくちゃロマンチック。


f0232060_1151713.jpg


f0232060_1153775.jpg


f0232060_1155469.jpg


f0232060_1155010.jpg










料理は、プリフィックスのフレンチコース。


代官山の人気テリーヌレストラン「レザンファンギャテ」の系列店だそうで、


コースには、「ギャテ」でも出てくる人気テリーヌが多数選べる。


f0232060_11103015.jpg


f0232060_11103498.jpg


f0232060_1111113.jpg


f0232060_111149.jpg









今回は注文しなかったが、店内にはなんと寿司カウンターも併設されており、


フレンチを食べた後に、まだちょっと食べたりない方は、


そのまま〆に寿司を注文することもできる至れり尽くせり仕様。








ウェディングもやっているそうで、


料理も雰囲気もひたすらロマンチック仕様なので、


ここぞというデートや家族の記念日などに良さそうなレストラン。






■「ツキ シュール ラメール」
https://tabelog.com/tokyo/A1314/A131401/13049738/








■今日のカメ

■「ツキ シュール ラメール」
f0232060_1151713.jpg
ゆりかもめ「竹芝駅」から徒歩3分ほど。JR浜松町駅からも歩けます。ホテルインターコンチネンタル東京ベイの隣の白いお城のようなレストランです。







■店内の様子
f0232060_1155469.jpg
ウェディング会場にも使う広い空間にテーブルが点在していて、プライベートが保たれるようになっています。








■東京湾の夜景
f0232060_1155010.jpg
窓側の席からは東京湾の綺麗な夜景が一望できます。









■テーブルセット
f0232060_11212593.jpg
テーブルセットはこんな感じ。









■アミューズ
f0232060_11213072.jpg
アミューズからテリーヌです。









■アップ
f0232060_11103015.jpg
本日のアミューズテリーヌは、「カニと青海苔のテリーヌ」。磯の香りが口の中にふわっと広がる美味しいテリーヌです。







■パン
f0232060_11243289.jpg
固めのしっかりしたバケット。









■2品目
f0232060_11264473.jpg
前菜は、すべてテリーヌで、メニューにある5つの中から選べます。悩んだ末、サーモンを使った本日のスペシャルテリーヌにしました。







■3品目
f0232060_11275120.jpg
メインは、肉魚など、メニューの6種の中から選べます。本日のスペシャルになっていたドロ豚のローストにしました。シンプルなスタイルのメインですが、柔らかくて美味しくできていました。







■4品目
f0232060_11381817.jpg
デザートは3つから。イチゴ好きなので、「苺、キウイ、ミントのコラージュ ~ホワイトバルサミコを加えたイチゴのコンフィチュールと濃厚なミルクソルベと共に~」にしました。華やか。甘さもちょうどよい感じ。
by meshi-quest | 2017-06-22 08:05








たいぶ蒸し暑くなり、居心地の悪い時期に突入。


気力体力の回復に焼肉をば。


焼肉激戦区・四谷三丁目の人気店の1つ、「羅生門」へ。


f0232060_233788.jpg


f0232060_23385860.jpg


f0232060_2337154.jpg









ユッケに始まり、ネギタン塩、ロースにカルビ、ガッツリと肉をいただいた。


特に印象的なのが、ネギタン塩。


これでもか!というくらい、肉が見えないくらいにネギが乗っている。


f0232060_23464470.jpg


f0232060_23465792.jpg


f0232060_2347194.jpg


f0232060_2347864.jpg











四谷三丁目で焼肉と言うと、お隣にある「焼肉 名門」が超有名で、


ついつい比較をしてしまうのだが、


タン塩と、もやしナムルと、ユッケは「羅生門」の方が好きだけど、


カルビやロースは「名門」の方が、よりジューシーで好きかな。






■「羅生門」
https://tabelog.com/tokyo/A1309/A130903/13000902/









■今日のカメ

■「羅生門 曙橋店」
f0232060_233788.jpg
丸の内線「四谷三丁目駅」から徒歩3分。近くに四谷本店もあります。









■店内の様子
f0232060_2337154.jpg
席は広め、席数はそこそこあります。









■テーブルセット
f0232060_0185282.jpg
テーブルセットはこんな感じ。









■マッコリ
f0232060_0185586.jpg
炭酸が苦手でビールが飲めないので、代わりにマッコリで乾杯。









■サラダ
f0232060_0201457.jpg
サニーレタスのゴマ油味付けサラダ。









■ナムル
f0232060_0201853.jpg
もやし好きなので、もやしのみのナムル。









■ユッケ
f0232060_020223.jpg
馬肉のユッケ(1100円)。馬肉うまい。









■ネギタン
f0232060_23465792.jpg
ものすごいボリュームのネギが乗ったネギタン塩。ジューシーで厚みもあり、美味しいタンです。









■ゲタカルビ
f0232060_2347194.jpg
厚切り、脂乗ってるゲタカルビ(2000円)。









■カルビ&ロース
f0232060_2347864.jpg
カルビ(1200円)&ロース(1200円)。









■卵スープ
f0232060_0271886.jpg
さっぱり塩味の卵スープ。









■サービス
f0232060_0272197.jpg
食後のサービスで出てくるカルピス寒天。
by meshi-quest | 2017-06-21 08:08 | 四谷








6月上旬、新宿御苑前にオープンしたばかりの居酒屋、


「天ぷら串 山本家」へ。


赤坂見附にある「串天 山本家」の姉妹店。


f0232060_2259512.jpg


f0232060_2259917.jpg


f0232060_22591075.jpg










天ぷら串の名の通り、オーソドックスな天ぷらから、創作天ぷらまで、


1本から注文でき、串に刺さった状態で出してくれる。


f0232060_2314119.jpg


f0232060_231442.jpg


f0232060_2315260.jpg


f0232060_2315455.jpg








店主が徳島ご出身だそうで、徳島から仕入れた新鮮な食材を多用していて、


ボリュームもしっかりあって、サクサクで脂っこくなく、ちゃんと美味しい。


天ぷらは胃がもたれそう・・・という人でも大丈夫なクオリティー。








天ぷら以外のサブメニューも充実していて、


サラリーマンが多い新宿御苑で人気の居酒屋になりそう。


「山本家」名物のかしわ天と、徳島県の青海苔を使った出汁巻き、美味しかったな。


f0232060_2353621.jpg


f0232060_2355771.jpg








美味しくて、ちゃんとした天ぷらを食べようとすると、


どうしても堅苦しい感じの場所になってしまいがちだが、


これだけ気軽に美味しい天ぷらが食べれて、お酒も飲めるのはいい。






■「天ぷら串 山本家」
https://r.gnavi.co.jp/a7mgyzb30000/









■今日のカメ

■「天ぷら串 山本家」
f0232060_2259512.jpg
丸の内線「新宿御苑前駅」から徒歩3分ほど。新宿御苑前の人気ハンバーグ店「ハンバーグウィル」の並びにあります。







■店内の様子
f0232060_22591075.jpg
カウンターとテーブル。奥に靴を脱いで座る座敷もあり、席数はそこそこあります。








■日本酒
f0232060_2313584.jpg
スッキリ辛口でおすすめしてもらった山形県楯野川酒造の「楯野川」。水のようにサラッとしてて、夏向きの日本酒。すごく飲みやすい!







■お通し
f0232060_23151853.jpg
少し酸味のある季節の野菜の煮びたし。









■1品目
f0232060_2317597.jpg
白菜とツナのシャキシャキサラダ(780円)。かなりボリュームあります。









■2品目
f0232060_23181830.jpg
「山本家」名物のかしわ天(280円)。タルタルソースたっぷりで、鶏も柔らかい。









■3品目
f0232060_23193570.jpg
徳島県椿泊漁港直送の足赤海老丸一匹天ぷら。殻ごとガブリといただきます。









■4品目
f0232060_23212282.jpg
玉子天。中からトロトロの黄身が出てきます。









■5品目
f0232060_23212685.jpg
徳島県産青海苔を使った出汁巻き玉子。玉子が緑色になるくらい青海苔いっぱい!青海苔のいい香りが口に広がります。








■天ぷら串①
f0232060_2314119.jpg
阿波どりのささ身串、ズッキーニ串など。









■天ぷら串②
f0232060_231442.jpg
ヤングコーン串、クリームチーズの海苔巻き串など。









■天ぷら串③
f0232060_2315260.jpg
イカ下足のたたき巾着串。油揚げの中にイカ下足のたたきがたっぷり入ってます。









■天ぷら串④
f0232060_2315455.jpg
阿波どりの手作りつくね串。









■サービス
f0232060_2328386.jpg
食後のサービスに大根とあげがたっぷり入った味噌汁が出ます。飲んだ後の味噌汁は、神のしずく!
by meshi-quest | 2017-06-20 08:07 | 新宿








大好きな和食屋「見晴料理店」で夕食。


めちゃくちゃ居心地いい空間でいただく、出汁の旨い本格的な和食が魅力。


f0232060_1416547.jpg


f0232060_14165776.jpg


f0232060_1419633.jpg










力強さを感じつつも、美しく、どこまでも優しくて、上品な和食。


「見晴料理店」さんの料理は、どれも凛としてるから、好き。


人も、モノも、凛としてるモノが私は好きだ。


f0232060_14231129.jpg


f0232060_14231646.jpg


f0232060_14231831.jpg


f0232060_1423236.jpg


f0232060_14423989.jpg


f0232060_14243327.jpg









大きなテーブルもあるので、複数でも行けるけど、


できれば、2人とか少人数でしみじみと語ったり、


もしくは、1人でゆっくり考え事をしたい時に勧めたいお店。






■「見晴料理店 みはらしりょうりてん」
http://tabelog.com/tokyo/A1319/A131907/13175249/








■今日のカメ

■「見晴料理店」
f0232060_1416547.jpg
JR西荻窪駅南口から徒歩10分ほど。中央線高架近くにあります。









■店内の様子
f0232060_14165776.jpg
カウンターとテーブル。華美な装飾はなく、シンプルな内装。広々としてて、居心地いいです。








■お酒①
f0232060_1419633.jpg
自家製梅酒のロックで乾杯。お通しは、小松菜とじゃがいものお浸し。








■1品目
f0232060_14231129.jpg
本日の前菜の盛り合わせ。谷中生姜の肉巻き、鯖寿司、ワカサギの南蛮漬けなど。









■2品目
f0232060_14305975.jpg
ヤリイカと隠元のおろし和え。「おろし和え」って初めて食べましたが、サッパリしていて、暑い時期にいい前菜です。








■3品目
f0232060_143164.jpg
「鰹三種、叩き、時雨煮、なまり節」です。その名の通り、鰹を3種の味で楽しめる一品。








■お酒②
f0232060_1431919.jpg
ここら辺で、日本酒投入。









■4品目
f0232060_1435464.jpg
「穴子煮と新馬鈴薯の素揚げ、山独活(やまうど)の揚げ出し」です。甘味ある新じゃがをすりつぶしたソースに穴子煮を付けて一緒にいただくのですが、これがめちゃくちゃ美味しい!







■5品目
f0232060_14355083.jpg
「稚鮎と姫筍のフリット、鮎のソース」です。鮎の肝を使った甘味と、ほんのり苦みのあるソースに、揚げた稚鮎と姫筍。日本酒が進む味。







■6品目
f0232060_14423989.jpg
「テリーヌのソテー、初夏」です。野菜や魚料理が多いですが、肉もちゃんとあります。テリーヌだけど、ちゃんと和を感じる優しい味。付け合わせは、アスパラと島らっきょう。







■7品目
f0232060_14243327.jpg
「鮎と芹の土鍋ご飯」。炊き立て、すごくいい香りがします。芹がいいアクセントになっていて、魚の香りを
上手に引き立たせています。







■アップ
f0232060_14472724.jpg
つみれのお吸い物と共に、いただきます。残ったご飯は、おにぎりにしてもらって、お土産に。
by meshi-quest | 2017-06-19 08:08 | 西荻窪








私のゲーム師匠でもあり、ラーメン師匠でもある方と、


ゲームの企画の打ち合わせを兼ねて、


本厚木の山奥にある「ZUND-BAR ズンド・バー」へ。









どんどん住宅もなくなり、こんな山奥にホントにあるの?


という場所に、ホントにあるラーメン店。


f0232060_1847112.jpg


f0232060_18471573.jpg


f0232060_18471727.jpg











ここは、ラーメン好きであれば知らない人はいないという、


今や都内の人気店となっている「AFURI」の前身となったお店。


「アフリ」って変わった名前のラーメン店だなあと思ってたけど、


この「ZUND-BAR」の側に、「阿夫利山」」という山があって、納得。









「AFURI」のご主人が数年前からずっとやっているそうなのだが、


数年前からこんなオシャレなラーメン店をやってた人がいるのか!と驚くような店内。


f0232060_18472123.jpg









店名の「BAR」の通り、真ん中にバーカウンターがあり、お酒も飲める。


こんな山奥なのに、19時には店内が満席で、外に待ちの列が出来ているほど。








お店おすすめの


「ZUND-BAR CLASSIC ズンド・バークラッシック」なる


ラーメンセット(塩)に、ワンタンをトッピングでいただくことに。


f0232060_18545722.jpg


f0232060_1855614.jpg


f0232060_1855364.jpg


f0232060_1855969.jpg









「ZUND-BAR CLASSIC」は面白いラーメンで、


まず、器が銀のお椀で、ラーメン自体は素ラーメン。


別添えでラーメンの具がやってくるので、


それを自由に自分でラーメンに入れて、ラーメンを作って食べる感じ。


f0232060_18571594.jpg










ラーメンだけ食べると、すごく上品で、少し薄さも感じるくらいだが、


具を入れていくと、ちょうどいい塩ラーメンになる。






チャーシューなどが入った具の入れ物の底には、


なんとこっそりご飯と海苔が敷いてあって、


チャーシューの汁を吸ったこのご飯がやたら美味い。


何から何までよく出来ている驚きのラーメン店だった。


f0232060_18591453.jpg









■「ZUND-BAR」
https://www.facebook.com/zund01/







by meshi-quest | 2017-06-18 08:08








新宿御苑前にあるオシャレなカフェ、


「MIRiton cafe ミルリトンカフェ」でランチ。


ビジネスマンも多く、全般的に年齢層高めの渋い新宿御苑前で、


ここだけ原宿や代官山のようなポップな雰囲気。


f0232060_1817155.jpg


f0232060_1817661.jpg


f0232060_1817997.jpg


f0232060_18171240.jpg






ロフトがあったり、ソファ席があったり、


席数も多めで、ゆったり出来るので、


PC持ち込んでカフェ仕事にも、打ち合わせにも便利そう。









ランチは、ワンプレートディッシュで、メニューも豊富。


網焼きレアステーキランチを頼んでみたが、


残念ながら、正直、味はイマイチだった。


特に3種の付け合わせがイマイチ。


お肉は柔らかいけど、味は普通かな。


場所は御苑でもご飯はビジネス向けではなく、あくまで若い人向けなのかもなあ。


f0232060_18234324.jpg


f0232060_18234672.jpg


f0232060_1823498.jpg










せっかくなので、食後に店名にもなっているおすすめデザート、


「ティラミス・ミルリトン」をいただくことに。


f0232060_18254757.jpg






国産発酵バターを100%使用しているというティラミスは、

見た目にもかわいらしく、ミルクの風味をしっかり感じる美味しいティラミスだった。








チャイはちょっと甘くて、バニラの風味も強く、


好みのチャイではなかったけど、


ニャンコが付いてたので、なんかほっこりした。


f0232060_18254960.jpg


f0232060_18255337.jpg








■「ミルリトンカフェ」
https://www.facebook.com/mirlitoncafe/







by meshi-quest | 2017-06-17 08:04 | 新宿








都内で私が愛しているフレンチの1つ、


北参道「Sincere シンシア」でディナー。


f0232060_16514097.jpg


f0232060_16515074.jpg









石井シェフのオートクチュールコースをいただく。


神泉にあった伝説のフレンチ「bacar バカール」からの常連客だったので、


石井シェフとはお付き合いが長く、私が異様にたくさん食べることも(笑)、


食べ物の好みもよく知っていただけてるので、


食材もボリュームも、究極のオートクチュールになった。


f0232060_16563174.jpg


f0232060_16565148.jpg


f0232060_165709.jpg


f0232060_1657429.jpg


f0232060_16575764.jpg


f0232060_1658490.jpg


f0232060_1658751.jpg


f0232060_165925100.jpg


f0232060_16593943.jpg


f0232060_16594763.jpg









最後の小菓子は、ジオラマのような一品。


この中に食べれるものが3つ隠れてて、


2つは比較的簡単に見つかるのだが、結局最後の1つは当てられず・・・。


答え合わせを聞いて、まさか、コレ食べれるの?!というモノで驚いた。


f0232060_172443.jpg









帰りがけに「よく食べたなー」と、作った石井シェフ自ら笑われるほど、食べた。


しかし、こんなに食べても、不思議と胃が重くなったり、苦しくなったりしないのは、


私の胃腸の強さではなく、やっぱり石井シェフの油や砂糖の使い方だったり、


調理法や出す順番含めて、緻密に計算して料理を出してくれてるからだと思う。


相変わらず、本当に美味しくて、本当にすごいフレンチ。








■「Sincere シンシア」
https://www.facebook.com/fr.sincere/









■今日のカメ

■「Sincere シンシア」
f0232060_16514097.jpg
副都心線「北参道駅」から徒歩5分ほど。JR代々木駅からも歩けます。北参道から奥に入った路地裏にあります。







■店内の様子
f0232060_1755996.jpg
テーブルのみ。オープンキッチンに向かって、キッチンが見えるように席が配置されているので、食事中も楽しい。







■テーブルセット
f0232060_1773484.jpg
テーブルセットはこんな感じ。









■ワイン①
f0232060_178424.jpg
酸味が苦手な私に用意してくれた甘めの白ワイン。









■パン
f0232060_17115643.jpg
「シンシア」の選べる特製手作りパン。いつもどれにしようか迷う・・・。








■これに決定!
f0232060_1713162.jpg
いつもの「Sincere」の刻印が入ったブリオッシュと、赤ワインのパン。









■オマールブルー!
f0232060_16563174.jpg
海老好きの私にいつも用意してくれるブルターニュ産の活オマール海老。美しいその青さから「オマールブルー」と呼ばれている一品。楽しみ!!








■1品目
f0232060_16565148.jpg
グリーンピースのカプチーノ。グリーンピースだけの甘味で作っているそうですが、ビックリするくらい甘い。









■アップ
f0232060_1717517.jpg
オマールブルーがメインディッシュかと思いきや、なんと前菜からオマールw。しっかりココに入っています。








■2品目
f0232060_1657429.jpg
豪華な5つのアミューズの盛り合わせ。









■アップ①
f0232060_17211310.jpg
定番の「5つの味のするトマト」。酸味、甘味、苦味など、不思議と5つの味を感じます。









■アップ②
f0232060_17231641.jpg
サーモンとフロマージュブランの組み合わせ。









■アップ③
f0232060_1724114.jpg
「朝食」をイメージして作られたというかわいいアミューズ。卵と、パンと、ハム。まさに朝食w。









■アップ④
f0232060_17252943.jpg
アメリカンドッグみたいな、かわいいアミューズ。中にはブーダンノワールが入っています。









■アップ⑤
f0232060_17264148.jpg
カカオ生地の中にパテ・アン・クルートが入っています。









■3品目
f0232060_17282240.jpg
千葉県の清流を泳ぐニジマスの稚魚。てっきり、鮎かと思ったら、なんとニジマス。鮎よりコクがあって、甘味もあり、美味しい!







■ワイン②
f0232060_17314826.jpg
あまり白ワインは飲まないのですが、今日は何となく2杯目。さっぱりとした甘さの貴腐ワイン。









■4品目
f0232060_17324410.jpg
5つの組み合わせで味わうフォアグラのコンフィ。ルバーブなど、付け合わせになっている5つの異なる味で、好きな食べ方ができるフォアグラ。







■5品目
f0232060_17344229.jpg
ホワイトアスパラガスとアオリイカ。アスパラは、ソテーとムースの2種。









■6品目
f0232060_17364321.jpg
黒アワビ。ホロホロ鳥とハマグリのソース。トリュフやタケノコも入っています。いい香り!









■7品目
f0232060_17374092.jpg
甘鯛のウロコ焼き。ウロコがサクサクでめちゃくちゃ美味しい。私が沖縄の会社と仕事をしているので、ソースには沖縄のパッションフルーツを使ってくださったのだそう。







■8品目
f0232060_17391245.jpg
ここまでどれもメインディッシュ級の料理でしたが、ようやく本当のメインディッシュw。今日のメインは、16年ぶりに届いたというフランス産の仔羊のロースト。脂のバランスがすごく良くて、絶品な仔羊でした!







■9品目
f0232060_17424619.jpg
〆の鉄鍋ご飯は4種から選べて、今日は桜エビのフリットとタケノコにしました。









■10品目
f0232060_1744783.jpg
デザートは2種。まずは、エルダーフラワーと大葉のフロマージュ。サッパリして、口直しにちょうどいい一品。









■11品目
f0232060_17451195.jpg
焼きたてのフワフワなスフレに、いちごとビーツを合わせた鮮やかなデザート。









■食後の飲み物
f0232060_17462867.jpg
ブレンドティー。









■食後の小菓子
f0232060_172443.jpg
間違い探しをするかのように楽しめる食後の小菓子。この中に3つ、食べれるものが。









■お土産
f0232060_1748213.jpg
冷蔵庫に冷やして、明日食べるとちょうど美味しいというお土産。明日もシンシアが楽しめる!









■中身はマカロン
f0232060_17491844.jpg
お土産の中身は、カカオのマカロンです。








新宿御苑前にある料理がおいしいビストロ、


「シャルトロ」でお1人様ディナー。


f0232060_15515854.jpg


f0232060_15524910.jpg


f0232060_1553040.jpg








1人用にハーフサイズなども快く対応してくれるので、


食べたい料理を色々と頼ませてもらえるのがありがたい。


食べたい時に食べたいものを『食べたい量で』食べれるのが一番幸せ。


f0232060_15581651.jpg


f0232060_1559362.jpg


f0232060_15592443.jpg


f0232060_15594524.jpg








■「Chartro シャルトロ」
https://www.facebook.com/chartro916/?ref=nf








■今日のカメ

■「シャルトロ」
f0232060_15515854.jpg
丸の内線「新宿御苑前駅」から徒歩6分ほど。新宿御苑の大木戸門側の路地裏にあります。








■店内の様子
f0232060_15524910.jpg
カウンターとテーブル。席数は少なめです。









■赤ワイン
f0232060_1553040.jpg
お店おすすめの赤ワインをグラスで。









■アミューズ
f0232060_15581651.jpg
白ニンジンのポタージュ。甘味あって濃厚で美味しい。









■1品目
f0232060_16273357.jpg
シャルキュトリーの盛り合わせ。1人前ハーフサイズ。鶏のレバームース、豚と鶏の自家製パテなど。








■パン
f0232060_16285623.jpg
食べやすくてコクがあるバケット。









■2品目
f0232060_16293281.jpg
ウォッシュチーズ。マンステール。









■3品目
f0232060_16302066.jpg
ツブ貝とキノコのブルゴーニュバターソテー。ブルゴーニュバター大好き!パンに付けても美味しい。









■4品目
f0232060_15592443.jpg
1本から茹でてくれるイタリア産ホワイトアスパラ(1本650円)。とても甘味があります。









■5品目
f0232060_16363230.jpg
スミイカとスナップエンドウのアンチョビバター炒め。これもハーフサイズ。









■6品目
f0232060_16374683.jpg
「牛サガリのロースト 粒マスタードソース」(1800円)です。ランチでやっている牛サガリの絶品リゾットも、このメインディッシュのお肉。柔らかくて、ジューシー。
by meshi-quest | 2017-06-15 08:08 | 新宿





練り製品が大好きだ。

肉でも魚でも練ってあるものが、とにかく好きだ。

ハンバーグ、かまぼこ、メンチカツ、つみれ、こういったものがたまらない。






そんな私に「ワールドミートボールクラッシック」なる、

ミートボール専門店があるという情報が流れてきて、早速行ってみた。


f0232060_11423668.jpg

f0232060_11442246.jpg

f0232060_11443093.jpg



すごくオシャレなカフェみたいな店内で、

女性一人でフラッと来ても、気軽にお酒を飲みながらミートボールが楽しめる感じ。

優しい女性スタッフの方がミートボール愛について熱く語ってくれた。






「ワールドミートボール」の看板に偽りなしで、

アメリカンなミートボールから、羊を使ったトルコ風まで、

まさにワールドワイド、世界中のミートボールが楽しめるようになっている。

ミートボール好きにはたまらないメニュー構成。

f0232060_11450137.jpg

f0232060_11444141.jpg

f0232060_11444564.jpg


とても優しいスタッフで、居心地もいいのだが、

肝心のミートボールにワールドクラッシックな感動がなく、ちょっと残念。

塩気も強めで、少し舌が疲れてしまう。

『ミートボール』という単語はめちゃくちゃ魅力的だったのだが・・・。




■「ワールドミートボールクラッシック」
https://www.facebook.com/Worldmeatballclassic/






■今日のカメ


■「ワールドミートボールクラッシック」
f0232060_11423668.jpg丸の内線「新宿御苑前駅」から徒歩1分ほど。駅から近いです。









■店内の様子
f0232060_11443093.jpgカフェのようなオシャレな店内。カウンターとテーブル。
一人でも来やすく、入りやすいです。








■レモン酒
f0232060_11443689.jpgレモン酒の水割り。











■グリーンサラダ
f0232060_11444141.jpg高純度のパンプキンシードオイルを使っているグリーンサラダ。
一人用にハーフサイズにしてくれます。









■ポテト
f0232060_11444564.jpgかなり塩が強く、ポテトの味が分からなかった。











■「WMC」
f0232060_11444875.jpg看板メニューの「WMC (World Meatball Classic)」(1500円)。
US産ブラックアンガス牛100%のつなぎなしのミートボール。

見た目はすごくいい感じなのですが、
塩気が強いのと、個人的に好みのミートボール&ソースではなかったかな。







by meshi-quest | 2017-06-14 08:02 | 新宿
プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ