<   2017年 07月 ( 21 )   > この月の画像一覧









新富町にある鮨の名店「はしもと」で昼から鮨のフルコース。


常連さんのグルメ会で、通常はランチ営業していないが、


特別に貸し切り対応をしていただいた。


f0232060_1395889.jpg


f0232060_1310216.jpg


f0232060_1310544.jpg











美味しいつまみとにぎりで、昼から日本酒が止まらないw。


つまみでは、浜松のすっぽんの時雨煮を使った混ぜご飯と、おおめますの焼き物、


にぎりでは、アジと、エビと、ウニが印象的で、美味しかったなあ・・・。






ほろ酔い気分の優雅な昼下がり。


贅沢をさせてもらった。


f0232060_13193121.jpg


f0232060_13193436.jpg


f0232060_1319372.jpg


f0232060_13194031.jpg


f0232060_1319555.jpg


f0232060_13195815.jpg


f0232060_1320121.jpg


f0232060_1320813.jpg


f0232060_13201221.jpg


f0232060_13201721.jpg









■「鮨 はしもと」
https://tabelog.com/tokyo/A1313/A131301/13176638/










■今日のカメ

■「鮨はしもと」
f0232060_1395889.jpg
有楽町線「新富町駅「」から徒歩5分ほど。通常は昼はやってませんが、今日は特別貸し切り。









■店内の様子
f0232060_132423.jpg
カウンターのみ10席ほど。気さくで話が面白い大将との距離が近く、アットホームな雰囲気。









■テーブルセット
f0232060_13252535.jpg
テーブルセットはこんな感じ。









■日本酒
f0232060_13255127.jpg
広島県相原酒造「うごのつき」。暑い時期にサラッといただける飲みやすい日本酒。









■1品目
f0232060_13193121.jpg
宮城県のまこがれい。










■2品目
f0232060_1328438.jpg
アオリイカ。









■3品目
f0232060_13283419.jpg
カツオ。









■4品目
f0232060_13285929.jpg
桜エビの茶碗蒸し。出汁が効いてて、エビの香りもよく、めちゃくちゃ美味しい。









■5品目
f0232060_13193436.jpg
浜松で養殖されているすっぽんを使った時雨煮の混ぜご飯。やや濃いめのたれで味付けされてて、いい味。これも日本酒が進む。








■6品目
f0232060_1319372.jpg
あん肝としゃこ。









■7品目
f0232060_1333927.jpg
おおめます(時しゃけ)の焼き物。これもとても美味しい。すごく脂が乗ってて、日本酒が進む味。








■8品目
f0232060_13334051.jpg
こはだ。









■9品目
f0232060_13341441.jpg
まだい。









■10品目
f0232060_13343825.jpg
沖縄のまぐろ。









■11品目
f0232060_1335169.jpg
いさき。









■12品目
f0232060_1319555.jpg
アジ。









■13品目
f0232060_13195815.jpg
沖縄のまぐろの中トロ。









■14品目
f0232060_1320121.jpg
車海老。甘味あって、すごく美味しい。









■ウニ箱、登場!
f0232060_1320813.jpg
ウニのトップブランド「はだてのウニ」。









■15品目
f0232060_13201221.jpg
口の中でフワッととろけるウニ。









■16品目
f0232060_13392482.jpg
キンメの炙り。









■17品目
f0232060_13201721.jpg
穴子。フワッとしてて、美味しい穴子です。









■18品目
f0232060_13404286.jpg
たまご。









■19品目
f0232060_1341847.jpg
しじみのお椀。








料理研究家でもあり、タレントでもある園山真希絵さんの和食店、


「そのやま」にお邪魔させてもらった。


一度ぜひお邪魔してみたいと思っていたので、すごく楽しみにしていた。


会員制なので一見でお邪魔することは出来ないが、会員が同伴なら入れる。


f0232060_12132639.jpg


f0232060_12132989.jpg









園山さんご本人もいらっしゃって、とても丁寧に気さくに話してくださり、


スタッフもすごくにこやかで、居心地がいい。







料理は、園山さんによる和の創作料理で、


ご自身がお好きという「豆」を使った料理が多く、


「お腹いっぱい食べても太らない」がコンセプト。


豆なのでちゃんとお腹にたまるけど、豆なので健康的に良さそうな和食が並ぶ。


f0232060_12162546.jpg


f0232060_12162948.jpg


f0232060_12163212.jpg


f0232060_12163683.jpg











その他、特徴として、


すべての料理に『言葉遊び』『驚き』を盛り込んでて、


「サザエさんのいない磯野家の茶碗蒸し」は、


料理が出てくる時に店内の音楽もあのBGMに変わって、


カツオ出汁に、ワカメに、イクラちゃんがいて、


サザエさんは前髪の形だけ登場してたり、


f0232060_1225837.jpg


f0232060_12251145.jpg









野菜をそのまま煮込んだインパクトある


巨大な肉じゃがが出てきたり、


f0232060_12254770.jpg


f0232060_12255889.jpg








〆のご飯は、「お終い」=「おしゅうまい」で、


ミニしゅうまい弁当になっていたり、


お客さんを楽しくもてなそうとする園山さんの気持ちが感じられる料理だった。


f0232060_12263323.jpg


f0232060_12263619.jpg









ただ、美味しいかどうかで言うと、


もちろん好みには個人差があるが、


正直、もう一度食べたくなるような印象に残る味の料理はなかった。


私が色々と食べ歩いている和食店を思い浮かべてみると、


盛り付け、味付け、料理内容、食材含めて、極めて家庭的というか・・・。







そこで、ハッと思ったのは、


そうか、このお店は園山さんの家にご招待されてるんだ!、


ということ。


実際は、お店として来ているけど、そういう気持ちで来て楽しむお店なのだと。








和食屋さんとしてみると、あまり嘘も言いたくないので、


正直、満足度が低いと感じてしまうが、


お友達の家に呼ばれて、おもてなしを受けてる、


自分のために友達が一生懸命料理を作ってくれてると思うと、全然見方が変わる。








あとは、変な意味ではなく、味よりもおもてなしが大事、


言葉遊びや演出を重視していて、


そこをメインに料理を構成したり、食材選んでるのかな、と。









良いか悪いかではなく、好きか嫌いか。


好きな人のためにそういうお店があってもいいんじゃないかと思った。


だからこそ、現在会員制を取っているのは、


好きな人だけに来てもらうというシンプルな方法、


行きたいけど行けない人には残念かもしれないけど、正しい選択な気がする。











■今日のカメ

■「そのやま」
f0232060_12132639.jpg
恵比寿にある、赤が素敵な2階建て。会員制です。









■店内の様子
f0232060_12132989.jpg
本日は、私の知り合いで、長年園山さんとも懇意の方からご招待でお邪魔させてもらいました。1階は厨房とカウンター、2階がテーブルと個室。思ったより、席数が多くて驚きました。







■メニュー
f0232060_12373495.jpg
メニューは、ジャポニカ学習帳の中に。









■テーブルセット
f0232060_12382948.jpg
テーブルセットはこんな感じ。木内梅酒という梅酒をロックで。この梅酒、甘さがスッキリしてて、すごく美味しかったです!







■1品目
f0232060_1240225.jpg
和歌山県の柑橘「じゃばら」を使ったジュース。『邪を祓う』という意味を込めて。









■2品目
f0232060_12414669.jpg
自家製はんぺん。『笑う門には福来る』









■3品目
f0232060_12162546.jpg
和前菜の盛り合わせ。白玉と茄子のピューレ、カブのカプレーゼ(=カブれーぜ)、切り干し大根のナポリタン、ぶり大根をご飯と一緒に丸めた「ぶり大根定食」など。







■4品目
f0232060_1225837.jpg
「サザエさんのいない磯野家の茶碗蒸し」。カツオ出汁が効いてる、サッパリとした茶碗蒸しです。









■5品目
f0232060_12162948.jpg
ハーブ鶏と丁字麩を使った「とりふスープ」。









■6品目
f0232060_12163212.jpg
たこ焼きに見立てたポテサラ。『お多幸』を込めて。ちゃんとソースや紅ショウガでたこ焼きの味がします。








■7品目
f0232060_12163683.jpg
「足袋」をかたどった豆のフィナンシェ。料理の中盤、『たびの途中』の意を込めて。









■8品目
f0232060_12494854.jpg
出雲のブランド豚「結美豚(ゆいびとん)」を使ったソテー。柔らかくて美味しい豚でした。









■丸ごと肉じゃが、きた!
f0232060_12254770.jpg
人参もジャガイモも丸ごと煮込んだ肉じゃが。かなり時間をかけて、じっくり火を通しているそう。









■9品目
f0232060_12255889.jpg
特製肉じゃが。ちょっと醤油と砂糖の味が濃く、この段階で食べるにはやや舌が疲れてしまう感じ。









■10品目
f0232060_12263619.jpg
お終いの「おしゅうまい弁当」。かわいらしいミニ弁当なのだが、おにぎりがあまり美味しくなくて、ちょっと残念。このかわいらしさで、食べてめちゃくちゃ美味しい!となると、すごいインパクトありそうなんだけどな・・。






■11品目
f0232060_12581570.jpg
最後のデザート登場の時に、店内にアントニオ猪木さんのテーマソングがかかって、ビックリ(笑)。「あん」と、「いも」と、「えのき」が入って、アントニオ猪木w。和のデザートとのこのミスマッチな発想がすごい。








四谷三丁目にある人気焼肉店「名門」で夕食。


f0232060_191816.jpg


f0232060_191858.jpg











焼肉激戦区の四谷三丁目にあって、


色々と行ってみたが、カルビの旨さで、


結局いつも「名門」さんに落ち着く。


ホント、ここのカルビは美味しい。いい肉だった。


f0232060_19185974.jpg


f0232060_1919279.jpg


f0232060_1919895.jpg


f0232060_19191185.jpg


f0232060_19191599.jpg








■「焼肉 名門」
http://www.y-meimon.com/









■今日のカメ

■「焼肉 名門」
f0232060_191816.jpg
丸の内線「四谷三丁目駅」から徒歩3分ほど。焼肉店が集まっているエリアの大通りに面したところにあります。








■店内の様子
f0232060_191858.jpg
テーブルのみ。席数少なめ。いつも混んでます。









■テーブルセット
f0232060_19212476.jpg
テーブルセットはこんな感じ。









■ナムル
f0232060_1922335.jpg
もやし好きなので、いつもナムルはもやしのみ。もやしだけいっぱい食べたい。









■ネギタン塩
f0232060_1919895.jpg
お店によって、ネギがみじん切りだったり、肉にかかっていたり、いろんなネギタン塩があるが、ここは白髪ネギで、肉とネギが別になっている。







■カルビ&ロース
f0232060_19185974.jpg
カルビとロース。









■アップ
f0232060_1919279.jpg
ロースも美味しいけど、特にカルビが美味しい。めちゃくちゃジューシーで、ご飯が進む!









■サラダ
f0232060_19252912.jpg
ゴマ油ドレッシングのサラダ。









■ハラミ
f0232060_19191185.jpg
ハラミも柔らかく美味しい。









■スープ
f0232060_19263684.jpg
サッパリしてる玉子スープ。










■サービス
f0232060_19271541.jpg
食後のサービスで出るミルクキャンディー。このアイスの味と量が、最後の口直しにちょうどいい感じで嬉しいサービス。
by meshi-quest | 2017-07-19 08:08 | 四谷








赤坂にある熟成肉の専門店「キッチャーノ」でランチ。


f0232060_1821183.jpg


f0232060_1821397.jpg









熟成肉の専門店だけあって、店内の冷蔵庫にも熟成中に肉が並び、


それを眺めながら、肉ランチをいただく。


f0232060_1835228.jpg


f0232060_1835442.jpg










肉は数種類から選べて、ランチの前菜には生ハムが出る。


お酒が飲みたくなるようなランチ。


f0232060_1921560.jpg


f0232060_1921796.jpg


f0232060_1922039.jpg


f0232060_1922441.jpg


f0232060_1922737.jpg










■「キッチャーノ」
http://www.m-onecafe.jp/chicciano/








■今日のカメ

■「キッチャーノ」
f0232060_1821397.jpg
千代田線「赤坂駅」から徒歩30秒ほど。赤坂TBSの目の前のビルの地下にあります。









■店内の様子
f0232060_1821183.jpg
テーブル席。席数はそこそこあります。









■前菜①
f0232060_1921560.jpg
ランチの前菜、手作りフォカッチャ。









■前菜②
f0232060_198142.jpg
生ハムとイチジク。お酒が飲みたくなる味。









■サラダ
f0232060_19956.jpg
ランチのミニサラダ。









■メイン
f0232060_1922039.jpg
ランチの値段は選んだ肉で変わります。これは、アメリカ産サーロインステーキ150g(1800円)。熟成肉の専門店ということで、結構期待してしまったのですが、普通かな。







■デザート
f0232060_1922737.jpg
自家製ティラミス。やや甘め。









■食後のドリンク
f0232060_19115247.jpg
ホットのダージリン。








たまたま八王子に用事があり、


その帰りに、八王子で人気があると聞いた「壱発ラーメン」へ。


f0232060_17394162.jpg


f0232060_17394680.jpg


f0232060_17394964.jpg










名物という『ネギとろラーメン』を注文。


味付けされたネギに、たっぷりのとろろ。


f0232060_17471741.jpg


f0232060_17472118.jpg


f0232060_17472379.jpg










とろろは好きなので、期待していたのだが、


正直、ラーメンの味も、ラーメンとネギやとろろの相性も好みではなかった。


すごく人気店らしいのだが、うーん、好みの問題なのかな・・・。






■「壱発ラーメン」
https://tabelog.com/tokyo/A1329/A132904/13006016/







by meshi-quest | 2017-07-17 08:01









新宿三丁目にある「スコップカフェ」で、


仕事のメールチェックしながら、お茶。








不思議な場所にあるカフェで、


新宿三丁目駅にも近く、新宿通りの大きな道路に面していながら、


歩いてると見落としがちな古い細長い雑居ビルの、さらに地下という立地。


立地がいいのやら、悪いのやら(苦笑)。


f0232060_13395680.jpg


f0232060_1340078.jpg


f0232060_1340352.jpg


f0232060_1340642.jpg









おかげで、駅近で、オシャレなんだけど、いつ来ても比較的空いてる。


軽食も、つまみも、デザートも、飲み物も充実してて、重宝。


f0232060_13413981.jpg


f0232060_13414241.jpg


f0232060_13414557.jpg









■「スコップカフェ」
http://scopp-cafe.com/









by meshi-quest | 2017-07-16 08:06 | 新宿








新宿駅の新南口に出来たオシャレビルNEWoMan(ニュウマン)。


その2階にあるビストロ「サロン ブッチャー&ビア」でランチ。


f0232060_16425113.jpg


f0232060_16425559.jpg










シャルキュトリーやソーセージをつまめる夜型のビストロだが、


ランチもやってて、昼から飲むこともできる。








この日の日替わりは、ポークハンバーグ。


f0232060_1655631.jpg


f0232060_16551187.jpg


f0232060_16551573.jpg


f0232060_16552383.jpg


f0232060_16552677.jpg










シャルキュトリーやソーセージも、ランチから単品で頼める。


f0232060_16551950.jpg











ちなみに、NEWoMan(ニュウマン)の2階は、


いくつもの飲食店が入ってて、どれもオシャレで美味しい。


ランチからディナーまでぶっ通しでやっているので、


ランチタイムを逃した遅めのランチにも便利。








■「サロン ブッチャー&ビア」
http://salon.adametrope.com/butcher/






by meshi-quest | 2017-07-15 08:06 | 新宿








懇意にさせていただいている渋谷のフレンチ「LATURE ラチュレ」へ。


いつもお邪魔するのはディナーばかりなのだが、


実は「ラチュレ」さんはランチもやってて、


一度来たいと思っていた念願のランチを食べにやってきた。


f0232060_15255321.jpg


f0232060_15255753.jpg











私のために、いつも珍しい食材や変わった料理を出してくれる室田シェフ。


私が通常のランチを食べるわけなく、


室田シェフもそんなことを毛頭考えてもおらず(笑)、


結果、ランチから室田さん特製のジビエフルコースを出していただくことになった。


f0232060_15285366.jpg


f0232060_15334692.jpg


f0232060_1529651.jpg


f0232060_15291092.jpg


f0232060_15291741.jpg


f0232060_15292272.jpg


f0232060_15294011.jpg









何気に、ランチでジビエのフルコースを食べるのも初めてだし、


いつもディナーは2人か複数で来るので、


1人でジビエのフルコースを食べるのも初めて。









さらに、私のメシクエ経験値をあげようと、


室田シェフが用意してくれたコレ。


鹿の脳みそを見たのも、


鹿の脳みそを食べるのも(しかも昼からw)初めてだ。


f0232060_15321877.jpg










鹿の脳みそは、普段は捨てられてしまうものらしいが、


新鮮な脳みそはソテーにして、濃厚な鹿スープと共にいただくと、


普通の白子よりも全然臭みも、クセもなく、


白子と豆腐の間のような感じで、すごく美味しい。


f0232060_15334692.jpg









今日は、メタルスライム並みのすごい量の経験値が入った。


脳みそもフニャフニャしてたから、


実はあれはメタルスライムだったのかもしれない。







■「LATURE ラチュレ」
http://www.deco-hygge.com/deco/









■今日のカメ

■「ラチュレ」
f0232060_15255321.jpg
JR渋谷駅から徒歩8分ほど。青山学院大学の隣のビルの地下1階にあります。ランチもやっていて、通常は2200円のコース。希望によって、ランチからフルコースも作ってくれます。







■パン
f0232060_15543419.jpg
いい香りの食べやすいパン。









■1品目
f0232060_15285366.jpg
稚鮎のエスカベッシュ。










■鹿の脳みそ、きた!
f0232060_15321877.jpg
とても珍しい鹿の脳みそ。初めて見た!意外と人間っぽい脳みそをしてて、意外と小さいことに驚き。たまたま入手出来たとのことで、喜んでいただくことに。







■2品目
f0232060_15334692.jpg
先ほどの鹿の脳みそのソテーに、鹿の濃厚な出汁を使ったスープ仕立ての一品。茶碗蒸しを思い出すような、和風なジビエ料理。絶品。







■赤ワイン
f0232060_1553318.jpg
この料理の流れ、これは飲むしかないなw。









■3品目
f0232060_15542841.jpg
魚料理。新鮮なアジと、フレッシュな桃と、ディルなどハーブが入ったバターミルクソース。









■4品目
f0232060_15562027.jpg
ぜひ食べて欲しいと勧めていただいた「チュルボ」というドーバー海峡で捕れたヒラメ。めちゃくちゃコクがあって、味わい深い。これは美味しい!







■5品目
f0232060_15291741.jpg
メインディッシュは、脂がめちゃくちゃ美味しい南伊豆のイノシシ。こんなに厚切りで、脂もたっぷりあるのに、食べても全く胃が重くならない。








■6品目
f0232060_15294011.jpg
旬のルバーブを使った色鮮やかなパフェ。










■アップ
f0232060_1635147.jpg
中に入っている緑のものは、なんと山菜のイタドリ。イタドリをデザートに使っているお店は初めて。シャキシャキした食感がすごくアクセントになってる。







■食後の小菓子
f0232060_1654074.jpg
鹿の毛皮の皿に盛られた、鹿の血を使った焼き菓子。デザートもちゃんとジビエ。
by meshi-quest | 2017-07-14 08:08 | 渋谷・神泉








懇意にさせていただいてる大好きな鮨屋「鮨 尚充 たかみつ」で食事。



f0232060_14113978.jpg


f0232060_14114074.jpg











相変わらずの絶品おつまみと握りのオンパレードで、


f0232060_14135761.jpg


f0232060_1414130.jpg


f0232060_1414731.jpg


f0232060_14141298.jpg


f0232060_1414164.jpg


f0232060_1414264.jpg


f0232060_14143722.jpg











青森県の定置網で捕れた本マグロもめちゃくちゃ美味しくて、


そりゃ、日本酒もどんどん進んじゃうわけですが、


f0232060_1416778.jpg


f0232060_14161246.jpg


f0232060_14165732.jpg










今日の目玉は、コレ!


ウニの7種食べ比べ!!


7種も揃い踏みしてるのを見るのは初めてだ。


痛風なんて、どこ吹く風。圧巻。


f0232060_14183391.jpg


f0232060_14183878.jpg


f0232060_14184327.jpg











ムラサキウニに、


f0232060_14204267.jpg









ばふんウニに、


f0232060_1421025.jpg










これが、アカウニ。


f0232060_1421972.jpg









個人的には、ばふんが好みかな。


いいお鮨だった。









■今日のカメ

※写真の量が多いので、スマホからご覧のお客様で重い場合は、PCからご覧いただければと思います。


■「尚充」
f0232060_14113978.jpg
東急東横線中目黒駅から徒歩8分ほど。暖簾は営業中でも出てないのですが、中はやってます。









■店内の様子
f0232060_14114074.jpg
清潔感溢れる店内。カウンターのみ。席数は少なめ。予約必至。









■テーブルセット
f0232060_14263270.jpg
テーブルセットはこんな感じ。









■1品目
f0232060_14271248.jpg
淡路島の真鯛。









■2品目
f0232060_14273811.jpg
しじみのエキスが凝縮されたしじみのスープ。









■3品目
f0232060_1503341.jpg
明石のたこ。煮たこは、今までそんなに好きではなかったのですが、「尚充」さんのめちゃくちゃ旨味あって柔らかいたこを食べてから、好きになりました。







■4品目
f0232060_1515390.jpg
ホタルイカの炙り。









■5品目
f0232060_1523479.jpg
和歌山ののどぐろ。脂乗ってます。









■6品目
f0232060_14135761.jpg
京都の白イカ。









■7品目
f0232060_1414130.jpg
日高の毛ガニ。









■8品目
f0232060_154385.jpg
津軽のムラサキウニ。










■9品目
f0232060_1552714.jpg
こはだ。









■10品目
f0232060_156748.jpg
小柱。









■11品目
f0232060_1414731.jpg
「尚充」さんの絶品あん肝。









■12品目
f0232060_14141298.jpg
カツオ。









■13品目
f0232060_157426.jpg
メヒカリ。皮がパリッとしてて、中はふっくら。脂も乗ってて、めちゃくちゃ美味しい!









■14品目
f0232060_1414164.jpg
千葉の黒アワビ蒸し。










■15品目
f0232060_1510306.jpg
秋田のじゅんさいと、唐津のアカウニ。










■16品目
f0232060_1511456.jpg
からすみ。









■17品目
f0232060_1416778.jpg
青森県の定置網本マグロ。赤身。









■18品目
f0232060_15125253.jpg
中トロ。









■19品目
f0232060_14161246.jpg
大トロ。









■20品目
f0232060_15134073.jpg
腹身。









■21品目
f0232060_15144734.jpg
車海老。絶品。









■22品目
f0232060_1414264.jpg
アジ。









■ウニ、食べ比べ!
f0232060_14183391.jpg
7種のウニ。ウニがここまで勢ぞろいすると、圧巻です。









■23品目
f0232060_14204267.jpg
ダイセンのムラサキウニ。









■24品目
f0232060_1421025.jpg
木村のばふんウニ。個人的には、これは一番濃厚で、甘味あって好き。









■25品目
f0232060_1421972.jpg
唐津のアカウニ。









■26品目
f0232060_1519621.jpg
穴子の塩。









■27品目
f0232060_15193493.jpg
穴子のたれ。「尚充」さんの穴子がめちゃくちゃ美味しいので、いつも2種類いただきます。









■28品目
f0232060_15201824.jpg
ケーキを食べてるような、プリンを食べているような、デザート感覚のたまごで〆。








西荻窪にある大好きな中華ビストロ「ヤスミン」で夕食。


f0232060_1662345.jpg


f0232060_1662826.jpg











私が必ず注文する大好きな3品と共に、紹興酒をいただく。








まずは、干し豆腐とジャガイモのナムル


ゴマ油と、程よい塩加減のナムルでお酒が進む。


f0232060_16105690.jpg










次に、大根餅


元々、かなり大根餅好きだが、


「ヤスミン」さんの大根餅は個人的に都内No.1だと思ってる。


f0232060_16142941.jpg








こんなに美味しいのに、何となく名前で損をしてて、


イマイチ市民権を得られてない感がある、かわいそうな大根餅。


「大根」と「餅」


確かに間違っちゃいないんだけど、この組み合わせ地味(苦笑)。








そして、3つ目は、


ポルチーニ茸のふかひれスープ


今まで色んなところでふかひれスープをいただいたが、


リピートするまでインパクトのあるスープに出くわしたことがなく、


おそらく私がふかひれスープを来るたびに注文してるのは「ヤスミン」さんだけ。


f0232060_16171892.jpg









と、並べてみると、好きなものは全部茶色になってしまうのだが、


茶色は正義、茶色は幸せな色なのだ。





■「ビストロシノワ YASMIN ヤスミン」
https://tabelog.com/tokyo/A1319/A131907/13161422/







■今日のカメ

■「ヤスミン」
f0232060_1662345.jpg
JR西荻窪駅北口から徒歩2分ほど。駅前の飲食店が並ぶ細道を抜けた先にあります。









■紹興酒
f0232060_1662826.jpg
10年ものの紹興酒。中華が好きになると紹興酒が好きになり、紹興酒が飲めるようになると、もっと中華が好きになるポジティブなスパイラル。








■1品目
f0232060_16105690.jpg
干し豆腐とじゃがいものナムル。必ず頼む絶品前菜。









■2品目
f0232060_16142941.jpg
大根餅のスパイシーソルト。甘味あって、外はカリッとしてるのに、中はモチモチの大根餅。これも絶品。








■3品目
f0232060_16171892.jpg
ポルチーニ茸のふかひれスープ。通常メニューにあるのは普通のふかひれスープなのですが、以前ランチで出してくれたポルチーニ茸入りが美味しくて、私の時はいつもポルチーニ茸を入れてもらってます。いい香り、いいお味。







■4品目
f0232060_16364515.jpg
日替わりの別紙メニューにあった「合鴨とホタテの豆鼓バター炒め」。豆鼓醤とバターという組み合わせは初でしたが、コクがあって、すごく美味しい!








■食後のお茶
f0232060_16383261.jpg
お気に入りの台湾「清香凍頂烏龍茶」。青みを感じる、いい香りの烏龍茶。日本で飲むいわゆる烏龍茶より、緑茶に近い感じ。
by meshi-quest | 2017-07-12 08:08 | 西荻窪
プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ