私のラーメン師匠から、


スライム色の青いラーメンがあると言われ、


写真を見せてもらったが、想像のはるか斜め上を行く青さで驚いた。


しかも、そこの店主の髪の毛がピンクという情報まで聞き、


もうここまで来ると、何が何だか分からないので、とにかく行ってみたい。










というわけで、行ってきた直後の師匠を道案内人として連れ、


衝撃的な「青いラーメン」を出す「拉麺 吉法師」へ行ってきた。


f0232060_20371967.jpg























f0232060_20375375.jpg

































カフェのようなオシャレな外観と店内。


清潔感があって、すごく入りやすく、とても丁寧な応対をしてくれる。


店主の髪は確かに鳥山明先生のマンガに出てきそうなビビットなピンクだった。


ここまで聞いた話と全く一緒。









そして、メニューを見てみると、やっぱりラーメンは青いらしい。


f0232060_20402820.jpg
































ラーメンが青いとか、ホントにあるのかなあ・・・と


ここまで来てまだ半信半疑のまま「鶏清湯青」を注文。


そして・・・。



マジで、青い!!!!


f0232060_20421768.jpg
































ランチサービスのトッピングに、ほうれん草を選んでしまったので、


より青さが強調されている(笑)!!


f0232060_20433842.jpg

































青い食べ物を日常ではお菓子以外に滅多に口にしないので、


明らかに脳が混乱をしているのだが、


この青いラーメンが、めちゃくちゃ美味しい。


白い麺も、白い鶏チャーシューも真っ青に染まってるけどw、美味しい。


鶏の旨味とコクがしっかり感じられて、風味の良い、すごいバランスのいい味。


f0232060_20483169.jpg
































ここ最近食べた鶏ラーメンで一番美味しかった。


もう1杯、お代わりしようか悩んだくらい。


そして、私の中の青いラーメンランキングでは、


今後も他者の追従を寄せ付けず、永遠に1位に君臨し続けると思う。


f0232060_20474333.jpg


































ちなみに、師匠はすでに青いラーメンは体験済みなので、


気になっていた黄色いラーメン(塩)へ。


f0232060_20501080.jpg




































一口いただいたが、この黄色いラーメンもめちゃくちゃ美味しい。


人は見た目で判断してはいけないのと同じように、


ラーメンも色で判断してはいけないのだ。


脱・固定概念。


だんだん、青いラーメンが美しく見え、


むしろ、ラーメンって青くていいんじゃないかと思ってきた。


f0232060_2051811.jpg































■「拉麺 吉法師」
https://tabelog.com/tokyo/A1312/A131203/13198455/








■今日のカメ

■「拉麺 吉法師」
f0232060_20371967.jpg都営浅草線「本所吾妻橋」から徒歩1分ほど。路地裏にあるカフェっぽい外観のお店です。









■店内の様子
f0232060_20375375.jpg白を基調とした店内。カウンターとテーブル。女性一人でも入りやすそうな感じ。









■青いラーメン
f0232060_20421768.jpg衝撃、かつ、待望の青いラーメン「鶏清湯」。鶏チャーシュー増しで1100円。

ランチは、数種の中から1つだけトッピングサービスだったので、ほうれん草にしたら、全体的に寒色の青いラーメンになりましたw。





■アップ
f0232060_20433842.jpg味以上に、衝撃的に美味しいです。確実にここ最近食べた鶏ラーメンの中で一番美味しかったです。

鶏チャーシューも美味しかったし、半熟玉子も絶妙に黄身がトロトロで素晴らしかった。






■拉麺塩
f0232060_20501080.jpg師匠が頼んだ「拉麺塩」。

私が食べた「鶏清湯」よりも鶏の味が濃厚で、かなり好みの味です。卵は醤油味。ちなみに、青い方は塩味。






■ランチカレー
f0232060_2123064.jpgランチ限定でやっているというミニカレー。鶏清湯の出汁を使っているそうです。

このカレーは、かなりニンニクが入っていて、香りはいいのですが、個人的にちょっと苦手でした。
# by meshi-quest | 2017-06-13 08:08 | 上野・浅草







スクエニでデザイナーをしている親友のお誕生日のお祝いで、


麻布十番にあるお気に入りのイタリアン「ラパルタメント ディ ナオキ」へ。



f0232060_19521699.jpg























f0232060_19524046.jpg























f0232060_1953115.jpg

































一時期、会社が六本木ヒルズにあったことがあり、


その時は、麻布十番が近かったのでよくお邪魔していて、


会社が変わってからは、久しぶりにお邪魔させてもらったが、


相変わらず、美味しくも独創的で、


ここでしか食べれない直紀シェフワールドのイタリアンだった。








旬の食材を使っているので、食材自体は他店でも見かけるが、


その使い方、組み合わせ方、調理法、盛り付けが独特。









新玉ねぎのスープの上には、旬のハマグリを燻製にして乗せていたり、


f0232060_19573055.jpg























f0232060_19575438.jpg

































この時期しか食べれない、ミョウバンを使わない甘い生ウニは、


パフェのようなガラスに入ったイカスミのカッペリーニに。


f0232060_195942.jpg























f0232060_1959355.jpg


































旬のヤングコーンは、コーンのヒゲごとリゾットに。


f0232060_2005641.jpg























f0232060_201168.jpg

































そして、今回一番感激したのは、コレ。


旬のホワイトアスパラガスなのだが、


アスパラに名前が刻印されているなんて初めてみた(笑)!


f0232060_2022881.jpg























f0232060_203918.jpg































直紀シェフ曰く、いろんな食材に焼印してみて、


意外とホワイトアスパラガスが綺麗に押せることが分かったw、とのこと。


いつも楽しくて、美味しい料理。


シェフが楽しんでいることがちゃんとお客さんに伝わってくる料理。







■「ラパルタメント ディ ナオキ」
http://www.naokiyokoe.com/








■今日のカメ

■「ラパルタメント ディ ナオキ」
f0232060_19521699.jpg大江戸線・南北線「麻布十番駅」から徒歩5分ほど。麻布十番の路地裏にある、飲食複合ビルの4階です。









■テーブルセット
f0232060_1953115.jpgテーブルセットはこんな感じ。










■グリッシーニ立て
f0232060_2061843.jpg特製のグリッシーニ立て。グリッシーニ立ても他店では見たことがない、直紀シェフオリジナルの食器。








■ワイン①
f0232060_2072117.jpg最初から赤スタート。










■1品目
f0232060_19573055.jpgおまかせコースにしました。

1品目は、新玉ねぎのスープ。上にはハマグリの燻製が乗ってます。この玉ねぎのスープが驚くほど甘みあって、めちゃくちゃ美味しい。今まで食べた玉ねぎのスープのNo.1かも。





■2品目
f0232060_195942.jpg生ウニと、イカスミを練り込んだ冷製カッペリーニ。









■アップ
f0232060_1959355.jpgミョウバンを使っていないウニ本来の味が楽しめる生ウニ。海ぶどうと、トマトのジュレがかかってます。








■3品目
f0232060_20104549.jpgイタリアン前菜の盛り合わせ。










■アップ①
f0232060_20112417.jpg自家製パテドカンパーニュ、豚トロとゴボウ、北海道の水ダコのカルパッチョなど。









■アップ②
f0232060_20124984.jpgサバと日向夏を組み合わせたもの。










■4品目
f0232060_2022881.jpgホワイトアスパラガス。下には黄身を使ったカルボナーラソースが敷いてあります。









■直紀シェフの刻印
f0232060_203918.jpgすごくキレイに名前が刻印されています。

ホワイトアスパラガスが刻印しやすいとは、意外w。







■5品目
f0232060_20162511.jpgメヒカリをすりつぶしたものが入った魚介のラビオリ。濃厚な味わいで、ワインが進む。









■ワイン②
f0232060_20173346.jpgおすすめの赤ワインをグラスで。










■6品目
f0232060_20171668.jpgブラッドオレンジを使ったシャーベット。口直しのグラニテ。









■7品目
f0232060_20183534.jpgメインは、牛のイチボ。そら豆のピューレと共に。










■8品目
f0232060_2005641.jpgソテーしたヤングコーンがゴロっと入ったチーズリゾット。コーンのヒゲも食べれるので、入っています。上はサマートリュフ。








■9品目
f0232060_2021997.jpgラズベリーのパンナコッタ。形がジグソーパズルのピースの形になってます。









■食後の飲み物
f0232060_20231124.jpg食後の紅茶。小菓子は一口フィナンシェと、生キャラメル。








新宿南口目の前の小田急ホテルセンチュリーサザンタワーで


打ち合わせがてらのランチ。


f0232060_1935394.jpg


































ランチのおすすめメニューになっていた


そば粉のガレットのサラダ&ドリンクセット(2000円)を注文。









「ジャーサラダ」と呼ばれる、なにやらオシャレサラダがやってきたが、


味は普通な上、ジャーに入ってる分、出すのが面倒で、やや食べにくい仕様。


f0232060_19371011.jpg























f0232060_1937439.jpg



































メインのガレットは、ちょっと期待していたのだが、


写真とだいぶ違う上、ガレット専門店どころか、


普通のカフェのガレットよりイマイチ。


生地は固めであまり美味しくないし、具も少ない。


ホテルレストラン価格なのである程度は仕方がないと思うが、


2000円のメインがこのガレットだと、正直ガッカリ度が高かったな。


f0232060_1940118.jpg























f0232060_19402340.jpg


































セットのアールグレイは、さすがホテルというか、


強めのベルガモットが効いてて、香りがすごく良かった。


f0232060_19425115.jpg



































■小田急ホテルセンチュリーサザンタワー「サウスコート」
http://www.southerntower.co.jp/restaurant/







# by meshi-quest | 2017-06-11 08:02 | 新宿









吉祥寺でお気に入りのカフェ「coromo-cya-ya コロモチャヤ」へ。


吉祥寺には、私が高確率でお邪魔する5軒のお気に入りカフェがあるのだが、


「コロモチャヤ」さんはそのうちの1軒。


f0232060_1920438.jpg























f0232060_1921630.jpg


































「コロモチャヤ」の名の通り、洋服屋の隣に併設されてるカフェなのだが、


ちょっと分かりにくい吉祥寺の路地裏の雑居ビルの2階にあって、


比較的静かで、落ち着いてるのがいい。


f0232060_19224863.jpg























f0232060_19244253.jpg


































土日の吉祥寺とか表通りのカフェとか行くと、とにかくけたたましくて、


仕事も考え事もおろか、ゆっくりお茶もできない(苦笑)。


駅から近くて静かなのは、すごく貴重。









そして、いつも食べてるお目当ては、コレ。


夏みかんとサワークリームとマスカルポーネのタルト


甘さと酸味のバランスが絶妙で、上品なレアチーズケーキを食べてる感じ。


めちゃくちゃおすすめのタルト。


f0232060_19272648.jpg























f0232060_19274796.jpg

































この夏みかんのタルトに、ミルクたっぷりのロイヤルミルクティーを飲んで、


外を見ながら、色んな考え事をするのが、「コロモチャヤ」での私の定番。


f0232060_19284857.jpg



































■「coromo-cya-ya コロモチャヤ」
http://houttuynia-cordata.com/page.php?name=map






# by meshi-quest | 2017-06-10 08:08 | 吉祥寺








仲良くさせていただいてる大将からのご紹介で、


西荻窪に美味しい炭火焼きが食べれる和食屋があると聞き、


「西荻窪 はや人」へ。


f0232060_1812114.jpg
























f0232060_18122880.jpg
































メインの炭火焼きは、野菜、肉、魚と種類が豊富で、


それ以外にも、焼物、刺身、煮物など、色んなつまみが揃っている。


量は、ちょこちょこ頼んでつまめるような小皿なので、


皿の量を気にせず、好きなものを好きなだけ食べることができ、


一人でもフラッと立ち寄って、美味しいつまみとお酒を楽しめる。



f0232060_18194892.jpg























f0232060_1820121.jpg























f0232060_18203427.jpg























f0232060_18205563.jpg























f0232060_18212129.jpg























f0232060_18214671.jpg























f0232060_18221274.jpg























f0232060_18223216.jpg
































西荻価格からすると、少し高めではあるが、


居酒屋の気軽さで、ちゃんとしっかり丁寧に作られた、


厳選素材の本格的な和食がいただける。








改めて、西荻窪の胃袋の深さを知るというか、


ホント、この町はグルメが集まってるなあ・・・。


食べ物好きには、この上なく居心地の良い町だ。






■西荻窪「はや人」
https://www.facebook.com/nishiogi.hayato/








■今日のカメ

■「はや人」
f0232060_1812114.jpgJR西荻窪駅から徒歩1分ほど。

マクドナルド横の高架沿いの道を荻窪方面に歩いたところにあるビルの2階にあります。







■店内の様子
f0232060_18271135.jpg厨房を囲む広めの白木のカウンターがメイン。奥にテーブルも2卓あります。









■お通しと梅酒
f0232060_18194892.jpgお通しは、山菜と筍のお浸しと、アサリの出し汁。梅酒は、りんご梅酒。









■1品目
f0232060_1820121.jpg本日のお造り。淡路の天然鯛、勝山の平目、鹿児島のカツオ、鴨川のアオリイカなど。









■2品目
f0232060_18203427.jpgグリーンアスパラの炭火焼き。










■3品目
f0232060_18205563.jpgウニ茶碗蒸し(880円)。

上品な出汁の茶碗蒸しに、甘みたっぷりのウニがよく合ってます。美味しい!







■4品目
f0232060_18343268.jpg煮穴子(1180円)の炭火焼き。この穴子も脂乗ってて、とても美味しい。









■5品目
f0232060_18353231.jpg原木椎茸の炭火焼き(450円)。いい香り。










■6品目
f0232060_18214671.jpg注文が入ってから、コロッケを成形して作る手作りカニクリームコロッケ(1つ600円)。

ちょっと高めですが、中にはカニ身がぎっしり詰まってて、カニをしっかり感じられるコロッケです。






■7品目
f0232060_18381344.jpg水茄子とトマトのサラダ。水茄子、大好き。










■8品目
f0232060_1839356.jpg身が詰まったハンバーグのような自家製つくね(500円)。









■9品目
f0232060_1840050.jpgハマグリの串焼き。










■10品目
f0232060_18405041.jpg和牛ウデ(トウガラシ)の炭火焼き。










■11品目
f0232060_18412879.jpgイカとアジのフライ。










■アップ
f0232060_18421857.jpgイカは食感良く、食べやすくするために、一度細かく砕いたものを成形して、フライにしています。
# by meshi-quest | 2017-06-09 08:07 | 西荻窪
プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ