仲良くさせていただいている大好きなフレンチファンタジスタ、


「Celaravird セララバアド」で秋のコース。


f0232060_1411771.jpg


f0232060_1412055.jpg


f0232060_1412365.jpg











本日も橋本シェフの料理の様子が間近で見れる


限定2席の特別席で食事をさせてもらった。


料理をしてる姿が見れると、より一層食事が楽しくなるが、


特に「セララバアド」の料理は、美術で絵を描いてるようでもあり、


理科で実験をしているようでもあり、すごく特殊なので、


近くで見れるのは他店以上の楽しさと特別感がある。


f0232060_144716.jpg











食材も、味も、温度も、色も、香りもすべてが秋仕様。


「セララバアド」の秋を満喫させてもらった。


f0232060_1445928.jpg


f0232060_145048.jpg


f0232060_145472.jpg


f0232060_145698.jpg


f0232060_14581.jpg


f0232060_1451293.jpg


f0232060_1451596.jpg


f0232060_1451831.jpg


f0232060_1452110.jpg


f0232060_1452533.jpg










途中出てきた「スケット」という料理。


スペインの魚介の煮込みをアレンジしたものだそうだがが、


濃厚な魚介出汁がめちゃくちゃ美味しくて、何杯も食べたくなる味だった。


f0232060_1465716.jpg


f0232060_1465987.jpg










アーモンドとチョコで作った食べれる松ぼっくりも、


「セララバアド」らしくてかわいかったな。


f0232060_1474958.jpg











思えば、前回の夏のコースからもう3か月が経ったのかー。


「セララバアド」には、必ず春夏秋冬でお邪魔しているので、


私の中では「セララバアドに行く=季節が変わった」という図式があって、


変わる季節の準備をするかのような感じでもあり、


次の季節を食べれる絵本で楽しんでいる感じもあり、


とにかく「セララバアド」は私にとっても特別感のあるレストランだ。







■「Celaravird セララバアド」
http://www.celaravird.com/









■今日のカメ

■「セララバアド」
f0232060_1411771.jpg
小田急線「代々木上原駅」もしくは「代々木八幡駅」から徒歩12分ほど。駅から離れた閑静な住宅街の中にあります。







■店内の様子
f0232060_144716.jpg
基本はテーブル席で、限定2席のカウンターは料理が間近で見れて、シェフともお話ができる常連さん用。








■メニュー
f0232060_1412365.jpg
落ち葉の中に本日のメニューが隠れてます。









■1品目
f0232060_1412055.jpg
「イケバナ」という名前の料理。









■アップ
f0232060_1458516.jpg
枯れ枝にそっくりなクラッカーの周りに、和歌山県産生ハムが巻かれています。









■ドリンク①
f0232060_1459451.jpg
ノンアルコールでペアリングをしました。オーガニックキウイの搾りたてジュース。









■2品目
f0232060_1445928.jpg
「オブジェ」という料理。米粉に青海苔をまぶしたスナック感覚の前菜。









■3品目
f0232060_151258.jpg
二酸化炭素を注入して炭酸が入ったマスカットと、マスカットジュレ。









■3品目
f0232060_145048.jpg
「森の朝」という料理。コケに見立てた、液体窒素で固めたアボカドとピスタチオのムース。ドライアイスにひのきの香りが付いてて、まさに森の朝が再現されています。







■ドリンク②
f0232060_145472.jpg
松の葉で風味付けされたジェニファーベリーのジュース。森林浴を飲んでいる感じ。









■4品目
f0232060_145698.jpg
「落葉の森」という料理。豚が落葉の森でトリュフを探している様子が料理になっています。食べられる絵本。








■アップ
f0232060_14581.jpg
トリュフに見立てているものは豚足コロッケ、豚はクラッカーで出来ています。









■パン
f0232060_1564459.jpg
「セララバアド」の絶品パン。香り良く、外はカラッと、中はモッチリ。ホント美味しい。









■5品目
f0232060_1465716.jpg
「スケット」というスペインの魚介の煮込み料理をアレンジしたもの。真ん中には甘いホタテ。魚介の濃厚な出汁がとても美味しかった。超好み。







■ドリンク③
f0232060_1511798.jpg
人参とオレンジとパッションフルーツのジュース。









■6品目
f0232060_15115479.jpg
キノコと大麦のリゾット。上には牛ハツのカツレツが乗ってます。これも美味しい!









■ドリンク④
f0232060_15124324.jpg
梨のジュース。わざと塩味を強めに効かせてて、個人的に好きな味。スイカも塩を振る派なので。









■7品目
f0232060_1451596.jpg
丹波黒鶏のボイルとローストの2種。下に、藁をいぶした煙が詰まっていて、瞬間燻製されています。ほおづきが付け合わせ。








■8品目
f0232060_15161631.jpg
セレ豚のローストと、紅玉のピューレ。セレ豚がめちゃくちゃ甘くて、美味しかった!









■ドリンク⑤
f0232060_15173574.jpg
玉露とザクロを合わせたジュース。ザクロのほのかな甘みと、玉露の渋みもあって、不思議な味わい。









■9品目
f0232060_1452110.jpg
「サルベージされた月」というデザート。柿のジュースが詰まった球体状のジュレ。









■10品目
f0232060_1452533.jpg
パリパリの栗のシートの下に、どんぐりで作った優しい甘味のアイス。









■11品目
f0232060_1520597.jpg
4種の食後の小菓子。









■アップ①
f0232060_15214125.jpg
サーカスの缶の中身。ジャスミンティーのマカロン、栗のマドレーヌ、オリーブオイルのグミ。









■アップ②
f0232060_1474958.jpg
チョコとアーモンドで作った、食べれる松ぼっくり。









■ドリンク⑥
f0232060_1523985.jpg
ハンドドリップでじっくりと出す玉露。左が1煎目、右が2煎目。同じお茶なのに、色も、香りも、味も全然違う。








グルメ界で知らない人はいないと言われる、


場所も、名前も非公開の鮨屋、通称「ボブ寿司」


f0232060_1264914.jpg









場所も名前も非公開なので、ここに最初にたどり着くまでが大変なのだがw、


今年、ボブ寿司常連さんのご紹介でお邪魔して以来、


すごく気に入って、またお邪魔させてもらった。









ボブ寿司は、一見すると、地元密着型の普通の鮨屋さんなのだが、


その中身は、全く普通じゃない。









最初のお通しから、何気なくキノコ乗ってるけど、


あれ・・・松茸じゃん!!!


f0232060_12112134.jpg











こんな驚きが連発され、つまみからして高級食材のオンパレード、


かつ、ものすごいボリュームで、そして、どれもめちゃくちゃ美味しい。


大きくカットされたマグロの漬け、たっぷりとすじこを和えた白イカ、


カニのヒラメ巻き、大きなあわびとサザエの煮付など、


サラッと出てくる1皿1皿に驚く。


f0232060_12154022.jpg


f0232060_12154261.jpg


f0232060_12154685.jpg


f0232060_12154861.jpg


f0232060_1215526.jpg


f0232060_12155562.jpg











つまみで十分に心もお腹も満足してるのだが、


このつまみラッシュを食べ終えた後から、ようやくメインのにぎりが出てくるw。


しかも、1貫目から大トロ、デカい!!


f0232060_1218056.jpg










1つ1つがかなり巨大なのだが、


にぎりがホント美味しいので、ついつい食べてしまう。


f0232060_12201041.jpg


f0232060_1220113.jpg


f0232060_12201393.jpg


f0232060_12202041.jpg


f0232060_12202255.jpg


f0232060_12202439.jpg










〆の果物には、岡山高級ぶどう「晴王」をはじめ、


何気なく出てきたどれもが、ここ最近食べた中でもピカ一で甘くて、美味しかった。


大将のボブさんが「〆の果物まで美味しく帰ってほしい」という思いの下、


最後の最後まで美味しいものを食べさせてもらえる。


f0232060_12232767.jpg









相変わらず、すごいお鮨屋さんだ。


年内の予約は終了しているので、また来年を楽しみにしている。









■今日のカメ

■ボブ寿司
f0232060_1264914.jpg
店名、場所もすべて非公開。なので、最初は、一度来たことある人に連れてきてもらうのがベスト。テーブルセットはこんな感じ。お酒は自由に持ち込み可能、しかも持ち込み料なし!







■お通し
f0232060_12112134.jpg
お通しからして、いきなり松茸が出てきちゃうのがボブ寿司流。あさりと共に。









■1品目
f0232060_12154022.jpg
順番とか、常識とかも取っ払って、美味しいものを好きなだけ食べさせるのもボブ寿司流。マグロの漬け。厚切りカット。うまい!








■2品目
f0232060_12154261.jpg
すごく脂が乗ってるイワシと、北海道産ほっき貝、たこの酢味噌和え。









■3品目
f0232060_12154685.jpg
たっぷりすじこを絡ませた白イカ和え。









■4品目
f0232060_12154861.jpg
あわび、さざえ、ばい貝の煮物。松前漬け風。









■5品目
f0232060_1215526.jpg
カニ身のヒラメ巻き。なんとも贅沢w。









■6品目
f0232060_12155562.jpg
三陸産の大粒牡蠣フライ。牡蠣好きの方は大絶賛していたが、私は牡蠣苦手なので、残念ながら、写真だけ。







■にぎり①
f0232060_1218056.jpg
脂乗ってて、すごく美味しい大トロ。そして、デカイ!幸せー。









■にぎり②
f0232060_12201041.jpg
ひらめと鯛。甘味があります。









■にぎり③
f0232060_1220113.jpg
天然車海老。









■にぎり④
f0232060_12201393.jpg
苫小牧のほっき貝。









■にぎり⑤
f0232060_12384116.jpg
すみいかの赤ちゃん。すごく柔らかい。1つ1つの身が小さいので、2枚乗ってます。









■にぎり⑥
f0232060_12202041.jpg
青森県産赤貝。









■にぎり⑦
f0232060_12412151.jpg
たいら貝。










■にぎり⑧
f0232060_12202255.jpg
北海道産バフンウニ。









■にぎり⑨
f0232060_12202439.jpg
ふわふわの江戸前煮穴子。

穴子の煮汁を何時間も煮詰めて作る自家製のツメがは名物。甘さがスッキリしてて、今まで食べたツメの中でボブ寿司が一番美味しい。






■果物
f0232060_12232767.jpg
料理が美味しかったのに、最後の果物やデザートが普通・・という店はよくあるが、ボブ寿司は果物でもまた驚かせてくれる。岡山高級ぶどう「晴王」、小田原みかん、岐阜のカキ、どれもホントびっくりするくらい甘くて美味しかった。さらに、お土産にもカキをいただけて、嬉しかったな。
# by meshi-quest | 2017-11-07 08:08








料理が美味しい居酒屋があると聞き、


四谷三丁目にある「たく庵」へ。


f0232060_1134050.jpg


f0232060_1134230.jpg









小さな雑居ビルの地下にあり、


知らないと素通りしてしまいそうな場所だが、


店内はアットホームで清潔感もあり、居心地がいい。










お通しは、出汁と野菜がたっぷり入った温かいお椀。


お酒飲む前の胃が温まって、ありがたい。


f0232060_11374859.jpg










料理もすごく丁寧に作られていて、


いわゆる居酒屋というより、カジュアルな小料理屋という感じ。


メニューが豊富で、野菜も、魚も、肉も揃ってて、


1皿1皿の量もそこまで多くないので、1人でフラッと立ち寄って飲むには良さそう。


f0232060_11375820.jpg


f0232060_11413413.jpg


f0232060_11413798.jpg


f0232060_1141419.jpg


f0232060_11414577.jpg


f0232060_11414779.jpg


f0232060_11415045.jpg











どの料理も丁寧で美味しく作られているのだが、


大将の好みなのか、塩をあまり使わず、全体的に薄味で、


逆に、七味を料理に多用していて、全体的にピリ辛。









美味しい・美味しくないではなく、もうこれは好みの問題なのだが、


個人的に好きな味とはちょっと違ったかな。






■「たく庵」
https://tabelog.com/tokyo/A1309/A130903/13113268/








■今日のカメ

■「たく庵」
f0232060_1134050.jpg
丸の内線「四谷三丁目駅」から徒歩1分ほど。大通り沿いのビルの地下にあります。









■ゆず酒
f0232060_11375820.jpg
私の好きな鳳凰美田のゆず酒のロック。甘味が控えめで、ゆずの風味がしっかり出てるので、飲みやすく何杯でも飲める。







■お通し
f0232060_11374859.jpg
お通しは、出汁と野菜たっぷりのお椀。外から来て、お酒飲む前に胃が温まるので、嬉しいお通し。









■1品目
f0232060_11413413.jpg
ちくわの磯部揚げ。七味がかかってて、ちとピリ辛。









■2品目
f0232060_11413798.jpg
きゅうりと茗荷のラー油和え。これも、ピリ辛。









■3品目
f0232060_1141419.jpg
梨とカブの胡麻和え。かなり薄味。もう少し塩気あっても良かったかなー。









■4品目
f0232060_11414577.jpg
焼〆鯖。大根おろしが辛味のもみじおろしになってて、これもピリ辛。









■5品目
f0232060_11414779.jpg
鹿児島県大迫ファームの豚を使った自家製チャーシュー。かなり八角を使っていて、ややスパイシー。









■6品目
f0232060_11415045.jpg
手羽のから揚げ。カラッと上手に挙がっていました。
# by meshi-quest | 2017-11-06 08:08 | 四谷







恵比寿に家具を探しに行った途中で、


イタリアン「KNOCK ノック」でランチ。


f0232060_15391358.jpg










「KNOCK ノック」ランチは、パスタのメニューが豊富。


ボリュームたっぷりで、サラダとパンもセットになってて


店内も雰囲気が良く、恵比寿にありながら、静かに食事が出来る。


f0232060_16212996.jpg










メニューのパスタもどれも美味しそうで、相当悩んだ結果、2つチョイス。


1つは、山梨県小淵沢のアイコトマトのパスタ


これでもか!というくらい甘いアイコトマトがいっぱい入ってて、


トマト好きにはたまらないパスタ。


f0232060_16233347.jpg


f0232060_16233487.jpg











もう1つは、クリームで。


キノコのクリームパスタは、


チーズたっぷり、濃厚で、風味良く、これもすごく美味しかった。


f0232060_16241624.jpg


f0232060_16241888.jpg











ランチデザートのティラミスも、甘さ控えめで食べやすい。


f0232060_1625081.jpg







恵比寿で近辺でおすすめのパスタランチの1軒。






■「KNOCK ノック 恵比寿店」
http://mother-restaurants.com/
















ちょくちょくお邪魔している薬膳中華の名店「中国料理 古月」でランチ。


f0232060_2324857.jpg


f0232060_23241080.jpg










週替わりの定食はメインが選べて、本日は海老と舞茸の醤油炒めを。


ランチのデザートは、コーヒーソースの杏仁豆腐。


f0232060_23405885.jpg


f0232060_2341039.jpg


f0232060_2341253.jpg


f0232060_23482399.jpg












ランチでは、プラス600円で名物の薬膳スープ


「養生スープ」を付けることができる。


本日の養生スープは、


クレソン、いちじく、牛モツを煮込んだ、胃に優しいスープ。


f0232060_2348883.jpg









この養生スープは、素材のエキスがシッカリ出てて、


他ではなかなか食べれない唯一無二の味。









定食以外にもランチならではの単品メニューもあり、


いつも私は、お気に入りの蒸し鶏の葱ソースを別注している。


「古月」の葱ソースは抜群に美味しいのでオススメ。


f0232060_23501624.jpg








■「中国料理 古月」
https://kogetu-shinjuku.jimdo.com/








# by meshi-quest | 2017-11-04 08:08 | 新宿
プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ